山本浩未流 顔たるみ解消「白・黒・赤」メイク/「白」編

OurAge

MyAge/OurAge世代になると、もともとの顔立ちよりも、たるみを制した者が美人! メイクで、スキンケアで、技ありグッズで。山本浩未流、あの手この手で顔を引き上げましょう。

たるみに"効く"のは

・黒・』のメリハリメイク

メイクは錯覚の妙。白・黒・赤を上手に効かせることで、たるんだ顔が引き上がる!

顔たるみ メイク女性

ニット ¥9,000/ライフズ 代官山(トゥデイフル)イヤリング
¥8,000/ジュエッテ

適材適所に白・黒・赤を
配置するだけで顔立ちすっきり

「大人こそ、ちゃんとメイクを」と山本浩未さん。老けることへのあきらめが働いて、メイクの工夫を怠りがちな私たち。

「若くあるには、内側からの健康管理ももちろん大事。でもメイクによる見た目の生き生き感の演出は、その人の心を元気づけるので、同じくらい大事だと思うんです。顔に白・黒・赤を上手に効かせると、目尻の下垂、目の下のたるみ、ほうれい線、フェイスラインの緩みが面白いように目立たなくなります。これぞメイクマジック。利用しない手はありません」

White

明るい肌で清潔感をアピール

「白」とは肌の明るさのこと。ファンデーションの厚塗りで明るくするのでなく、下地とハイライトで「白」を効かせるのが得策だと山本さん。自然で明るいツヤ肌に。

引き上げハイライト

「光の上昇ライン」を作ることで、たるんだ肌がリフトアップ。指や、毛が密なブラシでつけると輝きすぎてわざとらしくなるので、下記のブラシでつけるのが成功の秘訣!

顔たるみ 引き上げハイライト

Tシャツ¥5,940/ジジョン(フォーコーナーズ)

「見えない光」で
顔立ちにメリハリ

顔たるみ ベアミネラル

ハイライトを入れたかどうかわからないくらい自然なのに、ヘルシーなメリハリ顔に。

インビジブル グロー ¥4,000/ベアミネラル

顔たるみ アスタリフト フラロッソ

ひとはけで若々しいツヤが宿ります。柔らかく軽いつけ心地。

アスタリフト フラロッソ ルーチ ハイライター ¥3,800/富士フイルム

ハイライト専用ブラシを
使えば、程よい輝きに

顔たるみ ハイライトブラシ

毛がスカスカのブラシは、ハイライトをテカらせすぎず、きれいな素肌そのもののような輝きに。

#161S デュオ ファイバーフェイス グライダー ブラシ¥5,800/M・A・C

次はくすまない肌に仕上げる下地をご紹介。

下地はピンク

肌を夜までくすませないためには下地が重要。「ファンデーション前にピンクの下地を仕込んでおくと一日中明るい清潔肌をキープできます。顔たるみ解消のファーストステップとして欠かせません」

