”若き三大テノール”、 イル・ヴォーロが日本に降臨!

OurAge

羽生結弦選手が平昌五輪エキシビジョンの楽曲に選び、大きな話題を集めた『ノッテ・ステラータ(星降る夜)』。聴く人のハートを優しく包みこむような、せつなく甘く清らかな歌声の持ち主が、イタリア生まれの若きテノール・トリオ、イル・ヴォーロだ。

ピエロ、イニャツィオ、ジャンルカ……、メンバーの3人は14、15歳の時にイタリアのオーディション番組で才能を見出され、ユニットを結成。圧倒的な歌唱力と美しいハーモニー、”貴公子”と呼ばれる端正なマスク、そして、イタリア民謡からオペラ、ポップスまで幅広く歌いあげるボーダーレスな魅力で、世界中にブームを巻き起こしている。

結成10周年の記念イヤーを迎え、今まさに、日本でコンサートツアー中の彼らに、緊急インタビュー。

音楽にかける愛と情熱、仲間に対する思い、今後の活動について話を聞いた。

イル・ヴォ―ロ 2009年、イタリアで結成された若きオペラトリオ。『グランデ・アモーレ』がメガ・ヒットし、パヴァロッティに認められ、ドミンゴ、バーブラ・ストライザンドらと共演。世界中にファンを持つ、若き実力派。

インタビュー撮影/武重到 取材・文/浦上泰栄

大ヒットナンバー『グランデ・アモーレ』のMVが、ユーチューブで再生回数1億回を突破。レジェンドにも認められた奇蹟のユニット! 

サードアルバム『グランデ・アモーレ』(2015年)がプラチナセールスを記録し、MVのネット再生回数は1億回を突破。ワールドツアーでは20万人を動員するなど、クラシカル・クロスオーバー(クラシックとポピュラーの垣根を越えた音楽)の世界で圧倒的な人気を誇る、イル・ヴォーロ。彼らの音楽はどうやって誕生し、どんなふうに世界を揺るがせてきたのだろう?

 

ピエロ・バローネ  1993年6月24日生まれ、シチリア出身。オペラのアリアを豊かな声量でドラマティックに歌い上げ、全盛期のR・パヴァロッティを思わせる。知的でクール、同時に笑いのセンスも備えるリーダー格

ピエロ もともと僕たちはそれぞれにオーディション番組に出ていたのがデビューのきっかけです。若い僕たちがイタリア民謡を新しい解釈で歌うことに驚かれ、3人でユニットを組むことになったのです。「若き三大テノール」として。すると当時、イタリア音楽を世界に広める活動をされていた偉大な先輩、今は亡きルチアーノ・パヴァロッティさんが応援してくださり、そのおかげで彼のファンの方たちも僕らを応援してくれるようになったんです。それから「10代の若者が伝統音楽をやるのが面白い!」と話題が広まり、いつしか僕らと同世代や、もっと年下の若い子たちが、イル・ヴォーロの歌を愛してくれるようになったんです。それ以来10年、オペラのクラシックも歌うし、オリジナルのポピュラーも歌っていますが、イル・ヴォーロがベーシックに目ざしているのは、イタリア音楽の魅力を多くの人々に知ってもらうことです。

ジャンルカ カンツォーネから始まって、年月とともにポップス、ラテンなど、僕らが歌う音楽のジャンルはどんどん広がっています。でも、僕らの音楽のベースにあるのはイタリアの伝統的なメロディだし、その魅力を伝えたいという情熱にまったく変わりはありません。

ジャンルカ・ジノーブレ 1995年2月11日生まれ、アブルッツォ出身。まるで彫刻のように端正な顔立ちのイケメン。艶と深みのあるヴェルベットボイスでロマンティックに歌い上げ、聴く人のハートをとらえる。

 

イニャツィオ イタリア人は音楽をこよなく愛していますが、僕たち3人が育ったのは、その中でも特別に音楽好きな家庭でした。それぞれが、おじいちゃんやお父さんの影響を受け、イタリア民謡やオペラを聴きながら育ちました。伝統音楽のすばらしさに目覚めることができたのも、オーディションで僕らが出会えたことも、すべて家族のおかげですね。

イニャツィオ・ボスケット 1994年10月4日生まれ、ボローニャ出身。ソウルフルで輝くようなシャウトから、繊細に歌い上げるパートまで、自由自在な歌唱力が魅力。ユーモア溢れるトークが楽しいムードメーカー

10周年記念のコンサートツアーは日本からスタート! イル・ヴォーロの生歌声に震えた!

