ミルクが主役のスペシャリティカフェ「コーヒーミルク」に行ってみた

OurAge

人気のコーヒーチェーンに入った時、牛乳の代わりに豆乳をオーダーした経験はありますか? いまだに「グランデ」だとか「トール」だとかのサイズ指定に慣れず、オーダーするのに若干の緊張を覚える私。そんなドキドキを隠すかのように「牛乳の代わりに豆乳にしてください」と声も高らかにお願いすることがあるのですが、アレルギーもなければ、健康への配慮もおぼつかない私の目的は、ただただ「格好つけたい」と思っているだけ…(苦笑)。

けれども調べてみると、牛乳以外の“ミルク”を選びたい理由はいろいろあるようなのです。OurAgeの過去の記事「牛乳よりも低カロリー、低糖質。話題のアーモンドミルクって何でできているの?」を読んでみると、牛乳、豆乳に続いて“第3のミルク”として注目されているのがアーモンドミルク。日本人に不足しがちといわれる食物繊維を豊富に含んでいるのがその理由だとか。

今日は、そんな植物性ミルクを選ぶことのできるスペシャリティカフェを紹介します。

4種類の植物性ミルクをこだわりのコーヒーとペアリング

都心から横浜方面に向かい、多摩川を渡ったところにあるJR川崎駅。大型ショッピングモール「ラゾーナ川崎プラザ」ができて以降、老若男女問わず、ますます人の往来が活発になっています。

その中央改札口を出てすぐ目の前、「アトレ川崎」3Fにオープンしたのがコーヒーとミルクの専門店「コーヒーミルク」。ミルクにスポットを当て、コーヒーをより美味しく、ヘルシーに飲むという新しい楽しみ方を提案しています。一見すると、朝食を取るサラリーマンやOLがいたり、午後のおしゃべりを楽しむ主婦の姿が見られたり、ごく普通のコーヒーショップなのですが、実は手にしているカップの中身には大きなこだわりがあるのです。

まず、コーヒーは単品焙煎方式で味の特徴を引き出したシングルオリジンの豆を、鑑定士やアドバイザーの監修のもとでブレンド。主にコロンビア産、ブラジル産などを使用していますが、選定基準は「ミルクと合わせたときにどんな味になるのか」ということ。酸味がやや控えめの豆がブレンドされ、焙煎後、工場から直送された新鮮な豆をドリップしています。

そして、このコーヒーに合わせるミルクのバリエーションが5種類。神奈川県産の厳選した牛乳のほか、豆乳、アーモンドミルク、ピスタチオミルク、ウォールナッツミルクの4種類の植物性ミルクを取り揃えています。どれも添加物はもちろん、砂糖、乳成分不使用。これら「コーヒーミルクラテ」のサイズはスモールとミディアムの2種類、それぞれホットとアイスがあり、1杯¥360〜(税込み)。もちろんコーヒーだけ、ミルクだけをオーダーすることもできます。

「コーヒーミルクラテ」は基本的にどれも「甘い」テイストなのですが、ミルクの種類によってメープルシロップやバニラシロップなど、加える甘みも変えているとのこと。植物性ミルクの栄養や効能で選んでもよし、自分の好みのテイストで選んでもよし、なのです。

ミルクをキーワードに開発されたフードも人気です。230℃で一気に焼き上げ、外はサクサク、中はもっちりした食感のパンに、優しい味のミルククリームをサンド。牛乳が香るミルククリームの「リッチミルクフランス」、「コーヒーフランス」、「ピーナッツフランス」 (各¥330︎(税込み))のほか、ダントツ人気は「塩あんバターフランス」。あんこと「コーヒーミルク」の組み合わせを楽しむなんて、子供時代を思い出しませんか?

