確実に100歳まで生きられるという「漢方的養生法」

OurAge
  • 桜のあとも
    春まっさかり
    つぎつぎに花が咲き誇り
    ついつい、その美しさに
    足がとまってしまいます

漢方薬剤師・
漢方ライフクリエーターの
樫出恒代です

春はスタートの季節

新しい年度が始まったり
学校の入学式や
新学期の始まり
新社会人としてのスタートをきる
初々しい姿も目立ちますね。

太陽の光もだんだん強くなり
「陽氣」〈明るく温かい氣〉
増えてくる季節。

だからこそ、前向きに毎日を過ごしたい、
でも、なんだか氣分がのらないわー
と家の中にこもっていると。。。。

さぁ、どうなる?

実は
季節それぞれの過ごし方、
それをちゃんと守っていれば、
確実に100歳まで生きられますよ、という教えが漢方の古い名著
「素問(そもん)」には書かれているのです。

それを難しい言葉では
「四氣調神大論(しきちょうしんだいろん)」
すなわち、
養生法のこと、なのです。

ここでいう季節は、

春は立春からの3か月
夏は立夏からの3か月
秋は立秋から、冬は立冬から

のそれぞれ三ヶ月のことです。

ただ、お住まいの地域によって
季節の流れは違います。
自分の感度を大事に

季節を捉えてくださいね。

次のページでは春と夏の養生法についてご紹介します。

① 春の養生法

樫出さん 春
春の三ヶ月を〈発陳 はっちん〉
と言います。

陳は古いもの
それが、発する、表面に表れる
外に出るとき。
それが春。

冬の間かくれていたすべてのものが、
芽を出し活動的になり始める時期。
陽氣〈温めるエネルギー〉の多くなる時期で、人のからだにも陽氣が多くなる時期。
夜更かしをしてもかまわないが、
朝は早く起きるように。

心身ともにのびのびと、しめつけず、
制限をつけず、
活動的な気持ち、明るい氣持ち、をもって
活動するのがいい時期です。
この時期に新しいことをスタートさせましょう。そして、周りの人にも
そんな勇氣を与えること。

この春の氣に逆らって、
静かに沈んだ状態で
こもっていると病気になります。

② 夏の養生法

樫出さん 夏

夏の三ヶ月を〈蕃秀 ばんしゅう〉
言います。

草木が成長し、万物が茂り花咲き乱れ、
陽氣が最高潮に達する時期。
この時期は夜は遅く寝て、朝は早く起きるように。

日中が長いけどなまけないようにし、
物事に怒らずに氣持ちよく過ごすこと。
一日一回は発汗するように心がける。
氣分的にも発散するようにする。
海や山なので、「ヤッホー」などと大きな声を出すこともよい。
また、いつもと違う場所に行くこと。
氣分転換になり、氣が変わる。
氣の発散につながります。

もし陽氣を発散しないと、
熱がこもって病気になることも。

身体内で陽氣の多い所は「心 しん」
〈心とは、心臓を含むその働き〉
熱の多い心にさらに熱がこもって
心臓を悪くする時期。
ですから、陽氣を発散しないと
身体に熱がこもり、暑さを感じやすくなり、
冷房や冷たい飲み物・食べ物を欲するようになります。それを続けると必ず下痢をし、
夏バテにつながります。

秋と冬、それぞれの季節に行ないたい養生法は?

③ 秋の養生法

樫出さん 秋

秋の三ヶ月を〈容平 ようへい〉
と言います。

万物が実を結ぶ時期。
実がなり、葉は落ち、空氣は澄んで
すべてが引きしまり収納される時期。
夏の間、勢いよく繁っていた
樹の葉も色付き、その後は地面に落ち
平らになる。
当然、陽氣も体内深く収納されます

この時期は早く寝て鶏とともに起きる。
あれもこれもやりたい、などと氣を多くもち、イライラしたり、
活動的になってはいけない。
また、何かをスタートさせてもいけない
この時期は片付けや整理整頓、
いらないものを処分するのにぴったり。
リフォームなどもよい時期。
美術館などにひとりでいき、
自分と向き合う時間をとること。

