甲状腺ホルモンが多すぎた場合、少なすぎた場合に表れる症状とは!?

OurAge

今回は、甲状腺ホルモンが多すぎた場合、あるいは少なすぎた場合にどんな病気が起こるのか、みていきます。

甲状腺ホルモンは多くても少なくてもNG!

甲状腺ホルモンが多すぎると…

暑がり
多汗
脈拍数が多い
不整脈
動悸がする
体重が減る
食欲旺盛
手足が震える
イライラする
排便の回数が増える
眼球が出る
息切れしやすい
かゆみがある
口が乾きやすい
早口になる
生理の間隔が短い
生理の出血量が少ない
コレステロール値が低い

甲状腺中毒症/代表的な病気は…
バセドウ病

甲状腺ホルモンが少なすぎると…

寒がり・低体温
うつっぽい
脈拍数が少ない
貧血
むくみやすい
体重が増える
気力がわかない
もの忘れしやすい
筋力が低下
便秘がち
動作が鈍い
眠気を感じやすい
皮膚がカサカサ
声が枯れる
足がつりやすい
生理の間隔が長い
生理の出血量が多い
コレステロール値が高い

甲状腺機能低下症/代表的な病気は…
橋本病

《共通の症状》

だるい
疲れやすい
髪の毛が抜ける
甲状腺が腫れることもある

いかがでしたか? 更年期の症状と似ているところがありますね。

このような症状が現れたら自己判断せず、まずは専門医に相談しましょう。

次回は、甲状腺ホルモンがどのように作られるのかご紹介します。

イラスト/内藤しなこ 構成・原文/蓮見則子

MyAge購入バナー(正)

