岩山とビーチ!オマーンの隠れ家リゾート「シックスセンシズ・ジギーベイ」(前編)

OurAge

こんにちは、ミーナです。旅行が大好き、これまでもOurAgeで旅の話をさせていただいてますが、今回はオマーンへの旅行のお話です。

オマーンという国、知らない人も多いかと思いますが、アラビア半島の東側、ドバイやアブダビのあるUAE(アラブ首長国連邦)の東南の隣国です。

Oman political map with capital Muscat, national borders and important cities. English labeling and scaling. Illustration.

海が好き、絶景好き、ワイルドな自然が好き、でも不便なのは嫌い、というわがままミーナが、すっかりお気に入りになった国です。

日本ではあまり知られていないオマーンに行ってみたいと思ったきっかけは、雑誌かウェブか、どちらで見たかはもう覚えていないのですが、下の写真なんです。

見出しには、

「パラグライダーでチェックイン!できるリゾート」って、書いてました!!

当然、え〜っ、何〜!?、ってなりますよね。

ものすごいロケーションにあるビーチリゾート!

しかも、あのシックスセンシズ(Six Senses)。

オマーンという国にあるこのリゾート、

いつかは絶対行ってみた〜い、と心に刻まれていたのです。

1oman zighy parasail

この写真は、Six Senses Zighy Bay  のウェブサイトより

とはいうものの、なかなか行く機会もなく、しばらくは忘れていたのです。ところが、昨年暮れにアナンタラ(Anantara)というホテルグループからのメールに“オマーンに新しいリゾート2軒オープン”というお知らせが載っていたり、海外の旅行サイトからのメールに“2017年注目の旅行先はオマーン”という記事があったり、オマーンの情報が私の周りに集まってきたのです。

この春、まとまった休みが取れる機会があり、さてどこに行こうかと考え始めたところだったので、オマーンが急浮上。リサーチすると、ビーチはもちろんですが、砂漠やオアシスに行けて、実は3000メートル級の山脈に山のリゾートもあって、すごく多彩なんです。シックスセンシズ、アナンタラ以外にも、シャングリラやリッツ・カールトンなど、名だたるホテルチェーンのリゾートあり。欧米では、どうやら人気のデステイネーションらしい。「海が好き、絶景好き、ワイルドな自然が好き、でも不便なのは嫌」というミーナの嗜好にぴったり。砂漠気候のアラビア半島の国ゆえ、雨の心配がまずない、というのも決め手になりました。

というわけで、前置きが長くなりましたが、オマーンに旅してまいりました。

1回目は、きっかけとなったシックスセンシズ・ジギーベイ(Six Senses Zighy Bay )のご紹介から。このジギーベイというところ、ちょっとわかりにくいのですが、アラビア半島の北端、UAEを挟んだムサンダム半島先端部のオマーンの飛地=ムサンダム特別行政区にあります。オマーンの他の地域は首都マスカット(Muscat)を起点として旅行するのが一般的ですが、ジギーベイはドバイから陸路移動する方が便利なのです。

ドバイの空港からリゾートまで、シックスセンシズに頼んでいた送迎車の車窓からの眺めです。

2oman zighy roadtrip

約2 時間のドライブ、まずはハイウエイでドバイの砂漠地帯をオマーン国境に向けて走りました。途中から砂漠の光景がどんどん険しい岩山に変わっていきます。山といっても、緑はほぼなくゴツゴツした岩そのもの。国境を通過し、大きな山の麓に。

3oman zighy road

見えました〜 シックスセンシズ・ジギーベイのロゴです。ここからは、急な山道を車でずんずん登っていきます。そして峠にさしかかり、見えたのがあの絶景!