この時期に活動しすぎたり、しゃべりすぎたりして、陽氣を発散すると肺が弱まり、
冬になって体調をくずす。

④ 冬の養生法

樫出さん 冬
冬の三ヶ月を〈閉臓 へいぞう〉
と言います。

動物が冬眠するように、
雪がしんしんと積もるように
万物が静かに沈み消極的になる時です。

すべてが収納され、貯蓄されておく時期で、
「閉蔵」の文字通り、毛穴も汗せんも閉めておく時期、内臓もあまり動かさないように。
決して発散してはいけない時期。

この時期は早く寝て遅く起きる。
陽氣も深く貯蔵されているので、
心身共に活動的になってはいけない。
ですから、運動などで発汗することなどは、
絶対だめである。

もしこの時期に活動的になったり、
発汗したり、また、現代で言えば
パーティなどで騒いで
お酒を飲んで‪一時‬的に陽氣を多くすると、
その反動で冷えがすすみ「腎 じん」
〈腎とは腎臓を含む膀胱、耳などのはたらき・氣の貯蔵庫〉が悪くなります。

冬に無理をすると、春になっても陽氣が出てこなくなり、
必ず手足がだるくなります。

このように
漢方の季節養生の知恵は
私たちに教えてくれる。

季節を、毎日を大事に
生きていこうと。

春に体調不良でつらい方は、
冬の過ごし方に問題があるかもしれない。
冬なのに、汗をかきすぎていないか、発散し過ぎていないか。。、、

もちろん、この通りには、生活できなくても

頭の片隅に
漢方の知恵があるだけで
生きていくことが
健やかで
豊かに
なると思います。

その結果、100歳まで元氣で
生きていけるなら、こんなにしあわせなことはないですね。

さぁ、これからは、夏の養生をご参考に!

漢方カウンセリングルームKaon
Facebook
https://www.facebook.com/kampokaon
ブログ
https://ameblo.jp/kaon2010/
HP
http://kampokaon.com/

