ハピプラ会員システム刷新に伴うお知らせ

トレンド感満点! ニットベスト+タイトスカートが最旬♡【秋冬トレンド服の正解コーデ教えます】

non-no Web

今季のニューフェイスとして人気沸騰中のニットベスト。トラッドにもカジュアルにも変幻自在!

差をつけるのなら渋めパープルをさらっと取り入れて

落ち着いたくすみパープルとベージュの絶妙な配色に、白のロンTをインしてフレッシュに。

ニット¥2490/イーハイフンワールドギャラリー ルミネエスト新宿 スカート¥6900/RANDA Tシャツ¥4580/EMODA ルミネエスト新宿店 帽子¥4500/ビームス ウィメン 原宿(レイ ビームス) バッグ¥3200/アリガインターナショナル(ケルティ) 靴¥7900/R&E

女の子らしいタートルネックで可愛げムードが加速

立体感のあるケーブル編みはシャツに重ねてトラッドに。チェック柄スカートは、膝下丈を選ぶことで大人っぽくキマる。

ニット¥4500/シティーヒル(マジェスティックレゴン) スカート¥8900/ヒロタ(31 Sons de mode) シャツ¥1990・メガネ¥990/GU バッグ¥7900/ココ ディール

シンプル無地なら柄ボトムとも合わせやすい♪

無地のベストは、裾のサイドスリットがのっぺり見えを防止。

ニット¥990/GU スカート¥9800/ココ ディール スウェット¥6800/ビームス ボーイ 原宿(フルーツ オブ ザ ルーム×ビームス ボーイ) ピアス¥2400/Supreme.La.La. バッグ¥4300/コンバースインフォメーションセンター 靴¥9500/FILA カスタマーセンター

ベストのラインとスカートの色を合わせて統一感を

スクールガール調のライン入りは大きめサイズでゆるっと着こなすのがおしゃれ。ボトムと赤でリンクさせて印象的な着こなしに。

ニット¥9800/ビームス ウィメン 原宿(レイ ビームス) スカート¥12000/Noela シャツ¥9000/ビームス カスタマーサービスデスク(カロリナ グレイサー) イヤリング¥1945/アビステ バッグ¥2600/ACCOMMODEルミネエスト新宿店 靴¥6500/コンバースインフォメーションセンター

