横森理香の更年期チャレンジ『コーネンキなんてこわくない』豪華客船クルーズ旅✨初体験③姫も踊る! めくるめくエンタメnight♪

OurAge

憧れの豪華客船ダイヤモンド・プリンセスに乗り込んだ作家・横森理香。

グルメや、極上スパも味わい、日常を忘れて、ドレスも着て気分はお姫様。

船上で用意されたエンターティンメントの数々。ラストナイト、どう楽しむ!?

 

お楽しみはこれから♥ まずはミュージカルへ♪

 

船長招待のウェルカムパーティのために持ってきたドレス✨でポーズをとる私。

地中海とかカリブ海クルーズとかなら、ロングドレスの人も多くて、そのまま船内歩けたのかも・・・。

でも、周囲を見渡すと、スマートカジュアルならぬ、普段着の壮年ご夫婦ばかり。たまに、ちょっと派手目のマダムがいたと思うと、大阪のおばちゃんならぬアジア系のおばちゃん(金持ちそう)。

私は一度部屋に戻り、普通のワンピースに着替えた。

向かう先はシアター。このクルーズの目玉、オリジナル・ミュージカル「シークレット・シルク」鑑賞だ。

数々の賞に輝くブロードウェイ有数の作曲家、スティーヴン・シュワルツによって書き下ろされた、ミュージカル版「鶴の恩返し」。

あの、辛くて悲しい「鶴の恩返し」を、どうやったらミュージカルにできるのか? 日本人として不安もあるが、気分はすっかりブロードウェイ✨ 昔、母と叔母を連れてニューヨークで行った、ブロードウェイのシアターを思い出す。

「鶴の恩返し」は、シュワルツの手により、なんとハッピーエンドの物語に変身していた。

インターナショナルな船だけに、おじいさん、おばあさんや、鶴もいろんな国の人で演じられており、狩人に至っては、ヤマタのおろち風味に変身して、スペクタクルなミュージカルと相成っていた。

おばあさんとおじいさんは赤い不思議なペットを飼っていて、森に行くとキツネやタヌキだけでなく、アルマジロも出る。鶴の織ったシルクで(シルクは繭だが)、お金持ちになったおじいさんたちは、夜な夜なシャンパンを開けパーティ三昧。どこの国やねん?!

しかしながら(笑)、サクリファイス(犠牲)というテーマは一貫して貫かれており、突っ込みどころ満載なのに、最終的には感動のラストを迎える。これはひとえに、レベルの高い演技人と音楽、一流の演出に他ならない(演劇評論家風)。

いやー、しかしなぁ、外国人から見たJAPANって、マジ神秘的を通り越して難解な、おとぎの国なのね。もう、アジア圏の文化が入り乱れ、日本の民話はすでにアジアンなものに。赤いランタンやラーメンも散りばめられ、日本人が見ても異国情緒が味わえる。

衝撃のラストは教えません。これからプリンセス・クルーズする人のためにね♡

懐かしの音楽が♪ 70年代ディスコダンスレッスンへ

ミュージカル鑑賞のあと、「海」の寿司でほっと一息。

モダンなエントランス。この「海(Kai)寿司」の他、スペシャリティ・レストランには、イタリアン「サバティー二」、「スターリング・ステーキハウス」があり、そこでの飲食は有料。

洋食もいいけど、海外で寿司レストランを発見すると、ほっとする日本人。セットで17ドルはランチ寿司値段だし、美味しかった。

日本のビールで寿司をつまめば、洋食メニューの多いクルーズ旅が、リセットされること間違いなしだ。

なんか男性誌的な書き方になってきてしまったが、いけないいけない、私ってばプリンセスだったんだわ♡

寿司をつまんでほっとしたプリンセスたちは、腹ごなしに70年代ディスコダンスレッスンに行きましたとさ。

バーで行われていたので、まずはカクテル♥ 20年ぶりぐらいに甘~いピニャコラーダを飲み、その甘さに驚いた。

気がつくと、編集者Kは最前列に躍り出ていた。私と、船でお友達になった「ハルメク」の編集者Dは、それを眺めるべく最前列の席を取り、ピニャコラーダをシェアした。

「めっちゃ甘い!!」

「デブの味だね♡」

赤いチェリーをかじりながら、既に激しく踊るKを眺めた。

教えているのは、アフロのカツラを被った70年代ファッションのりょうたさん(避難訓練のMCもやっていた)と、エンタメ部門のダンサーたち。ズンバの先生もいる。

プロの振付を、おじちゃんおばちゃんたちが真似して踊ってる。シュールな光景だが、踊るアホウに見るアホウ、同じアホなら踊らにゃソンソン♪

というわけで、編集者Dと私も、フロアに躍り出たw

ピニャコラーダの酔いが回ってきたところで、ダンスレッスンは佳境に入り、みんなで振付を一個一個足して行き、全部踊り切った人にシャンパン一本プレゼントという、ダンス選手権が始まった。ひえ~

