新川優愛はフェミニンブラウスとIラインスカートで美人見え確実!【毎日コーデ】

non-no Web

ブラウス¥8900/ROSE BUD新宿店 スカート¥7400/MURUA イヤリング¥2255/サードオフィス(ROOM) バッグ¥2599/SPINNS 靴¥30000/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ)

旬なスタンドカラーやボリューム袖など、着るだけで大人フェミニンが叶うブラウスが今日の主役。ハイウエストのIラインスカートを合わせればトレンドをほどよくまといなら、美人見えも確実! デートやお出かけにもぴったりのおめかしコーデに。

モデル/新川優愛 撮影/柴田フミコ ヘア&メイク/河嶋希(io) スタイリスト/石田綾 文/鈴木絵都子 
※上記のキャプションはWEBオリジナルのもので、本誌とは異なります。

 

▼タイトスカートコーデまとめ★タップして詳細もチェック!

関連記事
  • 人気スタイリスト 大草直子さんと最愛の夫 チャーリーさんの休日コーデをパパラッチ。さりげないリンクコーデを意識して、相手を思っておしゃれをすることを大切に。おしゃれを通じて、パートナーとのコミュニケーションを楽しんで。【目次】 ・大草直子の休日ファッションコーデ① ショッピング&ランチ ・大草直子の休日ファッションコーデ② 車で旅行 ・大草直子の休日ファッションコーデ③ ディナー ・大草直子の休日ファッションコーデ④ 父母としてのお出かけ ・大草直子の休日ファッションコーデ⑤ 自宅でくつろぐ時間スタイリスト 大草直子スタイリスト 大草直子おおくさ なおこ。webマガジン『mi-mollet』コンセプト・ディレクター。ファッション誌、カタログを中心にスタイリングを行うかたわら、イベント出演や執筆業にも精力的に取り組む。’19年4月には新しい個人メディア『AMARC』をスタート。 近著『大草直子のSTYLING&IDEA』(講談社)ほかInstagramも人気。相手を思っておしゃれをする。その時間から楽しんでいます「ヴェネズエラ人の夫・チャーリーと出会ったのは、18歳の長女が4歳だったころのこと。当時の私は離婚も経験し、子育てしながらエディター&スタイリストとしてキャリアを築こうとしている最中でした。彼と過ごすうちに、インターナショナルなおしゃれがいいとか、かっこいいほうがいいとか、それまで感じてきたことにくっきりと輪郭ができ、スタイリングの軸が明確になりました。一緒に出かけるときは、私が洋服を選ぶのを見てから彼が自分の服を決めるんです。男性はシックな引き立て役で、女性が華やぐように装う。そんな彼の中の欧米的な洋服文化はやっぱり素敵だなって思います。似合っていれば“That’s so sexy!”とか“You’re so beautiful!”と心からほめてくれますし、違和感があれば“It’s not you.”と客観的にいってくれるのもうれしいですね。おしゃれをして出かけることは“いかにこの時間を楽しみにしていたか”ということの表れで、大事なコミュニケーションでもあるんですよね。相手への敬意でありマナーだから、ずっと大切にしたいなって思っています」 大草直子の休日ファッションコーデ① ショッピング&ランチ「お買い物に行くときは、あくまでも“自分のまま”で。おめかししすぎてしまうと、気持ちのスイッチも違うところに入ってしまうから、ふだんの自分に近いスタイリングで出かけます。私はバニラ色のポンチョを、チャーリーはカーキのアウターを装いのアウトラインに。デニムをリンクさせているのですが同じ色だと恥ずかしいので(笑)、あえて色調は変えています。