海の力でデトックス!/「沖縄がココロとカラダに効く理由」<前編>

OurAge

最近、ウェルネス施設が充実を遂げている沖縄。沖縄が美と健康のための旅先であることにはしかるべき理由がありました。

その背景や話題のセラピー事情などを、ウェルネスツーリズムの第一人者である荒川雅志先生に伺いました。前後編2回に分けてお届けします。

海と食と光と。

沖縄がココロと体に効く理由 Part1

沖縄ウェルネストリップ 荒川雅志さん
荒川雅志さん Masashi Arakawa

琉球大学観光産業科学部教授。日本におけるウェルネスツーリズム、スパツーリズム研究の第一人者。海洋療法学者。日本型ヘルスツーリズムの体系化を行い国際学会で発表、日本の大学で初のヘルスツーリズム授業を開講。沖縄各地のスパやウェルネス施設などとの共同研究やリサーチなども多く手がける

レベルの高い施設がある沖縄

沖縄は、日本の最南端に位置する亜熱帯海洋性気候で、冬でも比較的暖かです。海の美しさは言うまでもありません。住み慣れた場所を離れて別の環境に身を置く転地療法というものがありますが、それに適している場所だと言えます。食では古来、医食同源思想に基づいて、地域の食材を経験的に美や健康に生かしてきた歴史があり、食べ物は「命薬(ぬちぐすい)」とされてきました。

低コレステロールで柔らかく、旨味成分が多い在来種アグー豚や、ゴーヤー、ナーベラー、ハンダマやニガナをはじめとするデトックス効果の高い島野菜、マンゴーやグアバといった果物など、沖縄の食材で作られる伝統料理は健康長寿の知恵なのです。大らかな精神風土をもつ沖縄では、慌ただしい現代社会の中でスローなライフスタイルがいまだに健在で、自然のリズムに逆らわない暮らしがあります。世界的に、美と健康を求める旅"ウェルネスツーリズム"が盛り上がりをみせていますが、沖縄には県が主体となってウェルネスリゾート事業を推進していることもあり、沖縄の自然や文化をバックグラウンドにしたいろいろな施設があるのです。

西欧では紀元前、ヒポクラテスの時代から、海を治療の場として利用してきた歴史があり、日本では「潮湯治」と呼び、海を健康に生かしてきました。現代では、海藻や海泥などを利用するタラソテラピーとして、広く普及しています。

日本では、本格的なタラソテラピーはこれから注目度が増す分野ですが、「ザ・テラスクラブ アット ブセナ」(「海の力でデトックス!沖縄ウェルネス・トリップ」第1回第2回で紹介)のタラソプールは、施設もよいし、屋外にあるので沖縄らしい光を感じながら楽しめます。「かりゆし カンナ タラソ ラグーナ」は、アジア最大級の流水面積規模を持つ温浴施設で、タラソに限って言えば、ほとんどすべてのプログラムが体験できます。また、ここは近年、注目を集めている水中ボディワーク"ワッツ"の拠点でもあります("ワッツ"については後編で詳しくご紹介します!)。「バーデハウス久米島」は、久米島沖の海洋深層水の取水量で、世界第2位を誇る温浴施設です。海の美しい沖縄でタラソテラピーを体験してみるのもいいと思います。

荒川先生がおすすめする沖縄のタラソテラピー施設
・ザ・テラスクラブ アット ブセナ
・かりゆし カンナ タラソ ラグーナ
・バーデハウス久米島
・ホテル オリオン モトブ リゾート&スパ

・ANAインターコンチネンタル石垣リゾート

上記のおすすめ施設の中から、2施設をピックアップしてご紹介します。

多彩な設備をゆったりと楽しめる

かりゆし カンナ タラソ ラグーナ

沖縄ウェルネストリップ かりゆし カンナ タラソ ラグーナ

漢那ビーチにあるタラソテラピー施設。広いバーデゾーンには、海水の浮力や水の物理的作用を利用した14種類のジェットバスやサウナなどがあります。気泡や水圧の作用で、血行を改善してデトックスを。各地から無料送迎バスあり

DATA

沖縄県国頭郡宜野座村字漢那1817
☎098-983-2323
www.kanassa.jp

クリーンな海洋深層水を利用

バーデハウス久米島

沖縄ウェルネストリップ バーデハウス久米島 

久米島沖の太陽が届かない水深612mの深海から取水した、清らかでミネラル分が豊富な海洋深層水を用いた温浴施設。マッサージや水中運動ができるバーデプールやスチームサウナ、屋外ジェットバスなどがそろっています