関連記事
  • “春夏秋冬”のライフスタイルを提案する、富岡佳子さんの連載。「ジメジメとうっとうしいこの時期、使用済みのタオルを、ひと晩ランドリーバスケットに入れておくだけでも、臭いやカビが発生しそうで気になります」と富岡さん。そんな心配を一掃してくれるに違いないのが、麻100%のタオル。ご存じのとおり、麻は吸水性や速乾性に優れ、さっと水を吸い、あっという間に乾く。手を洗う、顔を洗う、シャワーを浴びる……。そのたびに使うタオルにこそもってこいの素材。麻のタオル写真のものは、特殊な技法で生地をプレウォッシュしたワッフル地のタオル。 「麻ってちょっとゴワッとしたイメージがあったので、このタオルに初めて触れたときはびっくりしました。とても柔らかく、ふんわりとした肌ざわり。押さえる程度でスッと水をぬぐえ、ゴシゴシふかなくてもいいから肌にも優しいですよね」薄くて軽く、バスタオルで頭をふくときも柔らかく、肩にかけてもふわりと羽根のよう。白に加え、色移りもあまり気にならない絶妙なニュアンスカラーもあって、うれしいことばかり。 「収納するときは半分に折り、くるくる丸めていますが、こんなによく水を吸うのに、薄くてかさばらないのも魅力。麻は洗えば洗うほど柔らかくなじんで、育てていくように経年変化を楽しめる。そんなところもいいなぁと思います」 世界各国へ、クオリティの高いリトアニアの麻製品を送り出すために、英国で生まれたタオル。麻100%とは思えないほど、ふっくらと柔らかく、弾力性がある。また、生地表面の凹おう凸とつによって、より吸水・速乾性に優れるという効果も。ハンドタオル、バスタオルともに7色そろう。 ビッグワッフルハンドタオル(67×51㎝)¥2,100/ザ・テイストメイカーズ & コー [富岡さん]ビッグワッフルバスタオル(124×82㎝)¥6,800 /ザ・テイストメイカーズ & コー タンクトップ¥11,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ドゥーズィエム クラス) パンツ¥36,000 /アンデコレイテッド撮影/長山一樹(S-14) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/村山佳世子 石山とみ子(インテリア) 取材・文/鈴木奈代 ※エクラ7月号掲載
  • ヘア&メイクアップアーティスト・広瀬あつこさんが、夕方以降もいきいきとした印象に見せるお直しテクを伝授! メイク直しを怠った夕方には、毛穴おちやベタつき、テカリで清潔感を失いがち。そんな“ドロドロ肌マダム”は、美容液オイルを肌復活に役立ててみて![ドロドロ肌マダム]からの復活!ファンデーションの進化で、以前のような雪崩(なだれ)現象は減ったものの、直さないまま一日過ごせば、夕方には毛穴落ちや、ベタつき、テカリで清潔感を失いがち。ドロドロ部分を美容液オイルでオフ →ミストで保湿して厚塗り回避「脂取り紙やティッシュで押さえただけでは、汗・皮脂と混ざったドロドロや、毛穴落ちしたファンデーションまではオフできません。夕方ぜひ使ってほしいのが、美容液オイル。ドロドロもオフできますし、同時に保湿もかないます。夕方からの肌復活に最適なのはクッションファンデ。夕方老け脱出のために、ひとつ持っておくと便利です」(広瀬さん)美容液オイルを指にとり、ドロドロ部分になじませる美容液オイルを少量指にとり、毛穴落ちやテカリ部分に、小さな円を描くようになじませる。流れ毛穴を下から持ち上げるようにクルクル。ティッシュで軽く押さえる。 良質なオイルと潤いで、肌疲れをレスキュー。カプチュール ユース インテンス R オイル 30㎖ ¥11,500/パルファン・クリスチャン・ディオール美容液ミストを、少し高い位置から「降らせる」ファンデーションの密着をよくする化粧直し用の美容液ミストを吹きかける。額より高い位置でプッシュすると、ふわりと均一に潤いをまとえる。4プッシュが目安。 ジェリー状の美容液が細かいミストとなり密着。みずみずしいツヤ肌に。ベネフィーク ハイドロミストジーニアス57㎖ ¥2,600(編集部調べ)/資生堂クッションファンデは中ブタで量を調節ドロドロをオフしたところを中心に、クッションファンデをスタンプづけ。