毎日の元気は微生物酵素のパワーで! /前編 体の水をキレイにするという発想!

OurAge
プロデューサー、ブロガー飯野晴子さんが愛用する

「毎日の元気は 微生物酵素のパワーで!」

病院に行くほどではないけれど、不調が続く…そんな体調を抱えていませんか? 先輩の飯野ママが愛用する「元気の素」をチェック! 今回は歯科医の宝田先生も試してみました。

host 飯野晴子さん Haruko Iino

1943年生まれ。広告代理店営業ウーマンとして、ロエベ、フェラガモなど数々のラグジュアリーブランドを担当。退職後は都会と海辺の家を行き来し、企業や商品のPRプロデュース、TV、講演などで活躍。ブログも大好評。  公式サイト

宝田恭子さん Kyoko Takarada

1956年生まれ。歯科医師。日本アンチエイジング歯科学会副会長。認定バクテリアセラピスト。日本睡眠改善学会など所属。口元の筋肉を中心とした表情筋を鍛える「くちびるエクササイズ」を考案。歯科治療にも取り入れ、口元からトータルに考える健康法、美容法が好評

体の水をキレイにするという発想に注目!

飯野   宝田先生は還暦を過ぎているとはとても思えない若々しさですが、秘訣はなんですか?

宝田   毎朝1時間ほど、欠かさず運動をしています。

飯野   朝から1時間?   それはすごいですね。

宝田   そのせいか、30~40年間、風邪ひとつひきません。健康に生んでくれて、本当に母には感謝しています。

飯野   わあ、それはすばらしい。今回、土の中から発見した微生物を主成分にした「微生物酵素」を実際に試していただきましたが、どうでしたか?

宝田   実は私、以前から微生物にすごく興味があったんです。例えば、ガーデニングなどで土をいじると、皮膚に微細な傷がつきます。そこに微生物が付着することで、抵抗力が養われるのだと考えています。農業を営む人に、お元気な方が多いのはそのせいもあるのでは、と。

飯野   トーダ酵素の原点は、さまざまな生命を生む土や水を浄化する研究から始まったそうです。自然界の一員である人間も、体の60%は水分。体の中の水をキレイにできれば、健康で長生きできるという発想ね。

宝田   それはすごく納得できますね。

微生物酵素って何?

環境浄化事業で発見したオリジナルの微生物が作り出す有益な成分で、腸内環境を整えることで心身の不調に働きかけ、免疫細胞を活性化につなげます。

飯野   実際に飲んでみて、なにか変わりましたか?

宝田   すぐに感じたのは、手足がポカポカしたことです。私はもともと平熱が36・6℃もあるのですが、さらに体が温かくなりました。

飯野   そういえば、私もそうだったわ。エステに行ったら、いつも冷えている足の血行がよくて、ピンク色だと言われました。 それに夏の冷房の中でもカーディガンなしで、腕を出したままで平気でした。みんなに「寒くないの?」と驚かれましたね。

宝田   平熱が上がると、免疫力がアップするので、体が温まるのはとてもいいことですよね。

飯野   ほかに私は、睡眠が浅く、特に明け方にトイレに起きてしまうのが悩みでした。でも、これを飲みはじめてそれがなくなり、 朝までぐっすり眠れるので、体がとてもラクになりました。

宝田   睡眠不足が続くと、自律神経が乱れてしまうので、さまざまな不調に発展しますよね。特に睡眠障害で病院を受診すると、薬が出るけれど、依存してしまうので、こうした自然なもので解消できたらいいですね。

微生物酵素でMyAge/OurAge世代の元気をサポート

風邪をひきやすい、疲れやすい、便秘ぎみ、むくみ、肌あれ、よく眠れない、アレルギーなど、ちょっとした不調にうれしい効果。「体質が変わるMyAge/OurAge世代は上手に体調を整えていくことが大事ですね」(飯野さん)