取材当日は、ラジオ出演のほかはオフだったので、リラックスした表情で話も弾んだ

世界中の女性たちを夢中にさせる彼らのチャームには定評がある。南米ではアイドルスターとしても大人気で、彼らに恋する女性たちがステージに向かって色とりどりのプレゼント(時にはブラまで!)を投げるシーンもお約束なのだとか!

5月13日に始まった日本ツアーの観客は、女性に限らず彩りゆたか。10代、20代の若者たちからイル・ヴォーロのおじいちゃんおばあちゃん世代まで、幅広い層の観客と3人が一体になり、会場が温かい空気に包まれる。会場は東京文化会館大ホールをはじめとするクラシックの名ホールばかりだけど、オペラの名アリアから、軽快なイタリア民謡には手拍子も響き、ドラマティックなポップスも堪能、曲の合間ごとに拍手と『ブラボー!』の喝采が湧き起こる。イル・ヴォーロも客席に向って手を振り、時には投げキッスをサービス、そしてMCには笑いが絶えない。マイエイジ世代には、ちょうど息子くらいの年頃の彼らだけど、ダイナミックな歌声や見せ場を心得た佇まいには、大人の色気もたっぷり! ハートがドキドキして、血中のロマンチック濃度が高まっちゃいそう。

ジャンルカ 日本に来て印象的だったのが、お客様のマナーがすばらしく良いこと。僕たちの音楽を静かにとても注意深く、熱心に聴いてくださる姿に感動します! 南米やヨーロッパの観客も、日本のみなさんと一緒だとよいのですが(笑)。客席のみなさんともっと言葉を交わせるように、次回の来日までに日本語をマスターしてくるので、楽しみに待っていてくださいね。

イニャツィオ 日本でコンサートできることを、うれしく思います。アリガトウゴザイマス! 今回は大阪でも公演をやるので、楽しみです。コンサートに来てくださるみなさん、「オオキニ!」会場でお会いしましょう!(大阪に行ったら”おおきに”と言いたいと、イニャツィオは繰り返し練習をしていた)

ピエロ 僕は、ステージに立つ時、「自分自身の感動を伝える」ことを大事にしています。だって、僕自身が感動していなかったら、曲のメッセージをお客様に届けることなんて、できないでしょう?! そしてぜひ、歌を聴きながら、僕ら3人と恋をしているような気分に浸っていただきたい……だって、僕たちはイタリア人ですから(笑)。いつも、「愛よ届け!」と願いながら、歌っています。

3人 「♪ アモ~~~~レ!!!!」

ラジオの収録中も、興が乗ると声を合わせて歌いだす3人。歌うこと、声を出すことが楽しくてたまらない様子

2016年にはフィレンツェで盛大に、『イル・ヴォーロ with プラシド・ドミンゴ 魅惑のライブ~3大テノールに捧ぐ』という屋外コンサートが行われた。その模様が、映画になり、日本でも7月19日から公開される。今回のツアーに足を運べなかった人も、映画館で彼らの美しい歌声を堪能できる。どんな映画なのかしら?

ジャンルカ コンサートが行われたのはフィレンツェのサンタ・クローチェ広場。ライトアップされた幻想的な広場で、僕たちと夏の夜のひと時を過ごす……。そんなロマンチックな時間を楽しんでもらえると思います。劇場で観ていただけたらうれしいな!

個性は三者三様、素顔は陽気で冗談が大好きな”イマドキ”の若者

イル・ヴォーロの取材にうかがったのは、彼らが生出演したFMラジオ番組『小山ジャネット愛子 Botanica(ボタニカ)』を放送中のスタジオ。ステージの上では貴公子の彼らだが、生放送の合間にリラックスして過ごす姿は、まさに”イマドキ”の若者。シャイで内気と噂に聞いていたジャンルカが、ツアーに同行する日本人カメラマンにイタリア語のレッスンをして大はしゃぎ。意外? に人懐こい素顔が垣間見えた。イニャツィオはスタッフに冗談をいったり、スマホで野球の試合を観戦したり、元気いっぱい。ただひとりピエロは、静かに目を閉じて考え事をしている。三者三様の個性を持つ彼らは、お互いのことをどう思っているのだろう。

