前髪巻く派のセルフカット★ 女らしいくしゅバングの切り方を超ていねい解説!

non-no Web

巻くのが前提だから、長め×軽めにカット!

ニット¥6900/dazzlin イヤリング¥1400/お世話や(Osewaya)

髪専用のカットバサミとコーム、前髪をブロッキングするためのダッカールで、失敗しにくい前髪セルフカットを実現!

スライド ▶︎▶︎

1/8

2/8

3/8

4/8

5/8

6/8

7/8

8/8

カットするのは黒目の外側を基準に


くしゅバングは黒目の外側と外側を結んだ内側、やや広めの幅で作る。少しだけラウンド前髪にするとセットしやすくなる。

前髪のブロッキングは必須!


巻くので関係なさそうだけれど、くしゅバングを作る時も、必ずブロッキングして少しずつカット。可愛くなるには丁寧に!

前髪を中央に集めてカット


毛束を平たく真ん中に集め、ハサミを斜めに入れ長めに少しずつカットするとラウンド前髪に。

90°に持ち上げカットする


ブロッキングを取り、毛束をまとめ90°に持ち上げる。上段の長い部分を少しずつ斜めにカット。

毛量が多い場合は間引く


前髪の毛量が多い人は、縦にハサミを1cm入れ、少しだけ量を間引いて軽くしておく。

25〜26mmアイロンで巻く


25~26mmのヘアアイロンで、毛先から根元までの前髪を1.5回転ほど巻き込んでおく。

表面を1~3か所巻く


毛量に合わせて、前髪表面に1~3個の毛束を取り、根元まで巻き込んで、動く毛束を作る。

セルフカット&セット完了!


ドライ質感のワックスで毛束をもみ込んで動きを出せば、トレンド感のあるくしゅバングに!

