【渡邉理佐100問100答】読者の質問に答えます! PART2

non-no Web

Webアンケートで寄せられた幅広い質問に徹底回答! 理佐の意外な趣味嗜好や、考えていることがまる分かり!

いろんな国に行って、そこでしか見られない景色や食べられないものを味わいたい。

シャツ¥12800/ザ・ウォール ショールーム(ゴスペル) サロペット¥16800/ビームス ボーイ 原宿 靴¥16000/ダイアナ 銀座本店(タラントン by ダイアナ)

アームの動きがおもしろいなと思って、自分がやるのはもちろん、人がやっているのを見るのも好きでした。今でも家にあの機械を置きたいと思っているくらい(笑)。

自分で考えて、一晩寝て、次の日には忘れてることが多いです(笑)。

どっちも飼いたい! 選べない!

でも、一人の時は泣くこともあります。

本は書店の空間自体が好きで、旅行のガイドブックを見たり、人気ランキングの棚に並んでる本を手に取ったり。小説はハッピーエンドよりも、ちょっと悲しい結末の物語が好き。漫画はあまり詳しくなくて、小学生時代に読んだ『アオハライド』とか『ストロボ・エッジ』で止まってるから、逆におすすめを教えてほしい。最近よく聴く音楽は、ニッキー・ミナージュ(右写真・上)の『Starships』。あいみょんさん(右写真・下)は、『ミュージックステーション』でご一緒して以来、今一番ライブに行ってみたいアーティストです!

長いお休みがないと行けないような、ドイツやフランスを一人でふらっと旅してみたいな。

❶みじん切りにした玉ねぎ、にんじん、鶏肉orウインナーを玉ねぎの色が変わるまでバターで炒める。
❷①にごはんを加え、塩・こしょうを振って炒める。
❸具とごはんが混ざったら、ケチャップを入れる。
❹塩、牛乳、マヨネーズを卵に入れて溶く。
❺温めたフライパンにバターを溶かして④を入れる。
❻外側から中心に向かって箸を軽く動かし、ある程度火が通ったらチキンライスの上にのせて完成!

日本の音楽番組に出る時は絶対チェック。みんな本当に可愛いです……(しみじみ)。TWICEは、ずーっと大好き♡

『トイ・ストーリー4』では新木優子さんが新キャラクター、ギャビー・ギャビーの声を演じていらっしゃって。表情に合わせて声のトーンや出し方を変えていて、「すごいな~」って心の中で拍手しながら鑑賞。『アラジン』は、すでに2回見たんですけど、もう一回見ようと思ってるくらいお話も音楽も素晴らしくて。最後にアラジンがジーニーにする3つ目のお願いを聞いて、ふだん自分がどれだけ欲にかられて生きてるかということに気づかされました(笑)。

20歳を過ぎてからお花を可愛いと思うようになって。ドライフラワーや箱入りのプリザーブドフラワーを買ってきて、お部屋のあちこちに飾っています。クッションカバーも好きで、季節に合わせてつけ替えています。

私自身がそういう場所で生まれ育ったし、東京は夜でも明るくて星が見えないのが悲しいので……。

夏休みが終わる1週間前から始めて、朝から夜までやってたなぁ。

「『欅共和国2019』を頑張るぞ!」っていう決意表明として買いました。

痛いくらいが好きなので、ちょっと強めに筋肉をほぐしてもらっています。

お互い絶叫マシンが好きなので、ひたすら「キャー!」って叫んで。二人で写真を撮るのも忘れるくらい夢中で楽しみました(笑)。

芸能界のお友達を作ることが今後の課題です。

撮影の朝ごはんでは、梅とタラコのおにぎりがあるとうれしくなります。

前回はアメリカでカラフルなイメージだったから、次はヨーロッパで大人っぽく……という気持ちもありつつ、行きたいからというのが理由の9割です(笑)。

パッと思い浮かんだものや、目の前にあったものだったり。たとえば"歩道橋。"は、「欅共和国2019」の1曲目に歌った『世界には愛しかない』の歌い出しだし、"檸檬。"はレモンの輪切りがいっぱいのってるうどんが気になってたからで……(ここで周りから「それはすだちでは?」のツッコミが)あ、すだちか! ずっと勘違いしてた(笑)。