2019年11月号掲載
モデル/新木優子 渡邉理佐 撮影/岡部東京 ヘア&メイク/牧田健史(優子) 中山友恵(理佐) スタイリスト/松尾正美 構成・原文/道端舞子 web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス
関連記事
  • 11月前半のnon-no Web『毎日コーデ』の人気コーデをTOP10でお届け!【10位】 色もシルエットも主役級スカートは大人見えトップス合わせが好バランス【毎日コーデ】▶詳細をチェック【9位】 アレンジしやすいシンプルワンピはパンツを合わせて個性をプラス!【毎日コーデ】 ▶詳細をチェック【8位】 西野七瀬はストンと縦長シルエットでレイヤードを大人仕上げ【毎日コーデ】▶詳細をチェック【7位】 まろやかなベリー色パンツで透明感あふれる好感度ガールに【毎日コーデ】▶詳細をチェック【6位】 人気のキャミワンピレイヤードはシックカラーで差をつけたい!【毎日コーデ】▶詳細をチェック【5位】 新木優子は定番モノトーンコーデをスポーティ小物でこなれ感倍増!【毎日コーデ】▶詳細をチェック【4位】 もこもこアウターでいつものデニムに今っぽい可愛げを添えて【毎日コーデ】▶詳細をチェック【3位】 馬場ふみかは渋色ワンピ+ゆるカーデでやせ見えも女らしさも欲張りに♡【毎日コーデ】▶詳細をチェック【2位】 西野七瀬はボリュームニットをストレートパンツ合わせで大人のこなれ感【毎日コーデ】▶詳細をチェック【1位】 渡邉理佐は、チェック柄のフレアワンピに黒小物を合わせて脱・ほっこり【毎日コーデ】▶詳細をチェック※11月17日~11月30日集計
  • 今月は、エーグル×コシェやトリコ・コム デ ギャルソン×テンベアといった人気ブランドのコラボレーションアイテムや、ディオールのシルクのナイトウェアやサカイのルームシューズなど、おうち時間を彩るアイテムが勢揃い! 1.新色&限定アイテムが登場財布〈H7×W9×D3〉¥48,000、バッグ〈H19×W14×D5〉¥93,000/ジルサンダージャパン(ジル サンダー バイ ルーシー アンド ルーク・メイヤー)人気バッグ「タングル」に、辛口派にもなじむペールピンクが仲間入り。同色の三つ折り財布はホリデー時期の日本限定品。小物から新年を迎える準備を。 0120-919-2562.「キャトル」コレクションの新作リング〈イエローゴールド、ホワイトゴールド、ピンクゴールド、ダイヤモンド、ブルーセラミック〉¥727,273/ブシュロン クライアントサービス(ブシュロン)パリの青空にインスパイアされたマットなブルーカラーがアクセント。異なるマテリアルと色の組み合わせが、モダンな指先を演出する。 0120-230-4413.テンベアとコラボ第二弾バッグ〈H35×W40×D27〉¥51,000/コム デ ギャルソン(トリコ・コム デ ギャルソン)キャンバス地を得意とするバッグブランド、テンベアの定番「デリバリートート」をトリコ流にアレンジ。ニットのフリンジやボリューム感に遊び心を感じる逸品。レザーハンドルにWネームの刻印を施した。 03-3486-76114.エーグルとコシェの融合ブーツ〈ソール3㎝〉¥33,000/エーグルカスタマーサービス(エーグル×コシェ)両者の特性を生かしたカプセルコレクションがローンチ! エーグルのアイコン、ラバーブーツにクロコダイル柄をエンボス加工。コシェらしいミックス感覚を注いだブーツは晴れの日もサマになる。ほかウェアも揃う。 0120-810-3785.メゾン初のホームウェアシャツ¥200,000、パンツ¥180,000/クリスチャン ディオール(ディオール)リラクシングかつ、ファッショナブルなカプセルコレクション「ディオール シェモワ」が誕生。心地よいシルクのナイトウェアにはアーティストのピエトロ・ルッフォによるゾディアックモチーフのプリントを採用。 0120-02-19476.国民的画家の作品をプリントフーディ¥26,000/ネーム今シーズンのテーマのひとつが"古きよき時代へのノスタルジーと憧れ"。そこで20世紀を代表するアメリカの画家、ノーマン・ロックウェルの作品をチョイス。大胆にプリントし、ステートメントを表すアイテムに。ハリのある厚手の生地がクリーンなムードも引き立てる。 03-6416-48607.大女優との特別なコレクションブラウス¥39,000/A.P.C. CUSTOMER SERVICE(アー・ペー・セー カトリーヌ・ドヌーヴ)カトリーヌ・ドヌーヴがデッサン段階から生地選び、シルエットの細部に至るまで参加したコラボレーション。ダークグリーンのペイズリー柄ブラウスはパリジェンヌらしい、エスプリあふれる一枚。 0120-500-9908.エコなルームシューズバブーシュ¥8,000/sacaiホリデーコレクションから、バブーシュをピックアップ。過去のコレクションのファブリックをパッチワークし、アウトソールにはレザーを使用。心弾むアイテムが誕生した。家での過ごし方が変わった今だからこそ、ワンランク上のホームアイテムを。直営店でのみ販売。 03-6418-5977 SOURCE:SPUR 2021年1月号「SPUR Finds…」photography: Takehiro Uochi 〈TENT〉 styling: Saeko Sugai text: Momoko Yokomizo 掲載アイテムはこちら!