教えてくれたのは…

Belle Ginza並木通り店
美容師

加藤千明さん

Belle(http://belle-omotesando.jp)の敏腕美容師。前髪セルフカットの極意に詳しい。

2020年2月号掲載
モデル/鈴木凪沙 撮影/布施鮎美(モデル、物) ヘア/加藤千明(Belle) メイク/沼田真実(ilumini.) スタイリスト/田中麻理乃 構成・原文/松井美千代 web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス
関連記事
  • 冬コーデにベージュアイテムを1点でも取り入れると、アラフォーに必要な女らしさと品の良さ、華やかさが手に入ります。40代におすすめの最旬のベージュアイテム活用コーデをお届けします!■ベージュのベーシックコートコーデフェミニンなレースブラウスはブラックならモード感のある甘さでイタさに直結する心配なし。ハンサムな白パンツとベーシックなベージュコートで華やぎをプラス。 ブラウス¥38,000/ブランドニュース(シー ニューヨーク) コート¥85,000/オーラリー パンツ¥33,000/ユナイテッドアローズ 青山 ウィメンズストア(ロエフ) ピアス¥18,000/ショールーム セッション(マリア ブラック) バッグ¥101,000/エリオポール代官山(ザンケッティ)【Marisol1月号2020年掲載】撮影/東 京祐 佐藤 彩(物) ヘア/左右田実樹 メイク/AIKO ONO(angle) スタイリスト/徳原文子 モデル/SHIHO 構成・文/磯部安伽■ベージュのワイドパンツコーデシンプルな白Tシャツ×ベージュのワイドパンツコーデに、ベージュの軽やかなライトコートを羽織るだけでグッとエレガントに、きれいめな通勤コーデが決まる! 足もとはパイソン柄で少し遊び心のあるアクセントを。 コート¥27,000・パンツ¥16,000(エムセブンデイズ)・ロングTシャツ¥11,000(シンゾーン)・バッグ【60 CACHEMIRE BLANDINE POSTINA S】¥85,000(ザネラート)・サンダル¥24,000(ファビオ ルスコーニ)/SHOP Marisol 撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/徳原文子 文/加藤理恵 ■ベージュのニット&プリーツスカートコーデさらっとした薄手素材の合わせなら、縦に長くボリューミーなシルエットでも重く見えない。アイテムで冒険をするなら、ベージュトーンでまとめると、誰からも愛される冬コーデに。 コート¥220,000/カオス丸の内(カオス) ニット¥42,000・スカート¥43,000/アングローバル(イレーヴ) カットソー¥11,000/サンスペル 表参道店(サンスペル) メガネ¥34,000/アイヴァンPR(アイヴァン) バッグ¥35,000/ANAYI 靴¥34,000/ファビオ ルスコーニ 六本木店(ファビオ ルスコーニ) 【Marisol1月号2020年掲載】撮影/三瓶康友 ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/石毛のりえ モデル/蛯原友里 構成・文/三尋木奈保■アーモンドベージュのプリーツスカートコーデ華やかで着映え力高めなベリー色ニットには落ち着いたアーモンドベージュを合わせて品よく仕上げて。大人の上品さも漂わせるこのニット×プリーツスカートの組合せは、楽ちんなのにバランスがよく通勤コーデにもってこい。 ニット¥28,000/ebure スカート¥42,000/アパルトモン 神戸店(リジエール) サングラス¥38,000/アイヴァンPR(アイヴァン) ブレスレット¥20,000/ゲストリスト(ハウント代官山/フィリップ オーディベール) 靴¥56,000/フラッパーズ(ネブローニ) バッグ¥120,000/アパルトモン 神戸店(アパルトモン)撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) ヘア/左右田実樹 メイク/水野未和子(3rd) スタイリスト/松村純子 モデル/蛯原友里 文/加藤理恵■サファリ風ベージュのトレンチコートコーデベージュのトレンチコートと白パンツという普遍的な組み合わせがあっさり終わらないよう、インナーと小物で黒を効かせて、ほんのりモードなニュアンスを楽しんで。 