DATA

沖縄県島尻郡久米島町字奥武170-1
☎098-985-8600
www.bade-kumejima.co.jp

撮影/山口規子 取材・原文/坪田三千代

関連記事
  • こんにちは小野アムスデン道子です。東京からさくっと行ける近場で、美&元気を回復できるリゾートとして施設の充実ぶりに改めて驚いた穴場のホテルをご紹介します。東京都心から約1時間で行ける「ヒルトン小田原リゾート&スパ」がそれ。小田原駅は、箱根登山鉄道への乗換え駅としても知られていますが、新幹線で行けば品川や東京から30分ほど、小田急線だとロマンスカーで70分ほど、快速でも約90〜100分と本当に手軽に行けます。ホテルへは、小田原駅と根府川駅から無料シャトルバスが運行しています。相模湾を眺めながら、箱根山を背にして高台に立つホテルへ。全室オーシャンビューの163室に5万3,000坪の敷地と何とも贅沢な造り。ロビーも吹き抜けでゆとりがあります。最近、都市型のホテルが多い中、これだけ広々したロビーのホテルは珍しい。元はバブルの終わり、1993年に着工したリゾート施設なので、贅沢な造りになっています。チェックインは15時なので、まずは評判のランチブッフェで先に腹ごしらえ。サラダ、メイン、デザートと品数も豊富ですが、何といっても昼から小田原自慢の魚介や目の前でカットしてくれるローストビーフが豪華です。自分で魚介丼やローストビーフ丼など作って楽しむことも。平日は大人3,500円、子供料金1,750円(税・サ別)、未就学児は無料とあって、ランチの場所としても人気(魚介の海鮮丼は5月末までのメニュー。季節によってテーマを変えたメニューを提供)。お腹を満たしたら、とにかく広くていろいろ施設があるので、まずは全体をチェック。大きく客室の入る本館棟とプールやバーデに温泉などがあるバーデ棟分かれます。バーデ棟は吹き抜けがこれまたバブルな造り。そして、屋内と屋外の2種類のテニスコート、屋内にはフィットネスセンターやゴルフ練習場。天然芝パターゴルフコース、ドッグランにチャペルと外にも様々な設備が揃います。さらに驚かされるのは、本館棟の地下1階にあるアミューズメントセンターで、広々したキッズルームやゲームコーナー、カラオケ、そしてなんと10レーンのボウリング場が!雨の日でもキッズ連れでも困りません。次ページに続きます。さて、チェックインをしてほっと一息。相模湾を一望する絶景に癒されます。平成は、バブルのまっただ中に始まったわけですが、その後に浮き沈みあったとはいえ、こんな眺めの施設が造れていい時代だったなあとしみじみ。スパの前にバーデと温泉でまずはリラックス。バーデゾーンには、ジャグジーのように泡が出ているプールや噴水プールなどのレジャープールに25mスイミングプール、サウナもあって、水着を着て楽しむ施設。そのまま外に繋がっているプールもあって、温水だから年中OK。海も見えて楽しい。ちょっとひと泳ぎしてから、温泉に。塩化物泉の天然温泉で湯冷めしにくく保湿にもいいので、スパ前が効果的。内風呂、露天風呂、サウナに水風呂が揃い、ここからも海が眺められて気持ちいい温泉です。身体が温まったところで「スパ清凪〜SEINA〜」へ。スパルームからも海が!つやぴかお肌のセラピスト鈴木さやかさんが、コンサルテーションを元にベースのホホバオイルに加えるエッセンシャルオイル選びをしてくれました。香りも試しながら、私はデトックスにジュニパーベリー、気分アップにグレープフルーツ、血行促進にローズマリーといずれも気分がすっきり、むくみにもよいエッセンシャルオイルです。私は、5・6月限定のリフレッシュアロマボディ&フェイシャル(100分、20,000万円税・サ)をチョイス。オイルを使って、ボディとフェイスをオールハンドでお手入れ。フェイスのタッピングやデコルテのマッサージの気持ちよさは格別でした。最後に、ネロリのエッセンシャルオイルを作る時にできるフローラルウォーターで軽く10分フェイスのマスクをした後、クリームを塗ってお仕上げしてくれます。ボディとフェイスをそれぞれ分けてや、スクラブ、ネイルまで、メニューも充実していて、リゾートでじっくり美を磨けそう。今回は、近場で温泉・バーデ・スパ三昧がテーマの旅だったのですが、また施設をいろいろ使いこなしに来たいと思いました。ヒルトン小田原リゾート&スパ  https://www.hiltonodawara.jp
