「サバ缶」 サラダ仕立て/ セロリとレモンのサバ缶サラダ

OurAge

今回はセロリとレモンを使ったサバ缶のサラダをご紹介。骨の材料となる成分がたっぷりのサバ缶と、カルシウムの吸収を助けるレモンを組み合わせておいしく骨活をしましょう。

サバ缶 セロリとレモン

レモンのクエン酸がカルシウムの吸収をサポート

セロリとレモンのサラダ

サバ缶には骨の材料となるカルシウムやタンパク質が豊富。
カルシウム豊富なクレソンも、骨活を応援します。

材料(2人分)

サバ缶(汁なし)……90g
セロリ……1/2本
クレソン……1束(30g)
レモン……1/4個
〈ドレッシング〉
オリーブオイル……大さじ1
塩……小さじ1/4
黒こしょう……少々

作り方

1 セロリは筋を取り、斜め切りにする。クレソンは食べやすい長さに切る。レモンは皮をむいて果肉の部分をいちょう切りにする。サバ缶は汁気をきってほぐす。

2 ボウルにドレッシングの材料と①のレモンを入れて混ぜ、サバ缶、セロリ、クレソンを加えてあえる。

次回からは「サバ缶」で作るメインディッシュをご紹介します。お楽しみに。

撮影/三木麻奈 料理/舘野真知子 スタイリスト/サイトウレナ 構成・原文/瀬戸由美子

MyAge2019春号 購入アイコン

関連記事
  • 黒コーデ第2弾。 大好きな2つのアイテム、シャツ×デニムです。エクラ8月号の黒コーデ特集。 富岡佳子さんの夏の私服スタイルの中にも、デニムに合わせたオールブラックコーデが掲載されています。 惚れ惚れしてしまうほどのかっこよさ❤️ 同じ年代の女性なんて信じられません ✨✨ 私も、黒トップスのドルマンシャツを大好きなデニムに合わせました。 富岡さんのデニムのオールブラックコーデ黒のドルマンシャツはボリュームがあるので、デニムはAGのワンウォッシュスキニーデニムでスッキリと。 アクセントが欲しいな〜と思ったので、パンプスはプチプラなoriental trafficの赤を選びました。tops : dolly sean denim : AG pumps : oriental traffic bag : HERMESこの日は、仕事がお休みの娘と原宿散策。 ランチはRETHINK CAFEのヘルシーなサラダボール。 ボリュームたっぷりで、お腹も満たされました 雑穀米も入っていてボリューミー明るい店内は開放感がありますランチ後は、ショッピングに。 好みが似ているので、最近はよく洋服をシェアしています。 洋服選びはあれこれ迷いますが、似合わないものは似合わないと辛口でバッサリ言ってくれるので、娘と一緒だとあまり失敗はない…かな SALEも始まったばかりだったので、お財布に優しいお買い物が出来ました InstagramもUPしましたので、お時間ありましたら覗いてみて下さい。Instagramはこちらからどうぞ。華組 豊田真由美ブログ
  • コーデがダレてしまいがちな暑い夏に、大人が頼れるのは黒のパワー。ドラマチックかつシックな魅力でリッチ感が大きくアップする、トップス・パンツ・スカート・ワンピースの5アイテムをご紹介します・1.フリルの甘さを黒で引き算。 夏のパンツスタイルを華やかに 体のラインを美しく引き立てる、極細番手の糸で編み上げたなめらかなシルクジャージー素材のつやめく黒は、それだけでリッチなムードを演出。黒のクールさが、たっぷりと入った袖のフリルの甘さを美しく軽減しつつ、華のあるパンツスタイルに。 カットソー¥43,000(クルチアーニ)・パンツ¥49,000(アリクアム)/以上ストラスブルゴ サングラス¥46,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス¥21,000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル) バッグ¥288,000/ジミー チュウ2.繊細なディテールの黒で、上品に 上質なリネンの黒のブラウスは、肩下にぐるりと配されたこまやかなタックデザインで、ほどよく女らしい雰囲気に。 ブラウス¥34,000/マスターピースショールーム(サイ) スカート¥35,000/ブルーバード ブルバード ピアス¥20,000/チェリーブラウン バッグ¥37,000/コード(ヴァジック)3.