3人で動画を撮ろうと大騒ぎ。手慣れた様子でスマホを操る。

  

ピエロ  「音楽は僕たちの人生そのものですが、プライベートではスポーツやポップミュージックを楽しむごく普通の20代ですよ。

陽気でポジティブなイニャツィオには、いつも元気を貰っています。彼はほら、パーフェクトな男性でしょ。前はかなりおデブさんだったけど、ダイエットしたから、ホラ(笑)」

イニャツィオ  「ノー、ピエロ、それは言わない約束でしょ?!(笑)」

ピエロ  「(笑)。ジャンルカは内気で内向的な男の子だったけど、仕事でいろんな人に会うようになって、すっかり社交的になったよね」

ジャンルカ 「いつもそんなにハイテンションなの?」と聞かれますが、はい、毎朝目覚めた時からこんな感じです(笑)」

イニャツィオ 「僕なんか毎朝どころか、生まれた時のうぶ声も、『ア〜、ア〜、アア〜♪』って、大きな声で歌ってるようだったって、両親にいわれたから(笑)」

ピエロ 「さて、僕はみんなの魅力的なところだけをしゃべったのだから、僕のこともいいことだけ話してね!」

イニャツィオ 「こうと決めたらやり抜く強さがあって、プロとしての意識が高いピエロを、僕は尊敬しているよ。ジャンルカはまじめで、まるで日本人みたいなんだ。完璧主義を貫く気持ちの強さがすごいと思う」

ジャンルカ 「イニャツィオは楽しくて、心がとても広い男です。ピエロはいつも真摯な態度で仕事に向かっているし、グループの将来についてもしっかり考えていて、頼れる存在だね」

ピエロ 「僕たち性格はバラバラだし、10年の間にいっぱいケンカもしたけど、やっぱり最高のトリオだと思わない?」

イニャツィオ&ジャンルカ 「その通りだね!」

「最高のトリオだよね!」と手を組み合う3人。ステージに出る前にもこうして息を合わせるのだそう

息の合ったところで、最後に10年という節目の年を迎えたイル・ヴォーロの今後について聞かせて。

イニャツィオ 「歌う経験を重ねて、声も歌唱法も変わってきました。『バローロ(長期熟成され、深みのあるイタリアの赤ワイン)のような歌声だ』と言ってくださる方もいます。モデナ出身のスタッフにいわせると、『熟成した高級バルサミコ酢のような歌声よ!』(バルサミコ酢は主産地モデナの誇り)って (笑)。これからも、僕たちの歌声をもっと多くの方に聴いていただきたいです」

ジャンルカ 「日本から始まったワールドツアーを成功させることが、当面の目標です。そして、詳細についてはまだお話できませんが、年末に10周年を記念するビッグプロジェクトが控えているので、楽しみに待っていてください」

ピエロ 「結成5周年の時も、『5年後にイル・ヴォーロはどうなっていると思う?』と聞かれ、『この3人で10周年を迎えたい』と答えました。いま、僕たちに答えられるのは、3人はとてもいいトリオに育っていること、そして『50年後も絶対に一緒に歌っていたい』ということですね」

  

●INFOMATION

『IL VOLO IN CONCERT』

5/13 ~横浜みなとみらいホールを皮切りに、東京・大阪を含む6ヵ所でコンサート。

5/21 東京文化会館大ホール

5/22 大阪フェスティバルホール

問 テイト・チケットセンター ☎03-6379-3144

最新アルバム『MUSICA〜愛する人よ』

「ノッテ・ステラータ(星降る夜)」、オリジナル新作3曲を含め、全12曲を収録。

(ソニー・ミュージックレーベルズ)

