~山形・鶴岡〜アルケッチャーノで庄内美食ランチ

OurAge

山形の温泉旅へ出かけました。温泉宿へ行く前に、と、直行したのは、奥田政行シェフのアルケッチャーノ。なかなか予約が取りにくいお店ですから、旅の予定を立てた時に、この店のランチも予約!朝ごはんは早め軽めにしておいて、準備万端です。お店へ入るとすぐに感じるスタッフの活気ある動き、びっしりとその日のメニューが書かれた黒板にワクワクします。

最初の一皿は庄内浜のお魚のカルパッチョ。今日は寒ブリです。ぷりっぷりの食感と旨み、甘くてコクのあるオリーブオイル、パンチの利いた塩のハーモニー。一切れ食べただけで、「やっぱり、ワインを注文しま~す。」となりました。最初にお飲み物はいかがなさいますか?と聞かれた時は、お昼ごはんだから、やめときます。なんて言っていたのに、前言撤回。こんなに美味しいものをいただくのに、ワインなしではもったいない!この日の食事におススメのグラスワインから選んだのは、山形ウッディファームのシャルドネ。深みのある味わいと柑橘のような爽やかさを感じる白ワインで、冬の日本海の魚にぴったりです。

寒鱈のスープは冬の庄内の郷土料理「どんがら汁」がモチーフ。大き目に砕いたグリッシーニとたっぷりの岩海苔。鱈の身がたっぷりの軽やかでクリーミーなスープはいつまでも味わっていたいほど美味しい。

料理の説明は、庄内の豊かな海や山の幸を知る情報が満載。早く食べた~い、でも、お話も聞きたいときょろきょろしてしまいます。

赤海老の焼きリゾットは見た目もチャーミング。わかりますか?これ、焼きおにぎりのイメージだそうです。海鮮出汁のリゾットに焼き目をつけて、さっと焼いてぷりぷり感を残した赤海老をのせています。この焦げ目も芳ばしい。半生の赤海老はとろっと濃厚。アルデンテのお米の味わいも絶品。

選べるメインディッシュは、庄内豚のグリルと藤沢カブの焼畑仕立てをチョイス。ぽつりぽつりと散りばめられた盛り付けは、食べてみるとその意味がわかります。ひと口でパクリ。

「あああ。行かないで~。」

うわー美味しいと味わった肉汁がすーっと体を通って背中から抜けていく。行かないでと、後を追いかけたくなるけれど、気が付けばもういない。みたいな・・・。

藤沢カブは焼畑で作られる細長い形の伝統野菜。こりっとしたカブの食感と辛味を残しつつ、焼き野菜にすることで甘味もでてきて、ジューシーな庄内豚と交互に味わうと、絶妙の組み合わせすぎて、もう、永遠のループ。庄内のブランド塩でもある笹川流れの塩の中でも、釜炊きして最初に浮かんだ大粒の一番塩だけを集めた「月の雫の塩」をちょこっとつけていただきます。

さらなる幸せが待っていました。選べるパスタは、寒鱈の白子のフェデリーニ(プラス400円)。この季節の庄内だからこその寒鱈の白子。これがどんなパスタになって登場するのか楽しみです。

そして現れた一皿は、なんという美しさ。真っ白なパスタに真っ白な白子、真っ白なソース。そして、春の訪れを思わせるウルイの鮮やかな若緑。

あまりにもオイシイものを食べた時、人は皆、天を仰ぐ。目をつぶり天を仰いで、その味わいの余韻に浸ってしまうのです。あーーー。美味しい。うーーー。美味しすぎる。なにこれ。なにこれ。これまでの人生で味わったことがないパスタ。濃厚なとろみなのに、すっととろけて消えていく。ごろつと入った白子は口の中でふわっと弾けて濃厚な旨みに悶絶。ウルイのほろ苦くとろっとした味わいも調味料になっています。

なんと、これ、生クリームなどは一切使わず、白子そのものでクリームパスタになっているのです。後で、奥田シェフにお聞きしたら、昔、庄内では生クリームより白子の方が安かったのだそう。で、美味しいものを少しでも安く出したいと考えたのがこのパスタ。「白子にオイルを足してぐりぐり混ぜていくと白子クリームに変身します」と、奥田さん。なんとも贅沢な逸話とレシピ。冬の庄内でしか味わえない旅ごはんでした。

