馬場ふみかの夏→秋スライド着回し★ 9月のおしゃれの正解はコレ!【vol.2】

non-no Web

夏服をフレッシュに着るためにも、そろそろ秋を意識したい時期。重く見えない軽やか素材や秋の色を取り入れて、 少しずつおしゃれをスライド!


◀︎スライド▶︎

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

8月ももうすぐ終わり。秋色のボトムで季節先取りしてみたり


秋を意識したチェック柄ボトムに、小物もこっくりカラーのW使い。黒トップスも、ノースリなら重くならなくてちょうどいい。

仕事終わりにリラックスコーデでゆんぴょとドライブへ


たまたま撮影が早く終わった日。「海を見に行こー♡」ってゆんぴょからお誘い。シャツをはおったリラックスムード高まるコーデでお台場までドライブ!

ワンピをはおって閉店まで女子トーク。テンション上がってへんてこポーズ(笑)


Tシャツとデニムの定番スタイルも、ガウンワンピを重ねるだけでこなれ度が高まり新鮮な表情に。ついしゃべり倒しすぎちゃったー!

夕食の買い出しに。レオパ柄ならゆるコーデでも手抜き感ナシ♪


Tシャツと楽チンスカートで、おうちでゴロゴロしながらYouTubeを見てのんびり過ごすオフ。お腹がへったからスーパーに買い出しに。

仕事の休憩中はサブカル系女子に♡ 今日は肌寒いからパーカを初下ろし!


天気が悪く肌寒い今日は、花柄ワンピの上からパーカをオン。ワンピの素材が軽いから、着こなしにメリハリが出ていい感じに♪ 撮影の待ち時間は、読書して待機。

[8/30]ヘアピン(3本セット)¥1280/サンポークリエイト(アネモネ) ピアス¥1600/ゴールディ リング¥23000/メゾンソワリー堀江店(ソワリー)[9/3]ピアス¥1700/サンポークリエイト(アネモネ)[9/5]ネックレス¥2900/ROSE BUD新宿店(AIM)[9/7]ピアス¥1700/サンポークリエイト(アネモネ)

