「サバ缶」 サラダ仕立て/ セロリとレモンのサバ缶サラダ

OurAge

今回はセロリとレモンを使ったサバ缶のサラダをご紹介。骨の材料となる成分がたっぷりのサバ缶と、カルシウムの吸収を助けるレモンを組み合わせておいしく骨活をしましょう。

サバ缶 セロリとレモン

レモンのクエン酸がカルシウムの吸収をサポート

セロリとレモンのサラダ

サバ缶には骨の材料となるカルシウムやタンパク質が豊富。
カルシウム豊富なクレソンも、骨活を応援します。

材料(2人分)

サバ缶(汁なし)……90g
セロリ……1/2本
クレソン……1束(30g)
レモン……1/4個
〈ドレッシング〉
オリーブオイル……大さじ1
塩……小さじ1/4
黒こしょう……少々

作り方

1 セロリは筋を取り、斜め切りにする。クレソンは食べやすい長さに切る。レモンは皮をむいて果肉の部分をいちょう切りにする。サバ缶は汁気をきってほぐす。

2 ボウルにドレッシングの材料と①のレモンを入れて混ぜ、サバ缶、セロリ、クレソンを加えてあえる。

次回からは「サバ缶」で作るメインディッシュをご紹介します。お楽しみに。

撮影/三木麻奈 料理/舘野真知子 スタイリスト/サイトウレナ 構成・原文/瀬戸由美子

MyAge2019春号 購入アイコン

関連記事
  • 40代からの食生活が将来の認知症リスクに大きく影響していることがわかってきているそうです。そこで脳に老廃物が蓄積するのを防ぎ、脳の神経細胞を元気にするために、積極的にとりたい食材や、その食べ方を10のルールにまとめました。食材の組み合わせや調理法にも気を配って、元気な脳を目指しましょう!脳を元気にするには何を、どう食べる?認知症を予防する食べ方ルール10Rule1 新鮮な葉物野菜を毎食とる葉物野菜には脳の老廃物蓄積を予防する栄養素、葉酸が豊富に含まれます。水溶性のため、煮たりゆでたりすると損失が大きくなるので、できるだけ生で。Rule2 タンパク質食材は1日に体重1㎏につき1gを目標に脳細胞や神経伝達物質を作る材料となるタンパク質。体重60㎏の女性なら60gが目標。肉100gのタンパク質量は約20g、卵1個は6.2g、納豆1パックが8gを目安に。Rule3 野菜↓おかず↓主食の順で、血糖値の急上昇を抑える食事の最初に、糖質の吸収を抑える働きを持つ食物繊維やタンパク質をとりましょう。糖質を多く含む主食は最後に少しだけ…を心がけて。Rule4 ココナッツオイルやえごま油、亜麻仁油を積極的にココナッツオイルは糖質と一緒にとるのはNG。コーヒーに入れるのがおすすめ。亜麻仁油やえごま油は加熱せずにサラダなどにひとかけ!Rule5 魚は刺身で食べるのがおすすめ魚から摂取したいDHAは加熱に弱いので、できるだけ生で。生以外なら煮るか焼くか。揚げてしまうと脳を活性化させるDHAの効果の多くが失われてしまいます。Rule6 トランス脂肪酸は避けるマーガリン、スナック菓子などに含まれるトランス脂肪酸は、体内に蓄積しやすい。心臓病や肥満、アレルギーのリスクにも。Rule7 お酒は適量を心がける認知症予防のカギを握るビタミンB群は、アルコールの代謝にも使われるので、飲みすぎには注意したい!Rule8 おやつは甘いものより栄養のとれるものを選ぶ砂糖は血糖値を急上昇させて糖化を招き、活性酸素を発生して酸化の原因に。小腹が空いたらゆで卵、ナッツ、チーズ、納豆、無糖ヨーグルトを。Rule9 発酵食を食べて腸内環境を整える麹や乳酸菌の生成物が悪玉菌の働きを抑え、善玉菌を活性化します。発酵食のほか、オリゴ糖や食物繊維もしっかりとって、腸内環境の整備を。Rule10 1日2杯以上緑茶を飲む緑茶のカテキンには、強い抗酸化作用や脳の老廃物を排出する力が。テアニンは、神経細胞増殖につながる効果が報告されています。次回からは、脳が喜ぶ簡単レシピをご紹介していきます。撮影/三木麻奈 料理/舘野真知子 スタイリスト/サイトウレナ 構成・原文/瀬戸由美子