  • 先日、福岡へ旅行に行った後、二日目は大分県「ゆふいん束の間」へ行ってきました。大分県に行ったのは人生初めて。 目の前を横切る馬にびっくり&可愛くて癒されました。田舎道を山の方へ進んで行くと辿り着くのが「ゆふいん束の間」 口コミも評判良くてずっと前から気になっていた温泉地なので、到着した時は感動ものでした。温泉は綺麗なエメラルドグリーンのお湯でとっても綺麗でした。山の景色を眺めながらゆっくり温泉に浸かり本当に幸せすぎる時間が過ごせました。そしてここに来たからには絶対食べないと気が済まないのがコレ! 「地獄蒸し温泉卵」。一晩地獄蒸しされたという意味合いを表すこの名前が凄い! ミネラルたっぷりの琥珀色で美味しい やっぱり温泉といえば温泉卵ですね♡その後はお肉たっぷりのお蕎麦を食べました♡ 人生初の大分県。とっても素敵な思い出が出来ました。 次回はもっとゆっくり出来る時に、また湯布院の温泉巡りしたいです♡Instagramもしてます よろしくお願い致しますinstagramスーパーバイラーズ 山嵜由恵のブログ
  • なんとなく美容液や保湿もしているけれど、肌の調子がイマイチ……。そんな今こそ、毎日のメイク落としと洗顔の見直しを! 「若いときからカサつきやすい」「洗顔後はつっぱりやすい」というスーパードライ肌さんにおすすめしたい洗顔テクニックを、美容家・小林ひろ美さんが伝授!【CHECK】スーパードライ肌に合ったメイク落とし&洗顔スーパードライ肌□若いときからカサつきやすかった □テカリはあまり気にならなかった □洗顔後はつっぱりやすい □しわ、シミができやすい □メイク落としや洗顔をがんばりすぎてしまう テープチェックすると… 洗顔後の何も保湿していない状態で、頰の高い位置にセロハンテープをはり、はがしたテープをチェック! →白いものがついてくるどちらかというと肌が薄く、カサカサしやすい。肌表面の角層がしっかりと育たない未成熟な状態で、潤いキープ力が弱く、外的環境の影響を受けやすい。化粧品が肌にしみたり赤くなることも多いタイプ。>>オイリードライ肌はこちら!スーパードライ肌に合ったメイク落とし&洗顔はズバリこれ!メイクだけを選択的に浮かせて、必要な潤いは守りぬくメイク落としと、未成熟な弱い角質を傷めずしっとり洗い上げる洗顔料を。(右)カモマイルエキスが肌を鎮静。肌をいたわりながらメイクオフ。 ヴァルモン フルイド フォールス 150㎖ ¥10,200/CVLコスメティックス・ジャパン (中)エモリエント成分が落としながら肌を整え、トラブルの起きにくい肌に。 AQ ミリオリティ リペア クレンジングクリーム 150g ¥10,000/コスメデコルテ (左)きめ細かい泡と保湿成分ロバミルクが、肌を優しく潤してもっちりとした仕上がりに。 セブンフロー DM マシュマロ ウォッシュ 125g ¥3,800/美・ファイン研究所【実践編】小林ひろ美さん直伝 これがアラフィーからのメイク落とし&洗顔ルーティーンで何げなく行っているメイク落としと洗顔に、エイジングの落とし穴あり。使う量、手の動き、洗い流し方など、テクニックを一新して。朝は洗顔だけを行う。使う量はこれくらいメイク落としは両手のひらに広げて包み込むようになじませる皮膚が薄いスーパードライ肌にとって、摩擦刺激はもってのほか! メイク落としは手のひら全体にのばし、肌を包み込んで、優しくすべらせて。手のぬくもりを感じながら、ゆっくりと行うのがコツ。顔の「ゴミポケット」に向けてリンパを流す血流が滞り老廃物がたまりがちなスーパードライ肌。こめかみ、耳の前、耳たぶの後ろ、えらの下側にある「ゴミポケット」(リンパ節)に向かって流すようにマッサージ。新陳代謝がよくなり、内側から潤いがわく肌に。洗顔タオルを熱めのお湯で絞りパフッとのせて、軽くぬぐうしっとり感触の洗顔タオルなら、隅々まで短時間でメイク落としをオフでき、よけいな刺激が加わらない。蒸しタオル効果で血流もアップ。 白雪スクワランうるおいたおる レギュラーサイズ ¥1,400/白雪ふきんなんとここで乳液! 乾燥しやすい部分を保護してあげてから泡洗顔特に乾燥しやすい目じり、目頭、口のまわりに乳液をなじませてガードし、肌をプラスの状態に! その後、上のオイリードライ肌同様、しっかりと泡立ててから洗顔。手を直接肌につけず、泡をバウンドさせるように。洗い流しは38℃くらいのぬるま湯で ブラウス¥14,000/ドロワット・ロートレアモン【華組指導編】ギブアップぎみのエクラ華組をひろ美さんが熱血指導!エクラ 華組が長年行ってきた「完全に自己流」メイク落とし&洗顔に、小林ひろ美さんがテコ入れし、おすすめアイテムをレクチャー。知らず知らずのうちにNGグセがしみついていた!山口りえさん 乾燥で肌が揺らぎやすく、洗顔するとしみることも。怖々洗うあまり、毛穴に落ちたファンデーションがきちんと落ちているかが心配。センシティブな肌を鎮静しながら洗いましょう「山口さんの肌は潤いが奪われやすく、バリア機能が弱い肌。刺激せずにきちんと落ち、肌を育ててくれるメイク落とし、洗顔料を選ぶべきです! しみてしまうアイテムは即、使用を中止。洗顔料は敏感肌用を選んでおくと安心です」(ひろ美さん)ひろ美先生がCHECK! ここがNGあまり泡立てないまま、洗いはじめた山口さん。「待って! 泡立て不足だと気泡が粗く、毛穴汚れまで落とせないんです。きめ細かい弾力泡になるまで泡立てて」(ひろ美さん)。