カジュアル派のミニスカート、正解コーデ3選!

non-no Web

カジュアルアイテムに合わせれば、いつものコーデにほんのり女らしさを足してくれるはず。

キュートな花柄ミニこそカジュアルにシフト

シャツジャケットとスニーカーでキュートなスカートをカジュアルダウン。インはシンプルな白ニットで抜け感を出して。

スカート¥3900/&.NOSTALGIA ジャケット¥18500・ニット¥12000/AKTE ネックレス¥1500/ゴールディ バッグ¥11000/カージュ ルミネエスト新宿店(マルコ ビアンキーニ) 靴下¥900/Tabio(靴下屋) 靴¥7500/VANS JAPAN(VANS)

スウェットに合わせるならくすみカラーを選んで

今っぽいくすみピンクが可愛い。キャッチーなロゴスウェットは、長すぎない丈感がポイント。足元は黒で締めてメリハリをつけて。

スカート¥1490・ヘアピン(3本セット)¥590/GU スウェット¥7500/AKTE バッグ¥14000/4K(FILL THE BILL) 靴下¥1000/Tabio(タビオ) 靴¥11000/リーボック アディダスグループお客様窓口(リーボック クラシック)

チェックミニはロングシャツをはおってこなれ

カーキのロングシャツがミニの甘さを中和してしゃれ感を。

スカート¥1490・ローファー¥2490/GU シャツ¥11000/ユー バイ スピック&スパン ルミネ新宿店 ニット¥13000/N.O.R.C(N.O.R.C by the line) メガネ¥21000/ルックスオティカジャパン(Ray-Ban) バッグ¥8300/&lottie 靴下¥1000/Tabio(タビオ)