関連記事
  • すっかりご無沙汰しております。ってもう秋ですね。皆様、今年の夏はいかがお過ごしでしたか?笑顔いっぱいの夏休みでしたか?それとも・・・少し前ですが、女子プロゴルファーの渋野日向子選手が全英女子オープンゴルフで見事優勝❣ 笑顔は世界共通と名言して、日本のみならず世界中にキラキラした笑顔をふりまき一躍シンデレラに躍り出ましたよね。笑顔を作ることで、パフォーマンスを上げてプレー出来るというエビデンスが出来ました。おやつタイムには、しっかりと良く噛んで食べる姿もフォーカスされていましたね。スポーツの解説を聞いていると、度々、準備、という言葉が耳に残ります。つまり、選手は攻撃や、ピンチに、しっかりと対応するためのトレーニング準備や、体のケアの準備、内面的にも変化に対応できる準備をしっかりとしているということ。その準備を怠りなくすることで、余裕が出来て、笑顔も生じてくるのだと思います。そう、笑顔も準備が必要です。笑顔への憧れは、世界レベルに✨今年の夏、歯の美白ケア&パナソニック製品紹介セミナーの講師として中国の広州へ行きました。新製品の電動歯ブラシドルツを紹介しながら、毎日の歯磨きケアが、口もとやカラダの健康を導くお話をさせて頂きました。食文化が豊富で、食べることが大好きな明るくて可愛い広州の女性たち。歯をもっとキレイにして笑顔を増やしていきたいと、とっても前向きでした。日本でも人気のある女優の石原さとみさんは、広州の女子にも大人気で、彼女の口もとや笑顔に憧れると口をそろえて言ってましたよ✨広州での、歯の美白ケア&パナソニック製品紹介セミナーは満員御礼❣歯の美白は広州でも注目度が高かったです。新製品の電動歯ブラシドルツは益々進化をしています。セミナー終了後、広州の美女さんと集合写真✨ 歯の美白や、毎日の歯磨きケアが笑顔に導いて行くことを納得してくれてました。美意識の高さを感じましたよ✨笑顔の準備って何が必要なの?それでは、笑顔がステキ✨と褒められるための準備をしていきたいと思います。大きく分けて3つ✨です。まず、1 生活習慣の徹底毎日繰り返す悪癖の見直しをしてみましょう。例えば、頬杖、猫背、への字口、睡眠不足や、スマホの長時間の使用、良く噛まなくてすむ口あたりの良いだけの食生活、ながら食べ、噛むことや口もと周りを動かさない生活習慣、姿勢の悪さや睡眠の影響は血流低下から唾液不足も引き寄せて口もとから笑顔を生じにくくしてしまいます。2 歯のケア、チェック笑顔といえばやっぱり白い歯、引き締まった歯肉。歯や歯肉が不健康な状態はどうしても口もとを隠したくなります。よって、笑顔も少なくなる傾向になりますね。毎日のデンタルセルフケアは、もちろん、不調を感じる前に、歯医者さんでのチェックは、大人こそ必要です。歯や口もとの清潔感は若々しいイメージになりますし、ナチュラルに笑顔が輝きます。3 口もとの筋力笑顔を支えるのは、口もとの筋力です。キュッと上がった口角や、若々しい口もと周りには、口もと周りの筋肉や、舌の筋力も大切なポイントです。口もと周りの筋肉がしっかりと動いていると、笑顔が大きく出せるようになります。同時に唾液腺も連動して、健康なカラダにも導きます。笑顔が沢山でるようになると、見た目の変化だけでなく、カラダの免疫力も上がりますね。また、笑顔の準備が整うことによって、口もとの健康状態も良くなり、風邪やインフルエンザなど、菌やウィルスに対抗できる準備が出来ます。飲み込む力も養われるので、誤飲のリスクも少なくなりますね。準備は大切です。いつも笑顔がキラキラしている、スタイリストの大草直子さん。笑顔への準備は怠りません。白い歯と輝くビッグスマイルは、大草さんのステキなスタイリングのアクセサリーですね✨さて、私、9月8日✨うつ9しい8の日(美しい歯の日)に、ワニブックスから新刊『美しい口もと』を発売させて頂きました。大草直子さんに帯を頂きました✨ 表紙のモデルさんは「マリソル」のビューティーモデルとしても有名な樋場早紀さんです。清潔感あふれる美しい口もと✨この著書でも、笑顔の大切さや、その笑顔のための色々な準備を最新のメソッド、エクササイズを用いて掲載しています。大人だからこそ、もう一度見直しをして頂きたい、大人の美しい口もと、笑顔をどんどん魅せて欲しいなと願いを込めて書きました。どうぞよろしくお願いいたします。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・★石井さとこ先生のクリニックは、 ホワイトホワイト(恵比寿店、ルミネ新宿店、ルミネ有楽町店)  http://whitewhite.jp/