ドルチェは、ふわっと軽いベリーのチーズケーキとジェラート。ハーブティーと一緒にいただいて、めくるめく午餐のフィナーレです。

寛げる店内。ランチもディナーも3800円(税別)のコースから楽しめます。さて。温泉で燃焼しなくっちゃ。

山形県・鶴岡

アルケッチャーノ

http://www.alchecciano.com/al-checciano.html

石井宏子

公式Website http://www.onsenbeauty.com

ブログ「旅行作家・石井宏子の温泉旅ブログ」 http://ameblo.jp/onsenbeauty/

facebook・石井宏子 http://www.facebook.com/onsenbeauty

関連記事
  • 2019年4月17日に、45歳の誕生日を迎えたヴィクトリア・ベッカム。セレブ界を代表する仲良しファミリーらしく、この日は一家が勢ぞろい。ヴィクトリアや夫デヴィッド(43)のSNSには、キャンドルが飾られたドーナッツの朝食に、一家でのお出かけ、豪勢なディナーと、絵に描いたような幸せ家族の光景が続々と投稿された。 Photo : Instagram (davidbeckham)この日、ヴィクトリアへのバースデーメッセージを誰よりも早く発信したのは、夫のデヴィッド。しかし「Happy Birthday」のスタンプが押された写真に写るヴィクトリアは、まさかのすっぴん!Photo : Instagram (mariasharapova)じつはこの前日、マリア・シャラポワ(32)を含む友人たちと、前夜祭を楽しんでいたヴィクトリア。しかし子どもたちにとって、そんなことはお構いなしだったよう。デヴィッドは「子どもたちから、誕生日の朝6時に起こされたとき」とコメントを添え、妻の仏頂面の理由を明かした。 ぼさぼさ、さらにバスローブを羽織っただけと、ミス・パーフェクトな普段の姿からは想像もできない素顔に、ファンもびっくり!? しかしよく見ればまつ毛は驚くほど長く、シワもほどんどないツルすべ肌と、45歳とはにわかに信じがたい美しさ。Photo : Instagram (victoriabeckham)不本意な早起きに少々うんざりした様子のヴィクトリアだったが、リビングに移動すると、ムードは一変! 広々としたキッチンカウンターには、誕生日を祝福するフラワーアレンジメントがずらり。ヴィクトリアはそれらをまんべんなく動画に写し、「美しい花がたくさん! 最高のバースデーよ!!!」と、喜びのメッセージを添えた。Photo : Instagram (victoriabeckham)さらにヴィクトリアを喜ばせたのが、長女ハーパー(7)からプレゼントされた「American Girl」という人形シリーズ。オーダーメイドらしく、クールなサングラス&ブルネットヘアはいかにもヴィクトリア風。またドレスには「my mummy Rocks(=私のママは最高にクール)」というメッセージのプリントも。Photo : Instagram (victoriabeckham)その後、朝食へと繰り出したベッカム家。キャンドルが立てられたドーナッツのサプライズを受けたヴィクトリアは、バースデーソングを歌う子どもたちを動画で撮影。長男ブルックリン(20)の横には恋人ハナ・クロス(22)の姿もあり、すでに家族同然の仲であるよう?Photo : Instagram (victoriabeckham)朝食後、一家はLA発のロールアイス専門店へ。デヴィッドはブルックリンやロメオ(16)が、アイスにヴィクトリアへのバースデーメッセージを描く様子を撮影。Photo : Instagram (davidbeckham)しかしハーパーの番になると「I love daddy(パパ大好き)って描いたらどうかな?」と、おねだり。妻の特別な日とはいえ、愛娘への溢れんばかりの愛情は抑えきれなかった?Photo : Instagram (davidbeckham)早朝からサプライズ続きだったヴィクトリアのバースデーの締めくくりは、イタリアンレストランでのディナー。自身のインスタグラムで公開したディナー後の写真では、愛する夫や子どもたちに囲まれて、幸せそうな笑顔を浮かべた。 