このスペシャリティカフェはこれから店舗が増えていく予定。植物性ミルクにますます注目が集まりそうです。

関連記事
  • 日比谷のミッドタウン日比谷のミッドタウンに入ってすぐに LEXUSと書いた入口があります! その中にお洒落なカフェが! それが【THE SPINDLE】カフェです!レモン タイム エスプーマ ソーダを注文!!とっても爽やかでスッキリとした味でした! 暑い夏にはぴったりです!☀︎ タイムが入ってるので普通のレモネードよりも、さらにさっぱり!!涼んだあとは日比谷公園へ!のんびりカフェで涼んだ後は、 歩いてすぐの日比谷公園をお散歩するのが最高に気持ちよかったです!! 真夏になる前にのんびーりお散歩するなら この時期が一番かなと思いました! 他にもメニューがたくさん!他にも、サラダやおかず系のものを 好きにチョイスできるものや、 お酒などメニューが豊富だったので 是非行ってみてください♩ テーブルもカウンターもあったので、 お一人や、お友達、恋人などいろんなシーンでいけるカフェかなと思いました! ここまで見て頂きありがとうございました☺︎ モアハピ部 No.692 れい のブログ
  • 家族関係の変化を痛感せざるを得ないアラフィー世代。悩みは人それぞれでも、“考えさせられながら読む”小説にはそのヒントが! 新刊で家族をめぐる物語を描いた江國さんに、小説に宿る「家族とは何なのか」についてを伺いました。『彼女たちの場合は』 江國香織 集英社 ¥1,800 姉妹のように仲がよくていとこ同士の逸佳と礼那は、親に黙ってアメリカを見る旅へ。当初は心配するばかりのふたりの両親だったが……。少女たちの新鮮な感受性を通して、若いころにしかできない旅を描いたロードノベル。気づかなくてもいいことに気づかされたとき、夫婦に危機が作家の江國香織さんにとって家族の物語は“ずっと大好きで、たくさん読んできたもの”。「自分より大事な存在になりえるのが家族。その幸福と不幸が描かれた家族の話はとても豊かで、何度でも読み返したくなります」と語る。彼女自身もさまざまな家族を書いてきたが、最新作『彼女たちの場合は』で取り上げたのはアラフィー世代の家族。ニューヨーク在住でいとこ同士の逸佳(いつか)(17歳)と礼那(れいな)(14歳)が親に黙ってアメリカを見る旅に出たことで、ふた家族が心配するところから物語は始まるが、礼那の両親――潤(うるう)と理生那(りおな)の間には、不穏な空気まで漂うようになる。 「長編小説を書くときは最初に登場人物の情報、例えば性格や誕生日や身長などを細かく考えておきますが、先の展開は何も考えない。人物が勝手に動くのを待つんです。ただ礼那の家は、彼女がいない時間と空間ができると両親がうまくいかなくなるのでは、という予感がありましたね」“子はかすがい”というが、それが急になくなることは夫婦にとってひとつの試練。娘から楽しそうな手紙が届いたりしたことで理生那は落ち着いていくが、潤は行方がつかめない状態が耐えられない。現実の受け止め方が違う夫婦がお互いに抱く疑問を、エクラ読者なら理解できるのではないだろうか。「若いころは、結婚式でよく聞く“結婚したら片目をつぶって相手を見よう”というあいさつが大きらいでした。“もし自分があいさつを頼まれたら、両目を開けたまま相手から目を離すなといってやる”と思っていたくらい(笑)。でも年を重ねるにしたがって、時には片目をつぶって見ないふりをしたり、ちょっと許したりするほうがいいのかもと思うようになった。ただ理生那のように何かがきっかけで“自分は夫を愛することはできるが信頼はできない”と気づいてしまったら、夫婦でいつづけるのは厳しいかもしれませんね」 愛があれば大丈夫とはかぎらない、愛と信頼は別ものということなのだろうか。 「愛ってわりと簡単だな、と思うんです。どうしてもわき出たりするものだし、ましてや一回家族になったりしたら、多少きらいなところがあっても気持ちが冷めても“この人と一緒にいてよかった”と感じる瞬間があるから。それに比べると信頼はむずかしい。信頼できる、できないって大きな問題だなと思います。最初は心配していた理生那が落ち着いたのも、ある瞬間から逸佳と礼那を信頼できたから。