メイク落とし 肌を手厚く守ってくれるデリケートな大人肌のための「包帯クレンジング」をチョイスまずは温かく包み込んで癒し、守る。そんな包帯のような優しいものを。 (右)バーム状クレンジングがメイクとすばやくなじむ。プレステージ ル バーム デマキヤント 150㎖ ¥10,500/パルファン・クリスチャン・ディオール (左)コクのあるクリームが肌を穏やかにときほぐす。ステムサイエンス クレンジング 150g ¥8,000/エピステーム 洗顔料 敏感肌、乾燥肌を考え、素材や成分にこだわった泡が正解(右)揺らぎ肌に足りないセラミドを配合。ウォッシングフォームスーパーセンシティブEX 100g ¥2,650/ドクターシーラボ  (中)敏感肌特有の毛穴目立ちを洗顔でケア。アヤナス クリームウォッシュ コンセントレート 100g ¥3,000/ディセンシア  (左)肌にトラブルを引き起こす酸化皮脂を優しくオフする洗顔料。エクストラリッチ クレンジングミルク125㎖ ¥4,000/SHISEIDO教えてくれたのは…小林ひろ美さん 美容家。美・ファイン研究所主宰。55歳にして圧倒的なツヤ玉肌をキープ。毎日の基本のスキンケアを見直し、美肌を育てる美容術が人気。撮影/天日恵美子(人物) 久々江満(静物) ヘア&メイク/広瀬あつこ スタイリスト/程野祐子 取材・文/小田ユイコ ※エクラ6月号掲載
  • マリソル編集部のおすすめビューティ情報をお届け「アスリートのためのアロマケア」コスメが5/24にデビューします。 名前は「フィナリテ」。写真左のボトルは、1日に何度もシャワーを浴びるアスリートのためのシャワーオイルだそうで、オーガニックのオイルでマッサージしながら体をほぐし、そのままお湯で流せば乳化して肌を洗浄しつつ、しっとり肌をキープしてくれるというもの。アスリートのための、と謳っていますが、フランスの植物学者が厳選されたオーガニック原料を調合して作っただけあり、どの製品も心から癒される上質な香り。 運動嫌いな私ですが、あまりのうっとり感触にボディコスメのスタメン入り決定です。肩などのコリをほぐしてくれるバームやローションも気になります!
  • しかもかぶりにくい。でもちゃんとおしゃれな安心のプチプラ。悩んだらここへGO!今年のカンヌ映画祭。思わず見てしまうのは、ニース空港に続々と到着した女優さんたちの私服です。いち早く伝えてくれる現地フランスのファッションサイトを見ていたら、「ジャケパン」が多いなと思いました。特に目を引いたのは21歳の「エル・ファニング」。ナチュラルカラーのメンズライクなジャケパンスタイルに合わせたフレンチ配色がかわいすぎて、ちょっとホレました♡ (参照サイト「GRAZIA(Cannes 2019)」) で、すぐ真似をする。今持っているアイテムでも色さえ合わせればそれらしい雰囲気は作れます。プチプラ多めでも!彼女はシャツだったけれど、わたしは合わせやすいTシャツで応用。スタイルのポイント「赤いウエストポーチ」は持っていないので、探したらありました!普通のポーチですが100均に(笑)このコーデだったら、ついついベーシックカラーのバッグを合わせるところですが、赤いポーチを入れるところがさすが。インナーのブルーと合わせると「トリコロール」感が出てフレンチテイストに変身。100均でもじゅうぶんかわいいぞ!前置きが長くなりましたが、今日ご紹介するアイテムもカンヌに合わせてちょっとリゾートっぽくなる、とても素敵なデザインなんですよ。わたしの秘蔵のプチプラ「SENSE OF PLACE(センスオブプレイス)」をご紹介します★このブランドの基本は「ベーシック」。お仕事服からプライベートまで、オンオフまとめて欲しいものがワンサカ見つかります。なぜなら、ここは「URBAN RESEARCH(アーバンリサーチ)」系のプチプラなので、色もデザインもシンプル。アラフォーが着やすいものがゴロゴロと見つかります。 それに、大手プチプラより断然かぶりにくいのも魅力的。デザイナーさんとのコラボ商品や、デザインにエッジが効いたものが多いので、かぶりやすいベーシックなものはここで選ぶことも多いです。 最近「これは!!」と飛びついたのはこの3点。トップスとサンダルの色違い2点です。見た時にも「かわいい!」と思いましたが、買ったあとに更に「大当たり」と思いました。サラサラした薄い透け感のあるリブニットのチュニックです。最初は「何を合わせればいいんだろ?」とホワイトデニムくらいしか思い浮かばなかったのですが、買ってみたら意外に何でも合わせやすく、今大活躍している1枚です。「チュニック」と聞くと反射的に「老け見え」の不安がよぎります(涙)。でも、濃いダークブラウンとリブ編みの組み合わせが大人っぽいリゾートの雰囲気でまったくそんなことはありません。前は太もも半分までカバーし、後ろはより長くお尻までスッポリ。完全なる体型カバーにも関わらず重たく見えないのは、サイドにスリットが長く入っているおかげです(着画をご参照下さい)。