パフにとったら中ブタで押さえ、量を調節しながらなじませると、きれいな薄づきに。 ハリのある均一な透明肌に。テカリとは別ものの、いきいきとしたツヤが蘇る。ル ブラン クッション SPF30・PA+++ 全5色 各¥7,500/シャネル広瀬流くずれないベースメイク「朝やるポイント」パウダーファンデーションをブラシづけしておくとドロドロになりにくい!朝はパウダーファンデーションのブラシづけがおすすめ。ブラシにファンデーションをとったら、まず汗、皮脂でベタつきやすいこめかみにトントンと。ブラシに残ったもので額や頰にすべらせるようになじませる。 1.肌当たりが優しく、トントンづけも、すべらせづけもテクニックいらず。コアカバレッジ ブラシ ¥3,500 2.カバー力とヌーディな仕上がりを両立。ベアプロパウダー ファンデーション SPF15・PA++ 全10色 各¥4,200/ベアミネラル毛穴落ちしやすい部分には専用下地を仕込んでおく 1.パウダー状の皮脂コントロール下地。エンリッチシルキープライマー ¥2,500/エトヴォス 2.毛穴を消し、毛穴落ちを防止。タン イドル ウルトラ ウェア ブラー ¥5,000/ランコム NG!毛穴落ちをそのままにお粉バフバフはさらなるドロドロを招く いきなりフェイスパウダーをはたくと、汗・皮脂が混ざった下地やファンデーション、粉が混然一体に。厚塗りで老け見えするうえ、すぐにまたドロドロに。【Profile】 ヘア&メイクアップアーティスト 広瀬あつこさん 大人のウイークポイントをなかったことにするメイクテクは天下一品。『スマイルメイク -5歳で引き寄せ力UP!』(世界文化社)も好評。撮影/玉置順子(t.cube) 久々江満 ヘア&メイク/広瀬あつこ スタイリスト/程野祐子 モデル/樹神 取材・文/小田ユイコ イラスト/進藤やす子 ※エクラ7月号掲載
  • 開発構想15年を経て、ついに誕生した極限美容液を多くの美賢者が絶賛! 「MAQUIA」8月号から、2019年上半期のベスト・スキンケア大賞に輝いた「オバジC25セラム ネオ」をご紹介します。ベスト・スキンケア大賞実現不可能だった ビタミンC濃度25%を実現選んだのは・・・ 安倍 石井 伊藤 犬木 鵜飼 岡部 長田 小田 小田切 風間 柏谷 加藤 神崎 木下 倉田 小林 齋藤 清田 芹澤 平 貴子 髙橋美智子 高橋里帆 高見沢 巽 谷口 轟木 中島 野崎 萩原 火箱 藤井 藤原 前野 松井 摩文仁 水井 森山 山崎 山下 山本 弓気田 湯田 吉田昌佐美 吉田百合 若菜761点オバジC25 セラム ネオ 12ml ¥10000/ロート製薬毛穴やシミ、ハリ、キメ、シワなどにマルチにアプローチするビタミンC。そんなビタミンCは、濃度が高くなるほどエイジングへの効果がアップするとあり、オバジがその限界に挑戦。開発構想15年を経て、ついに極限美容液が誕生した。何より美容賢者の心をつかんだのは、その早い効果実感。個々の肌悩みへスムーズに働きかけ、結果を出すその仕事っぷりにほれ込み、リピートする人が続出中!ここが自慢!オバジ PR 阿部由美子さん □評判の高かったオバジC20セラム以上の効果実感をもつ美容液が完成。 □約15年の歳月をかけてビタミンCを安定化させる技術を確立。美容エディター 安倍佐和子さんが解説!規格外の効果で美容の歴史に残るであろう傑作 美白ケア? 美肌ケア? それともエイジングケア? いいえ、それらすべてを包括しながら、私たちの常識をはるかに超えた次元で、“今期最高峰”といえるのが、ロート製薬のオバジC25セラム ネオだろう。安定配合は至難の業といわれるピュアビタミンCを前代未聞の史上最高濃度、25%配合に成功。15年もの歳月を費やし、完成した極限美容液だ。オバジC25セラム ネオ誕生以前は、20%以上の高濃度ビタミンCが肌にどんな効果をもたらしてくれるかは未知の世界。高濃度であるがゆえに使い心地の良さを諦めなくてはと思っていたのに、それがどうだろう、使用感に一切のストレスなし。むしろ浸透力の良さは感動的なほど。目の前にあるのは、私たちの想像をはるかに超えるドラマチックな肌効果だけなのだ。毛穴にシミ、ハリやキメ、シワなどあらゆるエイジングのサインまで。