後編では、おふたりの腸活のお話しを伺います。

撮影/堀内 亮 ヘア&メイク/木下庸子 取材・原文/山村浩子 協力/FMG

関連記事
  • 夏の鉄板アイテム「白Tシャツ」。編集部おすすめの白Tシャツのなかから、コンパクトサイズとゆるめシルエット2種類の白Tシャツを使った9コーデをご紹介します。 <目次> 1.白コンパクトTシャツ|4コーデ 2.白ボックスシルエットTシャツ|5コーデ 1.白コンパクトTシャツ|4コーデ 【着回したのはこれ】白コンパクトTシャツ しっとりと目の詰まった生地に、ボトムとつかず離れずな丈感のシンプルT。肌なじみのいいオフホワイトをセレクトすれば、ぐっとやさしげな雰囲気に。¥9000/セオリー 【着回し1】こなれ感抜群のオールホワイトコーデ Tシャツとスカート、同じ白でも素材を変えてメリハリを出すことで新鮮に。ピアスやスカーフ、パンプスなど印象に残るきれい色小物をトッピングして夏らしく。 Tシャツ¥9000/セオリー スカート¥27000/トラディショナル ウェザーウェア 青山ウィメンズ店(トラディショナル ウェザーウェア) イヤリング¥6800/ルーニィ スカーフ¥11000/フラッパーズ(マニプリ) バッグ¥17000/ナノ・ユニバース カスタマーサービス(トーヴ×ナノ・ユニバース) 靴¥24000/ファビオ ルスコーニ ジェイアール名古屋タカシマヤ店(ファビオ ルスコーニ) 【着回し2】さわやかなツートーンカラーコーデ 白とネイビーでいさぎよくシンプルに。Tシャツがしっかりした生地だから、だらしない感じにならず織り地のスカートともなじんでくれる。小物でもホワイトを取り入れれば、抜け感も出でスッキリまとまる。 Tシャツ¥9000/セオリー スカート¥73000/ebure 靴¥25000/フラッパーズ(スペルタ) サングラス¥34000/モスコット トウキョウ(モスコット) バッグ¥36000/トゥモローランド(ヴァジック) 【着回し3】×ワイドチノのらくチンコーデ コンパクトTをワイドチノにインすれば、今期らしいバランスが簡単に。オフィス映えする小物を“盛る”ことでコーデを引き立たせるのも、ベーシックな白Tだからできること。 Tシャツ¥9000/セオリー パンツ¥28000/ebure メガネ¥32000/モスコット トウキョウ(モスコット) 靴¥5800/コンバースインフォメーションセンター(コンバース) スカーフ¥11000/フラッパーズ(マニプリ) 時計¥24000/ピークス(ロゼモン) バッグ¥22000/フラッパーズ(メゾン ヴァンサン) バッグ¥23000/アンタイトル(アーロン) 【着回し4】スーパーベーシックな白T&デニムコーデ アクティブに動きたい日は、自分らしさが出せるスーパーベーシックな白T&デニム。カジュアルすぎないよう、黒ジャケットをプラスすれば、Tシャツの質感もあいまってきれいめコーデにシフト。 Tシャツ¥9000/セオリー ジャケット¥62000/ebure パンツ/アンティット(ヘルシー デニム) 靴¥24000/ファビオ ルスコーニ ジェイアール名古屋タカシマヤ店(ファビオ ルスコーニ) イヤリング¥8500/アナトリエ ミュゼ プリヴェ アトレ恵比寿店(ケネスジェイ レーン) 時計¥24000/ピークス(ロゼモン) バッグ¥22000/フラッパーズ(メゾン ヴァンサン) バッグ¥22000/フラッパーズ(メゾン ヴァンサン) チョーカー¥10000/シティショップ(マライカライス) 2.白ボックスシルエットTシャツ|5コーデ 【着回したのはこれ】白バックロゴTシャツ  ゆるいボックスシルエットで、着ると自然と肩が落ち抜け感が。背中には浅い色で入ったレター、裾にはブランドタグがつき、ほどよい旬度の高さ。¥8400/ティッカ 【着回し1】×ストライプパンツで抜け感ワントーン 白のワントーンとストライプで縦長にまとめ、スタイルアップ。今期らしいスリットの入ったロングカーデでこなれ感をあげて、さし色に鮮やかブルーのサンダルで気分もアップ♪  Tシャツ¥8400/ティッカ ロングカーディガン¥15000/スピック&スパン ルミネ新宿店(スピック&スパン) パンツ¥28000/エストネーション ブレスレット¥5500/ビヨンクール 阪急メンズ大阪店(アンプジャパン) ピアス¥22000/アガット バッグ¥20000/フレームワーク ルミネ新宿店(モルミルス) 靴¥21000/アナイ 【着回し2】Tシャツの素材感で涼し気に コットンTシャツにリネン素材のスカートを合わせて暑い日も快適に。