映画『イル・ヴォーロwithプラシド・ドミンゴ 魅惑のライブ〜3大テノールに捧ぐ』

7/19よりBunkamura ル・シネマほか全国順次ロードショー

取材協力:ミュージックバード制作『小山ジャネット愛子Botanica』(毎週日曜日午前11時から12時55分まで、全国の提携コミュニティFMを通じて生放送)

https://www.facebook.com/JanetBotanica/

関連記事
  • DIESEL ART GALLERYでは現在、愛媛と東京を拠点に活動する気鋭のアーティスト、大竹彩子の個展「COSMOS DISCO」を2019年8月22日(木)までの会期で開催中だ。 女性の顔のドローイングを多数展示。いずれも瞳は描き込まれていないのがユニーク。© Saiko Otake大竹は1988年生まれ。日本の大学を卒業後に渡英し、ロンドンの名門、セントラル・セント・マーチンズ・カレッジ・オブ・アート・アンド・デザインでグラフィック・デザインを学び、2016年に卒業。2017年に帰国してからは、故郷である愛媛と東京を拠点に、国内外で旺盛な制作活動を行なっている。果てしなく広がる宇宙から、細胞膜の内側の微視的な領域まで、彼女のアンテナが反応し、“発見(Disco/ver)”された“宇宙(Cosmos)”の断片。集められたそれらのイメージは、ドローイング、ペインティング、写真、コラージュなど、さまざまな技法で作品として昇華する。 © Saiko Otake Photo by Masato KawamuraASHU(亜洲中西屋)のキュレーションによる本展では、30点以上のドローイングと写真の新作を展示・販売。中でも目を惹くのはヴィヴィッドなアクリル絵の具で描かれた女性たちの肖像画で、いずれも瞳が描かれておらず、ポップなのにちょっと不気味な雰囲気を漂わせている。また、旅先で撮りためたカラフルな写真は、独自の視点で組み合わせて展示。また、初日から5日間にわたり大竹がDIESEL ART GALLERYにて滞在制作したモノクロのドローイング作品3点も展示されている。また、会場ではZINEなどの関連グッズも販売。 写真作品による『NIPPON』『SOMEWHERE』『SWI-SS』などフルカラーのZINEシリーズは、パリ滞在時のシーンを盛り込んだ新刊『PAPAPARIS』を含む全10点が購入できる。Tシャツやステッカーにも注目だ。7月20日(土)の15:00からは大竹によるライブペインティングを、また16:30からはミュージシャンの大橋トリオをゲストに迎えてのアーティストトークイベントも入場無料で開催予定。間近で制作の現場を目撃できるチャンス、お見逃しなく!大竹彩子「COSMOS DISCO」会期:〜2019年8月22日(木)会場:DIESEL ART GALLERY(東京都渋谷区渋谷1-23-16 cocoti B1F DIESEL SHIBUYA内)時間:11:30〜21:00休館日:不定休03-6427-5955http://www.diesel.co.jp/art text : Shiyo Yamashita
  • #コーセー #雪肌精 ・雪肌精MYVのアンバサダーである羽生結弦選手が「美」について語るメディア限定のプレミアムトークショーを、6月22日の15時15分から15時40分に開催予定。SPURではツイッター(@SPUR_magazine)など本誌公式SNSアカウントにてイベントの内容をポスト&公式インスタグラムアカウント(@spurmagazine)にてライブ配信を行う予定です。アカウントをフォローの上、当日のレポートをお待ちください。 また後日、SPUR本誌の連載「フモフモ編集長のフィギュ活」でおなじみの #フモフモ編集長 がSPUR.JPにてイベントのルポを特別寄稿しますので、こちらもぜひお楽しみに! ※本内容は変更になる可能性もありますので、ご了承ください。 KOSÉ SPORTS BEAUTY NEWShttps://www.kose.co.jp/jp/ja/kose_sports/ 羽生結弦選手×雪肌精スペシャルサイトhttp://www.kose.co.jp/sekkisei/yuzuru-hanyu/