  • 季節の変わり目や乾燥、外的刺激などで肌が揺らぎやすいこの時期。イソップから、敏感肌や敏感に傾きがちな肌のための保湿クリームが登場する。 イソップ シーキング サイレンス ハイドレーター 60ml ¥5,700(2019年9月30日発売) 抗酸化や抗炎症、保護作用をもつデュナリエラサリナエキスと、バリア機能を高めるフサザキスイセン根エキスがこのクリームのキー成分。これら2つの相乗効果によって荒れた肌を立て直し、なめらかな肌を実現する。さらに、揺らいだ肌を落ち着かせるショウガ根エキスとビサボロール、保湿力にすぐれたスクワランと異性化糖も配合。肌にうるおいを与えながらバリア機能を整え、すこやかな状態へと導いてくれる。 サラっとした軽めのテクスチャーは、ゴワつきがちな肌にもするりと浸透するから「肌に塗ること自体が刺激になりそう……」と不安な時でも安心して使うことができる。そしてもちろん、イソップならではの心安らぐ香りも魅力。ウッディーやハーブ系の爽やかな香りは、不調が続いて沈みがちな気分のリセットにもうってつけ。 赤みやカサつきなど見た目にわかりやすい症状から、かゆみやヒリヒリ感などの目には見えない症状まで、さまざまな敏感肌をケアするクリーム。夏から秋へと季節が移ろいトラブルが起こりやすいこの季節、そばにあると安心な逸品だ。   イソップ・ジャパンhttps://www.aesop.com/jp/03-6434-7737 text:Tomomi Suzuki >>ビューティニュース
  • 「ストレートな表現が胸を打つ」などと言いますが、「そもそも人間の脳は“直球”に弱いのではないか?」と思うことがあります。 以下、「お、おう…」としか反応しようのない風景を3つ。 1枚目、大きく「うら」と書かれた台車の裏。はいその通り。 2枚目、紫色の「紫駅」。うむ確かに。 3枚目、戦前のお菓子のおまけ、「う」。 こんなカードが出てきたら、誰でも「うっ…」となるはず しかし、それを先取りするかのような文字の入れ方が素敵です。 (編集B)
  • 2019年6月17日~20日 non-noLINE会員にアンケート募集、1639人が回答。なんと9割近くが満足していないという結果に。クセや乾燥で髪が扱いにくく、ダウンヘアもアレンジも決まらないという声が多数。髪の悩みのほかにも、ニオイやベタつき、かゆみなど、頭皮に関わるお悩みも続出。みんな複数のお悩みを抱えているみたい。サラッとした髪が大人気。適度なボリューム感とツヤを感じるナチュラルな雰囲気は、男子からの好感度も絶大。絡まりにくい髪、うねりにくい髪になりたいなど、切実な声もたくさん。悩みはたくさんあるものの、香りや価格など、仕上がり以外のポイントで選んでいる人も多いみたい。これは改善の余地がありそう!インバストリートメントやヘアマスクを使っている人が半分以上。その多くが毎日使っていて、美髪意識はかなり高めといえそう。オイルとミルクのほかには、ドライヤーにこだわったり育毛エッセンスを使っているという人も。ケア頻度も高い!インバスケア、アウトバスケア、みんなたくさんケアしているのに、その結果に満足しているのはわずか2割。残りの8割はヘアケアアイテムの選び方から使い方まで、どうしたらよいのか迷子状態になっていることが判明!正しい方法と自分に合った アイテム選びで髪は生まれ変わります!「ノンノ世代はヘアアレンジが上手で、髪の質感やカラーにとてもこだわりを持っています。髪の毛が与える印象にも敏感で、ケアも一生懸命していますよね。でも情報があふれる今の時代、SNSを参考にして間違ったケアを選んでしまう子が多いのも事実。髪は肌と同じで十人十色。同じ髪質を目指していても、その人が持つ本来の髪の状態によってアプローチが変わってきます。ちゃんとケアしているのに満足できない原因は、アイテムの選び方やケアの仕方にあるのかも。毎日のケアをほんの少し自分に合わせてカスタマイズすれば、1日で理想の髪質にグンと近づくことができますよ!」 Un ami omotesando津村佳奈さん その人の個性を引き出すスタイリングが人気。ツヤ髪作りの名手で美容家からの指名も絶えない。\「ダメージ髪復活ケア」の基本はこちら/他の画像を見るモデル/松川菜々花 撮影/横山翔平(t.cube・モデル) ヘア/津村佳奈(Un ami) メイク/甲斐美穂(ROI) スタイリスト/中村美保 イラスト/Bob Foundation 構成・原文/野崎千衣子 web構成/ 轟木愛美 web編成/レ・キャトル
