ロング&ロングのレイヤードがトレンド★ お手本コーデを今すぐチェック!

non-no Web

単純なワンツーコーデが多くなりがちな時期だけど、今年はひと手間かけたトレンドのレイヤードテクでおしゃれに変える!

前開きのロングはおりで作る夏のレイヤード見本帳。「長いものは長いものと合わせる」のが旬コーデの最新ルール。

A

ロング&ロングがネオナチュ気分を後押し

人気急上昇の透かし編みニットカーデは、ヴィンテージっぽい花柄ワンピと好相性。親しみやすいフェミニンなムードに。

カーディガン¥6900/ROYAL PARTY ワンピース¥12000/エクラン ルミネエスト新宿店 イヤリング¥1200/お世話や(Osewaya) バッグ¥29500/ADINA MUSE SHIBUYA(アディナ ミューズ) サンダル¥7900/RANDA

B

気楽なシルエットの服はレイヤードでメリハリUP

ゆるシルエットの旬アイテムは重ね着で全身コーデにリズムをつけて。

シャツワンピース¥4990/イーハイフンワールドギャラリー ルミネエスト新宿 カットソーワンピース¥7500/ビームス ボーイ 原宿(グッドウェア) リブワイドパンツ¥1990/GU イヤリング¥2547/CHIPPI&CUU バッグ¥6900/COO(LAUGOA) サンダル¥6900/REZOY


きれい色ロングカーデで今っぽグッドガール

ブラウス、カーデ、スカートというグッドガールの定番コーデも、カーデやスカートの丈が長いと今っぽさ急増。

カーディガン¥7900・ブラウス¥6900/レンアイ ケイカク ルミネエスト新宿店 スカート¥3980/ViS イヤリング¥1300/お世話や(Osewaya) バッグ¥12000/アンビリオン(ペルケ) 靴¥12800/グランデ(エンチャンテッド)


シンプルカジュアルは透け感で色気をプラス

足元に重さのあるワイドパンツは、揺れ&透けるガウンで軽やかに仕上げる。

ガウン¥14500/Noela ニット¥1990/UNIQLO パンツ¥3980/ViS イヤリング¥1600/お世話や(Osewaya) バッグ¥7800/& シュエットギャラリー 池袋サンシャインシティアルパ店 スニーカー¥7000/コンバースインフォメーションセンター


いつものデニムが見違える落ち着いたムードの花柄

夏の鉄板デニムコーデを、ブラウンの花柄で奥行きを出す。

ロングシャツ¥6980/EMODA ルミネエスト新宿店 ニットタンクトップ¥6800/リリー ブラウン デニムパンツ¥8900/ROYAL PARTY イヤリング¥1400/お世話や(Osewaya) バッグ¥16000/Jewelna Rose東急プラザ表参道原宿店 靴¥13000/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ)

2019年7月号掲載

▼ 関連記事もチェック!