振付を覚えるのめっちゃ苦手な私は、緊張のあまり、三人目にして自分の振付を足すのを忘れ、脱落した。編集者Dもほどなく・・・。

編集者Kだけが、次々と振付を網羅していき、最終決戦にまで生き残った。どんだけ~。

しかしながら、最後の最後でボケてくれ、優勝は逃したが、ここからがKの底力を見せつけられる夜だった。

老若男女が揺れるディスコナイト

リピーターのお客様らしい、かなり踊り込んでるおばちゃまたちは、ズンバレッスンからの、70年代ディスコダンスレッスンで汗をかき、さらに夜10時からオープンするディスコクラブに流れる。踊り続けるためか、靴はスニーカーだ。

船内の70年代風ディスコクラブは、オープンすると、フロアにいざなうエスカレーターが動き始める。

エレベーター降りたところから、サイケなピンクの装飾が、ディスコで踊ったあの頃を彷彿とさせ、ハルメク?!

ふだん早寝早起きの私は、

「むりむり、10時から踊るなんてムリ。二人で行って来て!!」

と突っぱねていたが、酔った勢いで行ってしまった。

「ビール3本!!」

編集者Kには日本のビール、私と編集者Dはライム付きコロナビールで回春♡

トイレに行っていたKが、

「なんで私だけアサヒ?!」

とイチャモンつけた。

「いや、お父さんはライムとか酸っぱくてヤかと思って~」

「どんな役回りやねん?!」

いやはや、編集者Kだって今宵はプリンセスですよ。いつもは着ない、色柄ものの素敵なワンピースを着て、いい靴を履いている。

いい靴、つーのもだんだん履かなくなるお年頃w ふだん、思いっきりスニーカーかウォーキングシューズだもんね。

最初、ダンスフロアにはダンスレッスンから流れて来た、イケイケのオバチャン軍団と編集者Kしかいなかった。

同じくダンスレッスン終了後、ディスコで回し始めたDJリッチーは、客層を見ながら古き良きヒットソングをかけていた。

QUEENの「レディオ・ガガ」がかかったところで、私と編集者Dも踊りだした。

フロアに入ったり出たりしながら、ビールを飲みほした頃には、ディスコは満員ぎゅうぎゅうになっていた。も、盛り上がってる  しかし、もう体力も限界の私は、どこからか湧いて来た若者を従えて踊り続けるKに、

「もう部屋に戻ってるねー」

と言いに行って、ミイラ取りがミイラに・・・。結局、一時頃まで踊ってしまった。ダンスフロアは、万が一揺れたときのために、滑りにくかった。

真夜中には若者がいっぱいとなり、DJリッチーは最近のヒットソングをかけていた。

若者はそれに乗って跳ねていた。大学時代ダンス部だったKは、

「あれは踊りじゃないね」

と渋い顔でコメントしていた。でも、若者、昼間は船内でぜんぜん見かけなかったけど、どこから?

さようならプリンセス、ハロー大阪

バタンキューで寝、目が覚めるともう大阪港に近づいていた。

我々の船は小さい船に曳航されていた。

睡眠時間わずか4時間  姫、ラストナイトでハメ外しちゃったぁ✨

大慌てでパッキングをし、荷物をコロコロしながら下船した。

大阪の波止場(っていうか?)には、着ぐるみのトラが出迎えていた。

大きい観覧車がある。それ以上に大きい、もう側面しか見えないダイヤモンド・プリンセス。

かなり離れても、全体像が見えてこない。すごいのに乗ってたのね、私たち。

中は確かに外国だった。それも、イギリスの客船だけにイギリス風味。

最後の朝食は、リンゴのコンポートとパンケーキをいただいた。美味しかった♡

そして、粉ものからの、粉もの。大阪に着いたら絶対、前回大阪に来た時食いそびれた明石焼きを、食べて帰るんだと心に誓っていた私は、二人のプリンセス仲間を連れて、お忍びでw 梅田地下街に赴いた。

「やーん、めっちゃうまい!!」

プリンセスからいきなり、思いっきり庶民に戻った私たち。

それでも、2泊3日のプリンセス気分が、当分、スマホの写真を見るたび限り続くだろう。

いつもの生活になくなって久しいナイトライフw

お洒落も美食もエンタメもエステも、ぜーんぶラクに楽しめるクルーズ旅。

普通の旅に飽きた大人女子や、子供が巣立ちゆっくり旅できるようになったご夫婦にオススメだ。

船ではゆったり過ごして遊んで食べて、いろんな地を観光して・・・。

大人女子はプリンセス気分でアンチエイジングできるし、家族で乗っても家事がないからハッピーだ。

貴女も一生の思い出にいかがだろうか。きっと、新しい自分に出会えるだろう。

 

 

プリンセス・クルーズ公式サイト  https://www.princesscruises.jp/

 ・・・初めての豪華客船クルーズ体験レポート、終わり♥・・・・・・・

★横森理香の更年期チャレンジ! 『 コーネンキなんてこわくない』は単行本、電子書籍で好評発売中!!
お近くの書店、WEB書店(amazon楽天ブックスセブンネットショッピングなど)でお求めください。
ちら読み、本の内容、詳しくはこちらをごらんください★