View this post on Instagram The most beautiful day with my favorite people in the world xxx I Love u so so so much xxx kisses from a very loved mummy and wife x ❤️ Victoria Beckhamさん(@victoriabeckham)がシェアした投稿 - 2019年 4月月17日午後9時24分PDT 食事やプレゼントにとどまらず、インスタグラムでもヴィクトリアへのメッセージを発信したデヴィッドや息子たち。デヴィッドはヴィクトリアの美しい写真、子どもたちは母とのツーショットとともに、それぞれの愛の言葉を発信した。 View this post on Instagram Happy Birthday Mama @victoriabeckham ... Have the most amazing day because you deserve to be spoilt by the little ones @brooklynbeckham @romeobeckham @cruzbeckham #HarperSeven & Me of course.. ♥️ David Beckhamさん(@davidbeckham)がシェアした投稿 - 2019年 4月月17日午前9時18分PDT 「ママ、誕生日おめでとう。子ども達から甘やかされながら、素晴らしい1日を過ごして。もちろん、僕からもね♡」 View this post on Instagram Happy birthday mum xx I love you so much x you are the best mum and an amazing woman xx bb さん(@brooklynbeckham)がシェアした投稿 - 2019年 4月月17日午前8時20分PDT 「ママ、誕生日おめでとう。とても愛してるよ。あなたは最高の母親で、素晴らしい女性だと思う」ーブルックリン View this post on Instagram Happy birthday to the best mum in the world❤️ I love you so much and hope you have an amazing day @victoriabeckham ROMEOさん(@romeobeckham)がシェアした投稿 - 2019年 4月月17日午前10時41分PDT 「世界一最高なママへ、誕生日おめでとう。とても愛してるよ、素晴らしい1日を過ごしてね」ーロメオ Photo : Instagram (cruzbeckham) 「スマホが壊れているせいで、投稿ができずにごめん。僕のためにこれまでしてくれたことを、とても感謝している。たくさんの愛を込めて」ークルスPhoto : Splash/アフロ誕生日に限らず、父の日&母の日やハロウィン、クリスマスと、イベントのたびに公開されるベッカム家のファミリーショットは、もはやセレブ界の名物に。見る人誰をも笑顔にするハッピー度満点な写真こそが、ベッカム家の人気の理由? >>恋のキューピットは父デヴィッド!? ベッカム家の次男ロメオとミリー・ボビー・ブラウンにロマンスが発覚! >>ベッカム夫妻公認? ブルックリン・ベッカム、新恋人のハナ・クロスと熱々デート >>世界中で愛されるベッカムファミリー。愛と笑いに包まれる20年のヒストリーを振り返る text : Ayano Nakanishi
  • 皆さんこんにちは Sayuriです!いやぁ、やっとあたたかい春がやってきましたねぇ❤️気持ちが良くって最高‼️今日は丸の内でお友達とランチ♪メゾンカイザーのパンを死ぬほど食べてきましたwさて。最近リップバームが使いやすくてヘビロテ中。春は冬と違って、マットで濃い色合いよりも、クリアでピュアな印象のリップが可愛い‼️なんか‥出会いの季節ってかんじ❤️笑発言がおばさんくさいのはさておき、私が使っているリップバームはこの2つ。まずはこちら。✅NARSアフターグロー リップバーム3427 ラズベリー3/22発売の新作。やりすぎ感がなく、淡い色のお洋服にもよく合います♪ピュアで透明感のある女の子風wNARS「アフターグロー リップバーム」は、なめらかな塗り心地と高保湿力、シアーな発色で根強い人気を誇るアジア限定リップバーム‼️2019年3月22日より仲間入りした新色は、NARSのカルト的な人気シェードから、どんな人でも映えるポップで可愛らしい4色!使いやすすぎるので、ローズモーヴの色も狙ってます ✨唇が荒れず、リップ感覚で気軽に使えるのが本当に良い‼️さて、もう1つご紹介。