トラブルをカバーして明るい肌をつくる美容効果の高いコンシーラー

OurAge

大人のコンシーラー選びはカバー力だけでなく、

スキンケア効果も重視したいポイントです。

ヒト幹細胞培養液をはじめとした先進の美容成分配合のコンシーラーなら、

メイクしながらハリ、ツヤなどのケア効果もバッチリ。

多方面で活躍する人気のヘア&メイクアップアーティスト、

木下庸子さんが監修しているから使いやすいテクスチャーで、

ライトを浴びたような美しい肌に仕上がります。

エックスリュークス プロケアビヨンド コンシーラー

[ 右から]ライトピンク・ピンク・オークル 各¥3,000

問い合わせ先:エックスワン ☎0120-039-198

撮影/ケビン・チャン 原文/中込久理

関連記事
  • 魚だけじゃない? 男たちの缶詰愛 男はサバ缶もイワシ缶も好き。 ちょっと懐かしい?缶詰にまつわるあれこれを熱く語ってみました。 東北旅行のおみやげ 息子ファーストな妻が旅行先で“息子のために”買った「いちご煮」。そのうち味見しようと画策中です。 貝のオイル漬けがつまみ カキ、ムール貝、つぶ貝などのオリーブオイル漬けが好き。中でもレモン味がどんなお酒にも合うのです。 瓶詰でもいいですか? 今回の特集の影響でオイルサーディンにはまり、缶から瓶詰に到達。オメガ3脂肪酸のマークが誇らしげ。 サバ水煮LOVE♡ 決してブームに乗ってじゃないですよ。みそ煮も捨てがたいが、やっぱり水煮派。わが家でもサバ缶が定番です。 サキ:今月の「魚料理は缶詰におまかせ」特集(LEE3月号 P.142)、どれもおいしそうなんだよね。 ぷー:僕はさっそくフライパンピラフを作りました。パエリアみたいで簡単にできます。 サキ:出てくる缶詰が手に入れやすいのがまたいいんだ。子どもの魚嫌いも減らせるかも。 父K:おお。イワシの蒲焼きなんて、ひとり暮らしの頃、何度お世話になったことか。 ミツ:うちもサバの水煮缶は妻が常に常備していて。おつゆに入れるとおいしいんですよ。 サキ:へえ、やってみよう。 ぷー:サバの水煮は生の状態で缶に詰めて熱を加えるから、汁にも栄養が入ってるんです。 父K:すげえ! 詳しいね。 ぷー:って、林修先生のテレビで言ってました。 サキ:今回は3つの魚だったけど、今は本当におしゃれな缶詰多いよね。一時期、缶詰バーも取り上げられてたじゃん。 父K:缶詰というと、哀愁がある感じでしたけど、今はアヒージョとかありますよね。 ミツ:ガパオチキンってのもあるらしいですよ。タイ産の。 ぷー:デザインもしゃれてて、かわいいサバ缶もあるしね。 ミツ:昔、玉置浩二のドラマでサバ缶なかったですか? 父K:サバカレーだ! 千葉で野球やるやつでしょ。 ぷー:それざっくりしすぎです。あと20年くらい前だから! サキ:そういえば熊カレーもあるよ。もらったことあるな。 父K:野生動物の味? サキ:うん、けものっぽい。 ミツ:コンビーフは食べます? サキ:こないだ久々に食べたら、意外とおいしかった。 ぷー:僕も時々食べます。サンドイッチにするとうまい。 ミツ:あの「コン」って何? 父K:あれって何だろう。細かく砕いてある感じかな。 サキ:ちょっと待って。(検索して)塩漬け肉で「コーンドビーフ」からきてるみたいだ。 ぷー:ためになる。 父K:あ、急に思い出した。赤飯の缶詰食べたことない? ミツ:そんなのあるんですか? 父K:自衛隊のミリ飯なのかな。うち、親が働いてたから。なんのラベルもない缶に「赤飯」って書いてあるだけの。 ぷー:それ、僕も自衛官の親戚から聞いたことあります。 サキ:腹もちはいいよな。保存可能なおにぎりみたいなもの? ミツ:そもそも缶詰って、いつまで食べられます? 10年? 父K:缶が腐らなければ平気? ぷー:一応、期限はあるよ。 ミツ:そうだ、防災訓練で保存食配ったら、期限切れでトラブルって話聞いたことある。 ぷー:なんかかわいそうだな。 父K:期限が迫る備蓄用のを放出するつもりだったのかも。 ぷー:そう言われると、うちのも切れてる気がしてきた。 サキ:非常時には食べるだろうけどね。見直す機会として各自、自宅のを確認してみるか。 一同:賛成!  