人気ブランドをはじめ、SNSや感度の高いおしゃれプロたちが注目しているネオナチュラル。さらっとした着心地が魅力のリネンは、どこかに色っぽさを入れて脱・コンサバな着こなしに!
モデル/西野七瀬 岡本夏美 撮影/横山創大 ヘア&メイク/飯嶋恵太(mod’s hair) スタイリスト/松尾正美 web構成/篠有紀 web編成/ビーワークス
関連記事
  • "フューチャーロマンティック"を体現! ロサンゼルスを拠点に制作している雑誌『Flaunt Magazine』は創刊20年以上の歴史をもつ人気メディアのひとつ。そこでファッションディレクターを務めるムイハイはミラクルマイルと呼ばれるロサンゼルスの中心地でパートナーと暮らす。小柄な彼女の着こなしはトレンドアイテムに独自の遊び心をプラスし、コンプレックスをうまくカバー。ワードローブはジャックムスやマルニ、メゾン マルジェラから気鋭のブランドまでヨーロッパブランドが中心だ。「バイクショーツは仕立てのいいミュグレーのものが気に入っているわ。あと、夏の重ね着に使える薄手の長袖は今の気分"フューチャーロマンティック"スタイルに欠かせないアイテムね」。素材や着心地にこだわりつつ、「おしゃれを楽しんでいる人を見てワクワクするのが大好き」と言うだけあり、彼女のスタイルも見る人を楽しませる技が光る。 (右) ブラックのコーディネートは柄もので旬なムードをプラスミュグレーのバイクショーツにセシリー バンセンのボリュームトップスを合わせたお出かけスタイル。ASAIの柄トップスとメゾン マルジェラのバッグで上級テクを披露(中) 人気のシャツドレスもユーモラスに着こなすマルニの新作ワンピースを主役にしたリゾートスタイルはジャックムスのドラマティックなストローハットがポイント。白いワイドパンツとエアマックス 95で足もとにボリュームを(左) 同系色でミニマムコーディネートマリーン セルのムーン柄トップスにYプロジェクトのTシャツを重ね、ヴィンテージのパンツでシックに。セリーヌの白ブーツで色合いを統一 ヨーロッパ発の旬ブランドを中心にした、トレンド感あふれる夏小物(右)ジャックムスの定番ともいえるストローハットは夏のマストアイテム(右中)上はトーガ プルラ、下はファブリツィオ ヴィティ(左中)ロンドン発のダンスレンテのミニサイズバッグ(左)ハマっているというスポーツ用サングラスはオークリーやイレステーバのもの Q. "Crazy Fashionable"だと思う人は?A. アイリス・アプフェル Q. 今、情熱を注いでいることは?A. ダンスと水泳 Q. 好きなインスタアカウントは?A. @sealegacy PROFILEネバダ州出身の中国系アメリカ人。2009年よりアメリカのファッション&カルチャー誌『Flaunt Magazine』のファッションディレクターを務める。毎シーズン訪れるロンドンとミラノコレクションで、独自の着こなしがおしゃれと話題に。 >>Ye Young Kim【イエ・ヨン・キム】/ヴィジュアルディレクター&ファッションスタイリスト  
  • ハイ&ローを自在にミックス 「ファッションアイコンはヒョゴ。彼らと出会って、私のスタイルは一変したと思う」と話すのは、ニューヨークを拠点に活躍するスタイリストのイエ。世界中から今、熱い注目を浴びている韓国のインディーロックバンド、ヒョゴのスタイリングを手がけている。「ラグジュアリーブランドが中心だったけれど、彼ら、特にリーダーのオ・ヒョクの影響もあって、ストリートの要素を織り交ぜるようになった」。言葉通り、撮影日は得意のミックススタイルで実用的かつクールに。一方、オフの日は、淡い色みの儚げなガーリールックがこの夏の気分。ミラノ、ロンドン、ニューヨークと拠点を移してきた彼女は「常にユニークな着こなしがしたい」と言う。その街の雰囲気を体現しながら、そこにただなじむのではなく自分らしく。飄々とイメージを変え、涼しげにサマースタイルを満喫するのがイエ流だ。 (右) プラクティカルモードの撮影日ルックジル サンダーの白シャツとルメールのパンツには、ファニーパックを赤帯風に! パタゴニアのバッグと、サロモンの一足で颯爽と現場へ(中) サマーバカンスは「今夏注目のパステルミックス」ピーチピンクのヴィンテージガウンに、マリアム・ナッシアー・ザデーのライムグリーンサンダルでジューシーな色遊び。アーティスト、フミコ・イマノの巨大バッグは旅先でも大活躍(左) 休日は可憐なヴィンテージルックでリラックス「この夏に向けて購入したばかり」というコットンレースドレスを主役に、ヘアカーフのブーツを合わせノスタルジックなガーリールックに。