2019年12月号掲載
モデル/高田里穂 武田玲奈 撮影/千葉太一(モデル) 富田恵(物)ヘア&メイク/河嶋希(io) スタイリスト/石田綾 web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス 撮影協力/プロップス ナウ
関連記事
  • 毎号本誌でおしゃれなコーデを提案している人気スタイリスト二人が「今季本当に使えた!」と断言する優秀アイテムをピックアップ。冬の着こなしアイディアも披露してるから、今すぐ買ってお役立ち! 立石和代さん ノンノのフェミニンコーデといえばこの人! 毎号本誌の多くのページのスタイリングを手がけ、最新トレンドもいち早くキャッチするスゴ腕スタイリスト。 「旬のブラウンとも相性抜群なピスタチオグリーンは、今季何度も誌面に登場させた激推しカラー」▼ ▼ ▼グラデーションで取り入れれば即シャレる! 上下を同系色でまとめるとぐっと大人見え! ニット¥4500・カーディガン¥11000/MERCURYDUO ルミネエスト新宿店 スカート¥4536/ベルシュカ・ジャパン カスタマーサービス イヤリング¥2600/ゴールディ バッグ¥6500/Jewelna Rose東急プラザ表参道原宿店 靴下(3足で)¥1000/チュチュアンナ 靴(一部店舗のみ販売)¥2490/GU 柄スカーフでレディライクな味つけも。 柄スカーフを巻けばニットの表情が一変。 スカーフ¥2900/UNRELISH大ぶりピアスも同色のグリーンで差をつけて。 同色のグリーンを顔回りに加えると統一感アップ。 ピアス¥590/GUモデル/岡本夏美 撮影/伊藤大作(The VOICE MANAGEMENT・モデル) 坂田幸一(物) ヘア&メイク/野口由佳(ROI) スタイリスト/立石和代 松尾正美 構成・原文/灰岡美紗 web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス
  • 【本日スタート!MAX5000円OFFアウタークーポンキャンペーン】 対象商品に使える5,000円OFF/2,000円OFFクーポン配布中!最旬アウターがお買い得プライスで購入できるチャンスです! 【11月29日(金)9:59】までの1週間限定。 本格的に冷え込んでくる前にチェック!サイズ・カラーが無くなる前にお急ぎください!\\eclat掲載商品もクーポン対象です//シャツワンピースのようなデザインと上質素材で堪能する、ドラマチックロングコートebure×eclat ジロンラムメルトンコート ¥94,000+税素材は、オーストラリアのジロンラムウールで織られたリバーメルトン。細番手でていねいにメルトン仕上げされ、まるでカシミヤのような美しい光沢となめらかさが特徴。ロング丈ながら軽量で毎日はおりたくなる快適さ。やや高めのウエストベルト位置とドラマチックなスリットが特徴。前を閉じてドレスのようにベルトを絞って着ても。取りはずせるファーをスタンドカラー部分にあしらって、エレガントな雰囲気に着こなすこともHERNO ダウンコート ¥225,000+税ヘルノが誇る大人の冬に欠かせないラグジュアリーダウン。暖かさはもちろん、計算された美しいシルエットで、パンツにもスカートにも合う万能性が魅力。光沢ある上品なライトグレーで、冬のワードローブの主役に! ファーはフードの縁にも、スタンドカラーにも簡単に取りつけられ、前立て部分はフードごと着脱可能で細かな温度調節も可能。後ろ姿もすっきり。合わせやすくて、誰もが似合うブランドの代名詞的モデルTATRAS LAVIANA ダウンジャケット ¥128,000+税タトラスの最人気モデル"LAVIANA"。ヒップが隠れるミドル丈&ウエストをシェイプし立体裁断で仕上げたAラインシルエットは、着る人も合わせるボトムも選ばず、飽きずに長く着られる。最新の一着は、老舗のイタリア製軽量ウール素材を使用しながら、撥水、防汚、しわ防止機能まで完備。ファー部分も、フード自体も、取りはずしが可能。着膨れせずサイドから見てもむだなく女性らしいシルエットと、天然素材特有のシックで柔らかな風合いを楽しみたい。立ち姿も動く姿も。360度美しいマントコートELIN ウールコート ¥74,000+税まるで大判ストールのように贅沢に生地を使った、サーキュラーシルエットのマントコート。