旬のアースカラーに白Tがさわやかなイメージを運んでくれる。足もとに寒色の差し色サンダルを足して、華やかさ&女っぽさも後押し! Tシャツ¥8400/ティッカ スカート¥18000/JET ルミネ新宿店 ルミネ2(ジェット ロサンゼルス) チョーカー・バッグ¥57000/アルアバイル(ア・バケーション) バングル¥6800/ティアラ(ラ ピエス) 靴¥21000/アナイ 【着回し3】ホワイトコーデを小物で大人っぽく 白Tシャツに白タイトスカートを合わせてすっきりと。旬なベージュのストールを巻けば、上品ムードがアップ。小物でパイソン柄やメタリックシルバーを加えれば、ほんのりスパイシーなアクセントに。 【着回し4】白×オレンジの強コントラストコーデ ミニマルなオールホワイトのインに、今っぽいオレンジのシャツワンピを羽織って。ワンピはさりげなくストライプが入っていて爽やか見え。少ない色数でコントラストを強く着こなせば、印象美人に。 Tシャツ¥8400/ティッカ 白デニム¥26000/エージー ジャパン(エージー) ワンピース¥21000/ステュディオス ウィメンズ新宿店(ステュディオス) ピアス¥25000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル) リング¥8000/アガット 靴¥45000/ザ・グランドインク(ロランス)  パンツ¥12000/ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング 自由が丘店(ブラクトメント)  時計¥22000/松竹梅(ロバー)
  • 梅雨が空けて蒸し暑い季節がやってきましたね! 夏の日の通勤は、ノースリーブが定番ですがオフィスでは肌寒いこともしばしば。そんな時活躍するのがカーディガン。「ノースリーブ×カーディガン」は夏の通勤コーデの王道と言っても過言ではありません。 BAILA8月号でも特集が組まれている「ノースリーブ×カーディガン」ですが、組み合わせる色みによっていつものコーディネートや印象がぐっと変化するのだとか。 そこで、今回はBAILA8月号を参考に「ノースリーブ×カーディガン」の色の組み合わせをアップデート。 白×ライトグレーの組み合わせで作る、アイシーなコーディネートについてご紹介します。 トップス|ZARA(ザラ) カーディガン|GU(ジーユー) スカート|nano universe(ナノユニバース) サンダル|SESTO(セスト) BAILA8月号で紹介されていた「なじませトーン」を参考に、白のノースリーブとグレーのカーディガンを組み合わせました。 全く同じ色を重ねるのではなくトーンが近い2色を馴染ませるいつもと違った新鮮な印象に。また、白とグレーの配色は涼しげなイメージはもちろん、どこか優しげに見せてくれるのでお気に入りの組み合わせです。 nano・universe(ナノ・ユニバース)の鮮やかなグリーンのペンシルスカートとも相性抜群。 また、グレーのカーディガンはGU(ジーユー)のもの。プチプラなのに、UVカットとウォッシャブルという機能性アイテムなんです。生地もとっても柔らかくて肌触りが良いところも嬉しいポイント。歩くたびにしなやかになびいてどこか優雅な印象を演出してくれます。 \着用イメージの動画もぜひご覧ください/ 動画を再生するには、videoタグをサポートしたブラウザが必要です。 カーディガンは顔映りの美しさを決める重要なアイテム。 今年の夏の通勤は、ノースリーブ×カーディガンの色みをアップデートしませんか? ▶︎ instagramはコチラ
  • こんにちは。 バイラーズの井上です。 先日、ご招待いただき プチプラファッションでおなじみのリエディ、秋冬の展示会に行ってきました。 ご存知の方も多いかとは思いますがカジュアルなアイテムがとても多く しかもお値段も大抵のものが5000円以下で手に入るので最近は多く利用しています。 秋冬コレクションということでコートやニットが中心の展示会。 この日はとても暑く着いたばかりの頃は【暑くて全然興味が持てないよぉ~( ;∀;)】なんて思っていましたが、だんだんと汗も引き涼しくなってくるとどんどんとやる気に!!! どれも可愛い上にお値段を見るといい意味でびっくりさせてくれ 気付いたら購入リストがとんでもないことに…(汗) フォトジェニックになるよう様々な飾りつけがかわいかったです。 