ノースリーブに見えますが、着てみると半袖のように袖が下がってくるので露出もほどほどで安心。ダークブラウンは、大人が選ぶ色としてハズレが少ないのでよく買う色のひとつ。特に夏はスタイルに深みがプラスされて高見えになります。これに合わせるボトムスは、意外にもロングスカートやパンツにデニムなど、バランス的に何でも合ってしまうのでとても便利! そして一緒に買ったペタンコのサンダル↓抜け感を出すために、夏は絶対に欲しいシンプルなクロスベルトデザインです。色がたくさんあって選べず、ベーシックの黒とメタリックのシルバーを2点買いました(ゴールドもかわいかった)。まぁ、この価格ですからね!シルバーのサンダルにはシルバーのポシェットを合わせて楽しんでいます。メタリックが1点でも入ると、スタイルが涼しげで一気に夏らしくなりますよね。ダークカラーの長めのトップスなので重たく見えないように、足元はペタンコシンプルなサンダルでバランスを取れば大丈夫!【土曜日】スカートに重ねたダークカラーコーデ↑夏は重くなりがちな「こげ茶×ブラック」の組み合わせですが、トップスの透け感ある生地と、スカートは小花柄のサラサラ素材で回避。足元のシンプルなサンダルでさらに軽い雰囲気を出します。小物もストロー素材で夏らしく。 【日曜日】ダークブラウン×ピンクのフェミニンパンツコーデ↑ピンクにも相性抜群のブラウン。ペールピンクでパンツでも少しフェミニンな雰囲気になります。サンダルとバッグをシルバーで合わせて夏らしさをプラス。このパンツは「VIS」のプチプラですが5年くらい履いているロングランです! ↓フレアデニムにもバランスがよく合います。サンダルは黒でもシルバーでもどちらも確実にキマる!サイドのなが~いスリットがチュニックの重苦しさをなくしてスッキリ!足長効果もありそうです♪このサンダル、シンプルで横から見てもかわいい♡いいな~カンヌ♡…なんてニヤニヤしていたら、長い連休が終わったばかりだった(泣)。次は夏休みか。 服だけでもカンヌっぽくして、気分をアゲでいきたいと思ってます♪▶SENSE OF PLACE(センスオブプレイス)「リブニットチュニック」の詳細はこちらをチェック▶SENSE OF PLACE(センスオブプレイス)「クロスベルトトングフラットサンダル」の詳細はこちらをチェック………………………………………………………………………………………………… ★オマケのプチプラVol.24★ 「PLST(プラステ)イヤリング(1,990円)」 夏になるとお店にたくさん並ぶマーブルデザインのアクセサリー。今年もかわいいものがたくさん目に入ります。以前はピアスのほうが種類が多かったのですが、最近はイヤリングもがんばってくれていて、選べる幅がとても増えたのがうれしいです♪ 夏のシーズンアクセサリーなので、価格も毎年プチプラが希望。そのほうが迷わず大胆なデザインを思い切り楽しめます!今年はプラステで素敵なものを見つけました☆縦は5.5cmほどの大ぶりなデザイン。夏にはこれくらいのほうがパンチが効いていてアクセントになります。同じマーブルでも色味によって似合う服も変わってくるので、ニュアンス違いでいくつか持っています↓ 300円ショップの「クゥクゥ」でもとてもかわいいものを見つけました。300円で信じられない素敵なものがみつかるので、大好きなプチプラです♡耳元にマーブルがあるだけで、シンプルなTシャツでも夏らしさがググっとUP。この夏も元気に耳出して、女っぷりを上げていきましょう♪▶PLST(プラステ)「マーブルイヤリング」の詳細はこちらをチェック 美女組 Akane 元国内線C/A。フランス留学中にアルバイト生活でプチプラファッションに目覚め、現地でリアルな着こなしを見て学ぶ。40代が最大限おしゃれに見えるプチプラアイテムを日々発掘中。小学生2児の母。
  • スリミングは楽して続けられるのがベスト。塗るだけで引き締まった肌が手に入る通称“ピンクのオイル”に新しいファミリーが仲間入り。これで、失ったくびれも取り戻せるかも!大人気のロルロゼ ブリリアント ボディオイル(100mL ¥5000)。キー成分は、カフェインの8倍もの脂肪分解効果があると言われるピンクペッパー。さらに、ボディの若返りにもひと役買うローズヒップオイルや、同じく引き締めや血行促進に定評あるブラックペッパーエキスも配合。肌にハリを与えながらすっきりと引き締まった肌へと導いてくれるスリミング効果だけではなく、エイジングケアとしても頼もしい成分がギュッと詰まっています。 塗るだけで簡単に続けられることもあり、すっかり不動のロングセラーとなったこの“ピンクのオイル”に6月12日(水)、効果をさらにボトムアップする新たなファミリーが加わります。それが写真の左側、ロルロゼ オイルイン アイスジェル(100mL ¥4400)。こちらももちろん、ボディオイルと同じくピンクペッパー&ブラックペッパーのエキス配合。