とろみ素材だから、 女性らしさと心地よさを両立 センタープレスでほどよいきちんと感もかなえてくれるとろみ素材のパンツは、Tシャツスタイルでも大人のムードに。 パンツ¥19,000/ドレステリア 銀座店(ドレステリア) カットソー¥11,000/エイトン青山(エイトン) ジャケット¥31,000 /ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ヴェルメイユ パー イエナ) ネックレス¥42,000/エスケーパーズ(ハルポ) バッグ¥508,000/モワナ メゾン GINZA SIX(モワナ) 靴¥95,000 /ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ)他の画像を見る撮影/金谷章平 ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/福田亜矢子 モデル/生方ななえ 取材・文/松井陽子 ※eclat8月号掲載
  • 20〜40代でがんばってきたショッピング、アクティビティと、忙しいハワイはもう卒業。ゆったり贅沢に楽しむハワイ旅には、おいしい「食」が欠かせません。ハワイ通が選んだナンバーワンカフェ&レストランをお届けします。ワタナベマキさん(料理家)推薦Island Vintage Coffee(アイランド・ヴィンテージ・コーヒー)ワイキキのど真ん中、ロイヤル・ハワイアン・センターにあり、早朝から夜11時までオープンのカフェ。カフェといっても食事もしっかり。なかでも「"パシフィックアヒ"はハワイ中でナンバーワンのサンドイッチ!」とワタナベさん。ほかにも、シェフこだわりの5種類のお米をミックスした五穀米に、冷凍ではなく生のアヒをのせた人気のポケ丼や、新メニューのモアナボウルなど、そのどれもが文句なしにおいしい。滞在中の野菜・果物不足解消にもひと役買いそうだ。初夏には隣接してワインバーもオープン予定で、お酒とおつまみまで楽しめるように。ロイヤル・ハワイアン・センター中央のエスカレーターを上がってすぐのナイスロケーションリリコイ(パッションフルーツ)とピタヤ(ドラゴンフルーツ)のスムージー($8.75)まもなくオープン予定のワインバーでは、チーズやドライフルーツなどのおつまみも他の画像を見る2301 Kalakaua Ave., #C215 Honolulu ☎808・926・5662 6:00~23:00(FOOD 6:30~22:00) 無休 ※予約不可次は:旬なプレイスNo.1のレストラン内野 亮さん(コーディネーター)、赤澤かおりさん(ライター)推薦Deck.(デック)クイーン カピオラニ ホテルの3階にあるオープンレストランは、ダイヤモンドヘッドが目の前に広がる贅沢ビューと、朝から夜までシーンに合わせて使えるのが魅力。「リニューアルしてますます素敵に。なにかというとここに来ます。はずせないのは毎月第2日曜のサンデーブランチ。ひとり$55でプライムリブやオイスター、サーモン、ポケなどがそろうビュッフェが楽しめ、+$25でミモザも飲み放題。これはかなりマストです!」(内野さん)。オープンテラスのソファ席でゆったりくつろぎながら朝ごはん。アボカドトースト($12)、トリプルスタックパンケーキ($15)など。毎日実施の夕暮れ時のハッピーアワーも最高見た目はボリュームたっぷりなハンバーガーだけれど、実はベジタリアン仕様のインポッシブル・バーガー($19) グアバなどのミモザ3種(各$8)150 Kapahulu Ave., Hololulu 3rd floor of The Queen Kapiolani Hotel ☎808・931・4488  6:30~23:00(日曜~22:00)、ハッピーアワー16:00~18:00  無休次は:プレートランチNo.1のレストラン赤澤かおりさん(ライター)推薦Pioneer Saloon Kaka’ako(パイオニア サルーン カカアコ)ローカルに人気のプレートランチ店が昨年、話題のカカアコ「SALT」に新店舗をオープン。チキンカツやハンバーグステーキなど定番メニューはもちろん、こちらはお酒とおつまみも充実。「サクッとランチ昼飲みも、夕方の小腹も満たしてくれる頼りになるところ。とにかく何を食べてもハズレがないのがいい!」と太鼓判の赤澤さん。