ほどよい張り感のある上質なウール素材が、きれいなドレープとストンとした落ち感をつくり出す。全方位美しいシルエット。女性らしい曲線的なデザインとカジュアルさのあるフードとのバランスが、ラグジュアリー感とドラマチックな雰囲気をもたらして。人気のモッズコートを、より大人っぽく着こなせるようにブラックでエクラ別注しました!upper hights×eclat THE FIFTY ONE ライナーつきモッズコート ¥63,000+税昨年大ヒットしたupper hightsの名品が登場! フードのファーがリッチなモッズコートは、コクーンシルエット&サイドスリット入り。表地は昨年よりも生地の光沢感が増し、いっそうきれいめスタイルにも似合う仕上がりに。 中に重ねるキルティングジャケットは単体でも着られて、それだけでも十分絵になるクオリティ。重ねて着れば真冬もOK、秋や春先は一枚で。3シーズンたっぷり愛用したい。暖かくて、軽くて柔らか! 最旬エコファーコートLIVIANA CONTI エコファーコート ¥78,000+税ふんわりエアリーなタッチと柔らかな質感が魅力のエコファーコート。形は丸みを帯びた、ほどよいオーバーサイズシルエット。落ち感のある肩のラインがトレンドを感じさせ、メランジ調のブラウンカラーは優しげなムードを演出。リュクス感と大人のかわいさ、旬の要素をあわせもつ、今季のイチ押し! スナップボタンのシングルブレストは着脱しやすく、オーバーサイズでも動きやすいカッティング。暖かく軽やかな着心地。他にも人気ブランドがクーポン対象に!今季のスペシャルなアウターを見つけて下さい♪>>対象ブランド一覧はこちら<<
  • ブラウス¥8900/ROSE BUD新宿店 スカート¥7400/MURUA イヤリング¥2255/サードオフィス(ROOM) バッグ¥2599/SPINNS 靴¥30000/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ)旬なスタンドカラーやボリューム袖など、着るだけで大人フェミニンが叶うブラウスが今日の主役。ハイウエストのIラインスカートを合わせればトレンドをほどよくまといなら、美人見えも確実! デートやお出かけにもぴったりのおめかしコーデに。モデル/新川優愛 撮影/柴田フミコ ヘア&メイク/河嶋希(io) スタイリスト/石田綾 文/鈴木絵都子  ※上記のキャプションはWEBオリジナルのもので、本誌とは異なります。 ▶タイトスカートコーデ記事一覧はコチラ
  • 4色のブロックカラーのスカーフ 急に寒くなり、トレンチコートの出番がやってきました。 今月の #月刊トップブロガー のお題は「首元おしゃれ」。 トレンチコートで首元がさみしい日は、 B.C STOCKで買ったスカーフが大活躍。 4色のブロックカラーで、 適当に結ぶだけで上品に見えるのが気に入っています。 (ちなみに、トレンチコートもクルーネックワンピースもGU…) もう少し寒くなったら、 ネイビーやアイボリーのざっくりニットの 首元に巻きたいと思っています。 このスカーフ、どこか見覚えがあると思っていたら、 秋の始まりに買ったエクセルのテラコッタカラーのアイシャドウにそっくりでした。 ⠀⠀⠀⠀ テラコッタカラーのアイシャドウや赤茶系のリップなど、 メイクもちょっとだけ秋冬仕様にして、 スカーフとリンクさせて楽しみたいです♡ (ライター・ユッコ) #magazinelee #lee #leeweb #LEE編集部のお買い物 #BCSTOCK #スカーフ #スカーフアレンジ #GU #トレンチコート #クルーネックワンピース #今日のコーデ #秋ファッション #秋コーデ #コーデ #outfit #ootd