次ページに続きます。

ミーナが衝撃を受けた、秘境のリゾートを見渡す絶景です。

ここからパラグライダーで飛んで行くなんて、どんなにすごいんだろう・・・

とびっくり、ジギーベイを目指して車で急斜面を下っていきます。

(パラグライダーでのチェックインというのは、このあたりからパラグライダーに乗せてくれるらしい。もちろん別料金)

4oman zighy view

山の反対側、たどり着いたのはなんだか砂漠のオアシスのような趣きのところで、大きな館がメインの建物のよう。

5oman zighy oasis

5oman zighy main building

広い館のロビーは、パープルを基調としたファブリック使いがとってもおしゃれ!これからの滞在が楽しみです。

6oman zighy lobby

アラブの国らしいナツメのスムージーやドライフルーツのおもてなし。

7oman zighy welcome drink

リゾートは、オマーンの村がコンセプトだそう。どおりで、エントランスがオアシスっぽかったんですね。広大なリゾート全体が村の作りそのもので、ヴィラの間を歩いていると、どこかの村に迷い込んだかのようです。

8oman zighy village

椰子が生い茂る村(?)にある宿泊ヴィラは80棟以上。次ページでご紹介。

こちらが、ミーナの宿泊するヴィラの入り口。敷地が広いので、移動用の自転車が各ヴィラに用意されています。もちろん、電話ひとつでカートがお迎えに来てくれますよ。石垣に囲まれた一戸建てのヴィラは、オマーンの沿岸部の伝統的な建物の外観を模しているそうで、一見超素朴なんですが・・・

9oman zighy villa entrance

中は、80㎡越えで、入って左にリビングスペースがあり、右は寝室、バスルームと続いています。ゆったりくつろげるナチュラルシックなインテリアは、最近のリゾートのトレンド、エコで飾らないラグジュアリーといったところでしょうか。

10oman zighy bedroom

リビングエリアと一体となった屋外テラスには、ダイニングテーブルやビーチチェアも。レストランの食事はボリュームが多かったので、夜でもルームサービスで軽く食べられるのが良かったです。どのヴィラにもプールがあり、それも広さ、深さ共に充分満足できるのがうれしい。お庭のソファスペースも、お茶しながら読書に最適でした。

11oman zighy villa pool

バスルームは、本当にゆったり。シャワーは屋内にも屋外にもあります。

12oman zighy bath

庭からプール越しにヴィラを眺めたところ。背後に岩山が迫っている、リゾートのロケーションがよくわかります。庭のソファスペースから、夕刻の山の眺めも素晴らしかったです。

13oman zighy villa

私たちはビーチから少し奥まったカテゴリーのヴィラに泊まったのですが、ビーチフロントにあるヴィラはご覧の通り。庭のフェンスを開け放つと、目の前はビーチがどーんという好立地。この枝でできたフェンスなどの建築スタイルは、オマーンの沿岸部の伝統的なもの。

14oman zighy beachfront

目の前のビーチがこちら。なんと長さ1.6キロもあるそう。岩山に囲まれた湾に白い砂浜と真っ青な海!なかなかない光景に圧倒され、ビーチを歩くのが楽しみでした。

15oman zighy bay beach

景色もすごいけれど、リゾートの施設も素敵です。ご紹介は次回に。

シックスセンシズ・ジギーベイ(Six Senses Zighy Bay )