横森本カバーおびあり

作家・横森理香が更年期の不調解決のため、空中ヨガ、イケメン太極拳、コルギ、観光ウォーキング、グルテンフリーなどに次々チャレンジ。読むだけで気持ちが前向きになる一冊です。

(集英社 定価 本体¥1,400+税)

関連記事
  • 茨城にあるJR日立駅がものすごく綺麗なのを知っていますか? 全面ガラス張りで、その奥に広がるのは全面青! 青い海と青い空がいっぱいに広がっていて、 海の反射のきらきらも伝わってきて、それはとても綺麗な駅なのです♡駅にあるイスは工場地帯ならでは。モーターのような形。 近くにはカフェもあり、海を見ながらのモーニング、ランチ、ディナーも可能☺︎ こんな綺麗な海を前に食べるご飯は最高ですね☺︎ 駅構内もガラスを基調とした広々空間! どこも本当に綺麗です♡日立駅は、コンテストでも評価されている駅だそうです! それは納得ですね☺︎ 夕方には、夕日を綺麗に見ることが出来るそうです! とてもロマンチックです☺︎ 是非行く機会があったら、見に行ってみてくださいね☺︎❤︎モアハピ部 No.704 とと☺ のブログ
  • “これでいい”じゃなく、“これがいい”から選ぶんです!私服スナップの常連・アラフォーエディターたちは「プチプラ」をどう選び、どう着こなしている? なんとなく、便利そう"だからプチプラ服を買っていませんか? マリソルきってのおしゃれ好きアラフォー6名の私服コーデから見えてきた、「プチプラ」との妥協なき向き合い方をご覧あれ。※この特集内に出てくるアイテムはすべて私物です■エディター 発田美穂さんのマイルール 華やかで心ときめく「とろみの柄ワンピ」を狙いうち 「プチプラの買い物は、楽しんでこそ。"このシーズン、3回も着られれば上出来!"という視点で探すと、選ぶのがすごく楽しくなります。このドット柄のワンピースは、ZARAのWebサイトで。ZARAはプレスディナーや出版パーティなど、パッと華やかに見える服が必要な時に頻繁にチェック。なかでもとろみ素材の柄ワンピースは、プチプラでも値段感が出にくく、簡単に今の気分を取り入れられるのがいいんです」「白ベースのドット柄ワンピースはZARAで¥8,000ほど。この時季はベージュの着流し風リネンガウンをはおって軽やかに」。ワンピース/ZARA リネンライトコート/カオス バッグ/J&M デヴィッドソン 靴/海外で購入 バングル/ハム 「こちらもZARAのサイトで。2 サイズ取り寄せ、自分の体型に合うものを。プチプラこそ、サイズ感で妥協しないことも大人のルール」■エディター 坪田あさみさんのマイルールプチプラは、おしゃれのカンフル剤。「次に着たいもの」を投入します 「春夏らしい色ものを求めてWebショッピングめぐりをしていた時に出会ったのがこのスカート。届いたら想像していたより丈が少し短かったのですが(笑)、それなら高いヒールの靴を合わせようとか、工夫しながら着こなすのもまた楽しいんですよね。高価な服だとどうしても"守り"に入りがちですが、プチプラ服は"遊び"に振り切れる。"次、これを着たい"という挑戦をすることで、おしゃれの幅が広がります」「きれいな発色のピンクスカートはSLOBE IÉNAで¥15,000ほど。激安ではないけれど、挑戦するにはいい価格」。スカート/SLOBE IÉNA Tシャツ/N.O.R.C バッグ/STAUD サンダル/ミッシェル・ヴィヴィアン ヘアスカーフ/フォンデル サングラス/BLANC「挑戦アイテム・ダッドスニーカーはZARAで購入。ベーシック服はいいものを、トレンド服はプチプラで、というバランスが私流」【Marisol 6月号2019年掲載】撮影/須藤敬一(発田さん、磯部さん、坪田さん) イマキイレカオリ(東原さん、Akaneさん) 遠藤優貴(MOUSTACHE/伊藤さん) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/八角 恭(nude./発田さん) TOMIE(nude./磯部さん) 森野友香子(Perle Management/坪田さん) YUMBOU(ilumini./東原さん、Akaneさん) 神戸春美(伊藤さん)
  • 夏こそチープシックを極めるいいチャンス。「アンダー5万円の『幸せモード』」では、ハイメゾンの名品からアジアブランド、メンズウェア、本気のワークウェアをボーダーレスにピックアップ。大人のおしゃれ心を満たします! 大人を夢中にさせる存在といえば、SixTONES。彼らの多様な魅力に、「野性と純真」というテーマでフォーカス! 2019年下半期の運勢が気になるなら、「運命のCOJI-COJI占い」は必読。さくらももこさんの人気キャラクターと数秘術のコラボレーションで、来季の指針を丁寧にレクチャー。SPUR8月号は、夏を盛り上げるワンダーランドマガジンです!太陽煌めく夏がやってくると、暑いとは言いつつ外へ出たくなるから不思議です。今月号では、次の秋冬にもトレンドが続きそうな“ピンク”色にフォーカス。アウトドアブランドとのミックススタイルで、夢見心地な「ピンクニック」のファッションストーリーを提案します。