コート¥68,000/アングローバル(イレーヴ) ニット¥24,000/スローン パンツ¥29,000/サード マガジン サングラス¥44,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ブレスレット¥14,000/ウィム ガゼット青山店(メゾン ボアネ) バッグ¥27,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ヴィオラ ドーロ) 靴¥93,000/アダム エ ロペ(ロシャス)【Marisol1月号2020年掲載】撮影/三瓶康友 ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/石毛のりえ モデル/蛯原友里 構成・文/三尋木奈保■ベージュのリバーコート&モヘアニットコーデリバーコートとふんわりモヘアニット、着るだけで優しい気分になれそうな冬素材のベージュアイテムたち。ウールパンツや白デニムでマットにまとめがちなところを、光沢のあるとろみ素材のワイドパンツに変えれば、ぐっと今年らしい仕上がりに!  パンツ¥25,000/インターリブ(サクラ) コート¥180,000/マディソンブルー ニット¥60,000/ビオトープ ブレスレット¥136,000/ステディ スタディ(トムウッド) バッグ¥45,000/アマン(ア ヴァケーション) 靴¥6,000/コンバースインフォメーションセンター(コンバース) 【Marisol12月号2019年】撮影/東 京祐(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/福田亜矢子 モデル/蛯原友里■ベージュのパンツ&冬小物コーデともするとほっこりしがちなケーブルニットは、年齢相応のきちんと感をプラスすることが大切。ツヤ感のあるベージュのパンツとチラッとのぞかせたシャツのシャープさで難なくクリア。小物類もベージュで統一して大人に仕上げて。 ニット¥49,000/アマン(アンスクリア) シャツ¥27,000/ウィム ガゼット青山店(ウィム ガゼット) パンツ¥46,000/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) 帽子¥18,000/サード マガジン(サード マガジン×ネクサスセブン) メガネ¥34,000/アイヴァンPR(アイヴァン) バングル¥73,000/バーニーズ  ニューヨーク(CERCLE AMEDEE) バッグ¥10,000/アダム  エ  ロペ 靴¥37,000/ザ・グランドインク(ロランス) 【Marisol12月号2019年】撮影/東 京祐(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/福田亜矢子 モデル/蛯原友里 ■ベージュのブルゾン&ブーツコーデうんと女っぽいスティッキーなスカートスタイルをベースに、シャカシャカ素材のフーディやボディバッグでカジュアルダウンさせて。異素材MIXコーデもベージュ×白の配色なら品よくまとまる。 スカート¥29,000/ブルーバード ブルバード カットソー¥11,000/ゲストリスト(ルミノア) パーカ¥44,000/サード マガジン(サード マガジン×ネクサスセブン) ストール¥60,000/カオス丸の内(カオス) サングラス¥34,000/アイヴァンPR(アイヴァン) イヤリング¥10,000/ラヴァンチュール マルティニーク(ドミニク ドゥネーブ) バッグ¥14,000/エーピー ストゥディオ グランフロント オオサカ(シュタンバウム) 靴¥72,000/アマン(ペリーコ)【Marisol12月号2019年】撮影/東 京祐(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/福田亜矢子 モデル/蛯原友里 ■ベージュのテーラードジャケットコーデテーラードジャケットと、今季とうとう復活を遂げたロングブーツ。かっちり系アイテムのジャケットに、白のとろみプリーツスカートでフェミニンな抜け感をプラス。足もとはブラウンのロングブーツで引き締めて。 スカート¥46,000/サード マガジン ジャケット¥83,000/アマン(カバナ) ニット¥83,000(ドゥロワー)・バッグ¥83,000(ワンドラー)/ドゥロワー 六本木店 ピアス¥69,000/バーニーズ ニューヨーク(アグメス) バングル¥16,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(メゾン ボワネ) 靴¥86,000/アマン(ペリーコ)【Marisol12月号2019年】撮影/東 京祐(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/福田亜矢子 モデル/蛯原友里 ■ベージュのチェスターコートコーデゆったりシルエットかつオーバーサイズのチェスターコートは白のプリーツスカートで軽やかさをプラスすると重たくならず女性らしく着こなせる。