  • きっと私たちの知るずっと前から。そしてこれからも永遠に。色あせない魅力を放ち続ける、モノグラムこそ一生もの。10年先も100年先も、 きっとまた新しく好きになる伝統とモダニズムを兼ね備えた新定番 アイコニックなモノグラム・キャンバスにオマージュを捧げたデザイン。シンプルかつ軽量でありながら収納力も高く、同柄のミニバッグが付属していたり、ファスナーで開閉できるなど、機能面も充実。多用途に使える逸品。 バッグ「キャリー・イット」(39.0×37.0×3.0)¥197000・ニット¥84000・スカート¥373000・ブーツ¥197000/ルイ・ヴィトン クライアントサービス  メゾンを物語るLV サークルがきらめくメダリオンモチーフ シルバーとゴールドのコントラストカラーで仕上げられたLV サークルのメダリオンが、あらゆるシーンで素肌を美しく彩る。 ネックレス「コリエ・L TOV」¥55000・ブレスレット「ブラスレ・L TO V」¥50000/ルイ・ヴィトン クライアントサービス  定番アイテムに遊び心を加えたプレイフルなミニチュアサイズ 遊び心をきかせたブレスレットとしてはもちろん、バッグチャームにしてもキュート。 (上)ブレスレット「ブラスレ・パーティー バムバッグ」¥82000・(下)ブレスレット「ブラスレ・パーティー パームスプリング」¥82000/ルイ・ヴィトン クライアントサービス  日本限定のコンパクトサイズは今を生きる私たちにぴったり ルイ・ヴィトンのコレクションの中で最も小ぶりな財布。光を柔らかく反射するクリスタルローズカラーは、強さと美しさを感じる上質な輝き。 財布「ポルトフォイユ・ロックミニ」(7.0×10.0×2.5)¥63000/ルイ・ヴィトン クライアントサービス  お気に入りの1本をしのばせてジュエリー感覚で身につけたい 1920年代のメイクボックスから着想を得たリップスティックケース。前面にはメゾンの伝統的なトランクを想起させるロック、上部にはLV サークルの刻印があしらわれている。 リップスティック ケース¥158000/ルイ・ヴィトン クライアントサービス  モデル/馬場ふみか 撮影/田中雅也(TRON) ヘア&メイク/北原果(KiKi inc.) スタイリスト/鈴木美智恵 web構成/轟木愛美 web編成/レ・キャトル ※( )内の数字は縦×横×マチを表し、単位はcmです。
  • 特別な日だけしか履かない靴を飾るのを辞めました。上質なモノをデイリー使いするミニマルスタイル。こんにちは!マッキーです。 最小限のワードローブで着回す、ミニマルスタイルで毎日のファッションを楽しんでいます。 憧れのマノロブラニクさんも、デイリー使いしています。 勿体ない!!と以前は、思ってました… でも、使わない方が勿体ない!! 飾るだけ、靴箱に収納しているだけでは、靴本来の役割を全うしていない。 という事に気付きました。 時間経過と共に、履いてなくても生地は劣化します。 時代と共にトレンドデザインも変化します。 私自身の体型も変化し、ライフスタイルも変化し、靴を履くタイミングを逃すかもしれません。 靴底を補強し、ケアした上で履けばより多く履く機会に恵まれます。靴も私もハッピーに^ ^■MANOLO BLAHNIKヒール無しで、履きやすいです。 ドレスアップした服しか合わないデザインではなく、カジュアルなデニムにも合わせられるデザインを選びました。 デイリー使い前提の選択です。12月に入り師走ですが、 ご近所お出掛けやワンマイお出掛けなど、 『短時間』『短距離』おでかけが主流に。 冬でもまだまだ履ける! 楽に履ける! ミュールスタイルが今年の冬っぽいですよね。普通の日が、ちょっとテンション上がる毎日になります。 大切だからこそ、デイリー使いする。 そんなファッションが出来る様に、ミニマルに最小限のワードローブで毎日を楽しむ♪ そんな私の靴紹介でした。 最後までご覧頂きありがとうございました。●インスタも同時に行っております。気軽にコメント頂けましたら嬉しいです。美女組No.170 マッキーのブログ
  • OFFにもリモートワークにも、快適&おしゃれ!アラフォーのための「らくちんパンツ」のきれい見えコーデリラックス感のあるはき心地でリモートワークでも重宝しつつ、今年っぽさを加えるアクセントとしても使える。「ツヤとろみ」「ベロア」「ニット」のパンツを「3大らくちんパンツ」と認定! ほどよく抜け感がありつつルーズに見えない、大人の着こなし方をマスターして。 ▼Type1はこちらType2:ベロアパンツ 秋冬ならではの温かみと華やかさをあわせもつ今季のニューカマー。リラックスシーンからちょっとしたフォーマルまで使える幅の広さも魅力。パンツ¥23,000/ドレステリア 新宿店(ドレステリア)■ベロアパンツ×デザイントップス ちょっぴりフォーマルを意識素材自体にドラマティックさがあるので、ドレスアップにも使えるベロアパンツ。ディープグリーンが上品な一本にデザイン性の高い白のロングトップスを合わせ、バッグはレオパード柄のミニポシェットをアクセントに。ちょっぴりおめかしモードに仕上げて。パンツ/上と同じ シャツ¥42,000/スタンブリー ピアス¥34,000・バングル¥62,000/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) バッグ¥105,000/エリオポール代官山(ザンケッティ) 靴¥16,800/ヒューマンウーマン(REMME)■ベロアパンツ×ジャケットコート ベージュコート×キャメルピンクの秋らしい配色でシックにふんわり柔らかなキャメルピンクのベロアパンツは、はき心地抜群でシワになりにくいのもうれしい。