ポンチョの白と夫のスニーカーの白が対角線上にくる、そのくらいのリンク感がさりげなくて大人にはちょうどいいんです」 【大草さん】ポンチョ¥43,000/ジュンカスタマーセンター(ロペ) ニット¥26,000(ヴェルメイユ パー イエナ)・バッグ¥14,000(マルシェ)/以上ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店 デニムパンツ¥25,000/ゲストリスト(アッパーハイツ) ピアス¥77,000・リング(右手)¥160,000/マリハ伊勢丹新宿店(マリハ) ネックレスチェーン¥13,000/ショールーム セッション(マリア ブラック) リング(左手人さし指 指先から)¥148,000・¥160,000/マリハ(マリハ) 靴¥74,000/アマン(ペリーコ) 【チャーリーさん】ジャケット¥78,000/マディソンブルー(マディソンブルー) ニット¥30,000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) ニットの中に着たTシャツ¥5,000/ユナイト ナイン(カラフル スタンダード) デニムパンツ¥19,000/ゲストリスト(レッドカード) サングラス¥44,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) バングル(細)¥18,000・(中細)¥30,000/アダワット トゥアレグ(アダワット トゥアレグ) 時計¥2,400,000/パテック フィリップ ジャパン・インフォメーションセンター(パテック フィリップ) 靴¥5,800/コンバースインフォメーションセンター(コンバース) リング/私物 ”トーンを変えてデニムをリンクさせます””ジュエリーは“男”と“女”を表現するものを”大草直子の休日ファッションコーデ② 車で旅行「山に向かっていくので、お洋服の色みも景色になじむようにカーキをリンクさせたコートスタイルで出かけます。ブラウン系のコートは、男性と並んでも黒ほど強くなく、ベージュほどおとなしくない。シックなこの色みがこの冬の気分。季節が深まると、こっくりした色の重ためな素材が多くなるので、光沢感のあるスカートはとっても重宝します。飾りたてなくても華を添えてくれますし、しわにもなりにくく、軽くてラクちん。ドライブにも最適なんです」【大草さん】コート¥74,000/エレンディーク(エレンディーク) ニット¥21,000/プラージュ 代官山店(プラージュ) スカート¥22,000/カオス丸の内(カオス) サングラス¥34,000/モスコット トウキョウ(モスコット) バッグ¥49,000/アマン(ア ヴァケーション) 靴/私物(マノロ ブラニク) リング/私物 【チャーリーさん】コート¥98,000/ラファーボラ(ラファーボラ) ニット¥31,000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) パンツ¥68,000/マディソンブルー(マディソンブルー) メガネ¥28,000/アイヴァン PR(アイヴァン) バッグ¥170,000/モワナ メゾン GINZA SIX(モワナ) リング・靴(グッチ)/私物 大草直子の休日ファッションコーデ③ ディナー「夜にふたりで出かけられる日は、非日常を楽しもうというのがお互いに強くあって。彼とのお出かけの日にしか着ないドレスも持っているくらい! そこはとっても欧米スタイルですね。軽く食事をしてから、大好きなサルサを踊りにいく日は、デニムにドラマのある赤いコートをまとって華やかに。ふたりの時間のためにおしゃれをしている、その感覚はお互いにとってもうれしいもの。「今日は何を着ていく?」って、そのやりとりも楽しく、大切なコミュニケーションです」【大草さん】コート¥170,000/マディソンブルー(マディソンブルー) ニット¥8,900/ゲストリスト(ステートオブマインド) ピアス¥125,000/エスケーパーズ(シリル) リング(右手)¥210,000/マリハ(マリハ) リング(左手人さし指)¥88,000/ショールーム セッション(ヒロタカ) バッグ¥120,000/カオス丸の内(ザンケッティ) デニムパンツ(ミラ オーウェン)・リング(左手薬指)・靴(ヴァレンティノ)/私物 【チャーリーさん】コート¥69,000/トゥモローランド(トゥモローランド ピルグリム) ニット¥31,000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) デニムパンツ¥19,000/ゲストリスト(レッドカード) メガネ¥31,000/モスコット トウキョウ(モスコット) チーフとして使用したスカーフ¥23,000〈参考価格〉/アマン(アルテア) リング・靴(トッズ)/私物 大草直子の休日ファッションコーデ④ 父母としてのお出かけ「こういう日はおしゃれをして気持ちを上げるというよりは、“守る”ことのほうが大事。