PART2「たれ&ソース」ストック⑦焼きにんにくしょうゆだれを使った「簡単ぶり大根」

OurAge

簡単ぶり大根

「美&元気」をめざすOurAge読者なら、外食よりも手作りごはん。そんな時に活躍してくれるのがストックおかず。夏梅美智子先生著作「ストックおかずの知恵」より、PART2ではお役立ち「たれ&ソース」ストックを使ったレシピをご紹介。

「たれ&ソース」ストック:煮込みだれにする
焼きにんにくしょうゆだれ/簡単ぶり大根

材料(2人分)

ぶり 1切れ

大根 250g

塩 少々

サラダ油 小さじ1

豆苗 ½束

a 焼きにんにくしょうゆだれ:大さ じ3 水:1/2カップ

※焼きにんにくしょうゆだれの作り方はこちらにあります。

作り方

1 ぶりはひと口大のそぎ切りにし、塩をふって下味をつける。

2 大根は厚さ5㎜のいちょう切りにする。豆苗は根を切り、半分に切る。

3 フライパンに油を入れ、1の水気をふいて入れる。両面焼いて取り出す。

4 大根を加え、強火で少し焦げるくらいまで炒める。3を戻して、aを加え中火で汁気がなくなるまで混ぜながら煮る。豆苗を加え、しんなりしたら火を止める。

次回は、焼きにんにくしょうゆだれに漬けたまぐろでご飯がすすむ1品「漬けまぐろどん」のレシピをご紹介します。

撮影/野口健志 スタイリスト/肱岡香子

「ストックおかずの知恵」集英社刊
http://books.shueisha.co.jp/CGI/search/syousai_put.cgi?isbn_cd=978-4-08-333119-0&mode=1