きっと、ビタミンCの強靱なパワーに改めて開眼した人も多いはず。オバジC25セラム ネオは、性別や年齢を超え、あらゆる現代人の肌に奇跡をもたらす傑作といっても過言ではない。「これさえあれば、生涯〝老けない肌〟で過ごせる予感」 ――小田ユイコさん 「くすみ、頬のダレ毛穴、しぼんだキメが一掃! 今期もっともパワーを実感」 ――弓気田みずほさん 「ビタミンCの効果をこれほどまでに感じられるものはかつてなかった」 ――貴子先生「限界濃度25%の威力をひしひしと毎日実感。もうないと不安なぐらい」 ――石井美保さん 「肌質を選ばず、全方位で肌クオリティが底上げされる実感大」 ――平 輝乃さん 「今年、最速で肌の変化を実感したスーパー美容液。使うのをやめるのが怖い」 ――摩文仁こずえさん「ビタミンCが〝万能美肌薬〟であることを再確認させてくれたアイテム」 ――加藤智一さん「ビタミンCをここまで濃厚に閉じ込めたセラム、前代未聞!」 ――山本未奈子さんMAQUIA8月号撮影/大原敏政(角版) 取材・文/藤井優美〈dis-moi〉 構成/木下理恵(MAQUIA)【MAQUIA8月号☆好評発売中】
  • non-no Webを見ている人だけにイチオシコスメやトレンドアイテムが当たる「プレゼント マンデー」。今回のプレゼントは、ビオデルマの「セビウム さらっと肌キット」。毛穴の目立ちやテカリをケアして一日中さらっとした肌をキープする毛穴ジェル&化粧水のセットを、2名様にプレゼントします! 悩ましい毛穴&皮脂テカ問題を解決するスキンケアキットビオデルマの「セビウム さらっと肌キット」は、毛穴の目立ちやテカリ、ニキビケアに最適な2つのアイテムをセット。毛穴ケアジェルの「セビウム スキンリファイナー」は、皮脂バランスを整えながら肌を引き締め、毛穴レスな肌に整えてくれるよ。メイク下地として使えば日中の皮脂テカを防ぎ、サラサラの肌をキープ。化粧水の「セビウム ローション」は、さっぱりしているのに潤いが持続。保湿効果が高いので、インナードライからくるニキビにもおすすめ♡ セビウムのスキンケアで、今年こそサラっと涼しげな肌を手に入れよう! セビウム さらっと肌キット ¥3500 セット内容:セビウム スキンリファイナー 30g、セビウム ローション 200ml ■お問い合わせ先 NAOS JAPAN(株) ビオデルマ事業部 TEL:0120-074-464 応募締め切り:2019年7月21日(日曜日)23:55 ※全応募者の中から厳正な抽選のうえ当選者を決定します。当選者は賞品の発送をもってかえさせていただきます。 ※賞品の発送は、2019年8月上旬頃を予定しております。 ※ご応募にはハピプラ会員のプラス会員登録が必要です。また配信を希望するメールマガジン」の欄で「nonno」を選択していただく必要があります。 ※住所・連絡先等、プラス会員として登録された情報に基づいて、応募・抽選・当選者には発送等の手続きを行います。登録された情報が最新の正しい状態であることをご確認ください。 ※応募いただいた方の個人情報は、この企画の遂行およびハピプラの進行運営のために使用し、その他の目的では利用いたしません。個人情報の管理については、集英社が責任を負い、これを厳重に保管・管理いたします。
  • "アペロ"は、アペリティフ(食前酒)の略で「お茶しない?」あるいは「一杯、どう?」という気分を表す言葉。夏に食べたい沖縄風の天ぷらは、お酒を軽く飲みながらおなかを満たすのにぴったりのひと皿。「天ぷらの衣は粉の混ぜ合わせ具合にコツが必要だけど、沖縄風の場合は材料をしっかり混ぜていいので気楽。小さめのフライパンと少なめの油で作れます。ゴーヤーは箸休めのサラダ代わりにしたけれど、もずくと一緒にかき揚げにしてもおいしい」。しっかり晩ごはんにするなら、五穀米の小さなおむすびを添えても。 「泡盛のソーダ割りはグラスに氷と泡盛、ザクロジュースを入れて炭酸水を注ぎます。泡盛は好みで量を調節して、お酒が強くない人でもほんの少し加えると軽い飲み口になっておすすめです。クランベリー、マンゴー、グアバなどのジュースも合いますよ」。素朴な天ぷらとゴーヤー、フルーティな泡盛カクテルでひと足早い夏気分を満喫。 