Part2 快適な日々を始めるために! 買うべき「老眼鏡」Q&A⑤
OurAge

目の不調には、この対策!

過去、OurAgeでは「飛蚊症(ひぶんしょう)」「加齢黄斑変性(かれいおうはんへんせい)」「眼瞼下 垂(がんけんかすい)」など、さまざまな目の不調を取り上げてきました。そしてそのたびに反響の大きさに驚かされました。

やはりみんな「見えにくさ」を感じている、目の悩みを抱えている…そこで今回は気になる「目」について、Part1~6に分けて大特集でお届けします!

Part 2

いつからかけるべき? 私に合うレンズは?

素朴な疑問からおしゃれメガネ店まで、ALLナビ!

買うべき「老眼鏡」教えます!

老眼だからとネガティブにならないで。最適な老眼鏡を手に入れることこそ、快適な日々の始まりです!

スマートに美しく、時に楽しく老眼鏡とつき合うすべを紹介します。

Q & A

既製orオーダー? 購入の疑問

 

「老眼鏡は手元がよく見えればそれでいい」なんて安易に考えていませんか?

健康のためにも美容のためにも予備知識は大切です。

今回は、「既製orオーダー? 購入の疑問」Q&A17~19までをご紹介します。

[ 教えてくれたのは… ]

■大倉萬佐子さん(眼科医)/Masako Okura

1961年生まれ。本誌「素敵女医」シリーズでもお馴染み。アイクリニック天神院長、瞳美容研究所代表理事。目から始まる美容と医療を合わせた「瞳美容」をキーワードに活動

■岡田哲哉さん(グローブスペックス代表)/Tetsuya Okada

1959年生まれ。2017年「世界一のメガネ店」に選ばれた「グローブスペックス」代表。ファッションとしてのメガネ、医療機器としてのメガネ、どちらの知識も豊富

■古屋和義さん(れんず屋代表)/Kazuyoshi Furuya

1965年生まれ。日本初のメガネレンズ専門店「れんず屋」を主宰。フレームは買わずにレンズ交換だけでOKという懐の深さも、レンズの在庫数も驚異的

MyAge_012_049-老眼鏡の度数チェック表

Q17.

拡大鏡(ルーペ)と老眼鏡はどう違うの?

A.

拡大鏡(=ルーペ)は、小さいものを拡大して見せますが、老眼鏡は目の焦点を合わせて見せるので、拡大はごくわずか。拡大鏡は小さいものに近づけて使いますが、老眼鏡は自分の目に近づけないと見えません。(岡田さん)

メガネをかけたくないシーンで、小さい文字が見えないときのために、コンパクトな拡大鏡を持ち歩くと便利。ライト付きなどもあります

メガネをかけたくないシーンで、小さい文字が見えないときのために、コンパクトな拡大鏡を持ち歩くと便利。ライト付きなどもあります

Q18.

眼科とメガネ店の視力検査は違うの?

A.

眼科は目の健康や疾患などを診断してもらうところ。基本的には、視力検査もそのために行われます。メガネ店はメガネを作るための視力測定をするところです。目に違和感などがある場合は、まずは眼科での受診をおすすめします。(古屋さん)

Q19.

老眼鏡に見えない選び方は?

A.

いかにも老眼鏡に見えるといえば、いわゆる小玉がついて境目くっきりの二重焦点レンズが入ったメガネ。ほとんど見かけなくなった今、あえてそれを選ぶ人はいないと思いますが。最近はメガネフレームもおしゃれに進化して、ファッションアクセサリーのようなタイプも。また、メガネアクセサリーも手伝って、老眼鏡もどんどん楽しくなってきています。(岡田さん)

ロサンゼルス発のラ・ループは、ハイセンスなネックレス型グラスホルダーのブランド。老眼鏡を取りつけてもそうとは見えないおしゃれ感! 夏はサングラスをつけても絵になります

ロサンゼルス発のラ・ループは、ハイセンスなネックレス型グラスホルダーのブランド。老眼鏡を取りつけてもそうとは見えないおしゃれ感! 夏はサングラスをつけても絵になります

撮影/フルフォード海 構成・原文/蓮見則子

次回は、「老眼レンズに関する疑問」Q&A20~25についてご紹介します。

SHARE
この記事が気に入ったらシェアしよう!

RECOMMEND