黒田知永子さん:"春アウター"で気分一新

OurAge

きれいめにもカジュアルにも !

"春アウター"で気分一新

おしゃれの幅も行動範囲も広いOurAge世代にとって

アウターの複数持ちは今やマスト。

数あるデザインの中から 素材も印象も異なる3着をリコメンドします。

通称"シャカシャカパーカ"は

街でも旅先でも大活躍!

光沢があり、軽量でしわを気にせず着られるイタリア製の上質ナイロンを使った、格上のフーデッドパーカ。パンツにはもちろんのこと、ワンピースの上にはおってもサマになるカジュアルすぎない汎用性も魅力。こくのあるテラコッタ色が新鮮。

コート¥78,000(イーヴォ)・ベルト付きワンピース〈シルク100%〉¥43,000(ミランダ ベネットスタジオ)・靴¥34,000(ルカ グロッシ)/ウィム ガゼット 青山店 バッグ¥56,000/ドゥロワー 丸の内店(ドラゴン)

今こそ着たい、

シャツ感覚ではおれる薄軽ジャケット

イタリア製の極上リネン×コットンのネイビージャケットは、ジャケットから遠ざかっていた人にこそ着てほしい一着。ガーゼのような柔らかな風合いはストレスフリーな着心地で、裁ち切りやユニフォーム調など、旬のディテールが各所に光ります。白いTシャツでシンプルに。

ジャケット¥76,000(バレナ ベネツィア)・Tシャツ¥5,000(アーメン)/ジャーナル スタンダード ラックス 表参道店 パンツ¥28,000/コム デ ギャルソン(トリコ・コム デ ギャルソン)

フェミニンをマスキュリンに変えた

ノーカラーコート

ヴィンテージ風加工を施したリネンに、ドロップショルダーと黒白のパイピングでキリッとしたシャープさを加えたノーカラーのロングコート。取り入れる色の数を増やさず、白いシャツときなりのスカートで優しいベージュトーンにまとめたい。共布のベルトでウエストマークしても。

ベルト付きコート¥72,000/モールド(チノ)シャツ¥32,000/ストックマン(タンデム) スカート¥37,000/ニアー(ニアー ニッポン) 靴¥90,000/リエート(サントーニ)

黒田知永子さん Chieko Kuroda
1961年生まれ。学生時代に「JJ」でモデルデビュー。
その後、「VERY」「STORY」「éclat」で次々と表紙キャラクターを務め、
女性誌からテレビ出演など幅広く活躍中。
月刊WEBマガジン「CHIKO PLUS」も評判