一般的に女性のほうが子供と一緒にいる時間は長いし、理生那の場合は娘との関係が密だったから、可能だったのかもしれませんが。そう考えると潤はちょっと不利ですね」家族の中でも個は尊重されるべき。これからの時代はさらにさまざまなできごとを経験しながら、のんびり旅を続けていく逸佳と礼那とは対照的に、理生那と潤の関係はぎくしゃくするばかり。クリスチャンではない理生那が教会に通う心情を潤は理解できないが、それは残酷なほどふたりの距離を表しているようだ。「理生那にとっては妻や母である以前の自分、一個人に戻れる場所が教会だった。キリスト教のあり方に興味と共感をもったのだと思いますが、環境によっては仏教やイスラム教でもよかったのかもしれません。一方潤は、理生那だけでなく自分のことも一個人としては考えられない。娘との関係が妻より不利なうえに、夫や父親、会社員としてしか自分を認識できない彼をちょっとかわいそうに思いました」物語の後半、家で子供たちを待ち続けていた理生那が意外な行動に出る。それは若き日の自分を思い出すことにつながり、やがてある確信を得るが……。 「理生那と潤が昔どういう恋愛をしたかはわかりませんが、たぶんお互いや結婚について疑問をもたなかったのだと思う。理生那が潤と出会う以前まで振り返ってみたことは、それに気づくことにつながるから、夫婦にとって危険かもしれない。でも私は『いいのでは』と思います。それでもなお理生那が潤と一緒にいたいかどうかは、やってみないとわからなかったから」 逸佳と礼那の旅は、ふたりだけではなく家族にも変化と成長をもたらした。でもそれらは「旅がなかったとしてもいつだって避けられないもの」と江國さんはいう。 「成長はいいことばかりではなく、それによって失うものもあるけれど、いずれにしろ人は一カ所でとどまることはできないから。もうひとつ、いつも避けられないのが孤独。家族といても恋人といても、人にはまず尊重されるべき個性がある。それが孤独を招いたとしても、寂しいのではなく自由なんです。そういえば次のページで私がおすすめした家族の本も、個人と自由について考えたものが多くなりましたね。私自身もたびたび、個々の勝手を許す家族を書いています。家族はもともと一人ひとりを役割で認識しがちですが、ひと家族の人数が少ない今はますますその傾向が強まる可能性も。だからこそ、家族といても個人をしっかりもっていないと危険だなと思います」これまでもさまざまな家族が登場 江國さんが描く家族小説穏やかで確かな家族の日常『流しのしたの骨』 新潮文庫 ¥550 19 歳のこと子は4人姉弟の三女。彼女だけでなくおっとりした長姉も妙ちきりんな次姉も小さい弟も問題を抱えていたが、両親を含めた家族がかけがえのない居場所だった。風変わりだが幸福な宮坂家を描く。周囲から浮いた一族の歴史『抱擁、あるいはライスには塩を』 集英社文庫 上・下 各¥600 東京・神谷町の洋館で暮らす柳島家。そこには3世代が同居していたが、4人の子供のうちふたりが父か母が違うなど複雑な事情があり、教育方針も独特だった。個々の成長と一族の変遷を描いた重厚な作品。長女の秘密が三姉妹に変化を『思いわずらうことなく愉しく生きよ』 光文社文庫 ¥700 結婚して7年の麻子は夫からのDVを隠す主婦。結婚はしないが同棲中の治子は外資系キャリアウーマン。恋愛なんて信じないという育子は自動車教習所の事務員。犬山家三姉妹ののびやかな生き方とは。撮影/古谷 勝 取材・文/山本圭子 撮影協力/アワビーズ
  • メゾンが自然への鋭い観察眼に根ざした伝統を軽やかに表現した、美しいジュエリーの世界。自然を愛するメゾンの伝統を受け継ぎ、ショーメはコレクションに新たな作品の数々を加えることで、植物と動物たちを祝福する。特別な機会を華やかに彩るブローチやカクテルリング。「ショーメの歓びの庭」は、ポエティックな作品の数々で、見る者をのどかな散歩道へと誘う。 豊穣なインスピレーションの源泉である自然界は、その懐の深さでショーメのクリエイティビティを絶えず育んできた。今回メゾンは、歓びの庭で露のしずくのように清々しく歓びに満ちた多様な色彩を紹介。プレシャスまたはファインストーンが、ミツバチや花、麦の穂、そしてローリエの葉に、命の輝きと繊細な色彩をもたらしている。