  • 美肌揃いのノンノ専属読モ・カワイイ選抜がリアルに使ってるベースメイクコスメをご紹介★ さらふわ肌もツヤ肌も、なりたい肌を手に入れられる化粧下地はコレ!藤田玲奈の透明感すりガラス肌をつくる方法◎ No.53 藤田玲奈 コンプレックスがあっても可愛なれる方法を発信していきます! 藤田玲奈のブログ 血色感UP! 南浦芽依のコントロールカラー下地 No.51 南浦芽依 親しみをもてるカワイイ選抜として、日常の「美味しい」や「可愛い」を発信していきます! 古野美優はくずれ知らずのさらふわ肌に♡ No.48 古野美優 小柄さを魅力に変えて発信していきたいです!スマイル振りまきます 他の画像を見る
  • 2品とも、まさに凛と生きるアラフィー向き。ぜひ、お試し下さいませ!'とても''非常に'を表す古語「いと」と内なる美しさ「凛」から命名されたブランド『ITRIM(イトリン)』。昨年の秋、鮮烈なデビューを飾った『ITRIM』は、伝統的な有用植物・天然素材を使用しているのが特徴の一つ。美容のプロたちを夢中にさせているワンランク上を行く、アンチエイジングブランドなので要チェックです! 今回の新製品は2品。5つの天然植物スクラブを配合したゴマージュと、肌に優しく環境ストレッサーからタフに守るプロテクター。ゴマージュで優しく肌を整えてから、プロテクターを塗って肌を守るというのがITRIM流。 肌への優しさを第一に考えたゴマージュは、とろっとしたジェルベースで、贅沢な感触!汚れや古い角質を穏やかに取り除き、透明感アップして、肌が見違えるのを実感します✨ 日焼け止め乳液は、軽くてなめらかなテクスチャー! 淡いピンク色だから、自然に補正して肌を血色よくしてくれます 2品とも、まさに凛と生きるアラフィー向き。ぜひ、お試し下さいませ! ITRIM エレメンタリー フェイシャルゴマージュ 100g ¥12000 ITRIM エレメンタリー フェイシャルプロテクション SPF45/PA++++ 80g ¥12000 ‪3月20日‬発売。 #発表会 で出された #和菓子 も #素敵 でした #itrim #itrimbeauty  #cosmetics #skincare #beauty #new #organic #natural  #美容 #日焼け止め #イトリン #ゴマージュ  #UVケア #日焼け止め #新作コスメ #プレミアムオーガニック #エクラ #50代
  • 誌面ではご紹介できなかったのですが、素晴らしく、感動したビューティプロダクトのお店をご紹介します。 小さなお店ですが、ラボもあって、飾っている植物や、イラストも含め、最高にお洒落なお店でした。 LA BOTE。 何が新しくお洒落かって、その人に合った化粧水やクリーム、オイルを調合して作ってくれるのです。 見た目は違いますが、漢方の考え方に似ているなぁと私は興味津々でした。 ファッションも含め、色々なものが選べる時代。既製品ではなく、何か自分のオリジナルを。 そんな時代にぴったりの素敵なお店でした! 訳あって細かな取材まで出来ませんでしたが、こんなお店が日本にもあったらなぁと願わずにはいられません。 肌の状態、住んでいる場所の環境や気候、生活習慣、みんな違うからこそ、必要なものもみんな違うはず。細かなカウンセリングはありますが、是非時間を作って行って頂きたいお店です。 中身はもちろん、お店の雰囲気、香りにきっと癒されるはず。 作って頂いたオリジナルのクリームは、日本の乾燥した冬にぴったりで、今日も私の肌を潤してくれています!