関連記事
  • 寒いこの時季、重宝するのがスープ。朝に食べたい一日の活力になるものと、夜に食べたい一日の疲れを癒すものを、料理研究家のワタナベマキさんに教わりました! 今回は、貧血ぎみの朝に食べるべき一杯と、罪悪感なく食べられる夜にぴったりのレシピをお届け★●教えてくれたのはワタナベマキさん料理研究家。手際よく、しみじみするほどおいしく、心身ともに満足できる料理を提案。著書は『じゃがいも×ワタナベマキ=食感』『旬菜ごよみ365日』(2冊とも誠文堂新光社)など多数貧血ぎみの朝には! 「かぶとミックスビーンズのチャウダースープ」寒くても眠くても、ささっと作れる10分レシピ。女子が抱えがちなお悩みをレスキューしてくれる具をたっぷり入れたスープだから、たったひと皿で食べごたえも栄養もバッチリ☆ 鉄分豊富なミックスビーンズとベーコンでボリュームもUP。 材料(1人分)かぶ……………………………1個(100g)ベーコン……………………………… 30gミックスビーンズ(水煮缶詰またはドライパック)…………………………… 50gオリーブ油………………………小さじ1牛乳………………………………… 150㎖塩…………………………………小さじ¹⁄₄粗びき黒こしょう……………………少々パセリ(みじん切り)………………少々【A】 白ワイン…………………………大さじ1水…………………………………… 100㎖作り方❶かぶは皮つきのまま2㎝角に、ベーコンは1㎝角に切る。❷鍋にオリーブ油とベーコンを入れ、ベーコンから脂が出るまで中火で炒める。❸かぶとミックスビーンズを加えてさっと炒め、Aを加えてひと煮立ちさせ、アクを取る。弱火にし、ふたをして約5分煮る。❹牛乳、塩、黒こしょうを加え、煮立つ直前で火を止め、パセリを振る。肌がくすんでると感じたら、「ツナとセロリのトマトスープ」ビタミンCたっぷり&くすみの原因となる糖質控えめの野菜をチョイスして、くすみがちな肌にアタック。材料(1人分)ツナ(水煮缶詰)……………………… 75gセロリ……………………………………¹⁄₃本玉ねぎ……………………………………¹⁄₄個トマト(中)……………………………1個かぼちゃ………………………………… 80gオリーブ油…………………………小さじ1塩……………………………………小さじ¹⁄₄粗びき黒こしょう………………………少々【A】白ワイン……………………………大さじ1水…………………………………… 200㎖作り方❶セロリはすじを取って小口切りに、玉ねぎとトマトは1㎝角に、かぼちゃは4㎝角に切る。❷鍋にオリーブ油を入れ、セロリと玉ねぎを加えて中火で透き通るまで炒める。❸かぼちゃを加えてさっと炒め、トマト、A、ツナ缶詰を汁ごと加えてひと煮立ちさせ、アクを取る。弱火にし、ふたをして約7分煮たら、塩、黒こしょうを加える。罪悪感のないヘルシーさ! 「鶏肉とキャベツのサワースープ」ヘトヘトで帰宅した時、温かいスープがあればそれだけで幸せ♡ 美力を上げる鶏肉と胃腸に優しいキャベツのコンビは、疲れを吹き飛ばし、代謝を上げて体をじんわり温め、翌朝にもひびかない。もの足りない時はご飯など炭水化物を投入!材料(1人分)鶏もも肉………………………………120gキャベツ………………………………3枚玉ねぎ…………………………………¹⁄₄個にんにく……………………………¹⁄₂かけオリーブ油………………………小さじ1塩…………………………………小さじ¹⁄₃粗びき黒こしょう……………………少々【A】白ワイン…………………………大さじ2酢………………………………大さじ1¹⁄₂水………………………………… 300㎖作り方❶鶏もも肉は好みで皮を取り除き、食べやすい大きさに切る。❷キャベツは細切り、玉ねぎは繊維にそって薄切りにする。❸つぶしたにんにくとオリーブ油を鍋に入れ、中火にかける。香りが立ったら①を入れ、表面に焼き目をつける。❹さらに②、Aを加えてひと煮立ちさせたらアクを取り、弱火にして約10分煮る。塩、黒こしょうを加え、味を調える。カリカリに焼いた食パンを細長くカット。スープに浸して召し上がれ便秘がちの朝には「さつまいもとブロッコリーのレモンスープ」食材の中でも、食物繊維がトップクラスのさつまいもとブロッコリーを入れ、便秘がちなおなかにパンチ!