ジャングルに住む動物たちのおどけた仕草からインスピレーションを受け、ショーメは遊び心に溢れる庭園をテーマにした作品を制作に取り掛かった。 「レ エスピエグルリ ド ショーメ」コレクションは、メゾンが大切にする自然への鋭い観察眼に根ざした伝統を軽やかに表現している。アフリカの大自然から古典的フランス式庭園まで、あらゆる自然からインスピレーションを受け、日常的なオブジェがポエティックな題材へと変化を遂げる、美しいジュエリーの世界を作り上げたという。「レ エスピエグルリ ド ショーメ」コレクション左から、「レ エスピエグルリ ド ショーメ」コレクション ブローチ ソナート オートンヌ<秋のソナタ>(セパレートパーツ4点付き) ¥4,270,000、「レ エスピエグルリ ド ショーメ」コレクション ブローチ キュイエット<収穫> ¥5,130,000また、「ビー マイ ラブ」コレクションは、甘く滴るように鮮やかなカラーストーンの上をゴールドとダイヤモンドのミツバチが飛び回る、新作カクテルリングなどが並ぶ。シャンクに施されたハニカムシェイプとプロングのミツバチのモチーフが、オーバルカットが施されたセンターストーンを引き立てている。 ショーメを代表する「アトラップ モア」コレクションよりミツバチをモチーフとした新しいブローチ“アベイユ”シリーズは、ラペルやドレスを飾るために制作された。このアイコン的なハイジュエリーは、メゾンにとって大切な意味を持つナポレオンの紋章を再解釈したもの。羽が震える様を表現したパヴェダイヤモンドが、これまでに例のない手法で並べられたカラーストーンの周りに施され、ブラックスピネルまたはサファイアがストライプのコントラストを際立たせている。「ビー マイ ラブ」コレクション左から、「ビー マイ ラブ」コレクション エクスクイーズ リング アメシスト ¥1,920,000、「アトラップ モワ」コレクション ブローチ ブラックスピネル ¥2,210,000問い合わせ先:ショーメ TEL:03-5635-7057http://www.chaumet.com/jp
  • 日本とフィンランドの外交関係樹立100周年を記念した『モダン・ウーマン ―フィンランド美術を彩った女性芸術家たち』は、19世紀後半から20世紀初頭のフィンランドにおいて、近代美術に革新をもたらした女性芸術家7人を紹介します。日本初の試みとなる本展は、国立西洋美術館新館展示室にて6月18日(火)から9/23(月)まで開催。フィンランドの女性芸術家たちの多彩な活動と功績に触れてみてはいかがでしょか。シンプルコーディネートの極み? おしゃれなお洋服ですね1.『占い師(黄色いドレスの女性)』 ヘレン・シャルフベック 1926年 Finnish National Gallery / Ateneum Art Museum, Kaunisto Collection Photo:Finnish National Gallery / Hannu Aaltonen黄色いワンピース姿の女性。赤い口紅も効いていておしゃれ! 「おしゃれですよね。実はこれ 1926年にフィンランドの女性画家、ヘレン・シャルフベックによって描かれた肖像画なんです」 と、教えてくれたのは、国立西洋美術館の特定研究員・久保田有寿さん。1926年のフィンランドは、何世紀も続いた大国の支配から脱して、いちからの国造りの真っ最中。そんな時代にこんなおしゃれさんがいたなんて驚き。「この服は実にモダンで、当時のフィンランド女性が着ていたものではなさそうです。シャルフベックはフランスのファッション雑誌を取り寄せて購読していましたから、ヨーロッパに台頭し始めていた新しい時代を象徴する“モダン・ ウーマン”を描いているのでしょう」 そっか。同国を代表するブランド、マリメッコの登場もずっとあとだしね。当時のフィンランドは、「これぞわが国の文化」と呼べるものを模索していたらしい。「そこで独立への気運が高まった19 世紀半ばには、自分たちの美術をつくろうと男女共学の美術学校が創設されました。当時のヨーロッパでは珍しく学ぶ環境も奨学金も完全に男女平等だったのです」 さすが、男女平等な社会の実現で21世紀の先頭集団を行く国。