これからの季節にうれしい涼感たっぷりのボディケアです。パッケージがまた賢いんです。なんとこんな冷却ローラーつき。気になる部分に適量をダイレクトに、しかもマッサージ効果を与えつつ塗布できます。このローラーのひんやり感だけでも気持ちいいんですが、メントールやミントウォーターが配合されているので、肌に滑らせるだけでスッキリしゃっきり! 冷蔵庫で冷やして使うと一気にマイナス6度ほど肌の表面温度を下げてくれるというデータもあるので、夏のお風呂あがりのボディケアにもぴったり(いったん冷やした反動で代謝も上がるし!)。このシリーズは香りも甘すぎないので、ムシムシするこれからのシーズンも楽しく使えると思います。というわけで、ますます強力な布陣となった“ロルロゼ”シリーズ。手前右の赤いチューブは既存品のウォッシュスクラブなのですが、こちらも6月12日(水)にピンクペッパー配合量2倍のロルロゼ エンリッチ オイルイン ウォッシュスクラブ(150mL ¥2900)へと進化します。これもまた、スクラブがきめ細やかでアラフォーの肌にも優しい逸品。しかもジェル状から泡へと変化する2WAYなので週2〜3回、いつものボディウォッシュと置き換えるだけでOK。 例えば、このスクラブを使って下準備、お風呂上りにアイスジェルでひんやり引き締め、とどめにボディオイルでもう一度あたためて……と、3ステップケアで仕上げれば温→冷→温の刺激で代謝もみるみるアップ。ますますピンクペッパーが効果を発揮してセルライト撲滅、もたついたウエストにくびれが戻るのも夢じゃないかも。この他にも、ロルロゼシリーズにはむくみケアにぴったりのレッグケアなどもラインアップしているので、ぜひ自分の悩みに合ったアイテムから手にとってみてくださいね。●「メルヴィータ」公式サイトはこちら WEB美容エディター 原田千裕 ちょっとやそっとじゃ揺るがないのが自慢だった鋼鉄の肌に明らかな陰りが……ということで、アンチエイジングにフルスロットル中! そんな日々の中でキャッチした、アラフォー向けの“マーヴェラス”な美容トピックスをシェア。コスメも男性もお酒も“ディープで濃いめ”が好み。 イラスト/ユリコフ・カワヒロ
  • なんとなく美容液や保湿もしているけれど、肌の調子がイマイチ……。そんな今こそ、毎日のメイク落としと洗顔の見直しを! 「若いときはニキビで悩んだ」「今でもテカリが気になる」オイリードライ肌さんにぴったりの洗顔テクニックを、美容家・小林ひろ美さんが伝授!「与えるケアでよくならなければ取り去るケアを変えてみましょう!」洗顔をトイレタリー感覚でなめていてはダメ!今すぐ“高級ケア”に格上げを 「美容液やクリームを足してもダメなときは『引く=取り去るケア』の見直しどき。荒っぽい洗顔で肌を武装化(ゴワつかせる)していたり、肌に合わないメイク落としや洗顔料で肌をスカスカに乾燥させたりしていませんか?  大事なのは、自分の今の肌質をしっかり見極めること。肌質に合った洗顔を行えば、スキンケアのスタート地点ですでにプラスの状態に。するとクリームなどの美肌効果を、最大限に引き出せるようになります。  そのためには、肌に一番最初に触れるメイク落としと洗顔料こそ、大人向けの高級品に格上げすること。肌に必要な潤いは奪わず、むしろ与えながら、メイクや肌の汚れのみしっかり落としきるという、離れ技をやってのけてくれます。特に、ファンデーションや下地の密着機能が向上しているため、この“離れ技”への投資を惜しまないでください。  また、知らず知らずのうちにやってしまう洗顔のクセを見直すことも重要。塗布の仕方、なじませ方、洗い流し方を、一から学び直すつもりでやってみてください。洗顔を変えるだけできれいになれます。あきらめないで!」(小林ひろ美さん) ワンピース¥46,000/プレインピープル青山(プレインピープル) ピアス¥13,000/ココシュニック【CHECK】オイリードライ肌に合ったメイク落とし&洗顔オイリードライ肌□若いときはニキビで悩んだ □今でもテカリが気になる □洗顔後はさっぱりしたい □肌がゴワつき、毛穴が目立つ □メイク落としや洗顔が雑になりやすいテープチェックすると… 洗顔後の何も保湿していない状態で、頰の高い位置にセロハンテープをはり、はがしたテープをチェック! →何もつかない or 白いものが少し肌の内側が乾燥しているため、油分を出してガードしようと肌ががんばってしまっている状態。新陳代謝が滞り古い角層がはがれずにたまって、ゴワついている。一見オイリーなのに、内側はシュリンクした肌に。オイリードライ肌に合ったメイク落とし&洗顔はズバリこれ!メイクや不要な油分をすっきり&穏やかに洗い流すメイク落としと、居座っている古くなった角層をほぐして洗い流す洗顔料を。(右)約82%が美容液成分の、大人仕様のクレンジングオイル。毛穴詰まりも取り去る。 