しょうがが効いたさっぱり味の豆腐&チキンハンバーガーステーキ、大根おろしポン酢($12)と、人気の納豆、山いも、ポキのネバネバ丼($15)おしゃれな店内675 Auahi St., Honolulu  ☎808・600・5612  11:00~20:00(金・土曜~21:00、日曜~15:00) ㊡元日、独立記念日、感謝祭、クリスマス次は:ビーチ朝ごはんNo.1のレストラン小澤征良さん(作家)、村山佳世子さん(スタイリスト)推薦Hau Tree Lanai(ハウツリー・ラナイ)目の前に広がる静かなカイマナビーチを前に、のんびり朝ごはんを楽しめる場所として長年不動の地位を守り続けているニューオータニ カイマナ ビーチ ホテル1階のレストラン。幼少期からここに通う小澤さんは「宝島を書いた作家、ロバート・ルイス・スティーヴンソンがよく訪れていたことで有名な、屋根がわりのハウツリーが印象的な気持ちのいいところ」と今でもごひいき。朝は特に混んでいるので予約をするか、オープンの7時をねらって。ハワイ産ハーフパパイヤライム添え($6)、ポイ・パンケーキ($15)、クラシック・エッグベネディクト($20)は定番の人気The New Otani Kaimana Beach Hotel 2863 Kalakaua Ave., Honolulu ☎808・921・7066(日本語対応可) 朝食7:00~11:00、ランチ11:45~14:00(日曜12:00~)、ディナー17:30~21:00 無休  ※タンクトップ、水着不可。要予約。次は:ロコアジアごはんNo.1のレストランブレンダさん(モデル)推薦PIGGY SMALLS(ピギー・スモール)ファーマーズマーケットで出店していたことから人気に火がつき、ダウンタウンにお店を構えた『ピッグ&ザ・レディ』。ここは2年前にオープンしたその姉妹店。メニューは本店とは違い、ベトナム料理だけに固執することなく、タヒチやミャンマーといった国からもヒントを得た魅力的な創作料理。最近、ニューオープンが続くワード地区にあることもあり、ローカルからの注目度も高い。本店よりもリーズナブルに楽しめるのも人気の一因。カジュアルな雰囲気の店内も、やってくる人々も含めて今のハワイを感じられるところ野菜と昆布をベースにしたあっさりスープに、えのき、トマト、ハーブがたっぷりのビーガン・フォー($16)グリーンパパイアの食感と、にんにく、ごま、ナッツなどのエスニックな香りを楽しめるサラダ、ウィークエンド・アット・バーミーズ($14)他の画像を見る1200 Ala Moana Blvd., STE.665, Honolulu ☎808・777・3588 ランチ11:00~15:00(土・日曜はブランチ10:00~)、ディナー17:00~21:30(日曜はディナー営業なし) ㊡元日、独立記念日、感謝祭、クリスマス ※予約がベター。撮影/内田 恒 構成・文/赤澤かおり 本誌編集部 コーディネート/内野 亮 ※掲載されている情報は2019年6月現在のものです。 ※eclat8月号掲載
  • お互いバタバタと忙しいわりに半年か1年に1度ぐらいは会う美女組仲間keiちゃん。美味しい食事と可愛い笑顔に癒されました。鎌倉駅からは少し遠い場所ですが、私のおススメフレンチレストランMichelleナカジマ。ランチコースも本格的なのに値段はリーズナブル。窓から見える景色も高原にいるかのよう!食事の写真はほぼ取らず、デザートのみになってしまいましたがメインディッシュまでに前菜が4つ出てきます。どれもこれも季節感あふれる味わいでした。なかなか美女組さんとの交流が持てない私ですが、誘ってもらえるのは嬉しいものです。またマリソルさんからも色々なご縁をいただき感謝のかぎり。残り5ヶ月ちょいですが最後までたのしんでいきたいとおもいます!美女組No.95はづきのブログ
  • こんにちは小野アムスデン道子です。チェンマイはタイ北部最大の都市ですが、エネルギッシュなバンコクに比べて、空気がゆっくり流れ、昔ながらのタイが楽しめる街。物価も安く、2週間以上のロングステイをする日本人も多いそう。優しい辛さのチェンマイの料理、美しい寺院、素朴な田んぼの藁アート、丁寧なスパ、癒されることがいっぱいです。チェンマイから北に50kmのメーテンにある、ランナー様式でタイ北部最大の寺院「ワット・バーンデン」。タクシーをチャーターして約1,000バーツ(1バーツ=約3.5円)で行くことができます。