大好きな色を大胆に重ねて、とびきりハッピーな夏支度を! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  「いつかは欲しい」「久々に買いたい」と思っていても、何をどんな基準で選んだらいいのか迷うのが時計。決して安い買い物ではないですからね! そこで「究極のあがり時計は?」「カジュアルにもフォーマルにもつけられるのは?」などいろんなポイントから名品をピックアップ。秋に予定されている増税までに駆け込み買いするなら、まずはこちらをお見逃しなく! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  暑い夏のクローゼットの必需品、Tシャツ。毎日身に着けるアイテムだからこそ、魅力的なデザインとアフォーダブルなプライスを兼ね揃えた精鋭が必要です。どんなスタイリングにも合わせやすいクリーンなテイストから、アップカミングなストリートブランドまで幅広く紹介しています。真夏を一緒に駆け抜ける心強い相棒をぜひチェックしてください。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  夏なのにレイヤリング?と思ったそこのあなた。もう2019-20AWコレクションは発表されており、次の季節のムードがひたひたとモード界にはやってきているんです! 今回スタイリスト浜田英枝さんが提案するのは、今から着られてネクストシーズンも先取りできる、レイヤードテクニックについて。トレンドのエッセンスが凝縮された特集です。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  憧れのハイブランドから老舗のジュエリー、メンズアイテムから作業服専門店まで。街中を駆けずり回ってみつけたモードなアンダー5万円が一堂に! 確かな品質と、心躍るデザイン。このふたつが揃ったアフォーダブルなアイテムの数々。バリエーション豊かなラインナップは、買い物欲がムクムクと湧いてきます。この夏、おしゃれがもっと楽しくなること間違いなし! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  デイリーに活躍する名品が揃う、プレフォールコレクション。だからこそ気候の変化にあわせて長く着られるアイテムを、賢く手に入れるのが正解です! このテーマでは、スタイリング次第で2シーズン、ないしはオールシーズン着られるウェアを厳選。ドレス、シャツ、セットアップなど「今日買ってすぐ着られる」ウィッシュリストをぜひご覧ください! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  この夏はメイクアップにおいて、かつてないほどのベージュブームが訪れています。素顔にそっとベールをかけたかのような、やさしくフェミニンなまとい方を提案。唇に、目もとに、そして頬に。10%~100%まで、ベージュの分量を少しずつ変えて「新しい顔」を描きます。 驚くほど垢ぬける今シーズンのベージュの力を、ぜひ堪能してください。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  手にするだけで気持ちが弾み、使うと心がちょっと強くなる。2019年の上半期を代表するようなコスメティックスには、そんなパワーがあります。今回のベストコスメ特集は、私たちが生きていくうえでの“相棒”とも呼べるプロダクトをビューティプロの声に基づいて厳選。使う人の心を豊かにするようなコスメティックスを朝のストーリーとともにお届けします。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  ジョージアを知っていますか? 今、ファッション業界の人々はいっせいにこの旧ソ連の小国を目指しています。洗練されたホテルを中心に、ファッションスポット、レストランが続々とオープン。料理もワインも最高においしく、まさに楽園。まだどのガイドブックにも載っていない、ジョージアの魅力を凝縮させました。これを読んだ3分後、ジョージア行のチケットを買っていること間違いなし。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  平成から令和という大きな時代の変化を迎えた上半期を終えて、残りの半年はどうすれば?と思う方も多いはず。今回の下半期占いではなんと、さくらももこさんの人気漫画『コジコジ』とコラボレーション! 真木あかりさんの数秘術をキャラクターに紐付けて、基本性格や指針を解説します。ゆるく、でもしっかりと深く読み込める占いをぜひチェックしてください。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  