  • インスタにも華やかに映え、ちょっぴりアンニュイなムードを漂わせる今、人気の花。処理の方法や生け方のコツを知るだけで、より長く、より美しく楽しめる存在になるんです。ここでは、アジサイだけで映える飾り方をご紹介。 アジサイはボリュームがあるから、一輪挿しにさっと生けるだけでもサマになる平井 今回のテーマは、今が旬のアジサイです! 加藤 幼稚園ではアジサイ組だったので、チューリップの次に覚えたお花!   実家の庭にも咲いていたし、道端や公園などあちこちで群生していますね。 個人的に生花のアジサイは、部屋に飾るというよりも、屋外で自生する姿を眺めるイメージでした。 平井 もともとアジサイの原産は日本。ヨーロッパに渡って人気を博し、品種改良が行われたことで色もガクの形も多彩に。近年は品種も多く出回るようになり、一段とおしゃれな雰囲気になったんです。 加藤 なるほど。上手に生けるコツはありますか? 平井 バラやシャクヤクと同じく、アジサイは茎が固め。水の吸い上げがよくないので、根元の処理をきちんと行うこと。加えて花や葉っぱの部分に霧吹きで水をかけることで、生き生き感が長もちします 加藤 ボリュームがあるから、一輪挿しにさっと生けるだけでもサマになりますね。これは便利。 平井 群生して咲き誇る、あるがままの自然の姿を取り入れた生け方も素敵ですよ。その場合は単調にならないよう、色合いやガクの形、咲き具合が異なるものを組み合わせるだけで、一気に表情豊かに。 加藤 華麗さはありながら、バラのような強さや気高さとは違い、色気や憂いも感じさせる。梅雨の時季にふさわしいですね。今、秒単位で時事が目まぐるしく変化するニュース番組を担当しているので、花にふれることができ、心が満たされました(笑)。そこはかとなくアンニュイさや色気も漂う旬のアジサイ。素敵に飾るにはどうしたら?同じ色や品種だけを束ねるとやや単調な印象に。色が微妙に異なるアジサイ同士を束ねたり、ガクの形が違うものを束ねて生けるだけで、一気にニュアンスが出る。トップス¥4900/ノーク(ノーク バイ ザ ラ イン) サロペット¥19000/イエナ ラ ブ ークル ピアス¥18000/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス)気軽なのにサマになるテクがこちら。花器の高さに合わせて茎を切り、適度に葉っぱを残したアジサイを一輪挿しや空いたボトルに生ける。玄関先や寝室に飾っても。初心者でもうまくいく!【ちょこっとテク】茎の内部の白いワタをかき出す根元を鋭角に切り落としたら、茎の中央にある白いワタを園芸ばさみの刃先を使い、やさしくかき出す。水の吸い上げがぐんとUP水につかる面積を増やし吸い上げ力をUP茎が固いアジサイは、水の吸い上げが弱め。吸水力を上げるべく茎先は鋭角に、斜めに切る。切り口と反対側の皮ははさみの刃で削る根元だけでなく花にも優しく霧吹きを花びらが薄い花に水をかけると茶色くなりがちなので本来は水をかけないが、アジサイには雨の景色を演出するようにあくまで優しく霧吹きで葉っぱにもたっぷり水分補給できれば葉っぱにも霧吹きで水をかけてやるとよい(もしくはバットなどに水をはり、全体をさっとくぐらせるだけでも元気になる)広めの花器の縁にのせるように生ける群生して咲くアジサイの趣をしつらいで表現するテク。口が広めの花器を用意し、アジサイの花首を花器の縁に寝かせるように生ける花器の縁にのせるように生けるだけで、ボリュームのあるブーケのような様相に。いよいよ元気がなくなり、くたっとしてきたら、花首だけ残し、水をはった浅めの器に浮かべて。雨が似合うアジサイだからこそ、美しく映える Teacher by ●平井かずみ フラワースタイリスト。明るく的確な指導ゆえ、自身が開く教室はいつも大人気。近著は写真家の大段まちこさんと料理家の渡辺有子さんとの共著『花と料理 おいしい、いとしい、365日』(リトルモア)。 http://ikanika.com/【カトパンのあえて小さく飾る花レッスン】連載をチェック撮影/熊木 優〈 io〉 ヘア&メイク/コンイルミ  スタイリスト/斉藤くみ  アレンジメント指導/平井かずみ 取材・文/広沢幸乃