トリートメント クレンジング オイル 200㎖ ¥3,000/カバーマーク (中)なじませるうちにジェルがオイルに。肌のなめらかさ、透明感がアップ。 アプソリュ オイル イン ジェル クレンジング 125㎖ ¥10,000/ランコム (左)きめ細かい弾力泡がすばやく立ち、ゴワつき、毛穴汚れをからめ落とす。 トワニー センチュリー プライム クリーミィソープ 145g ¥5,000/カネボウ化粧品【実践編】小林ひろ美さん直伝 これがアラフィーからのメイク落とし&洗顔ルーティーンで何げなく行っているメイク落としと洗顔に、エイジングの落とし穴あり。使う量、手の動き、洗い流し方など、テクニックを一新して。朝は洗顔だけを行う。使う量はこれくらいメイク落としをなじませる「第一投」はTゾーンオイルクレンジング、ジェルクレンジングは、テカリが気になる額、鼻すじ、あごから塗布。乾燥しやすい頰、フェイスラインはあとからなじませて。この「時間差塗布」がTゾーン、Uゾーンの肌のギャップを埋める。なじませる指に力が入りすぎないよう外から内側に向けて回転させて指の回転を外側に向けるとつい力が入りがちに。内側に向けると、自然と優しいタッチになるのでぜひお試しを。鼻すじや小鼻のわきなどテカリやすい部分はきちんとマッサージし、乾燥しやすい頰はなでるように。洗い流しのぬるま湯をかける「第一投」もTゾーンから洗い流しのお湯の温度は、38℃くらいのぬるま湯で。片手ですくい、まず額、鼻すじ、あごに当て、洗い流す。そのあと両手ですくって頰からフェイスラインを洗い流して。なじませるとき同様、「時間差」がカギ。洗顔料はレモン大の弾力ある泡に。きめ細かい泡が毛穴に入り込む!少しずつ水を加え、空気を含ませるように泡立て、手のひらを下に向けても落ちないくらいの弾力泡に。「第一投」はTゾーンにのせ、次にUゾーンへ。小鼻のわき、鼻の頭、あごは左のワンテクを加え、ザラつきをオフ。洗い流しは上と同様に ブラウス¥14,000/ドロワット・ロートレアモン【華組指導編】ギブアップぎみのエクラ華組をひろ美さんが熱血指導!エクラ 華組が長年行ってきた「完全に自己流」メイク落とし&洗顔に、小林ひろ美さんがテコ入れし、おすすめアイテムをレクチャー。知らず知らずのうちにNGグセがしみついていた!豊田真由美さん 頰のシミ、くすみが気になり、ついつい肌をこすってしまうクセが。¥5,000以上のメイク落とし、洗顔料は使うのに抵抗があった。高級洗顔に切り替え、手の力に頼らず「剤で落とす」習慣を「豊田さんの洗顔を見ると、手の力で汚れを落とそうとしていますね。利き手の力で頰をこするクセは、摩擦刺激でシミを増やしてしまう結果に。大人肌向けの洗顔に切り替え、摩擦をかけずにメイクや余分な皮脂をオフする習慣を」(ひろ美さん)ひろ美先生がCHECK! ここがNG手にとったメイク落としを、いきなり頰の高いところにもっていき、クルクルしはじめた豊田さん。「クレンジングも洗顔料も、第一投はテカりやすいTゾーンが正解です」(ひろ美さん)。メイク落とし 摩擦をかけずにメイクがフッと浮くオイル&ジェルを。優しくオフすれば肌は応えてくれますよ(右)透き通る肌に。シルキィ スムースクレンジング オイル 150㎖ ¥3,800/SUQQU (中)しなやかな洗い上がり。AQ クレンジング オイル 200㎖ ¥6,000/コスメデコルテ (左)うっとりするような心地よいジェルの感触。ソワン ノワール メイクアップ リムーバー EX 175㎖ ¥10,000/パルファム ジバンシイ[LVMHフレグランスブランズ]洗顔料 くすみのもととなる酸化皮脂や古い角質をオフするものを。1万円の価値ある逸品です(右)糸を引くようにねっとりとした濃密泡が、肌の潤いを守りながら、不要な汚れ、皮脂のみをオフ。B.A ウォッシュ 100g ¥10,000/ポーラ (左)弾力のある泡で穏やかに落とし、クリアな肌に。エレメンタリー フェイスソープ 80g ¥10,000/イトリン教えてくれたのは…小林ひろ美さん 美容家。美・ファイン研究所主宰。55歳にして圧倒的なツヤ玉肌をキープ。毎日の基本のスキンケアを見直し、美肌を育てる美容術が人気。撮影/天日恵美子(人物) 久々江満(静物) ヘア&メイク/広瀬あつこ スタイリスト/程野祐子 取材・文/小田ユイコ ※エクラ6月号掲載