ふたりともネイビーを基調にします。チャーリーが着ているのは黒とネイビーのチェックのスーツ。ソリッドなネイビーとは違う表情があって、雰囲気が出ます。男性のタートルネックは、年齢相応の上質さが知性と品格を引き立たせ、さらに顔も引き締まる名アイテム。私が好きなのでつい選んでしまいます。私はふわっと広がるワンピースを。ネイビーは影の色。ディテールよりも、シルエットをポイントに」【大草さん】コート¥86,000/デ・プレ(デ・プレ) ワンピース¥81,000/カレンソロジー 青山(バレナ) ピアス¥140,000/ボン マジック サロン(ボン マジック) リング(右手)¥26,000/ショールーム セッション(マリア ブラック) バッグ¥45,000/アマン(ア ヴァケーション) リング(左手)・靴(ジャンヴィト ロッシ)/私物 【チャーリーさん】スーツ¥130,000/トゥモローランド(トゥモローランド ピルグリム) ニット¥31,000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) メガネ¥31,000/モスコット トウキョウ(モスコット) 靴(グッチ)/私物 大草直子の休日ファッションコーデ⑤ 自宅でくつろぐ時間「リビングにいるチャーリーがぱっと明るいセーターを着ているのを見るとホッとするし、心地がよくて。家ではむしろ私はシックで、彼のほうが華やかなんです。どんなに忙しくても……多忙を極めているからこそ、ふたりでソファでくつろぐひと時が大事で、私たちにはマストなこと。これを飛ばしてしまうと、いろんなことが本当に大変に(笑)! こういう時間に話すのは、ごく他愛のないことばかり。そんな何げないひと時こそが、私には最高のリフレッシュです」【大草さん】ニット¥19,000・ニットパンツ¥21,000/新宿髙島屋シーズンスタイルラボ(シーズンスタイルラボ) ピアス¥140,000/ボン マジック サロン(ボン マジック) ストール¥18,000〈参考価格〉/アマン(アルテア) バングル¥27,000/アダワット トゥアレグ(アダワット トゥアレグ) シルバーリング(ジュエリーシュガー)・ゴールドリング(マルコム ベッツ)/私物 【チャーリーさん】ニット¥28,000/キャバン 代官山店(キャバン) パンツ¥9,990/プラステ(プラステ) メガネ¥32,000/アイヴァン PR(アイヴァン) 撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) ヘア&メイク/陣内勇人 スタイリング・モデル/大草直子&チャーリー 構成・原文/松井陽子 ※エクラ2019年12月号掲載 ▼スタイリスト 大草直子のファッション相談室記事もチェック▲【パートナーと過ごす冬の休日リンクコーデ】トップに戻る
  • ショートブーツってバランスがとりやすいだけじゃない!友達の彼が王子様を連れてきてくれた! あの時のお礼を伝えたら「シンデレラみたいだったね」と笑われちゃった。やっぱりすごくいい人♡ 連絡先も交換できた! 赤ニット×白スカートの女っぽ配色に、オリーブのタイツでやさしげに。