スマホケースは憧れブランドで♡ 社会人におすすめの手帳型5選!

non-no Web

朝も、昼も、夜も、ずっと目にするアイテムだから、お気に入りのデザインじゃなくっちゃ。 だったら、ハイブランドの素敵なケースにトライしてみるのはどう? バッグやジュエリーみたいに、ファッションアイテムのつもりで選びたい♪

手帳タイプ

スマホの画面を保護してくれて、カードも一緒に持ち運べるから機能的。ルックスも機能も欲張りたいなら二つ折りの手帳タイプをチョイス。

SAINT LAURENT

洗練された美しさにすっと背すじが伸びる

ブラック&ホワイトの対比がスタイリッシュなデザイン。規則的に並ぶドットは、よく見ると丸ではなくスクエアで、細部まで計算されたシャープな美しさに惚れ惚れ。

スマホケース¥46000・Tシャツ¥46000・リング¥55000/イヴ・サンローラン(サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ)
■iPhone XS対応

◀︎左右にスライド▶︎

1/4

2/4

3/4

4/4

MARC JACOBS


大人気のダブルJロゴをきらりとアピール。裏面は水色、内側は黄色、背中はグレーのカラーブロックになった明るいパターンも好印象。


¥10000/マーク ジェイコブス カスタマーセンター(マーク ジェイコブス)
■iPhone XR対応

PAUL SMITH


ビジネスシーンでも安心の信頼感と、可愛らしさを両立する優秀なルックス。さりげないマルチカラーのトリミングがブランドらしいあしらい。


¥13000/ポール・スミス リミテッド(ポール・スミス)
■iPhone X・XS対応

AGNÈS B.


Tシャツでおなじみの筆記体ロゴを、ホワイトレザーの上にさらりと配置。シンプルなおしゃれ感が楽しめる仕上がりになっている。内側にカード収納があり、使い勝手がいいのもうれしい。