きれいな仕立てのベージュのジャケットコートとパンプスで秋らしいトーンにまとめ たら、ファーのボディバッグと大ぶりピアスを。上品さと遊び心を同時に感じられる、鮮度の高いコーデが完成! パンツ¥35,000/サードマガジン(サードマガジン×ミコモリ) コート¥59,000/スタンブリー ニット¥27,000/オンワード樫山(ジョゼフ) ピアス¥25,037/アビステ バッグ¥27,000/ピーチ(ヴィオラドーロ) 靴¥14,500/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ)■ベロアジャケット×シャギーニット ふわふわニットと秋ならではの素材感を楽しんでほどよく光沢があるので、ニットやコートといったマットな素材と合わせやすいのもベロアの魅力。ブラック&ブラウンのダークトーンも、ベロアのツヤ感のおかげでどこか軽やかで女性 らしいムードに。パンツ¥9,900/ノーク(ノーク) ニット¥33,000/エイトン青山(エイトン) 帽子¥11,000/カシラ ショールーム(CA4LA) ネックレス¥11,000/ヒューマンウーマン 時計¥23,000/ダニエル ウェリントン カスタマーセンター(ダニエル ウェリントン) バッグ¥60,000/プレッド PR(ミチノ) 靴¥9,500/コンバースインフォメーションセンター(コンバース)【Marisol11月号2020年掲載】撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/石毛のりえ モデル/竹下玲奈
  • エグゼクティブ女性の新しいワークスタイルにフィットする才色兼備なビジネスレザーグッズを、ブランドの新作を中心にピックアップ。デザイン性も機能性もあわせもつ逸品揃いです。エグゼクティブ御用達、エルメスのジップつき手帳カバーに新色が登場手帳カバー(イエロー H17×W10)¥96,000・レフィル(大)¥16,500・手帳カバー(トープH13.2×W9.5)¥80,000・レフィル(小)¥15,500・カードケース(ピンクH7×W10.5)¥47,000・ペンケース¥40,000・万年筆¥185,000・インクカートリッジケース¥56,000・インクレフィル(6本入り)¥1,100・ニット¥189,000・リング¥81,000/エルメスジャポン(エルメス)TPOに合わせてカスタマイズできる、ディオールのポーチが優秀ポーチ(H12×W18×D3)¥160,000・ジャケット¥390,000・シャツ¥150,000・パンツ¥170,000(4点ともディオール)・ピアス¥192,000・リング¥112,000(ともにディオール ファイン ジュエリー)/以上クリスチャン ディオールヴァレクストラの新作クラッチバッグはモバイルケースにも最適クラッチバッグ(H22×W32×D6)¥160,000・ベージュのタブレットカバー(H22×W16×D1)¥85,000 /ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ) ジャケット¥112,000(エス マックスマーラ)・ニット¥51,000・キュロット¥65,000(ともにマックスマーラ)/以上マックスマーラ ジャパン ピアス¥138,000・リング¥88,000/ホワイトオフィス(ジジ)>>「エグゼクティブサロン」 記事一覧はこちら撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) ヘア&メイク/福沢京子 スタイリスト/青木貴子(whitebox) モデル/松田珠希 取材・原文/新田幸子 ※エクラ2021年1月号掲載
  • バイラーズの泉マリコです。 早くも12月に突入し、最近寒さがグッと増してきましたね。 朝晩冷えるのであたたかいコートは必須ですが、今季はコスパが素晴らしいトレンドデザインのコートを見つけたので紹介したいと思います! レフアクローゼットの 「レフア2wayリバーシブルboaスエードコート」。 こちらなんと‼︎ 現在割引価格で6,200円+税で買えちゃうんです。 丈感など絶妙でシルエットがかわいいのはもちろん! ボアとスエードの2way仕様で様々な着こなしが楽しめちゃうんです。 私はカジュアルに着たい日はボア、女らしく着たい日はスエードを表にして色々なコーデを楽しんでいます(^^) 現在私が着ているベージュの他に、アイボリーも在庫があるみたいです✨ この価格でこの可愛さはちょっと有り得ないな と思いましたので、気になった方はぜひレフアをチェックしてみてくださいね。