http://www.sixsenses.com/resorts/zighy-bay/destination

関連記事
  • カジュアルさが加わり、よりデイリーに使いやすくなったロエベの新作。クラフツマンシップあふれるバッグと、愛嬌たっぷりなスモールレザーグッズは、手にするたびに気分もおしゃれも上向きに!一筋縄ではいかない個性派がおしゃれを活気づける【LOEWE】クラフツマンシップあふれる「ゲート トップ ハンドル バッグ」からはリネン×カーフレザーの新作が到着。カジュアルさが加わり、よりデイリーに使いやすく。バッグ(25.5×38×15)¥298000/ロエベジャパン カスタマーサービス(ロエベ)薄型&細ストラップで上質さもたっぷり。ストラップつき財布(10.5×21×2.7)¥119000/ロエベジャパン カスタマーサービス(ロエベ)マウスモチーフのチャームは尻尾まで愛嬌たっぷり。チャーム(6×11×6.5)¥52000/ロエベジャパン カスタマーサービス(ロエベ)アナグラム模様が繰り返し刻まれたデザイン。名刺ケース(7.5×11×2.5)¥37000/ロエベジャパン カスタマーサービス(ロエベ)サイドのメタルパーツに鍵をつけたり、またバッグのチャームとしての携帯も可能に。財布(6.5×12.5×3)¥64000/ロエベジャパン カスタマーサービス(ロエベ)撮影/魚地武大〈TENT〉 スタイリスト/後藤未央 ※( )内の数字は(高さ×幅×マチ)で単位は㎝です ※2019年BAILA2月号掲載
  • 大好きなお姉ちゃん(的存在)にとっても素敵なお店に連れて行ってもらい、今年初デート^^銀座の数寄屋橋交差点「東急プラザ銀座」最上階に店を構える、モダンギリシャレストラン「THE APOLLO」。 "素材の組み合わせが新鮮でね、味付けや味付け盛り付けも面白いものが多いよ!" そんなお姉ちゃん(通常: ねね)のおすすめで頼んだのは。。♡ふわっふわのチーズとパセリの風味が口の中でとろけて香る♡「キノコのサラダ、リコッタチーズ、イタリアンパセリ」優しい風味がやみつきになるっ!「シーフードとズッキーニのフリット・ガーリックマヨ添え」ぷちぷちザクロ×特製マカダミアナッツソースのコラボにノックアウト…!ジューシーな肩ロースとの相性もたまらない「豚肩ロースのグリル、マカダミアナッツ、ザクロ」さすが世界無形文化遺産にも登録されているギリシャ料理。 アパタイザ〜メインに至るまで、食材の特徴を活かしつつ「おっ」と思わせてくれる楽しい味の仕掛けをたくさん感じました!シンプルでスタイリッシュなインテリアと気持ちいいほどの高い天井、もちろん景色も最高! 窓際をおさえたかったら、平日でも事前の予約をおすすめします。もう15年くらい姉妹やってる♡私の人生の半分はねねとの思い出でできています。いつもありがとう。ち・な・み・に、 元食べ痩せダイエッターとしての外食できれいになるためのアドバイスとしましては。。 アパタイザ・サイド・メインの中から絶対食べたいメニューをまずチョイス! ↓ そこを基準に他のお料理の味付け(調理法)やボリュームを決める ↓ おいしく食べてきれいになれる♡ このサイクルが自然と生み出せます^^ 今回を例に挙げるならば、メインの豚肩ロースは程よい脂質を楽しめるグリルメニューをセレクトしました。 そこをベースにしつつ、軽めの揚げものと酵素&ミネラルも両方摂れそうなキノコ・パセリのサラダを一緒に^^ おかげさまで翌日も胃もたれなどはゼロ♡ 食べることを楽しみながら、インナーヘルスと体型もキープです^^ さ、今日は何たべようかな〜♡ #食い意地とダイエットの二人三脚 -きれいとおいしいはつくれる- / follow me! \ 簡単華やかなビューティーレシピやテーブルスタイリングなどをPOSTしてます♡↓Instagramスーパーバイラーズ 池ももこのブログ