  • ご覧いただきありがとうございます! 自称ガーリー担当れいかです☻⁎∗ おやすみの日だからこそ楽しめる ドラマのヒロインのような 華やかファッションを発信する連載企画 【れいかのヒロインコーデ】 今回はプチプラなのに高見えする ワンピースを主役にしたコーデです✨ それでは早速、レッツゴー♡れいかのヒロインコーデvol.6Sunday▶▶雨の日でも可愛い長袖ワンピToday's coordinate♡Dress▶▶MAJESTIC LEGON #切り替えドットワンピース Shoes▶▶RANDA Bag▶▶ノベルティ(&bypinkyanddianne)Point♡雨が降っていたので、羽織ものがなくても 一枚で決まる長袖ワンピをチョイス。 マジェスティックレゴンはプチプラかつ 丈が長めのアイテムをそろえているので ワンピースをお探しの方にオススメです!✨ MORE世代でもオンオフ問わず 着られる服が揃っているので 是非チェックしてみてください!Thanks for your reading!!モアハピ部 No.636 れいか のブログ
  • ちょいスポーティでも職場で浮かない、クリーンな白×上品なベージュで!楽ちんなのにきれいめに着られるフレアシルエットのTシャツワンピをヘビロテ中☆ 内勤オンリーで残業もない日はカジュアルダウンするのもアリじゃない? ビッグシルエットのチルデンベストを重ねたら、裾がフェミニンに揺らめいて絶妙な甘辛ミックスに。クリーンな白に品よくなじむベージュなら、平日でもやりすぎ感なく旬のスポーティムードを取り入れられる。水色のバッグに締め色のソックス×パンプス。きれいめ感も遊び心もある小物使いで、仕事中もアフター6もハッピーに♪ワンピース¥17000/TICCA ベスト¥2990/イーハイフンワールドギャラリー ルミネエスト新宿 靴¥18500/ダイアナ 原宿店 バッグ¥32000/ADINA MUSE SHIBUYA イヤリング¥2111/サードオフィス(ROOM) 時計¥31000/シチズン(マーガレット・ハウエル アイデア) 靴下¥2800/カージュ ルミネエスト新宿店土屋巴瑞季の【今日のコーデ】をもっと見る>> ♡7月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/小川健太郎 ヘア&メイク/林 由香里(ROI) モデル/土屋巴瑞季 スタイリスト/高野麻子 撮影協力/AWABEES 原文/鈴木絵美 
  • 先日箱根に1泊2日で旅行に行ってきました! 箱根は有名な温泉地だと思いますが、自然もとても豊かな所なので今回はその良さも伝えられたら良いなと思います(^^)田むら銀かつ亭まず初めに着いてからはすぐにお昼ご飯を食べました!(笑) このお店の名物は何といっても豆腐かつ!豆腐かつは初めて食べましたが出汁と豆腐と卵がマッチしていてとても美味しかったです(^^) 平日でも並ぶ人気店ですが、開店後30分までに行くと比較的にスムーズに入れるとのことでした。堂ヶ島渓谷散歩道お昼ご飯を食べた後は箱根の自然散策へ! 渓流沿いの道を歩きながらバードウォッチングも楽しみました(^^)こんな感じで吊り橋を渡りながら箱根の自然を散策します。ちなみに吊り橋以外の道は意外と未舗装なので思ったよりも登山っぽくなるので注意が必要です(笑)キセキレイという鳥のヒナがいました!まだ顔があどけなくてかわいい~!(笑) 今の時期は子育ての時期なので色々な鳥のヒナが見れるのも魅力かなと思います。吊り橋付近ではキセキレイの成鳥もいました。ヒナと比べると尾羽が長くなり色も濃くなり、より美人さんになりますかわいい!!(笑)箱根 星のあかり渓谷散策をした後は芦ノ湖スカイラインなどを巡りつつ少し早めにお宿へ! 今回は名前にちなんで「箱根 星のあかり」というお宿に泊まりました(笑)部屋からの景色です!自然に囲まれたお宿なので部屋からも鳥の声が聞こえます~良い~!(笑)そして大浴場だけでなく部屋にもお風呂があり、しかも大浴場とは違う種類の温泉となっています!素晴らしい♨ そしてこのお宿の一番の特徴は屋上に足湯があるという点です!夜は星を見ながら足湯にはいることができ、その後ろにはリクライニングチェアもあるため足湯後は星見も楽しめます。宿の名前通りまさに「星のあかり」といった感じでした!(笑) ちなみに館内での浴衣は何種類かの生地と帯から選ぶことができるので自分だけの浴衣コーデも楽しめますよ(^^)芦ノ湖でカヤック2日目は芦ノ湖でカヤックをしました! 芦ノ湖というと遊覧船のイメージがありますが、今回はカヤックで芦ノ湖を巡ることにしました。 カヤックは初挑戦でしたが手漕ぎボートよりもよりスムーズに進みました!自分が行きたい所に行けたり岸辺の近くまで行ける点はとても良かったかなと思います。音楽をかけながら楽しんで漕ぐことができました(^^) 上空ではトビが飛んでおり岸辺ではカワセミが見れたりと自然も楽しめました。雲助だんご本舗カヤックの後は近くのお団子屋さんで和菓子を楽しみました。 私は白玉あんみつを食べましたが冷たさがカヤック後には持ってこいでした!お団子もモチモチで美味しかったです(^^)三島スカイウォークその後は三島スカイウォークに行きました! この吊り橋は歩行者用の吊り橋としては日本最長の吊り橋とのことです。 天気が良かったので富士山も綺麗に見え絶景を楽しめました(^^)山薬最後は自然薯のお店へ!