  • 「いつだって私たちに救いの手をさしのべてくれる」と読者から絶大なる支持を集める、スタイリストの大草直子さん。新しくなった日常や今の気分を映し出す、大草さん流の「最新ファッション戦略」を大公開! スタイリスト 大草直子スタイリスト 大草直子おおくさ なおこ●スタイリスト、webマガジン『mi-mollet』コンセプト・ディレクター。その他、イベント出演や執筆業にも精力的に取り組む。’19年4月には新しいメディア『AMARC』を立ち上げた。 Instagram : @naokookusa @naokookusa_styling @amarc_official【目次】 ①2020冬の最新ファッションを教えて!   冬の最新ファッションコーデ術 ②薄手の「柄ワンピース」で重ね着 ③女性らしさを上昇する「華やぎスカート」 ④女性らしい「フェミニントップス」 ⑤軽くて暖かな「リラクシングアウター」 ⑥装いを洗練させる「冬の小物」 ①2020冬の最新ファッションを教えて!繊細なレイヤードスタイルで、フェミニンにコート(共布ベルトつき)¥363,000/マックスマーラ ジャパン(マックスマーラ) ニット¥21,000/ロンハーマン シャツ¥28,000/サザビーリーグ(エキップモン) デニムパンツ¥37,000/マディソンブルー ソックス¥1,800/サードマガジン バッグ¥195,000・靴¥107,000/クロエ カスタマーリレーションズ(クロエ) リング¥42,000/マリハ 伊勢丹新宿店(マリハ)誰の心にも記憶にも、強く残ることになった2020年が終わろうとしています。日常はどう変わり、おしゃれはどう進化したのでしょうか? 我慢もしたぶんだけ、新しい、そしてたくさんの発見もありました。例えば、冬の着こなし。私の場合、厚手の重たいコートは今年はあまり出番がないようで、薄くて軽く、繊細な素材や色を重ねていく「レイヤードスタイル」が気分。そう、肌に溶けるようなタートルネックにシルクのブラウス、今までは夏に愛用していた薄いブルーのデニムに、キャラメル色のコートをはおって。バッグや靴さえも、黒は使わずいつもより柔らかいイメージで着こなします。こんなふうに、一枚一枚をふわりふわりと重ねていく手法を、勝手に『たまねぎ戦法』と名づけましたが、今のシーンとマインドに実に合っているから不思議。 というのも、一日の予定やそれにフィットする着こなし、そして私たちの気持ちも――ここまでこまやかに変化するなんて! 私のある日を例に見てみると。朝、自宅でZoom会議をして、ランチは近所のピッツェリアで夫と。午後からは取材と撮影に出かけ、夜は気心の知れた友人とライトディナー。そう、会う人も行く場所も、自分が求められる役割も、流れるように移り変わります。これまでの、早朝からロケに出かけて、そのあと会食して深夜に帰宅、みたいな「白黒はっきり」とはまったく違う。そうなると、場面場面で着脱が可能で、その時々の自分の心のもちようも、1枚マイナスしたりプラスしたりすることで表現できることがとても大切なのです。 こうして私のコーディネートの方法は、日常が新しくなると同時にアップデートされ、同時にそのベースにある「目ざす女性像」も一新されました。キーワードは「フェミニティ」。「女性らしさ」は、今の私の心に強く響くような気がしています。毛足が長く、襟が抜けたニット、レースのスカート……。女性らしく装うことは、ダイレクトに気持ちを上げてくれ、マスクに隠れたリップにこめられないからこそ、服や小物にセンシュアルな力を映したい、ということかもしれません。 こうして書いてみるとよくわかります。“普通”の基準や気分が変わり、その気分を包むおしゃれも変わる。だから「服を着ること」はおもしろく興味深い。角がとれて、丸くなった自分。以前よりもゆったりとした時間を楽しめるようになった自分。どんどん服に投影しましょう。私たちが生きているのと同じように、私たちのファッションも生きているのだから。今回は、その気分をすくいとって、解説します。これらのアイテムを重ねていくのが『玉ねぎ戦法』!上図の大草さんのスタイリングを構成するのはこれらのアイテム。「ふんわりと薄く、肌が喜ぶようなしなやかな素材のものを重ねる」のが大草流『玉ねぎ戦法』。「例えば、薄着してその上にダウンジャケットだと気持ちが1回しか変えられませんよね。その違いです。多様化する気持ちの変化をレイヤードがかなえてくれるんです」。フェミニンな気持ちを表すスカート、今の気分を体現する小物の取り入れ方も、続くページでクローズアップ!スカート以外は大草さん着用分と同じ。コート(共布ベルトつき)¥363,000/マックスマーラ ジャパン(マックスマーラ) ニット¥21,000/ロンハーマン シャツ¥28,000/サザビーリーグ(エキップモン) デニムパンツ¥37,000/マディソンブルー ソックス¥1,800/サードマガジン バッグ¥195,000・靴¥107,000/クロエ カスタマーリレーションズ(クロエ) スカート¥43,000/キャバン 代官山店(キャバン)読者の声「大草さんのおしゃれ相談室の大ファンです。冬のマストバイアイテムもぜひ教えてください!」(読者Y.M・48歳) 「大草さんのアドバイスを参考にするうちに「最近おしゃれになったね」といわれるように。うれしいです!」(読者Y.S・50歳) 「大草さんのお話に、いつも元気と勇気をもらっています! 年齢を重ねることが楽しくなりました。」(読者R.U・47歳) ②薄手の「柄ワンピース」で重ね着「ワンピースは、上にも下にも重ねられる薄手のものがおすすめ」と大草さん。華やかさのある柄タイプなら顔だちをはっきり見せてくれることに加え、ひときわ目をひき、気分も上げてくれる!柄ワンピースは薄手を選べば『玉ねぎ戦法』にも使いやすい!「羽根のように甘やかな素材のワンピースを合わせることで、おしゃれがより表情豊かに」。異なる素材感で緩急をつければ、個性も表現され、さらに美しい立体感も生まれる。 