潔くノーアクセの抜け感が新鮮 キーワードは透明感と実用性! 世界を飛び回るイエの必須夏アクセサリー(右)ベルトにも使えるマーティン・ローズのファニーパックを2色買い!(右中)「腕時計はメンズ派!」。ヴィンテージのオーデマ ピゲ ロイヤル オーク(左中)(左)ともにマリアム・ナッシアー・ザデー。PVCと独特の色みに惹かれた3足。ピアスは貝殻モチーフを収集中 Q. ファッションの目覚めはいつ?A. 高校を卒業し、初めてミュウミュウのコートを買った頃 Q. 今、注目しているものは?A. デイヴィッド・ホックニーのアート作品 PROFILE韓国出身。ミラノのマランゴーニ学院でファッションを学び、伊版『VOGUE ACCESSORY』、UK版『ELLE』などを経て独立。現在はNYを拠点に、カルチャー誌『DAZED&CONFUSED KOREA』や韓国のバンド、ヒョゴのスタイリングを手がける。 >>Tracey Cheng【トレイシー・チェン】/I.Tグループ ウィメンズウェア部門 バイスプレジデント  
  • 今アジアで最もモード魂がさく裂中とウワサの上海へ。そこはモードからリアルな制服まで、個性豊かな着こなしの宝庫だった!Lynn【リン】中国のファストファッションブランドURBAN REVIVOの別珍シャツに、ヴィンテージの羽織をミックス。オリエンタルなムードをドクターマーチンでストリートに転化。Lu【ルー】スタイリストのルーは、MissguidedのトップスにZARAのドレスとバッグというチープ&ガーリールックを、ヴィンテージの帽子でファンタジックにアレンジ。Sky【スカイ】fleamadonnaのパッチワークドレスを主役に据えた、スタイリストのスカイ。薄手のリブニットとロンシャンのバッグをオレンジで統一し、夏の日差しに映えるスタイルに。Shawn【ショーン】モデルのショーンはポロシャツにKADOLIのパイソンプリントシャツをレイヤード。ボーイッシュなデニムにレースアップブーツを合わせ、ジェンダーレスな雰囲気にまとめた。Carol【キャロル】PORTS 1961のドレスをネクタイでアレンジしたファッションエディターのキャロル。中国の若手デザイナーの筆頭、エンジェル チェンのブーツがエッジィさを際立たせている。Luu【リュウ】スタイリングアドバイザーのリュウ。ソウル発のLOW CLASSICのジャケットに上海発のLUCENCYのシャツを合わせた。足もとはNIKEとA-COLD-WALLのコラボスニーカー。Amanda【アマンダ】大学生のアマンダは、SELF MADEのシースルードレスからMONKIの水着を透けさせるテクニックを披露。クリアなブーティの特性を生かし、ソックスでも遊び心をプラスして。Army【アーミー】フェンディのコンバットブーツに合わせたのは、なんと警察官の兄に借りたというポリスジャケット! モデルのアーミーがまとえば、即座にモードなアウターに変身。Rox【ロックス】ファセッタズムの白シャツをバイクショーツとスニーカーでスポーティに着こなしたのは、広告ディレクターのロックス。ジル サンダーのバッグがモダンなムードを後押しする。 >>「モード愛はアジアが熱い! クレイジー・ファッショナブル・アジアンズ」TOPへ  
  • 今のムードはタイムレス 摩天楼が立ち並び、熱気あふれる香港。その中でも、若者が集うホット・スポットである香港島のコーズウェイベイエリアに、トレイシー・チェンは3歳になる娘のティルダとともに暮らしている。香港随一のセレクトショップ、I.Tグループでバイイングを統括するトレイシー。エッジのきいたファッションでストリートスナップの常連でもある彼女のファッション哲学とは? 「シーズン性の高いキャッチーなデザインは大好き。ファッションウィークでは、ぱっと目を引くようなスタイリングが信条です。ただ娘が生まれてから少しファッションに対する向き合い方も変わってきたかな。最近は、より長く大切にできるタイムレスなものに惹かれます」。ヨーロッパのメゾンブランドだけでなく、若手デザイナー発掘のため世界中を飛び回る彼女。「ロンドンはJW ANDERSONや、シモーネ ロシャなど普段から愛用しているブランドが多いので、毎シーズン楽しみ。最近気になっているのはジョージアのトビリシです。日本にも久しぶりに行きたいと思っています!」 (右) トーン・オン・トーンで強烈なインパクトを狙って目の覚める赤のスタイリングは、ファッションウィーク用。