私の場合、写真集は一生残るものだからできることはすべてやりたいという気持ちで頑張れました。

フィルターのかかり方が自然なので、欅坂46内でも使っている子が多いです。私のお気に入りは"Gleam"。

夜中食べるのを我慢したい時は、大食い動画を見てしのぎます。「撮影が終わったら、私も食べるぞー!」って(笑)。

2019年11月号掲載
モデル/渡邉理佐 撮影/熊木優(io) ヘア&メイク/野口由佳(ROI) スタイリスト/笠原百合 取材・原文/吉川由希子 本誌編集部 web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス 撮影協力/アワビーズ
関連記事
  • Snow Man向井康二“妄想実況”プレイバック一気読み☆ プロデュース&脚本を担当した#MORE向井着回し DAY1〜DAY10「みんなの万能調味料こと塩こうじよりも向井康二」がニットメインの万能ワードローブをご提案。「あったかそうなニットを着ている女子は最強!」と断言する向井さんが、無限大に使えるアイテムを厳選しました。A.男心くすぐるゆるさにFIRST KYUN肩が落ちたオーバーサイズ。首が細く長く見えるハイネック具合がズキュン速度を加速!¥1990/GU B.女の子が暖かそうなだけで僕は幸せとにかくふわふわ。重ね着してもスラリと見える完璧シルエット。ポケットもついてるから家からちょっとした近所へも手ぶらで行ける便利カーデ。¥14800/ジャーナル スタンダード 表参道(トリコ ジャンマルク)C.一枚なら釘づけ、重ねてもしゃれ感にひと目惚れ思わず触りたくなっちゃう柔らかさ。濃いグレーと細めリブで着やせ効果も。¥18000/TOMORROWLAND(ボールジィ)D.かっちりよりもゆるめにズキュンサイドスリット入りでレイヤードもしやすい。ニット×白の清楚感は反則レベル♡¥1990/ユニクロE.きれいめなお姉さんは好き……デス!!!!ボウタイは取りはずし可能。リボンで女っぽく、はずしてクールにも。¥13000/アンクレイヴF.好きな色を楽しむ女性はカッコいいはおるとスタイルまでこなれて見える。裏地も上品なピンクで脱いだ時も◎。¥7500/AG バイ アクアガールG.セットアップとしても使えるやん!ウエストからすっときれいに入ったセンタープレスで絶対的に脚長見え!¥4990/AG バイ アクアガールH.思わず目で追っちゃうきれい色はき心地が軽く、動くと上品なサテン地がキラリ。¥23000/デミルクス ビームス 新宿(デミルクスビームス)I.その名のとおりマルチに使えるオレンジ、ブラウン、パープルのストライプ。ポケットつき。¥36000/デミルクス ビームス 新宿(TICCA)10日間の着回しについての向井さんのおこだわり、一気読み!DAY 1DAY01からいきなりビッグプロジェクトっていうのがみそ。壮大すぎるやろ! ドラマ『リッチマン、プアウーマン』的な世界ね。入社以来ずっとお世話になっている男の先輩と初めて一緒に仕事した設定で、仕事場ではジャケットを着てたのに、ふたりだけの打ち上げで上着を脱いだ瞬間、「いつもと雰囲気違うやん!」ってなる。先輩もズキュンですよ。ちょっと体のラインが出るくらいのニットがポイント。がっつりより、ちょっとぐらいに男は弱いんです。▶︎▶︎DAY01はこちらDAY 2後輩に呼び出されるDAY02は、オーバーサイズニットで思いっきり休日モード。決めすぎないラフな感じってキュンキュンするし、好きになってしまうんですよ。あと僕が好きなのが、『コンバース』。しかもちょっと土の汚れが横についてたら最高。「めっちゃ歩いてきたんやな」とか「靴あんま持ってない堅実派なんかな」とか、想像してまう。オーバーサイズニットと『コンバース』のちょい汚れは、男は大概好きよ♡(諸説あり)。▶︎▶︎DAY02はこちらDAY 3トップスはきれいめで決めたのに、ボトムで油断しちゃうDAY03はヒロインのおっちょこちょいぶりが可愛い。立ち上がった瞬間、不意打ちで脚が見えるっていうのがポイントです。シンプルに僕……脚派なんで。これを誰かに話したら、「考え、古ない?」って言われました。▶︎▶︎DAY03はこちらDAY 4DAY04はタイ旅行に着ていく予定だったリゾートワンピにニットを合わせてタイ料理屋さんへ。元カレからは「気合入れすぎやろ!」って突っ込まれるんやけど、実はその彼もタイパンツをはいてるっていうね。今はグチを言いあえる気楽な関係だけど、あらためてノリのいい彼女に元カレもズキュンですよ。しっかし、この子の日常、濃いなあ。こんなにモテてる子、韓国ドラマのヒロインくらいしかおらんで(笑)。▶︎▶︎DAY04はこちらDAY 5後輩くんからのアプローチや元カレとのごはんを報告するDAY05の女子会は、あえてきれいめニットにセットアップを合わせてハンサムに。女子ウケもいいし男子ウケもいいし、完璧やろ! そういえば女の子同士の恋愛トークっておもしろいっすよね。この前もメンバーのふっかさん(深澤辰哉)とごはんを食べにいった時、隣の個室からもれ聞こえてきた女の子同士の会話をネタに、さらに妄想を膨らませて遊びました。▶︎▶︎DAY05はこちらDAY 6DAY06はカフェで毎朝見る素敵な男性に「私もう出るので」と席を譲ろうとして立った瞬間、コーヒーをこぼしてしまうハプニングが。ドジっ子なんでね。ほんでトイレに向かったと思った彼が、彼女にコーヒーを買ってきてくれるんです。くう〜! 僕もやりたい! そのコーヒーは、ほろ苦いブラックコーヒー。その日からヒロインの飲み物も、ブラックコーヒーに変わります。▶︎▶︎DAY06はこちらDAY 7雰囲気をガラッと変えて、部屋着でオンライン飲みのDAY07。飲んでる間にニットがすべり落ちてタンクトップから肌が見える……ばちくそ可愛いっ!首もともスッキリしていたほうがいいので、髪型はおだんごがマストです。これ、絶対。▶︎▶︎DAY07はこちらDAY 8女の子がメンズの服を着てる姿が好きなんで、DAY08で同級生の男から借りたフーディが大きくて萌え袖になってる感じ、ええなあ。これ、貸す男の側もドキドキするんですよ。返ってきたら、彼女の香りがついているか、こっそりかいだりね(笑)。▶︎▶︎DAY08はこちらDAY 9前にカフェでコーヒーをこぼした彼と仕事で偶然会うDAY09はドラマティック! お互い視線で「あの時の……」って確認しあって顔が赤くなっちゃうの。しかも彼の袖にはコーヒーの染みがついていて、「洗ってないんかい!」っていう。これ、向井ポイントです。名刺交換して初めて名前を知って、「画数多いな」なんて思いながら、「コーヒーをこぼしたおわびにごはんでもどうですか?」とメール。でも、「すみません、うれしいんですけど、婚約中なので女性とふたりで食事は……」と返信が。運命だと思った人との夢のメールは、2〜3通で終わりを告げます。▶︎▶︎DAY09はこちらDAY 10もう男性との縁はないのかも……。そんな弱気な気持ちのDAY10。メガネ姿で出社したヒロインの異変に気づいたのか、後輩くんがコーヒーの差し入れ。「これ、あの彼と出会ったカフェのじゃん!」とちょっぴり傷つきながらも口をつけると、甘〜いカフェモカ。そこで思うんです。「あれ、私、ホントは甘党だった……」って。近くにいた後輩くんが、実は気が合うのかも? 大切なことは、後で気づくものやね!▶︎▶︎DAY10はこちらPROFILEむかい・こうじ●1994年6月21日生まれ、大阪府出身。『芸能人が本気で考えた!ドッキリGP』、『アイ・アム・冒険少年』などに出演中。Snow Manのメンバーだけでなく、お母さんのコーディネートの相談に乗ることもあるというおしゃれさん。 ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 脚本・監修/向井康二(Snow Man) 撮影/魚地武大(TENT) 取材・原文/松山 梢 構成・企画/渡部遥奈(MORE) 撮影協力/EASE ※掲載商品の発売時期については変更等の可能性があります。メーカーHP等で最新情報をご確認ください。