材料(1人分)さつまいも……………………¹⁄₃本(100g)ブロッコリー……………………………¹⁄₄個玉ねぎ……………………………………¹⁄₄個レモン(輪切り)………………………2枚【A】 白ワイン……………………………大さじ1水……………………………………… 300㎖【B】塩……………………………………小さじ¹⁄₄レモン(しぼり汁)………………大さじ1作り方❶さつまいもは皮つきのまま乱切りにする。ブロッコリーは小房に分け、ざく切りにする。玉ねぎは繊維にそって薄切りにする。❷鍋にさつまいもと玉ねぎ、Aを入れ、中火にかける。煮立ったら弱火にし、ふたをして約7分煮る。❸ブロッコリーを加え、さらに3分煮てBを加え、仕上げにレモンをのせる。作り方❶さつまいもは皮つきのまま乱切りにする。ブロッコリーは小房に分け、ざく切りにする。玉ねぎは繊維にそって薄切りにする。❷鍋にさつまいもと玉ねぎ、Aを入れ、中火にかける。煮立ったら弱火にし、ふたをして約7分煮る。❸ブロッコリーを加え、さらに3分煮てBを加え、仕上げにレモンをのせる。食欲がない朝は、「鳥ひき肉ときのこカレー豆乳スープ」食欲がない朝でも、スパイシーなカレー粉の香りが食欲を刺激! きのこたっぷりでヘルシーなのも◎。材料(1人分)鶏ひき肉………………………………… 80g長ねぎ……………………………………12㎝しいたけ…………………………………2枚えのきだけ……………………………… 30gごま油……………………………………少々カレー粉……………………………小さじ1みそ…………………………………大さじ1豆乳…………………………………… 200㎖しょうが(すりおろし)…………小さじ¹⁄₃【A】 酒……………………………………大さじ1水……………………………………… 120㎖作り方❶長ねぎは斜め薄切りにする。しいたけは石づきを取って4等分に、えのきだけは石づきを取って2㎝長さに切る。❷鍋にごま油を入れ、カレー粉と鶏ひき肉を加えて色が変わるまで中火で炒める。❸①を加え、全体がしんなりするまで炒め、Aを加えてひと煮立ちさせてアクを取る。❹弱火にし、ふたをして約6分煮る。みそと豆乳を加えたら煮立つ直前で火を止め、しょうがをのせる。二日酔いの朝は、「大根と油揚げの梅スープ」肝機能を高める梅干しと、デトックス作用のある大根で回復スープに。材料(1人分)大根……………………………5㎝(100g)油揚げ……………………………………¹⁄₂枚雑穀…………………………………大さじ2しょうゆ……………………………小さじ1白いりごま…………………………小さじ1【A】梅干し……………………………………1個だし汁………………………………… 300㎖酒……………………………………大さじ1作り方❶皮をむいた大根は5㎜厚さの半月切りに、油揚げは三角形に切る。雑穀はさっと洗い、約10分ゆでる。❷鍋に①、Aを入れ、梅干しを軽くほぐして中火にかける。煮立ったら弱火にし、ふたをして約7分煮る。❸雑穀を加えてさっと煮て、しょうゆ、白いりごまを加える。冷えたカラダに染みわたる♡ 「豚ときのこのジンジャースープ」きのこ、しょうが、豚肉の体温め食材を、とろみスープとからめて。材料(1人分)豚ロースしゃぶしゃぶ用肉……… 80gエリンギ……………………………1本しめじ……………………………… 30g白菜………………………………… 80g【A】 酒…………………………大さじ1だし汁……………………… 300㎖しょうゆ…………………小さじ2【B】塩…………………………小さじ¹⁄₄しょうが(すりおろし)…小さじ¹⁄₂【C】 かたくり粉………………小さじ1水…………………………小さじ2作り方❶エリンギは縦半分にし、5㎜幅に切る。しめじは石づきを取ってほぐす。白菜は繊維を断ち切るよう1㎝幅に切る。❷鍋にAを入れ中火にかける。煮立ったら①を入れ、ひと煮立ちさせる。❸豚肉を1枚ずつ加えてアクを取り、火が通ったら弱火にしてBを加える。❹合わせたCを加えてひと煮立ちさせ、とろみをつける。口さみしい時はホカホカのご飯を加えても!食べ応え抜群! 「ほうれん草の黒ごま坦々スープ」身近な調味料のかけ合わせで本格派の味に。疲労回復効果もバツグン!材料(1人分)豚ひき肉…………………………… 80gほうれん草…………………………3株長ねぎ………………………………12㎝しょうゆ………………………小さじ2塩………………………………小さじ¹⁄₄黒すりごま……………………大さじ2【A】にんにく………………………¹⁄₂かけトウバンジャン……………小さじ¹⁄₂ごま油……………………………少々【B】酒……………………………大さじ1水……………………………… 300㎖作り方❶沸騰した湯にほうれん草を入れ、約1分ゆでてざるに上げる。