ベージュのブーツでなじませたら足取りも軽やか〜♬タイトスカート¥16000/アンシェヌマン(ルクスルフト) ショートブーツ¥16800/ロコンド(シューギャラリーオオタ) オリーブ色タイツ¥400/チュチュアンナ 赤ハイネックニット¥11000/ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング 渋谷マークシティ店 トートバッグ¥23000/フォーティーン ショールーム(ハブファン) シルバーイヤリング¥2100/サンポークリエイト(アネモネ)足もとクローズアップベージュのショートブーツは、どんなレッグウェアもボトムも受け止めてくれる心強〜い存在。オリーブグリーンのタイツと白のスカートで足もとはやさしげに。▶︎▶︎友菜が着まわしているアイテム一覧はこちら! ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 原文/野田春香 撮影/花村克彦 ヘア&メイク/白水真佑子 モデル/鈴木友菜 スタイリスト/高野麻子
  • 通勤くらいはラブラブで♥ 駅から会社の手前までの5分。“可愛くて”目を引くピンクのパンツが大好評! 社内も知ってる仲とはいえ、仕事が始まればお互いまじめな働きマンな彼と私。12月はいつも以上に会える時間も少ないからこそ、駅からオフィスの5分は貴重な時間。朝の街でも目を引くコーラルピンクのパンツは、動きやすくシワになりにくいお仕事向きの一本。白いブラウスも一瞬で華やぎ、思わず"可愛いね!"と ケイスケも照れ笑い。こなれ感のあるリバーコートで、大人っぽくまとめたのもよかったのかも♡ 朝から彼の顔を見れて最高にHAPPY! さあ、仕事を頑張るぞ! コート¥84000/エストネーション ブラウス¥35000/ebure パンツ¥17000/ルーニィ バッグ¥28000/ポール・スミス リミテッド(ポール・スミス) [男性]コート¥70000・スーツ¥78000・シャツ¥13000・ベルト¥15000(すべてユナイテッドアローズ)・ネクタイ¥16000(フィオリオ)/ユナイテッドアローズ 銀座店 バックパック¥18000/ラヤン(ビカーシ) 【今月のPROFILE】千代田区OL・絵美里コスメや食品、雑貨など女性の"美"に関するあらゆる商品を輸入、販売する総合商社でPRを担当。営業部に勤める7歳年下のケイスケは、社内公認の彼。     明日のコーデ一の画像をもっとみる 明日のおすすめ着回しアイテム 1/3 2/3 3/3 【華アイテム】きれい色パンツピンクのなかでも甘さ控えめのコーラルは、旬のブラウンとも相性◎。シワになりにくく、家で洗えるのもうれしい限り。¥17000/ルーニィ 【便利な合わせアイテム】ノーカラーリバーコート 巻きものや襟の高いトップスとも合わせやすいノーカラー。同素材のストールがセットに。¥84000/エストネーション   【便利な合わせアイテム】白のボウタイブラウスかぶるだけのプルオーバー型は時間のない朝にもお役立ち。ボウタイは取り外し可。¥35000/ebure  「今月のおすすめ着回しアイテム」まとめはこちらから 撮影/倉本ゴリ〈Pygmy Company〉(モデル)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/桑野泰成〈ilumini.〉 スタイリスト/池田メグミ、川合康太(男性) モデル/絵美里、中田圭祐(メンズノンノモデル) 取材・原文/伊藤真知 構成/田畑紫陽子〈BAILA〉 WEB構成/衛藤理絵  
  • 11月11日から12月10日までは、4枚の「華やぎ服」を使った着回しコーデを毎日1つご紹介! 何かと出費が多い年末年始ですが、おしゃれも気が抜けないもの。着映える服で、賢く&センスよくコーデする方法を伝授します♡ しかも今回は、「甘めフェミニンOL向けコーデ」と「辛めフェミニンOL向けコーデ」をどちらもお届け♪ その着回しで登場するワードローブをチェックして、お買い物の参考にして! ●甘め派の年末年始を乗り切るワードローブ 1/11 2/11 3/11 4/11 5/11 6/11 7/11 8/11 9/11 10/11 11/11 【華アイテム】きれい色パンツピンクのなかでも甘さ控えめのコーラルは、旬のブラウンとも相性◎。シワになりにくく、家で洗えるのもうれしい限り。