  • 今、世界では、さまざまなウェルネスプログラムが行われています。その中で、最もデトックスを期待できるといわれるのがアーユルヴェーダ。今回は、その起源の地インドにある世界有数のウェルネスリトリート「ヴァナ」を、トラベル&スパジャーナリストの板倉由未子さんが取材します。「ヴァナ」で味わう料理は、自家農園や契約農家でオーガニック栽培された安全な食材を使用しています。精製された砂糖、穀物、米は使われていません。朝食はビュッフェ+アラカルト、昼食はビュッフェ、夕食は前菜、メイン、デザートを、豊富なメニューの中からドクターにすすめられた食に関するアドバイスを念頭に、料理を自由に選択します。これは南インドの定番朝食で、「 玄米のイディリ サンバールとチャツネ」。米と豆で作る蒸しパンのようなイディリを薬膳スープにつけて。昼食は10種類ほどの温かなメニューが並び、自ら作るサンドイッチやサラダのコーナーも。パンはグルテンフリーのものを含め3種類以上あり、毎日替わります。ある日のディナーメニューから。前菜の「カッテージチーズのミント漬け ローストしたパイナップルとパプリカ マスタード添え」(奥)は、フレッシュな味わいの逸品。メインは「ビートと米で作ったヴェルミチェッリ レンズ豆とココナッツのカレー」。もちっとした細麺が、クリーミーでマイルドなカレーにぴったり。インドレストランでは、アーユルヴェーダの体質(ヴァータ・ピッタ・カパ)別のカレーセットを堪能。オールデイダイニングの「サラナ」。ハーブティーの種類は10種類以上あり、各効能も明記されています。自家農園で栽培するフレッシュハーブのお茶も楽しんで。ランチとディナーでオープンしているインド料理のレストラン「アナユ」。照明や食器、カトラリーなどすべてゴールドをあしらった華やかな空間です。食前に、体質別に消化を促すため用意されたパウダーとリキッドを飲んでから、食事をいただきます。ベジタリアンメニューもあります。カレーのあとは、デザートも提供。メニューは毎日替わり、見た目も美しく、満足感もあります。アルコールは夕食時のみワインを注文できますが、控えたほうがプログラムの効果は高まります。Vana ヴァナMussoorie Road, Dehradun 248001, IndiaTEL+91-135-3911111 http://www.vana.co.in/ヴァナ・アシュラム 5泊1名INR150,000~(空港送迎、食事、コンサルテーション、トリートメント、アクティビティ、滞在着提供 税・サービス料込み)滞在は5泊以上から。アクセス/デラドゥン空港から送迎車で約60分撮影/山口規子 取材・原文・コーディネート/板倉由未子 (トラベル&スパジャーナリスト)
  • 秋本番の肌寒い日に大活躍のニット。薄手でアウターのインナーとしても使いやすい薄手のものから、ちょうど今ごろの気温なら1枚でサマになるボリュームニットまで、今シーズンのトレンドニットを集めてみました!   愛用者多数のリブニットはこの絶妙なフィット感が決め手 SLOANE/14G メリノウール リブクルーネック/¥22,000+税 首まわりをきれいに見せる、やや横広がりのクルーネックニットです。ウールの中でも特に上質で、繊維の細いエクストラファインメリノウールを使用。フィットしすぎない絶妙なリブニットは、立体的な成型編みによるもの。体を包み込むような作りが、ストレスのない着心地を叶えます。ニュアンスのあるキャメルとグレーを別注しました。   色違いのグレー     レーヨン混の両面起毛フリースはソフトで保温性もばっちり DANTON/フリースプルオーバー/¥13,800+税 ダントンで人気のフリースシリーズから登場したプルオーバー。ポケットや背当て布にワークウエアのモチーフを取り入れたデザインが、カジュアル派の心をくすぐります。鮮やかなレッドとメランジ調グレーの2色。     定番のボーダーをモックネック&体が泳ぐゆるシルエットで新鮮に ORCIVAL/ボーダーニット/¥14,800+税 昨年、LEEマルシェで大ヒットを記録したニットのカラー違いが入荷。素材はソフトな風合いのメリノウール。わずかな着丈の前後差とサイドスリットが、タックアウト時に適度な抜け感を生みます。