自然薯というとろろ芋?のような食べ物でヘルシーごはんを楽しみました! 麦ごはんはおひつでおかわりが出来るのですが、自然薯料理がおいしすぎておひつを合計3杯おかわりたため、結果として全くヘルシーではないごはんになってしまいました( ^)o(^ )笑箱根 まとめ今回の旅行で箱根は温泉だけでなく自然やグルメも楽しめる所だということを改めて感じました! 火山警戒レベルが引き上げられたので行く前は少し心配でしたが行ってみると全く問題なく楽しめました。 個人的には堂ヶ島渓谷散歩道や芦ノ湖カヤック、星のあかりは本当に良かったなと思うので全力でオススメしたいです(^^) 箱根で自然と温泉とグルメを楽しむ休日、ぜひいかがでしょうか?モアハピ部 No.698 あかりんす のブログ
  • もう一つの本命ワンピはコレ!淡いレモンイエロー、肌触りの良いリネンブレンド生地、ドリーミーなシルエットで(ムームーにならないよう気を付けつつ)着るとテンションの上がる一枚です!前々回のブログでもワンピースをご紹介しましたが、もう一つの本命ワンピはコレ! ZARAのリネンワンピースです✨ 私は好きな形ですが、写真で分かる通り、ちょっとドリーミーな感じというか…… 着回し万能なデザインではないですが、もう一つの候補だった、ごくベーシックなベージュのシャツワンピよりも惹かれてしまい、こちらが購入リストに入りました。あとはコペンハーゲンファッションウィークのスナップで、こんな感じのカラーリングを着こなしている方たちを見かけて、ビビっと来たのも後押しされた理由です。 (気になる方は、インスタを見てみて下さいね!) これさえあればどこにでも行ける!この夏の大本命ワンピはコレ!マリソルオンラインのこの記事↑にもあったように、 本命ワンピの条件で挙げられている ・はおりいらずの「袖あり」 ・どんな場にも浮かない「無地」 ・一枚でも着映えする「ちょい華デザイン」 ・上品に見える「膝が隠れる丈」 には近いものがありつつ、デザイン性が強めなので、正直着る場所は選びますが、 それでもリネンブレンド生地なので、肌触りは良いですし、 「これ着たい!」と思える、テンションが上がるワンピースが待機しているのはやっぱり嬉しい!あとは、一歩間違ってムームー?と思われないように、ヒールを合わせたり、小物を脱・黒合わせにしたり、ゴールドの華奢なアクセを効かせて着るようにしている率高めです。 美女組No.166 machikoのブログ
  • アラフォーの夏のシンプルコーデには、小物のスパイスが必要。コーデの主役となるような、人気ブランドの最旬バッグがシンプルコーデを格上げしてくれます!【目次】 ①アラフォーの心を動かす美しハイブランドのバッグ ②ブランド バッグを自分らしくカスタマイズ! ③おしゃれプロ&セレクトショップのリコメンド・ブランド バッグ ①アラフォーの心を動かす美しハイブランドのバッグ■CHANELの軽やかなバケツ型バッグ2019春夏 プレコレクションより、パンチングでブランドロゴをかたどった、軽やかなバケツ型バッグが登場。内側のピンク、そして中にはツイードのポーチつきで心躍る。短めハンドルのほか、長めのチェーンストラップがついているので、アレンジも自在。 バッグ(19×21×13)¥359,000・カーディガン¥401,000・スカート¥170,000・バングル¥178,000/シャネル インナー/スタイリスト私物▶CHANELの軽やかなバケツ型バッグ 詳細はこちら■SAINT LAURENTのトートバッグ(右)カサンドラロゴがきいた正面のポケット部分は、取りはずすと薄型のクラッチバッグに早変わり。トートにはショルダーストラップつき。「アップタウン」バッグ(23×23×11) ¥239,000・ (左)中の巾着を取りはずせば、シンプルなトートバッグとして。ラムレザーの上質な風合いが生きる巾着は、それだけでもバッグとして活躍する。「ショッピング・テ ディ」バッグ(33×25.5×19.5)¥199,000/イヴ・サンローラン(サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ)▶SAINT LAURENTのトートバッグ 詳細はこちら■BOTTEGA VENETAのビッグクラッチ若きダニエル・リーが手がけた初のバッグコレクション。柔らかなレザーで硬いフレームを包んだビッグクラッチは、丸みを帯びたフォルムが愛らしい。「THE POUCH」バッグ(20×39×19)¥260,000/ボッテガ・ヴェネタ ジャパン(ボッテガ・ヴェネタ)▶BOTTEGA VENETAのビッグクラッチ 詳細はこちら■BALENCIAGAのロゴバッグ人気ラインの新作は、都会的で着こなしを選ばない絶妙なグレー。取りはずしのできるショルダーストラップは長さ調節が可能なので、肩がけも斜めがけもOK。「EVERYDAY LOGO」バッグ(22×19×9.5)¥128,000/バレンシアガ ジャパン(バレンシアガ)▶BALENCIAGAのロゴバッグ 詳細はこちら■LOEWEのオープンバケット型バッグオープンバケット型の新作。