ワンピース(インナードレスつき)¥75,000/ラグ&ボーン 表参道店(ラグ&ボーン) ニット¥25,000/カデュネ プレスルーム(カデュネ) サングラス¥52,000/グローブスペックス エージェント(アーレム) ピアス¥140,000/ボン マジック サロン(ボン マジック) リング¥283,000/ショールーム セッション(マリハ) バッグ¥94,000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ) タイツ¥5,800/ステッラ ピエールマントゥー事業部(ピエールマントゥー) 靴(ファビオ ルスコーニ)/大草さん私物ツヤのあるレザーのジャケットで、キリリとシャープな額縁を。「モノトーンの装いですが、ワンピースのフェミニンなディテールが強さを引き算し、ぐっと優雅な印象に」。 ワンピース¥72,000/フィンナ(08サーカス) レザージャケット¥45,000/カレンソロジー 青山(カレンソロジー) サングラス¥44,000/グローブスペックス エージェント(アーレム) ピアス¥11,000/ズットホリック(ソコ) バッグ¥25,000/ウィム ガゼット 青山店(アニタ ビラルディ) 靴¥62,000/ヒラオインク(クレジュリー)「ワンピースの柄の黒とリンクさせ、薄手の黒のタートルネックをイン。たちまち旬顔の着こなしが完成します」。足もともロングブーツにすれば、おしゃれの鮮度がよりアップ。 ワンピース(ベルトつき)¥36,000/ヴェルメイユ パー イエナ 青山店(ヴェルメイユ パー イエナ) ニット¥11,000/ロートレアモン メガネ¥44,000/グローブスペックス エージェント(アーレム) バッグ¥385,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ) 靴¥90,000/アマン(ペリーコ)「ベースのミルクのような淡いベージュを拾って、全身に。パッと華やぎ、抜群に着映えます」。全身につながりがあるから、明度の高い色ものも洗練された印象で着こなせる。 ワンピース¥152,000/コロネット(フォルテ フォルテ) コート¥49,000/ロートレアモン バッグ¥100,000/ユナイテッドアローズ 青山 ウィメンズストア(スーザン サツマリー) 靴¥72,000/アマン(ペリーコ) ③女性らしさを上昇する「華やぎスカート」「柄や色、光沢感、繊細なレースといったフェミニンな要素は、顔から離すことでいつもの自分のキャラクターを変えずにすんなり取り入れられます。トップスはシンプルでいいですし、足もとをフラットにしてもおしゃれをしている印象に。トレンドも反映できるし、スカートは遊べる!」華やいだ印象のスカートで女性らしさを上昇「つややかなスカートで、マットなウールのスタイリングにいい意味で女らしい生っぽさを」。シンプルで落ち着いたカラーの装いをスカートの光沢感がぐっと華やがせてくれる。 スカート¥21,000/プルミエ アロンディスモン コート(共布ベルトつき)¥142,000/コロネット(フォルテ フォルテ) ニット¥35,000/カレンソロジー 青山(カレンソロジー) サングラス¥45,000/グローブスペックス エージェント(アーレム) リング¥31,000/ジョージ ジェンセン ジャパン(ジョージ ジェンセン) 時計¥725,000/IWC バッグ¥53,000/ウィム ガゼット 青山店(ア ヴァケーション) 靴¥34,000/ハイブリッジ インターナショナル(ファビオ ルスコーニ)ロング&ロングのバランスで、すそとスリットからスカートをのぞかせたスタイリング。「見せるレースの分量しだいで女度も甘度も思いのままに調整できるのは新鮮ですよね」。 スカート¥19,000/ロートレアモン ニット¥24,000/新宿髙島屋 シーズンスタイルラボ(シーズンスタイルラボ) ネックレス(短)¥24,000・(長)¥25,000/ショールーム セッション(マリア ブラック) バッグ¥358,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ) 靴¥79,000/トッズ・ジャパン(トッズ)「顔から離しておけば、好きなピンクを選んでもいい。肌色との相性も気にしなくていいと思います」。しっかりと長めの丈感だから、足もとはコンバースでもグッドバランスがかなう。 スカート¥25,000/フィンナ ライダースジャケット¥138,000/チンクワンタ ニット¥66,000/イーストランド(コー) ピアス¥19,000/カオス表参道(キャッツ) バッグ¥86,000/エスケーパーズオンライン(ラッツ モリス) 靴¥5,800/コンバースインフォメーションセンター(コンバース)肌も含めたベージュ系カラーをレイヤード。「素材感を替えることでリズミカルに。シャイニーなプリーツスカートは印象を軽やかに華やかに引き立ててくれるんです」。 スカート¥18,000/ゲストリスト(リトラル) コート¥86,000/ヴェルメイユ パー イエナ 青山店(ヴェルメイユ パー イエナ) ニット¥31,000/新宿髙島屋 シーズンスタイルラボ(スローン) バッグ¥37,000/ガリャルダガランテ 表参道店(ヴァジック) 靴¥125,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)「ジャカード織りで表情豊か。シンプルなニットと合わせるだけで絵になるスタイリングに」。