コスパ最高のRIMMELに、新しいビタミンカラーのリップが登場。新緑の時期にはぴったりのレモンイエローのリップです♪✅リンメルラスティングフィニッシュ ティントリップ009 レモンイエロー2019年4月19日に発売したばかり‼️今期流行りのイエローを、さりげなく取り入れることができて、顔色もパッと明るく元気に見えちゃいます♪桜の季節が終わり、新芽の季節にはこれがめちゃくちゃ可愛い 唇がほんのりオレンジっぽく色づきます。バーム状のリップティントです♪イキイキ!元気!ハツラツ!なんて言葉がぴったりのこのカラー。いいことが舞い込みそうだし、こんな明るくてイキイキとした女性って素敵だな♪と思わせてくれそうです。元気が欲しい時、天気が良い日にはかなりオススメ❤️右: イエロー単色使い中央: NARSリップグロスN(MYSTHIC RED)4月19日発売左 :中央の色にイエローを重ね塗りイエローは使いづらいと感じるかもしれませんが、思った以上に自然。そして、リップバームの良いところは、重ね塗りが出来ること。手持ちのリップに重ねるだけで、ぐっと春っぽさが増しますよ♪この色は夏までがっつり使えそう。ちなみに、RIMMELのリップは爽やかな香りも最高です!ということで、この春の印象を左右するハッピーリップはこの2つのリップバームで決まりでしょ♪そのままでも重ねても可愛いリップバーム。唇も荒れないし、本当にオススメです‼️instagram←是非みてね!
  • 春旅を軽やかに楽しむのに欲しいのは本当に役立つ洋服や小物。旅好きアラフィー世代が、旅先でのドレスアップシーンにも重宝する旅小物をご紹介。これがあれば、自信を持ってディナーに臨めます!レストランでライター・大野智子さん推薦「ザネラートのバッグ」パスポートもスマホも入り2WAYで持てて便利 「ショルダーバッグに、チェーンストラップをはずせばクラッチとしても使えるから、旅先のレストランやバーに便利。柔らかなレザーも心地よく、小さいながらポケットも充実していて整理しやすいのも旅におすすめ」。 ★ウォレットバッグ(H12.5×W24×D4)¥59,000/エクラプレミアム通販(ザネラート)ザラネートはエクラプレミアムからご購入いただけます!購入はこちら>編集SH推薦「MOY Parisのピアス」軽いコットンパールだから旅には複数持参して 「コットンパールだから気軽に持っていけ、豊富なカラーバリエも魅力。ラインストーン側を前にしても後ろにしても素敵。リゾート地でも、とてもつけ映えして友人にも大好評」。 コットンパールピアス(アクア、ゴールド、ラベンダー)各組¥6,700/OTOMO SARL(モイ パリ) ★ホワイト、グレージュ、ブルーはエクラ通販で販売中モイ パリはエクラプレミアムからご購入いただけます!購入はこちら>室長M推薦「ヨーコ チャン エッセンスのブラウス」旅先のドレスアップでも手抜き感なく美しい 「定番のプルオーバーブラウスはとっても美しいのにしわにならず、旅先のドレスアップでも手を抜いた感じにならないので、真夏以外はスリーシーズン重宝しています。着丈に前後差があり、後ろできれいなすそ広がりになるので、一枚でも安心感あり」。 ブラウス¥37,000/YOKO CHAN(ヨーコチャン エッセンス)スタイリスト・伊藤ゆみさん推薦「エブールのコットンリブニット」たたんでもしわにならない旅ドレスはニットが一番 「旅先でもドレスアップの洋服は必ず持参しますが、たたんでもしわになりにくい、着ていて疲れない、が絶対条件。ニット素材ならしわの心配がなく、さらに軽く着心地も抜群でノンストレス。きれいなシルエットなのにリラックスして着用できるので重宝します」。 ニットワンピース¥28,000/ebureライター・向井真樹さん推薦「バレナ ベネツィアのリネンジャケット」軽いのにきちんと見え!一枚あれば助かるジャケット 「イタリア製のガーゼのような軽い素材。さらに、裏地も芯地も使っていないからカーディガン感覚ではおれるジャケット。カジュアルなワンピースやカットソーでもこれをはおるだけで、自信をもってディナーに臨めます」。 リネンジャケット¥76,000/ジャーナル スタンダード ラックス 表参道店(バレナ ベネツィア)スタイリスト・伊藤ゆみさん推薦「ロランスのパンプス」華やか素材のローヒールなら疲れないのに美しい 「旅先でのドレスアップはハイヒールもいいけれど、スーツケースでかさばるのが難点。このローヒールパンプスはそんな心配もなく繊細なチュール素材でフラットシューズなのにヒールを履いているような華やかさも醸し出してくれて◎」。 チュールフラットシューズ 各¥40,000/ザ・グランドインク(ロランス)撮影/木村 慎 スタイリスト/伊藤ゆみ 取材・文/大野智子 撮影協力/アワビーズ UTUWA ※バッグのサイズ表記はH =縦、W=横、D=マチを表し、単位は㎝です。★マークの商品は、エクラプレミアム通販(https://flagshop.jp/eclat/)で購入できます。 ※エクラ5月号掲載