  • 今イチバン気になる女の子Kōki,さんにアレコレきいちゃいましたたくさんの質問一つ一つに、真っすぐに答えてくれたKōki,さん。なんと今回特別に、バッグの中身まで見せてくれました♡セットアップ ドレス(カメリアつき)¥352000・ハット¥131000/シャネル カスタマーケア美肌の秘訣を教えて! 乾燥するとすぐ肌荒れしてしまう敏感肌タイプなので、気づいた時にこまめに保湿クリームを塗ったり、おうちの中でもエコロジカルな水筒を持ち歩いて、常温のお水を飲むようにしています。私にとっての美容の先生は、お母さん。「洗顔料は必ずふわふわに泡立てて、こすらずに優しく」とか、「スキンケアは顔だけじゃなく首やデコルテまで塗るのが大切よ」とか、「クリームもマッサージしながら塗ったほうがキレイになれるのよ」って教えてもらってからは、それが定番に。 今のマイブームをズバリ 英語の詩に、ピアノでメロディーをつけることですね。7歳から作曲しているんですけど、時々煮詰まってしまうことがあって、何か違うアプローチ方法はないかな?と思った時に思いついたんです。私にとって音楽は、本当にかけがえのないもの! 自分では無意識なんですけど、お仕事などで緊張している時は必ず鼻歌を歌っているらしくて。余裕に見えるみたいなんですけど、むしろ真逆(笑)。そんな時も音楽が支えてくれているんですよね。おうちでも必ず誰かが何か曲をかけていて、様々なジャンルの曲にいつも触れています。 カーディガン¥251000/シャネル カスタマーケア最近のプレイリストTOP3は? 1950年代や’60年代の古いJazzを聴くことが多いのですが、ナンシー・ウィルソンさんの『I Wish You Love』、エラ・フィッツジェラルドさんの『For Sentimental Reasons』、チェット・ベイカーさんの『I've Never Been In Love Before』かな。なかでも特によく聴くのはエラ・フィッツジェラルドさんで、『All Of You』っていう曲もすごく好きです。 オススメの語学勉強法は? 聞くこと、かな。その国の音楽を聴いたり、映画を見たり。字幕もわざと外国語で! それから、脳内翻訳もオススメです。たとえば「これ可愛い」って思った時に、フランス語だったらどう言うかな?って。自然と習慣化してトレーニングになるはずです。あと、意識的に話すことも心がけています。勉強するの、結構好きなんです。新しいことを知るのって、楽しい! ドレス¥502000/シャネル カスタマーケア好きなファッションは何? デニムのカジュアルなスタイリングが定番ですが、ドレスアップするのも好き。たとえばディナーショーやお食事に行く時は、 ジャケットをはおったりしています。いつか欲しいなぁって憧れているのが、シャネルのツイードジャケット。小さい頃にお母さんのクローゼットに掛かっていたのを見て、あまりの素敵さに心奪われてしまって。ただ、わたしは肩がしっかりしたジャケットが好きなんですけど、お母さんが肩パッドを外しちゃって。「なんで取っちゃったの~!?」って怒ったんです(笑)。いつか、自分で買える日が来たらいいな♡ ※すべて本人私物(ブティックへのお問い合わせはお控えください)バッグの中身が見たい! お懐紙とハンカチとばんそうこうを入れたポーチ、チョコレート、ジュエリーケース、フリスク、シャネルのルージュ ココ フラッシュ60番、シャネルのアリュール、リファのマッサージローラーです。香りはお仕事の日と普段用で分けていて、いつもはガブリエルをつけてスイッチを切り替えているんですけど、箱ごと持ち歩くのがこだわりなんです! この香水瓶のお部屋みたいだし、箱自体も可愛くて大好きだから……♡ お懐紙は「食べ物をおすそ分けする時用に」って、お母さんに渡されたのがきっかけで持つように。マッサージローラーは顔だけじゃなく肩をほぐすのにも愛用しています。このバッグ、見た目はコンパクトなのにすごく入るんです(笑)。 モデル/Kōki, 撮影/三瓶康友(モデル) 細谷悠美(物) ヘア&メイク/中山友恵(Three PEACE) スタイリスト/早川すみれ(KiKi inc.) 構成・原文/森山和子 web構成/篠有紀 web編成/ビーワークス