スカートから色を拾って全身に散らせば、統一感が生まれ、おしゃれ度もぐっと上昇する。 スカート¥43,000/キャバン 代官山店(キャバン) ニット¥28,000(ウーア)・バッグ¥34,000(マージ シャーウッド)/以上カレンソロジー 青山 ストール¥54,000/ロンハーマン(アソース メレ) 時計¥1,790,000/IWC 靴¥44,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 銀座店(ネブローニ) ④女性らしい「フェミニントップス」「トップスはディテールで女っぽさを。そして、パンツはウエストインにトライして! 途端にバランスが変わるから、ローヒールとも合わせやすくなりますし、ウエスト位置が高くなると、圧倒的に脚が長く見えるんです。このバランスがカギに」フェミニントップスはパンツにウエストイン限定!高め位置でキュッと締まったウエスト、ゆるやかなコクーンシルエット。「今シーズン注目の“キャロットパンツ”はスカート感覚ではけ、リラックス感も絶妙に今っぽい。大人にこそ選んでほしいデザインです」。 ブラウス¥30,000/サードマガジン パンツ¥32,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) ストール¥55,000/アッシュ・ペー・フランス(ファリエロ・サルティ) ピアス¥13,200(インツー デザイン)・リング(左手)¥11,000(ソコ)/以上ズットホリック リング(右手 人さし指)¥206,000/ショールーム セッション(マリハ) リング(右手 中指)¥160,000/マリハ 伊勢丹新宿店(マリハ) バッグ¥295,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ) 靴¥79,000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ)顔に近いトップスはマイルドな淡色を選ぶのもいい。「素材やディテールで、優しさや柔らかさを表現するほうがしっくりきます。薄手のタートルネックを入れたり、カーディガンをガウンのようにはおったり、気持ちよく着られるものがおすすめ」。 (右)ブラウス¥39,000/ガリャルダガランテ 表参道店(シャイナ モート) (左)ブラウス¥64,000/コロネット(フォルテ フォルテ)「ウエスト元年です(笑)。パンツはウエストインが前提なので、センターラインやタックなど仕掛けがあるものを」。ワイドのドロストが新鮮な(右)は腰位置も高めで細長効果も。(左)は高め長めのセンターラインと腰まわりの美しいフィット感が◎。 (右)パンツ¥26,000/ロンハーマン、(左)パンツ¥52,000/ポステレガント ⑤軽くて暖かな「リラクシングアウター」「きっちり、かっちりと重たいコートを着るというのは今の気分にはフィットしません。上質で柔らかな素材感のもの、シルエットはややナローで、軽く、暖かな一枚。それは“重ねやすい”という利点が。『玉ねぎ戦法』の仕上げという点でも理にかなっています」軽やかアウターで脱かっちり。選ぶべきはリラクシングな一着「シャツの延長で着られるキルティングジャケットは、季節が進めば上にロングコートを合わせてもいい。金のボタンがリッチでアウトドア感やほっこり感を払拭(ふっしょく)。タウンに映える一着に」。 ジャケット¥68,000/マディソンブルー ニット¥23,000/アストラット 新宿店(アストラット) パンツ¥19,000/デ・プレ ピアス¥46,000/エイチスリーオー ファッションビュロー(パシャリー) バッグ¥59,000/アマン(ア ヴァケーション) 靴¥44,000/プルミエ アロンディスモン(ネブローニ)「Pコートは重くて窮屈、という印象でしたが、これは柔らかくて軽快。ジャケットとコートの間のイメージ。赤みを消したトープ色は万能で黒とも好相性。ダブルブレストに黒のボタンというコンビネーションがシャープさを引き寄せてくれます」。 コート¥69,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) ニット¥9,600/アマーク ストア デニムパンツ¥21,000/エイチ ビューティ&ユース(トランスファレンス) メガネ¥44,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) リング¥18,000/アダワットトゥアレグ バッグ¥26,000/プルミエ アロンディスモン(マルコ マージ)「裏地のないナローなダブルフェイスのコートも万能です。暖かくて、軽くて、ガウンのようにさらっとはおったり、共布のベルトをギュッと締めればよりコンシャスに。直線が揺れるワンピースと、色を拾った小物でレディなムードの装いに」。 コート(共布ベルトつき)¥72,000/プルミエ アロンディスモン ワンピース¥80,000/トゥモローランド(ボディス) ピアス¥280,000/ボン マジック サロン(ボン マジック) リング(左手)¥172,000/マリハ リング(右手)¥9,700/ズットホリック(ミミ&ルー) バッグ¥205,000/リシュモン ジャパン(アライア) 靴¥72,000/アマン(ペリーコ) ⑥装いを洗練させる「冬の小物」センスあふれるスタイリスト・大草直子さんのスタイリングの仕上げに欠かせないのが小物使い。