  • 「MAQUIA」11月号では、人に聞けない女子悩みの解決策を専門家がアンサー。今回は、人に聞きにくいボディ悩みの1位、デリケートゾーン悩みのQ&Aをお届けします。\マキア読者に聞いた/人に聞きにくいボディ悩み1位 デリケートゾーン2位 生理・女性ホルモン3位 ニオイ4位 髪・ムダ毛5位 尿、腸トラブルお悩み1位 デリケートゾーン外来人に聞きにくいお悩み1位がデリケートゾーンのケア。正しいケア法や、トラブル対策について詳しく解説!教えていただきましたアンティームオーガニック開発者 森田敦子さん植物療法士。フランス国立パリ13大学で植物薬理学を学ぶ。デリケートゾーンケアに精通。「毎日、顔はスキンケアをしているのにデリケートゾーンは何もしていない人が多数。ケアしないのとするのでは年をとったときの状態がまったく違い、しないでいると、将来膣が萎縮してシワシワに。今から毎日ケアを」Q そもそも、デリケートゾーンってどこ? A 性器の周辺のこと 「デリケートゾーンは正式な医学用語ではなくデリケートな部分という意味の造語で、膣周りや肛門、大陰唇、小陰唇、尿道口などがある性器周辺のことです」(森田さん、以下同)Q 特に夏、デリケートゾーンが蒸れて臭くなる...。対策は? A アンダーヘアの脱毛と清潔を保つこと  「アンダーヘアがあると蒸れてニオイのもとになるので個人的には全剃りがおすすめ。入浴時にきちんと洗い、日中汗をかいたときはデリケートゾーン用シートで拭き取りを」A コットンなどにスプレーして拭き取るだけ。BIOTURMフェミニンデュオスプレー 50ml ¥2500/ビープルバイコスメキッチン B ニオイの元を簡単にオフ。ソフィデリケートウェットシート無香料 12枚 ¥198(編集部調べ)/ユニ・チャームQ アンダーヘア周辺がかゆい。おすすめのケアとは? A 脱毛&お風呂で毎日洗って 「汗で蒸れるとかゆみも出やすいので、やはりアンダーヘアは脱毛を。欧米では処理をするほうが当たり前です。入浴時にはデリケートゾーン用ソープで洗って清潔に」Q デリケートゾーンの正しい洗い方は? A ヒダやその裏側までやさしく洗う  「大陰唇と小陰唇の間やヒダの裏側、クリトリス周りには恥垢(ちこう)がたまりやすいので、指でめくって優しく洗いましょう。肛門のシワの間の汚れも指で優しく落として」Q ボディソープで洗っちゃダメ? A 粘膜部分は体の皮膚より敏感なので専用ソープを 「性器の粘膜部分は、体や顔の皮膚のようにバリア機能をもつ角層がなく敏感なので、ボディソープで洗うと刺激や洗浄力が強すぎます。必ず専用のソープを」MAQUIA11月号 撮影/岩谷優一〈vale.〉(モデル)  ヘア&メイク/藤本 希〈cheek one〉 スタイリスト/河野素子 モデル/千国めぐみ イラスト/チチチ 取材・文/国分美由紀 和田美穂 企画/萩原有紀(MAQUIA)   ※本記事掲載商品の価格は、本体価格(税抜き)で表示しております。掲載価格には消費税は含まれておりませんので、ご注意ください。【MAQUIA11月号は9月21日(土)発売】\アスタリフト版のご購入はこちら/\アベンヌ版のご購入はこちら/
  • こんにちわ、narumiです! 今回は、オススメのルームウェアについてシェアしたいと思います♡ peach John パジャマを自由に!をテーマにした pick & mixシリーズです。 全5型、4色展開のルームウェアの中から、気分やシチュエーションに合わせて、 自分で自由に組み合わせることができます! 私は、 ピンクストライプ ✖️ ライトグレーショートパンツ  の組み合わせに☺︎ 寒がりさんや、暑がりさんでも、 自分のライフスタイルに合わせて pick & mixできるのです!! 他にもまだまだ可愛いデザインがあります。 画像よりウェブサイトへ飛べるので、 是非チェックしてみてください❤︎ narumi カワイイ選抜 No.16 五味 なる海
  • 1989年の創刊から30周年を迎える11月号。カバーは広瀬すず、花と愛に満ちた特集が巻頭を飾ります。「SPUR 30 FLOWERS」では、デザイナー、クリエイターが花開かせた30通りの「美しさ」を表現。キュートなカップルの自由な愛を描く「LOVE STORY」には、平和を願う加藤登紀子さんのインタビューも。笑顔を運ぶ30のファッションニュース、30年後も愛せる靴とバッグと、力強いモードをお届けします。 ビューティ企画にもきらびやかな才能が集結! 眞栄田郷敦、板垣李光人、TANIYA,醍醐虎汰朗がまとうのは、ジェンダーレスなメイクアップです。CHAIが発信するのは「NEOかわいい」眉毛。西城秀樹に炎鵬と、時代やカテゴリーを超えて輝くヒーローにもフォーカスします。特別付録は、「SPUR×MM6 Maison Margielaパデッド ポーチ」。縦26cm×横35cmというメガサイズ、クッションのようにソフトな質感は付録の域を超えたクォリティ! 「吉沢亮 マカオで逢えたら」も見逃せません。スペシャルなフォトストーリーを16ページの別冊付録で展開。個性豊かなキャストと夢に溢れた11月号を、30年分の感謝の気持ちをこめて贈ります。