高さ4メートルはあろうかという涅槃像や、塔頭と共に祭られている12支の動物、想像上の動物たちが華やかでカラフルなお寺は別世界のよう。そこから田んぼのそばに藁アートが立つという貯水池「ファイトンタオ」へ(入場料50バーツ)。なんと巨大な3匹のキングコングがそれ! 周りは水田で、元々は刈り取った藁を利用することから始まったのだそう。田んぼには、1泊600バーツで泊まれるというゲストハウスもあります。レインシャワーにトイレも整備されていて、田んぼの真ん中で、ちょっと他では味わえない宿泊が出来るかも。ユニークな歴史遺産として、タバコ乾燥庫をカフェやレストラン、ホテルにリノベ―ションしてユネスコ賞も受賞した「カオマイ エステート1955 」があります。緑に囲まれたレンガ造りの建物はそのままに、中は快適に改装されています。レストランで、北部料理の定番の一つ、“カントーク”をいただきました。豚皮唐揚げやゆで野菜、ゆで卵を青唐辛子とタマネギなどをすりつぶしたディップにつけて食べるものです。柚子胡椒のようなこのディップが風味豊かで、止まらないおいしさです。チェンマイでは今、バケーションでリフレッシュしながら働く「ワーケーション」というスタイルで滞在するタイ人や欧米人がいて、この施設もWiFiが使え、カフェのテーブルでは充電もできるようになっていました。SNSのアップもしやすいですね。カオマイ エステート1955Kaomai Estate 1955    https://www.kaomailanna.com/estate.phpチェンマイ市内に戻りがてら、陶芸、手芸、雑貨やアパレルなど地元作家がショップを出すアーティスト村「バーン・カ―ン・ワット Baan Kang Wat」へ。作家の手になる一点ものがほとんどなのでお値段はそれなりに…。それぞれの工房スペースがとても素敵で、中にはカフェもあってゆっくり作品を見て回れます。いい作品に出会えば、チェンマイのよい思い出になりそうです。やはりタイに来たら、必ず立ち寄りたいのがスパ。タイ古式はじめ、レベルの高い施術の「ザ・オアシス スパ」へ。チェンマイに6店舗、バンコクやパタヤ、プーケットにもお店を展開しています。ここチェンマイ・バーン・セン・ドイ店は各国領事が住む高級エリアにあって、とても優雅なランナー様式の建物で、素敵なインテリアにうっとりします。スパ個室が5つに宿泊用の部屋も11室あります。オイルは使わず、筋肉を揉みほぐし血流を促すマッサージで不眠も改善されるという、タイ古式マッサージを受けました。1時間で全身を施術してくれて1,000バーツとお手頃。ザ・オアシス スパ The Oasis Spa  https://www.oasisspa.net/jp/home.php夕食は、オーガニックファームを併設して、新鮮なオーガニック野菜を使った料理で地元でも大人気の、「オーカジュ」のサンサーイ本店へ。農業を盛り立てようと3人の若者が創ったレストランの料理は、お値段が150〜300バーツと手頃でボリュームたっぷり。肉料理にもレストランの横の農場で栽培されているサラダがたっぷり添えられています。いろいろと野菜を選んでカスタマイズすることもできます。メロンをくり抜いたフルーツサラダは名物だそう。ドリンクはすべてノンアルコールですが、野菜たっぷりのお料理には、ヘルシーなスムージが合います。オーカジュ OHKAJHU  https://www.facebook.com/ohkajhuチェンマイに来たら絶対に味わってみるべきなのがカレースープの麺料理“カオソーイ”。市内にあって創業70年の有名店「カオソーイ・ラムドゥアン・ファーハーム Khaosoi Lamduan faham」のカオソーイは、ココナッツのまろやかな風味のカレースープに、弾力のある卵麺が絶妙で、上にのせた揚げた麺の香ばしさもポイント。トッピングは3種類あり、衣をつけて揚げた豚肉、骨付き鶏肉、スライスの牛肉とそれぞれにおいしいです(50バーツから80バーツ)。チェンマイソーセージなどのおつまみもビールにぴったり。チェンマイは、こうしたローカルグルメにナイトマーケットでのショッピング、寺院巡りなど普通の観光も楽しいところですが、ゆっくり滞在するならタイ料理クラスなど、ならではのローカル体験に挑戦してみては?1名から30名まで対応するというタイ料理教室「ルアン・ラダー」で、お馴染みのトムヤムクンやパッタイ、鶏肉カシューナッツ炒め、青パパイヤのサラダ(ソムタム)4品とマンゴーにココナッツで炊いたもち米をそえるデザート(カオニャオ・マムアン)を作りました。