黒のインナーとベルトでコーデにメリハリを。 コート(ベルトつき)¥89,000/サード マガジン ニット¥16,500/ノーク スカート¥46,000/アングローバル(イレーヴ) バングル¥14,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(メゾン ボワネ) グローブ¥16,000/ビームス ハウス 丸の内(ジリオ・フィオレンティーノ) メガネ¥34,000/アイヴァンPR(アイヴァン) バッグ¥53,000/アマン(ア ヴァケーション) 靴¥168,000(オーダー価格)/ジェイエムウエストン 青山店(ジェイエムウエストン)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/福田亜矢子 文/加藤理恵 ■ベージュのオフタートルニット&パンツコーデパンツのセットアップは腰まわりやヒップがすっぽりと隠れる丈を選べば安心。ベージュならきれいめにも楽しめる。オフタートルニットはざっくりとした編み地とドロップショルダーが今の気分。パンツは脚のラインを拾わないストレートなシルエットで、内側にスリット入り。 ニット¥44,000・パンツ¥33,000/アトリエ ニノン(ラスパイユ) イヤリング¥6,806/アビステ 時計¥748,000/ポアレ ジャポン(ポアレ) バッグ¥83,000/ロンハーマン(ラドロー) 靴¥21,000/ツル バイ マリコ オイカワ【Marisol11月号2019年掲載】撮影/金谷章平(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini.) スタイリスト/石毛のりえ モデル/五明祐子 取材・文/陶山真知子■ベージュのコート&ワンピースコーデ知的な印象の淡いベージュのワンピースに濃いベージュのオーバーサイズコートを羽織って。難しいテク要らずのベージュの濃淡コーデはアラフォーにおすすめ。アクセントに赤いカーディガンを肩掛けしてカジュアルダウンするとより今っぽく。 コート¥89,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ヴェルメイユ パー イエナ) 肩にかけたカーディガン¥33,000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) ワンピース¥39,000/ル フィル バッグ¥29,000/マルティニーク ルコント ルミネ新宿店(ヴィオラドーロ)  靴¥36,000/ハイブリッジ インターナショナル(ファビオ ルスコーニ)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/石毛のりえ 文/加藤理恵■ベージュのワンピース&ストールコーデボリューム感のある丸みを帯びたブラウンのざっくりニットには、ベージュのワンピースとストールを合わせて華やかさと洗練さを添えて。ブラウンコーデにベージュのポイント使いが効く。 ニット¥15,000/ゲストリスト(リトラル) ワンピース¥39,000/ル フィル 帽子¥10,000/ANAYI ストール¥87,000/リーミルズ エージェンシー(ジョンストンズ) バッグ¥166,000/ゲストリスト(ハウント代官山/ザンケッティ) 靴¥28,000/ファビオ ルスコーニ 大阪ルクア イーレ店(ファビオ ルスコーニ) グローブ¥9,000/アルアバイル(イタルグアント)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/石毛のりえ 文/加藤理恵■ベージュのチェスターコートコーデオーソドックスなベージュのチェスターコーデの下は、ドット柄のシックな黒ワンピースにほっこり白ニットをかぶったフレンチレイヤードで大人のフェミニンコーデに仕上げて。 コート(ベルトつき)¥89,000/サード マガジン ニット¥36,000/アパルトモン 神戸店(アパルトモン) サングラス¥30,000/アイヴァンPR(アイヴァン) バッグ¥285,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ) ピアス¥26,000/エスケーパーズ(クレッシオーニ) バングル¥14,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(メゾン ボワネ) 靴¥168,000(オーダー価格)/ジェイエムウエストン  青山店(ジェイエムウエストン)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/福田亜矢子 文/加藤理恵■ベージュのチノスカートコーデロング丈のチノフレアスカートは飾り立てずシンプルにニットを合わせ、力を抜いて着るのが正解。