¥11000/アニエスべー
■iPhone 8対応

KATE SPADE NEW YORK


キラキラ輝くピンクのグリッターならバッグから取り出すたび気分がアガる。スペードモチーフのメタルパーツがリッチなアクセントに。


¥13000/ケイト・スペード(ケイト・スペード ニューヨーク)
■iPhone XS・XR対応

2019年9月号掲載
モデル/新川優愛 撮影/野田若葉(TRON・モデル) kimyongduck(物) ヘア&メイク/川添カユミ(ilumini.)スタイリスト/鈴木美智恵 web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス 撮影協力/新宿高野 タカノフルーツパーラー
関連記事
  • ニットとシルバージュエリーは相性抜群! シルバージュエリーというと夏につけるもの?と思っていましたが、最近ニットに合わせてつけているお気に入りがこの2つ。 私のところへやって来るまでに、素敵な女性達の手で選ばれたものである…そんな背景も、ながく、大切に使いたいと思わせてくれます。 左は、先月開催された五明さん @gomyoyuko のマルシェで出会えたシルバーバングル。 1900年代前半のものだそう。 五明さんがロンドンで見つけて東京へ連れて帰ってきた、という素敵なストーリーの奥に、さらに重なる時間。心がときめきます。 花や葉を彫った細工に、スカラップ形の縁飾りが繊細なレースのようで、本当にかわいいんです 右は、ナバホ族の女性アーティストの作るリング。 SUNDAY MARCH 30というインディアンジュエリーショップのポップアップで、今年の初夏に出会いました。女性のセレクターの方が現地で選んだ、こちらも愛情や世界の広がりを感じるもの。 ターコイズジュエリーには、憧れと近寄りがたさを感じていたのですが、ハートを象ったミントグリーン色が勇気をくれました。この石はキングマンターコイズという鉱石だそうです 平日は時計をしているので、このバングルとの重ね付けは週末のお楽しみ。今日はブリックレッドのニットに合わせました。ベージュやブラウンなどこの冬着たい色との相性も、とても良さそうです ちなみに合わせたニットは、こちらも五明さんが、LEEマルシェの人気企画で今季セレクトしているトリコジーンマークの別注カーディガン。デニムなど定番カジュアルパンツがなんでも合わせやすくて、とびきり軽くて、ヘビロテ中です ミツコ . #LEE編集部のお買い物 #magazinelee #leeweb #leemarche . #sundaymarch30 #toricotsjeanmarc
  • 素敵な服をデザインする人のスタイルにはどんなスタンダードが隠されているのか? 長年積み重ねてきた私服の“定番”を大公開。 CASE:01 アクセサリーや靴に遊びを加えるパリ・ベーシック パリを拠点にするブランドseya.のクリエイティブ・ディレクター、瀬谷慶子さん。自身のブランドを体現するような、パリらしい上品なベーシックスタイルに、エスニックな要素をミックスするのがマイ・スタンダードだという。1 飾らない色気を感じさせる瀬谷さん 「旅行するのが趣味で、旅先でついついエスニックなハンドメイドジュエリーやスカーフ(6)を買ってしまうんです。手持ちの服はシンプルな無地が多いので、旅先で買ったアクセサリーをアクセントにしたり、どこかしらにフェミニンな要素をプラスするのが定番ですね。アクセサリーは直感で、洋服は熟考して買うことが多いです」。瀬谷さんの言うフェミニンなスタイルとは、たとえば上質なカシミヤのタンクトップ(5)や、柔らかい素材のアイテムを選んでさりげない色気をプラスすること。アクセサリーもその重要なひとつで、タイの友人が作ったというハンドメイドジュエリーと、フィレンツェやコペンハーゲンで購入したというアンティークアクセサリー(7)が素敵にミックスされているのが瀬谷さんらしく印象的だ。「トレンドを意識しすぎるのは自分らしくない、だけどスタンダードすぎるとつまらない。だから、全身のバランスを考えるときは、靴が重要になってきます。シーズンごと、またその日の気分によって赤、シルバーなど靴を派手な色みにするんです。試行錯誤の結果、最近は、ベージュや白など薄い色みのもの(2)に落ち着きました」洋服自体は、20年くらい前から、流行に左右されずに使える普遍的なものを選ぶことが多くなったという。「そういう服は捨てずにとっておくし、しばらく着ていなかったけど、一周回ってまたヘビーローテーションすることもあります。最近は、ヴィンテージやメンズライクなアイテム(3・8)がレギュラー復帰の予感。