  • ペナン島の旅行記、 お読みいただきありがとうございます。 世界遺産に登録されている街であること、 物価の安さ、 ホテルの快適さ、 お伝えしてきましたが、 ペナン島に行くなら是非立ち寄って欲しい場所があります。 それは 「オランウータン リハビリセンター」。 あ、 怪我したオランウータンがリハビリしているわけではありません!笑 湖を船で渡り、オランウータンの住む島に行くのです! なぜオランウータンなのか、と言いますと、 オランウータンって今後絶滅してしまう恐れが非常に高い生き物なんだそうです。 その理由は 「赤ちゃんの頃におへその病気になってしまう子が多い」 そうで、 病気の子が生まれてしまうと、お母さんオランウータンが育児をやめてしまうそうです。 医師がいなければ治らないため、 オランウータンを増やし、育てるためには、人の力が必要なんだとか。 そんな中で、このマレーシアでは オランウータンを絶滅させないように、と 保護区が3つもあり、医療の体制も整えているのです。 そんな話を聞いてから会いに行ったオランウータン。 尊い。 そして可愛い。 この子は生まれて間もない 赤ちゃんオランウータン。 病気もなく、すくすくと育っています。とっても元気いっぱいで、 木の枝を渡してくれて、 綱引きに誘ってくれました←勝手な解釈。 はっけよーい のこったのこったーーーー!!←もはや相撲。両者譲らず。 しかし、赤ちゃんオランウータンが本気を出したところ、 勢い余って、、、、、 ひっくり返ったーーーー!!!! そしてなぜか私も同じポーズーー!! その後もなんども 木の枝をこっちに渡してきて、 とっても愛らしかったです。 こんなにオランウータンと至近距離で触れ合えるなんて 初めてでした。 他にもたくさんのオランウータンがいて、 のんびりと過ごしていました。 島に住んでいるので、 動物園の雰囲気とは全く違い、 リラックスして生活しているなと思いましたよー。 日本にはない環境を知ることができるのも、旅の醍醐味です。 この施設がずっと存続するためには、資金が必要ですし、 観光客の力も必要だと感じました。 オランウータンがずっとこの世界にい続けられますように。スーパーバイラーズ 堤友香のブログ
  • 西麻布にあるミシュラン2つ星のフレンチレストラン。お噂通り、お噂以上の美味しさでした!評判がよくって、 ずっとずっと行きたかったお店に やっと行くことができました! 週末のランチタイムの予約は取れにくく、 2ヶ月前から予約。 最寄りの表参道の駅からは 徒歩だと15分弱かかり、 アクセスはあまり良くないなぁと思って タクシーで到着したら、、、 ???? 来たことある外観。 ???? そう、むかしむかし、 お気に入りだったレストラン&バーがあった場所だったんです! 初めてバーニャカウダに出会った場所、 バーニャカウダの美味しさを知った場所、 たしか、そこのバーニャカウダには 隠し味に、白味噌を使ってるって言ってたなぁ、 なんて細かい記憶まで蘇ってきました。 案内された席は 半個室でしたが、 店内の窓からは 緑が見え、 優しい光が入り込み、 寛げる空間。 他の画像を見るお料理は、 フレンチだけど、 バターの濃厚なソース系ではなく、 お出汁を生かした優しいお味。 お出汁には、鰹や昆布の日本素材を使ったり、 生ハムのお出汁もあると仰ってました。 どこかで見たことのあるアップルパイのパッケージは、 シェフの思い出から生み出させたもの。 日々更新され、 わたしが訪れたときは35代目。 あん肝とマッシュルームと黒トリュフのパイでした。 また、蕪のお料理は、 1年中、同じ料理法味付けで提供され、 季節によって同じものなのに違う味を楽しむ こちらのレストランの定点。 今の季節は、蕪の甘みが生きたお味になってました。 そして、 デザートと供に提供されるのは コーヒー紅茶ではなく お抹茶。 目の前で点てていただけます。 特注のガラスの器が、モダンで素敵でした。 お料理の数々は本当に本当に美味しくて、 お店の方のサービスが、 ほどよい距離感で心地いい。 大のお気に入りのレストランになりました。 地下にある個室であれば 子供連れでもOKで、 わたしが訪れたときもベビーカー連れのファミリーで来てるお客さんがいましたよ。 ▶︎▶︎L’Effervescence HPまた絶対に絶対に行きます!! あー、美味しかった。 幸せなランチでした。 ▶︎My instagram 美女組No.113michiのブログ