水にさらしたら粗く刻む。長ねぎは斜め薄切り、にんにくは薄切りにする。❷鍋にAを入れ、中火にかける。香りがたったらひき肉を加え、肉の色が変わるまで炒め、長ねぎを加える。❸長ねぎがしんなりしたらBを加えひと煮立ちさせ、アクを取って弱火にし、ふたをして約5分煮る。❹ほうれん草、しょうゆ、塩を加えてさらにひと煮立ちさせ、黒すりごまを加える。のどごしのいい春雨は、約3分ゆでて水気をきって加えてクセになる味わい★ 「タラと大根と酒かす汁」発酵食品として話題の酒かすレシピに挑戦。高たんぱく、低脂肪のタラを主役に。材料(1人分)タラ(切り身)…………………1切れ大根…………………………4㎝(60g)玉ねぎ………………………………¹⁄₄個ごぼう………………………………10㎝七味唐辛子…………………………少々【A】 酒…………………………大さじ1だし汁……………………… 300㎖【B】酒かす……………………大さじ1みそ………………………大さじ1作り方❶大根は7~8㎜厚さのいちょう切りに、玉ねぎは2㎝角に、ごぼうは5㎜幅の斜め切りにする。❷鍋に①、Aを入れて中火にかけ、ひと煮立ちさせてアクを取る。弱火にし、ふたをして約8分煮る。❸タラはキッチンペーパーで表面の水気をしっかりふき、②に加えてアクを取りながら約5分煮る。❹Bに鍋の煮汁(大さじ3)を入れてよく混ぜ、鍋に戻し入れる。煮立つ直前で火を止め、七味唐辛子を振る。袋の表示どおりにゆでて湯をきったそうめんと好相性!本格派! 「アサリと豆苗のスンドゥブ」スタミナ食材のアサリや豆腐、豆と野菜の栄養素をあわせ持つ豆苗をたっぷり!材料(1人分)アサリ(水煮缶詰)……小1缶(125g)長ねぎ………………………………15㎝豆苗……………………………¹⁄₃パック絹ごし豆腐…………………………¹⁄₃丁にんにく…………………………¹⁄₂かけコチュジャン…………………小さじ¹⁄₂みそ……………………………小さじ1【A】 酒…………………………大さじ1水…………………………… 250㎖作り方❶鍋にアサリ缶を汁ごと加える。2㎝長さの輪切りにした長ねぎ、薄切りにしたにんにく、Aを加えて中火にかける。❷煮立ったら弱火にし、コチュジャンを加えて溶かし、ふたをして約5分煮る。❸根を切った豆苗とスプーンですくった豆腐を加えてひと煮立ちさせ、みそを加えて溶かす。炊いたご飯を加えると、韓国版おじやに大変身☆取材・原文/広沢幸乃 撮影/加藤新作 スタイリスト/曲田有子 料理製作/ワタナベマキ
  • タンパク質が豊富な肉は、ダイエットの味方になることもあります。ただ、糖質や脂質が多いメニューは、中毒性を緩和する食材を組み合わせることが必要。賢く食べて太らない、食べ方の法則を伝授します!お肉を食べる前に、食物繊維をたっぷりと①とんカツやハンバーグとんカツやハンバーグなど、糖質や脂質が多いものがやめられない人は、中毒の可能性も。糖質、脂質の中毒性を緩和する食材を組み合わせて食べることで、食欲をコントロールできるように。食べ方のコツ玄米を食べる揚げ物やハンバーグなど高脂質の食べ物の中毒性をリセットするのが、玄米に多く含まれる「γ-オリザノール」という成分。玄米だけで食べにくい場合は、白米に混ぜても。食前にキャベツたっぷりつけあわせのキャベツは、ぜひ活用を。先にキャベツを食べれは、満腹感が得られて食べすぎの防止に。食物繊維やビタミンCが豊富なので、メインの前にたっぷり食べて。②焼き肉タンパク質が豊富な肉は、実はダイエットの味方になるメニュー。ただし、動物性脂肪が多いので、食べすぎには要注意。サンチュやサラダなど野菜を一緒に食べるのはいいけれど、ライスはNG。食べ方のコツ大根サラダやナムルを食べる焼き肉の脂質をリセットするのに効果的なのが、大根サラダ。食物繊維が余分な脂質を吸着するうえ、食前にたっぷり食べておくと自然と肉の食べすぎを防止。ナムルもおすすめ。イラスト/沼田光太郎 取材・文/遊佐信子