白浮きせず、肌の
生き生き感アップ

顔たるみ エレガンス

色ムラやくすみをカバーし、トーンアップ。弾力も与えます。

パンプリフティング ベース R PK100 SPF25/PA++ 30 ㎖ ¥5,000/エレガンス コスメティックス

光の反射率を高め
澄んだ肌色に

顔たるみ シャネル

溶け込むように馴染み、肌色を均一に補整。黄ぐすみも払拭して輝く肌に。シミも防止。

ル ブランバーズ ルミエール ♯10SPF40/PA+++ 30㎖ ¥6,000/シャネル

次回は「山本浩未流 顔たるみ解消『白・黒・赤』メイク」黒編をご紹介します。

撮影/玉置順子(t.cube)〈人物〉 久々江 満〈物〉 ヘア&メイク/山本浩未 モデル/樹神 スタイリスト/程野祐子 構成・原文/小田ユイコ

関連記事
  • アラフィー世代の羨望の的、美容ジャーナリスト・安倍さん&美容エディター・松本さんに美貌の秘訣を徹底取材! お二人が考える60歳の未来予想図を伺いました。Q.60歳の未来予想図は?安倍/海に入れるカラダをキープ。赤いビキニが着られるような(笑)「海の仲間と楽しく、おいしいものを食べて、青い空を見てニコニコ笑っている自分でいられたら最高! こうありたいと思う自分でいるために、体型維持はがんばりたいですね。原稿を書くという仕事柄、どうしても猫背になりやすいですから、大きな鏡の前でこまめに正しい姿勢をチェックするようにしています」松本/もっと自由に豊かな文章を書いてみたい「楽しいこともつらいことも含め、いろいろ経験することで、年齢とともに想像力も推察力も増えていくと常々思ってます。だから、今の私と60歳の私がインタビューするのでは、たぶん違うんだろうなって。より豊かなインタビューができるようになり、それを文章につづりたい」安倍佐和子さん 出版社で美容誌の編集者を長年経験。現在は、フリーランスとして、雑誌や広告ほか、Instagramでも人気を博し、高い発信力をもつ。メイクからスキンケア、医療美容、ホリスティック系まで、幅広い美容分野に精通。 松本千登世さん 航空会社の客室乗務員、広告代理店勤務を経て、出版社にて雑誌の編集作業に携わるようになる。現在は、フリーのエディターとして、鋭い審美眼と温かい視点で女性の魅力を分析し、世の女性にきれいになるヒントを発信。>>「ビューティ界2大美女のセルフ美容」はこちらから撮影/押尾健太郎 ヘア&メイク/藤本 希(cheek one) 取材・文/中島 彩 ※エクラ6月号掲載
  • カーディガン¥7900/レンアイ ケイカク ルミネエスト新宿店 タンクトップ¥990/GU パンツ¥14000/LIFE’s 代官山店(TODAYFUL) イヤリング¥1900/ゴールディ バッグ¥13800/ジオン商事(スリーフォータイム)フルレングスゆるボトムに、ひざ丈より長い超ロングなアイテムを重ねるのがトレンド! 薄手のロングカーデな今の時期にぴったりだし、Tシャツやタンクにはおるだけで旬レイヤードが完成しちゃう。オレンジ系の夏素材パンツ&サンドカラーのロングカーでをチョイスすれば、誰よりも感度の高い着こなしに。モデル/新木優子 撮影/山本雄生 ヘア&メイク/河嶋希(io) スタイリスト/石田綾 文/鈴木絵都子  ※上記のキャプションはWEBオリジナルのもので、本誌とは異なります。明日のコーデに迷ったら… \non-noお天気コーデをチェック/ ▶カーディガンコーデ記事一覧はコチラ