1917年の独立前から最先端な政策! 「だから女性たちも、自分たちは職業芸術家として男性と対等にクリエイティブなことができるという自信を、強く持つことができたのではないかと思います」おしゃれでしょ? 最先端のモードでしたのよ2.『装飾的風景』 エレン・テスレフ 1910年 Finnish National Gallery / Ateneum Art Museum Photo:Finnish National Gallery / Yehia Eweisしかし、独立運動によりナショナリズムが台頭し、男性芸術家たちは「フィンランドらしさ」の確立に没頭。「フィンランドといえば手つかずの自然」と、森や雪景色を描いたり、有名な民族叙事詩の絵画化に熱中したそうだけど、女性たちはどうだった? 「女性たちは愛国主義にはとらわれず、オープンで国際的なスタイルを生み出していきました。たとえば、へレン・シャルフベックは人物をより抽象的に単純化したモダニズムの絵画に挑戦しましたし、エレン・テスレフはアンリ・マティスらのフォーヴィスムに代表される色彩の革命にいち早く反応。1906年ごろから絵具をパレットナイフで大胆に塗りつける色彩豊かな絵画を制作しています」3.『ボートをこぐ女性、スケッチ』 マリア・ヴィーク 1892年ごろ Finnish National Gallery / Ateneum Art Museum, Granberg Collection Photo:Finnish National Gallery / Jenni Nurminenパレットナイフをフィンランドで初めて用いたのがテスレフ。今でこそ一般的な技法だけど、当時では斬新! 独立運動の影を感じさせないほど明るくて光に満ちているね。テスレフのこの試みのあとで、同国の風景や人物を鮮やかに描く画家が続出したんだって。 4.『自画像』 シーグリッド・ショーマン 制作年不詳 Finnish National Gallery / Ateneum Art Museum  Photo:Finnish National Gallery / Hannu Aaltonen「もう少し時代が下った1945年にも、フィンランドの女性画家の自由で大胆な作品が生まれました。それはエルガ・セーセマンの 『カフェにて』。 5.『カフェにて』 エルガ・セーセマン 1945年 Finnish National Gallery / Ateneum Art Museum  Photo:Finnish National Gallery / Hannu Aaltonen 黒手袋の女性がカフェでカクテルとタバコを楽しんでいる一枚です。戦争で国土全体が疲弊し、窮乏していた時代背景を考えると相当ラディカル。こうした女性をダイナミックに描くことも、女性芸術家だからできたことじゃないでしょうか」 同国の美術の基礎をつくった彼女らは教師や批評家としても活躍。作品も生きざまもカッコいいね。1 ヘレン・シャルフベック フィンランドを代表する画家。パリをはじめ欧州各地で美術を学ぶ。「モダン・ウーマン」の肖像画を多数制作2 エレン・テスレフ 同国における革新的な色彩表現の先駆者。パリに学ぶが好んだのはフィレンツェで、彼の地でカラフルな木版画にも挑戦3 マリア・ヴィーク パリで学び肖像画家として早くから活躍した女性画家の一人4 シーグリッド・ショーマン 批評家としても活躍。自画像の多さも同国女性芸術家の特徴5 エルガ・セーセマン 第二次世界大戦の最中にデビュー。今まで見られなかった都市を生きる新しい女性像が出てくるのがこの時代※作品はすべて、フィンランド国立アテネウム美術館このアートはここで見よう!日本・フィンランド外交関係樹立100周年記念『モダン・ウーマン ―フィンランド美術を彩った女性芸術家たち』 独立前後のフィンランドを生き、同国の近代美術に革新をもたらした女性芸術家7人に焦点を当てた日本初の試み! 6/18~9/23 国立西洋美術館新館展示室 東京都台東区上野公園7の7 9時30分~17時30分(金・土~21時) 休館日/月曜、7/16 (7/15、8/12、9/16、9/23は開館) 観覧料/¥500 問☎03(5777)8600(ハローダイヤル) https://www.nmwa.go.jp取材・文/KAORU ※BAILA2019年7月号掲載