材料(2人分) もずく 約100g 豚肩ロース肉 1枚(約150g) 卵 1個 薄力粉 100g しょうがのすりおろし 小さじ1 ゴーヤー 大1/2本 塩 適宜 揚げ油(米油など植物油) 適宜 作り方 ❶ もずくはキッチンバサミで3〜4㎝の長さに切る。豚肉は1㎝くらいの幅に切り分ける。 ❷ 衣を作る。ボウルに薄力粉と塩少々を入れる。溶いた卵に水100㎖を加えてよく混ぜ、ボウルに加えて手早く混ぜ合わせる。 ❸ ゴーヤーは縦に2等分し、種とわたを取って薄切りにする。ボウルに入れ、塩を軽くふって混ぜて4〜5分おいてから流水で塩を流し、水気を絞っておく。 ❹ 小さめのフライパンに、揚げ油を2㎝くらいの深さに入れて中火にかける。②の衣に豚肉をひと切れずつくぐらせ、順に色よく揚げてキッチンペーパーに取る。もずくはしょうがのすりおろしと少量の薄力粉(分量外)をまぶしてから衣に入れ、大きめのスプーンですくって油に落とし、豚肉と同様に色よく揚げて油を切る。油は少なくなったら適宜足して。 ❺ ③のゴーヤーと④の天ぷらを器に盛り、塩を軽くふる。 「沖縄風天ぷらの衣は、薄いパンケーキの生地のような状態。材料を合わせてよく混ぜるだけなので、天ぷら初心者でも気負わずに作れます」 PROFILE ながお ともこ●フードコーディネーター。オンラインストア(soup- s.shop/)で展開中のオリジナルの器に、新作のケーキ皿が仲間入り。「リムに少し深さがあるので、プリンなどのソースをかけるデザートもきれいに見えます」。直径17.5㎝で、アペロにもぴったりなサイズ。ぜひチェックを! http://www.vegemania.com/ >>長尾智子さんのレシピをもっと見る SOURCE:SPUR 2019年7月号「長尾智子のお酒と小さなひと皿 金曜日のアペロ No.04」photography: Masahiro Sambe text: Kaori Okuda
  • 仕事や家事の合間のひとときランチは特別な時間。かしこまらずに美味しいものを少しずつ食べたい気持ちを叶えてくれるランチに行ってきました。アラフォー世代。仕事をしている方は、バリバリに働き盛り。そして子育て世代でもあります。 友達との再会は貴重な時間。おしゃべりも楽しいけど、さらにどう有効に楽しめるか…そんなことも自然と考えてしまいます。今回は、バランスよくお楽しみいただけるプレートランチと、自由なチョイスで小皿料理をチョイスできるフリースタイルランチのある自由が丘にできたSARUさんにお邪魔してきました。 平日仕事の合間にワンプレートで気軽に楽しむも良し、休日にフリースタイルでお好きな料理をチョイスし、お昼からワインと共にアペロを楽しむも良し。自由なスタイルで楽しめるのがこちらのお店の良いところ。今回は、平日限定のプレート。 8種類のデリカテッセンプレートをチョイス! 8種類、しっかり伺ってきました! ⚫︎エゾシカと香味野菜の赤ワイン煮 ⚫︎ビーツとザクロのサラダ ⚫︎ノーマヨネーズのポテトサラダ ⚫︎安曇野放牧豚のリエットと自家製バケット ⚫︎安曇野放牧豚のロースハム ⚫︎シンプルリーフサラダ ⚫︎青のりとしらすのイタリアンオムレツ ⚫︎豆腐のレバノン風ディップ どれも本当に美味しくて身体に嬉しいものばかり。 食べ物は私にとって美活の一つ。食べ物で体も心も作られていますね^ ^今回は仕事前でいただけませんでしたが、ワインもおススメ。 「自然農法」をテーマにされていて、果実味豊かな日本ワインと、東ヨーロッパの個性派で歴史が長い今後注目される「HISTORIC WINE」を揃えているそうです。 自由が丘の他に、白金は野菜を活かした料理
代々木上原ではシーフード
学芸大学ではジビエをはじめとする肉、季節折々の食材
大手町では日本ワインとビストロメシがいただけます。 お店の雰囲気も、店舗によって全然違うんだそうです。お店の入り口では、デリカのテイクアウトもできるようになっています。 普段もですが、見た目もおしゃれなのでお家パーティにもおススメですね^ ^SARUさんのウェブサイトはこちらから美女組No.139 kikoのブログ