夏服をフレッシュに着るためにも、そろそろ秋を意識したい時期。重く見えない軽やか素材や秋の色を取り入れて、 少しずつおしゃれをスライド!
夏服をフレッシュに着るためにも、そ ろそろ秋を意識したい時期。重く見えない軽やか素材や秋の色を取り入れて、少しずつおしゃれをスライド!
2019年10月号掲載
モデル/馬場ふみか 撮影/東京祐(tokyojork・モデル) さとうしんすけ(物) ヘア&メイク/河嶋希(io) スタイリスト/石田綾 構成・原文/道端舞子  web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス 撮影協力/コトリパン LUFF Flower&Plants WORKS
関連記事
  • パリの伝説的クチュリエ、Azzedine Alaïa(アズディン・アライア)が創設したブランド、アライアが「バタフライ カプセル コレクション」を10月25日(金)より阪急うめだ本店5階インターナショナルブティックスの店舗にて展開をスタート。1991年ウィンターコレクションで披露されたバタフライのモチーフが、ニットドレスやシルクドレス、シャツ、スカーフ、グローブ、アクセサリーなどになって再登場する。自然界とそこで暮らす生き物たちに愛情と敬意を捧げた、美しいコレクションとなった。 ©︎KarimSadli 生前、ナショナル ジオグラフィック チャンネルをつけたまま、夜遅くまで仕事をするのが習慣だったというミスター・アライアは、動物たちをインスピレーション源とすることが多かったという。レオパードやクロコダイル、そして蝶の美しく自由な存在は、彼の長年のキャリアを通してコレクションに反映された。 ©︎KarimSadli 今回のカプセルコレクションではそんなアイコニックな蝶のプリントを通して、女性の自由と永遠の美しさを表現。生地の上で蝶が羽ばたくような、華やかな色合いとゴージャスなシルエットが魅力的だ。公式サイトでも購入可能となるのでぜひチェックを。 ©︎KarimSadli 【店舗概要】 発売日:2019年10月25日(金)会場:阪急うめだ本店5階インターナショナルブティックスの店舗住所:大阪府大阪市北区角田町8-7  アライア03-4461-8340 text: Fuyuko Tsuji 
  • 今日は仕事でとある撮影に。きれいで広々としたスタジオにへちまも大喜び。なぜかバスルームが1番のお気に入りのようで、バスタブからこっちを見てきます。「まっしろだ! 興奮!!」名前 へちま性別 女の子犬種 ボストンテリア生年月日 2019.03.27性格 人懐っこい、とにかく元気特技 遊んで欲しくなるとおもちゃを持ってきてくれる好物 やぎミルクボーロマイブーム 飼い主の靴下を見つけてはぶんぶん回す。チャームポイント 目の上の点々まろまゆ毛
  • 通勤コーデにはもちろん休日スタイルにきちんと感をプラスするアイテムとしても。30代女子の足元に欠かせないパンプス。黒やベージュなどの定番カラーだけではなく、秋スタイルになじむこっくり色、実は秋ボトムと合わせやすいパステル色まで今季のパンプスはバリエーションが豊富! ぜひチェックするべきデザインから、旬のパンプスコーデまで、総まとめでお届け。デイリーに活躍するベストな一足を見つけて。 <目次> 1.コーデに華やぎを加える【こっくり色パンプス】カタログ&コーデ見本 2. 実は秋冬ボトムと好バランス【パステルカラーパンプス】カタログ&コーデ見本 3.旬色を足元にも投入!【ブラウンパンプス】カタログ&コーデ見本  4.足元にスパイシーなアクセントを!【アニマル柄パンプス】カタログ&コーデ見本  5.履き回し力で選ぶなら【ベーシックカラーパンプス】カタログ&コーデ見本  ※記事発信時点での情報のため、価格や仕様が変更になっている場合や、販売が終了している場合があります。 1.コーデに華やぎを加える【こっくり色パンプス】カタログ&コーデ見本 色香が漂う芳醇なオレンジパンプスはトレンドのブラウンとも好相性。V字の潔いカッティングが足をスマートに見せて。靴¥12000/ル タロン グリーズ ルミネ新宿店(ル タロン グリーズ) こっくり色パンプスカタログを詳しく見る 包み込むような履き口深めのデザインや、フォレストグリーンがムードのある足もとに貢献。靴¥18000/オデット エ オディール 新宿店(オデット エ オディール) こっくり色パンプスカタログを詳しく見る 深みのあるトーンは甘さ控えめ。まさに大人のためのピンク。靴¥23000/銀座かねまつ6丁目本店(銀座かねまつ) こっくり色パンプスカタログを詳しく見る 着映え効果抜群の鮮やかなグリーンスエード。靴¥25000/ツル バイ マリコ オイカワ こっくり色パンプスカタログを詳しく見る ヴィンテージを思わせる小粋なパープルならなじみよくマルチに活躍。靴¥13500/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ) こっくり色パンプスカタログを詳しく見る シャープなフォルムをぬくもりを感じるイエローブラウンで旬顔に。靴¥44000/フラッパーズ(ネブローニ) こっくり色パンプスカタログを詳しく見る 青みパープルのパンプスは旬のブラウンボトムと好相性。すっと細身のトゥとでローヒールながら女らしさも。靴¥13000/ダイアナ 銀座本店 こっくり色パンプスカタログを詳しく見る しっとりとしたスエードが赤みの強いピンクをよりこっくりと見せて。靴¥48000/ビームス ハウス 丸の内(ペリーコ) こっくり色パンプスカタログを詳しく見る この秋冬のパンプスは華やかさ重視。鮮やかな赤みピンクパンプスを効かせ役に投入して。靴¥48000(ペリーコ)・パンツ¥31000(ヴィガーノ)/ビームス ハウス 丸の内 ニット¥36000/サザビーリーグ(デミリー) ピアス¥12000/ウノアエレ ジャパン(ワンエーアールバイウノアエレ) リング(人さし指)¥3600/ジューシーロック(ジューシーロックオリジナル) リング(中指)¥5400/サイクロ バッグ¥132000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) こっくり色パンプスコーデを詳しく見る 嫌みなく女っぽいパープルの足もとが、ブラックデニムをいっそうキレよく。彩度高めのこっくりパープルなら色浮きせず、洒落感も誇れる。やや長めのノーズで脚をすらりと。靴¥46000/ノーリーズ&グッドマン銀座店(ペリーコ) ニット¥14000(カレンソロジー)・ピアス¥14000(ラウラ ロンバルディ)/カレンソロジー青山 パンツ¥35000/ノーブル コレド日本橋店(シチズンオブ ヒューマニティ) スカーフ¥15000/フラッパーズ(マニプリ) バッグ¥156000/ウィム ガゼット丸の内店(ザンケッティ) こっくり色パンプスコーデを詳しく見る こっくり色パンプスがベージュワントーンコーデに女らしさをプラスしてくれる。靴¥18000/オデット エ オディール 新宿店(オデット エ オディール) ニット(セットで)¥44000/デミルクス ビームス 新宿(リト) パンツ¥29000/セオリー サングラス¥44000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) バッグ¥35000/コード(ヴァジック)  こっくり色パンプスコーデを詳しく見る ピンクワントーンスタイルを大人に昇華するダークパープルパンプス。サイドをくりぬいた個性的なデザインも着こなしのアクセントに最適。Tシャツ¥5900/AKTE パンツ¥19000/アダム エ ロペ(アダム エ ロペ) ネックレス¥390000/ベルシオラ バングル¥19000/サザビーリーグ(アルティーダ ウード) バッグ¥45000・靴¥49000/アマン(ペリーコ) こっくり色パンプスコーデを詳しく見る 冬らしい起毛感のあるコーデュロイ素材と、鮮やかな赤が印象に残る足もとを約束。靴¥34000/ベイジュ(ピッピシック) タイツ/BAILA11月号付録 ジャケット¥135000・スカート¥62000/マディソンブルー カットソー¥14000/エストネーション バッグ¥54000/ケイト・スペード カスタマーサービス(ケイト・スペード ニューヨーク) こっくり色パンプスコーデを詳しく見る オフィスコーデの知的な印象をさらにアップするならブルー系を。靴¥49000/アマン(ペリーコ) ワンピース¥13000・ジャケット¥17000/ビームスライツ 渋谷 ネックレス¥35000/アガット バングル¥38000/フレーク バッグ¥45000/デミルクス ビームス 新宿(トフ アンド ロード ストーン)  こっくり色パンプスコーデを詳しく見る スエードのブルーパンプス。こっくりとしたカラーと素材で冬のムードを取り入れて。キャッチーな足元は着映え度も高い。