  • 上着が要らないほどの暖かい日、華組の皆さんと上野散策に行ってきました。11月半ばだというのに、上着も要らない程の暖かい日。華組の皆さんと上野散策&ランチに行ってきました。最近購入した、カーキ色のスカート。 渋めなカラー、大好きです tops : ZARA skirt : select shop jacket : ZARA boots : Diana この日はお誕生日の近いふみちゃんを、みんなでサプライズでお祝い いつも素敵な笑顔のふみちゃん。 毎回癒され、優しい気持ちにさせてもらっています。華組に入って、1年が経とうとしています。 この1年あっという間でした。 自分に何が出来たのかは分かりませんが、こんな素敵な先輩や同期に出会えた事を嬉しく思います。 身近に素晴らしい女性がいる事は、刺激となり、目標になりますね。ランチ後は気持ちいい青空の下、お散歩と写真撮影。 学生気分でお茶目な写真も沢山撮りました 美術館も多くある上野。 この日は、お天気も良く芸術を楽しむ人でいっぱいでした。 次回は、芸術も楽しみたいと思います。InstagramもUPしましたので、お時間ありましたら覗いてみて下さい。Instagramはこちらをタップして下さい⏹華組 豊田真由美ブログ
  • 去る9月のパリ・ファッションウィークで一番の話題は、ギョーム・アンリのカムバック。パトゥーのアーティスティック・ディレクターになって初めてのコレクションが、やっと発表されたのです。さらっとおさらいすると、パトゥーの前身は1914年創立のクチュール・メゾン「ジャン・パトゥー」。ここ30年ほど眠っていたブランドですが、昨年改名しての復活が決まりました。一方ギョーム・アンリは2009年にフランスの老舗カルヴェンに新風を吹き込み、2015年から3年間はニナ・リッチを手がけました。 ギョームによる新生パトゥーはクチュールの焼き直しではなく、現代のパリジェンヌのためのワードローブ。元女子校だったと言う趣のあるパトゥー本社でのプレゼンテーションでした。白衣姿のお針子さんたちが作業をするアトリエを眺めつつ上階に上ると、マネキンがずらりと並び、奥の部屋では新作をまとったモデルたちに囲まれたギョームがコレクションを披露するという楽しい設定でした。彼らしいクリエイションの数々はレーシーなブラウス、ボーダーニット、トレンチ、セーラートップ、バルーンスカート、ワイド・ジーンズ、フェミニンなスーツ、リトルブラックドレスなど。リーズナブルなプライスも魅力的です。ちなみにギョームはビジュアル面でのアートディレクションも手がけていて、ウェブサイトやインスタグラムでは、ウイットが効いた画像や動画の数々が見られます。プレゼンテーションに先駆け5月末には、ティーザーにてコレクションの一部がお目見え。また、猫とクロスワードパズルで「パトゥー」の名前をインプットするビデオは実にキュート!この猫の案内で、アトリエを案内するビデオも後日登場。なんと自然に心地よく、私たちをパトゥーの世界に誘ってくれていることでしょう!(Video: Philippe Jarrigeon) そんなパトゥーのファースト・コレクションのうち第一弾「アクト1」が、「アクト2」の来年1月の日本上陸に先駆け、メゾンのe-shopにて解禁となりました(入手可能日はアイテムにより流動的)。パリでは百貨店ギャラリー・ラファイエットにポップアップがオープンし、(2020年1月15日まで)ギャラリーラファイエット・シャンゼリゼやボンマルシェでも展開されます。「アクト2」の詳細は、シュプール2020年3月号(1/23発売)をお楽しみに。  Text: Minako Norimatsu パトゥー本社でのプレゼンテーション。右:小物のディスプレイ。photo : Courtesy of Patou 左:コレクションの説明はリリースではなく、マネキンを覆うトワルにプリントされたポエムで。photo:Minako Norimatsuパトゥー本社。この日、スタッフのオフィスはプレゼンテーション・ルームに早変わり。マネキンでのディスプレイで、コレクションのエスプリを感じ取る。photos: Courtesy of Patouプレゼンテーションにて。マネキンのラインナップ(前の写真)を通り抜けると、モデルたちに囲まれるギョーム・アンリが。ここでモデルたちが着用のルックは、赤のニットを除き全てアクト2。photos: Minako Norimatsuhttps://patou.com/ですぐに買える!アクト1より。右:ボーダーニット450€、ベルベットのスカート395€ 左:イヤリング495€、セーター695€、アイコニック・アイテムのショートパンツ395€。photos: Courtesy of Patouhttps://patou.com/ですぐに買える!アクト1より。右:イヤリング450€(スモールサイズは290€)、ジャケット695€、パンツ、395€、トップ 250€。