ツィードやカシミヤ、上質な素材で仕立てのいいメンズジャケットなどを、女性らしい色気のあるアイテムとミックスしたいと思っています」 2 ジルサンダーのブーツ。「靴は白など薄い色みのものが好き。最近買ったものですが、長く愛せるスタンダードになりそう」3 5年ほど前に購入したルメールのメンズウールシャツ。「メンズでも素材や落ち感を吟味すれば着やすいです」4 毎シーズン、素材やカラー違いでリリースしているseya.のコート。ヤクウール100%、ダブルフェイス仕様の贅沢な一着5 「肌に直接触れるインナーは、カシミヤ素材を選ぶようにしています」。右はルイ・ヴィトン、左はseya.のもの6 2年ほど前にタイで購入したジム・トンプソンのスカーフ。「地味な色みの服が多いのでアクセントに重宝しています」7 バンコクのハンドメイドジュエリー。「ずっとつけていられるシンプルなものと、ちょっと変わった素材やデザインのものをミックスするのが自分の中のルールです」 8 マルジェラ時代のエルメスのウールパンツ。「素材のよさと落ち感に惹かれました。3シーズン使えて何にでもコーディネートしやすく気に入っています」 Profile Keiko Seya/瀬谷慶子2016年、パリを拠点にスタートしたブランドseya.のクリエイティブ・ディレクター。毎シーズン、旅によって得たインスピレーションをコレクションで表現。洗練された上質なアイテムの数々が、高感度な大人の女性たちに支持されている。 CASE: 02 アティテュードある宝物を時を経ても愛用し続ける ニコラのキャリアは、ジュエリーデザインからスタートしただけあって、ワードローブにアクセサリーは欠かせないそう。「ジュエリー(10〜12)はヴィンテージや知り合いのデザイナーのものを中心に集めています。服をアクセサライズするのも好きなのでベルト(16)は欠かせません。ドレスやジャケットの上にベルトをして、フェミニンとマスキュリンのバランスを楽しんでいます」ケイト・スペードでデザインをするようになってから、今まであまり着ることのなかった色柄ものもスタンダードに加わったという。「遊び心のあるフラワーやアニマルプリントのドレス(9)が今の気分。一方で、10年以上愛用しているのは飽きの来ないソリッドカラーのもの。クロエのドレス(14)はデザイン、フレアの動き、ボタンのディテール、すべてが美しい至福の一着。グッチのパンツ(15)はしばらく着用しない期間があっても、必ず復活します」 いろんなものをたくさんというより、毎シーズン本当に好きなものを数点だけ買うほうがサステイナブルだと語るニコラ。年を重ねるごとに自分のワードローブをよく理解していくので、旬のトレンドアイテムも自然と上手にミックスできるようになるそう。「女優のヘレン・ミレンのように、年齢にこだわらずにアティテュードを持ってオシャレを楽しんでいる女性が素敵だと感じますね」9 パフスリーブドレスはケイト・スペードニューヨークの2019年秋冬から10 (右手)ケイト・スペード ニューヨークのリングとハチのモチーフリング(左手)夫からサプライズでプレゼントされたエンゲージメントリングは、英国人デザイナーMAEVONAによるもの。アンティークダイヤモンドがプリンセスカットされた唯一無二の美しいデザイン11 ショートカットに映えるイヤリングはNYのヴィンテージショップで購入12 ジュエリーデザイナー、ドロシー・ホッグはエディンバラ芸術大学時代の講師。「このリングはどんなスタイルにもマッチするお気に入り」13 10年以上メイクアップの定番は黒のアイライナー。愛用はシャネルのスティロ ユー ウォータープルーフ14 1970年代のカール・ラガーフェルドが手がけたクロエのドレスは一生物15 16年以上前に購入したトム・フォード時代のグッチのベルベットパンツは今でもスタメン16 (上)アライア、(下)ニコラがデザインしたマイケル・コースのベルト17 シーンを選ばないケイト・スペード ニューヨークのロミーサッチェルバッグ Profile Nicola Glass/ニコラ・グラスイギリス・北アイルランド出身。グッチ、マイケル・コースのアクセサリーデザイナーを経て、2019年春夏からケイト・スペード ニューヨークのクリエイティブ・ディレクターに。プレイフルなウェアやバッグを発表。 SOURCE:SPUR 2019年12月号「デザイナーたちの“マイ・スタンダード”の作り方」photography:Mari Shimmura(Keiko Seya) Emmy Park(Nicola Glass) interview & text:Mami Okamoto(Keiko Seya), Miko Uno(Nicola Glass)