靴¥40000/ザ・グランドインク(ロランス) コート¥68000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ドゥーズィエム クラス) ニット¥16000/ノーク(ノーク バイ  ザ ライン) パンツ¥29000/ロンハーマン(RH ヴィンテージ) 帽子¥9082/バナナ・リパブリック ピアス¥19000/カレンソロジー 青山(ローラ ロンバルディ) バッグ¥32000/ヴァジックジャパン(ヴァジック)  こっくり色パンプスコーデを詳しく見る 濃いグリーンのスエードパンプスがエレガントなセットアップの品をきわだたせ、ラグジュアリーな雰囲気もプラス。靴¥13500/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ) トップス¥13000・スカート¥17000/ボッシュ バッグ¥60000/ユナイテッドアローズ 有楽町店(マージ シャーウッド) ジャケット¥15000/洋服の青山 新宿西口店(アンカーウーマン) ピアス¥6500/デミルクス ビームス 新宿(ジュール クチュール×デミルクス ビームス) リング¥24000/ブランイリス伊勢丹新宿店(ブランイリス) 時計¥21000/エイチエムエスウォッチストア 表参道(ダニエル・ウェリントン)  こっくり色パンプスコーデを詳しく見る こっくり色ワンピに合わせたのはボルドーパンプス。秋色同士の組み合わせがしゃれ感たっぷりで、ワンピ一枚で過ごす日も手抜き感ゼロ。靴¥25000/ツル バイ マリコ オイカワ ワンピース¥20000/フレームワーク ルミネ新宿店(アバウト) リング¥35000/アガット  スカーフ¥11000/フラッパーズ(マニプリ) バッグ¥20000(トーヴ)/ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 丸の内店  ピアス¥14000/エスケーパーズ(モダンウィーヴィッグ) こっくり色パンプスコーデを詳しく見る 白ジャケットとデニムのきれいめカジュアルを今っぽく昇華するパープルパンプス。足元にきれい色を投入するだけで着こなしがぐんとあか抜ける! 靴¥25000/ツル バイ マリコ オイカワ ジャケット¥51000/ポール・スミス リミテッド(PS ポール・スミス) ニット¥16000/フィルム(ソブ) デニム¥32000/サザビーリーグ(マザー) スカーフ¥1600/アダストリア(ラコレ) ピアス¥4900/キャセリーニ(ラピュイ) バングル¥7800/ジューシーロック(ジューシーロック オリジナル) バッグ¥52000/フルラ ジャパン(フルラ)  こっくり色パンプスコーデを詳しく見る 2. 実は秋冬ボトムと好バランス【パステルカラーパンプス】カタログ&コーデ見本 スモーキーなピンクとポインテッドトゥがフリルの甘さをセーブ。靴¥19500/モーダ・クレア(ジルスチュアート シュー) パステルカラーパンプスカタログを詳しく見る チャーミングなミントグリーン。ゴムを仕込んだ履き口や甲深デザインが足をしっかりホールド。靴¥32000/エストネーション(ピッピシック) パステルカラーパンプスカタログを詳しく見る プレーンな表情ながら足裏にぴたりとフィットするインソールで長時間歩いても疲れ知らず。靴¥19000/マドラス パステルカラーパンプスカタログを詳しく見る さりげないスタッズ使いが足もとにちょうどいいインパクトを。靴¥31000/ハイブリッジ インターナショナル(ファビオ ルスコーニ) パステルカラーパンプスカタログを詳しく見る つやのあるエナメルとさわやかなスカイブルーが秋冬の軽さ出しにひと役。チャンキーヒールがこなれ感を上乗せして。靴¥38000/ebure(ステラ ソフィア) パステルカラーパンプスカタログを詳しく見る センシュアルでいて可愛げもあるクリーミーなラベンダー。靴¥44000/アルアバイル(ネブローニ) パステルカラーパンプスカタログを詳しく見る ダークトーンになりがちな冬にあえて履く、きれい色パンプスが新鮮。細身ラインや、深めのアッパー、サイドギャザーなど、小ワザが光るディテールで一歩先ゆく足もとに。右¥33000・左¥32000/ベイジュ(ピッピシック) パステルカラーパンプスカタログを詳しく見る クリーミーなグリーンで差を。靴¥44000/デミルクスビームス 新宿(ネブローニ×デミルクス ビームス) パステルカラーパンプスカタログを詳しく見る 甘すぎない、クリーミーな発色が特徴的な今シーズンのパステルパンプス。春のイメージが強い色を、あえて秋冬に履くことで、新鮮な洒落感が生まれる。スモーキーでなじみがいいサックスブルーなら、色×色の着こなしも難なくクリア。靴¥25000(10月発売予定)/ツル バイ マリコ オイカワ ニット¥32000/アマン(アンスクリア) パンツ¥54000/コロネット(エアロン) バッグ¥31000/ルタロン プリュ 有楽町マルイ店(ロザ ルー) パステルカラーパンプスコーデを詳しく見る 淡いピンクに華奢な2本のストラップをあしらって。大人のフェミニンスタイルを堪能して。靴¥70000/ エディット フォールル(ロシャス) スニット¥62000・パンツ¥55000/コロネット(フォルテ フォルテ)バッグ¥57000/メゾン イエナ(ア バケーション) スカーフ¥16000(ピエール ルイ マシア)・ブローチ¥15000(ヴェルメイユ パー イエナ)/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店  パステルカラーパンプスコーデを詳しく見る アイボリーのワンピースに映えるフェミニンピンクパンプス。グレイッシュなタイツとの相性も抜群。靴¥16000/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ)ワンピース¥15000/ミラ オーウェン ルミネ新宿2店 リング¥17000/アガット タイツ¥1200/ブロンドール 新丸の内ビル店(17℃) スカーフ¥5900/アルアバイル バッグ¥16000/ル タロン プリュ 有楽町マルイ店(ミロス)  パステルカラーパンプスコーデを詳しく見る 秋冬スタイルに爽やかな風を吹かせる淡いブルーのパンプス。ベージュワントーンに1点カラーを効かせて着こなしを洗練。靴¥17000/オデット エ オディール 新宿店 カーディガンとワンピースのセット¥25000/ジャスグリッティー 時計¥150000/オ・ビジュー(ロゼモン) ピアス¥24000/アガット バッグ¥32000/アナイ  パステルカラーパンプスコーデを詳しく見る 凛々しいオールブラックコーデを足元のラベンダーパンプスで軽やかかつ、色っぽく。靴¥48000/アマン(ペリーコ) ニット¥19000/SANYO SHOKA(I マッキントッシュ フィロソフィー) スカート¥54000/サード マガジン ネックレス¥52000/エストネーション(アリギューリ) バッグ¥23000/エポカ ザ ショップ丸の内(ヴィオラドーロ)  パステルカラーパンプスコーデを詳しく見る 3.旬色を足元にも投入!【ブラウンパンプス】カタログ&コーデ見本 型押し、スクエアトゥのモードな新顔パンプス。ブラウンでトレンドを満喫! 靴¥18000/オデット エ オディール新宿店(オデット エ オディール) ブラウンパンプスカタログを詳しく見る 丸みを帯びたスクエアトゥが新しい! スカートにはもちろん、パンツの裾からちらりとのぞかせるだけでも今っぽさを発揮。靴¥48000/アマン(ペリーコ) ブラウンパンプスカタログを詳しく見る 今季らしいブラウンワントーンコーデにはもちろんブラウンパンプスを。高めのヒールとすっと伸びるトゥで足先まできれいに。靴¥40000/ザ・グランドインク(ロランス) ニット¥4900・スカーフ¥5900/クリア インプレッション パンツ¥3990/ユニクロ(ユニクロ ユー) ベルト¥13000/アナイ ピアス¥49000/プラージュ 代官山店(アリアナブザード ライフォル) リング¥30000/チェリーブラウン バッグ¥37000/ロペ エターナル アトレ恵比寿西館店(ロペ エターナル)  ブラウンパンプスコーデを詳しく見る 履き口にぐるりとスタッズをあしらったチョコ色パンプス。ベーシックなパンツスタイルをキレのいいスタイルに。靴¥54000/アマン(ペリーコ) ニット¥60000/ビオトープ パンツ¥20000/SANYO SHOKAI(エス エッセンシャルズ) ピアス¥5500/デミルクス ビームス 新宿(デミルクス ビームス) ネックレス¥14000/デコール アーバンリサーチ ニュウマン新宿店(ローラ ロンバルディ) バッグ¥47000/アダム エ ロペ(スタウド)  ブラウンパンプスコーデを詳しく見る ブラウンスエードのフラットパンプスはゴールドプレートのあしらいでリッチな雰囲気。ブラウンワントーンの日の効果的なアクセントに。