  • 寒~い夜や、なんだか疲れがとれない時、飲み会が続いた後……。そんな時におすすめなのがスープ♡ 体が温まって手軽にパワーチャージできるスープレシピを、話題の料理研究家・ワタナベマキさんに教わりました。●教えてくれたのはワタナベマキさん料理研究家。手際よく、しみじみするほどおいしく、心身ともに満足できる料理を提案。著書は『じゃがいも×ワタナベマキ=食感』『旬菜ごよみ365日』(2冊とも誠文堂新光社)など多数クセになる味わい★ 「タラと大根と酒かす汁」発酵食品として話題の酒かすレシピに挑戦。高たんぱく、低脂肪のタラを主役に。材料(1人分)タラ(切り身)…………………1切れ大根…………………………4㎝(60g)玉ねぎ………………………………¹⁄₄個ごぼう………………………………10㎝七味唐辛子…………………………少々【A】 酒…………………………大さじ1だし汁……………………… 300㎖【B】酒かす……………………大さじ1みそ………………………大さじ1作り方❶大根は7~8㎜厚さのいちょう切りに、玉ねぎは2㎝角に、ごぼうは5㎜幅の斜め切りにする。❷鍋に①、Aを入れて中火にかけ、ひと煮立ちさせてアクを取る。弱火にし、ふたをして約8分煮る。❸タラはキッチンペーパーで表面の水気をしっかりふき、②に加えてアクを取りながら約5分煮る。❹Bに鍋の煮汁(大さじ3)を入れてよく混ぜ、鍋に戻し入れる。煮立つ直前で火を止め、七味唐辛子を振る。袋の表示どおりにゆでて湯をきったそうめんと好相性!本格派! 「アサリと豆苗のスンドゥブ」スタミナ食材のアサリや豆腐、豆と野菜の栄養素をあわせ持つ豆苗をたっぷり!材料(1人分)アサリ(水煮缶詰)……小1缶(125g)長ねぎ………………………………15㎝豆苗……………………………¹⁄₃パック絹ごし豆腐…………………………¹⁄₃丁にんにく…………………………¹⁄₂かけコチュジャン…………………小さじ¹⁄₂みそ……………………………小さじ1【A】 酒…………………………大さじ1水…………………………… 250㎖作り方❶鍋にアサリ缶を汁ごと加える。2㎝長さの輪切りにした長ねぎ、薄切りにしたにんにく、Aを加えて中火にかける。❷煮立ったら弱火にし、コチュジャンを加えて溶かし、ふたをして約5分煮る。❸根を切った豆苗とスプーンですくった豆腐を加えてひと煮立ちさせ、みそを加えて溶かす。炊いたご飯を加えると、韓国版おじやに大変身☆関連記事: 朝のプチ不調&夜の疲労回復に! 美味しくて元気が出る、簡単スープレシピ❤便秘がちの人&肌のくすみが気になる人に! 野菜たっぷり簡単スープレシピ!二日酔いの朝やダルい朝におすすめ! やる気が出る豆乳スープ&梅スープレシピ!寒い夜に体が芯からあったまる♡ ジンジャースープ&黒ごま坦々スープレシピ! ♡2月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 取材・原文/広沢幸乃 撮影/加藤新作 スタイリスト/曲田有子 料理製作/ワタナベマキ
  • 顔や体のカサつきが気になる。ひどいときは粉を吹いたり、かゆみまで…。OurAge世代になると年々深刻化する全身の乾燥。そして、乾燥は肌老化を進ませてしまうという現実も。Part1では、乾燥の原因と対策について、医師や化粧品メーカーの研究員など専門家に話を伺いました。Part2では、保湿の心得と厳選コスメを、Part3では、体・髪・頭皮の乾燥ケア方法についてご紹介していきます。健やかな肌、どうすれば取り戻せる?ここがOurAge世代の乾燥ポイント!カサカサ、かゆかゆ、つっぱり…40代、50代は全身、乾いている!?髪…手触り感も乾燥のサイン頭皮…実はバリア機能がいちばん脆弱顔…個人差がいちばん大きく表れる部位背中…かきむしりで悪化することも肘…見えないからつい油断しがち手・爪…乾燥&老化が目立ちやすい太もも…顔に比べて皮脂腺が圧倒的に少ない膝…お手入れ不足が如実に表れるすね…粉吹き悩みを訴える人、多数かかと…体重を支える負担で角層も分厚く編集部に寄せられたアワエイジ世代の乾燥の悩みをご紹介します。乾燥老化Part1なんとかならない? 全身の不快なカサカサ、粉吹き、かゆみ!カサカサ、パリパリ、かゆかゆ、粉吹き…。乾燥とそれに伴う不快症状に悩む声が、OurAge世代の女性から編集部に多数寄せられています。あなたも思い当たるのでは?「顔も体も粉を吹いて困っています。足、背中は、かゆみがひどいです」(40代)「かかと、膝がカサカサ。タイツがひっかかる」(40代)「職場のエアコンで空気が乾燥。夕方になると、顔がパリパリするような痛がゆさが襲ってきます」(50代)「腕や脚の乾燥で白く粉を吹き、見るのが嫌になってしまいます」(50代)「手指のひび割れがひどくなって痛いです」(50代)「唇にリップクリームを塗らないと、いつも乾燥している。自力で潤うことは絶対に無理」(50代)「口角やまぶたの上の部分がカサカサに。ひどいときは割れて出血したりします」(40代)「入浴後にボディクリームをつけても次の日は背中や脇腹がカサカサに」(50代)次回は、知っておきたい保湿用語をまとめました。イラスト/平松昭子 取材・原文/山崎敦子