こちらは 安田美沙子さんがデザインしたシリーズのもの。 ワンピースを見ていたら ちょうど展示会にいらっしゃっていた安田美沙子さんが デザインについてのこだわりについても話しかけてくださり (可愛すぎました…。) 当初どの色にするか迷っていたものの ちゃっかり安田美沙子さんと同じ色の赤をセレクトしてしまいました。 もちろん コートもたくさん。 オーバーサイズなものや ロング丈のものが多かった印象です。そして高見え!! しっかりとした生地なのに どれも1万円以下ということもあり ちょっとチャレンジなデザイン&カラーのものスタンダードなものをそれぞれ注文しました。 コートだけじゃなく ちょっとチャレンジ色のブーツやワンピースなども注文して 初めての展示会でしたがよく友人が 【展示会ってたくさん買っちゃう♡】といっていたのを実感しました。 どれも本当にかわいくて早く届いてほしいし 夏は苦手だし…で早く秋にならないかなぁ…と今から楽しみにしています(*'ω'*) ネットでの展示会(予約会)も8月のあたまには開催されるようなので気になる方はぜひ見てみてください~。 この日は 試着しやすいように!と タンクトップ&デニムの上にシャツワンピを羽織っていきました。 (肩のねじりがポイントです☆) バッグはもちろんBAILA8月号の付録で。 他のバイラーズのみんなも書いてるけどこのバッグがとても使いやすいし どんなコーデにも合うから最近は専らこのバッグです。。 BAILA9月号も 読み応えたっぷりです。 わたしは 表紙にもある 「ノースリーブ」×「カーディガン」を更新! のページに夢中です。 カーデがあるたけで メリハリにもなるし 二の腕隠しにもなって最近はいつも肩から羽織っているような。。。 本誌にもあったブラウンカーデ&ピンクのトップスに一目惚れしてしまったので 近いうちに取り入れようと思っています! 今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。 instagramも投稿しているので見ていただけると嬉しいです。 また、更新します♪ 井上あずさ
  • マキア9月号が発売となりました!夏真っ盛りにありがたい美容情報や、秋の新色情報etc、そして今月号も豪華付録付きで濃厚な一冊になっています♪マキアブロガー歴8年、トップブロガーのyukinaの見どころをピックアップしてご紹介します!■立体大特集「『捨てる美容』ですっきりあか抜け!」表紙に見出しが書かれているように、石井美保さん×小田切ヒロさんの「大人のキレイは“捨てる美容”から」「田中みな実流 脱・厚ぬりベースのつくり方」「河北裕介『引き算ルール』であか抜け成功メイク」ボディも腸も心も断捨離「真夏のデトックス100問100答」……など、この季節をすっきりさっぱりと過ごしてキレイになるための美容コンテンツがたっぷり!!中でも個人的には、尊敬している美容ジャーナリスト・齋藤薫さんのコラム『コップの水を捨てないと新鮮な水は注げない』と、小嶋陽菜さんの「シンプル美学」がお気に入り。ものごとの断捨離をするようになってから、シンプル化してはいるものの、引っ越しを控えているため身の回りのものを整理しようと思うと、自分が思っている以上にものは多い。今月号のマキアならって、この夏のテーマは、美容も身の回りも“すっきり手放す”をテーマにしようと心に決めた!■秋新色2019BOOKお楽しみの、秋の新色コスメ BOOK IN BOOK!秋のコスメは、カラーラインナップが一年のうちで一番好き。今回は、全90ブランド・1370点のコスメが掲載されています♪今年の秋は、軽やかな色づきで印象チェンジ効果の高いものも多く、ニュアンスメイクやこなれ感を誰でも手軽に楽しめそう。■みんなのベスコス 2019SSこちらもコスメマニアにとって、半期に一度のお楽しみコンテンツ!これまでの殿堂入りコスメ30、各部門の1位まで、マキア公式ブロガー全員参加で選定した、リアルなコスメの口コミ&ランキングがチェックできちゃいます!リップマニアの私もチョイスした、口紅部門1位はオペラ『リップティント』!プチプラながら発色、質感、どれを取ってもここまでコスパの良いコスメは今のところ見当たりません。また、ビューティギア部門1位で、もうすぐ殿堂入りとなる、MTGの「リファカラット」のコンテンツページでもコメントを掲載いただきました!リファで一番最初に購入したのがリファカラット。