  • 富岡佳子さんがまとう冬映えする「華のある色」コーデ。カシミヤ、ウール、レザー、シルク……。素材の表情がぐっと豊かになる今こそ、色のおしゃれの楽しみ時。ワードローブを活発にし、ひときわの幸福感を呼び込んでくれる最旬の色をまとって、華やかな冬スタイルを満喫したい。 【目次】 ①シンプルニットを辛口に仕上げる「ターコイズ」カラー ②グラデーションがさわやかに決まる「ミント」カラー ③あかぬけた明るい印象の「イエロー」カラー ④素肌がワントーン明るくなる華やぎ「ラベンダー」カラー ⑤気分が明るくなるまろやかな「赤色」 ⑥エレガントな大人スタイルの「ピンク」カラー ①シンプルニットを辛口に仕上げる「ターコイズ」カラー凛々しくポジティブなターコイズ。贅沢に、少し大胆に重ねればおしゃれが確実に動きだす。ニットにカーディガンと、ウール素材のリッチな立体感に、ネックレスを幾重にもレイヤード。ターコイズのボリュームに、シルバーのきらめきがよりいっそうのこなれ感を加えて。つやめくレザーパンツの質感できりりと辛口に仕上げるのが大人の正解。カーディガン¥95,000・ニット¥80,000/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) パンツ¥165,000(マディソンブルー)・ピアス¥27,000(アグメス)/以上アパルトモン 青山店 ネックレス(ターコイズ太)¥75,000・(シルバー)¥25,000/エスケーパーズオンライン(ハルポ) ネックレス(ターコイズ 細)¥39,000/ロンハーマン(ハルポ) バッグ¥236,000/トッズ・ジャパン(トッズ) ②グラデーションがさわやかに決まる「ミント」カラーシャーベットのようなミントは、さわやかな甘さと透明感が魅力。濃淡で取り入れれば、幸福感も上昇!白シャツやシルバーで光を呼び込んで、繊細なミントカラーのグラデーションをしっかりときわだたせて。   コート¥150,000/ストラスブルゴ シャツ¥39,000/エスケーパーズオンライン(ブーリエンヌ) パンツ¥26,000/サザビーリーグ(マザー) サングラス¥49,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(バートン ペレイラ) ピアス¥32,000/ショールーム セッション(マリハ) ストール¥33,000/アイネックス(アソース メレ) リング(中指)¥135,000・(薬指)¥165,000/シハラ ラボ(シハラ) バッグ¥94,000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ) 靴¥79,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ) ③あかぬけた明るい印象の「イエロー」カラーマットな質感で大人顔に仕上がるイエロー。快活なだけではないこの色の洗練された魅力を堪能して。スエードタッチのマットな風合いと、マキシ丈で大人仕様に仕上げたイエローのワンピースなら、洒脱でぐっとあかぬけた印象に。王道のトレンチコートをさらりとはおれば、装いがより洗練される。   トレンチコート¥62,000/アパルトモン 青山店(リジエール) ワンピース¥79,000/コロネット(エアロン) ピアス¥21,000/ショールーム セッション(モダン ウィービング) ネックレス(コイン)¥36,000/ステディ スタディ(トムウッド) ネックレス(ボール)¥42,000/エスケーパーズオンライン(ハルポ) バッグ¥385,000/ゴヤール ジャパン(ゴヤール) 靴¥135,000/ロエフ 六本木店(フラテッリ ジャコメッティ) ④素肌がワントーン明るくなる華やぎ「ラベンダー」カラー可憐なラベンダーは大人の味方。控えめながら華やぎをもたらし、素肌も美しく引き立ててくれるから。繊細なラベンダーカラーでファーコートもカジュアルに。くすみを払ってくれる絶妙な色みで、素肌も印象もワントーンアップ。ふわふわの風合いが装いを小粋に仕上げ、おしゃれをぐっと広げてくれるから、リアルに頼れる。   ファーコート¥98,000/サザビーリーグ(エイチブランド) ニット¥29,000/ロエフ 六本木店(ロエフ) スカート¥42,000/アパルトモン 青山店(シャイナ モート) 帽子¥68,000/ドゥロワー 六本木店(ロック アンド コー) イヤーカフ¥17,000/ステディ スタディ(トムウッド) リング¥68,000/ショールーム セッション(ザ レタリング) バッグ¥124,000・靴¥185,000/ジミー チュウ ⑤気分が明るくなるまろやかな「赤色」こっくりと、湿度を保ったまろやかなレッド。身につければよりいっそうの品格を約束してくれる。真紅に近い濃密な赤のパンツは、今の空気感を含んだリッチな表情のシャギーニットとかけ合わせて。少しだけトラッドを意識したら、おしゃれの印象だけでなく、気持ちまでもたちまち活性化されるから不思議。   ニット¥85,000・パンツ¥65,000/ブラミンク ピアス(片耳)¥21,000/ショールーム セッション(マリア ブラック) スカーフ¥10,000(ピエール ルイ マシア)・リング(薬指)¥22, 000・リング(小指)¥20,000(ともにマラ エムシーエス)・バングル¥49,000(ガブリエラ アルティガス)・バッグ¥120,000(アパルトモン)/以上アパルトモン 青山店 靴¥95,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ) ⑥エレガントな大人スタイルの「ピンク」カラーまるで花が咲いたようなピンクは、柔らかさの中に、落ち着いた気高さとエレガンスを孕(はら)んだ、正統な大人の色。全身の温度感を上げてくれる、ほのかに赤みを含んだ美しいピンクのスカートを主役に。ミルキー、ビターと、チョコレートのようにどこか人懐っこさのあるブラウンをていねいに加えれば、ピンクのハードルも下がり、無理のないスタイリングに落ち着く。甘さだけではない、ピンクのもつエレガンスを楽しめるのも大人ならではのおしゃれの醍醐味。   コート¥290,000/ドゥロワー 日本橋店(ドゥロワー) ニット¥37,000/オーラリー スカート¥72,000/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) ピアス¥24,000/コロネット(フォルテ フォルテ) バッグ¥120,000/アパルトモン 青山店(パームグレンス) 靴¥86,000 /アマン(ペリーコ)    ▲【50代を美しくみせる「冬映えカラー」】トップに戻る>>50代コーデのお手本!富岡佳子さんの記事一覧▼その他のおすすめ記事もチェック撮影/YUJI TAKEUCH(I BALLPARK) ヘア/Eiji Sat(o SIGNO) メイク/小森由貴 スタイリスト/徳原文子 モデル/富岡佳子 取材・原文/松井陽子 撮影協力/TITLES ※エクラ2020年12月号掲載
  • 私たちを輝かせてくれる「ワンピース」はオールシーズン手放せない存在。これからの季節は鮮度の高いレイヤードで、快適にさらに素敵に着こなしていきましょう。今シーズンはニットワンピースにも注目です!【目次】 ①今年はニットワンピースの当たり年!ほっこりしないがキーワード ②今シーズン買うべきレイヤード映えするワンピース ③今買って冬まで活躍する“エムセブンデイズ”のワンピース ④簡単なのにおしゃれ見え確実!はおりもの×ワンピースのワンツーコーデ ①今年はニットワンピースの当たり年!ほっこりしないがキーワードシックなデザインのニットワンピースが目立つ今シーズン。ほっこりさせず、アーバンな雰囲気で着こなして。■エムセブンデイズのブラウンニットワンピースラクチンな着心地とおしゃれ見えが両立! 体のラインを拾わないシルエットと編み方をとことん追求。胸もとに切り替えがあるから 〝のっぺり〞見えない優秀デザイン。中太のリブ編みでサイドに切り替えを入れて流れるようなフレアシルエットに。おなかや太もも部分にはゆとりがあって太って見えない! ジャケット¥138,000/エストネーション(チンクアンタ) バングル¥28,000/ボウルズ(ハイク) バッグ¥13,000/ミュラー オブ ヨシオクボ 靴¥53,000/フラッパーズ(ネブローニ)【Marisol 11月号2020年掲載】撮影/金谷章平(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/YUMBOU(ilumini.) スタイリスト/吉村友希 モデル/五明祐子 取材・文/発田美穂■ユナイテッドアローズの白ニットワンピースシーンを選ばず着られるシンプルなデザイン 可愛くて、暖かくて、着心地ラクチンなニットワンピースはマストアイテム。特別感のあるオフホワイトなら、冬のカジュアルがぐっと華やぐはず。体の線を拾わず、すっきり見える絶妙 シルエットが人気の理由。ニットワンピース¥19,000/ユナイテッドアローズ 【ALIFA】2WAYショルダーバッグ M¥23,000(ジャンニ キアリーニ)・ショートブーツ¥36,000(ファビオ ルスコーニ)/SHOP Marisol ジャケット¥120,000/アストラット 新宿店(アストラット) ピアス¥28,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(レム) スカーフ¥12,000/フラッパーズ(マニプリ)【Marisol 10月号2020年掲載】撮影/酒井貴生(aosora/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/吉村友希 モデル/小濱なつき 取材・文/発田美穂■ベイジのライトグレーリブニットワンピースリブビットワンピースでつくる甘辛ミックスコーデ 動くたびに揺れるフレアが魅力のニットワンピースに、あえてテーラードジャケットとレザーのロングブーツを合わせて甘辛ミックスに仕上げて。