¥17000/ルーニィ 【華アイテム】ロングカーデカシミヤ素材。ふわふわの着心地にも癒される。¥37000/ルージュ・ヴィフラクレ ルミネ新宿店(フォンセ/ルージュ・ヴィフ 【華アイテム】ドット柄ロングスカート大きすぎず、小さすぎず、大人に着やすい水玉柄。ほどよいツヤと切り替えを施したティアードデザインで華やかさも満点。¥13500/ノーク  【華アイテム】小花柄ワンピース小花&ノーカラーが女性らしい。黒のキャミインナーがついているのも便利。¥23000/フレイ アイディー ルミネ新宿2 店(フレイ アイディー)  【便利な合わせアイテム】ノーカラーリバーコート 巻きものや襟の高いトップスとも合わせやすいノーカラー。同素材のストールがセットに。¥84000/エストネーション   【便利な合わせアイテム】白のボウタイブラウスかぶるだけのプルオーバー型は時間のない朝にもお役立ち。ボウタイは取り外し可。¥35000/ebure  【便利な合わせアイテム】キャメルの丸首ニット上質なメリノウールを使った薄手のハイゲージニット。詰まった丸首も品のよさにひと役。¥29000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) 【便利な合わせアイテム】オフ白のゆるタートル今どきのざっくりタートル。オフ白がやさしげ。¥18000/アルアバイル  【便利な合わせアイテム】白デニム股上が深く生地もやわらかいので、おなかまわりも楽ちん。¥27000/サザビーリーグ(マザー)  【便利な合わせアイテム】チェック柄パンツオンにもオフにも使えるセミワイドな形。ベルトつきでインしてもおしゃれ。¥18000/ノーリーズソフィー品川店(ノーリーズソフィー)   【便利な合わせアイテム】光沢プリーツスカート扱いやすいシワプリーツ。光沢も上品。¥17000/ルージュ・ヴィフ ラクレ ルミネ新宿店(フォンセ/ルージュ・ヴィフ) ●知的で頼れる印象のブラックを使う! 辛めフェミニン派のクローゼット 1/11 2/11 3/11 4/11 5/11 6/11 7/11 8/11 9/11 10/11 11/11 【華アイテム】チェックスカート黄色のラインがアクセント。タイトすぎない台形シルエットで動きやすい。¥19000/ルージュ・ヴィフ ラクレ ルミネ新宿店(ルージュ・ヴィフ) 【華アイテム】ふわ袖ワンピースどんなシーンにも似合う黒。手首が細く見えるバルーン袖やウエストマークできる共布ベルトなど、スタイルアップ要素も満載。¥55000/ADORE 【華アイテム】レースプリーツスカート可愛いレースと女らしいプリーツのいいとこ取り。アシンメトリーな裾が歩くたびに華やか。¥36000/ル フィル ニュウマン新宿(ル フィル)  【華アイテム】イエローリブニット顔がパッと明るく見えるレモンのようなイエロー。ほどよいフィット感と凹凸感のあるリブで着やせ効果もバツグン。¥19000/エストネーション 【便利な合わせアイテム】カーキのトレンチベージュより辛口に仕上がるカーキ。ロング丈のスカートともバランスのとりやすい長め丈もポイント。¥98000/オーラリー  【便利な合わせアイテム】ショート丈ダウンツヤを抑えた生地でお仕事にも。裾のゴムを引けば、丸みのあるシルエットに。¥46000/ルーニィ  【便利な合わせアイテム】ネイビーの薄手タートルパッと見はシンプルなタートル。袖口にはさりげなくパールの飾りが。¥8900/ゲストリスト(ステートオブマインド)  【便利な合わせアイテム】ブルーのふんわりニットカシミヤ素材でとろけるような肌ざわり。くすみがかったブルーも今どき。¥33000/エイトン青山(エイトン) 【便利な合わせアイテム】白のとろみシャツ落ち感が美しく着心地もなめらか。両胸にはポケットが。¥28000/サザビーリーグ(エキップモン)  【便利な合わせアイテム】白のワイドパンツ厚手で白でも体のラインがひびきにくいのが優秀。センタープレスを施し、美脚度も高め。¥32000/ebure  【便利な合わせアイテム】インディゴデニムすっきりとはけるテーパード型。ノンダメージできれいめな印象。¥19000/ゲストリスト(レッドカード) 毎日更新中! BAILAの着回しコーデ一をチェック♡ 撮影/魚地武大〈TENT〉 スタイリスト/池田メグミ 取材・原文/伊藤真知 構成/田畑紫陽子〈BAILA〉 WEB構成/衛藤理絵