  • 世界最大級の売り場!キャンプ好きにはたまらない。 昨日は父の日でしたね。 パパが以前より行ってみたいと思っていた アルペンアウトドアーズフラッグショップストア柏店へ。 我が家も今回初めて行きましたが、 売り場がとても広くて、ありとあらゆるキャンプ用品が!! ウエアーや自転車、雑誌コーナーまであって大充実。 (子供の遊ぶスペースもあり) キャンプ好きな方はもちろん、これからキャンプを初めようと考えている方。 キャンプに興味のある方など是非!! 人気ブランドが一度に見れる場所なのでオススメです❤︎外にあるスノーピークカフェでテイクアウトができます。 スノーピークハウス、実際売っているそうです。美女組No.147 mikaのブログ
  • 人気TV番組「ガイアの夜明け」や「あさチャン!」、さらにTwitterやInstagramなどSNSでも取り上げられ、超話題になった【ワークマン(WORKMAN)】の超撥水ストレッチパンツを購入してみました。超撥水×伸縮×4Dストレッチシリーズのスリムフィットパンツ4D超撥水ストレッチパンツ 015ブラック(品番:WM3136)¥2900/ワークマン(フィールドコア)このタグ↓が目印。ブラックとインディゴの2色展開で、サイズはS・M・L・LL・3Lの5サイズ展開。主に男性着用想定のユニセックスパンツではありますが、身長166cmの沖島はSサイズを購入しました。・驚くほど水を弾くストレッチパンツ ・洗濯機で洗濯しても撥水力が持続する ・全方向ストレッチ120% ・4D立体構造 ・膝の曲げ伸ばしラクラク ・ウエストゴム ・スマホが入るサイズの大きなポケット多数 ・Dカンつき ...と、作業着由来の使いやすい工夫が¥2900にギュギュッと詰め込まれたこちらのパンツ。素材やディテールを詳しくチェックしていきましょう。買うべき理由①:“驚くほど水を弾く”撥水加工デニムもともとこの【ワークマン(WORKMAN)】の超撥水パンツは「うっかり雨の日に履いても、デニムなのに雨を弾く!」という、バイクライダーのみなさんの口コミから評判が広がったもよう。コーティングやフィルム加工をしていないので“防水”とは異なりますが、大きな水滴を垂らしてみるとこの通り、本当にめちゃくちゃ弾きます! ということは、コーヒーやおしょうゆをうっかりこぼしても、すぐに拭き取れば、黒だから汚れも目立ちにくいし、ダメージはほぼゼロ。梅雨どきや、突然のゲリラ豪雨に見舞われがちな真夏も安心してはけますね。ちなみに、洗濯を繰り返すことで撥水機能は低下してしまいますが、なんとアイロンがけをすると復活するそう!買うべき理由②:ひざの曲げ伸ばしラクラク! 4D立体構造4Dとは、生地のパーツを4つに分けて縫製した立体的な構造をさします。パンツをはいていて最も最も負荷のかかるひざまわりに計4本のダーツが縫いつけられていて、ひざの曲げ伸ばしの動きにぴったりフィット。さすが、バイクライダーのみなさんお済みつきのクオリティ。自転車や車ユーザーの方、また座り仕事の多い方にはとくにうれしい構造だと思います。ひざから下はストレートラインです。身長166㎝の沖島で、お直しせずにかかとギリギリの丈です。小柄な方はカットしたりロールアップしたりして調整したほうがよいかもしれません。ウエストからヒップまわりにぴったりフィットするよう、パターンが別に切り替わっています。股上の裏側にはなんと当て布までしてあるんです! おまたに食い込みにくい、女性の体にやさしい構造♡買うべき理由③:全方向120%ストレッチ生地採用ウエストまわりの後ろ半分は幅広ゴムになっていて、かのユニクロ(UNIQLO)の超ヒット商品、EZアンクルパンツと同じつくりです。ちなみに、この4Dストレッチ構造のおかげさまで、身長158㎝にしてウエスト80㎝・ヒップ100㎝の超どすこい体型である沖島母も、ガードルなしでこのパンツのファスナーが完全に閉まりました! 脅威のストレッチ力をおわかりいただけると思います。