スーパーフードの新星、「モリンガ」の美容効果に期待!
OurAge

今、注目のスーパーフードとして「モリンガ」という植物の名前をよく耳にするようになりましたが、みなさんご存じでしょうか?

乾燥させて粉砕したパウダー、錠剤タイプのサプリメント、または葉を乾燥させたお茶など、加工をした商品がいろいろ出ていますが、私は手軽で使いやすいパウダータイプを愛用しています。

モリンガとは「西洋ワサビ」のことで、北インドのヒマラヤ山麓、亜熱帯地域が原産と言われています。現在では、世界各地で栽培されるようになっており、日本でも沖縄、九州などの暖かい地域で栽培されているようです。もともと、ヒマラヤという過酷な環境で生育する植物のため、生命力が強く、厳しい環境に耐え、自分を守るためのさまざまな成分を自ら備えるようになったとのこと。モリンガには美容と健康に欠かせない栄養が豊富に詰まっています。

そのため、はるか昔から「ミラクルツリー(奇跡の木)」とよばれ、健康効果の高い食材として利用されてきました。クレオパトラが、モリンガのオイルを肌に塗り、モリンガのお茶を飲んで美しさを保っていたという逸話も残っているようです。

こうした美容・健康効果の源は90種類以上も含まれていると言われる栄養素。ビタミン・ミネラル各種、アミノ酸をバランスよく含んでいます。

さらに、注目したいのが食物繊維の豊富さ。100g中の含有量はレタスの28倍と言われています。食物繊維は腸内環境の整備に欠かせない栄養素。食物繊維をしっかりとることで老廃物や有害物質を排出するデトックス効果が得られ、体の中からきれいになります。コンスタントにとり続けることにより溜め込みにくい体に変わることを期待したいですね。

また、ポリフェノールは、なんと赤ワインの8倍含んでいるそうです。ポリフェノールには、シミやシワなどの老化やさまざまな体調不良の原因となる活性酸素を除去する効果があり、エイジングケアの強い味方ですよね。

ギャバは脳や脊髄で働く神経伝達物質で、興奮を鎮めて緊張を和らげる働きを持っているそう。心を落ち着けたり、寝つきをよくしたりといったリラックス効果があるようです。発芽玄米に多く含まれることで知られていますが、モリンガには発芽玄米のおよそ30倍のギャバが含まれているとのこと。積極的にとりたいですね。

私は毎朝大さじ2杯のパウダーをヨーグルトにかけていただいています。さて……、美容効果があるか??? 期待大です!

SHARE
この記事が気に入ったらシェアしよう!

RECOMMEND