  • 美意識の高い女性が多い日本において、化粧品の市場はとても厳しいものがあります。海外から新たに参入してくるブランドは、よほどレベルの高いものでないと! 昨年秋に日本上陸した「コンダンセ パリ」は期待大なスキンケアブランド。今回は私、OurAge読者のために創設者でありCEOのナタリー・ラモンデさんからお話をうかがってきました。「コンダンセ パリ」は2012年にフランスで誕生しました。自然由来の成分にこだわり、サイエンスを融合させたこのブランドはフランス女性の間で瞬く間に人気となり、今やパリの大手ファーマシーではシスレー、クラランスに次いで売上が第3位なのだそう。フランスの名誉あるコスメティック賞「ヴィクトワール ドゥ ラ ボーテ(美の勝利)」を、この3年連続で受賞しています。ナタリー・ラモンデさんは香水の開発・発売で実績を積んだのち、LVMHで化粧品のマーケティングと開発を担当。スキンケアブランド「ケンゾーキ」で数々の成功を収めました。「より本格的でナチュラルなスキンケア製品を作りたいと思ったのです。それは利益を追求する大企業では難しいこと。それで、コンダンセ パリを創設するに至りました。ひとつの製品に花を中心に60種類ものパワフルな自然由来成分を使い、パラベンやアルコールは配合しません。単なるナチュラルコスメと違うのは、先端サイエンスを融合して結果を出すことにこだわっている点。抗酸化や抗炎症に効果がありながら安心安全で、エイジングケア化粧品として満足してもらえる製品づくりをしています。そして、やはり化粧品は使って楽しいものでないと! 香りやテクスチャーなど五感を刺激することも、コンダンセ パリの特長です」そんなナタリーさんが数々あるラインナップの中から愛用している製品がこちら! クレンジングはウォータープルーフのメイクもスルリと落とせて、肌に優しいしっとりとした洗いあがり。今年の春に新発売されたブライトケア美容液は、デイジーフラワーエキスなどをふんだんに配合し、明るく透明感ある肌に整えます。こちらは2018-2019ヴィクトワール ドゥ ラ ボーテ受賞製品。その後に使う集中エイジングケア美容液はシワやタルミを改善、クリームは肌の弾力を取り戻して輝きをアップさせる設計です。ナタリーさんのスキンケア基本ステップはこの4品ですが、化粧水好きな日本女性のために、ローションも紹介していただきました。このローションはコットンに含ませて肌を拭き取るように使うと、毛穴の黒ずみを落としてふっくらみずみずしく整えてくれます。いずれも、香りも使い心地もとてもいいですよ!(左から)●ボウム ミエール ネトワイヤン デマキヤン(クレンジング)100ml ¥4,800●ローション ドゥスール エクラ(化粧水)200ml ¥4,800●コンソントレ エクラシサン タン パルフェ(美白美容液) 15ml×3本 ¥14,500●コンソントレ リフタン ジュネス(エイジングケア美容液) 30ml ¥14,500●クレーム レジェネランテ ジュネス(エイジングケアクリーム)50ml ¥10,500こちらは私のお気に入り2アイテム。ハンドクリームは2017-2018ヴィクトワール ドゥ ラ ボーテ受賞製品で、手肌を保湿するだけでなくエイジングケアと美白ケアができるんです。そして、目元用美容液は目の下のたるみやシワを改善することで評判の一品。韓国でも大ヒットしているそうです。やわらかなテクスチャーで肌にしっとりなじみ、ベタつきがなく気持ちいい使用感。目元のたるみは私も悩みのタネなので、これの効果に期待しています!(右から)●クレーム マン ジュネス(ハンドクリーム) 75ml ¥3,700●ソワン リサン コントゥア デ ユー(目元用美容液) 15ml ¥8,800こちらは新製品です! この発売で日本での展開がフランス本国と同じ、フルラインナップになります。写真左側グリーンの2品はオイリー肌用の乳液とマスクで、皮脂をコントロールしてメイク崩れやテカリを防ぎます。写真右側ピンクの3品はノーマル肌とコンビネーション肌向きの日中用クリーム・美容液・乳液。乾燥した肌をしっかり保湿して、肌の水分と皮脂のバランスを整えてくれます。加齢や空気の乾燥でカサつくけど部分的にベタつきも…という夏の大人肌のケアに取り入れたいアイテムです。そして、この原稿の作成中にフランスから速報が舞い込みました。