  • うるおいは大事。でも、リップクリームをたっぷり塗ってしまうと後から使うリップが滑ってしまい、色が定着しにくくなる! 保湿効果が高く発色もいいバームタイプのリップを塗った後、会話や飲食で落ちてきやすい唇の内側をマットリップで強化するのが正解♡▶この2アイテムで落とさない!A キャンメイク メルティールミナスルージュ 01 ¥800/井田ラボラトリーズ 保湿力の高いワセリン入りのとろけるリップ。グロッシーなツヤのある発色をキープ。 B レトロ マット リキッド リップカラー ファッション レガシー ¥3700/M・A・C マットな質感ながら、ボリューム感のある色っぽ唇に。 絶対落ちないリップのプロセス① 内側へ向けてバームリップじか塗り フェイスパウダーで軽く口角回りを押さえてから、Aを口角から中央へと、上下の唇ともにじか塗りする。 ② 内側へ向けてバームリップじか塗り フェイスパウダーで軽く口角回りを押さえてから、Aを口角から中央へと、上下の唇ともにじか塗りする。 ③ マットリップを内側にON つけすぎないよう量を調整してから、色が落ちやすい下唇の内側にBを重ねる。 他の画像を見るお直しテクマットリップを内側だけ塗り直し! 食後は、唇の内側だけが薄くなっていることが多々……。そんな時はBで色落ちした部分のみ塗り足せばOK。バームリップ塗り直しで写真映えキープ! 食事の場ではSNS用に写真を撮る機会も多い! 食べる直前にAを全体に塗り重ねておき、発色の補強をしておいて。「落ちない」強化アイテム唇を"染める"ティントリップ 左 オペラ リップティント N 01 レッド ¥1500/イミュ(5月24日発売) 中 ヴィセ リシェ マイレッド ルージュ 103 ¥1500(編集部調べ)/コーセー 右 セザンヌ カラーティント リップ CT1 ¥600/セザンヌ化粧品 時短で落ちないメイクを仕上げたい時や、お直しが面倒な時はティントリップの活用を。夜のオフ時はクレンジングで丁寧に落とすこと!膜を作るリップコート リップ ジェルマジック ¥1500(編集部調べ)/コーセーコスメニエンス 上で紹介したプロセスをさらに強化したい、もしくは違うタイプのリップを使いたい場合は、重ねるだけで唇をコーティングできるトップコートが便利!モデル/貴島明日香 撮影/岩谷優一(vale.・モデル) 細谷悠美(物) ヘア&メイク/George スタイリスト/中村美保 構成・原文/松井美千代 web構成/篠有紀 web編成/レ・キャトル
  • 今こそ、化粧水を見直す好機です!アラフォー肌を底上げする、化粧水のトリセツ知っているようで、実は知らないのが化粧水。その効果は? 使う意味は? その正体を3 人の専門家にインタビュー。ただの"水"ではない驚きの美肌パワーがそこに秘められている!資生堂 グローバルイノベーションセンター プレステージ情報開発グループ 櫻井菜海子さんクレ・ド・ポー ボーテをはじめ、資生堂のプレステージブランドの情報開発を担当。特にエイジングケア技 術に関する情報に詳しい花王スキンケア研究所 主任研究員 稲葉さやかさん花王のスキンケアを担当する研究員。エストの化粧水 などをはじめ、最先端の技術を採用した多くの化粧品の開発も手がけるビューティ サイエンティスト岡部美代治さん大手化粧品メーカーの研究 員として、化粧品の研究・開発に携わり、独立。研究者の視点から美容をひもとくわかりやすい解説が人気実はエイジングケアに不可欠なアイテム ほとんどの人が毎日化粧水を使っていることからもわかるように、私たち日本女性はやっぱり化粧水が好き。 「禊という神事が古いにしえからあるように、水で浄めるなど、清潔を重視するのが日本のスキンケア文化の源流です。そのため、油で肌を美しくする欧米と違い、日本では水美容文化がずっと根づいてきているんです」(櫻井さん)  その代表的なアイテムが、つまりは化粧水というわけである。それにしても、化粧水ってそもそも何なの? 「化粧水の“水”には、角層の細胞を和らげ膨らませて肌のコンディションを整える作用があります。干ししいたけを見るととわかりやすいのですが、萎んだしいたけが水に戻すとふっくらする、あのイメージです」(岡部さん)  そういえば、私たち日本女性の理想の肌のたとえとして、よくあげられるのがお風呂あがりの肌。内側に水分をたっぷり含んだみずみずしいハリ感は、アラフォーの目標でもある。 「それをかなえるのがまさに化粧水です。水には、実は角層状態を変える力が一番あって、角層を水分で満たして膨らませると毛穴も小さく見えるし、小ジワ予防にもなります。