  • こんばんは❤︎ 最近、ドラッグストアやロフト、 PLAZAでよく見かける 気になっていたアイテムを 買ってみました\(^o^)/ それがこちら、、毛穴撫子の『お米のマスク』☻税込¥702で10枚入りです☻おすすめポイントは2つ☝︎❤︎ ①毎日使える✨ ②お肌の乾燥が気になる時の スペシャルケアとしてもオススメ✨ ⑅⁺˖- - - - - ⋈ - - - - -˖⁺⑅ 洗顔後すぐの使用がおすすめです♪ 清潔な手で袋からマスクが破けないように 丁寧に取り出し広げ、 最初に目の位置、次に口の位置に シートを合わせてから、顔全体に 密着させます*そのまま5分ほど置いて、 そっと剥がします✨ お肌に残った液は、手のひらで なじませると効果的だそうです☻美容液をたっぷり含んだ厚手のシートマスクが お肌にぴたっと密着し キメをふっくら整えて、 もっちりした肌にしてくれるそう…❤️!* 肌の乾燥が気になるこの季節は 朝起きてからと夜寝る前の2回、 使っています(^^) ⑅⁺˖- - - - - ⋈ - - - - -˖⁺⑅ 気になった方は是非チェック してみてくださいね♬カフェ・ファッション・その他諸々更新中!☻しょこたうるすのInstagramはこちらから❤️☝︎モアハピ部 No.562 しょこたうるす のブログ
  • 彼に誘われてお芝居へ。ジャケットで締めつつ、中はふんわりデート仕様今日は、彼と観劇デート。明るい色を取り入れた、女っぽいコーデでお出かけ。フリルトップスには、ベーシックカラーのジャケットと小物を合わせて大人の雰囲気もしっかりプラス。今日の演目、とっても迫力があって感動できた♪ ディナーでもお芝居の感想で彼と盛り上がり、大満足な一日に。フリルトップス¥4350/バースディバッシュ ジャケット¥49000/セオリー リュクス スカート¥59000/ビューティフルピープル 銀座三越(ビューティフルピープル) バッグ¥40000/コード(ヴァジック) 靴¥48000/アマン(ペリーコ) スカーフ¥16000/エストネーション(マニプリ)【今月のPROFILE】〝甘め〟ゆる華通勤OLの絵美里 丸の内に本社のある家電メーカーでマーケティングを担当。顧客データの解析や資料作りなどで内勤が多めの勤務スタイル。甘めのフェミニンスタイルが好みの半面、食は辛党。明日のコーデ写真一覧へ>>明日のおすすめ着回しアイテム【トレンド服】白フリルトップスフェミニン感が漂うデザインのブラウスも今年は豊作。手首と顔まわりの肌感で、大人の甘さが楽しめる一枚。¥4350/バースディバッシュ【ベーシック服】ツイード風プリーツ大人の女性を演出できる色み。ツイード風で高級感も。¥59000/ビューティフルピープル 銀座三越(ビューティフルピープル)【ベーシック服】グレージャケットオフィスに欠かせないジャケット。甘め好きさんはやわらかい印象のグレーを選んで。¥49000/セオリー リュクス「今月のおすすめスカート着回しアイテム」まとめはこちらから>>関連アイテムをこちらで買えます! 画像をタップ♪【関連商品】ANAP フロントステッチフリルデザインブラウス ¥4,900+税【関連商品】Odette e Odile 【WEB限定】O ポインテッド パンプス70●↑ ¥9,700+税撮影/坂根綾子 スタイリスト/小川ゆう子 文/衛藤理絵