靴¥52000/アマン(ペリーコ)ジャケット¥55000/オーラリー ニット¥18000/SANYO SHOKAI (ブルーレーベル・クレストブリッジ) パンツ¥20000/エイチビューティ&ユース ピアス¥14000/エポカ ザ ショップ丸の内(エイム) リング¥27000/サザビーリーグ(アルティーダ ウード) バッグ¥44000/エッセンス オブ アナイ(アヴェニューセッサンタセッテ)  ブラウンパンプスコーデを詳しく見る 去年までは黒やベージュを合わせていたパステルスカートに今季はブラウンを。きれい色とすっとなじむライトブラウンでいつものフェミニンがあか抜ける! 靴¥13500/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ) コート¥90000/ボウルズ(ハイク) ニット¥10000/トゥモローランド(マカフィー) スカート¥17000/ルーニィ バッグ¥48000/コード(ヴァジック) スカーフ¥5900/アルアバイル ピアス¥21000/ショールーム セッション(マリアブラック) 時計¥21000/エイチエムエスウォッチストア 表参道(オリビア・バートン)  ブラウンパンプスコーデを詳しく見る 深めのアッパーがどこかレトロな雰囲気で、いつものスカートスタイルを新鮮に。赤みを帯びた明るめのブラウンが、モーブピンクニットとキャメルスカートのレトロシックな着こなしになじむ。靴¥32000/ザ・グランドインク(ロランス) ニット¥23000/アナイ スカート¥23000/リエス ジャケット¥23000/AOKI バッグ¥37000/コード(ヴァジック) チェーンネックレス¥28000/エドストローム オフィス(オール ブルース) ロングネックレス¥21000/ショールーム セッション(マリアブラック)  ブラウンパンプスコーデを詳しく見る 気取らないTシャツスタイルを知的に仕上げるダークブラウンパンプス。バッグも同色のかっちりバッグを合わせコーデの格上げを狙って。靴¥16000/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ) Tシャツ¥9900/エイトン青山(エイトン) 肩にかけたシャツ¥45000・スカート¥54000/マディソンブルー バッグ¥69000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(エレメ) メガネ¥64000/アイヴァン PR(10 アイヴァン) 時計¥90000/アガット  ブラウンパンプスコーデを詳しく見る フェミニンなピンクスカートを濃いめのブラウンパンプスで凛とした雰囲気に。媚びない甘さの着こなしに仕上げて。プリーツの優雅な揺れからのぞく旬色で足元からトレンドをアピール。靴¥14500/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ)ジャケット¥53000/アングローバル(イレーヴ) ニット¥23000/スローン スカート¥26000/ラヴァンチュール マルティニーク バッグ¥94000/ドゥロワー 六本木店(ワンドラー) リング¥26000/ブランイリス伊勢丹新宿店(ブランイリス)  ブラウンパンプスコーデを詳しく見る パッと目を引くベリーピンクのパンツ。カーディガンとパンプスの濃いめブラウンで挟み込めばデイリーに取り入れやすく。靴¥14500/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ) カーディガン¥49000/エイトン青山(エイトン) Tシャツ¥13000/インターリブ(サクラ) パンツ¥17000/ルーニィ バッグ¥88000(サイモン ミラー)・ピアス¥36000・リング¥26000(ともにオールブルース)/エドストローム オフィス サングラス¥48000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン7285)  ブラウンパンプスコーデを詳しく見る 浅い甲のカッティングが脚を長くきれいに見せる。マスタードニット、ブラウンスカート、ブラウンパンプスとワントーンでつないで全身すらりと見せて。靴¥30000/ベイジュ(ピッピシック) ニット¥24000/八木通商(ルトロワ) スカート¥25000/ガリャルダガランテ 表参道店(ガリャルダガランテ) ストール¥38000(アソース メレ)・バッグ¥44000(ア ヴァケーション)/ロンハーマン ピアス¥21000/ショールーム セッション(マリア ブラック) リング(上)¥17000・(下)¥22000/アガット  ブラウンパンプスコーデを詳しく見る 高いヒールが女らしさを約束する甲浅パンプス。甲から少しのぞかせた素肌の抜け感でフレッシュさをキープ。靴¥14500/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ)シャツ¥34000/オーラリー パンツ¥28000/セオリー バッグ¥64000/アマン(ア ヴァケーション) ピアス¥13000/ブランイリス伊勢丹新宿店(ブランイリス)  ブラウンパンプスコーデを詳しく見る チョコブラウンのパンプスは、パンツとほぼカラーを合わせたコーディネートで脚をぐんと長く美脚に。オレンジを効かせてノスタルジックなムードも。靴¥16000/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ) ニット¥20000/ボッシュ(ビー アビリティ) パンツ¥17000/ルージュ・ヴィフ ラクレ ルミネ新宿店(フォンセ/ルージュ・ヴィフ) ストール¥29000/ガリャルダガランテ 表参道店(ガリャルダガランテ) バッグ¥158000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(ザンチェッティ)  ブラウンパンプスコーデを詳しく見る 軽やかなキャメルのパンプスならボリュームスカートに合わせても重たくなりすぎず、ほどよい抜け感が。靴¥44000/フラッパーズ(ネブローニ) Tシャツ(日本限定)¥12000/サザビーリーグ(エキップモン) スカート¥59000/エイトン青山(エイトン) リング¥85000/ショールーム セッション(ザ レタリング) バッグ¥39000/クロエ カスタマーリレーションズ(シーバイクロエ)  ブラウンパンプスコーデを詳しく見る 肌になじむライトキャメルのパンプスで脚長効果も狙える! きれい色同士のコーディネートにも秋のニュアンスをプラス。靴¥44000/アルアバイル(ネブローニ) トップス¥2861/フィフス スカート¥8900/ノーク バッグ¥42000/コード(ヴァジック) バングル¥15000/ジュエッテ リング¥7500/ステラハリウッド   ブラウンパンプスコーデを詳しく見る ダークブラウンのニットと白のフレアスカートに合わせたのはブラウンパンプス。ブラウン×白×ブラウンの配色が今季らしさ満点! 靴¥31831/ハヤシゴ(オーリック) ニット¥22000/ルージュ・ヴィフ ラクレ ルミネ新宿店(ルージュ・ヴィフ) ワンピース¥34000/カーサ フライン表参道本店(カーサ フライン) バングル¥25000/UTS PR(ノース ワークス) バッグ¥68000/ガリャルダガランテ 表参道店(ヘイワード)  ブラウンパンプスコーデを詳しく見る ダークブラウンとチェックのスカート。ブラウンワントーンでも濃いめの組み合わせにはあえてライトブラウンのパンプスを。足元が軽やかになりコーデにリズムが。靴¥44000/アルアバイル(ネブローニ) カーディガン¥15000/SANYO SHOKA(I ブルーレーベル・クレストブリッジ) スカート¥16000/フレイ アイディー ルミネ新宿2 店(フレイ アイディー) ネックレス¥75000/アガット 時計¥21000/オ・ビジュー(ロゼモン) バッグ¥61000/ビームス ハウス 丸の内(ヘリュー)  ブラウンパンプスコーデを詳しく見る 淡いブルーのコートとライトブラウンのプリーツスカート。華やかアイテム同士の組み合わせは落ち着いたダークブラウンパンプスでコーデにまとまりを。靴¥44000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(ネブローニ) コート¥54000/ビームス ハウス 丸の内(デミルクス ビームス) ニット¥49000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) スカート¥15000/ホワイト ザ・スーツカンパニー 新宿店(ホワイト) イヤリング¥3300/ジューシーロック(ジューシーロックオリジナル) リング(2本セット)¥1700/ゴールディ バッグ¥53000/マイケル・コース カスタマーサービス(マイケルマイケル・コース) タイツ/11月号付録 ブラウンパンプスコーデを詳しく見る パステルブルーとライトグレーのパンツ。