見た目から即効で美肌に変えることができるというわけです」(稲葉さん) とはいえ、お風呂からあがった瞬間はよくても、時間がたつと元の干ししいたけ状態に戻ってしまう気も。 「気持ちよく水で整えた後に、その状態をいかに維持するかを研究し、進化してきたのが今の化粧水ですね。現在では機能成分やオイルなど組み合わせも多様化できるようになった。基材や薬剤、処方がどんどん進化しているので、与えた水分をキープするのはもちろん、肌の機能を底上げするエイジングケアにいたるまで化粧水ができる可能性は広がっています」(岡部さん)  それを証明するのが右の写真。機能性成分を配合した化粧水で、肌の状態がこれほど改善するというわけだ。 「資生堂では100年以上もかけて、化粧水の処方の研究を重ねています。水分をただ与えるだけでなく、うるおい力自体を育てるというのが今の私たちの化粧水の考え方ですね」(櫻井さん)  でも、エイジングケアといえば、やっぱり美容液やクリームでは? 「バリア機能を担う角層は、水を通しにくい〝疎水的”な構造をしています。でも、その下にある表皮や真皮は水となじみやすい〝親水性”になっているんです。美白やハリに効くエイジングケア成分は水溶性のものが多く、そのままでは角層を通して肌の奥まで浸透するのはむずかしい。そこで、角層を化粧水の水分でいっぱいにして、通り道をつくることが大事なんです」(稲葉さん)  だからこそ、アラフォーは心して化粧水を取り扱うことがマスト。早速、トリセツを確認してほしい。化粧水でここまで肌は変わる!機能性成分「エクトイン」を用いた化粧水と乳液を4 週間続けた肌のほうれい線やキメが明らかに改善。資料提供/花王独自保湿成分アクアインプール配合の化粧水と乳液を使うことで、表情ジワも改善されている。資料提供/資生堂右)安全かつ確実な効果が期待できる美白有効成分TXCと透明感を引き出す天然有用成分ウメ フラワー エキス配合。ル ブラン クリームHL50g¥13,500(医薬部外品)/シャネル 左)ビタミンC誘導体の美白力に、速効透明感をかなえる3 種のブライトニングパウダー配合。ブラン ディヴァン クリーム50㎖¥11,500(医薬部外品)/パルファム ジバンシイ〔LVMHフレグランスブランズ〕>>アラフォー肌を変える!“化粧水”取り扱い説明書【Marisol 6月号2019年掲載】撮影/ケビン・チャン 取材・文/山崎敦子 構成/原 千乃 
  • 大人の髪問題を、ぶっちゃけ対談CHIEKO KURODA × IKUKO JIBIKI仲良しのお二人…OurAge世代の髪事情や最近のグレーヘアブームについて、本音でトーク!〈黒田さん〉シャツ¥48,000/アルピニスム(ロキト) 〈地曳さん〉トップス¥30,000/オット デザイン(ルーム エイト)「グレーヘアを素敵に決めるには、今まで以上に努力が必要!」(地曳)編集部   プライベートでも仲良しというモデルの黒田さんとスタイリストの地曳さん。まさにアワエイジ世代のお二人ですが、まずはそれぞれの白髪事情を伺えますか?黒田   私は額の生え際あたりに集中していて、頭頂部や後頭部にはほとんどありません。前髪に分け目をつけてなく、毛量が多いので、あまり目立たないみたい。でも1カ月に一度は染めています。地曳   私も生え際が多く、だいたい1カ月半に一度、美容室に行っています。その間は気になる部分だけ自分でリタッチ。くしがついたタイプを使って、一段明るい色でカバー。でも私も毛量が多いせいか、あまり目立ちません。黒田   同じ年齢でも、白髪の量やある場所、なかには、まだほとんどない人もいるから、本当に個人差が大きいですよね。やっぱり遺伝?地曳   いろんな要因があるとは思うけど、確かに個人差は大きいわね。そういえば、最近はちょっとしたグレーヘアブームじゃない?   実は私も染め続けるのも大変だな~と思って、検討してみたりもしたの。黒田   私の母はもう染めるのをやめて、今は真っ白。