  • こんにちは! LaVivantディレクターの内山です。 先日、お洒落好きなLaVivant世代の方々とお話する機会があり、歳を重ねていく上でのお洒落の悩みや、自分らしさのこだわりを聞かせていただきました。 その中でジュエリーやアクセサリーは年々軽やかな引き算傾向になっているとのこと。 若い頃につけていた、ひと目でブランドとわかるデザインや存在感がありすぎる重いものはほとんど付ける機会がなくなり、身につけるアイテムも減り、イヤリングを付けたら、ネックレスは付けずにブレスレットだけ。といったように、引き算のお洒落へと年々変化してきているそう。 歳を重ねて、頑張ってお洒落をしているように見えてしまう人は、なんだか痛いそうで、(苦笑)「歳相応のヌケ感」と「軽やかさ」が大事だということらしいのです。 そういえば、身近なお洒落な先輩が「パールは顔回りを優しく明るくしてくれるけど、若い頃からもっている重いパールはもう似合わないし、トゥーマッチだし、肩も凝ってつかれるから、付けないわよねー」と言っていたことを思いだし、確かに私も、昔じゃらじゃらと重ねてつけていた、ロングや3連の重い真珠のネックレスは、すっかり出番がなくなり箱に中に眠っています。   そう、私も最近身につけるジュエリーはいたってシンプルで軽くて軽やかなものになりました。   だからでしょうか?LaVivant梅春号で初登場した、「カドー」の淡水パールイニシャルネックレスがとても人気なんです! LaVivant初登場の「CADEAUX(カドー)」は、モデルやスタイリスト、雑誌編集者など、ファッション感度の高い人たちから注目を集めて人気となった、素敵姉妹が作る、“ファッションにコーディネートをするジュエリー”をコンセプトにする東京発のジュエリーブランドです。 お洒落な二人の姉妹は、幼い頃からジュエリーやファッションが大好きで、自分たちが本気で欲しいジュエリーを作ったところ、友人たちの間で話題となり、次々とベストセラーを生み出しています。 「今つけたい、パールのイメージは脱コンサバマダム。玉の形やデザインにこだわり、正円ではない、雰囲気のある形だったり、3粒のイヤーカフだったり、それらを重ね付けすることで、Tシャツにも似合う今どき感を大事にしています。1連のパールネックレスも、5ミリ玉と小粒を選び、付けたときに軽やかな印象になるよう作りました」と語ってくれたのは、クリエイティブディレクターの妹、実智さん。 「イニシャルネックレスは、淡水パールに合うように、文字の形をあえて細く丸く、少し大きめな形も新しく人気」だそうで、ご自身のイニシャル他、お子様のイニシャルを重ね付けされる方も多いとか。 素材にこだわった本物のジュエリーでありながら、アクセサリー感覚で毎日付けられる「今どき感」のあるパールジュエリーは重ね付けしても、とっても軽やか! 遊び心と品の良さのバランスがとても可愛いのです! 「CADEAUX(カドー)」のジュエリーの中でも、パールのシリーズは、旬+オーセンティックの微妙なバランス感覚が新鮮で、セレクトショップやISETANでも大人気。 顔回りを優しく品よく見せてくれるのに、お洒落な「ヌケ感」と「軽やかさ」がある「CADEAUX(カドー)」のパールは、年齢を重ねたLaVivant世代が求めているジュエリーです。 季節を問わず、毎日つけられて、寄り添ってくれるパール。 お洒落な素敵姉妹が作り出す、新しい感覚のジュエリーは今後も目が離せません。 箱に眠っている、存在感のある真珠のジュエリーは、もっと歳を重ねて、真っ赤なニットが似合う、いい感じに枯れたおばあちゃんになったときに、またつけたいなあ。 なんて思っています。 重さも気にならない体力があればですが。