身幅はゆったりワイドですが、薄すぎず、厚すぎずのちょうどいい肉感で、アウターインでもかさばりません。     ピタピタせず心地よくフィット。真冬はインナーとしても重宝 12closet/クルーネックリブプルオーバー/¥8,900+税 柔らかでドライな肌ざわりと、しなやかな伸縮性、さらにつかず離れずの絶妙なフィット感で、肉感や下着の段差を拾いにくく、きれいを演出する細リブニット。手の甲が少し隠れるくらいまである長めの袖丈は、軽くたくし上げるとこなれた雰囲気に。配色を選ばない鉄板のネイビーとブラックに加え、装いが女性らしく秋めくボルドー、テラコッタで展開。     即完売の大ヒットフーディが、新色ブラウンを携えて再登場! 12closet/【石上美津江さんコラボ】大人のスウェットパーカ/¥10,800+税 今春、発売するやいなや完売となった噂のフーディは、やや厚手で、ふっくらソフトな裏毛素材。リラックス感のあるシルエットに、すっきり見えにきく両サイドのリブと、アレンジのしやすさを叶える袖口&裾のリブがあしらわれています。ニュアンスのあるカーキとベージュに、新色ブラウンが仲間入り。     ひとクセあるスウェットシャツでカジュアルコーデを格上げ Scye/ウール混プルオーバー/¥26,000+税 モード&スポーティな雰囲気を漂わせる黒×オフホワイトのスウェットプルオーバー。背中から左右の袖に螺旋状につながる、大胆な切り替えラインが特徴です。コットンとウールをブレンドしたブランドオリジナルの裏毛素材は、ほどよい厚みがあって保温性が高く、これからの季節にぴったり。シンプルなボトム合わせで、洗練された着こなしに仕上がります。     秋冬のマリンルックはアンカー柄入りニットを主役に Le Tricoteur/アンカー柄ニット/¥19,800+税 詰まりぎみのネックラインや肩&裾付近のリブ編みなど、伝統的なガンジーセーターのディテールを持ったニット。膨らみとコシのあるウール素材を使った、身幅の広いゆったりとしたシルエットは、今っぽさも文句なし。左胸にあしらわれたリンクス編みのクラシカルなアンカー柄が、マリンテイストを一層盛り上げて。     凹凸のある編み地でニュアンスをつけたボーダーで冬のマリンコーデをぐっと洗練 12closet/タック編みボーダータートルニット/¥13,000+税 ボーダーならではの着映え力はそのままに、ほどよくざっくりとしたタック編みと、上品なオフホワイトを基調にした配色で鮮度をアップ。ベイカーやデニム、チノパンといった定番ボトム合わせでも、去年と差のつく着映えを約束します。ボトムのシルエットを選ばないサイズ感や、室内外の気温差が激しい冬も快適に着られる、ドライな肌触りもうれしいポイント。     着回しがきくスタンダードなニットを今っぽさが引き立つ別注色でオーダー SCYE BASICS/クルーネックセーター/¥15,000+税 英国とオーストラリアの羊毛をかけ合わせた、暖かくソフトでボリューム感のある糸を使用。特別な編み機で編み立てられた、縫い目のないホールガーメントニットなので、ストレスのない着用感を味わえます。日常使いしやすいベーシックなデザインに、胸元のサイのワッペンがアクセント。旬のダークブラウンが買えるのはLEEマルシェだけ。   LEE11月号掲載の商品は下記のデジタルカタログからもご覧いただけます。
  • 40代からの食生活が認知症の発症に大きく影響していることがわかってきているそうです。そこで実際に認知症リスクを軽減するには、どんな栄養素や食材を摂ればいいのでしょうか。これまでご紹介してきた脳活食材と合わせてバランスよく接収するようにしましょう。テアニンアミノ酸の一種で、緑茶に含まれる旨味成分のひとつ。脳の神経細胞を保護し、緊張を緩和するリラックス効果と、集中力を高める効果を併せ持ちます。また、試験管内の実験により「神経幹細胞を増やす効果」が証明されたとの報告も。新しい認知症予防のアプローチとして期待されています。■多く含む食品:緑茶アリシンアリシンを加熱することで生成されるアホエンには、血液をサラサラにし、血行を促進して動脈硬化・血管のダメージを予防する効果が。