アシンメトリーに配したハンドルは、カーブしたピンバックルで長さ調整が可能。カーフスキン&リネンは、軽さも耐久性も優秀。「BALLOON」バッグ(37.5×22×23)¥171,000/ロエベ ジャパン カスタマーサービス(ロエベ)▶LOEWEのオープンバケット型バッグ 詳細はこちら■STELLA McCARTNEYのロゴバッグサンドブラスティングしていないエコデニム素材を使用。間口が大きく、中のポーチは小分け収納にも便利。ショルダーストラップつき。「ステラ ロゴ」バッグ(21×32×12)¥121,000/ステラ マッカートニー カスタマーサービス(ステラ マッカートニー)▶STELLA McCARTNEYのロゴバッグ 詳細はこちら■CHLOÉのチェーンバッグ新アイコン「Chloé C」は、大胆な"C"の金具とゴールドチェーンで華やぐデザイン。シャイニーレザーのボディに、フラップ部分はスエードを加えて表情豊かに。「Chloé C」バッグ(14.5×21.5× 5 )¥127,000/クロエ カスタマーリレーションズ(クロエ)▶CHLOÉのチェーンバッグ 詳細はこちら■FENDIの新型バッグ「フェンディ フリップ」トートバッグを二つ折りすればクラッチに、斜めがけしてメッセンジャーバッグにと、まさに“フリップ”する新型バッグ「フェンディ フリップ」。レザーと、キャンバス地の「FF」ロゴ柄、2種類のショルダーストラップがついているから、オケージョンに応じて使い分けて。 「フェンディ フリップ」バッグ(23.5×30×13)¥287,000・ジャケット¥390,000・ブラウス¥115,000・パンツ¥115,000・ピアス¥29,000/フェンディ ジャパン(フェンディ)▶FENDIの新型バッグ「フェンディ フリップ」 詳細はこちら■DIORの「サドル」バッグ2000年に初めて登場した伝説の「サドル」バッグが再解釈され、復活。乗馬の世界から着想を得たという馬鞍の形に、ゴールドの“D”を配したデザインは、時代を越えるエレガントさ。ヴィンテージ調のストラップで、今の遊び心を加えて。 「サドル」バッグ(20×5.5×6.5)¥360,000・太ストラッ¥180,000・コート¥460,000・シャツ¥140,000・パンツ¥145,000・ピアス(片耳)¥43,000・リング¥62,000/クリスチャン ディオール(ディオール)▶DIORの「サドル」バッグ 詳細はこちら②ブランドバッグを自分らしくカスタマイズ!■FENDIのストラップ伝統的なジャカード織にメダリオンをつけたボヘミアンムードなストラップや、ライン使いがスポーティなストラップで、バッグがモードな表情に! (ストラップ右)片面はブランドロゴで片面は絵柄、二面性が楽しい。ストラップ¥115,000・(ストラップ左)フリンジとアンティーク調のメダリオンがドラマティック。ストラップ¥220,000/クリスチャン ディオール(ディオール)(バッグにつけたストラップ)ライン使いがスポーティなジャカード織ストラップをオン。「LADY DIOR」バッグ(25×32×11、バッグと同素材のショルダーストラップつき)¥540,000・ストラップ¥115,000/クリスチャン ディオール(ディオール)▶FENDIのバッグ&ストラップ 詳細はこちら■DIORのキャンバス素材ストラップ伝統的なジャカード織にメダリオンをつけたボヘミアンムードなストラップや、ライン使いがスポーティなストラップで、バッグがモードな表情に! (ストラップ右)片面はブランドロゴで片面は絵柄、二面性が楽しい。ストラップ¥115,000・(ストラップ左)フリンジとアンティーク調のメダリオンがドラマティック。ストラップ¥220,000/クリスチャン ディオール(ディオール)(バッグにつけたストラップ)ライン使いがスポーティなジャカード織ストラップをオン。「LADY DIOR」バッグ(25×32×11、バッグと同素材のショルダーストラップつき)¥540,000・ストラップ¥115,000/クリスチャン ディオール(ディオール)▶DIORのバッグ&キャンバス素材ストラップ 詳細はこちら■PRADAのロボットチャーム「それどこの?」と聞かれること間違いなし! 電子部品で工作したような、おとぼけ顔のロボットがキュートなチャームをシンプルなトートにつけて。チャームの一部にバッグと同じ上質な「サフィアーノ」レザーを使用。 バッグ(19.5×28×12)¥255,000・ピンクロボットチャーム¥51,000・ピンクロゴチャーム ¥36,000・グリーンロボットチャーム¥51,000(すべて予定価格)/プラダ クライアントサービス(プラダ)▶PRADAのバッグ&ロボットチャーム 詳細はこちら■グッチのイニシャルカスタマイズ大きめなGGパターンのトートバッグの両面、または片面に、好きなアルファベットを入れられる。イニシャルは4 種類の素材・16パターンから選べる。オンラインで仕上がりイメージを見ながらカスタマイズできるのも嬉しい。こちらのイニシャルはクリスタルつきのフェルト素材。 