(苦笑)   Article By Shinobu Uchiyama 1990年(株)世界文化社入社。『家庭画報』副編集長を務めた後、『家庭画報delicious』『MISS』『MISSwedding』『きものSalon』『GOLD』の各誌の編集長を経て、2016年6月から㈱集英社・ブランド事業部・コンテンツマネージャーになり『LaVivant』ディレクター。『GOLD』編集長時代には、料理本『編集長のお家ごはん』を出版。ファッション、美容はもちろん、ライフスタイル全般への造詣が深く、同世代の読者を導く存在です。クシマクロビオティックコンシェルジュ、オーガニック料理ソムリエ、中医学薬膳、調理師免許の資格を持つ料理家でもある。オスカープロモーション所属。  
  • 疲れて帰ってきた夜。そんな時に食べたい、一日の疲れを癒すスープを、料理研究家のワタナベマキさんに教えてもらいました。冷えたカラダを芯から温めてくれるレシピをお届けしますよ♡●教えてくれたのはワタナベマキさん料理研究家。手際よく、しみじみするほどおいしく、心身ともに満足できる料理を提案。著書は『じゃがいも×ワタナベマキ=食感』『旬菜ごよみ365日』(2冊とも誠文堂新光社)など多数冷えたカラダに染みわたる♡ 「豚ときのこのジンジャースープ」きのこ、しょうが、豚肉の体温め食材を、とろみスープとからめて。材料(1人分)豚ロースしゃぶしゃぶ用肉……… 80gエリンギ……………………………1本しめじ……………………………… 30g白菜………………………………… 80g【A】 酒…………………………大さじ1だし汁……………………… 300㎖しょうゆ…………………小さじ2【B】塩…………………………小さじ¹⁄₄しょうが(すりおろし)…小さじ¹⁄₂【C】 かたくり粉………………小さじ1水…………………………小さじ2作り方❶エリンギは縦半分にし、5㎜幅に切る。しめじは石づきを取ってほぐす。白菜は繊維を断ち切るよう1㎝幅に切る。❷鍋にAを入れ中火にかける。煮立ったら①を入れ、ひと煮立ちさせる。❸豚肉を1枚ずつ加えてアクを取り、火が通ったら弱火にしてBを加える。❹合わせたCを加えてひと煮立ちさせ、とろみをつける。口さみしい時はホカホカのご飯を加えても!食べ応え抜群! 「ほうれん草の黒ごま坦々スープ」身近な調味料のかけ合わせで本格派の味に。疲労回復効果もバツグン!材料(1人分)豚ひき肉…………………………… 80gほうれん草…………………………3株長ねぎ………………………………12㎝しょうゆ………………………小さじ2塩………………………………小さじ¹⁄₄黒すりごま……………………大さじ2【A】にんにく………………………¹⁄₂かけトウバンジャン……………小さじ¹⁄₂ごま油……………………………少々【B】酒……………………………大さじ1水……………………………… 300㎖作り方❶沸騰した湯にほうれん草を入れ、約1分ゆでてざるに上げる。水にさらしたら粗く刻む。長ねぎは斜め薄切り、にんにくは薄切りにする。❷鍋にAを入れ、中火にかける。香りがたったらひき肉を加え、肉の色が変わるまで炒め、長ねぎを加える。❸長ねぎがしんなりしたらBを加えひと煮立ちさせ、アクを取って弱火にし、ふたをして約5分煮る。❹ほうれん草、しょうゆ、塩を加えてさらにひと煮立ちさせ、黒すりごまを加える。のどごしのいい春雨は、約3分ゆでて水気をきって加えて関連記事: 朝のプチ不調&夜の疲労回復に! 美味しくて元気が出る、簡単スープレシピ❤便秘がちの人&肌のくすみが気になる人に! 野菜たっぷり簡単スープレシピ!二日酔いの朝やダルい朝におすすめ! やる気が出る豆乳スープ&梅スープレシピ! ♡2月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 取材・原文/広沢幸乃 撮影/加藤新作 スタイリスト/曲田有子 料理製作/ワタナベマキ