卓上コンロにエプロン、材料がセットアップされていて、料理にじっくり取り組めるのでやり遂げた感があります(1,000バーツ)。ルアン・ラダー RUAN LADA https://www.facebook.com/RUANLADA2599/チェンマイ観光局によると、住居費・光熱費・食費・交通費などの1カ月トータルのチェンマイ滞在費は26,000バーツ、9万円ほどです。観光目的なら30日以内はビザ無しで滞在できます。長期滞在でじっくりとチェンマイのローカルな体験や文化を楽しんでみるというのもよいかも。取材協力/ タイ国政府観光庁 https://www.thailandtravel.or.jp
  • 女子会ディナー 先日の女子会は表参道でフレンチディナー♪ 明治神宮前駅から歩いて5分かからないくらいのところにある「kiki harajuku」。 こんなところにこんなおしゃれなお店があるのか思うくらい隠れ家的なお店でした♪ 私たちが食べたのはコース料理。 こだわりの野菜とフルーツを使ったコースはとにかく見た目もきれいで思わず「わぁ〜」っと声が出てしまうほどでした♪ ・白桃とはまぐりのロワイヤル ・おくら蕎麦 ほうじ茶スープ仕立て  鱸のカダイフ巻き ・さつまいもパイ包み焼き 無花果とぶどうのサラダ仕立て ・鴨ロース煮 キャビア・ドーベルジーヌ 粒マスタードのソース ・デザート どれも本当に美味しくて特にさつまいものパイ包み焼き 無花果とぶどうのサラダ仕立てはしっとり甘いさつまいもがサクサクパイに包まれていて周りにはフルーツが添えられていてとても美味しかったです♪ ちなみにパンも自家製で作っているそうで外はカリカリの中はフワッフワで美味しいーーー!! (おかわり自由です♡) 隠れ家的レストランオススメです♡ Instagram
  • 「MAQUIA」9月号から、肌や髪などの美容悩みも、悩ましい“痩せない”問題も解決できる、毎日の食べ物や食べ方の選び方をご紹介!女性の困った!に食事で対応美と健康のお悩みに効く食べ物気になる肌のトラブルや、体の不調、実は栄養不足が原因かも! そんな悩みを食べ物で解決するワザをアドバイス。毎日の食事に取り入れて。栄養コンサルタント杉山明美さん分子整合栄養医学管理士。法政大学非常勤講師。最新の著書『不調女子のカラダよろこぶ栄養BOOK』(徳間書店)が話題。美容編肌や髪などの美容悩みも、悩ましい“痩せない”問題も、毎日の食べ物や食べ方のセレクトで変わってくるとしたら?何が効くかをズバリお答え。顔色が悪い人は鉄と一緒にビタミンCを「顔色が悪くなる原因は、酸素と鉄が結合して形成されるヘモグロビンが血液中に不足するから。改善のためには鉄分を摂るのがおすすめですが、この時、吸収率が上がるビタミンCと一緒に摂るのがコツ。吸収のよいヘム鉄が摂れる牛肉をステーキにして、ビタミンCが豊富なブロッコリーを添えれば、鉄分の吸収率が2倍に」日差しの強い日の朝はトマトジュースで美肌死守!「日やけをしそうな日にとりたいのが“食べる日焼け止め”といわれるトマト。トマトに含まれるリコピンは高い抗酸化力をもち、日焼けによる肌ダメージを軽減します。トマトジュースにオリーブオイルをたらして飲むと吸収率が高まりますよ」牛肉を食べて爪を丈夫に「爪はたんぱく質が不足するともろくなるので、ネイルケアの前にまずたんぱく質の補給を。たんぱく質はその合成を高めるビタミンB 6と一緒に摂ると利用効率が高まります。牛レバーにはたんぱく質もビタミンB 6も含まれるのでおすすめ」キレイな髪をキープしたいならたんぱく質と亜鉛「髪の主成分であるケラチンは、システインというアミノ酸から作られます。不足すると抜け毛、切れ毛、枝毛の原因に。システインは肉や魚、卵などの動物性食品に含まれるメチオニンから作られます。また鉄や亜鉛不足も髪のトラブルの元。豚レバーや牡蠣などは鉄と亜鉛が同時に摂れるので積極的にとりましょう」クレソンで肌トラブル予防「美肌にいい野菜がクレソン。クレソンに多く含まれるβ-カロテンやビタミンCは、肌トラブルの原因となる活性酸素を除去する働きが。生のままベーコンやささみなどのたんぱく質と共にサラダにしてとりましょう。ペースト状にして肌にパックをするのも効果的」ニンジンはニキビ・吹き出物対策の味方「ニキビや吹き出物に悩む人はビタミンAの補給を。