写真右から2番目の保湿美容液が2019-2020ヴィクトワール ドゥ ラ ボーテをトップ得点で受賞! 3年連続というこの快挙に、賞の主催者も大騒ぎしているそうです。(左から)●マスク フレイ ルヴァイタリザン(オイリー肌用マスク) 100ml ¥5,300●フルイド ピュリフィアン マティフィアン(オイリー肌用乳液) 50ml ¥7,700●クレーム アクティブ イドラタン(ノーマル・混合肌 日中用クリーム) 50ml ¥7,700●コンソントレ アクティブ イドラテイション(保湿美容液) 30ml ¥7,000●フルイド イドラタン ニュイ(ノーマル・混合肌用乳液) 50ml ¥8,500*6月26日発売現在世界各国へ展開を広げるコンダンセ パリは、アジアでも日本に先駆けて中国や韓国で成功しているそう。“え、日本は後なの?”と思ってナタリーさんに聞いてみましたところ。「日本はトップ・オブ・スキンケア。東京で成功したら世界に通用すると思っているんです。厳しいマーケットだけに慎重になりました」。満を持しての日本上陸というわけですが、成功する自信はあるそう。頼もしいですね~! そして、嬉しいことにナタリーさんはとても親日家なんです。なんでも旦那様はオリンピック出場候補になったほどの柔道選手だったとか。取材を行った際の来日でも、旦那様からお茶や洋服などの“お買い物リスト”を渡されたと嬉しい悲鳴を上げていらっしゃいました♡コンダンセ パリ公式ホームページhttp://condense-paris.jpインスタグラム@kurikobeautyでコスメ情報などを随時発信中。
  • 毎日使うものだからこそ、徹底的にこだわりたい! 人生のパートナー 化粧水大賞化粧水は洗顔後、真っ先に肌になじませるものだからこそ自分にとってベストのものを使いたい! そこで、美容のプロたちに「これまでに出合った最愛の化粧水」を徹底取材しました!!審査員のみなさま ※50音順ヘア&メイクアップアーティスト 甲斐美穂さん 河嶋 希さん paku☆chanさん美容エディター&ライター 石橋里奈さん 浦安真利子さんMORE編集部編集アツ(全22名)肌が急に敏感になると不安になるもの。評判がよくて効果が確実なものを知っておいて、ゆらぎ肌への備えを万全にしておこう!1 ディセンシア アヤナス ローション コンセントレート125㎖¥5000低刺激なのにエイジング効果も期待できる欲張りな化粧水(河嶋 希さん)ストレスが皮膚温の低下を引き起こし、バリア機能が低下。外部刺激を受けやすくなりエイジングが加速……といった一連の負のスパイラルに、血行促進、抗炎症、コラーゲン産生促進などの成分で、ストレス×エイジングケアを実現! 「肌がどうにもピリピリする日の駆け込み寺的存在。痛いほど乾燥している時も使え、ごわついた肌を整えます」(甲斐さん)2 オサジ フェイシャルトナー「ムク」200㎖¥2100/日東電化工業30代に突入して、人生で初めて経験した敏感肌を救ってくれた!(浦安真利子さん)角質細胞の仕組みにそって、ミネラルたっぷりの温泉水で製造。肌自体が水分を抱きかかえられる機能を回復させ、タンニン酸が活性酸素を吸収して毛穴をキュッと引き締める! 「さっぱりとしたテクスチャーですが、数回重ねてつけるとしっとり! 保湿力が高まるから、その日のコンディションに合わせてつけ方をカスタマイズします」(編集アツ)3 キュレル 化粧水 Ⅲ[医薬部外品]150㎖¥1800(価格は編集部調べ)/花王生理前や寝不足が続いた時にハンドプレスで入れ込みます!(石橋里奈さん)肌荒れやカサつきを繰り返しがちな乾燥性敏感肌のための『キュレル』はアルコールフリー、弱酸性、無香料、無着色がうれしい。ユーカリエキスがじっくり浸透しうるおいを与え、肌荒れしにくく。「調子がイマイチな時のモデルさんの肌もしっかり保湿できます。あとに引きずらないテクスチャーなので、思う存分使えるのも利点」(paku☆chanさん) ♡7月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 取材・文/浪花真理子 撮影/恩田はるみ スタイリスト/大島有華 撮影協力/AWABEES UTUWA
関連キーワード

RECOMMEND