長め丈のスカートにはショート丈のニットがベストワン。落ち着いたモスグリーンの雰囲気のある一枚でグッと今っぽく。 ニット¥33,000・スカート¥32,000/アングローバル(イレーヴ) サングラス¥48,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス¥25,000/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) ブレスレット¥15,000/essence of ANAY(I PHILIPPE AUDIBERT) バッグ¥318,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ) 靴¥5,800/ノーリーズ&グッドマン銀座店(コンバース)【Marisol11月号2019年掲載】撮影/金谷章平(人物) ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini.) スタイリスト/石毛のりえ モデル/佐田真由美 取材・文/陶山真知子 ■ベージュのダッフルコート&ニット&パンツコーデトーンが異なるベージュアイテムを組み合わせた大人のカジュアルお出かけコーデ。冬の街にベージュコーデが品よく映える。ヒール靴で颯爽と歩いて。 パンツ¥17,000/フレームワーク 自由が丘店(マチュール フレームワーク) コート¥228,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(アンスクリア) ニット¥36,000/アパルトモン  神戸店(アパルトモン) 帽子¥48,000/エストネーション(ジジ バリス ミリナリー) バッグ¥185,000/トッズ・ジャパン(トッズ) 靴¥51,000/アマン(ペリーコ)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/徳原文子 文/加藤理恵■フェイクスエードのベージュスカートコーデ大人ピンクの透け感のあるニットで妖艶に、マットなスエード調のベージュスカートで知的な女性を印象づけて。アラフォーは素材ミックスでさりげなくメリハリをつけるのがポイント。 ニット¥39,000(デミリー)・タンクトップ¥10,000(フランク&アイリーン)/サザビーリーグ スカート¥15,000/ロペ サングラス¥39,000/アイヴァンPR(アイヴァン) イヤリング¥27,500/アビステ バッグ¥35,000/イアクッチ大丸東京店(イアクッチ) 靴¥14,500/ダイアナ銀座本店(ダイアナ)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/石毛のりえ 文/加藤理恵 ■ベージュのコーデュロイパンツコーデスラリと脚長効果が狙えるコーデュロイパンツには、シンプルなライトグレーのタートルネックでシンプルにまとめるのがベスト。小物でゴールドの輝きをプラスすればちょっとしたお出かけコーデに。 ニット¥25,000/ミューズドゥ ドゥーズィエム クラス 六本木店(ドゥーズィエム クラス) パンツ¥39,000/ebure スカーフ¥16,000/フィーゴ(ピエール= ルイ・マシア) 靴¥51,000/アマン(ペリーコ) ピアス¥18,000/ビームス ハウス(ローラ ロンバルディ) バッグ¥19,000/リエス(ベヴィーニ)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/徳原文子 文/加藤理恵 ▼あわせて読みたい
  • DAY 10.サテン素材のスカートのまま寝落ち……身じたくが早くすんだ朝、のんびりお茶飲んで朝ドラ観てたら寝落ちした!? わーん、急げ急げ! こんなこと初めて。バレンタインで、慣れないことしたから疲れがきてるのかも。幸いしたくは完璧に終えていたのでセーフ。ニットの下のブラウスがレディな主張をして、むしろいつもより凝って見えるしね。スカート¥18000/セルフォード ルミネ新宿1店 ニット¥6990/ロコンド(MANGO) ブラウス¥8990/イェッカ ヴェッカ 新宿 バッグ¥22000/ロードス(トーヴ) イヤリング¥2164/サードオフィス(ROOM)JOURNAL STANDARD FURNITURE 神南店/ ACME Furniture 神南店 ◆東京都渋谷区神南1の20の13・Gビル渋谷01 B1〜1F ☎03・5728・5355 11:00〜20:00 不定休▶︎▶︎井桁弘恵主演[2月→4月の計画的買い足し着回し]とは? ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/須藤敬一 ヘア&メイク/沼田真実(ilumini.) モデル/井桁弘恵 セブン スタイリスト/辻村真理 撮影協力/COLOURS hotel koé tokyo ユーロスペース エムドッグス プロップス ナウ アワビーズ TITLES