清潔感のある組み合わせにはブラウンパンプスやストールなど、温かみのある小物を加えて! 靴¥44000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(ネブローニ) コート¥54000/ビームス ハウス 丸の内(デミルクス ビームス) ニット¥49000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) パンツ¥15000/ノーク(ノーク バイ ザ ライン) ストール¥57000/ビームス ハウス 丸の内(ジョシュア・エリス) メガネ¥44000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) 時計¥25000/セイコーウオッチ(セイコーセレクション) バッグ¥14800/ショールーム セッション(ヤーキ) ブラウンパンプスコーデを詳しく見る ブラウンのコーデュロイパンツ、スエードのパンプス。秋冬素材のアイテムで季節感をしっかり意識。シンプルコーデも旬な表情に。靴¥48000(ペリーコ)・バッグ¥49000(ア ヴァケーション)/アマン Tシャツ¥12000/エイトン青山(エイトン) パンツ¥24000/ボウルズ(ハイク) イヤリング¥27000/シップス 有楽町店(グリン) 時計¥21000/オー・ビジュー(ロゼモン) ストール¥18000/デミルクス ビームス 新宿(アソースメレ) 白Tシャツ/スタイリスト私物 ブラウンパンプスコーデを詳しく見る グリーンのカーディガンとパープルのパンツのチアフルなコーディネート。足元にライトブラウンパンプスを合わせれば、たちまち落ち着きと秋らしさを感じるコーデに。靴¥44000/アルアバイル(ネブローニ) カーディガン¥33000/エッセンス オブ アナイ(ジョン・スメドレー フォー アナイ) パンツ¥4580/DHOLIC(DHOLIC LADIES+) バングル¥12000/ジュエッテ バッグ¥28000/ポール・スミス リミテッド ストール¥8800/ストラ ブラウンパンプスコーデを詳しく見る 4.足元にスパイシーなアクセントを!【アニマル柄パンプス】カタログ&コーデ見本 フラットの抜け感が、パイソンを私らしいバランスに導いて。靴¥25000/ガリャルダガランテ 表参道店(ファビオ ルスコーニ) アニマル柄パンプスカタログを詳しく見る トレンドのレオパード柄を足元で取り入れ。ブラウンワントーンコーデとなら、レオパードも浮かずコーデになじむ。靴¥44000/フラッパーズ(ネブローニ) ブラウス¥21000/アンティット パンツ¥49000/アマン(アンスクリア) シングルピアス各¥13000/ユナイテッドアローズ お客様相談室(プリーク) 時計¥21000/オ・ビジュー(ロゼモン) バッグ¥69000/ショールーム セッション(オーエーディー ニューヨーク)  アニマル柄パンプスコーデを詳しく見る ざっくり黒ニットとクリーンな白パンツ、シャープな着こなしには足元にレオパード柄をピリリと効かせて都会的な空気を。靴¥54000(ネブローニ)・ネックレス¥59000(サスキア デイツ)/ガリャルダガランテ 表参道店 ニット¥3900/洋服の青山 新宿西口店(アンカーウーマン) カーディガン¥18800/マーコート デザインアイ 代官山店(ミディウミソリッド) パンツ¥22000/ドレステリア 銀座店(ドレステリア) 時計¥23000/オ・ビジュー(ロゼモン) バッグ¥36000/シップス 有楽町店(イアクッチ) アニマル柄パンプスコーデを詳しく見る パイソン柄も今季注目のアイテム。小面積のパンプスで効かせるだけでこなれ見えの効果は絶大! ミーハーなピンクも辛口にシフト。靴¥22000/ロペ ニット¥33000/スローン スカート¥59000/ウエスト(ブルーバード ブルバード) ピアス¥23600/シップス アトレ恵比寿店(サンク オクトーブル) ブレスレット¥14500/シップス 有楽町店(ソコ) バッグ¥32000/シップス 渋谷店(マロウ)  アニマル柄パンプスコーデを詳しく見る Tシャツ&ジャンパースーツにパイソン柄のパンプスをオン。印象の強い足元のおかげでラフになりすぎず、モードなカジュアルスタイルに。靴¥56000/フラッパーズ(ネブローニ) Tシャツ¥9000/サンスペル 表参道(サンスペル) オールインワン¥39000/ebure イヤカフ¥8000/フォーティーン ショールーム(コンロン) バッグ¥152000/ゲストリスト(ハウント代官山/ザンケッティ)  アニマル柄パンプスコーデを詳しく見る 5.履き回し力で選ぶなら【ベーシックカラーパンプス】コーデ見本 チェック柄セットアップはパンプスとかっちりバッグ、黒小物で印象を引き締めてオフィス仕様に。プレーンな黒パンプスはきちんと見せにやっぱり役立つ! 靴¥40000/ザ・グランドインク(ロランス) ブラウス¥15000・スカート¥18500/ガリャルダガランテ 表参道店(ガリャルダガランテ) バッグ¥345000/エイチ アイ ティー(ロウナー ロンドン) カーディガン¥38000/サザビーリーグ(ラッド バイデミリー) バングル¥26000/アッシュ・ペー・フランス(セルジュ・トラヴァル)  ベーシック色パンプスコーデを詳しく見る ごくシンプルな白のフラットパンプス。シャツ&デニムのハンサムカジュアルを足元で力を抜いてこなれカジュアルに。靴¥23000/ハヤシゴ(オーリック) バッグ¥132000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) シャツ¥28000(フランク&アイリーン フォー ロンハーマン)・デニムパンツ¥58000(リダン)/ロンハーマン ピアス¥16300/シップス 有楽町店(サスキアディッツ) バングル¥13000/デミルクス ビームス 新宿(マリア ブラック)  ベーシック色パンプスコーデを詳しく見る どんなコーデにも合わせやすいライトベージュはオンにもオフにもフルで活躍。白&ベージュコーデとなら足元までワントーンに決まる。靴¥54000/アダム エ ロペ(ネブローニ) ブルゾン¥36000・スカート¥32000/ebure ニット¥14000/トゥモローランド(トゥモローランド) ピアス¥24500/シップス 有楽町店(ナタリーシュレッケンベルグ) 時計¥23000/デミルクス ビームス 新宿(デミルクス ビームス) バッグ¥17500/ユナイテッドアローズ 有楽町店(ユナイテッドアローズ)  ベーシック色パンプスコーデを詳しく見る 秋らしいボルドーのスカートにはマイルドな印象のベージュパンプスを。スカートの華やかさを邪魔することなく、肌になじんで脚をすっときれいに見せてくれる。靴¥48000/エストネーション(ペリーコ) ジャケット¥51000/ポール・スミス リミテッド(PS ポール・スミス) カットソー¥11000/ゲストリスト(ルミノア) スカート¥18000/ガリャルダガランテ 表参道店(ガリャルダガランテ ネイビー) ネックレス¥14000/フラッパーズ(シャルロット ウーニング) バッグ¥24500/ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 丸の内店(ノヴィア) ピアス¥14000/カレンソロジー青山(ラウラ ロンバルディ) ベーシック色パンプスコーデを詳しく見る 足元のベージュパンプスがワンピースにカーディガンをはおった休日コーデを品よく仕上げて。ワンピのウエストマーク、パンプスのヒールでスタイルアップも成功。靴¥48000/エストネーション(ペリーコ) ワンピース¥24000/ラヴァンチュール マルティニーク カーディガン¥17000/フレームワーク ルミネ新宿店(フレームワーク) ベルト¥4500/ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 丸の内店(ビューティ&ユース) ピアス¥46000/ココシュニック バッグ¥58000/マルティニーク丸ノ内(エレナ ギゼリーニ) ベーシック色パンプスコーデを詳しく見る ボウタイブラウス、フレアスカート、ベージュパンプスの3点セットでオフィスでの好感度は最高! ロングカーディガンも合わせてやわらかな印象も。靴¥48000/エストネーション(ペリーコ) カーディガン¥17000/フレームワーク ルミネ新宿店(フレームワーク) ブラウス¥19000/アルアバイル スカート¥18000/ガリャルダガランテ 表参道店(ガリャルダガランテ ネイビー) バッグ¥52000/フルラ ジャパン(フルラ) ピアス¥7500/ステラハリウッド ベーシック色パンプスコーデを詳しく見る 淡ベージュ×白は上品に見える鉄板配色。足元に黒パンプスを合わせて印象を引き締めれば、やわらかさの中にきりりと意志の強さも感じさせるコーディネートに。