  • 発売中のノンノ3月号のインタビューページに登場しているナム・ジュヒョクくん。188cmの長身と甘いマスクで人気を集め、いまやインスタグラムのフォロワー数は1,010万超えと人気沸騰中! 今回、日本や韓国のみならず世界中からも注目される若手俳優、ナム・ジュヒョクの写真集(韓国版)を10名様にプレゼントしちゃいます!次世代韓国俳優の筆頭格! ナム・ジュヒョクの魅力が詰まった1冊自身の25歳の誕生日を記念して2018年に発売された写真集『NAM JOO HYUK [25] 』は、少年から大人へと成長する彼の姿をたっぷり300ページにわたり収録。このほか、壁掛け&卓上用カレンダー、ノート、ポストカードセット、ステッカー、オンライン動画認証カードも付属。カードに記載されているURLにアクセスしてシリアルナンバーを入力すると、約20分の未公開動画を見ることができるよ。端正なルックスと細マッチョのギャップが女子のキュン♡を誘うナム・ジュヒョク。そんな彼の多彩な表情を収めた写真集のセットを10名様にプレゼントします! NAM JOO HYUK [25]  【セット内容】 ・アウトボックス ・フォトブック300P ・壁掛けカレンダー ・卓上用カレンダー ・ノート ・2018WELCOMING ポストセット(3種1セット/2種ランダム) ・ステッカー ・オンライン動画認証カード ※本人のサインはありません。 ※カレンダーは、すべて2018年度版になります。 ※返送・交換は出来かねますのでご了承下さい。 ▶オフィシャルサイト応募締め切り:2019年1月25日(金曜日)23:55 ※全応募者の中から厳正な抽選のうえ当選者を決定します。当選者は賞品の発送をもってかえさせていただきます。 ※賞品の発送は、2019年2月下旬を予定しております。 ※ご応募にはハピプラ会員のプラス会員登録が必要です。また「配信を希望するメールマガジン」の欄で「nonno」を選択していただく必要があります。 ※住所・連絡先等、プラス会員として登録された情報に基づいて、応募・抽選・当選者には発送等の手続きを行います。登録された情報が最新の正しい状態であることをご確認ください。 ※応募いただいた方の個人情報は、この企画の遂行およびハピプラの進行運営のために使用し、その他の目的では利用いたしません。個人情報の管理については、集英社が責任を負い、これを厳重に保管・管理いたします。応募受付中のプレゼント一覧はココ!>>
  • 認知症の予防のために、OurAge世代の私たちに、今から何ができるかを紹介しています。認知症を防ぐ4つ食べ方ルール1 老廃物の蓄積を抑える 「ホモシステイン」とは、悪玉化したアミノ酸の一種。脳の老廃物で、アルツハイマー病の原因物質であるアミロイドβタンパクや、タウタンパクの蓄積を促します。そんなホモシステインの蓄積を抑えてくれるのが、ビタミンB群の葉酸、ビタミンB6・B12です。葉酸はブロッコリー、ほうれん草、小松菜、チンゲン菜、枝豆などに、ビタミンB6・B12は卵、鶏レバー、豚レバー、サバ、サンマ、カツオなどに豊富に含まれています。葉酸、ビタミンB6・B12は同時に摂取しましょう。2 コゲない体づくり 糖化は、体にコゲを作り老化を促進しながら、じわじわと認知症発症リスクを上げていきます。糖化を抑えること=血糖値を上げない食事をすること。血糖値が上がると脳血管や脳の神経に障害が起きやすくなるので注意が必要です。とるべき栄養素は、糖を代謝する働きを持つビタミンB群。そして食物繊維とタンパク質。炭水化物を食べる前に摂取すると、血糖値の上昇を緩やかにしてくれます。砂糖たっぷりのスイーツは基本的に避け、「特別な日のごほうび」で楽しんで。3 体のサビと炎症を防ぐ 酸化は体をサビつかせ、炎症は体を守るために自らを傷つけて老化を促進させてしまいます。これらを防ぐために有効な栄養素は、まず良質な油。オメガ3系といわれる亜麻仁油やえごま油、魚油に含まれるDHAやEPAなどです。ほかに、赤ピーマンや柑橘系果物などに含まれるビタミンC、アーモンドやアボカドなどに含まれるビタミンE、カキなどの貝類や牛肉・豚肉に含まれる亜鉛、豆腐や納豆などの大豆食品やわかめ、こんぶなどに含まれるマグネシウムも有効です。4 脳への栄養補給 脳の栄養が不足すると認知機能も低下します。脳に必要な栄養素をしっかり補給しましょう。とるべき栄養素は、青魚などに含まれるDHA、卵黄や大豆食品、レバーなどに含まれるレシチン、大豆、豚レバー、鶏レバー、ほうれん草などに含まれる鉄分、前出のマグネシウム、ビタミンB群です。また、脳を休ませることも大切。パソコンやスマホの使用はほどほどにして、脳に余計な情報を入れない。自分なりのリラックス法を見つける。質のいい睡眠をとることなどを心がけて。イラスト/しおたまこ  構成・原文/上田恵子
関連キーワード

RECOMMEND