  • シャツはコンサバに着るよりエモく着るのが20代OLのルールシャツは今や“おしゃれな週5服(=お仕事服)”として絶対必要なもの。だから“無難な定番服”気分のまま着るのはもうダサイ。“サバく”じゃなくて“エモく”シャツを着た人の勝ちなんだ! 選ぶべきタイプとその着こなしを学んでおこう。①ボウタイシャツ→“かっちり”した服と合わせるボウタイシャツの魅力は“クラシカルさが今の気分”であること。甘いスカートなどを合わせるとコスプレのようなやりすぎ感が出てしまうので、マニッシュな服で“引き算”するのがおしゃれなバランス。たとえば紺ブレをさらりと肩かけするだけでもOK!シャツ¥19000/ジオン商事(ドレスレイブ) ジャケット¥43000/TOMORROWLAND(TOMORROWLAND collection) パンツ¥18000/ドロワット・ロートレアモン イヤリング¥2600/サンポークリエイト(mimi33)センタープレスが入った美シルエットのワイドパンツも好相性。凜とした上品さが今っぽい。シャツ¥1990/ユニクロ パンツ¥7315/アテニア 靴¥19000/ダイアナ 銀座本店(タラントン by ダイアナ) バッグ¥5990/ロコンド(MANGO) メガネ¥40000/アイヴァン 7285 トウキョウ②シャツジャケット→レディな小物で仕上げる仕上げを上品に女っぽくすることで、ちょっぴりメンズライクなシャツがより素敵に映える。プチパールのピアスやレザーベルトの華奢な時計をプラスすれば、何気ないしぐさまで印象的に見えるよう。シャツ¥19000/コンバース トウキョウ 代官山 パンツ¥10990/イェッカ ヴェッカ 新宿 ピアス¥1900/サンポークリエイト(アネモネ) 時計¥29500/オ・ビジュー(ロゼモン)足もとをぐっとレディにするのもいい。ストラップが細めのメリージェーンパンプスなら、シャツジャケットの着こなしもほんのりやわらかな佇まいに。シャツ(3月下旬発売予定)¥32000/ラブレス青山(ラブレス) カットソー¥16000/J.C.M スカート¥8900/ノーク 靴¥13500/ダイアナ 銀座本店 バッグ¥5990/ロコンド(MANGO) 時計¥39500/オ・ビジュー(ロゼモン)③ほんのり透けシャツ→黒か白のタートルに、カーディガン感覚で必ず春のトレンドNo.1になるから、今から着て損はないトランスペアレントで軽やかなシャツ。ベーシックなタートルに重ねるだけで新鮮で、一目置かれること確実!シャツ¥26000/メゾン イエナ(ティッカ) カットソー¥3168/BIRTHDAY BASH パンツ¥14000/ノーリーズ&グッドマン 銀座店 バッグ¥23000/ジネス ペリエ千葉店(クリスチャン ヴィラ) イヤリング¥1700/サンポークリエイト(アネモネ)女性らしさと今っぽさを兼ね備えたシアーなくすみブルー。引締め効果のあるシックな黒を首もとや袖口からのぞかせれば、初めてでも気負わず着られそう。シャツ¥18000/ルーニィ ニット¥24000/スローン スカート¥19000/ラブレス青山 バッグ¥15000/ADINA MUSE SHIBUYA ピアス¥2000/サードオフィス(ROOM) 時計¥25000/オ・ビジュー(ロゼモン) ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 原文/野崎久実子 撮影/森脇裕介 ヘア&メイク/野口由佳(ROI) モデル/逢沢りな(モア専属) スタイリスト/辻村真理 撮影協力/アワビーズ EASE TITLES 丸ビル 三菱地所
  • 年度の変わり目は母として臨席する場が増えるアラフィー女性も多いはず。そんな時こそ、清潔感があり、肌色を美しく見せる「ネイビー」の服の出番。「ルネ」のオリジナルツイードスーツは、控えめながら凝った素材やディティールで、まさにハレの日にぴったり。【René】「ルネ」のオリジナルツイード スーツ表情豊かなツイードに気品漂う華やかさをオン リボンヤーンを織り込んだ、ふっくらと張りのあるフランス製のツイードを、スワロフスキーやコサージュで飾ったノーカラースーツ。控えめながら凝った素材やディテールが、ハレの日にぴったり。国内でていねいに仕立てられた日本人女性の体型に合うシルエットが体に自然と添い、フェミニンなイメージで着こなせる。 スーツ(コサージュつき)¥120,000・ブラウス(3月中旬以降発売予定)¥25,000/ルネ イヤリング¥260,000・リング¥270,000/和光 バッグ¥250,000/ストラスブルゴ撮影/金谷章平 ヘア&メイク/小澤実和 スタイリスト/池田奈加子 モデル/樹神 取材・原文/向井真樹 ※エクラ2020年3月号掲載