「『ABCDEFGUCCI』 オフィディア トートバッグ」(43×41×5.5)¥259,000〜393,000/グッチ ジャパン(グッチ)▶グッチのバッグ&イニシャルカスタマイズ 詳細はこちら③おしゃれプロ&セレクトショップのリコメンド・ブランド バッグ■BALENCIAGAのロゴバッグ副編集長S田 リコメンド 「大人なベージュとキャッチ―なロゴにテンションアップ!きちんと感のあるフォルムだからオンオフともに活躍」と副編集長S田がひと目惚れした「ヴィル」の新色。レディなベージュとモードなロゴで旬のバランスが完成。「ヴィル トップ ハンドル S」バッグ(H22×W26×D11㎝)¥235,000/バレンシアガ ジャパン(バレンシアガ) ▶BALENCIAGAのロゴバッグ 詳細はこちら■ZANELLATOのホワイトバッグマリソル 編集部MDR推薦 「清潔感のあるクリーンな白で、レザーだけで表現されたモチーフが贅沢。カジュアルに斜めがけしたい」。バッグ¥130,000/アマン(ザネラート)▶ZANELLATOのホワイトバッグ 詳細はこちら■Sergio Rossi & TOINO ABELのかっちりかごバッグマリソル 編集部Y本推薦 「先シーズンあたりからセレクトショップで見かけていたブランドが本格上陸。かっちりフォルムとステッチのゆるさのバランスが可愛い」。バッグ¥28,000/ショールーム セッション(TOINO ABEL)▶Sergio Rossi & TOINO ABELのかっちりかごバッグ 詳細はこちら■DELVAUXの「ブリヨン」バッグエディター湯澤実和子さん推薦 「オケージョンや冠婚葬祭を含め、この先ずっと使える超定番として本気のいいものが欲しくて購入。ブランドがわかりにくいのも好み」。バッグ¥642,000/デルヴォー・ジャパン(デルヴォー)▶DELVAUXの「ブリヨン」バッグ 詳細はこちら■フォンタナ ミラノ 1915のバッグBARNEYS NEWYORK リコメンド トップハンドルからの丸みのあるフォルムに縫製。隅々まで美しい職人技が光る。 バッグ(24× 28×11.5)¥320,000/バーニーズ ニューヨーク(フォンタナ ミラノ 1915)▶フォンタナ ミラノ 1915のバッグ 詳細はこちら■ラドローのかごバッグRon Herman リコメンド 上質感のあるレザーコンビのかごなら、大人でも持ちやすい。たっぷりとあしらったフリンジで、シンプル服も見違える! バッグ(34×22×22)¥62,000/ロンハーマン(ラドロー)▶ラドローのかごバッグ 詳細はこちら■エレメのコラボバッグChaos リコメンド 先シーズンヒットした形の新作。大きいのに軽く、ハンドルが二重で持ちやすい点も人気の秘密。 バッグ(37×45×19)¥57,000/カオス丸の内(ア バケーション)▶エレメのコラボバッグ 詳細はこちら■バルダンのスクエアショルダーバッグESTNATION リコメンド 型押しにゴールドの持ち手がエレガント。形がくずれず、荷物を入れてもきれいな形がキ ープできるのも人気の秘密。 バッグ(19×24.5× 8 )¥55,000/エストネーション(バルダン)▶バルダンのスクエアショルダーバッグ 詳細はこちら■J&M DAVIDSONのコラボバッグTOMORROWLAND リコメンド 「トゥモローランド」40周年を記念して別注した限定色。通常ゴールドのスタッズもシルバーに。 バッグ(26.5×17.5×17.5)¥154,000/TOMORROWLAND(J&&M デヴィッドソン TOMORROWLAND別注) ▶J&M DAVIDSONのコラボバッグ 詳細はこちら■Christian Louboutinのトートバッグ副編集長S田 リコメンド 「持つだけで気分が上がるカラフルで美しいトートを夏に向けて購入。まるでアートのような特別感!」と副編集長S田がひと目惚れしたのが、「CABA」コレクションの新作「ポルトガバ」。ポルトガルの伝統的な手法や技術を取り入れ、色鮮やかで存在感抜群。内側は伝統的なアズレージョタイルがモチーフになったプリントに。 バッグ(縦32×横55×マチ33㎝)¥239,000/クリスチャン ルブタン ジャパン(クリスチャン ルブタン)▶Christian Louboutinのトートバッグ 詳細はこちら■J&M Davidsonの2WAYバッグスタイリスト松村純子さん リコメンド 誰もが持っている黒いバッグは、フォルムと質感で差をつけたい。J&M デヴィッドソンの「メド」バッグは、A4サイズが余裕で入り、クロスボディ、手持ちもできる2WAY仕様。「一見シンプルですが手にした時のくたっと感がなんとも言えず素敵。リネンジャケットとショーパンに合わせて持ちたいです!」とスタイリスト松村純子さん。「メド」バッグ(H40×W35×D9㎝)¥98,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) ▶J&M Davidsonの2WAYバッグ 詳細はこちら※( ) 内の数値は縦×横×マチで、単位は㎝です(編集部調べ)
関連キーワード

RECOMMEND