靴¥49000/アマン(ペリーコ) ニット¥35000/エッセンス オブ アナイ スカート¥19000/ルージュ・ヴィフ ラクレ ルミネ新宿店(ルージュ・ヴィフ) ネックレス¥129000/ロンハーマン(ミズキ) バッグ¥37000/ガリャルダガランテ 表参道店(ヴァジック) ストール¥20000/スピック&スパン ルミネ有楽町店(スピック&スパン)  ベーシック色パンプスコーデを詳しく見る V字にカットされた甲デザインはモードな雰囲気と細見え、Wで叶えてくれる。ミルクティーニット&ブラウンパンツの足元に最適。靴¥22000/ルーニィ ニット¥59000/オーラリー パンツ¥21000/スタニングルアー 青山店(スタニングルアー) ピアス¥11800/ガス ビジュー 青山(ガス ビジュー) スカーフ¥11000/SANYO SHOKA(I マッキントッシュ フィロソフィー) バッグ¥69000/ショールーム セッション(オーエーディー ニューヨーク)  ベーシック色パンプスコーデを詳しく見る レディなアンクルストラップ靴はマニッシュなパンツに合わせて甘辛ミックス。ストラップを効果的に見せたいから、パンツは九分丈を。靴¥49000/ルック ブティック事業部(レペット) ニット¥20000/フレイ アイディー ルミネ新宿2 店(フレイ アイディー) パンツ¥26000/ロンハーマン ピアス¥29000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル) 手に持ったストール¥57000/エリオポール代官山(ジョシュア エリス) バングル¥12000/ガス ビジュー 青山(ガス ビジュー) バッグ¥44000/エッセンス オブ アナイ(アヴェニューセッサンタセッテ)  ベーシック色パンプスコーデを詳しく見る たっぷりとしたシルエットが女らしい黒ニットとブラウンのパンツ。ほんのり辛くて大人っぽい着こなしにはニットとリンクさせた黒パンプスを。足元に引き締め役を投入することで全身のバランスアップ。 靴¥30000/RHC ロンハーマン(ピッピシック)ニット¥30000/カオス丸の内(カオス) パンツ¥9900/ノーク(ノーク バイ ザ ライン) イヤリング¥27000/シジェーム ギンザ(グリン) バッグ¥35000/アダム エ ロペ(ヴァジック) ベーシック色パンプスコーデを詳しく見る ストンとIラインシルエットのカーキのニットワンピ。カーキと相性のいいグレーの足元が正解。ベーシックカラーながら無難に見えず素敵に決まる。靴¥19000/アルアバイル ワンピース¥26000・ピアス¥25000/ドレステリア 銀座店 シャツ¥18000/ルーニィ リング¥25000/アデル ビジュー タイツ¥1000/ブロンドール 新丸の内ビル店(17℃) バッグ¥27000/デ・プレ  ベーシック色パンプスコーデを詳しく見る 落ち着きグレーのリブニットワンピにはヌーディな足元が似合う。素肌感のある足元で色っぽさを感じさせて。靴¥27000/銀座かねまつ6丁目本店 ワンピース¥13000/シュガー・マトリックス(ストロベリーフィールズ) ピアス¥12000/アマン(アンセム フォー ザセンセズ) バングル¥23000/アデル ビジュー スカーフ¥10000/アルアバイル バッグ¥18500/アディナ ミューズ シブヤ  ベーシック色パンプスコーデを詳しく見る
  • フミカ_ウチダが、2019-20年秋冬コレクションをメインとしたポップアップストアを東京・南青山のセレクトショップ、スーパー エー マーケットにて2019年10月25日(金)~27日(日)の間、開催する。このポップアップストアはスーパー エー マーケットのコンセプトのもと、デザイナーの内田文郁が空間ディスプレイを編集。エントランスには特別にカフェスペースもオープンする。 グローブストール 各¥69,000 ※別注アイテム/フミカ_ウチダ 内田は東京・中目黒のヴィンテージショップ、JANTIQUES(ジャンティーク)のバイヤーを経て、2014年秋冬にブランドを立ち上げた。今回のポップアップストアではコレクションアイテムに加え、スーパー エー マーケットのためだけの別注アイテムとなるグローブストールも展開。このグローブストールはアーカイブから選ばれたもので、様々なスタイリングが楽しめるユニークなデザインとなっている。カラーはイエローミックスとパープルミックスの2色展開で、数量限定での販売となる。 グローブストール ¥69,000 ※別注アイテム/フミカ_ウチダ 期間中は毎日11:00~15:00の間、デザイナー本人も来店する予定。「洋服を着ることは自分らしさを体現し、自分のスタンスを伝える大切な一手段。自由に“自分らしく”洋服を身にまとうことの楽しさ、誠実にまっすぐに自分と向き合うことの大切さをファッションを通し、声に変えて表現しつづけたい」と語るフミカ_ウチダの世界観をぜひあなたも堪能して。 グローブストール ¥69,000 ※別注アイテム/フミカ_ウチダ 【ポップアップストア概要】 会場:スーパー エー マーケット期間:2019年10月25日(金)~27日(日)住所:東京都港区南青山3-18-9電話番号:03-3423-8428https://www.superamarket.jp text: Fuyuko Tsuji
  • 大人のおしゃれを足もとから上げてくれる、今季の5タイプをリストアップ■黒のレースアップ 黒は定番だからこそ、更新が必要。今季は、少しゴツめのレースアップブーツでハズすのが、こなれた人の最新。1)つややかレザー&ソールのグレーステッチがポイント。サイドジップなので、毎回ひもを結ばず履けるのがうれしい。靴( 3 )¥54,000(店舗限定)/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー)  2)細めのトゥと柔らかレザーが女性らしい印象。靴( 2 )¥59,000/スタニングルアー 青山店(スタニングルアー)  3)人気の「パラブーツ」の一足は、レースアップシューズのような端正さが取り入れやすい。靴( 3 )¥68,000/パラブーツ青山店(パラブーツ)  4)イタリア発のファクトリーシューズブランド「ボエモス」から、とびきりソフトになじむ一足がエントリー。靴(4.5)¥30,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ボエモス)  5)ソールはゴツめながら、足首部分は長めでスマート。後ろにジップつき。靴(3.5)¥97,000/ロンハーマン(レグレス)■きれいめブラウン 合わせやすいベーシックカラーであると同時にきかせ色としての役割も果たす、今季のブラウン。きれいめ美人なデザインなら、まろやか色も脱ほっこり。6)きゅっと締まった足首がきわだつフォルム。スクエアトゥ&太ヒールのどこかレトロなムードに、こっくりブラウンが好相性。靴( 6 )¥23,500/ダイアナ銀座本店(ダイアナ)  7)なめらかなスエードの風合いが、明るめブラウンで引き立って。高めながら安定感のあるヒールも決め手。靴(8.5)¥98,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ミッシェル ヴィヴィアン)  8)アクセントカラーになる、キャメルブラウン。歩きやすい低めヒールも、ポインテッドトゥならキレのいい印象。靴( 4 )¥33,000/ハイブリッジ インターナショナ ル(ファビオ ルスコーニ)  9)ダークブラウン&ミニマルなデザインで、万能のコーディネート力を発揮。靴( 7 )¥24,000/オデット エ オディール 新宿店(オデット エ オディール)  10)味のあるヴィンテージ調レザーで、シャープなフォルムの一足を。靴( 7 )¥22,500/ダイアナ銀座本店(ダイアナ)■上品アニマル アニマル柄と言えば、定番のレオパードに加えて、辛口で合わせやすいパイソン人気が急上昇。大人が品よく取り入れられるデザインを厳選して。11)ブラウンベース&マットな質感で、なじみのいいレオパード柄。靴(6.5)¥39,000/バーニーズ ニューヨーク(バーニーズ ニューヨーク) 12)柄ブーツながら、履くほどになじむレザーとベーシックな形で飽きのこない一足。靴( 8 )¥50,000/ドレステリア 銀座店(アンソロジー パリ)  13)ちょこっと入った小さな両サイドの切れ込みが、さりげなく歩きやすさをアップ。コンパクトだから、柄ブーツ初心者も取り入れやすいはず。靴( 7 )¥22,500/ダイアナ銀座本店(ダイアナ)  14)ホワイト×ブラウンのゼブラ柄で足もとにメリハリを。ヘアカーフならではのリッチ感もあり。靴( 9 )¥38,000/ウィム ガゼット青山店(コルソ ローマ 9)  15)明るいベージュ地のパイソン柄が、軽やかにきく。サイドジップで足首にフィットする細身フォルムを実現。靴(8.5)¥47,800/銀座ワシントン銀座本店(ファビオ ルスコーニ ペル ワシントン)  ■シンプルな白 冬の足もとにクリーンな抜け感を加える白ブーツ。