ライトなグレーなのでモノトーン配色でも華やかな印象に。ジャケット¥58,000/ル フィル ニュウマン新宿(ル フィル) ワンピース¥43,000/オンワード樫山(ベイジ,) サングラス¥32,000/アイヴァン 7285  トウキョウ(アイヴァン 7285) ネックレス¥18,000/ショールーム セッション(マリハ) バッグ¥122,000/ジミー チュウ 靴¥86,000/アマン(ペリーコ)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/石毛のりえ 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります■ウードのハイネックニットワンピースほっこり見えがちなニットワンピを辛口小物でシャープに仕上げて ボトムとレイヤードせず、ゴツめなアンクルブーツと楽しむスタイリングが今年は新鮮。アルパカ混の風合いが素敵な一枚を、同色のファージレでムードたっぷりに仕上げて。ワンピース¥24,000/アマン(ウード) ジレ¥135,000/サードマガジン(サードマガジン) バッグ¥38,000/ヴァジックジャパン(ヴァジック) ブーツ¥93,000/エスケーパーズオンライン(クレジュリー) 頭に巻いたスカーフ¥28,000/スローン ネックレス¥20,000・ピアス¥57,000/マリハ 伊勢丹新宿店(マリハ) 太リング(左手)¥15,000・リング(右手)¥17,000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル【Marisol12月号2020年掲載】撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) ヘア&メイク/笹本恭平(ilumini.) スタイリスト/松村純子 モデル/竹下玲奈■ドゥロワーの黒ニットワンピースシャツとニットワンピースの洗練レイヤード 半袖タイプの黒ニットに、フリルの襟と袖口が女っぽい白シャツをレイヤード。小物は黒でまとめて、しゃれ感たっぷりのモノトーンコーデの完成!シャツ¥30,000(サルヴァトーレ・ピッコロ)・ワンピース¥75,000(ドゥロワー)/ドゥロワー 六本木店 パンツ¥15,000/ノーク(ノーク バイ ザ ライン) 靴¥93,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ) バッグ¥132,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) ネックレス¥42,000・三連イヤカフ(右耳)¥19,000・楕円イヤカフ(左耳)¥18,000・リング(左手)¥30,000・(右手)¥63,000/マリハ(マリハ)【Marisol10月号2020年掲載】撮影/酒井貴生(aosora/人物) 魚地武大(TENT/物)ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini.) スタイリスト/松村純子 モデル/小濱なつき②今シーズン買うべきレイヤード映えするワンピースデニムやレギンスなどのボトムレイヤードは完全復活。さらに下にトップスを仕込むだけでなく、ワンピの上からトップスをかぶるスカート風のレイヤードまで登場し、もはやワンピースのコーディネートにNGはなし!ひと目惚れした最新ワンピはもちろん、クローゼットに眠る手持ちワンピも、あれこれ重ねて、新しい着こなしを見つけよう。■タートル&ロングブーツを仕込んでキャミワンピをシーズンレスにツヤとしなやかな落ち感が魅力のキャミワンピースは、まさに「重ね着前提」のアイテム。夏場はTシャツを着て肌の露出を調整していたけれど、秋はやっぱりタートルニットの出番! 人気復活のロングブーツと合わせて、クラシカルな気分を満喫して。 ワンピース/下と同じ ニット¥25,000/スローン ネックレス¥57,000/アッシュ・ペー・フランス(ウッターズ・アンド・ヘンドリックス) ストール¥62,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 銀座店(ジョンストンズ オブ エルガン) バッグ¥40,000/フレームワーク 自由が丘店(キーツ) 靴¥68,000/ユナイテッドアローズ 銀座店(ロランス)ツヤのあるキャミワンピは、全体的にマット素材が増える秋冬にこそ重宝! ワンピース¥24,000/カオス表参道(カオス)■ボヘミアンテイストをデニムレイヤードで後押しカジュアル派好みの、ヴィンテージライクなエスニック柄ワンピース。一枚で着るのももちろん可愛いけど、色落ちデニムを重ねるとボヘミアンムードがアップ! 白のレザーかごやショートブーツで、テイストをリフレインさせて。 ワンピース/下と同じ コート¥160,000・デニムパンツ¥45,000/マディソンブルー イヤリング¥17,000/アッシュ・ペー・フランス(クロディーヌ・ヴィトリー) ネックレス¥21,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(ローラ ロンバルディ) バッグ¥65,000/アルファ PR(アエタ) 靴¥72,000/カオス表参道(ペリーコ)  ワンピース¥67,000/ブランドニュース(シー ニューヨーク)■華やかなドレスをデイリーに着るテクニック「パーティにもデイリーにも着られるワンピース」。そう聞くと、ひと昔前は結局「どっちつかず」というイメージだったけど、今は違う! 美しいレースをたっぷり使ったとびきりドラマティックな一枚を、上からざっくりニットをかぶることで難なくカジュアルダウンすることができてしまう。レギンスも仕込めばさらに完璧!  ワンピース/下と同じ ニット¥64,000/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) パンツ¥210,000/マディソンブルー バッグ¥98,000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ) 靴¥48,000/アマン(ペリーコ)ワンピース¥150,000/ロンハーマン(エブール  フォー ロンハーマン)【Marisol10月号2020年掲載】撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/笹本恭平(ilumini.) スタイリスト/徳原文子  モデル/竹下玲奈③今買って冬まで活躍する“エムセブンデイズ”のワンピース一枚で着てもキマッて、レイヤード次第で真冬まで使える主役ワンピースをリストアップ。レイヤードテクを参考に、冬までとことん楽しもう。 ■ニュアンスカラー柄ワンピース今着るなら…大人に似合う上品なくすみ色プリント スモーキーピンクがアクセントになった、アラフォーが着こなしやすい柄とニュアンスカラーのプリントを厳選。腰の高い位置にウエストゴムが入っているから、簡単にメリハリシルエットが完成する。 ワンピース¥20,000/エムセブンデイズ ピアス¥29,000/アガット バッグ¥49,000/三喜商事(コチネレ) 靴¥38,000/essence ofANAYI(ファビオ ルスコーニ フォー アナイ)冬は…ワンピの可能性が広がるニットレイヤード ニットをワンピースの上に着ることで、がらりとイメージチェンジ。特に冬はダークカラーが増えるので、女性らしいスタイリングに華やかなプリントアイテムは欠かせない。ロングブーツでトレンドの足もとに。ワンピース¥20,000/エムセブンデイズ ニット¥29,000/ティッカ ブーツ¥78,000/フラッパーズ(ネブローニ) バッグ/スタイリスト私物 ■バンドカラーとろみワンピース今着るなら…キレのよさとゆるシルエットの絶妙バランスが魅力 さらっと肌離れのよい素材を使用し、季節を問わず快適。ワンピース¥18,000/エムセブンデイズ パンプス【ALMOND TOE 6.5㎝(METRO)】¥51,000/SHOP Marisol(ペリーコ) バングル¥10,000/アルアバイル(フィリップ・オーディベール) 時計¥266,000/スウォッチ グループ ジャパン(ハミルトン) バッグ¥75,000/エドストローム オフィス(サイモン ミラー) サングラス/スタイリスト私物冬は…タートルニットをインして冬スタイルを軽やかに ゆったりシルエットだからレイヤードも思いのまま。真冬まで長く愛用できる。