  • 私服のコーデルールってある? 優子が気になる夏の推し色♡夏の推しカラー6色をトレンド感たっぷりに着こなす、夏の推し色コーデ企画から優子が登場! ワードローブ事情や私服ルールなど、おしゃれになるための秘訣をたっぷり教えてくれたよ♡   6月20日発売ノンノ8月号は、King & Princeが目印! 巻頭のカバーストーリーには、デビューからの1年を紐解くスペシャル特集を掲載★ 通常版についてくる両面ピンナップも是非チェックしてね!   そして、「スタイルよく見える服」をテーマに、読者アンケ・試着・座談会を実施。優子とふみかのスタイルUPコーデや、優愛の細見えデニム&七瀬の-3kgトップスなど、夏必見のコーデテクが盛りだくさん♡‬ その他、ゆかた&水着の最新情報や読モのダイエット企画もお見逃しなく!
  • こんにちは。 ライター川口ゆかりです。   東京は最高気温27度。 今朝、天気予報を見るなり「梅雨明けしたんだっけ?」と主人。確かに確かに。そう思ってしまう陽気。今日も暑くなりそうですね。     こう暑い日が続くと困るのが洋服選び。 時間のない朝はワンピースか、だいたい袖のないタンクトップに涼しげなボトムスが最近の定番です。なかでもつい手にとってしまうのがプリーツスカート。   秋冬の重めニットにあえて軽やかなプリーツスカートを合わせる着こなしが好きで、ここ数年、溺愛してるんですがはいていると必ず褒められるのがこちら。 ASTRAETのもの。今季の春夏物です。深いパープルに深いターコイズブルー。カラー切り替えがあることで単調になりがちな夏の着こなしを格上げしてくれる!さらに細いプリーツが縦のラインを強調するので、自然とスタイルアップも叶う。まさに一石二鳥アイテム。 タンクとプリーツのワンツーコーデ スカート/ASTRAET  トップス/Ronherman  サンダル、ブレスレット/HERMES  ピアス/ASOKO この日は、ネイビーのタンクトップを合わせてすっきりと。小物は白で統一して、見た目だけでも涼しげにまとめてみました。ガーリーに傾きがちなプリーツスカートもカラー切り替えがあるぶん、モードな雰囲気に。 好きな色に囲まれる暮らし。 そういえば、自宅に飾るお花も深いパープルばかり。好きな色って、ついつい手にとってしまうようです、、、笑笑     皆さんは何色がお好きですか??     日々の暮らし、私服はInstagram yucari kawaguchiまで。 いつもありがとうございます^ ^  
  • 少女漫画から出てきたような美男を、韓国では“マンチッナム”と呼ぶ。ナム・ジュヒョクが、まさにそれだ。色白で端正な顔だちに、身長188センチという恵まれたスタイル。ドラマコンテンツのグローバル化も手伝い世界中にファンが増え続け、彼には1050万人のインスタグラムのフォロワーがいる。3月に出版された、日本では初となる写真集『YOUTH』(ワニブックス刊)も好評だ。この春“国民の母”ことキム・ヘジャ、昨年主演映画で女優賞に輝いたハン・ジミンと「眩しくて」で共演。彼にとって“人生のドラマ”であり、代表作と絶賛されたこの作品で、さらに注目を浴びている。そんな多忙を極める彼が、たとえ1日のオフでも時間を見つけては通っているというのがチェジュ。韓国のハワイともいわれる島の魅力を聞いてみた。 「小さな頃にも来たかもしれないんですが、記憶に残っている初めてのチェジュは高校生のときの家族旅行です。ソウルからは飛行機で1時間ですし、短い滞在であってもリラックスできる場所なので、息抜きに来ます」 食べることが大好きなジュヒョク。「コギグクス(豚骨うどん)やカルチチョリム(タチウオの煮つけ)など食べ物も美味しくて、高い建物がなくて空が広いのがいい。生まれ育った釜山と、空が広いところや水平線が見えるところが似ていますね。朝も昼も夜も空を見上げると、空の姿が美しいんです。それからチェジュに来たら、とにかくよく歩きます。充電できる感じなんです」と続けた。旅の計画は立てない派だが、美味しい店をよく知る先輩俳優から教えてもらった行きつけの郷土料理の店もある。素材が素晴らしいのでイタリアンも美味しいと聞き、トライしたいとも。1万8000の神が宿るという、神話の島としても知られるチェジュは、彼が素になり気持ちがほどけ、エナジーチャージができる場所なのだ。 昨年初出演した映画『安市城 グレート・バトル』で新人賞を総なめにし、この春の人気ドラマ「眩しくて」で若手実力派俳優として認められ、いままさに時の人。ロケ中も、老若男女のファンから「かっこいい!」「『眩しくて』全話観ましたよ」と声がかかる。