これに惚れ込み、マキアの企画で「ReFa ANGEL'S」(笑)として活動させていただいた際にも、カッサや部分ケア用ローラー、ミストファンデーションなど、様々なアイテムを使わせていただきました。何よりスゴイのは、どれも“お蔵入り”しないこと!手軽で、かつ使い心地が良いから、ビューティギアにありがちな“飽き”がないんですよね。■美と健康のお悩みに効く食べ物33どんなコスメやトレーニングよりも、“食事”に勝る美容&健康法はない。特に、紫外線による酸化や糖化、夏バテによる疲労、睡眠不足などにより、一年のうちで最も老けやすいといわれている夏。日々の食生活を見直すためにも、じっくり読んでおきたい!■「やせ筋トレ」30日間チャレンジ最近、ゆる~くボディメイクに目覚めたわたくしですが、フィットネスライター・とがわ愛さんの「やせ筋トレ」企画にトライさせていただきました。私が行ったのは、大きな裏ももの筋肉に効き、代謝をアップさせる「ヒップリフト with チェア」食事など、日常生活は何ら変わりなく過ごし、毎朝たった5分ほど、指定されたエクササイズ(超簡単)をやっただけ!ヨガに通い始めたこともありますが、こんなに目に見える効果が表れるとはびっくりでした!!他のみんなのエクササイズも、簡単なのに同じくばっちり効果が出ていて気になる……組み合わせて行っても良さそうですね。ぜひ試してみてください♪この他にも、ご紹介しきれないほど、今回も充実したコンテンツがたっぷり詰まった読み応えのある一冊。完売前に、お早目にチェックしてみてくださいね!
  • 明日のプレゼンに備えて、社内で最終チェック 社内の各部署をまわって打ち合わせと準備に奔走。ネイビ ーパンツとかっちりしたトラッド小物の"まじめ感"を、スニーカーでほどよくスポーティに味つけ。ヘルシーなイエローカーデを、前をとめてきれいめに着こなしたのがポイント。ジメジメしたシーズンだからこそ、さわやかな色を身に着けたくなる! 午前中からがんばったおかげか、夕方にはプレゼンの準備が無事完了。今日は早めに帰って英気を養おう♪ パンツ¥22000( 9 月発売予定)/フィルム(ソブ) カーディガン¥22000/ロートレアモン メガネ¥36000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) バッグ¥36000/コード(ヴァジック) スニーカー¥9990/ アディダスグループ お客様窓口(アディダス オリジナルス) ピアス¥52000/アパルトモン 青山店(アグメス) 時計¥29000/ウエニ貿易(ヘンリーロンドン) 【今月のPROFILE】広告代理店企画営業・絵美里33歳。広告代理店の企画部所属。営業の後輩と組み、地方企業のリブランディングを進行中。趣味はアート鑑賞。一人の時間も楽しいけれど、夏だもん、恋がしたい!(笑) 明日のコーデ写真一覧へ>> 明日のおすすめ着回しアイテム 【センタープレスパンツ】 シルエットの美しい八分丈パンツ。センタープレスですらり見え。¥22000( 9 月発売予定)/フィルム(ソブ) 【薄手カーディガン】 さし色に、はおりに。なにかと使える薄手カーディガンは、フレッシュなレモンイエローを選んで。¥22000/ロートレアモン 「今月のおすすめ着回しアイテム」まとめはこちらから>> 撮影/魚地武大〈TENT〉(物)スタイリスト/石田 綾 取材/久保田梓美 WEB構成/衛藤理絵
  • アラフィー世代になったら、ゆっくり贅沢に時間を使う、大人ならではのハワイ旅を楽しみたい。そのためには気持ちのいいステイ先が不可欠! この地に何度も通ってきたハワイ通の口コミによって選ばれた“究極のホテル”をご紹介します。【大人ステイNo.1】 The Royal Hawaiian, a Luxury Collection Resort (ロイヤル ハワイアン ラグジュアリー コレクション リゾート)ブレンダさん(モデル)、山口規子さん(フォトグラファー)、坪田三千代さん(旅行ライター)、赤澤かおりさん(ライター)推薦マイラニタワーからワイキキビーチを見下ろした、ザ・ハワイな景色「高い天井と、ハワイの風が抜けていく感じが好き。ロビーからまっすぐ海に抜ける回廊の光に、ハワイを感じます」―山口規子さん「一日中ホテル前のビーチでのんびり過ごし、サンセットタイムにはマイタイバーでマイタイを。ワイキキの中心だからサッと買い物にも行けるロケーションも便利」―ブレンダさん大人のキュートも贅沢もここにあり “ワイキキのピンク・パレス”の名のとおり、ハワイの青い空と海に花を咲かせたような、ピンクに囲まれた楽園。