ワンピース¥18,000/エムセブンデイズ コート¥250,000/チンクワンタ ニット¥27,000/ティッカ バッグ¥39,000/メアリ・オル・ターナ 靴¥24,000/essence of ANAY(I ファビオ ルスコーニ フォー アナイ)【Marisol 10月号2020年掲載】撮影/酒井貴生(aosora/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/吉村友希 モデル/小濱なつき 取材・文/発田美穂④簡単なのにおしゃれ見え!はおりもの×ワンピースのワンツーコーデ■ジャケット×シフォンワンピースコーデ風に揺れるワンピが、スエードのブーツで一気に秋冬仕様に シフォン素材の透け感や女らしさを全身で楽しめるワンピースを、春夏シーズンだけに閉じ込めておくのはもったいない。秋ならビッグシルエットのカジュアルジャケット、冬になったらコートをはおり、そして、足もとにはスエードのロングブーツ。今シーズンらしいボヘミアンテイストを、異素材ミックスでエンジョイして。ワンピース(ペチコート、ベルトつき)¥70,000/ヴェルメイユ パー イエナ 青山店(リュンヌ) ジャケット¥65,000/マディソンブルー バッグ¥58,000/八木通商ザンケッティ事業部(ザンケッティ) 靴¥86,000/アマン(ペリーコ)【Marisol11月号2020年掲載】撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/徳原文子 モデル/蛯原友里  構成・文/磯部安伽■MA-1ブルゾン×ロングワンピースエレガントなニットワンピースをハンサムにシフト どこかゆるっとしたムードのあるオーバーサイズのツヤブルゾンは、実は甘口好きにもおすすめ。ふわりと広がるギャザーワンピースの印象をハンサム方向に引き寄せながら、メリハリシルエットをつくって。ブルゾン¥30,000/ヴェルメイユ パー イエナ 青山店(ボート メイク ニュー クローズ) ワンピース¥31,000/カレンソロジー新宿店(カレンソロジー) ネックレス¥18,000・ピアス¥29,000/ショールーム セッション(マリハ) バッグ¥66,000/プレッド PR(ミチノ) 靴¥138,000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ)【Marisol12月号2020年掲載】撮影/小川健太郎(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini.) スタイリスト/石毛のりえ モデル/竹内友梨■ノーカラーのツヤブルゾン×T型ワンピースコーデノーカラーのツヤブルゾンがシンプルなTワンピをこなれて見せる くしゅっとまくった袖や、肩からすそにかけてゆるやかな曲線を描くフォルムが、マキシ丈のTワンピに立体感を与えてくれる。顔映りのよいツヤ素材効果で、スニーカー合わせのカジュアルコーデをきれいめに寄せて。ブルゾン¥32,000/ピーチ(ミューニック) ワンピース¥19,000/エイトン青山(エイトン) サングラス¥39,000/アイヴァン PR(アイヴァン) ネックレス(短)¥22,000・(長)¥29,000/エスケーパーズオンライン(ハルポ) バッグ¥48,000/イアクッチ大丸東京店(イアクッチ) 靴¥78,000/ジミー チュウ【Marisol10月号2020年掲載】撮影/西崎博哉(MOUSTACHE) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/TOMIE(nude./佐田さん)スタイリスト/石毛のりえ■ロングカーディガン×ツヤ感ワンピースコーデロングカーデでこなれ感を演出 布帛(ふはく)のワンピースに、あえて透け感カーデをレイヤード。薄手のアイテム同士を重ねることで生まれる繊細な奥行きが、上質な女らしさにつながる。カーディガン¥28,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ギャルリー・ヴィー) ワンピース¥31,000(プラージュ)・ブーツ¥82,000(ネブローニ)/プラージュ 代官山店 バッグ¥32,000/マルティニーク ルコントルミネ有楽町店(アニタ ビラルディ) サングラス¥46,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン7285) 帽子¥14,000/メゾンドリリス コインネックレス¥15,000/ジェンマ アルス(アルス) ブレスレット¥11,000/アクアガール渋谷(ベンアミュー)【Marisol11月号2020年掲載】撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/松村純子 取材・文/発田美穂 ■ガウンコート×ドゥロワーの小花柄ツヤワンピースロングコートからのぞくワンピースのツヤ感がとびきりセンシュアル華やかさと上品さが兼ね備わったサテン素材の小花柄ワンピースにはおったのは、ウール素材のガウンコート。素材感の違いに、メンズライクなムードのあるコートとの甘辛の対比が加わって、シンプルな着こなしながらも奥行きとニュアンスたっぷりのコーディネートに。ワンピース¥160,000/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) コート¥160,000/エイトン青山(エイトン) ターバン¥5,800/メゾンドリリス ピアス¥52,000/ショールーム セッション(マリハ) バッグ¥99,000/アパルトモン 青山店(ジュゼッペ ザノッティ) 靴¥72,000/アマン(ペリーコ)【Marisol11月号2020年掲載】撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/徳原文子 モデル/蛯原友里 構成・文/磯部安伽■ニュアンスカラーのロングコート×サクラのドット柄ワンピースコーデドット柄をニュアンスカラーで引立てて レトロシックなドット柄のワンピースにゆったりシルエットのコートをざっくりはおって、今どきの抜け感をつくって。足元はトレンドのローファーでコーデを引き締める。コート¥67,000/カオス ワンピース¥36,000/サクラ 【復刻】HAPPY PLUS STORE限定販売 ドット柄ワンピース¥36,000/SHOP Marisol(サクラ) メガネ¥36,000/アイヴァン PR(アイヴァン) ピアス¥28,000/レム 靴¥34,000/GMT(ジャラン スリウァヤ) バッグ/スタイリスト私物 【Marisol 10月号2020年掲載】撮影/酒井貴生(aosora/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/吉村友希 モデル/小濱なつき 取材・文/発田美穂■ダブルのジャケット×エブールのレースワンピースコーデレースの甘さをダブルのジャケットで程よくクールダウン ディテールまで凝ったつくりの艶めくレースワンピースに、マニッシュなダブルジャケットをさらりとはおる。素材とテイストのコントラストを楽しみながら着こなせるのは、年齢を重ねて成熟した大人だからこそ。ワンピース¥150,000・ジャケット(共布ベルトつき)¥66,000/ebure ショルダーバッグ¥58,000/八木通商ザンケッティ事業部(ザンケッティ) リング¥155,000/マリハ 伊勢丹新宿本店(マリハ)【Marisol10月号2020年掲載】撮影/金谷章平(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/笹本恭平(ilumini.) スタイリスト/松村純子 モデル/竹下玲奈 取材・文/発田美穂 撮影協力/スタジオ バスティーユ■MA-1×白のティアードワンピースフェミニンなワンピースはミリタリーで甘さを調節 白のティアードワンピースの下にワイドデニムをレイヤード。ミリタリージャケットとカットオフのデニムでワンピースの甘さをほどよくマイナスして。フェミニンなボヘミアンスタイルを完成。パンツ¥44,000/プラージュ 代官山店(リ ダーン) ジャケット¥64,000/アパルトモン 青山店(シュタンバウム) ワンピース¥65,000/サザビーリーグ(マーレット) タイツ¥4,000/エブールギンザシックス(ブルーフォレ) ピアス¥24,000/ヴェルメイユ パー  イエナ 青山店(モダン ウィービング) バッグ¥40,500/CPR トウキョウ(アニタ ビラルディ) 靴¥25,000/フラッパーズ(スペルタ)撮影/三瓶康友 ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/徳原文子 モデル/竹下玲奈 構成・文/磯部安伽■ベージュのジャケット×ブラウンのニットワンピース重めのニットワンピースはベージュのジャケットで抜け感をプラス 明るいベージュのジャケットをはおることで、こっくりとしたカラーのニットワンピース&ブーツスタイルも軽やかな着こなしに。