  • とても気になっていたジバンシイの新ルージュ、GIVENCHY ローズ・パーフェクト ピンクのレザーにシルバーメタルを組み合わせた、スタイリッシュなヴィジュアルがとても素敵なリップ★このローズ・パーフェクト・・・<メイクアップ>と<スキンケア>、両方の機能を兼ね合わせたアイテム!だから発色の良さとバームによるケア効果でみたままの色で唇を彩りつつ、唇の乾燥を防いだり、ふっくらと見せてくれたりと、かなりマルチに使える子なのです★全8色の中から気になる4色をお試ししてみたのですがその塗り心地や発色の仕方がとても良き♡リップスティックとしてはわりと硬めのテクスチャではありますが、 バームというだけあってつけ心地は滑らか★ベタつきがないのでリップベースとしても使いやすいです。<バーム>のわりにはしっかり発色し、特にピンク系は1度塗りでもわりと色が出る感じです。No.000 ホワイト・シールド色はほとんどつかないので重ね色としてオススメ。 パール(ラメ)がさりげなくオーロラに輝いて素敵★No.101 グレイズド・ベージュとてもナチュラルなピンクベージュ。元の唇が赤い方だとあまり色を感じないかもだけど素肌感の楽しめる色★この2色は自然な仕上がりが好みの方や、バーム感覚で使い方にオススメ♡※唇が荒れていて申し訳ないです・・・No.202 フィアレス・ピンクパキッとした華やかなピンク。 どちらかというとイエベさん向きかな★No.304 コズミック・プラム多色ラメ入りのダークなプラム。 見た目よりも明るさがあって意外と使いやすいプラムカラー★この2色はしっかりとした色づきを楽しみたい方にオススメ♡私が気に入っているのはNo.304 コズミック・プラム!サラッと1度塗りで・・・透け感とチラリなラメを楽しんでます♡【Sponsored by GIVENCHY】
  • この春推奨したいのは、ただ塗るだけでおしゃれになれるデイリーユースのリップ。王道ノーブル派におすすめしたいブラウン&ベージュリップをヘア&メイクのAYAさんが教えます。王道ノーブル派はブラウン〜ベージュをマーク!この春のブラウン〜ベージュはNotコンサバ、Butモード!が合言葉。持ち前の気品をキープしながら老け見えせず、大人ならではのこなれ感が狙える天才。肌色に溶け込みながら、今っぽさをさりげなく主張するカラーをどうぞおひとつ。知的でヘルシー! 王道"好感度”リップに認定 ワンストロークで見たまま発色。どこまでもニュートラルなウォームベージュ。ヴィセ アヴァン リップスティック 025 ¥1500(編集部調べ)/コーセー(2/16発売) ひとさじのレッドが肌の色までフレッシュに映す レッドのエッセンスが女っぽいノーブルなローストベージュ。さりげなく、パーリー。ルナソル ベージュニュアンス リップス EX06 ¥3000(限定)/カネボウ化粧品ブロンズブラウンなら品もスタイリッシュも奪取 ちょっぴりメタリックなブロンズブラウン。河北裕介さん監修のカラー。コフレドール スキンシンクロルージュ EX-02 ¥2700(編集部調べ)(3/16限定発売)/カネボウ化粧品テクいらずで表情をハイセンスにアップデート 洗練されたつや感で魅了する、どこかレディなピーチベージュ。ルージュ ココ フラッシュ 52 ¥4000/シャネル(3/8発売)撮影/恩田はるみ(物) ヘア&メイク/AYA〈LA DONNA〉 取材・原文/石橋里奈 ※BAILA2019年3月号掲載
関連キーワード