まさに誰もが知るハワイのシンボル的な存在のホテルだが「大人のゴージャスさを感じさせる内装が素敵」(ブレンダさん)、「ワイキキのど真ん中にありながら自然に抱かれている感たっぷりのスパもいい!」(坪田さん)、「実は、ホテル内には博物館並みにハワイの歴史を感じられるものがたくさん! 文化に触れてこそハワイにいると実感できる」(赤澤さん)と、ハワイ通こそが「泊まるならここ」と口をそろえる。それは常に進化を続ける老舗の実力なのだ。歴史を感じる「ヒストリック・オーシャン」の部屋ホテルのベーカリーショップではゲストにバナナブレッドやスコーンなどの詰め合わせをプレゼント。ピンクチョコがけのクッキーなどのおみやげも充実【DATA】 2259 Kalakaua Ave., Honolulu ☎808・923・7311(日本語対応可) 1泊1室$435~、ヒストリック・オーシャン$595~ 全529室 IN15:00 OUT12:00 https://www.royal-hawaiian.jp/【リゾートステイNo.1】 Turtle Bay Resort (タートル・ベイ・リゾート) 種房千保子さん(フォトグラファー)、ブレンダさん(モデル)推薦サンセットを眺めながら自慢のシーフード料理が楽しめるホテルきってのレストラン「パアカイ・ステーキ シーフード&ロウ・バー」(17:30〜21:30、㊡日・月曜、予約がベター)「砂に足が触れ、波音を聞き、風に当たる……、ノースショアを五感で感じられるビーチで眺めるサンセットは格別。シーフードが自慢のレストランもおすすめです」―種房千保子さん喧騒を離れた究極のリゾートタイム ステイ先をワイキキからノースショアへ。これだけでいつものハワイ滞在がまったく違った印象になる。90%以上の部屋から海が望めるここは、「岬のような場所にあるので、部屋のベッドに寝転びながら海が眺められます。数年かけてリノベーションされ、食も充実し、ホスピタリティも心地いい」(種房さん)と、ハワイ通には知られたホテルだ。乗馬やゴルフ、オーシャンビューのプールも楽しめるとあって、ローカルたちのステイケーション先としても人気。メインダイニング「パアカイ」は、サンセットディナー目当てにタウンからやってくるロコもいるほど。ホテルのほとんどの部屋から海が望める「パアカイ」の人気メニュー、カキをガーリックバターとパルメザンチーズをかけて焼いた「チャーブロイド・オイスターズ」($18)「パアカイ」の人気メニュー、「ブルークラブ・クラステッド・マーケットフィッシュ」(時価。通常$38前後)リゾート感たっぷりのプール【DATA】 57-091 Kamehameha Highway, Kahuku ☎808・293・6000  1泊1室$280~、ヴィスタオーシャンキング$400~ 全443室 IN15:00 OUT11:00 https://www.turtlebayresort.com/Oahu-Resorts【家族ステイNo.1】 The Kahala Hotel & Resort (ザ・カハラ・ホテル&リゾート)桐島かれんさん(モデル)、ブレンダさん(モデル)、村山佳世子さん(スタイリスト)、徳原文子さん(スタイリスト)推薦波音が心地いい海前のプールでは、何も考えずゆっくりするのがいい「イルカやウミガメが泳ぐホテル内のラグーンは、家族で楽しむにもうれしいポイント。波の音を感じながら昼寝や読書を楽しむ時間もいい」―桐島かれんさん極上のホテルライフを約束してくれる ワイキキから車でほんの10分ちょっと。まるで離島にいるかのようなリゾート感で各国のセレブを魅了しつづけているホテル。「子供が小さいころには時間を忘れてイルカと戯れたり、ビーチで砂遊びをしたり。家族全員でホテルでの時間を満喫できます」と、桐島さんも定宿にするひとり。また、ホテル内のイタリアン「アランチーノ」も「ディナーで一度は訪れます」(村山さん)、「料理が最上級で特別なときに行くお店」(ブレンダさん)とファンが多い。ラグーンのイルカと触れ合える体験プログラム「ドルフィン・クエスト」「オーシャンフロントラナイ」は部屋もラナイもさすがの広さ! 