創刊から30年のアニバーサリーを祝して、30人のクリエイターの方々とともに“花”をテーマにビジュアルを製作しました。スタイリストやデザイナー、小説家、漫画家、ヘア&メイクアップアーティストなど、表現のフィールドもさまざま。それぞれ異なるかたちで美しく咲き誇る眼福テーマが、記念の号を華やかに彩ります。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  ジョン・レノンとオノ・ヨーコの“ベッドイン”から今年で50年。創刊記念号だからこそファッションを通して愛と平和について考えてみたい、とスタートした今回の企画。ヨーコさんと親交のあった加藤登紀子さんにも、ジョンとヨーコのラブ&ピースについてお話を伺いました。加藤さんが目の当たりにした歴史的なエピソードは、愛と平和を想像する大切なきっかけとなってくれるはず! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  今だけでなく、30年後もその先も、私たちに寄り添ってくれる靴&バッグとは?ブランドのヘリテージやスピリットが詰まった「ニュークラシック」とも呼べるアイテムを、30ブランドからセレクトしました。思い切って投資をする価値のある名品が勢揃いします。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  長かった夏が終わり、いよいよ秋本番。そんな今こそ知りたいファッショントピックスを大ボリュームでお届けします。ひと目惚れ間違いなしの注目アイテムから、イットトレンドのスタイリング方法、日本初上陸ブランドや今季のデビューブランド、さらには大阪のセレクトショップ案内まで。思わず笑顔になれるニュースをお見逃しなく! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  秋の訪れとともに気になり始めるアイテム、ニット。今年は精鋭をバトル形式でプレゼン!鮮やかなカラーパレットや前衛的なシルエットを好む「プログレ」派、シンプルなデザインやタイムレスな魅力に惹かれる「スタンダード」派が繰り広げるおしゃれバトルの結果はいかに? エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  かつて、類いまれなる歌唱力とパフォーマンス、そしてあまりにもクールな佇まいで時代を席巻した西城秀樹。色あせないスーパースターの表情が、集英社と写真家、中村昇氏所有の貴重なアーカイブ写真でSPUR11月号に蘇ります。たとえあなたが"ヒデキ"を知らない世代だったとしても、必ず彼の歌声が聴きたくなるはず! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  私たちの生理は、どんな歴史を乗り越え、アートやカルチャーシーンの中でどう描かれ、どんな未来を夢見ているのか。2号連続の生理特集では、多彩な選択肢を得た生理のこれからを、さまざまな視点から読み解きます。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  ラデュレのサフィア・トマ・ベンダリさんが南仏にとても素敵なセカンドハウスをつくったらしいと聞いたのは、先のパリコレクションの頃。この夏取材が叶った素敵なおうちは、愛猫たちも一緒に過ごす、ポップでカラフルな50~60年代風。「こんなお家にくらせたら……!」という気持ちのいい空間へ、しばし妄想トリップ&インテリアのアイデア集としてお楽しみください! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  
  • SPUR11月号の「生理について語るときがきた・後編」では、前月の前編に引き続き、生理について、その未来について考えています。今回、様々な立場の方に「生理のこれからについて」というテーマでお話を伺ったのですが、面白かったのが歴史社会学者の田中ひかる先生のお話。生理用品の歴史に関して研究をおこなっている田中さんによると、今、日本ではまさに3回目のエポックメイキングなタイミングなのだとか。著書『生理用品の社会史』の中で、過去2回の「革命」について、詳しく書かれています。女性があたりまえに声をあげることができるようになってきて、まさに「生理について語れるときがきた」2019年。過去の歴史について学ぶのも、生理の未来について考えるにあたり重要なことだと思っています。ちなみに、田中先生の著書「月経と犯罪」もなかなかにインパクトあるタイトルですが、学術的にいろいろと興味深いことが記されており、とっても面白いですよ! SPUR11月号「生理について語るときがきた・後編」を試し読み(外部サイト)
関連キーワード

RECOMMEND