次回は、プラスワンで旬を感じるアイテムをご紹介します。

撮影/浅井佳代子 モデル/黒田知永子 ヘア&メイク/福沢京子 スタイリスト/池田奈加子 取材・原文/向井真樹

関連記事
  • この秋は、女らしさとほどよいモード感が備わったスタイルで着こなしを楽しみたい! スタイリスト・村山佳世子さんが、アラフィー世代を素敵に見せてくれるアイテムを使って、秋のコーディネートを指南。カジュアルな印象のオールインワンは、ジャケットを重ねるだけでオフィシャルな装いに。ラフなオールインワンをジャケットで格上げして「カジュアルアイテムであるオールインワンも、ジャケットと一緒に着ればオフィシャルな装いになります。コーデュロイ素材のジャケットとちょっとツヤ感のあるオールインワンという、素材のミックスが全身の奥行きの決め手に。仕上げには今シーズン注目の、きれい色の靴とバッグを合わせました」。 バングル¥80,000/プリュイ トウキョウ(プリュイ) バッグ¥508,000/モワナ メゾン GINZA SIX(モワナ) 靴¥69,000/トッズ・ジャパン(トッズ)【着用アイテム】オールインワン¥89,000/コロネット(エアロン)ジャケット¥59,000/ebure>>村山流秋の最旬スタイル 一覧はこちら撮影/長山一樹(モデル) 魚地武大(TENT/静物) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/村山佳世子 モデル/浜島直子 取材・文/磯部安伽 ※エクラ10月号掲載
  • 後藤由紀子さんの通算16冊目になる著書「日々のものさし」   出版の記念に #森岡書店銀座店 で トークイベントがあり参加して来ました。 クラシックな店内は 後藤さんのためにしつらえたような柔らかい雰囲気 そこでニコニコと話される笑顔と お話の内容に癒されます 本は もの・こと・ひとがテーマ コアな人間関係もばれちゃって サブカル臭もまんまんなのー と、ご本人談です ・ 生活ルールは とりあえず笑っとけ 自分を大きく見せない 2つだそう。 そんな意外と難しいことを さらっと実践されている ほんわか後藤ワールドにも浸れる 新書です 明日20時までは、 森岡書店で後藤さんも お店に立たれています 明日から発売のワンピースも店頭に もちろん新書も お時間がありましたら ぜひお立ち寄りください (タラ) #10年後はフリーの家政婦さんになりたいそう #後藤さんがお帰りなさいって言ってくれるおうち #残業しないで帰っちゃう #森岡書店 #hal #magazinelee #leeweb
  • 黒やカーキ、ブラウンなどのベーシックカラーを基調とした、落ち着いたムードの花柄がプッシュされている今季。総レースやゴブランで花柄を表現した、クラシカルなデザインのアイテムも多数。いつもより甘さ控えめなので、デニムやスウェットなど、カジュアル服にも合わせやすい。 レトロな花柄でブラウス×デニムコーデを今っぽくアプデ 広い衿あきとボリュームのある袖がレトロな印象。黒を基調とした花柄だから、可愛げがありつつも凛とした雰囲気をまとえる。夏はデニムと甘辛カジュアルを楽しんで。 ブラウス¥6900/ココ ディール パンツ¥29000/ボウルズ(HYKE) イヤカフ(3点セットで)¥1700/ジオン商事(スリーフォータイム) ベルト(参考商品)/ViS ▼▼ ふわふわカーデと旬の花柄ブラウスで秋気分を増す! ブラウン×黒のベーシック色同士の組み合わせを、花柄ブラウスで華やかに。ウエストインで、脚長効果を狙って。 カーディガン¥18000/N.O.R.C スカート¥21000/ボウルズ(HYKE) イヤリング¥3300/サンポークリエイト(mimi33) バッグ¥4800/& シュエットギャラリー 池袋サンシャインシティアルパ店(カラーズ & シュエット) 靴¥8900/RANDA Flower着回しコーデ レディなブラウスはデニムでカジュアルダウン フリル袖と細いリボンがお嬢様風の、総レースブラウス。清潔感のあるブルーグレーは、夏の着こなしにもハマる。濃いデニムに合わせて、グラデ配色&甘辛ミックスに。 ブラウス¥10800/Supreme.La.La. パンツ¥3990/イーハイフンワールドギャラリー ルミネエスト新宿 ピアス¥2280/サンポークリエイト(アネモネ) ブラウンベースの着こなしに彩りと甘さを ライダースからちらりとのぞかせ、着こなしにほんのり甘さをプラスして。 ジャケット¥13000/MERCURYDUO ルミネエスト新宿店 パンツ¥19800/SANYO SHOKAI(ブルーレーベル・クレストブリッジ) ピアス¥3200/ヒロタ(31 Sons de mode) バッグ¥1990/GU 靴¥10000/ロコンド(ピッティ) 華やかな総レースワンピはベージュ小物と品よくまとめて スカート部分がランダムなプリーツになった、ドラマティックな総レースワンピース。