来年夏『ザ・カハラ・ホテル&リゾート横浜』がオープン予定【DATA】 5000 Kahala Ave., Honolulu ☎808・739・8888(日本語対応可) 1泊1室$450~8,365、オーシャンフロントラナイ$975~1,365 全338室 IN15:00 OUT12:00 www.kahalaresort.com【隠れ家ステイNo.1】 Queen Kapi‘olani Hotel (クイーン カピオラニ ホテル) 内野 亮さん(コーディネーター)、赤澤かおりさん(ライター)推薦夕暮れ時、プールサイドから望むダイヤモンドヘッド。遮るものは何もなし!「どこにいてもどーんとそびえ立つダイヤモンドヘッドが拝める最高のロケーション。朝も、昼も、夜も、この景色が眺められるなんて最高に贅沢。日がな一日このプールサイドで本を読んだり、カクテルを飲んだり、昼寝したり。やっぱり大人のハワイはこうでなくちゃ!」―赤澤かおりさんこのハワイビューは何にもかえがたい カパフル通りに面し、カピオラニ公園を目の前にして立つクイーン カピオラニ ホテル。古くから愛されてきたここが今年、ハワイアンカルチャーを知るローカルアーティストたちの手によって、古きよき雰囲気は残しつつ、新たなるハワイスタイルを取り入れたホテルとなって誕生した。以前からここを愛してやまない赤澤さんは「どこからでもダイヤモンドヘッドが迫りくる勢いで眺められるビューがより生かされたつくりになったし、ハワイアンカルチャーを感じるコーディネートもすばらしい。しかもリーズナブル。このコスパは注目度大」と大絶賛!カパフル通りから入ってすぐのロケーションだから海もすぐそこ。おすすめは海側のペントハウスやジュニアスイートなど。海もダイヤモンドヘッドもという欲張りさんにうってつけハワイ島のアーティストが描いた優しいタッチの絵が飾られたゲストルームフロントにはエアラインのヴィンテージポスターが並ぶエレベーター前にはデューク・カハナモクのヒストリーコーナーも【DATA】 150 Kapahulu Ave., Honolulu ☎808・922・1941 1泊1室$179~、ジュニアスイート・ダイヤモンドヘッドビュー$369~  全315室 IN15:00 OUT11:00 https://jp.queenkapiolani.com/口コミを寄せていただいた ハワイ通の皆さんモデル・桐島かれんさん 発売中のムック『KAREN’s VOL.1 2019春夏』(KADOKAWA)でも“かれん流ハワイの休日”を紹介。 モデル・ブレンダさん ハワイ在住。最近は、女友だちとおしゃれをして素敵なブランチやディナーを楽しむのが好き。 フォトグラファー・山口規子さん 渡航歴30年以上、多いときは年に4、5回滞在。「いろいろな天気に合わせてのんびり過ごす」がモットー。 フォトグラファー・種房千保子さん 渡航回数は約50回、渡航時は2~3週間、ノースショアに滞在。海を眺められる場所で過ごすのが基本。 スタイリスト・村山佳世子さん 仕事やプライベートで頻繁に滞在。今はショッピングよりもビーチで過ごしたりドライブをしたり。 スタイリスト・徳原文子さん 渡航回数は約25回。最近は子供中心でとにかくプールのあるホテルで気ままにのんびり。 旅行ライター・坪田三千代さん 世界各国のリゾートに精通。アロハスピリッツに触れ、オールドハワイを感じるのも楽しみのひとつ。 コーディネーター・内野 亮さん ハワイと日本を行ったり来たりしながら魅力を伝える、ハワイの伝道師。『ハワイに恋して!』出演中。 ライター・赤澤かおりさん 時間ができるとすぐハワイへ出かける猛烈なハワイマニア。12作目の『Hawaii note』が好評発売中。撮影/内田 恒 構成・文/赤澤かおり 本誌編集部 コーディネート/内野 亮 ※掲載されている情報は2019年6月現在のものです。 ※エクラ8月号掲載
  • 「パーフェクトワン」というと真っ先に思い浮かぶのは1つで6役のオールインワンジェル。だけど、それだけじゃない! 今回は幅広い製品ラインアップの中から、今しか手に入らない&夏ケアに今すぐ役立つ2品をご紹介します。暑かったり寒かったり。ここ最近の7月とは思えない気候のせいで体調がイマイチ……という方、多いと思います。それに連動して、肌の調子もいまひとつな私。ちょっとケアを怠ると即ごわついて、スキンケアの効きもなんだか鈍いような。 そこでこれ、始めました。パーフェクトワンのSPピーリングジェル(200g ¥5000)は数量限定、今だけのスペシャルアイテム。指先で軽くクルクルするだけで、フルーツ酸(AHA)を含むエキスが古い角質同士の結合をゆるめて除去してくれます。もともとピーリングケアは大好きなんですが、その中でもこういった“ポロポロ系”はいちばんの大好物。