  • 体に合ったきれいなパンツが1本あれば、どんなトップスも合わせやすく毎朝のコーディネートがすごく楽になるんです! 下半身の体型コンプレックスをなかったことにしてくれる「整形級」のパンツを編集部が厳選。満場一致で選ばれたのは「セオリー」でした。 これがベストオブ整形級パンツ! パンツ¥27000/セオリー 手に持ったコート¥24000/ミラ オーウェン ルミネ新宿2店(ミラ オーウェン) ニット¥12000/ルーニィ ピアス¥17000/ショールーム セッション(モダン ウィーヴィング) ネックレス¥3000/ジューシーロック(ジューシーロック オリジナル) リング¥46000/ココシュニック バッグ¥35000/バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター(ヴァジック) 靴¥16500/ピシェ アバハウス ルミネ有楽町店(ピシェ アバハウス) 【セオリー】テーラード トラウザーライト サキソニー ¥27000 脚を入れた全員が思わず「軽っ!」と口にするほど、とにかく軽い! しっかりと入ったセンタープレスやシャープなシルエット、おなかやお尻を包み込む立体感に高いストレッチ性など、満場一致で“ベストオブ整形級パンツ”に決定! シンプルなタートルニットと組み合わせるだけでサマになり、全身の印象が一気にあか抜ける。パンツ¥27000/セオリー 【サイズ】XXX0・XX0・00・0・2・4・6・8・10・12・14 【色展開】ブラック・アイボリー・ライトキャメルメランジ・セージ(00・0・2・4サイズのみ)・ライトネイビーメランジ・プラム 1.軽っ! なんと248kg。大みかん約2個分(編集部調べ) 2.脚長効果抜群! 高め位置から入ったセンタープレス 3.お尻の位置をきゅっと上げてくれる高め位置のポケット 4.肉感を拾わない絶妙な柔らか素材 適度に厚みのある生地でひざが出ないことはもちろん、太ももやふくらはぎの肉感を軽やかにスルー 5.脚がいちばん細く見える足首の抜けをつくる丈 フルレングスよりも少し短い九分丈で、足もとに肌見せ部分を作って。抜け感が脚長効果に直結 11月12日発売のBAILA12月号では【体型別・整形級パンツ】を特集。見かけたら手に取ってみてくださいね。 撮影/吉田 崇〈まきうらオフィス〉(人)、坂根綾子(物) ヘア&メイク/美舟〈SIGNO〉 スタイリスト/川上さやか モデル/ヨンア 取材・原文/石黒千晶(スーパーバイラーズ) 構成・原文/山岸成実〈BAILA〉 ※BAILA2019年12月号掲載
  • 愛らしいボリューム袖&さりげないウエストマークでスタイルアップも♪上品なパフスリーブ、さりげなくウエストマークできる細リボン、トレンド感高まる首詰まりデザイン。着るだけでサマになるブラウスを、話題のトータルライフブランド『LAKOLE(ラコレ)』でみつけたっ! 無地スカートとのお手軽ワンツーでもおしゃれに腰位置アップが叶うし、ブリックレッドの媚びない女っぽさも素敵すぎる。これで上下合わせて7000円なら文句なし。シンプルなレザー小物や繊細なアクセで上質感を上乗せして、お得におしゃれがキマったら、なんだかイイコトありそうな予感~♡ブラウス¥3400・スカート¥3600/ラコレ 靴¥14900/ア ドゥ ヴィーヴル バッグ¥5900/アコモデ ルミネエスト新宿店(アコモデ) ピアス¥1900・リング¥3300/サンポークリエイト(アネモネ)逢沢りなの【今日のコーデ】をもっと見る>> ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/野田若葉(TRON) ヘア&メイク/野口由佳(ROI) モデル/逢沢りな(モア専属) スタイリスト/辻村真理
  • ウソでしょ……!? 私って一体なんなの!?ネイビー巴瑞季 DAY16.「先輩って女捨ててる感じが素敵」待って、捨てたことは一度も……後輩の女の子とお茶。素敵な先輩らしく、白ニットとネイビーパンツでノーブルに、スカーフ使いや白い靴で小物上手もアピール。「成績上げたいけど先輩みたいに男らしくなれない」!? 私、そんなに色気ない?テーパードパンツ¥17000/TOMORROWLAND 白のクルーネックニット¥22000/グラストンベリーショールーム(シェトランド ウーレン コー) 白甲深パンプス¥33000/ジネス ペリエ千葉店(ファビオ ルスコーニ) 2WAYハンドバッグ¥33000/ショ―ルーム セッション(ポティオール) ゴールドフープピアス¥16000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル) 柄スカーフ¥18000/グラストンベリーショールーム(ア ピース オブ シック) レザー腕時計¥21000/オ・ビジュー(ロゼモン)グレー友菜 DAY16.