なにより映える色だから、シンプルなデザインをさらりと取り入れるのがモダンに楽しむコツ。16)パキッときくくすみのない白が、存在感をアピール。かかとのジップでフィット性が高まる。靴( 8 )¥72,000/アマン(ペリーコ)  17)フォルムがきわだつスクエアトゥ&台形ヒール、そして潔い白が、感度の高いスタイルに導く。靴( 6 )¥23,500/ダイアナ銀座本店(ダイアナ)  18)さりげなく取り入れるなら、オフホワイトを。ロゴ入りのジップタブが、後ろ姿のポイント。靴( 7 )¥21,000/ダニエラアンドジェマ(ダニエラアンドジェマ)  19)白のフレッシュさに加え、低めデザインでボトムとの新しいバランスを楽しみたい。靴(4.5)¥30,000/銀座かねまつ6 丁目本店(銀座かねまつ)■こっくり色 冬の着こなしの幅を広げてくれる、カラーブーツ。難易度が高いと思われがちだけれど、こっくり色ならどんな色とも意外なほどなじみがいい。20) ボルドーはブラウンブーツの感覚で合わせて。カービーなフォルムも、安定感があって歩きやすい。靴(8.5)¥60,000/ザ・グランドインク(ロランス)  21)注目のダークグリーンを足もとにも。サイドゴアの履きやすさも◎。靴( 5 )¥16,000/アナトリエ ミュゼ プリヴェ アトレ恵比寿店(ソフィア コレクション)  22)知的なネイビーを、スマートなベルトつきで女っぽく楽しむ。靴( 8 )¥26,000/ダイアナ銀座本店(ダイアナ)  23)通気性や撥水性に優れた素材を使用した「AQUA BELL」シリーズ。しゃれ感のあるダークパープルを雨の日にも。靴( 6 )¥27,000/銀座かねまつ6 丁目本店(銀座かねまつ)※靴の( )はヒールの高さで、単位は㎝です☆この5タイプを使ったコーデはこちら【Marisol11月号2019年掲載】撮影/黒沼 諭(aosora/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/松村純子 モデル/竹内友梨 構成・文/東原妙子
  • 撮影/内田有紀子 ヘアメイク/レイナ 聞き手・構成/村上早苗<プロフィール>しのだ・せつこ 1955年東京都生まれ。’90年、『絹の変容』で小説すばる新人賞を受賞しデビュー。’97年『ゴサインタン』で山本周五郎賞、『女たちのジハード』で直木賞、2009年『仮想儀礼』で柴田錬三郎賞、’15年『インドクリスタル』で中央公論文芸賞、’19年『鏡の背面』で吉川英治文学賞など、受賞歴多数。そのほか、『廃院のミカエル』『弥勒』『肖像彫刻家』など多数の著書がある。「今ならこのお値段!」という心境になり、乳房再建を決めましたエッセイ『介護のうしろから「がん」が来た!』は、’18年3月、従姉妹たちとの熱海旅行中に、乳腺クリニックからの電話を受けるシーンで始まる。3週間前に乳腺外科で受けた乳がんの検査結果について、「早急に知らせたいので、”家族も一緒に”来るように」という連絡だ。篠田さんはそれを、「となれば、検査結果のシロクロはおのずと知れる」と、熱海名物の最中をかじりながら(!)、冷静に受け止めて……。「ショックというよりも、これから手術やら治療やらで、辛く不自由な生活が始まると思ったら、『今のうちに楽しんでおかなくちゃ!』という気分が先に立ったという感じです。プールに入り、温泉につかって、夕食のブッフェでは、健康に悪そうな高カロリー、高脂肪の料理を食べまくって。いっしょにいた従姉妹たちは、青くなりながらも、あえて明るく振る舞っていましたから、私が一番ケロッとしていたかもしれませんね。もともと脳天気なところがあるもので。それで失敗することもけっこうあるんですけど(苦笑)」検査を受けたのは、右胸の乳頭からの出血を発見したのがきっかけだった。問診、触診、マンモグラフィー、エコーと続き、さらに分泌液を採取して検査。その結果、乳がんの疑いが深まり、針生検によって、ステージ1から2の間の乳がんという診断が下される。「腫瘍ができてから3年ほど経っている」とも告げられた。「触診とマンモグラフィーだけでしたが、自治体の乳がん検診は定期的に受けていて、毎回『異常なし』という結果だったんですけどね。もっとも、少し前から胸に痛みを感じることはありました。でも、『がんは痛くない』という変な先入観があって、それほど気にしていなくて。母を家で看ていた時期で、『今はそれどころじゃない』という状態でもありました」介護、子育て、家事、仕事。目の前の”やらなければいけないこと”に追われていると、自分のことは後回しになりがちだ。予兆があっても、見て見ぬ振りをしてしまう人は少なくないだろう。篠田さん自身、医療機関に足を運んだのは、お母様が介護老人保険施設(老健)に入所した後だった。「実は、前から甲状腺腫瘍が発見されていたんですが、自分のことなどかまっていられず、精密検査に行っていなかったんですよ。母が老健に入ったので時間ができ、思い立って検査を受けたのですが、そちらの結果が出ないうちに、乳頭から出血。乳がんの発見、治療につながるわけですが、もしも、老健に入っていなかったら……。小さな出血くらいなら、病院に行かなかったかもしれません。そう考えると、すんでのところで命拾いしました。自分の身体に異変が起きている時は、何かしらサインがあるはず。検診を受けるだけでなく、日常的に自分の体の状態に気を配ることを怠ってはいけないのでしょうね。私も、病気になって初めて、自分ファーストに切り替えることの大切さを痛感しました」「なんとか温存で」と思っていたけれど全摘に。そして…。こうして、篠田さんの治療がスタート。4月初旬に、聖路加国際病院のブレストセンターで担当医と初めて面談し、手術日と、がんがある方の乳房を全摘することが決まった。「面談の前は、『形が悪くなってもいいから、なんとか温存で』という気持ちがありました。60歳過ぎて、誰に見せるわけでもないけれど、自分の体が変わってしまうことに、なんとなく抵抗があったんですよね。でも、先生から、私の場合は、温存では取り切れない不安があることを聞き、腹をくくりました。ただ、その場で、”全摘した後”の選択も求められたのは予想外でした。再建するなら、切除手術と同時に再建のための事前処置をしなくてはならないからなんです。『62歳で再建なんて、ない、ない!』という気持ちと、『片方なくなったら、水着を着る時は(篠田さん唯一の趣味は水泳)、パッドを入れないといけない。でも、それが外れて、プールにプカプカ浮かんでしまうなんてことになったら!? ならば、皮膚の下に埋め込んでしまった方が……』という思いが、交錯しました。そうしたら、先生が『再建するのであれば、形成外科の先生との面談日を押さえないといけません』と。乳房再建できる形成外科医は少なく、スケジュールを押さえるのは大変、何より手術まで間が無い。先生の手は、すでに電話に掛かっていて、こちらとしては、テレビ通販の『今すぐお電話いただければ、このお値段!』という心境に(笑)。即座に『お願いします!』と頭を下げていました」テレビ通販!? 私たちがイメージする「がん闘病記」とは、なんだか様相が違うような……。次回は、篠田さんが体験した手術や入院ライフ、乳房再建について、語っていただきます!『介護のうしろから「がん」が来た!』 乳がんと介護という重くなりがちなテーマを、作家ならではの観察眼とリアルな描写で綴った痛快ドキュメント。WEBサイト「よみタイ」に連載されたものに、篠田さんの乳房再建を担当した形成外科医との対談も新たに収録。読み物としてのおもしろさに加え、情報収集にも役立つ充実の内容だ。(本体1300円+税  集英社)
  • OurAgeに「冷えとり名人」として登場した鍼灸師の田中美津さん。実は、1970年代初頭、日本の女性解放運動を牽引した伝説のヒトなのです。その美津さんの今を追いかけたドキュメンタリー映画『この星は、私の星じゃない』が10月26日より東京を皮切りに、全国各地で公開されます。監督は1967年生まれの吉峯美和さん。女性解放運動にはあまり興味のなかった吉峯さんが、美津さんに惚れ込み、4年がかりで自主制作した力作です。撮影/織田桂子  取材・文/石丸久美子吉峯美和さんProfileよしみね・みわ●1967年生まれ。フリーランスの映像ディレクター。NHKハイビジョン『女優・杉浦春子への手紙〜1500通につづられた心の軌跡』(07)、NHK総合『私のリュックひとつ分〜ミュージシャン・矢野顕子』(12)、など数々のドキュメンタリー番組を手がける。2013年、NHK・Eテレ『日本人は何を考えてきたのか 平塚らいてうと市川房枝〜女たちは解放をめざす』でギャラクシー賞 テレビ部門 奨励賞受賞。2015年、Eテレ『日本人は何をめざしてきたのか 女たちは平等をめざす』で田中美津さんにインタビュー。その言葉の力と人間的魅力に惚れ込み、自主製作で本映画の制作を決意、撮影を始めた。田中美津さん Profileたなか・みつ●1943年生まれ。鍼灸師。1970年代初頭に始まったウーマンリブを牽引。1975年の国際婦人年世界会議をきっかけにメキシコに渡り、4年半の滞在中に未婚で一児の母に。