どんなに注目されても、素顔の彼は浮ついたところがなく誠実で、「家族や一緒にいる人が幸せだと感じてくれればいい、そんな人でありたい」と穏やかに、かつきっぱりと話す。現在はネットフリックスオリジナルの世界配信ドラマの撮影中。映画の撮影も控えており、次のチェジュでの充電はちょっと先になりそうだ。 Profile 1994年、釜山生まれ。モデルを経て俳優に転身、数々のドラマの主役を演じ若手人気俳優となる。自身も放送を観て涙したという珠玉のドラマ「眩しくて(原題)」は日本でも放映中(KNTV)。目下、Netflixオリジナルドラマ「保健教師 アン・ウニョン(原題)」の撮影中だ。『ジョゼと虎と魚たち』のリメイク版主演も決定している。https://joohyuk.jp/ >>ナム・ジュヒョクの好きなチェジュ島
  • WEB限定記事第3弾は、街歩き。旅の拠点となるルクセンブルク市は、ヒストリカルな旧市街と、国際都市たるモダンな新市街の両方の側面を持ちます。街に緑も多く、要塞都市であるからこそできた高低差のある風景も独特!街の中心地に、こんなに気持ちがいい自然があるなんて!旅の拠点となるのは、国際空港がある首都のルクセンブルク市。城塞で囲まれたヒストリカルな旧市街と、豊かな自然、そしてモダンな国際都市が共存するこの街は、旅に欲張りなエクラ世代をも満足させてくれる。ルクセンブルクは、963年、岩山に建設された小さな砦がルーツ。「小さな砦」を意味する「リュシリンブルフク」が、国名の語源になったとも。その後、壮大な城壁が築かれ要塞都市となり、国家が形成、大公国へと発展した。天気がいい日はテラス席でランチやお茶を。レストランの看板も個性的で可愛らしい。アルゼット川から見上げる要塞跡は大迫力。かつての屈強な城壁は、今は緑の渓谷に。国民一人当たりのGDPが世界一の富裕国となった現在も、要塞時代の面影はそこかしこに。内部に全長約20kmの地下道や武器庫まで掘られている屈強な要塞は、解体まで実に16年も要したのだとか。そんな街並みは世界遺産に登録され、各国からのツーリストを迎え入れている。街の散策は、まずは旧市街の中心部から。大公宮殿の周囲には、立ち寄ってみたくなるデリやレストラン、カフェ、ブティックが点在。テラス席があるレストランが並ぶ石畳の通りは、ゆっくりとランチを楽しむにはぴったりのスポットだ。城壁に造られた遊歩道から眼下を眺めれば、川岸にグルント地区の絵画のような街並みが。ペトリュス渓谷に架かるアドルフ橋。橋の上からの渓谷までの高低差は約50m。要塞の下にあるグルント地区まで歩けば、ゆったりと流れる川の岸辺に修道院や美しい住宅が並ぶ絵画のような街並みが。崖を利用して造られた高低差のある街全体の風景は、立体的かつ独特。ヨーロッパのどの街でも見たことがない風景に、心が奪われる。旧市街に建つノートルダム大聖堂。祭壇の上には、繊細な描写のステンドグラスが。谷間にあるグルント地区と旧市街のエスプリ広場を繋ぐエレベーターからの眺めは絶景!そんな旧市街とは対照的な風景を見せるのが、新市街。世界有数の金融センターでもあり、EUの拠点もあるモダンな街を歩けば、そこかしこで、いろいろな言語を耳にする。それもそのはず、ルクセンブルクは人口約61万人のうち、半数近くが外国人というコスモポリス。公用語であるルクセンブルク語とフランス語、ドイツ語の3言語に加え、英語を話すのもごく日常的なことなのだ。新市街にある美術館「MUDAM」。ユニークな現代アートのコレクションに好奇心が刺激される。お土産を探すなら、旧市街の中心部にある「ルクセンブルクハウス」へ。果実酒にマスタード、ワイン、民芸品などが揃う。外国人のツーリストにも優しく、治安も良く、美しいルクセンブルク。ぜひ次のデスティネーション候補に入れておきたい。“ルクセンブルク版・養命酒”とも呼べそうなBUFF。炭酸水と割れば、消化を助けるための食後酒にも。■ショップ情報 Luxembourghouse ルクセンブルクハウス 住所/2 Rue de l'Eau, 1449 Luxembourg City ☎+352・26262627 http://www.luxembourghouse.lu/ <<第2回/ルクセンブルクは美食がいっぱいの国!撮影/織田桂子 取材・文/芹澤和美 取材協力/ルクセンブルク貿易投資事務所 SAKURA Voyages(サクラ・ヴォヤージュ)
関連キーワード

RECOMMEND