帰った途端、部長から緊急LINE。「明日やります」と返すも心労が……「木曜から出張に行くから新幹線とホテル手配しといて」って、私は旅行代理店か! 家に帰ったけどイライラを捨てたくて友達に会いにいくことに。赤いスカートにライトグレーのニットで、顔色と雰囲気だけでも明るく!チェック柄ステンカラーコート¥75000/グッドスタンディング(リノ) タートルニット¥24000/スローン オレンジレッドのフレアスカート¥28000/アンシェヌマン(アナディス) スクエア型バッグ¥10000/ティースクエア プレスルーム(フィオレッリ) パールイヤリング¥5000/アルアバイル ドット柄スカーフ¥15000/フラッパーズ(マニプリ) シルバー腕時計¥35000/ココシュニック 濃グレータイツ¥3900/エリオポール代官山(ブルー フォレ)▶︎▶︎土屋巴瑞季&鈴木友菜 W主演!着回し連載『グレーとネイビーなふたり』とは? ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 構成・原文/野田春香 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini./巴瑞季分) 間 隆行(Lila/友菜分) モデル/土屋巴瑞季 鈴木友菜 スタイリスト/石上美津江 撮影協力/アワビーズ UTUWA TITLES ドトールコーヒーショップ ベンジャミン ステーキハウス 六本木 ホットヨガスタジオLAVA リグニス恵比寿
  • くすみパステルニット。しゅっと見えコーデでスタイルよく!この冬手に入れておきたい“くすみパステルニット”。やわらかな色合いが魅力だけど、着膨れするのは避けたい。シュッと見えるコーデでスタイルアップするのが正解!タイトに巻くスカーフで締める部分をつくる柔らかな風合いの淡いオレンジ色。首もとにおいた締め色のスカーフの黒。柄でニットの色を拾えばリンク感も出せる。ニット¥17500/HUMAN WOMAN スカート¥12000/ルクールブラン 靴¥27500(ペリーコ サニー)・バッグ¥67000(ザネラート)/アマン ピアス¥12800/フォーティーン ショールーム(リリーズ) スカーフ¥5900/クリア インプレッション バングル¥3500/サンポークリエイト(アネモネ) リング¥23000/スタジオファブワーク(ミラ) ソックス¥1000/タビオ(タビオ)2色目のきれい色をぶつけて意外性を優しいたまご色のニットは、きれい色×きれい色のフレッシュさでイメージを刷新。くすみブルーのスカートは、どんなパステルニットにも適応。ニット¥8996/オットージャパン(オットー ピトックスタイル) スカート¥19000/ミラク(ソーノ) 靴¥27000/パンプスメソッド研究所i/288(ニイハチハチブンノ・アイ) バッグ¥36000/スーペリア クローゼット(マルコ マージ) スカーフ¥16000/スローン イヤリング¥590/GU ソックス¥1000/タビオ(タビオ)最愛カラーのブラウンで落ち着きある表情パステルの優しさはそのままに、シックに見せる茶系。サーモンピンクのモヘアニットは、ゲージの隙間から淡いブラウンのTシャツをちらり。ボトムだけ見せたワンピは濃い茶色でグラデ配色に。ニット¥13000/AKTE ワンピース¥29000/ゲストリスト(アッパーハイツ) Tシャツ¥6800/バトナー 靴¥16000/フォーティーン ショールーム(アプローチ) バッグ¥7500/ルクールブラン ターバン¥590/GU ピアス¥20000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル) レギンス¥4000/タビオ(靴下屋)おしゃれに深みが出るアンサンブルでこの冬気になるニット同士のレイヤードは、アンサンブルニットで実践すれば失敗もなし。優しさと色気が共存するラベンダーを黒のパンツと合わせて、カッコいい大人の女を目指して。ニット&カーディガン(セット)¥15000/ジャーナル スタンダード 表参道 パンツ¥20000/ボウルズ(ハイク) 靴¥12000/ロコンド(ノイエ マルシェ)バッグ¥37000/ビヨンドザリーフ アトリエ ピアス¥2000/サードオフィス(ROOM) ブレスレット¥25000/ハイ! スタンダード(アルジェンティデア)ロングブーツで出せる最旬バランスとともにロングブーツが持つ“今っぽい”という最強のおしゃれ要素が加われば怖いものなし。