また、ビタミンB1との相乗効果で、糖質の分解と吸収を促し、血糖値の上昇を抑制。脳の老化を促す高血糖・糖化を予防。■多く含む食品:長ねぎ、にら、あさつき、玉ねぎ、らっきょうなど中鎖脂肪酸アルツハイマー型認知症になると、脳はエネルギー源であるブドウ糖を利用できなくなり、脳機能が衰えてしまいますが、中鎖脂肪酸を分解することで生まれる「ケトン体」は利用できるため、アルツハイマー型認知症の症状改善や予防に用いられることも。■多く含む食品:ココナッツオイル、MCTオイルなどオメガ3系脂肪酸DHA、EPA、α-リノレン酸などのオメガ3系脂肪酸には、抗酸化作用、抗炎症作用、脂質代謝作用が。オメガ6系とオメガ3系を2:1の割合で摂取するのが理想。オメガ6系は一般的に過剰摂取ぎみなので、オメガ3系を積極的に摂取することが推奨されています。■多く含む食品:魚(DHA・EPA)、亜麻仁油やえごま油(α-リノレン酸)など次回は、認知症を予防する10の食べ方ルールをご紹介します。撮影/三木麻奈 料理/舘野真知子 スタイリスト/サイトウレナ 構成・原文/瀬戸由美子
  • 40代からの食生活が認知症の発症に大きく影響していることがわかってきているそうです。そこで実際に認知症リスクを軽減するには、どんな栄養素や食材を摂ればいいのでしょうか。これまでご紹介してきた脳活食材と合わせてバランスよく接収するようにしましょう。テアニンアミノ酸の一種で、緑茶に含まれる旨味成分のひとつ。脳の神経細胞を保護し、緊張を緩和するリラックス効果と、集中力を高める効果を併せ持ちます。また、試験管内の実験により「神経幹細胞を増やす効果」が証明されたとの報告も。新しい認知症予防のアプローチとして期待されています。■多く含む食品:緑茶アリシンアリシンを加熱することで生成されるアホエンには、血液をサラサラにし、血行を促進して動脈硬化・血管のダメージを予防する効果が。また、ビタミンB1との相乗効果で、糖質の分解と吸収を促し、血糖値の上昇を抑制。脳の老化を促す高血糖・糖化を予防。■多く含む食品:長ねぎ、にら、あさつき、玉ねぎ、らっきょうなど中鎖脂肪酸アルツハイマー型認知症になると、脳はエネルギー源であるブドウ糖を利用できなくなり、脳機能が衰えてしまいますが、中鎖脂肪酸を分解することで生まれる「ケトン体」は利用できるため、アルツハイマー型認知症の症状改善や予防に用いられることも。■多く含む食品:ココナッツオイル、MCTオイルなどオメガ3系脂肪酸DHA、EPA、α-リノレン酸などのオメガ3系脂肪酸には、抗酸化作用、抗炎症作用、脂質代謝作用が。オメガ6系とオメガ3系を2:1の割合で摂取するのが理想。オメガ6系は一般的に過剰摂取ぎみなので、オメガ3系を積極的に摂取することが推奨されています。■多く含む食品:魚(DHA・EPA)、亜麻仁油やえごま油(α-リノレン酸)など次回は、認知症を予防する10の食べ方ルールをご紹介します。撮影/三木麻奈 料理/舘野真知子 スタイリスト/サイトウレナ 構成・原文/瀬戸由美子
  • ※( )内の数字はヒールやソールの高さを表し、単位はcmです。編集部調べ。 お姉さんなタイトスカートは、バレエシューズで力を抜くと今っぽい。ボルドーで季節感をプラス。 靴(1.7)/merlot(merlot plus) ニット¥5900/BE RADIANCE スカート¥7900/ココ ディール イヤリング¥1400/お世話や(Osewaya) 靴下¥1200/Tabio(タビオ) variation レトロ気分の高まる、ベロア調のワインレッドで大人顔。 (1.2)/ダブルエー(ダブルエー オリエンタルトラフィック)はき口にギャザーを寄せたデザインがこなれ感たっぷり。 (2)/WEGO味のあるスウェード調素材は、ペールピンクで可愛らしさもカバー。 (1)/AmiAmiリボンつきの甘さも、スクエアトウなら大人見え。 (0.7)/AmiAmiモデル/佐々木美玲 撮影/岡部東京 ヘア&メイク/小松胡桃(ROI) スタイリスト/金山礼子 構成・原文/梅田恵里 web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス 撮影協力/アワビーズ