黒を選べば大人見えもばっちり。小物は優しいベージュでまとめて。 ワンピース(インナーつき)¥12000/ココ ディール(ココ ディール リュクス) ピアス¥1500/サンポークリエイト(アネモネ) バッグ¥30000/ADINA MUSE SHIBUYA 靴¥7400/RANDA 他の画像を見る2019秋トレンド★ アニマル柄は西野七瀬のかわいげコーデがお手本!この秋、例年以上に勢いのある「柄」の中から二つをクローズアップ。定番の花柄はより大人っぽく、注目のアニマルはいつもより優しい雰囲気に。今→秋着回しつきで七瀬が紹介します! モデル/西野七瀬 撮影/北村圭介 ヘア&メイク/河嶋希(io) スタイリスト/高野麻子 web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス
  • ユニクロ通として知られるファッションエディター・伊藤真知さんが「高見えする」と太鼓判を押した新作の柄ものアイテムをご紹介。モノトーンで小さめの柄ならユニクロだとバレにくく、とろみ素材なので総柄を上品に着ることができるのが魅力的なんだそう。 この秋は「ユニクロの柄」に初挑戦!【モノトーン柄アイテム】 「水玉のようで実は星柄。ワンピとはおり、2wayなのも優秀です」 「ユニクロに限らず、柄物はほとんど着たことがなかった私が、思わず即決したワンピース。黒がベースで柄も小さく控えめなので、一見しただけでは“どこの”とわかりにくいのも決め手に。とろみ素材なので総柄でも大人っぽく着こなせます」。カシュクールタイプのワンピースとボウタイつきのブラウスの2型で登場。レーヨンカシュクールワンピース¥4990/ユニクロ(ユニクロ/イネス・ド・ラ・フレサンジュ) リュック¥15000/ユニグローブ(ジャンスポーツ) 靴¥6300/カメイ・プロアクト(スペルガ) ONE-PIECE : UNIQLO_¥4990 EARRINGS : PHILIPPE AUDIBERT BAG : JANSPORT SHOES : SUPERGA おすすめ色はブラック レーヨンカシュクールワンピース¥4990/ユニクロ(ユニクロ/イネス・ド・ラ・フレサンジュ) レーヨンボウタイブラウス¥2990(一部店舗のみで販売)/ユニクロ(ユニクロ/イネス・ド・ラ・フレサンジュ) Who's 伊藤真知さん? 独自のユニクロ審美眼を持つファッションライターファッションライターでありながら、ワードローブの半分がユニクロという真知さん。高見えコーデメソッドや、上質アイテムを選ぶ方法などをまとめた本を出版するほど、誰よりもユニクロを知り尽くしている。 『「ユニクロは3枚重ねるとおしゃれ」の法則』講談社 1400円 撮影/須藤敬一(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/神戸春美 スタイリング協力/池田メグミ 構成・原文/伊藤真知 企画/北村聡子〈BAILA〉 ※クレジットのないものは私物です ※BAILA2019年10月号掲載
  • 新時代の女性・レディMは自分の人生を愛している。仕事に打ち込み、世界を飛び回り、休日は緑の中で家族や愛犬とくつろいで。彼女が身を包むのはクラシック・モード、だけどその下には自由でインディペンデントな精神がのぞいている。「はじめまして」のネイビードレス¥1,055,000・イヤリング¥89,000・ブレスレット¥280,000・ブローチ¥78,000・バッグ¥487,000・パンプス¥90,000/シャネル 初対面の人から安心と信頼を得るために、彼女が選ぶのはネイビー。ミディ丈のドレスは丸襟やボレロを羽織ったようなフロントのデザイン、スカート部分のカッティングなど「まるい」ディテールが、モードかつやさしい雰囲気を演出する。雪の結晶のブローチとクリアバングルで自分らしさを。ストライプジャケットで颯爽とジャケット¥163,000・ニットトップス¥56,000・スカート¥102,000・スカーフ¥43,000・バッグ¥108,000・ブーツ¥158,000/マックスマーラ ジャパン(マックスマーラ) 90年代ムードを漂わせるチョークストライプのジャケットが、凛としたまなざしによく似合う。ロング丈のジャケットにミニスカート、ロングブーツでアクティブに。首元にさっとあしらった鮮やかな色のスカーフが彼女のトレードマーク。彼女が選ぶのは、モダン・パールドレス¥208,000・ブローチ¥55,000(ともに予定価格)/ドルチェ&ガッバーナ ジャパン(ドルチェ&ガッバーナ)「ノット ピアス」〈K18YG、淡水真珠〉¥580,000/TASAKI(M/G TASAKI) まろやかな真珠の輝きを愛するレディM。ブルーグリーンのドレスをまとったその横顔にはイエローゴールドがしなやかに結び目を形づくるモダンなピアスが輝いて。