私もいつかは染めるのをやめたいけれど、さすがにまだ早いかなと思っています。地曳   白髪の量にもよるしね。私も行きつけの美容師さんに相談してみたのだけど、まだ量が少ないから、やめたほうがいいと言われました。黒田   素敵なグレーヘアにするためには、どの部分にどれだけの量があるのかが関係する気が…。それにどうしても老けて見えがちなので、なかなか決断するタイミングが難しい。地曳   雑誌に取り上げられているグレーヘアの方たちは、みんな美人で、メイクもきちんとしているから様になっているけれど、グレーヘアを素敵に決めるのは結構大変だと思う。黒田   そうそう、きちんと手入れしつつじゃないとね。次ページに続きます!→黒田知永子さん1961年生まれ。モデルとして多方面で活躍。ファッションや生活について二人のセンスや考え方を語った、黒田さんと地曳さんの共著『おしゃれ自由宣言!』(ダイヤモンド社)が好評発売中地曳   ナチュラルグレーヘアといっても、何もしなくていいわけじゃない。髪も肌もパサパサでは、ただの山姥(やまんば)になっちゃう(笑)。黒田   山姥⁉︎(笑)髪のツヤは大切よね。これはグレーヘアに限らず、黒髪や茶髪の人にも共通して言えることだけど。逆に言うと、髪がきれいならノーメイクでもなんとかなるような。髪は肌と同じように年齢が表れるところですよね。地曳   確かにそうね。どんなに格好いい服を着ていても、髪がパサパサだと残念な感じになってしまう。黒田   それからグレーヘアにすると、 似合う服なんかも変わってきそう。地曳   そうなの。私、以前に金髪にしたとき、今まで似合わなかった色がしっくりきた。グレーにしたら、またそれは変わるでしょうね。それも面白いから、試してみたい(笑)。黒田   いろいろ変わっていくのも楽 しいよね。地曳   ということは、染めるのが面倒、単にズボラだという理由、もしくははやりだからというだけでグレーヘアにするなら、やめたほうがいいかもしれませんね。黒田   とはいえ、私もいつかは染め るのをやめたいな~。地曳   顔がシワだらけなのに、髪だけ黒いというのも不自然だから、そのバランスのいいときなら無理がないかも。年齢でいうと 70 歳くらい?黒田   白髪の量との兼ね合いもあるし、なかにはアレルギーなどで染められなくなるケースもあるみたいなので、タイミングは人それぞれで決めればいいのかもしれませんね。地曳  早めに移行する人は、いろいろと覚悟すべし!(笑)黒田   それも楽しんでしまえればいいかもしれない。地曳いく子さん1959年生まれ。スタイリスト。「グレーヘアにすると美しさを維持する手間がかかる。染めるのが面倒という理由だけならやめたほうが無難二人の本音トークは次回に続きます。お楽しみに!撮影/前田 晃(MAETTICO)  ヘア&メイク/福沢京子 スタイリスト/地曳いく子 取材・原文/山村浩子
  • 毛穴も美白もエイジングケアも! その肌悩み、まるっと「ビタCコスメ」に任せちゃいなよ! 美容界のビタC通がビタCブームを語るニキビ、はり、シミ、くすみ……、どんな肌悩みにも寄り添ってくれるビタミンCがキテますキテます! 仕事にプライベートに何かとハードスケジュールなモア世代が攻略すべき“ビタCコスメ”の今をリポート! 美容界のビタC通3人に、最新ビタC情報を教えてもらいました!「青山ヒフ科クリニック」院長 亀山孝一郎先生 「すべての肌トラブルを解決してくれるビタミンC×美容成分のコラボに各社が熱視線!」「ビタミンCは、シミ・くすみ・シワ・たるみ・ニキビ・赤ら顔・毛穴の開き・敏感肌・乾燥肌など、ありとあらゆる肌トラブルを解決してくれる万能成分です。すべての肌トラブルを改善する以外にも、内服すれば、代謝促進・活性酸素除去・疲労低下・ストレス減少・自律神経バランスを整えるなど、いろいろな効果が期待できます。だから、ハードスケジュールをこなすモア世代にはぴったりの成分なのです。