ジャケット¥70,000/ヴィンス 表参道店(ヴィンス) ニットワンピース¥42,000/デミルクス ビームス 新宿(ロベルト コリーナ) バッグ¥132,000/J&M  デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) メガネ¥40,000/アイヴァン PR(アイヴァン) ブーツ¥41,000/TOMORROWLAND(ファビオ ルスコーニ) リング¥12,000・バングル¥13,000/アルティーダ ウード(アルティーダ ウード) 【Marisol10月号2020年掲載】撮影/金谷章平(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/笹本恭平(ilumini.) スタイリスト/松村純子 モデル/竹下玲奈■グレーのノーカラージャケット×ベージュのドット柄ワンピースコーデベージュとグレーの配色で一気におしゃれ見え! ディテールがフェミニンだから、こんなドットワンピースとも好相性。ニュアンスカラー同士の合わせも、色調が合っているのでしっくりなじむ。ジャケット¥28,000/エムセブンデイズ ワンピース¥36,000/サクラ バッグ【コンボ】¥32,000(トフ&ロードストーン)・ショートブーツ¥72,000(ペリーコ)/SHOP Marisol ピアス¥3,800/ジューシーロック 撮影/酒井貴生(aosora/人物)魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/森野友香子(Perle Management) スタイリスト/松村純子 モデル/五明祐子 取材・文/発田美穂 ▼あわせて読みたい
  • たった10着で完成するフレンチシックがこの冬の着こなしを救う!“フレンチシック”は、上品で女性らしく、それでいて可愛げもあって旬に流されないスタイルのこと。まず必要なのはたった10着。ポイントを押さえたワードローブ選びをすれば実現できるんです! 「ベーシック」、「甘め」、「上品」、「ヴィンテージ風」、MOREの“フレンチシック”に必要なのは、この4つのテイスト。これらのアイテムをバランスよく配置するというルールを覚えていれば、季節や時代が変わっても、その時々の服で再び最高の“フレンチシック”な10着が選択できます。カテゴリー1.長く使える、フレンチシックの基盤【ベーシックアイテム】1.黒いタートルニット色と首の詰まったデザインに洗練されたミニマルさが。一枚でさまになり、レイヤードではコーデを引き締める。ハイゲージで身幅に少しゆとりのあるシルエットが今の気分。(メンズ)¥2990/ユニクロ2.ストレートデニムデイリーに使える、ちょうどいい品のよさがモア世代らしい、インディゴデニム。はりのある素材できちんと感を、脚が美しく見える細身ストレートで女性らしさを醸しだして。¥22000/ボウルズ(ハイク)3.ステンカラーコートいつの時代も魅力がすたれず、はおればどんなコーデもこなれた佇まいに。ミニマルなデザインは服を選ばず、ベージュカラーが凜とした可愛げや知的さだって添えてくれる。¥68000/TICCAカテゴリー2.媚びない女性らしさを引き出す【甘めアイテム】4.赤いゆるニットチャーミングだけど媚びない赤は“フレンチシック”にぴったりの色。ボクシーなシルエットのニットなら気負いなく着られるし、ゆとりのあるサイズ感があか抜けた印象。¥28000/バトナ—5.白いプリーツスカートシンプルなワードローブの中で華やかさ、軽やかさをくれる存在。フェミニンな白でも、はりのある素材と折り目のしっかりとしたプリーツなら、落ち着いた甘さが加えられる。¥11000/ノークカテゴリー3.コーデを格上げし、ムードを出す【上品アイテム】6.ストライプ柄のシャツ清潔感のあるシャツは、着るだけで上品だけど、ブルーのストライプなら知的な存在感も。赤ニットとでトリコロール配色にだって! ロング丈でニットとのレイヤードも想定。¥21000/トラディショナル ウェザーウェア 二子玉川ライズ店7.黒のセミフレアパンツ自分の体型に合った、美しい黒のパンツを持っているのは、“フレンチシック”のたしなみ。この冬選ぶなら、旬だけどやりすぎない落ち着きがあるセミフレアがいい。¥14000/AKTE8.ボウタイブラウスベーシックなトップスが多い中、上品かつ華やかなアイテムも投入。オフホワイトととろみ素材で、よりやわらかな印象を漂わせて。ボリューム袖が今っぽさを引き立てる。¥11000/ノークカテゴリー4.個性とちゃめっけをくれる隠し味【ヴィンテージ風アイテム】9.花柄ワンピースいい甘さを醸しだすヴィンテージ風の小花柄は、パリジェンヌもお気に入り。合わせやすくムードが出る茶系、トップスを重ねてスカート風にも着られる長めの丈感を。(インナーつき)¥26000/Stola.10.ケーブル編みのニット温かみのあるオフ白と編み目のニュアンスが、コーデにいい抜け感を添えてくれる。メンズライクなオーバーサイズがヴィンテージ感を高め、着こなしの幅も広げて。¥29000/シンゾーン 表参道店(ザ シンゾーン)コーデ例1黒いタートルニット(メンズ)¥2990/ユニクロ 花柄ワンピース(インナーつき)¥26000/Stola. ラウンドイヤリング¥6000/ビームス ハウス 丸ノ内(デミルクス ビームス) ベージュのストール¥62000/ブリティッシュメイド 銀座店(ジョンストンズ オブ エルガン) レザーベルトの時計¥21000/オ・ビジュー(ロゼモン) べレー帽¥20000/メゾンドリリス 黒のレザーバッグ¥35000/ビショップ(ミミ) カラースエードのパンプス¥40000/ザ・グランドインク(ロランス)コーデ例2ステンカラーコート¥68000/TICCA 白いプリーツスカート¥11000/ノーク ボウタイブラウス¥11000/ノーク ケーブル編みのニット¥29000/シンゾーン 表参道店(ザ シンゾーン) ワンハンドルバッグ¥24500/シップス 有楽町店(キャロル ジェイ) レザーベルトの時計¥21000/オ・ビジュー(ロゼモン) ゴールドイヤカフ(片耳分)¥13000/ココシュニック カラースエードのパンプス¥40000/ザ・グランドインク(ロランス)【関連記事】>>20代女子におすすめ!「MORE的フレンチシック」ってなんだ? ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE/モデル) 魚地武大(TENT/製品) ヘア&メイク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/飯豊まりえ スタイリスト/石上美津江 企画・原文/青山玲子(MORE) 撮影協力/アワビーズ UTUWA TITLES tokyobike オーバカナル 銀座 森岡書店 ※掲載商品の発売時期については変更等の可能性があります。メーカーHP等で最新情報をご確認ください。
  • ニューノーマルな時代、肌や見た目はもちろん気持ちだって盛り上げてくれる、それが今季ベストコスメの条件。今回はメイクアップ部門にランクインした8品をご紹介。新感覚の“黒い”下地、生質感のアイシャドウパレット、“ジャスト血色”なチークなどなど、今季を代表する実力派が勢揃い! 《下地大賞》カネボウ インターナショナルDiv. KANEBO パフォーミング ドロップ 下地に黒、どうなるの? 塗ってみたら驚きの立体感。みずみずしくて薄皮以上に薄い秘密の下地(美容ジャーナリスト 鵜飼香子さん)推薦人:ヘア&メイクAYA、ヘア&メイク中山友恵、ヘア&メイクpaku☆chan、美容研究家 有村実樹、トータルビューティーアドバイザー水井真理子、ビューティーエディター松本千登世、ビューティーエディター平輝乃、美容ジャーナリスト鵜飼香子、美容ライター長田杏奈、美容ライター谷口絵美薄くてみずみずしい秘密の下地を仕込んじゃううれしさ♡(美容ジャーナリスト鵜飼香子) 新感覚すぎる黒い下地は、塗るとすべすべになじんで、締まったあか抜け肌に(美容ライター長田杏奈)。RADIANT BLACK 25ml ¥3000 《フェイスパウダー大賞》アウェイク プットオンアハッピーフェイス フィニッシング パウダー ほうれい線、毛穴、たるみによる凹凸感など肌のいらない凹凸が消える代わりに透明感が舞い降りる(ヘア&メイクアップアーティスト 中野明海さん)推薦人:ヘア&メイク中野明海、ヘア&メイク千吉良恵子、ヘア&メイクAYA、ヘア&メイク笹本恭平、ヘア&メイク中山友恵、ヘア&メイク河嶋希、ヘア&メイク小田切ヒロ、ビューティーエディター平輝乃、美容ライター中島彩、美容ライター長田杏奈、美容ライター森山和子、美容エディター小川由紀子、美容ライター谷口絵美、美容ライター浦安真利子、バイラ編集部 副編T、バイラ編集部 ガッツ!