冬のおしゃれをブラッシュアップするテクニックを特別にご紹介!冬の小物使い1:タイツ&ソックスは脇役ではありません。ボトムとして考えて! パンプス×タイツ  ボトムと靴の間のすき間こそ手を抜かないで。タイツやソックスはメインのボトムの一部。ぜひ投資しましょう!「長めのスカートから少しだけのぞく部分にチェック柄を。これだけでも全身がぐっとリズミカルに」。靴¥89,000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ) タイツ¥7,200/ステッラ ピエールマントゥー事業部(ピエールマントゥー) ニット¥14,000・ニットスカート¥18,000/ロートレアモン ネックレスチェーン¥46,000・ペンダントトップ¥54,000/マディソンブルー「コットン混のカジュアルさ、深すぎず明るすぎないグレーも絶妙。スエード素材と好相性で色も遊べます」。 靴¥89,000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ) タイツ¥3,200/伊勢丹新宿店(ブルーフォレ)「マットなダークワインも実は万能。ベージュとも相性がよく、色のよきつなぎ役としても優秀」。 靴¥87,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ) タイツ¥1,300/タビオ ショートブーツ×ソックス 「ラメ入りのソックスが、美しくつやめくレザーのサイドゴアブーツと絶妙にマッチ。カジュアルでもワンランク上の足もとに」。 靴¥83,000/トッズ・ジャパン(トッズ) ソックス¥1,400/タビオ デニムパンツ¥19,000/ゲストリスト(レッドカード)「個性的なシルエットのブーツには、同色のソックスを合わせて。隙なく美しい足もとを演出してくれます」。 靴¥66,000/フラッパーズ(ネブローニ) ソックス¥1,800/タビオ「旬のマウンテンブーツは、洗練カラーのソックスをちらりとのぞかせて大人のムードに着地」。 靴¥144,000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ) ソックス¥1,000/タビオ  冬の小物使い2:クールでフレッシュに見えるからシルバーアクセサリーは冬も有効! シルバーアクセサリー (大草さん着用分)ピアス¥25,000・リング(左手)¥48,000/マリハ 伊勢丹新宿店(マリハ) バングル(右手)¥18,000・(左手)¥18,000/アダワットトゥアレグ ブレスレット(左手 手首側)¥39,000/ショールーム セッション(モダン ウィーヴィング) リング(右手)¥60,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 銀座店(リジェ) ニット¥35,000/カレンソロジー 青山(カレンソロジー)(上から)ピアス¥24,000/ショールーム セッション(モダン ウィーヴィング) バングル¥69,000/ジョージ ジェンセン ジャパン(ジョージ ジェンセン) ブレスレット¥15,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 銀座店(レディ グレイ) リング(右上)¥42,000・(左下)¥58,000/マリハ 伊勢丹新宿店(マリハ)  冬の小物使い3:香りも大切な小物のひとつ。パフュームオイルが今の気分 パフュームオイル  おしゃれと同じく、身につける香りも自分にとって心地よいかが判断基準に。パフュームより柔らかくまとえるパフュームオイルを最近愛用しています。保湿効果もあるオイルベースでも肌なじみのいい軽やかなテクスチャーが魅力。 パフューム オイル 30ml(右)ブラックティーの気高さとドライな強さを含んだ香調。テ ノワール 29・(左)性差や世代を超えて人気のある魅惑的な香り。サンタル 33 各¥16,500/ル ラボ  冬の小物使い4:持ち方も全身のバランスも変えられるストラップつきバッグは万能 バッグ  バッグの位置は、全身のバランスの決め手に。下にあるほうがモード感が出て、より軽快で今の空気感にマッチします。アウターの肩のデザインに合わせて持ち方を変えられますし、両手があくのはやっぱり便利!シルバーの輝きが装いを明るく引き上げてくれる。 バッグ(H20×W24×D12cm)¥26,000/デ・プレグレーやカーキみを含んだベージュならニュートラルで万能。 バッグ(H18×W24×D8cm)¥60,000/アー・ペー・セー カスタマーサービス(アー・ペー・セー)柔らかいホワイトが華やぎもクラスアップも約束する。 バッグ(H16.5×W22×D12cm)¥345,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ)    ▲【2020冬の最新ファッションコーデ術】トップに戻る大草直子さんの記事一覧はこちら>>▼その他のおすすめ記事もチェック撮影/黒沼 諭(aosora/人物) 魚地武大(TENT/静物) ヘア&メイク/清水ヤヨヱ(+nine) モデル・スタイリング・原文/大草直子 取材・原文/松井陽子 撮影協力/バックグラウンズファクトリー ※掲載商品の価格は、本体価格(税抜)で表示しております。 ※エクラ2020年12月号掲載
関連キーワード

RECOMMEND