ぜひビタミンCを生活に取り入れてみてください」PROFILE|毛穴やニキビなど幅広い肌悩み治療を行う「青山ヒフ科クリニック」院長。高濃度ビタミンC療法の第一人者。ビタミンCを軸にしたコスメブランド『ドクターケイ』の開発も行っている美容コーディネーター 弓気田みずほさん 「安全性と信頼度の高い成分。日進月歩で研究が進んでいるから常に目が離せない存在です」「ビタミンCは美容の鉄板成分! そのマルチな効果にはいつも感動しきりです。スキンケアとしてもサプリメントとしても長く使われてきた安全性と信頼度の高さも魅力。昔から常に注目されている成分のため、体や肌にどう役立っているのか、また、効率的かつ効果的にどう働かせるかの研究が日々進化してきました。それと比例するようにビタミンCコスメが豊富になってきているように感じます」『ロート製薬』オバジ PR担当 阿部由美子さん 「実現不可能とされていたビタミンC濃度を達成。さらなる高みを目指してビタミンC研究は続きます」「美容クリニックでも重宝され、身近な成分であるビタミンC。あらゆる肌悩みに効き、その効果の実感度の高さから今、関心が高まっていると感じます。『ロート製薬』はこの15年もの間、ビタミンCの製剤研究に邁進してきました。そしてようやく不可能とされていたビタミンC濃度25%の美容液開発に成功。商品化できた達成感は大きいですが、“肌に効くことがすべて”の『オバジ』の想いと共に、さらなる研究に励んでいきます」今年の3月、ビタCコスメの代名詞『オバジ』に「C25」が新登場し、話題に!(右から)オバジC5セラム10㎖¥3000・オバジC10セラム12㎖¥4000・オバジC20セラム15㎖¥8000・オバジC25セラム ネオ12㎖¥10000/ロート製薬 ♡6月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 取材・文/海渡理恵 撮影/岩城裕哉 イラスト/村田エリー
  • ボーダーでハズすならアクセや靴&バッグは”きれいめ仕上げ”が鉄則!なんだかはっきりしないお天気......そんな日こそ、爽やかなグリーンのボーダーでテンションを上げて行こう♪ スカートはどんな効かせ色とも合わせやすく上品なベージュが使える。ボーダーが一点”可愛げなハズし”になるように、小物もかっちりショルダーやスカーフ、テラコッタのパンプスで美人に仕上げて。外打ち合わせでもきちんと感は問題ないし、テーブル映えするきれい色ボーダーがむしろ仕事相手にも好評! そのせいか、いつもより打ち合わせがスムーズにまとまったかも!?きれい色のボーダートップス¥10800/セント ジェームス代官山店 セットアップ¥13000・スカート¥16000/エレメントルール カスタマーサービス(バビロン) 靴¥46000/ゲストリスト(ルチェンティ) バッグ¥64000/アー・ペー・セー カスタマーサービス バングル¥30000/アイブイエックスエルシーディーエム 六本木ヒルズ ピアス¥1800/サンポークリエイト(アネモネ) スカーフ¥11000/フラッパーズ(マニプリ) ♡6月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) ヘア&メイク/木部明美(PEACE MONKEY)  モデル/飯豊まりえ スタイリスト/高野麻子 撮影協力/AWABEES EASE UTUWA TITLES
  • 「MAQUIA」7月号では、美容賢者が選んだプチプラコスメグランプリを発表。栄えあるスキンケア、メイクアップ部門それぞれのベストに輝いたアイテムは?第6回美容賢者45名が選ぶ、大人のための逸品が続々プチプラコスメグランプリ 2019発表!今や大人のビューティにマストとなりつつあるプチプラコスメ。拡大を続けるプチプラ市場の海から美容賢者が見つけた宝とは!? 欲しいアイテムが必ず見つかる、大人気グランプリの発表です。ベスト・オブ・スキンケア賞/589点イハダ薬用バーム [医薬部外品] 20g/資生堂薬品花粉に大気汚染、さらには激しい温度差など。