スカートとブーツを同系色にしてよりシュッと。ニット¥18000/ジャック・オブ・オール・トレーズ(ジャッキー) スカート¥22000/スローブ イエナ 自由が丘店(エミンアンドポール×スローブ イエナ) 靴¥12000/クリア インプレッション バッグ¥5500/ロデスコ アーバンリサーチ ルクア大阪店 イヤリング¥2296/サードオフィス(ROOM) リング¥25000/UTS PR(ルフェール) ストール¥11000/メイデン・カンパニー(ブロンテ バイ ムーン)落ち感プリーツと無理のない大人っぽさを鉄板なコーデだけど、パステルニットならスカートは大人素材が正解。落ち着きが増すシックな色なら大正解。ニット(WEB限定発売)¥5400・スカート¥4980/ViS コート¥29000/ピーチ(ミューニック) 靴¥28000/UTS PR(スペース クラフト) バッグ¥13000/HEMT PR(トゥエンティー エイティー) イヤリング¥1800/ジオン商事(スリーフォータイム) バングル¥14300/ガス ビジュー 青山 ソックス¥500/タビオ(靴下屋) ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/横山創大 ヘア&メイク/河嶋 希(io) モデル/佐藤栞里 スタイリスト/高野麻子 撮影協力/WASH&FOLD アワビーズ UTUWA
  • 軽やかにゆれる柔らかなピンクベージュコートは冬の最強のモテアイテム!※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができます 声もようやく通常通りに戻って今夜には完全復活の兆し。短期間で体調もよくなりひと安心。なぜって明日は彼のお誕生日で、予約のとれないフレンチを奇跡的に確保できたから。オフィスでも浮かずに華やかな印象の黒ドットワンピースは、軽やかなピンクベージュのコートをさっと羽織れば、ぐっと女性らしくデートが盛り上がりそうな予感。コート¥35,000(エムセブンデイズ)・ワンピース¥37,000(サクラ)・バッグ【PIASKI NEW CALF】¥30,000(ベルメール)・サイドスタッズブーツ¥37,000(ファビオ ルスコーニ)/SHOP Marisol 帽子/スタイリスト私物撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/徳原文子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼「ドット柄」を使ったコーデの関連記事もチェック
  • 令和2年もアナログ派(笑)毎日持ち歩くものだからこそ、妥協せずに選びました。 年末が近づき、手帳を新しくする時期ですね。  次はどんな手帳にしよう、と毎年選ぶのを楽しみにしている方も多いのでは。  でも私、かれこれ十数年、手帳はコレと決めていたモノがありまして。 この弁護士用の「訟廷日誌」なんですが、見てのとおり、無骨なルックスで、カバンからこれを取り出すと、なんとなくぎょっとされることも多いような気がしていました。  ただでさえ、アナログな手帳を使う人が少なくなっている昨今、アラフォー女性が持つには渋すぎるかもしれないですね。  ということで、アラフォー女性にふさわしい一品を求めて、十数年ぶりに、一から手帳を選ぶことにしました。    毎日持ち歩くものなので、使うたびにテンションが上がるようなものが欲しいし、せっかくなら、一生使える良いものを・・・、と思うと、たどり着くのはやっぱりエルメス。  ちょうど手帳の在庫が豊富な時期ではありましたが、なかなか気に入る色、革に巡り会えず、サイズやペンホルダーの有無なども決めかねて、数週間、手帳のことで頭がいっぱいになるほど、あれこれ悩みました。結果、定番色のゴールドカラーのベーシックな手帳に落ち着きました。 せっかくなので、名刺入れも同じ色で新調しました。  小物の色を揃えると、統一感が出てなんだか仕事もデキそうに見えるような・・・(笑) ブックマーク「カルメンチータ」は、落ち着いた赤色を選んで、アクセントに。  レフィルは、エルメス製のものを買うかとても悩んだのですが、やっぱり、六曜の記載などあった方が使いやすいので、エルメスフリークの友人からアドバイスを受け、とりあえず日本製の文具メーカーのものにしてみました。  早くこの手帳を使いたくて、年が明けるのが待ち遠しいです!  ★Instagramで日々の出来事やコーデを更新中です美女組No.141 カキノキのブログ
関連キーワード

RECOMMEND