買うべき理由④:ポケットが全部で7つ、手ぶらOKパンツ!左足太ももサイドには、スマートフォンが余裕で入るスリットポケットつき。なんと、約幅20㎝×高さ11㎝×厚み2.5㎝もある長財布までがスッと入っちゃうほど大容量なんです!反対側の右足太ももサイドには、フラップつきの特大ポケットが。なんとマチがついていて、物を入れて多少ふくらんでもすっきり見えするつくりになっています。買うべき理由⑤:デニム大好き女子も大満足の本格派ディテールウエストまわりは5ポケット。いかにもデニムらしい本来のディテールをしっかり踏襲しています。しかも、フロントボタンとビスをよ~くご覧ください。「FieldCore」とブランドロゴがしっかり刻まれています。ボタンやビスまで【ワークマン(WORKMAN)】オリジナル仕様なんです!買うべき理由⑥:こんなに高機能で、本体はコットン98%以上、非常に機能に優れているうえ、綿98%を使用し、はき心地にこだわって作られています。ポリウレタンを2%ミックスすることで、脅威のストレッチ力を発揮するわけですね。では次に、この超撥水4Dストレッチパンツを使ったコーディネートを考えてみました。超撥水4Dストレッチパンツを実際はいてみて、シルエットをチェック!※横にスライドしてフロント・サイド・バックスタイルをチェック!前 ウエストラインはほどよくハイライズです。身長や脚の太さ&長さにもよりますが、ひざまわりが超立体構造のため、ひざから下のラインが多少もっさり見える可能性が。足首まわりをすっきり見せる工夫をしましょう(後述)。横 お尻にも太ももにも超特大ポケットがついていますが、そんなにゴツく見えず、意外とすっきり、スキニーパンツ感覚ではけるのがおわかりいただけますでしょうか?後ろ バックポケットもアシンメトリー。左側がフラップつき、右側がスリットです。ベルトループは前に3本、後ろに4本で、右後ろのループにはいろいろぶら下げられるDカンがついています。取材・文/沖島麻美 ※掲載されているのはすべて私物で、個人の感想が含まれています。また、価格や在庫状況は2019年6月初旬時点での情報です。
  • おしゃれも春夏モノへのシフトが完了した今日この頃。冬物の収納見直しに着手し始める……という人も、実は多い季節のようです。 LEE100人隊の3名も、新たな収納道具を取り入れ。 まずはハンガーの見直しから。TB あけみさん、No.094 さわこさんは、定番のマワハンガーを投入していました。 黒ハンガー・094 さわこさん「今まで、見て見ぬふりをしていたクローゼットの中身を見直すことにしました。アパレル関係の仕事のせいか、洋服大好き、洋服がなかなか捨てられない性格なのですが、思い切って整理。見た目もすっきりさせたくて、衣類が滑り落ちないハンガー、MAWAハンガーで統一することにしました」 黒ハンガー・094 さわこさん「噂通り、幅も取らなくて、色も黒に統一したら、すっきりコンパクトに(白と迷いました)!ちなみにアイテムによって、2種類のハンガーを使い分けています」 黒ハンガー・094 さわこさん「エコノミック。襟のない丸首のシャツやブラウス、ニットなどに。お気に入りのシャツやブラウスなど、肩部分にハンガーのあとがつかず、ズルズルと滑り落ちることがありません」 黒ハンガー・094 さわこさん「シルエット。襟付きジャケット、型崩れしてほしくないトップスに。まだまだクローゼットの中身は見直し中ですが、程よい余裕とすっきりとした見た目で、お洋服選びも簡単に、スムーズになった気がします。まさに時短。忙しい朝、少しでも時間が節約できると気分よく過ごせる。ママが気分がいいと、子供もご機嫌な気がします」 白ハンガー・TB あけみさん「衣替え。今年は、まずは服の断捨離から。有難いことに、数年前からミモレ~ロング丈が流行り、もはや定番となってきたので、年齢的にもそちらにシフト…膝丈のものはほぼ処分。これだけでもだいぶスッキリ。ただ、ロング丈のもので困るのは収納。私の寝室のクローゼットは高さが無いので、ロング丈のものをそのまま吊るせず。今まで平置きにしてごちゃごちゃしていたのですが、mawaハンガーの白を投入(右端にある黒いハンガーは以前購入したmawaのもの)」 白ハンガー・TB あけみさん「ワンピース、ロングスカートは畳んでパンツ用のハンガーに。