  • 上質なカシミヤは小物で取り入るだけでも、装いがぐっとエレガントに。リッチなテクスチャーで冬のお出かけがもっと楽しくなる、カシミヤ小物を使った着こなしをスタイリストの村山佳世子さんに教えてもらいました。教えてくれたのは…スタイリスト 村山佳世子さんスタイリスト 村山佳世子さん雑誌やブランドのカタログ等で活躍するエクラ世代の実力派スタイリスト。初の著書『一生もののおしゃれが身につく10のルール100のコーディネート』(集英社)が大ヒット!“さりげなく小物でまとう”カシミヤのリッチな風合いをあえて小物で取り入れるのは、大人の真なるエレガンス。冬のお出かけがもっと楽しく、もっと優雅に。Kayoko’s comment 「空気をはらんだようなふんわりストールを首もとに。この幸せ感も冬の醍醐味!」細めのカシミヤ糸をゆるく編むことで生まれる、ふんわりとした極上の風合いで、顔映りも優しげ。手先のニットグローブとのリンク感がおしゃれの決め手に。 ストール¥45,000/ジョン スメドレー銀座店(ジョンストンズ) ニットグローブ¥12,000/アパルトモン 神戸店(ジョンストンズ) コート¥88,000/オーラリー パンツ¥52,000/J&M デヴィッドソン青山店(J&M デヴィッドソン) バッグ¥350,000/ムーレー 銀座店(ムーレー) 靴¥62,000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ)Kayoko’s comment 「カシミヤの美しさがきわだつライトグレー。ニット帽もリッチな大人の冬小物に」つい幼くなりがちなニット帽も、カシミヤの力でリッチな冬小物に変身。合わせた大判ストールは、こだわりの製法で配されたレザーのパイピングがシックなアクセントに。飽きのこないノーブルなライトグレーの小物をひとそろえにしておくのも、大人ならではの冬の楽しみ方。 ニットキャップ¥14,500/タア トウキョウ(タア) ストール¥41,000/ストラスブルゴ(アソース メレ) ニット¥27,000/スローン スカート¥46,000/サードマガジン バッグ¥358,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ)>>村山佳世子さんが提案するコーデやファッション 一覧はこちら撮影/金谷章平 ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/村山佳世子 モデル/RINA 取材・原文/松井陽子 撮影協力/太田市美術館・図書館 ※エクラ2020年1月号掲載 ※掲載商品の価格は、本体価格(税抜)で表示しております。
  • 白ニット×白パンツの同色ワンツーコーデに大判ストール一枚で印象がぐっと変わる!柔らかな素材感のおかげで、夏の陽気さとは正反対の穏やかな印象が手に入るイエローのストール。まとうだけなのにマニッシュな白のワンツーコーデを一気にフェミニンなものへと変えてくれる。突然デートの誘いがあっても、ストール効果で女性らしさを存分に発揮できそう。パンツ¥18,000/エディション 表参道ヒルズ店(エディション) ニット¥33,000/エイトン青山(エイトン) ストール¥36,000(アソース メレ)・ピアス¥16,000(ジー・ビンスキー)/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店 サングラス¥43,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) バッグ¥39,000/サザビーリーグ(ステート オブ エスケープ) ミンクグローブ¥68,000/エストネーション(ラドロー) 靴¥18,500/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(カミナンド)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/福田亜矢子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼「イエロー」を使ったコーデの関連記事もチェック