しあわせの黄色をまとってケープ¥804,000・ドレス¥225,000(ともにヴァレンティノ)・帽子¥101,000・ブーツ¥143,000(ともにヴァレンティノ ガラヴァーニ)/ヴァレンティノ インフォメーションデスク イエローは彼女のラッキーカラー。ウールのケープに、同色のドレスを身に着ければ自然に体がリズムに乗って動き出す。ふわりと広がるシルエットが美しい。愛犬とたわむれる日曜日カーディガン¥61,000(予定価格)・ブラウス¥64,000・パンツ¥64,000・靴¥50,000/トリー バーチ ジャパン(トリー バーチ)「シェル ピアス」〈K18YG、淡水真珠〉¥380,000/TASAKI(M/G TASAKI) 休日は、緑の中で思う存分愛犬と触れ合う大切な時間。フリルブラウスに重ねたトマトレッドのカーディガンは愛犬のリードの色とお揃い。自分に自信をくれる唯一のコートコート¥539,000・中に着たレザージャケット¥476,000(参考価格)・ベルト¥59,000・バッグ(ストラップつき)¥365,000・パンプス¥138,000(参考価格)/ジバンシィ表参道店(ジバンシィ) ストッキング/スタイリスト私物 トラスティな装いのための、とっておきのコート。さりげないビッグショルダーとポケットのディテールがアクセント。ベルトをきゅっと締めて、彼女は今日も自分の人生へと漕ぎ出す。 >商品のお問い合わせ先と電話番号はこちら SOURCE:SPUR 2019年10月号「レディM:令和の女」photography: Masanori Akao〈whiteSTOUT〉 styling: Yuuka Maruyama〈makiura office〉 hair: JUN GOTO make-up: NAOYUKI WATANABE〈3rd〉 model: Yuna Mori   
  • LEE10月号はご覧いただけましたか? 1点投入で大人カジュアルを底上げしてくれる秋のバッグ&シューズがいろいろと揃ってまいりましたので、ご紹介いたします!   厳選されたレザーを使い、職人による日本生産にこだわった一足 ramble dance/タッセルローファー/¥12,800+税 スニーカー感覚で気軽に履ける白のタッセルローファーは、秋冬のダークな着こなしを軽やかに仕上げる名脇役。すっきり細身のルックスを裏切る、柔らかく快適な履き心地も自慢です。歩行をアシストする工夫が施されたラバーソールや、低反発素材のインソール、抗菌、消臭機能のある中敷などが採用されているので、長時間ストレスなく履き続けられること間違いなし。     ソフトで足当たりのいい素材と、ハンドメイド感が香る優しげなフォルム ramble dance/Tストラップシューズ/¥13,800+税 ぽってりとした丸みのあるシルエットに、細いTストラップをバランスよく配したエナメルシューズ。計算された甲部分のカッティングが、足をほっそりきれいに見せてくれます。きちんと感がある甘めデザインながら、歩きやすさは言うことなし。デニムやチノパン+白ソックスだけでなく、ワンピース+タイツにもすんなりマッチします。ストラップは着脱がラクなホック留め仕様。     バレエシューズの軽やかさとレースアップの端正さがほどよく調和した一足 SPELTA/BETTA nappa/¥28,000+税 足をすっぽり包み込む柔らかな羊革のアッパーに、サテンリボンで寄せた表情豊かなドレープが特徴。甘すぎず、まじめすぎない、大人にちょうどいい遊び心が漂います。肌寒くなったらソックスやタイツをコーディネートするのも◎。ソフトなレザーが使われているので、足のトラブルがある人にも優しい履き心地。加えて、リボンでフィット感の調整もできます。     レザーポケットをアクセントにしたミニトートはストラップが調節できる便利な2ウェイ仕様 FEEL AND TASTE/リネン×レザーバッグ/¥19,000+税 上品なナチュラルカラーのリネンに映える、黒いレザートリムやポケット。紙袋をモチーフにしたトートバッグのしなやかなストラップは、二重で手持ちに、伸ばせば肩がけもラクにできる長さに調節できます。高い収納力を物語るマチ幅の広さや、荷物をたっぷり入れても型崩れしにくいつくりも要チェック。     合わせる服を選ばないシンプルな見た目に使い勝手のいい工夫が満載 STANDARD SUPPLY/DAILY DAYPACK/¥16,000+税 マットなコットン×ナイロンのデイパックは、オレンジがかった明るいレンガ色。丸みのある形状とほどよいサイズ感は、大人の女性の普段使いに最適です。充実のポケットや仕切り、10㎜厚さのウレタンパッドが入ったストラップ、左右どちらからも開閉しやすいダブルファスナーなど、細かい部分にまで使いやすい工夫が施されているのも人気の秘密。     大人気の名品コンパクトショルダーにはおしゃれ心を刺激する新色を追加 Mimi/フランシス/¥36,000+税 タイムレスな美しさと使いやすさで知られる「フランシス」。