スガコ肌のいらない凹凸がさっと消える(ヘア&メイク中野明海) 毛穴が気になる肌に、見とれるほどのきめ細かさと透明感。とにかく人によさを言いふらしたくなったパウダー(美容ライター森山和子)。00 SPF15・PA+ ¥4000 《アイシャドウ大賞》パルファン・クリスチャン・ディオール サンク クルール クチュール しっとりのびてぬめっととどまる「生質感」。その染まるような、透けるような独特の発色がなんともセンシュアル(ビューティエディター 松本千登世さん)推薦人:ヘア&メイク千吉良恵子、ヘア&メイクKUBOKI、ヘア&メイクAYA、ヘア&メイク笹本恭平、ヘア&メイク河嶋希、美容家 小林ひろ美、美容家 神崎恵、美容研究家 有村実樹、トータルビューティーアドバイザー水井真理子、美容ジャーナリスト安倍佐和子、ビューティーエディター松本千登世、美容ジャーナリスト小田ユイコ、ビューティーエディター平輝乃、美容ライター中島彩、美容ライター谷口絵美、バイラ編集部編集長 湯田もはや定番となった赤みブラウンで、さまざまな顔がつくれる神パレット(ヘア&メイクKUBOKI) ブラウン系ながら無難にとどまらず、センシュアルでエッジィな仕上がりに(ビューティーエディター松本千登世)。689 ¥7600 《アイライナー大賞》アディクション ビューティ ザ カラー リキッド アイライナー 細く引いて抜け感、ガッツリ引いてインパクト。それが品よくかなう理由は、マットな質感にあり!(ヘア&メイクアップアーティスト 岡田知子さん)推薦人:ヘア&メイク中野明海、ヘア&メイク千吉良恵子、ヘア&メイクKUBOKI、ヘア&メイクAYA、ヘア&メイク岡田知子、ヘア&メイク中山友恵、ヘア&メイク河嶋希、ヘア&メイク小田切ヒロ、美容家 小林ひろ美、トータルビューティーアドバイザー水井真理子、美容ジャーナリスト安倍佐和子、ビューティーエディター松本千登世、美容ジャーナリスト小田ユイコ、美容ライター長田杏奈、美容ライター森山和子、美容エディター小川由紀子、美容ライター谷口絵美、バイラ編集部 肩出しナベ嬢、バイラ編集部 ガッツ!スガコ高発色なテラコッタブラウンライナーは、今期マスト!(ヘア&メイク岡田知子) 「まなざしのルージュ」と呼びたい鮮やかなリップ級の存在感で、スタイルの格好のスパイスに(美容エディター小川由紀子)。006 ¥3000 《マスカラ大賞》THREE アートエクスプレッショニスト マスカラ 光を帯びた、やわらかなブリックオレンジ。しっとりとツヤっぽく、でも生命力のあるまなざしに仕上がるのが大好き(美容エディター 小川由紀子さん)推薦人:ヘア&メイク千吉良恵子、ヘア&メイクKUBOKI、ヘア&メイクAYA、ヘア&メイク岡田知子、ヘア&メイク笹本恭平、ヘア&メイク中山友恵、ヘア&メイク小田切ヒロ、美容研究家 有村実樹、トータルビューティーアドバイザー水井真理子、ビューティーエディター松本千登世、美容ジャーナリスト小田ユイコ、美容ライター中島彩、美容ライター長田杏奈、美容ライター森山和子、美容エディター小川由紀子、美容ライター谷口絵美、美容ライター浦安真利子、バイラ編集部 副編T、バイラ編集部 肩出しナベ嬢、バイラ編集部 ガッツ!スガコ洗練を極めた大人のためのカラーマスカラは、オフィスでのニュアンスメイクにも(美容エディター小川由紀子) 目もとになじむ赤みとさりげない抜け感。withマスクメイクにはかなり正解(美容ライター浦安真利子)。02 ¥4000 《アイブロウ大賞》ボビイ ブラウン マイクロ ブロー ペンシル 繊細ななかに生命力を感じさせる毛を一本一本描き込める。マスク蒸れに負けないウォータープルーフも魅力(ヘア&メイクアップアーティスト 千吉良恵子さん)推薦人:ヘア&メイク千吉良恵子、ヘア&メイクAYA、ヘア&メイク河嶋希、ヘア&メイク小田切ヒロ、美容家 小林ひろ美、美容研究家 有村実樹、美容ジャーナリスト安倍佐和子、ビューティーエディター松本千登世、美容ジャーナリスト小田ユイコ、ビューティーエディター平輝乃、美容ライター長田杏奈、美容エディター小川由紀子、美容ライター谷口絵美絶妙な色バリエがそろう(ヘア&メイク千吉良恵子) 眉毛を一本一本描くフェザーアイブロウや、眉尻を繊細に描くのも簡単。ソフィスティケートされた眉ラインが思うまま(ヘア&メイク小田切ヒロ)。07 ¥3600 《チーク大賞》ヤーマン オンリーミネラル N by ONLY MINERALS ミネラルソリッドチーク コンプリート はしゃぎすぎない「ジャスト血色」が今の気分にぴったり。チークでありながら頰の潤い絆創膏的な役割も(美容ジャーナリスト 小田ユイコさん)推薦人:美容研究家 有村実樹、美容ジャーナリスト小田ユイコ、美容ライター長田杏奈、バイラ編集部 肩出しナベ嬢、バイラ編集部 ガッツ!スガコこなれたいけど地味になりたくない。可愛さもほんのり残したいという欲張りをかなえる(美容研究家 有村実樹) 浮かれて見えない血色感と、マスクの摩擦から肌を守る潤い感(美容ジャーナリスト小田ユイコ)。04 ¥3200 《リップ大賞》SUQQU コンフォート リップ フルイド フォグ 07 ブラウンリップ初心者さんにもおすすめななじみカラー。現場でも自分用にもヘビロテNo.1(ヘア&メイクアップアーティスト 河嶋 希さん)推薦人:ヘア&メイクKUBOKI、ヘア&メイクAYA、ヘア&メイク岡田知子、ヘア&メイク河嶋希、ヘア&メイク小田切ヒロ、ヘア&メイクpaku☆chan、美容家 神崎恵、トータルビューティーアドバイザー水井真理子、ビューティーエディター松本千登世、美容ジャーナリスト小田ユイコ、ビューティーエディター平輝乃、美容ライター長田杏奈、美容ライター谷口絵美、美容ライター浦安真利子、バイラ編集部 肩出しナベ嬢、バイラ編集部 ガッツ!スガコ凜とした女性像をパーフェクトに表現できるブラウン。攻めすぎず上品な仕上がり(ヘア&メイク岡田知子) ふわっとフォギーな仕上がりなのにクリーミーな塗り心地(ヘア&メイク河嶋希)。07 ¥5000 撮影/山口恵史 スタイリスト/郡山雅代〈STASH〉 取材・原文/長田杏奈 構成/渡辺敦子〈BAILA〉 ※採点方式は1部門につき1製品=最高10点満点。今期マイベスト商品には15点。その合計点でランキングを決定しています ※BAILA2020年12月号掲載 【BAILA 12月号はこちらから!】
  •  乾燥や冷えなど、冬は女性にとって何かと悩みの多い季節。中でも不調の原因になる「冷え」は常日頃から対策しておきたいところ。今回はPMSやホルモンバランスなど、女性特有の悩みに着目したセルフケアブランドWRAY(レイ)のシルクウォーマーをお試し! 天然シルクを100%使用したWRAYのシルクウォーマーは、特に冷えやすい下腹部から腰、お尻までをしっかりカバーしてくれる薄手の腹巻きパンツ。 WRAY シルクウォーマー ¥5,800 シルクは吸湿性・通気性にも優れているため蒸れにくく、さらに縫い目を外側にすることで肌にあたる縫い目部分の不快感を軽減しているため、ストレスフリーな着心地。また、伸縮性を持たせるために天竺編みで編み上げ、3D立体裁断で身体にフィットする構造のため、デイリーはもちろん、アクティブに動く一日でも圧迫感は感じない。ブラック、ベージュの2色があり、特にベージュは白い生地の下に着ても透けないようなこだわりの色味。薄手の生地を使用しているため厚みが洋服に響かないのも嬉しいポイント!ストレッチが効いているので、一番大きなLサイズは妊婦さんでもはくことができるそう。また、ナプキンを内側につけられるサニタリー仕様になっているから、万が一の場合も生理ショーツとして使用もできる。 WRAYは証券会社やPR会社に勤めた経験を持つ谷内侑希子さんが2020年にローンチしたセルフケアブランド。ブランド名はW=women(女性)+ ray(一条の光、光線、広がる光)の造語で、「女性が光り輝き、誰かの光になり、広がっていくように」という想いが込められている。生理不順や不妊治療など、自身が経験した悩みを元に、婦人科医監修のサプリメント・周期的な肌荒れを予防する美容液・天然シルク100%のシルクウォーマーを第一弾のラインナップとして2020年7月にローンチ。まずは大事な部分を優しく温めてくれるシルクウォーマーで、上質なセルフケアライフを始めたい。 WRAYhttps://wray.jp/ 【フェムテック調査団メンバーの使用感想】調査団メンバー アキオさん柔らかくなめらかな生地が肌触りがよく気に入りました。さすがシルク100%!シルクって伸縮性があまりなくて窮屈そうだなと思っていましたが、全然そんなことありません。ストレッチがかなり効いていて快適でした。お腹の締め付けがきついとストレスになるので助かります。