  • ムラサキピンク 青みじゃなくてパープル寄りが正解!ブラウス¥4000/dazzlin イヤリング¥2580/サンポークリエイト(アネモネ)レ・メルヴェイユーズ ラデュレ リップカラー 105 ¥3200/レ・メルヴェイユーズ ラデュレ(限定品) パープルと明るいピンクが合わさって、ハッピー感満載。笑顔をきらめかせる魔法色。 \これもオススメ/ ディオール ルージュ ディオール〈グロウ バイブス〉779 ¥4200/パルファン・クリスチャン・ディオール(限定品) パープルのきいた鮮やかポップな発色にくぎづけ。 ポール & ジョー リップスティック N 218 ¥2000・同 ケース N 02 ¥1000/ポール & ジョー ボーテ みずみずしいピュア感と鮮やかな発色にうっとり。 モデル/多屋来夢 撮影/岩谷優一(vale.) 細谷悠美(物) ヘア&メイク/吉﨑沙世子(io) スタイリスト/金山礼子 取材・原文/通山奈津子 web構成/轟木愛美 web編成/レ・キャトル
  • ニット¥4500/UNRELISH スカート¥9000/dazzlin ピアス¥4200/モーヴ バイ ステラ バッグ¥2990/ロコンド(MANGO) 靴¥14000/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ)人気のマキシスカートは白のレースで取り入れて、ぐっと軽やかな印象に。ラベンダーのニットを合わせたら、カラーも素材も一気に春めく♡ カラフルなピアスや、ギンガムチェックパンプスも春気分を高めるのにお役立ち!モデル/馬場ふみか 撮影/千葉太一 ヘア&メイク/河嶋希(io) スタイリスト/石田綾 文/鈴木絵都子 ※上記のキャプションはWEBオリジナルのもので、本誌とは異なります。 ▶春色コーデ記事一覧はコチラ
  • シーン別「今っぽアイライナー」:オフィスではカーキの“はね上げライン”を!ペンシルならではのやさしい発色が親しみやすさを引き出し、キリッとはね上げたラインでもどこか抜け感のある印象に。上まぶたにはマットなブラウンアイシャドウをさらっとひと塗りし、カーキと同じアースカラー&質感で目もとに統一感を。ブラウス¥6000/ジーナシス イヤリング¥2600/サンポークリエイト(mimi33)USE THIS!透け感が欲しいならワンストローク、色味を楽しむなら重ね塗りなど、濃淡を調整しやすいペンシル。シュアネス アイライナーペンシル 06¥2800/セルヴォークPOINTインラインを引いたら、アウトラインは目尻にだけ、はね上げラインをワンストロークで入れて。目尻側から黒目側に向かって引くと失敗しにくい ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 監修・ヘア&メイク/河嶋 希(io) 取材・原文/井上ハナエ 撮影/峠 雄三(モデル) 岩城裕哉(製品) モデル/内田理央(モア専属) スタイリスト/辻村真理
  • 全身ベージュトーンにちょこっとの黒。可愛げよりも今欲しいのは知的さ!今の自分が仕事にも着て行ける花柄って? パッと思いつくのは黒ベースだけど、春めいてきたら”シックな淡色”もおすすめ。だから今日は、全身を気品あふれるベージュトーンで統一して。ロングシャツはゆるっとアウトでこなれて、スカートは”よく見ると花柄”くらいのさりげなさ。さらに、てろんとした素材感なら大人の余裕たっぷり♡ 淡い着こなしがぼやけないよう、タートルやパンプスの黒で引き締めて。きりっとヘア&きちんとメイクでデキる感もプラスしたら、女っぽいけど甘くない知的なレディに昇格!スカート¥10800/リリー ブラウン シャツ¥8900/ノーク バイ ザ ライン ニット¥14000/ハリウッド ランチ マーケット(サンフランシスコ) コート¥53000/TOMORROWLAND 靴¥14500/ダイアナ 銀座本店 バッグ¥20000/ロードス(トーヴ) イヤリング¥1600・リング(8個セット)¥1600/お世話や 時計¥29500/オ・ビジュー(ロゼモン)飯豊まりえの【今日のコーデ】をもっと見る>>♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡原文/鈴木絵美 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) ヘア&メイク/加勢 翼 モデル/飯豊まりえ スタイリスト/石上美津江
関連キーワード

RECOMMEND