  • 取引先と新年会。カラーレスにまとめスマートに目上の女性が多い会だから、モノトーンであえて辛口に振りきり、凜とした印象に。ホワイトのトップスで上半身に抜け感を作れば、重たすぎない雰囲気に。バッグにつけたスカーフでさりげなく華やかさを足したのもポイント。新年会がかなり盛り上がり、2軒目に行ったのはおしゃれなバー。おいしいお酒を飲みながら、リラックスした雰囲気で話が弾んだ! 尊敬できる目上の女性達と仕事できる私って結構幸せ者だな、なんて考えながら終電で帰宅。今年も仕事に手を抜かす、いい企画を作ろう!パンツ¥8990/プラステ ハイネックカットソー¥10000/スローン コート¥74000/ザ・リラクス フィッティングハウス(ザ・リラクス) バッグ¥325000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ) スカーフ¥7800/フラッパーズ(マニプリ) 時計¥50000/セイコーウオッチ(セイコー ドルチェ) 靴¥81000/ピエールアルディ 東京(ピエール アルディ)【今月のPROFILE】〝辛め〟ゆる華通勤OLの花 広告会社勤務で、企画やコピーを手がけるプランナー。外回りが多く、仕事柄トレンドにも敏感。休日もアクティブに過ごすのが好き。辛めの洗練スタイルが定番。ネコ好きで現在彼氏募集中。明日のコーデ写真一覧へ>>明日のおすすめ着回しアイテム【黒テーパードパンツ】 シンプルテーパードは美ラインのものを吟味。保温効果が期待できるウォームリザーブ素材も優秀。¥8990/プラステ【ホワイトハイネックカットソー】 シンプルなタートルカットソーは、今季らしい重ね着のインナーとしても大活躍。レフ板効果のあるクリアな白を。¥10000/スローン 【グレーオーバーサイズコート】 バサッと羽織ってさまになるメンズライクなロングウールコート。オンもオフも頼れる。¥74000/ザ・リラクス フィッティングハウス(ザ・リラクス)「今月のおすすめパンツ着回しアイテム」まとめはこちらから>>関連アイテムをこちらで買えます! 画面をタップ♪【関連商品】3can4on(Ladies) 【吸湿発熱】ギャザーハイネックプルオーバー ¥1393(¥1990の30%オフ) +税【関連商品】12closet 【福田麻琴さんコラボ】【洗える】センターシームあったかウールパンツ ¥6860(¥9800の30%オフ)+税撮影/SHINTARO スタイリスト/室井由美子 取材/榎本洋子 文/衛藤理絵 
  • 日々たくさんの情報を発信してくれるモア公式ブロガー【モアハピ部】。彼女たちのブログには、ファッション、ビューティ、グルメなどモア世代がハッピーに過ごすヒントがたっぷり!今週人気のあったファッション・ビューティー・ライフそれぞれのランキングを発表しちゃいます☆ 今モア世代がリアルに気になっていること、注目していることをチェック♡ ※記事発信時点での情報のため、入手困難な場合や、販売・セール・イベント等が終了している場合があります。まずはファッションの人気記事から!モアガールは『ユニクロ』、『GU』、『テチチ』がお好き♡【ファッション人気記事】♡第3位♡『テチチ』初売り戦利品! 第3位は、No.613 みおしーさんが初売りセールで購入した『テチチ』のニットセットアップ。上品に着まわせて超使える♪ とご満悦です♡ ▶︎▶︎上下で¥7000!♡第2位♡今週のコーデまとめvol.44 第2位は、No.395 みそさんがお届けしてくれている【甘めカジュアル派の7days】。『ミスティック』の福袋の中身を着まわしてみたり、参考になるコーデをチェックしてみて。 ▶︎▶︎お仕事コーデも♡第1位♡プチ旅行の参考に 第1位は、No.562 しょこたうるすさんが教える『GU』、『ユニクロ』4アイテムで3日分の着まわし! イエローのニット×ジャンパースカートをあわせてみたり、真似できるコーデにご注目♪ ▶︎▶︎ちゃんとおしゃれ!今話題のアイテムは『ディオール』、『ソフィーナ』のこれだ!【ビューティー人気記事】♡第3位♡「ディオール アディクト リップ マキシマイザー」 第3位は、No.570 しんしんさんがお守り♥と言い切る「ディオール アディクト リップ マキシマイザー」。発売されたばかりの新作をGETできてハッピーな様子。 ▶︎▶︎007 ラズベリーに一目惚れ! ♡第2位♡土台美容液がすごい! 第2位は、No.655 Yukipiさんが試した『ソフィーナ』の「土台美容液」。乾燥気味だったのが つい触りたくなるような肌質になったと大絶賛です♪ ▶︎▶︎これは買い! ♡第1位♡なくてはならない必需品 第1位は、No.497 ayachilleさんの、帰省や旅行の際の化粧ポーチスタメンラインナップ! 『無印良品』のポーチの中には、『セルヴォーク』や『アディクション』のあのアイテムが!! ▶︎▶︎季節によっても変わります♪ 圧倒的人気★『PAUL』四谷店の日曜日限定モーニングブッフェ!!【ライフスタイル人気記事】♡第3位♡浅草食べ歩きグルメ 第3位は、No.525 mikiさんが紹介する浅草の食べ歩きグルメ4選。おかきにお団子、コロッケなど、絶妙なラインナップを見逃さないで♡ ▶︎▶︎どれもこれもおすすめ ♡第2位♡初詣で神社巡り! 第2位は、No.680 まぐちゃんさんが初詣で訪れた埼玉の「氷川神社」、東京の「愛宕神社」と「明治神宮」を紹介。御朱印もお正月仕様で満喫できたそう♪ ▶︎▶︎良い年になりますように ♡第1位♡『PAUL』のモーニングブッフェ! 第1位は、No.366 Yumiさんが朝6:40分から並んだ『PAUL』アトレ四谷店限定のモーニングブッフェ!! 日曜日にしか開催していないブッフェでは、カヌレやクロワッサンなどのパンはもちろん、グラタンやキッシュ、パスタなど、種類が豊富で大満足!!! ▶︎▶︎並ぶ価値ありすぎ ★今回のランキングは1/7(月)~1/13(日)のデータをもとに作成しました。モア世代の"リアル"が詰まった記事をお見逃しなく!→モアハピ部の最新ブログはこちらから
  • エクラ世代の美容愛好家・野毛まゆりとビューティライター北林道子が、「知りたいのにどこにも情報がない」、「これって本当のところ、どうなの?」といったエクラ世代の美容の疑問を調査&ご紹介! 1月のテーマ「効率保湿」〜No.2<ヘアケア>〜 リップに続く、乾燥対策第二弾は「髪」。朝キレイに仕上げても、ただでさえ時間が経つとパサパサ、ボサボサになりがちな髪。そこに乾燥が加われば、スタイリングの手間が増えるだけでなく、髪のダメージが進むのは必須。シャンプーやトリートメントなどの「インバスケア」でじっくり保湿するのはもちろんですが、今回は出かける前や外出時の「困った」にフォーカス。まとまりとツヤを取り戻す、短時間でできる”ちょっとした”ケアとアイテムを紹介します! 乾く髪には迷わず「オイル」。ベタつかない理想のしっとり感に仕上げる方法は?「パサつきやゴワつきは気になるけど、オイルやクリームをつけすぎると今度はベタつく。髪のボリューム感が気になってくる世代にとって、そのあたりの微調整は悩みどころ。私も細くぺたっとなりがちな髪なので、夜のシャンプー後より、朝のスタイリング時を重視。まず、仕上げに使うツヤ出しスプレーをあえてブロー前に吹きかけ、スプレーのコーティング力を生かして、全体を1本1本セパレートしたサラサラの状態に整えます」(野毛)「それでも毛先は遊ぶので、ブローしたあと、オイルを2プッシュ取り、毛先にだけなじませます。オイルをとったら軽く手でのばして、鏡を見て左右同時になじませるのが、ムラづきを防ぐコツ(写真左)。最後にオイルが残った手で、軽く髪表面をなでるようになじませる(写真右)と、遊び毛もなじんで完璧な仕上がりになります」(野毛)「オーガニックのラベンダー、ベルガモット、ジンジャーリリーなど、19種のエッセンシャルオイルからなる”ドライヘア専用”オイル。