丸みを帯びたコンパクトなフォルムに、切りっぱなしのラフなフラップと、クラシカルな真鍮の金具使いが特徴です。ストラップの長さを自由に調節できるので、まっすぐな肩がけにも斜めがけにも対応可能。モデルやLEEスタッフにも愛用者が多く、「どんなコーデにもすんなりフィットするから、毎朝ついつい手に取ってしまう」と大評判です。気品のある定番ブラックに加え、女性らしさが引き立つ深みのあるレッドと、品格漂うネイビーが仲間入り。     アクセサリー感覚で持つのが似合う、ギリシャから届いたコンパクトショルダー VICE VERSA/ギリシャバッグ/¥9,500+税 ころんと丸みのあるフォルムが、なんともチャーミング。上品なツヤのあるレザーとゴールドの金具が、洗練された高見え力を発揮します。マチを広くとってあるので、コンパクトな見た目以上に物はたっぷり収納可。洗練ベージュと万能ブラックの2カラー展開。     収納力抜群で使い勝手のいいシンプルトートは、デイリーコーデの相棒にうってつけ   TEMBEA/ペーパートートロゴ/¥13,000+税 A4サイズが入る縦長型トートは、パラフィン加工を施した丈夫な綿キャンバス×ヌメ革のコンビ。カーブを描いていたのが直線になり、よりシャープな印象にリニューアルしたロゴがさりげないアクセントに。さし色レッドと定番グレーの2色展開。     コーディネートを格上げしてくれる上質アイテム TOFF & LOADSTONE/【レヴューリザード】ショルダーバッグ/¥26,000+税 上品な出で立ちのショルダーバッグ。革の質感とゴールドの金具、大ぶりのタッセルのバランスが、質の高さを存分にアピール。カバン本体のコンパクトさと細めのショルダーが今時のスタイルによく似合う、お洒落な逸品。   その他LEE10月号掲載アイテムは下記よりご覧いただけます。
  • ジバンシィがオートクチュール技術を取り入れたカプセルコレクション、ジバンシィ アトリエを9月18日(水)~9月24日(火)の間、阪急うめだ本店1階ポップアップスペースにて期間限定発売する。ジバンシィ アトリエは、オートクチュールルックのボリュームと構造を基に、世界中のより多くの人々に向けてデザインされたエクスクルーシヴなコレクション。 (左)ブラウス ¥295,000、パンツ ¥126,000、バッグ ¥210,000、シューズ ¥128,000・(右)バッグ ¥210,000/ジバンシィ阪急うめだ本店(ジバンシィ アトリエ)アーティスティック・ディレクター、Clare Waight Keller(クレア・ワイト・ケラー)が、洗練された白と黒のパレットに、ジョーゼット、ギピュールレースといった象徴的なファブリックを取り入れ、メゾンの伝統的なスタイルコードに新たな命を吹き込んだ。イブニングに最適なミディドレスや、透け感のあるレースのブラウスといった構築的なルックをはじめ、シックなTシャツにパーカ、小粋なトレンチコートなどカジュアルなアイテムも取り揃える。 (左)スウェットパーカ ¥190,000・(右)スウェットパーカ ¥190,000、スカート ¥158,000/ジバンシィ阪急うめだ本店(ジバンシィ アトリエ)アクセサリーには、アイコニックなV字グラフィックをあしらったEden(エデン)バッグが新たに登場するほか、オートクチュールにインスピレーションを得たフットウェアもラインナップ。チェルシーブーツやギピュールで覆ったスリッポンなど、バリエーション豊かな新作が揃うので、この一週間だけの限定展開を見逃さないで。 (左)ドレス ¥794,000、バッグ ¥320,000・(右)バッグ ¥470,000/ジバンシィ阪急うめだ本店(ジバンシィ アトリエ)【ジバンシィ アトリエ ポップアップストア概要】  期間:9月18日(水)~9月24日(火)会場:阪急うめだ本店1階 コトコトステージ 11住所:大阪府大阪市北区角田町8-7  ジバンシィ阪急うめだ本店 https://www.givenchy.com/06-6313-7402 text: Fuyuko Tsuji ⇩「ジバンシィ」のカプセルコレクション「ジバンシィ アトリエ」のラインナップをチェック!
  • ノンノ11月号の表紙は渡邉理佐♡ 表紙撮影のオフショ動画を公開!女っぽニットを身にまとい、いつもより少しフェミニンなスタイルに挑戦した理佐。愛しさMAXの柔らかな雰囲気に思わずキュンとしちゃう♡ 2度目の単独表紙はどうだった?この秋挑戦したいファッションは?など、撮影後インタビューも必見☆   ‪9月20日発売ノンノ11月号は渡邉理佐(欅坂46)が表紙。巻頭カバーストーリー「おしゃべりな素顔」では、りっちゃんが読者から寄せられた質問に答えているよ♡ そして、「可愛いだけじゃダメな秋♡」をテーマに、ハンサムなスカートや女っぽニット&シャツなど盛りだくさんでお届け。吉沢亮さんが表紙を飾るコンパクト版もお見逃しなく!
関連キーワード

RECOMMEND