(靴は参考商品)左:ファイユのドレス695€、靴395€。photos: Courtesy of Patouアクト1より。右:ドレス990€、イヤリング、550€、靴395€。左:Pコート、1100€、ボーダーニット450€、スカート850€、靴395€。photos: Courtesy of Patouアクト1より。右:トレンチコート990€、ドレス575€、イヤリング450€(スモールサイズは290€)(バッグは1月発売のアクト2、靴は 参考商品)。 左:ジャケット990€、イヤリング390€(デニムと靴は1月発売のアクト2)photos: Courtesy of Patou
  • LEEではオールシーズン大人気のプリーツスカートをはじめ、トレンドのベルト付きテーパードパンツなど、着るだけで今年らしくコーディネイトが決まるボトムスをたくさんご紹介しております!寒い冬をのりきれるタイプから、年中着ていただけるタイプまで、ワードローブに足りないボトムスがきっと見つかりますよ!   揺れ感が女らしさを生む、クラシックな雰囲気のプリーツスカート 12closet/【福田麻琴さんコラボ】後ろゴムプリーツスカート/¥16,000+税 きちんとプレスされたアコーディオンプリーツの、ゆったりとした揺れ感が素敵なミモレ丈。適度なハリ感のある生地、キャメル色や細かいガンクラブチェックを配したブラウンの色みと相まって、よりクラシカルな表情に。シンプルなニットやブラウスとなら上品さが高まり、カジュアルアイテムのきれい見えにも活躍する万能さ!着やすいサイドファスナーに加え、ベルト幅の後ろに入れたゴムにより、着用感とタックインをラクに。繊細なのに手洗いできる点も自慢です。     オニールが誇る王道キルトのマキシ丈モデル O’Neil Of Dublin/マキシキルトスカート/¥28,000+税 バイヤー陣が揃って一目惚れしたイエロー×黒×紺のタータンチェックが、着こなしを洗練されたムードに導きます。素材はハリ感のあるウールで、左に2本、右に1本のレザーベルト付き。ウエスト〜ヒップまわりのサイズを簡単に調節できます。     見た目はきちんと、着用感はノーストレス!一度はいたら手放せないチェック柄テーパード 12closet/チェック柄ストレッチパンツ/¥14,500+税 黒×グレーのベースにマスタードイエローをきかせたタータンチェック柄。両サイド部分にゴムを入れたやや高め位置のウエストから太ももまではゆとりを持たせ、ひざ下からスッと細くなるテーパードが、無理なく美脚を叶えます。肉感を拾わない適度な厚みの裏起毛生地は、ストレッチ性とキックバッグに優れ、急にしゃがんでも、ダッシュをしても着用ストレスとは無縁! おしゃれな存在感、美脚効果、快適さと保温性。すべてをバランスよく備えた自信作です。     累計800枚売れのスカートは下腹部がもたつかないと評判 12closet/プリーツギャザースカート ロング丈(85㎝丈)/¥12,000+税 高レビューのスカートに、旬のグレージュとブラウンが登場。太ももあたりから枝分かれになる特殊プリーツが、ウエストゴムでもすっきりとした腰まわりを実現。可憐な揺れ感やつやめきも相まって、コーデ全体がぐっと軽やかに。 ※ウエスト下15cmくらいの位置に薄くシワが入っていますが、プリーツ加工の製造工程上必ず入るシワですのでご了承ください。     4月号で発売後400本売れの春パンツをバージョンアップ 12closet/ウエストゴムストレッチテーパードパンツ/¥12,000+税 累計400本売れた前作を、秋冬に合わせて丈をやや長めに設定。ゴムのウエストのフィット感を増し、より細見えを追求しました。生地は圧縮をかけた高密度のダブルクロス。ほどよい厚みでハリ感もありながら、伸縮性抜群でシワになりにくく、型崩れしにくいのが魅力です。タックを入れて腰まわりはゆったりしつつ、ひざ下をすっきりさせることで美脚効果も確保。もちろん家で洗濯可能です。ブラックとネイビーの2色展開。     冬の上質カジュアルのキーになる名品 THE SHINZONE/ベイカーパンツ/¥19,000+税 フラップ付きのバックポケットが特徴のベイカーパンツ。ハイウエストのゆとりあるストレートシルエットがこなれ感を演出し、着やすさも抜群。ピュアコットン素材ならではの柔らかな肌あたりも魅力です。