シャツ、カーディガンも吊るして。Tシャツ、カットソーは置くスペースが無いので別の部屋に。ひとまず、これが使い易い」 色や形も豊富なマワハンガー。手持ち服を見直して、必要な形状、本数を見極めたいですね。 続いては、TB わちさんが冬物整理に迎えたアイテムをご紹介。 わちさんが新たに購入したのは、段ボールを収納箱にできるクリップ、GENERAL VIEW BOX LATCH。 TB わちさん「GENERAL VIEW BOX LATCHで冬物整理。段ボールを収納箱にできるクリップ」 TB わちさん「BOX LATCHとは、段ボールの蓋をした状況でサイドから差込み……」 TB わちさん「真ん中までスライドさせると、蓋が開いちゃったりしなくなるクリップです」 TB わちさん「段ボールもとりあえず、今まであったものを使うことにしましたので、ボロい。夫の本格的なピーコートや息子のお下がりでまだサイズが大きいものなど。ラベルもそのうちちゃんと貼ろう」 わちさんが段ボール収納に乗り出したきっかけも気になるところ。 「冬物は今まで、引き出しタイプのプラスチックのケースに入れていたのですが、 ・ニットやウールは通気性のあるものに入れたい と思っていました。木製のタンスを買うことも考えたのですが、 ・今後、子供の成長に合わせて家具のレイアウトを変える可能性有。 ・自分ひとりで動かせる。 ・やっぱり違う収納にしたくなったとき、資源ゴミに出せる。 ・ローコスト という条件を並べてみて、段ボールと、このBOX LATCHを組み合わせて季節外の衣類を収納してみることにしました。欧米の日用品を扱う通販サイト、GENERAL VIEWで買いました」(わちさん) 「以前は、段ボールに紐をかけたり、ホコリがはいらないように紙をかけたりしていましたが、そんな必要もなくなりました。出し入れも楽になりました」と使い勝手にも満足している様子です。 収納に段ボール、斬新な発想ですね! 衣類見直しと、暮らしに合った収納アイテムの選択。あたたかいこの季節に進めておきたいものですね。
  • その昔、私はジェーン・バーキンになりたかったのです。 すみませんいきなり何言ってんだって話ですよね。20歳そこそこの頃、私はミニシアターと名画座だけを信じ、京都にカフェ巡り旅行に行き、「趣味はレコード屋をまわることかな」という男子のことを好きになる人間でした……だっ……ダッサー!!! 仕方ないんですよ、そんな時代だったから。もちろんファッション・アイコンは60~70年代の女優やアーティスト。ミア・ファローとかジーン・セバーグとかアンナ・カリーナとか。中でも憧れていたのがジェーン・バーキンのスタイルで、当時のどから手が出るほど欲しかったのが「あのカゴ」。どんなシーンでも無造作に荷物を突っ込んで持っていた、円筒形のバスケットです。今やさまざまなブランドがあのタイプのカゴを出していますが、確か当時日本であのデザインのものはほとんど売っていなかった記憶が。悔しい思いを抱えつつ、時は流れ、自分の中には「カゴが好き」という要素だけが残されました。さまざまなカゴを見つけては買ってきたのですが、ちょうど10年前に手に入れたのが、こちらです。 当時、新しく浴衣を誂えたばかりで、「これに合うちょっと大人なカゴが欲しいわ」と探していて見つけました。虎斑竹という模様入りの竹で編まれたカゴです(確か高知のものだったと記憶しています)。編み目も細かく表面も滑らかな手触りでひと目で気に入り、手に入れたもの。しばらくウキウキと使っていたのですが、ある日はっと気づいてしまったのです。「このサイズ感とワンハンドルのデザイン、"あのカゴ"に似ている……!」 大人になって忘れていたと思っていた若き日の好みが、呪いのように自分を支配していたことを。 保存それから10年、私はこのカゴのことを「和風ジェーン」とこっそり呼んでいます(笑)。こちら、程よく入った虎斑の模様のおかげで和装だけでなく、ワンピースやデニムにも合うんですよ。使い始めて10年ですが、きっとこれからも手に取ると思います。
関連キーワード

RECOMMEND