だって、達成感があるじゃないですか! 肌が即ツルッとなめらかになる打てば響く手ごたえも、結果を急ぎたいお年頃にはぴったり。こちらのピーリングジェルは、以前からの人気アイテムをさらに改良したもの。最大の特徴はこの色でしょうか。今回新たに汚れ吸着剤のチャコールカプセルを配合し、肌に負担なく汚れを吸着するチカラがパワーアップ! さらに肌を柔らかくうるおす発酵ローズハチミツ、ヒトのセラミドに似た構造を持ちバリア機能をサポートするミルクセラミド、肌あれをケアする3種の和漢植物エキスなど、ただ取り去るだけではなく肌をいたわる成分も惜しみなく配合。ひたすらマイナスするだけじゃない、大人の肌に優しいピーリングジェルだというところが素晴らしいんです。 ただいま私は、週2ペースで愛用中。だいたい3プッシュ程度で、ざらつきが気になるほお骨&あごエリアと小鼻は十分カバー。日によっては首筋&デコルテもクルクル&ポロポロして快適なコンディションをキープしています。ケア後の肌はすっきりしつつも乾かずしっとり。吸い込みのいい肌になって、スキンケアのモチベーションも俄然アップ!もうひとつの推しアイテムは、このSPクールクリアパック(50g ¥5200)。夏肌の紫外線による肌あれと乾燥に着目して生まれた、涼感が心地よい夜用ジェルパックです。 テクスチャーも見るからに涼しげ! 蒸し暑い夜にぴったりですね。使い方は実に簡単で、いつものスキンケアの締めくくりに塗って寝るだけ。洗い流しの手間もありません。紫外線を浴びた約6〜7時間後の遅延性ダメージをケアする成分を始め、夏肌をケアする36種類もの保湿成分を配合しているから翌朝の肌はダメージ知らずでしっとりもっちり。梅雨があけたらみっちりお世話になろうと思い、ドレッサーで待機中です。この2品、夏限定なのが本当に残念! いずれも8月いっぱいぐらいまでの発売とのことなので、気になった方はぜひお早めに。●新日本製薬「パーフェクトワン」公式サイトはこちら WEB美容エディター 原田千裕 ちょっとやそっとじゃ揺るがないのが自慢だった鋼鉄の肌に明らかな陰りが……ということで、アンチエイジングにフルスロットル中! そんな日々の中でキャッチした、アラフォー向けの“マーヴェラス”な美容トピックスをシェア。コスメも男性もお酒も“ディープで濃いめ”が好み。 イラスト/ユリコフ・カワヒロ
  • 一枚でコーディネートが決まるワンピースは、eclat世代の必需品。気の置けない仲間との食事会も、雨の日のお出かけも、ワンピースさえあればおしゃれに。オケージョンに合わせたワンピース7着をご紹介します。レースの黒ワンピースで知人の出版記念パーティに出席 ワンピース¥66,000/SANYO SHOKAI カスタマーサポート(マッキントッシュ ロンドン) カーディガン¥21,000/八木通商(ルトロワ) バッグ¥160,000 /エッセンス オブ アナイ(ペリグリノ) 靴¥48,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(ペリーコ)ニットワンピ×デニムのストレスフリーな着こなしで、姪とかき氷屋へ! ワンピース¥19,000/エリオポール代官山(エリオポール) パンツ¥23,000/ゲストリスト(アッパーハイツ) ピアス¥17,000(モダン ウィービング)・ネックレス¥71,000(ハルポ)/以上エスケーパーズ バングル¥100,000 /カオス丸の内(アフターシェイブクラブ) バッグ¥12,000 /ウィム ガゼット青山店(バリ ワークステッド) 靴¥39,000/ブッテロ トーキョー(ブッテロ) インナー/スタイリスト私物涼やかなフェミニンワンピースとフラット靴でワインの試飲会へ ワンピース¥28,000/エクラプレミアム通販(サクラ) ジャケット¥65,000/デザインワークス ドゥ・コート六本木ヒルズ店(デザインワークス) バッグ¥159,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥48,000/エリオポール代官山(サンダース)他の画像を見る  >>7月の雰囲気出しワンピース31days 一覧はこちら撮影/金谷章平(モデル) 魚地武大(TENT/静物) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/徳原文子 モデル/ゆうき 取材・文/坪田あさみ ※エクラ8月号掲載
関連キーワード

RECOMMEND