  • 女子友と4泊5日の旅行に訪れた際、その子が【朝も夜もお風呂上りのシートマスクを欠かさない】ということを知り、“肌がつやっつやの美女は、こうして毎日地道な努力を積み重ねているのか......”と、当時の自分にはなかった習慣を持つ彼女に感服し、拍手をおくったのは今から3年前のこと。それから私も、時間がある時や肌の調子が悪くなりそうと感じた時だけでなく、朝のシャワー後にもできるだけ取り入れるようにしてきました。そんな私と、女子友が愛用しているアイテムのひとつ『肌美精』のシートマスクシリーズが、“シリーズ全品、美容液強化! ”と、美肌キメ成分と浸透促進成分が新配合されてずらりとリニューアル!! さらに、大人女子の肌悩みを集中ケアするワンランク上の「3D濃厚プレミアムマスクシリーズ」も新たに登場したんです。「超浸透3Dマスクシリーズ」「3D濃厚プレミアムマスクシリーズ」写真上の「超浸透3Dマスクシリーズ」は、エイジングケアに優れ、立体形状で今までにない密着感の全3種類。写真下の新シリーズ「3D濃厚プレミアムマスクシリーズ」は、しっとりするのにベタつかない“マイクロオイル処方”を取り入れた、保湿とハリ肌に特化した2種類のラインナップです。またこの他に、シート毎に異なる成分を取り入れ、毛穴やニキビなど肌悩み別に選べるのが特長の全4種類の「うるおい浸透マスクシリーズ」も。栄養バランスを考えて食を選ぶように、シートマスクも肌の状態や悩みに合わせて選ぶ&選べる時代。肌悩みや状態に合わせたアイテムをチョイスして、美肌への最短ルートをとっちゃいましょ♪(ライター愛ちあん)(写真上)超浸透3Dマスクシリーズ(4枚入り)全3種類 各¥760 、(写真下)3D濃厚プレミアムマスクシリーズ(4枚入り)全2種類 各¥900/クラシエホームプロダクツ
  • 札幌から約一時間、近年評価の高いワイナリーが集まる余市町へ。先日北海道の札幌と余市へ行って参りました! ちょうど美女組natsukoさんも北海道を訪問されていましたね!北海道は美味しいものばかりで目移りしちゃいます。〈natsukoさんの北海道グルメの記事はこちら☆〉 さて、余市といえば近年評価の高いワイナリーが集まるワイン好き大注目のエリアなのです。その中で訪れたのは余市駅から車で10分 【オチガビワイナリー】 (ちょっと印象的なこちらのワイナリーの名前は、ワイナリー創設者の落氏と奥様の雅美さんから由来するとのこと。奥様への愛に溢れたとっても素敵な名前ですよね) ワイナリーも素敵ですが、こちらでのおススメはワイナリー併設のレストラン。見てください、この最高のロケーション! まだ雪が残る時期でしたが、 目の前に広がる葡萄畑と そこで作られたワインを飲む贅沢。 そして余市町の食材を使った美味しい食事。 この組み合わせが合わない訳がない。余市町のプルーンと余市豚の煮込み。そしてオチガビのピノ・ノワール。最高!OcciGabi winery そして余市といえば朝ドラの舞台にもなった ニッカウヰスキーの醸造所が有名ですよね。 ウィスキーの製造行程を見学しながら もちろん最後にはウィスキーの試飲も。 アルコールにまみれつつ余市町の魅力をしっかり堪能してきました!他の画像を見る次のブログでは北海道のおススメのチーズを紹介させてくださいね!美女組No.105meguのブログ