カジュアルにもきれいめにもマッチし、幅広く着回せるアイテムです。     高い腰位置とキュッとしたくびれをもたらすハイウエストパンツ 12closet/【福田麻琴さんコラボ】ベルト付きあったかパンツ/¥17,000+税 高い腰位置とキュッとしたくびれをもたらすハイウエストパンツ。お尻や下腹部、太ももまわりはゆったりさせ、裾に向かいゆるやかに細くなる、セミワイドなテーパードシルエットと、縦を印象づけるセンタープレスが美しいはき姿を叶えます。なめらかな表面感のジャージーライクな生地は、裏側が吸湿発熱効果のある起毛素材。あたたかいうえに肌ざわりもやわらかです。横に斜めにと伸縮するので動きやすさもばっちり! 後ろに幅のあるゴムを仕込むことでウエストサイズの変化にも対応。共布ベルトが重なり、すっきりとした後ろ姿に仕上げてくれます。同じ素材でシャツジャケットもあるのでセットアップにすることも可能。カラーは上品見えと着回し力に長けた、ネイビーとグレー。     女性らしいミニマルな着こなしが叶う台形スカート 12closet/コーデュロイ台形スカート/¥12,000+税 腰まわりをコンパクトに映し、裾に向かって少しだけ広がるひざ下丈の台形シルエット。あえてカジュアルな太畝コーデュロイと組み合わせることで、日常使いにちょうどいいムードに仕上げました。センターシームに沿って配したファスナーと深めのスリットが女性らしさを引き出します。伸縮性があるので、すっきり見えつつも動きやすい一枚です。コーデに抜け感が出るクリームと旬のブラウンの2 色。     ハリのある細かいプリーツですっきりとした縦ラインをアピール FIL DE FER/チェックアコーディオンプリーツスカート/¥17,000+税 大人のための甘すぎないプリーツスカートは、トラッドな細かいチェック柄。ハリとコシのある生地が広がりすぎを抑え、美しいプリーツラインをキープします。キリッとした縦ラインを強調する効果も高いので、ボリュームのあるニットや長め丈トップスを合わせても、すっきりバランスよく着こなせます。   他にも着回ししやすいアイテムをたくさんご紹介しております!是非、下記からもご覧ください。     本日から冬のアウタークーポンキャンペーン開催中! 11/22(金)10時~11/29(金)9時59分まで
  • トレンドの黒アウターは、ともするとヤボったく見えてしまうおそれあり。今っぽく見せるなら立体感のあるシルエットをゆるく着こなすのがポイント。すっきりとした細身シルエットを前締めに着ても、より洗練された雰囲気に。 着こなしを遊びに変える立体感のあるシルエットに注目 後ろの丈が長いイレギュラーな裾で一見シンプルなスタイリングも地味見え知らず。オーバーサイズで旬感を出しつつも丈はショートでだらしなさを防止。 ENFÖLDさっとダウンを羽織ったほどよくゆるい着こなしが今の気分とマッチ。細身パンツに合わせ、Yシルエットを意識すればバランスもよく。ダウン「ダウンジャケット」¥63000・パンツ¥23000/エンフォルド ニット¥22000/スリードッツ 青山店(スリードッツ) 中に着たブラウス¥16000/ビームス ハウス 丸の内(デミルクス ビームス) バッグ¥120000/アマン(ザネラート) 要素をそいだデザインでnotほっこりな表情に スッキリとした細身のシルエットと、リブやジップまでオールブラックで統一されたシャープなデザインならヤボったさとは無縁に。 HERNOトレンドに左右されず、それでいて洒落感を高めるシルエット。シンプルデザインの美しさを最大限に引き立てるため、フロントジップを閉めてダウン主役のコーディネートにするのもおすすめ。ダウン「ラミナーロングコート」¥143000/ヘルノ・ジャパン(ヘルノ) ワンピース¥34000/ルーニィ ピアス¥11000/UTS PR(ジェーン スミス) バッグ¥27000/アルアバイル(ヴィオラドーロ) タイツ¥900/タビオ(靴下屋) 靴¥74000/アマン(ペリーコ) 撮影/鈴木 新〈go relax E more〉 ヘア&メイク/犬木 愛〈Agee〉 スタイリスト/小川ゆう子 モデル/桐谷美玲 取材・原文/石黒千晶 構成/渡辺真衣〈BAILA〉 ※BAILA2019年12月号掲載
関連キーワード

RECOMMEND