環境の悪化を背景に増え続ける敏感肌の、お守り的アイテムが多くの票を獲得。「従来のワセリンのイメージを覆した、使いやすいテクスチャー」(藤原さん)、「体温でとろけるのにベタッとしない。スベスベの仕上がりまで連れて行ってくれる」(小林さん)、「メイクののりもよくなるから、肌が荒れて誰にも会いたくない日を、外に出たい日に変えてくれる」(神崎さん)\ ここがすごい! / □荒れる肌をしっかり守ってくれる保護力 □ワセリンなのにベタつかず、メイクのりもアップ「マイナス肌を0にではなく、プラスにまで上げてくれる」― 神崎 恵さん「肌のあらゆるトラブルに寄り添ってくれる」― 小林ひろ美さん「美容オイルのようななめらかさは、まさに感動ものです」― 藤原美智子さんベスト・オブ・メイクアップ賞/324点UZUアイオープニングライナー 全13色/UZU BY FLOWFUSHI“アイライナーを再発明する”。そんな意気込みで、筆、リキッド、本体のすべてにこだわり抜いた新アイテムが玉座をゲット。「見た目のワクワク感を裏切らない高機能」(中山さん)、「色はビビッドだけど軽くくすみ要素が入っていたりして、トレンド感抜群」(paku☆chanさん)、「テクニックがなくても思い通りのラインが描ける。メイクに変化球をつけられるカラーラインナップも素晴らしい」(藤井さん)\ ここがすごい! / □筆、リキッド、グリップのすべてを再発明 □メイクのルールを変える驚きのカラーバリエーション「とにかく描きやすいのひと言。しかもにじまない!」― 藤井優美さん「肌になじみながら高発色。色持ち絶品!」― paku☆chanさん「心がときめくカラーバリエーション」― 中山友恵さんもっと見る > 美容賢者45名【マキアスタッフ】マキア編集長 湯田桂子、マキア副編集長 伊藤かおり、マキア副編集長 清田恵美子、マキアエディター 木下理恵、マキアエディター 芹澤美希、マキアエディター 吉田百合、マキアビューティディレクター 髙橋美智子、マキアエディター 若菜遊子、マキアエディター 山下弓子、マキアエディター 火箱奈央、マキアエディター 萩原有紀、マキアライター 中島 彩、マキアオンラインプロデュサー 永山美里【使って吟味! アーティスト陣】ヘア&メイクアップアーティスト AYAさん、ヘア&メイクアップアーティスト イガリシノブさん、ヘア&メイクアップアーティスト 河嶋 希さん、ヘア&メイクアップアーティスト KUBOKIさん、ヘア&メイクアップアーティスト Georgeさん、ヘア&メイクアップアーティスト 千吉良恵子さん、ヘア&メイクアップアーティスト 長井かおりさん、ヘア&メイクアップアーティスト 中野明海さん、ヘア&メイクアップアーティスト 中山友恵さん、ヘア&メイクアップアーティスト 野口由佳さん、ヘア&メイクアップアーティスト paku☆chanさん、ヘア&メイクアップアーティスト 藤原美智子さん【製品を熟知。美容ライター陣】美容ジャーナリスト・ライター 小田ユイコさん、美容ジャーナリスト 鵜飼香子さん、美容ライター 浦安真利子さん、美容ライター 長田杏奈さん、美容ライター 風間裕美子さん、美容ライター 高見沢里子さん、美容ライター 柏谷麻夕子さん、美容ライター 関本陽子さん、美容ライター 谷口絵美さん、美容ライター 轟木あずささん、美容エディター 藤井優美さん、美容ライター 前野さちこさん、美容ライター 摩文仁こずえさん、美容ライター 森山和子さん【プロ中のプロ。美容家陣】美容家 神崎 恵さん、美容家 小林ひろ美さん、美容愛好家 野毛まゆりさん、中医美容研究家 濱田文恵さん、美容コーディネーター 弓気田みずほさん、美容家 石井美保さんMAQUIA7月号撮影/ヤノコージ〈STIJL〉(物) 荒川雅之〈近藤スタジオ〉(物) 取材・文/関本陽子 風間裕美子 構成/髙橋美智子(MAQUIA)【MAQUIA7月号は5月22日(水)発売】
関連キーワード

RECOMMEND