生地は手をかざすと透けるぐらい薄いのですが、不思議とお腹やお尻をほんわか温めてくれます。生理ナプキンの羽を付けられるサニタリー仕様にもなっているので、特にお腹が冷えやすい生理時にも使えるのが嬉しい。これから冬本番なので、腹巻効果を存分に試していきたいです。友達へのプレゼントとしても喜ばれそうです。調査団メンバー maoさん時々洋服でかぶれたり痒くなってしまうことがあるのですが、WRAYのシルクウォーマーは肌触りがよくて肌荒れしませんでした。薄手のニットワンピースを着用していた時に試しましたが、シルエットに響かず使いやすかったです。旅行中の夜、寒かったのですが、シルクウォーマーが肌に触れている部分はポカポカして快適。ちょうど生理中だったので普段なら冷えやすくお腹が痛くなるのですが、その日は生理痛があまり気になりませんでした。調査団メンバー mayさんお尻やお腹周りは脂肪もあるので、熱を保てないから冷えやすいと言われているのを聞いていて、いつ触っても冷えているのが気になっていました。子宮や卵巣、内臓にも近いので、温められるおしゃれなもの、洋服に影響の出ないものを探していました。これは極薄で理想のものに近く、届のが楽しみでした。1枚はいているだけで温められ、はき心地もよくかなり快適。生理痛がいつもより楽になった気がしました。さらには、身体全体の冷えも感じにくくなり、毎日手放せないものに。夜洗濯すれば、翌朝には乾いてすぐにはけるのですが、自転車操業に疲れはじめたので、もう1枚欲しいので購入したいと思います。 ※フェムテック調査団 女性の身体について、みんなで悩みを語りあいたい!、情報をもっと知りたい!と発足した「フェムテック調査団」。フェムテックに関するアンケートに答えていただいた2,681名の中から参加メンバーを募り、読者とエディターやスタッフで女性特有の身体や性の事や、フェムテック製品、世界での動向についてなど、理解を深めていく目的で結成。【クラウドちゃんより】 シルクは人肌に近い成分のアミノ酸でできているので、“着る美容液”とも言われているんだ。吸湿性・通気性にも優れているから、冬場だけではなく一年中快適だね。 >>日本人女性が考えたデリケートゾーンソープ(mgb skin シークレットウォッシュ)を試してみた!【フェムテック調査団が行く vol.1】 >>SPUR.JPフェムテック調査団 vol.1みんなの生理、調べてみたら >>SPUR.JPフェムテック調査団  vol.2みんなのセクシャルウェルネス意識調査
  • 日本と縁が深い国「台湾」。台湾出身、日本育ちの作家・温又柔さんが描く、日本と台湾の狭間で生きる母と娘の心の痛みを描いた長編小説を紹介。斎藤美奈子 さいとう みなこ●文芸評論家。編集者を経て’94年『妊娠小説』でデビュー。その後、新聞や雑誌での文芸評論や書評などを執筆。『文章読本さん江』『趣味は読書。』『名作うしろ読み』『文庫解説ワンダーランド』『中古典のすすめ』ほか著書多数。最新刊は『忖度(そんたく)しません』(筑摩書房)。『魯肉飯(ロバプン)のさえずり』 温 又柔 中央公論新社 ¥1,650 半ば勢いで結婚し、夫の家族の中で気まずい思いをする娘。言葉が通じない慣れない土地で子育てをしてきた母。物語は娘と母それぞれの視点から、言語や文化の差をどう乗り越えるかを描き出す。〈なんでママはふつうじゃないの? せめて外にいるときはふつうのお母さんのふりをしてよ!〉と残酷な言葉さえ吐いた娘が長じていたった心境は。細部の生活感がいい味を出している。台湾と日本の狭間で描かれる、母と娘の物語魯肉飯、自分で作ったことありますか? 甘辛く煮た豚肉をごはんにのせた台湾風の丼だけど、レシピを見ると、味の決め手は八角か五香粉(ウーシャンフェン)みたい。で、「ルーローファン」というのは中国語風の読み方らしい。   温又柔(おんゆうじゅう)『魯肉飯のさえずり』の場合は台湾風に「ロバプン」と読む。母と娘の物語である。   深山桃嘉(ももか)は台湾人の母と日本人の父の間に生まれた。結婚して現在の姓は柏木。夫の聖司は大学の先輩で、就活に失敗した桃嘉は卒業と同時に結婚してしまったのだ。皆がうらやむ結婚だったが、最近夫は浮気をしているようで……。 そんなところから物語は始まるのだけれど、この夫はデリカシーがないのよね。妻が作った魯肉飯に、こいつはケチをつけるようなやつなのよ。〈こういうの日本人の口には合わないよ〉〈こういうものよりもふつうの料理のほうが俺は好きなんだよね〉。 じゃあ自分の飯は自分で作りなさいよ!と私だったら一喝するが、桃嘉はそういう不穏なことはいわず、〈きっと聖司は八角がだめなのだ〉と考えて、以来一度も魯肉飯は作っていない。 彼女は母に負い目があった。父と結婚して台湾から東京に来た母の雪穂(台湾名は秀雪)も、娘に負い目があった。雪穂は日本語がうまくなかったのである。日本語では自分の感情を十分に表現できない母。そんな母が不満な娘。 小学生のころ、桃嘉は雪穂が作ったおむすびを残して帰ったことがある。〈ママのオムスビ、なぜ食べない? おいしくない?〉と問う母に〈梅干しのおむすびなら、入るかも〉と娘は答えた。母が作ったおむすびの具は、干した豚肉を甘辛く煮つけた台湾の食材・肉燥(バーソー)だったのである。〈梅? どうしてバーソー、ダメ? 桃嘉、ママのつくるもの、きらい。だから食べない。そうなの?〉 温又柔自身も両親は台湾人。3歳から東京で暮らし、台湾語と中国語の交じった言葉で話す家庭で育った。これまでの作品も作者のアイデンティティに根ざしたものだったが、今度は異国で子育てをする母の視点も入って、ぐっと奥行きが出た感じ。言葉とごはんは生活の根幹。そこで生じた齟齬は家族であってもなかなか埋まらない。それでも桃嘉は母の故郷の台湾で、伯母たちが話す半分意味のわからない言葉をピーチクパーチクという「さえずり」のように心地よく聞く。 〈ママ、日本人じゃない。だから桃嘉いや。でもしょうがない。ママ、台湾人。日本人なれない〉 魯肉飯は母の得意料理で、彼女にとっては「普通の料理」以上に思い入れのある料理だった。果たして母と娘はどんなかたちで和解するのか。そしてデリカシーのない浮気者の夫との関係は! あわせて読みたい!『真ん中の子どもたち』 温 又柔 集英社 ¥1,300 日本人の父と台湾人の母をもち、台北で生まれて東京で育った天原琴子は19歳。中国語を学ぶため上海に留学し、多様なルーツをもつ仲間と出会うが、台湾語と中国語の差は思いのほか大きくて。作者の名を一躍知らしめた’17年の芥川賞候補作。『地元の料理上手が教えてくれた おいしい台湾レシピ』 クックパッド/監修  世界文化社 ¥1,200 こうなったらやっぱり魯肉飯も作ってみたい。台湾の定番の家庭料理から街で人気のスイーツまで、「クックパッド台湾」で評判の高かった全66品を集めた本。日本のスーパーで手に入る食材ばかりなのに、レシピはひと味違っているのが楽しい。>>斎藤美奈子さんのおすすめ本原文/斎藤美奈子 ※エクラ2020年12月号掲載
  • 程よいトレンド感とベーシックなバランスがちょうどよく、着回し力抜群のアイテムが豊富なUNIQLOとGU。どれも欲しくて迷っちゃう……なんて子のために、間違いなく使えて、買わなきゃ損するってくらい優秀すぎる名品だけをピックアップ! 飛び売れ必至だから、売り切れる前に要チェックです♡ 1 裏起毛素材だから冬でも脚が暖か! 2 美脚見えするセンタープリーツ入り 3 後ろがウエストゴムだから締めつけ感なし 好印象確実な淡いブルー。美脚見えまで叶えるなんてオイシすぎ♡ 脚が真っすぐ長く見えるセンタープリーツ入り&体のラインを拾わないワイドなシルエット。文句なしに美脚見えを叶えるパンツは、暖かなはき心地ときれい色も自慢! 白ニットと合わせて清楚なモテカジュアルを楽しんで。 パンツ¥2490・ニット¥1990・帽子¥1490(一部店舗のみ販売)・靴¥2990/GU バッグ¥8100/アンビリオン(ペルケ) 1 フェイクレザーでトレンド感がソクUP 2 ベーシックなカラーで着回ししやすい♪ 3 丈が長めのプリーツで今っぽいバランスに! エッジのきいたフェイクレザーなら投入するだけでトレンド感も絶好調 今シーズン大ブームのフェイクレザー。フェミニン派でも取り入れやすいプリーツスカートなら、手持ち服とも合わせやすく重宝。ショート丈ニットにシャツをレイヤードして、印象的な着こなしに。 スカート¥2490・ニット¥1990(一部店舗のみ販売)・シャツ¥990・イヤリング¥590・バッグ¥1990・靴¥2490/GU 靴下¥1000/Blondoll 新丸の内ビル店(17℃)モデル/武田玲奈 渡邉理佐 撮影/東京祐(モデル) 富田恵(物) ヘア&メイク/吉﨑沙世子(io) スタイリスト/松尾正美 構成・原文/道端舞子 web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス
関連キーワード

RECOMMEND