  • 五千年の伝承医学アーユルヴェーダ。その徹底した自然療法の治癒力は、今や西洋医学も越えるのではないかと、世界のセレブに愛されている。編集者Kは、スリランカのアーユルヴェーダ・クリニックにたびたび赴き、命を吹き返してきた。私は、二十数年前、日本でアーユルヴェーダのドクターに会い、四時間のセミナーと脈診を受けた。その結果、生活を改め、早寝早起きに。すぐに妊娠したが流産、それから、再び妊娠するまで四年かかったが、無事、子宮筋腫がありながら39歳で自然妊娠、自然分娩の快挙を得た。生まれた娘はもうすぐ17になる。私は56になり、閉経を迎えてホットフラッシュまっただ中w 。今回は、我々コーネンキ世代の質問をスリランカから来日したドクターにしてみた。ドクター・ディネッシュ・エディリシンハ。覚えづらい名前だが、スリランカの五つのアーユルヴェーダ・クリニックを統括する、コンサル専門医だ。「ジェットウィング・アーユルヴェーダ・パビリオンズ」などのホテルでも診療をうけられる。アーユルヴェーダにも色々な科があり、”ドクターCTスキャン”の異名を持つ彼は、健康診断と生活指導の達人である。ヨガと瞑想の先生でもあり、お酒は一切飲まないという。額に手を当て、右手を脈診して、患者さんの体の中をスキャンするドクター。そのため、自身の心身を清らな状態に保つ努力は惜しまない。夜明けとともに起き、奥様とヨガをなさるとか。患者さんの過去の病歴から今の状態、今後どのようになっていくかまで分かり、病気にならないためにどのようにしたらいいか指導をする。ドクターが何歳なのかは知らないが、肌がきれいで、全身、研ぎ澄まされている。かなり近くに寄っても体臭や脂ぎった感じがなく、医師というより聖人みたいだ。アーユルヴェーダ的更年期の注意点とは!?「リラックスした状態でスキャンしたほうがいいので、まずはインタビューから始めましょうか?」とおっしゃるので、まずは、我々コーネンキ世代の注意点を聞いてみた。「四十代、五十代は、言わずもがな、ホルモンバランスが悪くなる時期ですが、あまり、こうなる、ああなると、既存の更年期症状に戦々恐々としていては、想像妊娠みたいに、想像更年期症状になってしまう可能性があります」だそうだ。コーネンキあるあるw「更年期症状は、出る人と出ない人がいて、過去から現在の生活やストレスが大きくかかわっています」びくっ!! 私は、物書きという職業柄、三十代中頃まで昼夜逆転の生活をしていた。アーユルヴェーダ的には、夜明けと共に起き、日没とともに寝るのが自然の法則なので、それに逆らった生活をしていたのだ。早寝早起きにしてから二十数年。現在の健康状態はこれ以上のものはないというぐらいいいが、やはり過去の生活が影響するのである。「更年期症状が出づらくなるには、早寝早起きはもちろんのこと、栄養が大切です。ホルモンというのは、食べるものから出来ているので、ちゃんとした食事をしないと、ホルモンバランスはもちろん悪くなります」ここでは編集者Kがびくっとしていた。なにせ、編集者という職業柄、ほとんど外食。早寝早起きはもちろんできないが、それより食事がいい加減だ。私は出来る限り手作りの家飯にしているが、キャリアウーマンにおいては、時間も内容も健康的ではないだろう。「食事に関しては、四十代以降、炭水化物は少なくしたほうがいいです。食事の量自体も少なくして、一日に四回から六回に分けて食べてください」「あ、これは私やってます。すぐおなかいっぱいになっちゃうけどすぐ空くので、一日四回ぐらい、いただいています」「水分も大切です。水をちょくちょく飲むのもさることながら、スープなどの汁ものも含めて、全体的に水分を多く摂取するようにしてください」私はこれ、二十数年前に脈診してもらったドクターに言われてから、気を付けて来た。食事にスープ類を多くして、暑い季節はスムージーを。年間通して水や白湯を飲むのは訓練なので、ちょくちょく飲んでいると、たくさん飲めるようになってくる。