帰国後、鍼灸師となり、82年治療院「れらはるせ」を開設、現在に至る。『新・自分で治す冷え性』(マガジンハウス)、『いのちのイメージトレーニング』(筑摩書房)、『ぼーっとしようよ 養生法』(三笠書房)、『かけがえのない、大したことのない私』(インパクト出版会)、『新版 いのちの女たちへ―取り乱しウーマン・リブ論』(パンドラ)、『この星は、私の星じゃない』(岩波書店)など著書多数。最新刊『明日は生きていないかもしれない…という自由』(インパクト出版会)が10月26日に発売予定。自分の中の「膝を抱えて泣いている少女」を忘れないで4年前、NHKの特集番組で、戦後の女性史を辿る証言ドキュメンタリーを制作することになった吉峯美和さん。「田中美津さんの証言は外せない!」と取材を申し込みますが、美津さんは辺野古の米軍基地建設への抗議活動を始めたばかりで、それどころではない様子。それでも4度にわたる交渉で口説き落とします。やっと実現したインタビューは驚きの連続。「ウーマンリブのカリスマ」と称される伝説の女闘士は、おおらかな人柄、やわらかな感性、そして〝圧倒的に面白かった〟のです。「ほかの出演者が昔話に終始するなか、『女性解放より私の解放のほうが大事』と〝今〟の話をするんです。それも現代の女性や若者に通じる、まったく古びない力強くいきいきとした言葉で!」美津さんが1972年に上梓した『いのちの女たちへ―とり乱しウーマン・リブ論』は、女性解放関連の世界の50冊をセレクトした『フェミニズムの名著50』(平凡社)の中に、日本を代表する5人の著者として平塚らいてうや与謝野晶子らと並び選ばれています。以前、平塚らいてうの特集番組を制作していた吉峯さんには、美津さんが平塚らいてうと重なりました。美津さんの言霊がビッチリ詰まった3冊。左から、映画とのコラボ、『この星は、私の星じゃない』には上野千鶴子、伊藤弘呂美との刺激的なやりとりも収録。版を重ねて読み継がれ、新装版も刊行された名著『新版 いのちの女たちへ―とり乱しウーマン・リブ論』。『かけがえのない、大したことのない私』には、リブの活動を象徴する笑いと共感で女性解放を表現した『ミューズカル〈おんなの解放〉』のシナリオも収録。いずれも分厚い本なのに、頁をめくる手が止まらなくなる面白さ!「現代の平塚らいてうを撮るんだ!」と、美津さんの映画を自主製作することに決めた吉峯さん。最初のうちはテーマも決めず週1で密着。どこにでもくっついていき、かかりつけの病院の診察室にまで入り込もうとする勢いです。カメラを回していないときも、「言葉の全てが思想だから」と、美津さんにピンマイクと録音機をつけっぱなしにして全ての言葉を拾います。そんなふうに、がむしゃらに撮り続け、2年たったある日のこと。小口久代さん(撮影)、朝倉三希子さん(整音・音響効果)ら女性スタッフと歓談中、美津さんがさり気なく言いました。「柔らかな感性で作品を作り続けたいなら、自分の中の膝を抱えて泣いている少女の存在を忘れてはいけないよ」そのひと言に、吉峯さんはハッとします。「それまでの私は女性の視点も大事にしてきたつもりでしたが、どちらかというと〝男並みにバリバリ仕事して、客観的にきっちり構成された男と同じようなものを作れる人〟として評価されていたんです。美津さんはそんな私をしっかり見抜いていたのでしょう。『私の中にいる小さな少女があなたの中にもいるはずで、それに蓋をしてきたでしょ?自分の痛みに鈍感な人に私の全ては撮れないよ』というメッセージだと思いました」幼い頃、性被害に遭った体験から「この星は、私の星じゃない」と自分を納得させ、「女であること」の痛みに向き合ってきた美津さん。彼女の中の〝泣いている少女〟の視点でそれまでの撮影を振り返ると、見えていなかった田中美津の素顔が見えてきました。「2015年から沖縄の問題に取り組むようになったのも、1965年に沖縄宜野座村で米軍のトラックにひき殺された少女の1枚の写真に衝撃を受けたことがきっかけだとは聞いていましたが、それは正義感からの行動だと思っていたんです。でもそうではなかった。沖縄の少女の痛みと美津さんの中の少女の痛みがシンクロして、それが彼女を突き動かしているんじゃないかって。そして、膝を抱えて泣いている少女は私の中にもいることに気づき、これこそがこの映画のテーマだと確信したんです」©パンドラ+BEARSVILLE2015年『ぐるーぷ・この子、は沖縄だ』を結成。年に3〜4回沖縄ツアーを敢行。2018年5月、吉峯さんは編集作業に集中するため、都内から千葉県の外房に転居。膨大な素材を整理して90分にまとめる作業は困難を極めます。途中、スタッフや信頼できる制作者たちに見てもらい意見を求めるも、「物足りない」という意見が大半で……。「とくに美津さんと同世代の男性たちには〝田中美津=闘う女〟というイメージが強くて、もっと激しいところとか痛快なところがないとダメだと言うんです。何年もかかってやってきた自分を全否定されたようで、どうしてわかってくれないんだろうって、つらかった。でもだからといって、テーマを変えることはしませんでした。意見は参考にさせていただきましたが、軌道修正することはしなかった。誰もわかってくれなくても、自分で自分を否定することはできない。ここまでやってきた自分を自分が信じてあげなくてどうする!って感じでした」自分の中から湧き出る気持ちに正直に、吉峯さんは美津さんの〝今〟を切りとりました。鍼灸師として全身全霊で患者に向き合い、沖縄の苦しみを我がことに感じ、辺野古で地元の人ともに座り込み、朋友と屈託なく語らい、息子の行末を案じ、愛猫にそっと愚痴る…。その姿は、どこか不器用で切なくて、どこまでも自由でしなやかでーー。「試写を観てくれたリブ世代の女性たちからは、『素顔の美津さんが見られてよかった』という感想が多くて、ひとまずほっとしています。若い世代の人たちは、リブとか関係なく、〝自分の悩んでいることと地続きのところにいる人〟と思うみたい。一般公開に先駆けて上映された映画祭でも、30代の女性から『会社を休んできたけれど、すごく元気をもらいました』と言われて、本当にうれしかったです。若い男性からも、『超カッコイイね、この人!』って(笑)」足掛け4年、制作費に貯金を使い果たし、320万円もの支援が集まったものの、大きな借金を抱えることに。それでも吉峯さんは、「50代って、最後のチャンスじゃないですか?」とカラリ。「あと10年遅かったらできなかったと思うし。まだ振り返る余裕はないけれど、この映画が私自身の一つの原点になるだろうという予感はあるんです」現在、52歳の吉峯美和監督(左)と76歳の田中美津さん(右)。身長差も年の差も軽々と超え、息の合ったコンビぶりが微笑ましい。次回は、田中美津さんのインタビューをお届けします。お楽しみに!『この星は、私の星じゃない』©パンドラ+BEARSVILLE自分の自由や幸せのために、邪な世界と闘い続ける田中美津の等身大の姿を追ったドキュメンタリー映画。全ての女性の中にいる、傷ついた少女の闘いと再生の物語でもある。10月26日より渋谷ユーロスペースにて公開。上映期間中にトークイベントも開催。10/26上野千鶴子さん(社会学者/東京大学名誉教授)、10/27栗原康さん(政治学者/東北芸術工科大学講師)、10/31雨宮処凛さん(作家/活動家)、11/2田中美津さん(鍼灸師/本作のメインキャラクター)、11/3小川たまかさん(ライター/フェミニスト)、11/4吉峯美和さん(本作の監督)、11/6安富歩さん(社会生態学者/東京大学東洋文化研究所教授)。以後、名古屋シネマスコーレ、横浜シネマリン、松本シネマセレクト、大阪シネ・ヌーヴォ、神戸・元町映画館、京都みなみ会館、鹿児島・ガーデンズシネマ、沖縄・桜坂劇場、ほかにて公開予定。http://www.pan-dora.co.jp/konohoshi/
  • 黒縁メガネにサイドゴアブーツ、さらにリュックでこなれ感は最高潮!時間のない朝は、楽ちんワンツーコーデにイマドキな小物を盛るのがマイルール。今日は来客があるから、清潔感あふれる白ベースのノーカラーシャツドレスにかっちりジャケットをON! それだけでホラ、きちんと好印象な通勤スタイルになるでしょ? マジメなジャケットに似合うメガネやソックス×サイドゴアブーツ、トラッドな小物を黒で統一すれば上品さもキープできて。仕上げにおしゃれパープルのリュックを背負って、遊び心のある上級カジュアルに♪ジャケット¥46000/イネド インターナショナル ワンピース¥88000/ブランドニュース(ネヘラ) 靴¥22000/ダイアナ 銀座本店 バッグ¥16800/エルベシャプリエ代官山 メガネ¥44000/アイヴァン 7285 トウキョウ イヤリング¥900/お世話や ソックス¥500/タビオ(靴下屋)逢沢りなの【今日のコーデ】をもっと見る>> ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/金谷章平 ヘア&メイク/河嶋 希(io) モデル/逢沢りな(モア専属) スタイリスト/石上美津江
関連キーワード

RECOMMEND