  • NYの現代アーティスト、トム・サックスの展示が都内各所で開催。まずは6月23日まで東京オペラシティ アートギャラリーで開催している「トム・サックス ティーセレモニー」展へ。NIKEともコラボしていて、最近周りのデザイナーさんとかおしゃれピープルの間で人気があるアーティストなので、展示を拝見するのははじめてですが楽しみです。 会場に入ると、映像コーナーにNASAのロゴ入りチェアが並んでいました。トム・サックスは、過去にもプラダのロゴを便器にプリントしたり、手作りの既製品と評される作品で有名です。この展覧会ではNASAのロゴをフィーチャーしているのでしょう。 「Pond Berm」手作りの池の中には立派な錦鯉が泳いでいました。 映像の内容は、トム・サックスが手作りの茶室や茶道具を使い、外国人女性を招いてお茶をt点てる、という一連の流れでした。工業用素材や日用品で自作された茶道具は、どこか無骨だけれどユーモラスです。しかもトム・サックス自身がふざけてやっているのではなく、真剣な表情と一挙一動に茶道へのリスペクトが感じられます。 「Tea House」外側はコンテナ風ですが、内部は和室でした。掛軸にカタカナが書かれているのがシュールです。ただ、茶道具が並んでいる棚の中心に、エネマグラ(前立腺マッサージ器具)が鎮座しているのはどうかなと思いましたが……。お茶菓子はオレオクッキーとか、泡立て器みたいなマシーンでお茶を点てるとか、ペッツのヨーダを飾っているとか、ところどころアメリカ感が出てきて、トム・サックスの愛国心も感じられます。 茶器のセット。横にはお茶の聖人っぽくヨーダが佇んでいます。やはり目を引くのはNASAのロゴ入り茶碗です。これまでに作った大量の茶碗が並んでいるのが目を引きました。コンテナを改造したような茶室、どこかの飛行機のトイレの流用らしきトイレ、バケツや様々な日用品を重ねて作った灯籠、綿棒と筒で構成された松の盆栽、ダンボールの石のオブジェなど。脱力感と完成度のバランスが絶妙です。NY出身のセンスに痺れました。 道具が配置された棚。茶道具を工業用素材や日用品で自作しています。マクドナルドのロゴとアメリカの国旗が配置された、母国への愛があふれる掛軸。トム・サックスについて興味が出てきて、駒込の「KOMAGOME1-14 cas」で開催された(5/14まで、現在終了)、「INDOCTRINATION CENTER」展にも伺いました。作品の雰囲気から、いい意味で適当でフランクな方なのかなと思いましたら……NYに大きなスタジオを構えて、かなりしっかりとしたルールで運営していました。展示会場には、実際のスタジオの作業台も設置されていました。多数の工具や素材が整理整頓されて、すぐ取り出せるようになっていて、それ自体が作品のような美しさです。世界で成功する人のポテンシャルを感じます。 駒込のギャラリーにて。トム・サックスのスタジオの美しい作業台。仕事ができる感が漂います。映像作品がいくつか流れる中、印象的だったのは「Ten Bullets」という、トム・サックスがアシスタントに課しているルールをまとめたもの。「このマニュアルに注意深く従えば、おそらく解雇されないであろう」とのことです。「Work to Code」(コードに従う)、「Sacred Space」(聖なる空間)、「Be on time」(時間を守る)、「Be Thorough」(丁寧であれ)、「I understand」(了解する)、「Keep a List」(リストを持つ)、「Always Be Knolling」(常に整理整頓を心がける)といったルールは、現代アーティストのアシスタントだけでなく全ての働く人にも有効だと感じました。 動画を見ながら「仕事に関係ない動きをしない」「他人の仕事に気を取られない」「相手がメッセージを受け取ったか確認する」「わからないときはわかりませんと言う」「自分のタスクに集中」「送信済みは受信済みではない」「優先順位のリストを持つ」といった細かい決まり事に耳が痛かったです。 全ておっしゃる通りです。こちらのスタジオは罰金制もあり、鍵をかけないで出かけたら20ドル、電灯やエアコンを夜中つけっぱなしにしたら5ドル、連絡なしに遅刻したら5ドル、メモを取り損なってタスクを忘れたら10ドルなど……。ハンドメイド風の作品と、システマチックなルールのギャップに驚きました。そして現代アートの展示でこんなに、仕事について学ばされたことはありません。アートギャラリーで、仕事の姿勢について感化された体験が新鮮でした。見に来た人がトム・サックスの仕事術で能率が上がって収入アップし、彼の作品やコラボ製品を買えるようになる、という流れが理想的です。「トム・サックス ティーセレモニー」 期間:~6月23日(日)時間:11:00~19:00 ※金・土は20:00まで(入場は閉館30分前まで)休館日:月曜日場所:東京オペラシティ アートギャラリー[3Fギャラリー1, 2]東京都新宿区西新宿3丁目20−2 https://www.operacity.jp/ag/exh220/ >>#ムーミン展でトーベの強さと繊細さに触れる #42 >>スルタンのパワーをまとう #トルコの至宝 #41 >>江戸の奇想ヴァイブスを吸収 #奇想の系譜展 #40 >>脳内北斎をアップグレード! 新・北斎展 #39 >>ローマから渋谷まで廃墟化する諸行無常な展示「終わりのむこうへ:廃墟の美術史」展 #38 >>格調が高すぎる「皇室ゆかりの美術」展 #37
関連キーワード

RECOMMEND