「私は水、飲めないんだよねー」という方は、いつもボトルを携帯するようにして、薬と思ってちょこちょこ飲むといいだろう。乾く前に飲む、が健康の基本だ。喉乾いてから一気に飲んでも、オシッコで出ちゃうだけだからね。「あとは、ストレスを軽減するヨガや瞑想をすることです。無心になって音楽に耳を傾けるだけでもいいですよ。そういう時間を、毎日持つことです」アーユルヴェーダでは、生のシタール演奏による音楽療法も行っているが、なかなか、日本でそんな機会にめぐり合えることは少ない。私は、朝は家でクラシック音楽を聴きながら家事を。昼は「ベリーダンス健康法」で一時間は音楽に合わせて体を揺らしている。私の瞑想時間はこれだけだ。「あと、日本人はスマホやテレビを見過ぎですね」この2年、毎年来日しているドクターは言う。「食事しながらスマホやテレビを見ると、内臓がうまく機能しないんですよ。食事には、マインドフルネスが必要です。まず見て、色や香りを楽しむ。すると、脳が今からこういうものが入ってきますよ~、という指令を出し、消化器系が準備をしてくれるんです。それから食べて、その食感や味、フレイバーをじゅうぶんに楽しむ」日本人は箸を使って食べるが、スリランカでは手で食べるから、より一層、食品のテクスチャーを感じやすいんだそうだ。「よく味わうことで、内臓がじゅうぶんに活動してくれ、消化吸収してくれるんです。スマホやテレビやおしゃべりに気が散っていると、内臓は100%の機能を発揮してくれない。もったいないことになっちゃうんです」コーネンキ世代に大切なホルモンも、日々の食事からできて来ると思うと、もうテレビなんか見ちゃいられないが、えーん、テレビ大好きテレビっ子の私、どうすりゃいーんだ( ;∀;)「また閉経後は女性ホルモンが出なくなることから骨がもろくなるので、カルシウムの摂取が必要です。これはサプリではなく、食物から取るようにしてください。サプリは錠剤なので、脳が、食べ物が入って来たと思わないから吸収されません」アーユルヴェーダではサプリNG。さすが自然療法の大堂だ。インタビューが終わり、いよいよドクターにスキャンしてもらうことになった。ドクターのCTスキャンを受けることに・・・!!瞑想は、あるレベルを超えると超能力の域に入ると聞くが、ドクターのCTスキャンはまさにそんな神秘体験だった。アーユルヴェーダのコンサル専門医、ドクター・ディネッシュ・エディリシンハは、私の額に手を当てて、右手を脈診しながら、「入って」しまわれた。ドクターの手が、お、重い・・・。もしかして、寝てる? というぐらい、体の力が抜けている。呼吸、呼吸に集中しなければ・・・と思うほど、ぐぐっと重くて息がうまく吸えない。向かい合っているので、膝もくっついた状態。でも、スキャンしてくれてるわけだから、動いちゃいけないよね?などと、気を使って我慢していたら、しばらくして右手を脈診する手がふわっと離れ、額にあった手がもちぃっと浮いた。この、もちぃっと離れる感じが、え?! くっついてた? というぐらい不思議な感覚だった。それからしばらく、ドクターは、私の額と目の辺を手かざししていた。のちに聞くと、ちょっとヒーリングしてくれていたようだ。「まず、過去十五年間、貴方にとっては一番つらい時期を過ごしましたね」ドクターの解説が始まった。・・・次回は、驚きの病歴が明かされる!? 続きをお楽しみに・・・・・・★ドクター・ディネッシュの診療、指導が受けられるスリランカのホテルジェットウィング・アーユルヴェーダ・パビリオンズ問い合わせはジェットウィング日本オフィス・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・★横森理香の更年期チャレンジ! 『 コーネンキなんてこわくない』は単行本、電子書籍で好評発売中!!お近くの書店、WEB書店(amazon、楽天ブックス、セブンネットショッピングなど)でお求めください。ちら読み、本の内容、詳しくはこちらをごらんください★作家・横森理香が更年期の不調解決のため、空中ヨガ、イケメン太極拳、コルギ、観光ウォーキング、グルテンフリーなどに次々チャレンジ。読むだけで気持ちが前向きになる一冊です。(集英社 定価 本体¥1,400+税)