  • 松尾 今季使った小物のなかで、特に優秀だったのって何だった? 立石 一つはショートブーツ。なかでも白が使えた! ベージュや白のワントーンコーデに合わせると新鮮な印象で。白のブーツだけ見ると、一見はきこなすのが難しく見えるかもしれないけど、全体の色みをまとめればしっくりなじむと思う。 松尾 ベーシックな黒もはずせないよね。私の推しは黒のレザー調で、デザインのないシンプルなもの。そのほうが足元がキレイに見えるし、 合わせるボトムを選ばないから持っておいて損なし! 冬まで長く使えるはず。 ボディに縫い目などのデザインがない、プレーンなものを選ぶのが今年っぽさの秘訣。 靴¥14000/Noela今っぽコーデに欠かせない白のショートブーツ。1足はゲットしておきたい。 靴¥9000/UNRELISH 立石 靴で言うと、ローファーもかなり使えたよね。オーソドックスなタイプで少し先がとがっているのが合わせやすかったな。タイトスカートと合わせると特に可愛い♡ 松尾 同感! 靴下で遊べるのも楽しいよね。ブラウン系のローファーなら同系色を合わせれば浮かないし、 黒ならグリーンなどの鮮やかな色でキリッとまとめるとおしゃれ。 クールな印象の黒は色を合わせて遊んで。 靴¥13500/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ) 靴下(3足で)¥1000/チュチュアンナ旬のブラウンを足元で取り入れれば、おしゃれコーデが完成。 靴(一部店舗のみ販売)¥2490/GU 靴下¥300/WEGO立石 個人的に猛プッシュしたいのはスカーフかな〜。柔らかくて薄地のプリーツのものは、落ち感があって巻きやすいから初心者さんにもいいと思う。投入するだけでいつものシャツやニットが新鮮に見える♪ スカーフ¥3900/キャセリーニ 松尾 私はシルバーアクセかな。ずっとゴールドが定番って感じだったけど、シルバーは大人っぽく見えるしトレンド感も絶大! ピアスやイヤリングなど、顔回りにプラスすると即旬顔に♪ スタイリッシュなシルバーは、ボリュームタイプで主張させて。 (左)イヤカフ(2個セット)¥3700/ビームス ボーイ 原宿 (右)ピアス¥3000/Phoebe+(phoebe) 立石 そういえば、今季はベルトがすごく活躍してるよね。 松尾 今年はとにかく細いベルトの当たり年! シャツやワンピにさっと巻くだけで細見えするからすごく使えたよね。あと、バッグはどんなのが使えた? 立石 バッグは小さめショルダーが今季のマストハブだと思う! あえてコートの中に入れて「コートインバッグ」したスタイルがモデルからも評判よかったよ。ショルダー部分をインするぶん、全身がすっきり見えるのがうれしいところ。冬も引き続きブームは続きそうだね。 今季はコンパクトな形が推し。肩からさらっと掛けるだけでシャレて見えます。 バッグ¥2900/INGNI華奢なデザインが豊富な今シーズン。 1本は持っておきたい。 ベルト¥3900/ココ ディール 立石和代さん ノンノのフェミニンコーデといえばこの人! 毎号本誌の多くのページのスタイリングを手がけ、最新トレンドもいち早くキャッチするスゴ腕スタイリスト。 松尾正美さん トレンドとベーシックをミックスしたコーデでファン多数! カジュアルななかに品のよさや女らしさをキラリと光らせるのも得意で、着回し企画でも引っ張りだこ。 撮影/伊藤大作(The VOICE MANAGEMENT・モデル) 坂田幸一(物) ヘア&メイク/野口由佳(ROI) スタイリスト/立石和代 松尾正美 構成・原文/灰岡美紗 web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス
  • Marisol美女組2年目スタート!東京で過ごした3日間で感じた「つづく」想い。先日、Marisol編集部主催のランチ会にお招きいただき、美女組2年目のスタートを素敵なみなさまと過ごすことができました。石田編集長と仲良しメンバーで。ランチ会は土曜日で、その前後に行きたいライブやイベントが重なったので、欲張って全部足を運ぼうと3日間東京で過ごしました。 金曜の夜は、新宿三丁目でプチ鹿島さんの漫談ライブへ。 私のボスと仕事でご一緒する機会に恵まれ、感謝の気持ちでいっぱいの1年だったので、お会いできて嬉しかった! 土曜のランチ会の後、同期のみなさんと2時間近くお話しできたこともすごく大切な時間になりました。 前向きな、心にゆとりが生まれるような豊かな感覚でした。ありがとう!美女組のブログで知った、東京都現代美術館の「mina perhonen(ミナ ペルホネン)/皆川明 つづく」にも足を運ぶことができました。 お洋服が好きな方なら、たまらない空間です。 あまりにも素敵で、私はひとり泣いてしまいました(特に10年、20年と着たお洋服がエピソードと共に飾られているところ)。(※すべて写真OKのエリアで撮ったものです) ひとつのデザインがうまれて、たくさんの人の手で1着になっていく過程は、それを身に着けると伝わり、幸せな気持ちになります。 だから毎日身に着けたいし、あるいは特別な日には必ず手が伸びるし、いつまでも手元に残しておきたい、似合う自分でいたい。 そんな1着とこれからも出合いたいな、と思う時間でした。▶来年の手帳はミナペルホネンにしました日曜日、新幹線の時間ギリギリまで過ごしたのは、下北沢。 「下北沢にて」という街と音楽が一緒になったお祭りへ。 シェルターに行くなんて何年ぶりだろう?(笑) デビューからずっと大好きな中村一義さんと、HINTOのライブを見ることができてうれしかった。 地元の大阪ではなく下北でみる、というのはやっぱり特別で。 しあわせ。 年甲斐もない言い方をすれば、相変わらず洋服と音楽に恋をし続けているなあ、ワタシ、と実感する東京滞在でした。 小さな幸せが循環していくような、そんなブログを更新したい想いを込めて。 ミナペルホネンの「つづく」という展覧会のタイトルを、今日の私のブログのタイトルにお借りしました。 記念すべき美女組2年目最初のブログなので、これから更にご縁がつながり、つづきますように。 Marisolという素敵な雑誌を毎月届けてくださり、お洒落の楽しさ、アラフォーの磨きがいを味わえる日常に感謝をして。 私が好きなものはマニアックかもしれないけれど(笑)、日々感じたことの熱量が、ふと誰かの新しいものに触れるきっかけになったりして巡ってゆくことを楽しみに。 小さな幸せが循環していくようなブログを更新していきたいという想いを込めました。最後に。 ランチ会は上下大好きなleur logette(ルールロジェット)を選びました。 同期のMarikoちゃんと打ち合わせなしのシンクロ感!12月の赤は映えますね。 leur logetteの19-20AWテーマが「Portrait “Timeless Story”」で、この細かいプリーツの入ったドラマチックなスカートにすっかり惚れ込んでしまったので、食事会やイベントがあるたび、トップスを変えつつ今年の秋冬はこればかり履いています。 最近、それでいいかな、とやっと思えるようになりました。 デザインが入った服が好きなので「またそれ着てる」と思われたくないなあ、と数を増やして着回すことばかり考えていましたが、気に入ったものをたくさん、長く、大切に着て、好きな人に会い、好きな音楽を聴き、本を読んでる。 それが自分らしいのかな、と。▶この秋、最初の買い物はドラマチックなロングスカートでしたInstagram▶▶▶hiroko美女組No.167 hirokoのブログ
関連キーワード

RECOMMEND