ノンシリコンとは思えないほどサラサラなのに、乾燥した髪をしっかりうるおして、理想的な「落ち着き感」をかなえます。ヘアオイルはいろいろ使いましたが、これを使い始めてから髪のパサつきが激減。シャンプー後にも使います」(北林)ドライレメディー シリーズ デイリー モイスチュア オイル 30ml ¥3,200/アヴェダアヴェダの公式サイトはこちら「コクのあるオイルですが、スッとなじみ、重ねづけしてもべたつかず、指通りさらさらの感触をキープ。保湿だけでなく、ヘアカラーの退色を防ぐ効果や、ドライヤーの熱から髪を守る効果などもあり意外と多機能。ほのかなグリーンの香りにも癒されます」(北林)。プレディア オイルドロップ 50ml ¥2,200/コーセープレディアの公式サイトはこちら 視点を変えれば、ミストが心強い”即席保湿”アイテムに早変わり! 「持ち運べるサイズの”美容液ミスト”は、どこでもうるおい補給ができる冬の必需品! 髪専用のものは髪にしか使えないので、私はフェイスミストを携帯。顔を保湿したついでに髪に、首に、手にとひとつで何役もこなし万能です。乾燥による髪の静電気もすぐに解消しますし、保湿ケアも万全。ブラッシング時に使うと、引っかかりもなくスムーズなので、髪のダメージケアにも有効」(北林)ベネフィーク ハイドロミストジーニアス57ml ¥2,600 (編集部調べ)/資生堂 ベネフィークの公式サイトはこちら 美容愛好家 野毛まゆり外資系化粧品会社の販売・教育を担当したのち、広報PRに。その後退職し、大手化粧品会社の新ブランドの立ち上げなどに携わる。化粧品業界で培った豊富な知識と経験を生かし、女性誌を中心に、美容愛好家として活躍中。 美容ライター 北林道子大学時代よりライターを始め、エクラ世代が経験してきた美容トレンド&悩みをひととおり知り尽くすひとり。美容誌やエクラをはじめとする女性誌、webなどで、美容テーマを長年にわたり担当。 「お悩みずばっと解決!美容塾」は、毎月5日・15日・25日に配信予定です。
  • 定番スニーカーはきれいめに合わせて、着こなしをアップデートしてみませんか重くなりがちな冬も、ホワイトカラーを使ってワントーンコーデにすると爽やかに。ゆるっとしたシルエットとキャンバス地のスニーカーがリラックス感を感じさせてくれます。 首元にもボトムにもボリュームのあるコーディネートなので、足元の白スニーカーで、軽やかさを調節。knit GALERIE VIE pants GU shoes CONVERSE coat LAGUNAMOON アウターをチェスターコートからダウンコートにチェンジすると、よりカジュアルな印象に。ちなみにボトムは、完売続出のGUの美脚ニットパンツ。 きれいめに使えて、洗練された印象を与えてくれる「ミラノリブニットワイドパンツ」です。 ヒップラインを拾いすぎないシルエットなので、下半身がスッキリ華奢見えします。 とはいえ、ラフさと端正なルックスを兼ね備えたギャルリー・ヴィーのニットを合わせれば安心。スリッポン(紐なし)タイプはカジュアルになりすぎず、使いやすいです!ピンクのヒートテックレギンスはホワイトパンツのインナーにぴったり!あったか! さらに、ダウンコートはそのままに、ボトムをロングスカートにチェンジしても。ロング丈のスカートがトレンドな今シーズンはプリーツスカートも長め丈が人気。 プリーツスカート自体がきれいめな印象なので、スニーカーにボリュームトップスを合わせてカジュアルに着るとバランス良く見えます。グレーのニットにグレーのスカートでワントーンにするのが、コーデにまとまりを出すコツ。 グレーのヒートテックタイツを合わせれば、ちらっと見えてもトーンが揃って、しかもあたたかい♡knit Mystrada skirt SUGAR BISKET coat GAP bag ZAKKA-BOX美女組No.161 愛のブログ
関連キーワード

RECOMMEND