  • 五千年の伝承医学アーユルヴェーダ。その徹底した自然療法の治癒力は、今や西洋医学も越えるのではないかと、世界のセレブに愛されている。編集者Kは、スリランカのアーユルヴェーダ・クリニックにたびたび赴き、命を吹き返してきた。私は、二十数年前、日本でアーユルヴェーダのドクターに会い、四時間のセミナーと脈診を受けた。その結果、生活を改め、早寝早起きに。すぐに妊娠したが流産、それから、再び妊娠するまで四年かかったが、無事、子宮筋腫がありながら39歳で自然妊娠、自然分娩の快挙を得た。生まれた娘はもうすぐ17になる。私は56になり、閉経を迎えてホットフラッシュまっただ中w 。今回は、我々コーネンキ世代の質問をスリランカから来日したドクターにしてみた。ドクター・ディネッシュ・エディリシンハ。覚えづらい名前だが、スリランカの五つのアーユルヴェーダ・クリニックを統括する、コンサル専門医だ。「ジェットウィング・アーユルヴェーダ・パビリオンズ」などのホテルでも診療をうけられる。アーユルヴェーダにも色々な科があり、”ドクターCTスキャン”の異名を持つ彼は、健康診断と生活指導の達人である。ヨガと瞑想の先生でもあり、お酒は一切飲まないという。額に手を当て、右手を脈診して、患者さんの体の中をスキャンするドクター。そのため、自身の心身を清らな状態に保つ努力は惜しまない。夜明けとともに起き、奥様とヨガをなさるとか。患者さんの過去の病歴から今の状態、今後どのようになっていくかまで分かり、病気にならないためにどのようにしたらいいか指導をする。ドクターが何歳なのかは知らないが、肌がきれいで、全身、研ぎ澄まされている。かなり近くに寄っても体臭や脂ぎった感じがなく、医師というより聖人みたいだ。アーユルヴェーダ的更年期の注意点とは!?「リラックスした状態でスキャンしたほうがいいので、まずはインタビューから始めましょうか?」とおっしゃるので、まずは、我々コーネンキ世代の注意点を聞いてみた。「四十代、五十代は、言わずもがな、ホルモンバランスが悪くなる時期ですが、あまり、こうなる、ああなると、既存の更年期症状に戦々恐々としていては、想像妊娠みたいに、想像更年期症状になってしまう可能性があります」だそうだ。コーネンキあるあるw「更年期症状は、出る人と出ない人がいて、過去から現在の生活やストレスが大きくかかわっています」びくっ!! 私は、物書きという職業柄、三十代中頃まで昼夜逆転の生活をしていた。アーユルヴェーダ的には、夜明けと共に起き、日没とともに寝るのが自然の法則なので、それに逆らった生活をしていたのだ。早寝早起きにしてから二十数年。現在の健康状態はこれ以上のものはないというぐらいいいが、やはり過去の生活が影響するのである。「更年期症状が出づらくなるには、早寝早起きはもちろんのこと、栄養が大切です。ホルモンというのは、食べるものから出来ているので、ちゃんとした食事をしないと、ホルモンバランスはもちろん悪くなります」ここでは編集者Kがびくっとしていた。なにせ、編集者という職業柄、ほとんど外食。早寝早起きはもちろんできないが、それより食事がいい加減だ。私は出来る限り手作りの家飯にしているが、キャリアウーマンにおいては、時間も内容も健康的ではないだろう。「食事に関しては、四十代以降、炭水化物は少なくしたほうがいいです。食事の量自体も少なくして、一日に四回から六回に分けて食べてください」「あ、これは私やってます。すぐおなかいっぱいになっちゃうけどすぐ空くので、一日四回ぐらい、いただいています」「水分も大切です。水をちょくちょく飲むのもさることながら、スープなどの汁ものも含めて、全体的に水分を多く摂取するようにしてください」私はこれ、二十数年前に脈診してもらったドクターに言われてから、気を付けて来た。食事にスープ類を多くして、暑い季節はスムージーを。年間通して水や白湯を飲むのは訓練なので、ちょくちょく飲んでいると、たくさん飲めるようになってくる。「私は水、飲めないんだよねー」という方は、いつもボトルを携帯するようにして、薬と思ってちょこちょこ飲むといいだろう。