代謝に関わり皮膚や粘膜を健康に保つ働きが。おすすめの食品はにんじん。体内でビタミンAに変わるβ-カロテンに、抗酸化作用の高いビタミンCやリコピン、便秘によるニキビ改善によい食物繊維も含有」太りやすいのは……ショートケーキより大福「ショートケーキと大福では、実は大福のほうがあんこと皮に糖質が多く、血糖値が急上昇するので太ります。ショートケーキは大福より糖質量は少なく、脂肪が多い分、血糖値の上昇は緩やかです」1度にたくさん食べるより間食するほうが太りにくい「1度に大量に食べるとインスリンが過剰分泌されて脂肪に変わりやすく肥満の元に。それよりむしろ間食をとるほうが太りにくいです。食事はごはんよりおかずを増やし、腹七〜八分目にして、間食にゆで卵やナッツなどを。このほうがインスリンの過剰分泌を防げるので太りません」痩せ菌を増やして痩せ体質を手に入れる「腸内には、脂肪の吸収を抑える痩せ菌(バクテロイデス)と、脂肪の吸収を促すデブ菌(ファーミキューテス)がいて、肥満の人ほどデブ菌が多いことがわかっています。痩せ菌を増やすには、発酵食品やヨーグルトなどから乳酸菌やビフィズス菌などの〝善玉菌そのもの”を、また食物繊維などから〝善玉菌のエサ”になるものを、両方摂るのがコツ」イライラしたときは甘い物より適度な運動!!「甘い物を食べるとβ-エンドルフィンという脳内ホルモンが出て幸せ感を感じます。イライラすると甘い物が欲しくなるのはこのためです。ただβ-エンドルフィンには麻薬的な作用があり、次第に甘い物を食べないと禁断症状でイライラするようになり逆効果。β-エンドルフィンは適度な運動でも分泌されるので、そのほうがおすすめ」ストレス過食には固ゆで卵「ストレスで過食に走りそうになったときは、お菓子ではなく固ゆで卵を食べましょう。1個でも満足感が得られるうえ、消化に時間がかかるので腹持ちも抜群。たんぱく質が胃に長時間とどまると脳も満足するので、食べたいという欲求がおさまりますよ」ひどいむくみにも卵と鶏肉がお役立ち「ひどいむくみに悩まされている人は、たんぱく質が不足している可能性があります。アルブミンというたんぱく質は細胞や血管内に水分をためておく働きがあり、不足すると水分が細胞外にもれ出し、むくんでしまうのです。アルブミンは卵や鶏の胸肉などに多いので、むくみやすい人は意識的に食事に取り入れて」ひじ・ひざ・かかとのガサガサには卵とバター「ひじ、ひざ、かかとはガサガサになりやすい部分ですが、軽石などでケアすると余計に角質が厚くなってしまうので、体の外側からでなく内側から改善するほうがおすすめ。効果的なのは、皮膚や粘膜の細胞を正常に保つビタミンAが豊富な卵やバター、チーズなどをとること。卵とバターを使うオムレツなら最高。乾燥しがちな季節は毎日食べてもいいくらいです」口周りの乾燥トラブルにも卵と乳製品「口の中が乾くのはビタミンA不足で唾液腺が詰まっている可能性大。おすすめは卵。ビタミンAと、それを運搬するたんぱく質も摂れます。また、唇の乾燥はビタミンB2不足の可能性が。乳製品に多いので取り入れて」シミのないつるつる卵肌を目指すなら…お酒はほどほどに「シミの予防にも食生活が重要。シミは、体内で作られるシステインというアミノ酸によって薄くなります。でも、お酒を飲みすぎるとシステインがアルコールを解毒するために使われ、肌に届かなくなります。お酒は飲み過ぎず、ほどほどに」MAQUIA9月号撮影/山下みどり スタイリスト・料理製作/竹中紘子 取材・文/和田美穂 構成/山下弓子(MAQUIA)【MAQUIA9月号☆好評発売中】
  • 「夏休み毎日麺カレンダー」より、「きゅうりとひき肉の塩しょうがうどん」を作りました! . あっさり塩味が美味しくて、炒めたきゅうりや生姜のサクサク、サッパリ感もクセになるメニューです。 サラダとか、浅漬けがほとんどだったきゅうりの調理に、そうか、炒めもあったよね! と。きゅうりの可能性を再発見できました。 鰹節などをトッピングしてもおいしそう! . 簡単、おいしい!なので、塾帰りの娘の夜食メニューに仲間入り、決定となりました。(A子) . #LEE麺 #LEEレシピ #夏休み毎日麺カレンダー #magazinelee #leeweb #ワタナベマキ さん   \ 麺カレンダーはLEEのインスタグラムでも毎日更新! ぜひフォローしてください / LEE 公式インスタグラム  
関連キーワード

RECOMMEND