  • 美女組薬膳マスターと行くアジアンランチ。【薬膳】と【顔タイプ診断】を情報交換してきました。『情報交換美人』として取り上げていただいたMarisol5月号。 誌面ではなかなか伝えきれませんでしたが 美女組の皆さんとの情報交換によって、私は新たなアクションを起こすことができました。 できない理由を探すより先にチャレンジをする、好奇心旺盛でポジティブな皆さんから いつもたくさんの刺激をもらっています。 Marisol5月号 P.217/マリソル美女組のキレイの真実アンテナを張っていると興味深いこと、共感できること、羨ましいことなど様々な情報が得られるので、情報に溺れないようマイスタイルを大切にしながら、インプットもアウトプットも積極的に☺︎ そんなこんなで、今日の情報交換は美女組No.130 natsukoちゃんとアジアンランチへ。 薬膳料理のプロフェッショナルであるnatsukoちゃんは、面倒見がよくて気配り上手!すっかり甘えてお店選びはもはや丸投げです(笑)。 渋谷『タイ料理研究所』へ。連れて行ってもらったのは渋谷で気軽に美味しいタイ料理がいただける『タイ料理研究所』。 ランチタイムにはあっという間に満席になる人気店で美味しいカオマンガイをいただきながら、たっぷり楽しい情報交換をしてきました。 カオマンガイ ランチはスープ&生春巻き付き!年頭に「お料理を頑張る」と言ったくせに、料理本を買ったところで止まっている私にはありがたい漢方食材もたくさんいただいちゃいました。 来月にはnatsuko先生のお料理教室もあるそうなので、これを機に「お料理を頑張る」を有言実行したいと思います! なつめ 陳皮 シナモン 猫の手も借りて使いこなしたい。natsukoちゃんのinstagramはこちら>>>美女組No.126 好美のブログ
  • 行列の絶えない名店11:30など早めにいかないとすぐいっぱいになってしまうお店。 炭火で焼いた香ばしくてジューシーな焼き鳥とそぼろが載った焼き鳥丼。 ししとうやねぎも香ばしい香りで、量も多めなので満足感120%。 虎ノ門駅から5分程度の場所にあります。 虎ノ門界隈で平日早めのランチができるときはおすすめです。(土日はお休み)Link===>鳥与志美女組No.106 Aiのブログ
  • 雅姫さんの視点で、衣食住から旅、家族の話まで取り上げるパーソナルマガジン「SENS de MASAKI」。 2014年10月にスタートして、早5年目に。年2回のペースですが、毎回雅姫さんと各ジャンルのテーマを捻りだしていくのは、楽しくもありますが、生みの苦しみもたくさん(苦笑) 雅姫さんはギリギリまで粘る、あきらめないタイプなので、締め切りをにらみながら、最後まで毎回奮闘しています。 記念すべき10号目は「雅姫さんのエターナル(永遠に好きなもの)」がテーマ。「時代や流行が変わっても、私の好きなものって変わらないんですよね」という雅姫さん。 京都とパリを軸にして、花、器、パン、お菓子などずっと好きなものをピックアップ。自分の好きなものがちゃんとわかっていて、周りに左右されないって、かっこいいな、といつも思います。雅姫さんのブレない視点は、参考になります。       好評インテリアもたっぷり特集!   今回は大好評のインテリアにもたっぷりページを割きました。昨年秋にモロッコに旅したことでインスピレーションを得て、リビングダイニングをイメージチェンジ。   家具はそのままに、旅先で買った雑貨を飾ることで、こんなに雰囲気が変わります。   今、改装進行中のキッチンも、ギャラリーのように絵や花を飾り、景色の変化を楽しんでいます。   生活の根っことなる家にいつも思いを馳せて、日々進化させていくと、毎日の暮らしがどんどん輝きだしてくるのがわかりますね。   また、インテリアの「先生」的存在の石井佳苗さんの新居にもおじゃまして、あれこれおしゃべりしてきた様子も掲載しました。   スタッフも息をのんだ、美しい雅姫さんが! これまであまりなかったビューティの企画も今回は充実! 人気メイクアップアーティストの岡野瑞恵さんとパリで偶然再会したことで、メイクテーマをお願いすることに。流行や年齢の変化を楽しみつつ、大人がキレイに見えるメイク術を教わりました。岡野さんが提案する優しい「ワントーンメイク」を、雅姫さんが実践すると・・・ 溜息がでるほどのキレイさに、スタッフからも歓声が! ほかにも、赤リップを効かせた大人メイクや、雅姫さんのキレイを高める美の秘訣など、見逃せない内容になっています。   料理テーマでは、最近近所に引っ越してきたことで交流が始まった料理家の小堀紀代美さん宅を訪問。ランチに女友達とワイワイ集まるときのボリュームサラダを中心としたレシピを教わりました。見た目もワクワクする小堀さんの料理もたっぷりお届け。   ほかにも、雅姫さんが毎日食べているものを記録した食日記や、結婚24年を迎える夫の森さんとの夫婦対談など、ますます充実の1冊です! ぜひお手に取っていただけますよう、よろしくお願いいたします!   AMAZONで購入 Rakutenブックスで購入
関連キーワード

RECOMMEND