乾く前に飲む、が健康の基本だ。喉乾いてから一気に飲んでも、オシッコで出ちゃうだけだからね。「あとは、ストレスを軽減するヨガや瞑想をすることです。無心になって音楽に耳を傾けるだけでもいいですよ。そういう時間を、毎日持つことです」アーユルヴェーダでは、生のシタール演奏による音楽療法も行っているが、なかなか、日本でそんな機会にめぐり合えることは少ない。私は、朝は家でクラシック音楽を聴きながら家事を。昼は「ベリーダンス健康法」で一時間は音楽に合わせて体を揺らしている。私の瞑想時間はこれだけだ。「あと、日本人はスマホやテレビを見過ぎですね」この2年、毎年来日しているドクターは言う。「食事しながらスマホやテレビを見ると、内臓がうまく機能しないんですよ。食事には、マインドフルネスが必要です。まず見て、色や香りを楽しむ。すると、脳が今からこういうものが入ってきますよ~、という指令を出し、消化器系が準備をしてくれるんです。それから食べて、その食感や味、フレイバーをじゅうぶんに楽しむ」日本人は箸を使って食べるが、スリランカでは手で食べるから、より一層、食品のテクスチャーを感じやすいんだそうだ。「よく味わうことで、内臓がじゅうぶんに活動してくれ、消化吸収してくれるんです。スマホやテレビやおしゃべりに気が散っていると、内臓は100%の機能を発揮してくれない。もったいないことになっちゃうんです」コーネンキ世代に大切なホルモンも、日々の食事からできて来ると思うと、もうテレビなんか見ちゃいられないが、えーん、テレビ大好きテレビっ子の私、どうすりゃいーんだ( ;∀;)「また閉経後は女性ホルモンが出なくなることから骨がもろくなるので、カルシウムの摂取が必要です。これはサプリではなく、食物から取るようにしてください。サプリは錠剤なので、脳が、食べ物が入って来たと思わないから吸収されません」アーユルヴェーダではサプリNG。さすが自然療法の大堂だ。インタビューが終わり、いよいよドクターにスキャンしてもらうことになった。ドクターのCTスキャンを受けることに・・・!!瞑想は、あるレベルを超えると超能力の域に入ると聞くが、ドクターのCTスキャンはまさにそんな神秘体験だった。アーユルヴェーダのコンサル専門医、ドクター・ディネッシュ・エディリシンハは、私の額に手を当てて、右手を脈診しながら、「入って」しまわれた。ドクターの手が、お、重い・・・。もしかして、寝てる? というぐらい、体の力が抜けている。呼吸、呼吸に集中しなければ・・・と思うほど、ぐぐっと重くて息がうまく吸えない。向かい合っているので、膝もくっついた状態。でも、スキャンしてくれてるわけだから、動いちゃいけないよね?などと、気を使って我慢していたら、しばらくして右手を脈診する手がふわっと離れ、額にあった手がもちぃっと浮いた。この、もちぃっと離れる感じが、え?! くっついてた? というぐらい不思議な感覚だった。それからしばらく、ドクターは、私の額と目の辺を手かざししていた。のちに聞くと、ちょっとヒーリングしてくれていたようだ。「まず、過去十五年間、貴方にとっては一番つらい時期を過ごしましたね」ドクターの解説が始まった。・・・次回は、驚きの病歴が明かされる!? 続きをお楽しみに・・・・・・★ドクター・ディネッシュの診療、指導が受けられるスリランカのホテルジェットウィング・アーユルヴェーダ・パビリオンズ問い合わせはジェットウィング日本オフィス・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・★横森理香の更年期チャレンジ! 『 コーネンキなんてこわくない』は単行本、電子書籍で好評発売中!!お近くの書店、WEB書店(amazon、楽天ブックス、セブンネットショッピングなど)でお求めください。ちら読み、本の内容、詳しくはこちらをごらんください★作家・横森理香が更年期の不調解決のため、空中ヨガ、イケメン太極拳、コルギ、観光ウォーキング、グルテンフリーなどに次々チャレンジ。読むだけで気持ちが前向きになる一冊です。(集英社 定価 本体¥1,400+税)
関連キーワード

RECOMMEND