Part2 快適な日々を始めるために! 買うべき「老眼鏡」Q&A⑦
OurAge

目の不調には、この対策!

過去、OurAgeでは「飛蚊症(ひぶんしょう)」「加齢黄斑変性(かれいおうはんへんせい)」「眼瞼下 垂(がんけんかすい)」など、さまざまな目の不調を取り上げてきました。そしてそのたびに反響の大きさに驚かされました。

やはりみんな「見えにくさ」を感じている、目の悩みを抱えている…そこで今回は気になる「目」について、Part1~6に分けて大特集でお届けします!

Part 2

いつからかけるべき? 私に合うレンズは?

素朴な疑問からおしゃれメガネ店まで、ALLナビ!

買うべき「老眼鏡」教えます!

老眼だからとネガティブにならないで。最適な老眼鏡を手に入れることこそ、快適な日々の始まりです!

スマートに美しく、時に楽しく老眼鏡とつき合うすべを紹介します。

Q & A

老眼レンズに関する疑問

老眼鏡とはいえ、選ぶときの目安になるのはなんといってもレンズそのもの。

レンズの種類を知っておくといざ買おうというとき、スムーズです。

今回は、「老眼レンズに関する疑問」Q&A26~27までをご紹介します。

[ 教えてくれたのは… ]

■大倉萬佐子さん(眼科医)/Masako Okura

1961年生まれ。本誌「素敵女医」シリーズでもお馴染み。アイクリニック天神院長、瞳美容研究所代表理事。目から始まる美容と医療を合わせた「瞳美容」をキーワードに活動

■岡田哲哉さん(グローブスペックス代表)/Tetsuya Okada

1959年生まれ。2017年「世界一のメガネ店」に選ばれた「グローブスペックス」代表。ファッションとしてのメガネ、医療機器としてのメガネ、どちらの知識も豊富

■古屋和義さん(れんず屋代表)/Kazuyoshi Furuya

1965年生まれ。日本初のメガネレンズ専門店「れんず屋」を主宰。フレームは買わずにレンズ交換だけでOKという懐の深さも、レンズの在庫数も驚異的

MyAge_012_051-老眼鏡NG表

Q26.

老眼レンズには、おもにどんな種類がありますか?

A.

大きく分けると5種類。見え方を近視用と比較してみましょう。(古屋さん)

■〈近視用〉遠用単焦点レンズ■

遠方がよく見える、老眼鏡と対極のレンズ
●近視・乱視を補正して遠方を見やすく。
●近くを見るときは調整が必要。
●パソコン用に度数を設定して作ることも可能。

MyAge_012_051-〈近視用〉遠用単焦点レンズ

1.手元用単焦点レンズ

手元専用。見え方に奥行きがないのが特徴

●近くをはっきり見たい人向き。安価なものも多い。

●読書には向くがパソコン作業には不向き。

●遠方が見えないのでかけはずしが多くなる。

MyAge_012_051-手元用単焦点レンズ

2.近々ワイドレンズ

手元の視野が広く、デスクワーク専用

●デスクワーク専用レンズ。手元~パソコン重視。

●かけたまま歩くことはできない。

●近方重視の設計で、選ぶタイプで奥行きが変わる。

MyAge_012_051-近々ワイドレンズ

次ページに続きます。

 3.中近室内用レンズ

デスクワーク中心で、室内の視野が広い

●手元~パソコン~テレビなど、室内視野が快適。

●大型パソコンモニターや2台使いには不向き。

●会議室などでは顔も見えるが、遠方は見えにくい。

MyAge_012_051-中近室内用レンズ

4.遠近両用レンズ

手元から遠方まで見えるが、中間視野は狭め

●遠方を見るのを基本に、パソコンや読書も可能。

●中間~手元の視野が狭いため、仕事には適さない。

●近くを見るときは、レンズの下方で見る必要がある。

MyAge_012_051-遠近両用レンズ

5.アシスト設計レンズ

目の負担を軽減してくれる高機能レンズ

●目の調整力をアシストするので、眼精疲労を予防。

●パソコンやスマホを長時間使う人に最適。

●老眼初期用の高機能レンズ。

MyAge_012_051-アシスト設計レンズ

Q27.

遠近両用レンズは慣れにくいって本当ですか?

A.

遠近両用レンズは下側で手元を、上部で遠方を見るようにできているため、慣れないうちはぎこちなく感じる人も。慣れるまでの期間は1~2週間。老眼初期で初めてかける人は慣れやすいのですが、度が進んでからだと慣れにくいといわれています。(岡田さん)

次回は、快適な日々を始めるために選ぶべきレンズについて、YESorNOのチャート形式でご紹介します。

イラスト/かくたりかこ 構成・原文/蓮見則子

SHARE
この記事が気に入ったらシェアしよう!

RECOMMEND