「N21のドレスやメゾン マルジェラのブーツなど、ブランドをミックスすることが重要」(中) エネルギッシュなネオンカラーをアクセントにトレイシー流オフィススタイル。スニーカーとマッチしたNIKEのソックスは「どんなスタイルにも自分らしさを演出してくれる」スタイリングの要(左) モノトーンでリゾートをモードにプラダの帽子とSENSI STUDIOのバッグを合わせたミニマルなリゾートルック。「タイの海辺でゆったり過ごす」ため足もとはコンフォートサンダルで パーソナルな思い出が詰まった、夏のエブリデイエッセンシャル(右)足もとはスニーカーが定番(中)ヴァレクストラのバッグは、シックなデザインが今の気分にぴったり(左)お気に入りの香水はシャネル。バーバリーのネックレスには、娘の名前のイニシャルチャームを組み合わせて Q. ファッションアイコンは?A. ティルダ・スウィントン Q. 注目のブランドは?A. A_Plan_Application Q. やめられない楽しみは?A. 買い物! PROFILE香港出身。2004年にI.Tに入社。現在ウィメンズウェア部門のマーチャンダイズ・バイスプレジデントとして、バイイングのディレクションを担当。感度の高い目利きのみならず、キャッチーなパーソナルスタイルでも注目度が高い。 >>クレイジーでファッショナブルな上海ストリートSNAP
  • ハチ上の部分にたっぷりとレイヤーを入れたパーマスタイル【FRONT】【SIDE】 【BACK】レイヤーを施すことで、トップがつぶれやすいロングでも頭の形を丸くきれいに見せたり、ふんわりボリュームを出しやすかったりとメリットは無数に。このレイヤーを生かすために、全体に2回転のパーマをプラス。強くかけなくても、Sカールの毛束がずれて重なることでふんわりとしたフォルムが生まれ、華やかさもサポート。流し前髪を合わせれば、小顔効果も期待できる。DATA量・少太さ・細硬さ・普クセ・無担当サロン「Cocoon」【Marisol2月号2019年掲載】撮影/青柳理都子 ヘア&メイク/林 由香里(ROI) メイク/イワタユイナ KOTO(A.K.A.) スタイリスト/田澤美香 取材・文/松井美千代ショートヘア一覧はこちら▶ボブヘア一覧はこちら▶ミディアムヘア一覧はこちら▶ロングヘア一覧はこちら▶☆マリソル 美女組さんも続々ヘアチェンジ!
  • すっきりと縦ラインをアピールする、ロングボトムにワンピやガウンを重ねる着こなしがブーム。ウエストを締めるのが細見えの秘訣。 優子テクなしで印象が締まる黒ワンピには涼感カラー投入 爽やかな水色をちら見せすることで、清涼感まで加わる仕組み。キャップとスニーカーでカジュアルに転ばせたら、サークルバッグで個性もプラス。 ワンピース¥5980/EMODA ルミネエスト新宿店 プリーツスカート¥5000/アダストリア(ローリーズファーム) ベルト¥790/GU キャップ¥4600/Kangol Headwear バッグ¥4900/セシルマクビー ルミネエスト新宿店 スニーカー¥5800/コンバースインフォメーションセンター ふみかスカートと小物の色統一で着こなしにリズムを注入♡ プリーツスカートとガチャベルトがセットになっているから、これだけで今っぽさもスタイルUPも簡単。小物は白とベージュでまとめて大人っぽく。 ベルトつきニットワンピース&プリーツスカート¥9500/MERCURYDUO イヤリング¥2130/CHIPPI&CUU バッグ¥5400/アンビリオン(カシュ カシュ) サンダル¥13000/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ) ■太めベルトを締めれば 膨張する危険を防止♡ 広がって見えやすい白もベルトの威力で着ぶくれとは無縁。小物の色を合わせることで、おしゃれ感も倍増。 カーディガン¥15000/Noela ワンピース¥8900/ビームス ウィメン 原宿(レイ ビームス) ベルト¥1900/セシルマクビー ルミネエスト新宿店 バッグ¥12000/COO(LAUGOA) サンダル¥6900/RANDA ■リブパンツのIラインが 脚の長さをプラス補正 +リブパンツでシンプルなカットソーワンピも途端に今っぽく。 ワンピース¥2490/イーハイフンワールドギャラリー ルミネエスト新宿 リブフレアパンツ¥5900/SPIRALGIRL ベルト¥990/GU イヤリング¥1300/お世話や(Osewaya) バッグ¥5900/UNRELISH サンダル¥13500/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ) ■腰位置高めですらっと。 +切りっぱデニムで旬顔に 華やぎワンピはデニムでカジュアルに転換。ワンピはバックレースアップでウエストの締め具合が調整可能。 ワンピース¥8900/SPIRALGIRL デニムパンツ¥11000/ココ ディール イヤリング¥2900/ヒロタ(31 Sons de mode) バッグ¥9990/エヴリス 新宿ルミネエスト店 サンダル¥14000/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ) モデル/新木優子 馬場ふみか 撮影/柴田フミコ ヘア&メイク/牧田健史 スタイリスト/松尾正美 構成・原文/道端舞子 web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス
  • トレンドのワークスタイルを取り入れるなら作業服・安全靴専門のコンセプトショップが穴場。今シーズンの気分に合う掘り出し物が驚きの価格で手に入る! WORKMAN ワークマン 全国に約840店舗を構えるワークマン。最近はカジュアルウェアやスポーツウェアも豊富にラインナップしており、デイリーに取り入れたくなるアイテムも多数揃う。 ベルト 各¥258/ワークマン鮮やかな色のベルトは、スタイリングのフックに。財布にやさしい価格なため、カラーバリエーションを揃えて購入するのもおすすめ。ガーデンブーツ¥1,389/ワークマン超軽量がうれしい。ライムグリーンで雨でも楽しい気分に。ベスト¥3,612/ワークマンモードの表舞台に登場したフィッシングベストは、ワンピースなどのフェミニンなウェアとも好相性。多数のポケットは手ぶらでの外出を可能に。つなぎ¥5,371/ワークマンブリーチ加工でヴィンテージの風合いをプラスしたデニムのジャンプスーツ。生地はしなやかで、着心地も配慮されている。MANNENYA 萬年屋 イエローの外観が西新宿でひときわ異彩を放っている萬年屋。動きやすくデザイン性も高い作業用の商品の数々が、今ファッション界から熱視線を浴びている。 つなぎ¥2,898/萬年屋モード界を席巻している作業用のジャンプスーツ。フロントはジップ、袖口は面ファスナーと、着脱しやすい。カラーバリエーションも豊富。レインコート¥5,167/萬年屋ニュアンスのあるパープルカラー。ウエストにドローストリングが備わっていたり、フードが取りはずしできたりと機能性も申し分ない。靴下 各¥796/萬年屋ソックス専門店でもなかなか見つけられない、足袋状のソックスがここにはある! 発色もよく多彩な色が揃っているのもうれしい。サロペット¥10,713/萬年屋ストラップのプラスチックバックルがスポーティ。 >商品のお問い合わせ先と電話番号はこちら >>05|まだまだある! 萬年屋のアフォーダブルなモードアイテム
  • 良心価格でトレンド感満載のワークウェアやグッズが手に入る、作業服・安全靴専門のコンセプトショップ萬年屋。SPUR8月号の企画「アンダー5万円の『幸せモード』」で掲載したアイテム以外にも、探せば探すほど掘り出し物がどんどん見つかる! ということで、本誌に載り切らなかった“買って損なし”の逸品を、ここで一挙ご紹介。Tシャツ 各¥777/萬年屋胸ポケット付きのベーシックなTシャツは、着まわしのきく優れもの。ワードローブにカラーバリエーションで揃えたい。ジャンプスーツ¥2,898/萬年屋ロマンティックなピンクがフェミニンなムードをプラス。腰に動きやすいアコーディオンプリーツが施されていたり、吸汗性が抜群だったりと機能面も充実している。ブルゾン¥2,759/萬年屋スタイリングにスポーツのムードを加えてくれる。フードはジップ付きの襟に収納することも可能。ライニングのネオンカラーがアクセントに。靴下〈3足セット〉¥463/萬年屋スタイリングの差し色にも使える靴下が、3足セットで¥500以下という驚きの価格。それでいてしっかりとした肉厚な生地感なのが嬉しい。サコッシュ¥1,111/萬年屋薄手で軽いサコッシュは、レジャーやフェスにもうってつけ。ストラップは取り外し可能なため、ポーチやインナーバックとして活用しても。スニーカー¥9,713/萬年屋ボリュームのあるフォルムはスタイリングのアクセントに。しっかりと足を包み込むハイカットタイプで、歩きやすさも兼ね備える。バックパック¥1,204/萬年屋マチがしっかりあり、A4ファイルなども入るサイズが便利。フロントのジップを開けるとペンポケットや鍵などをつけられるフックが設置されている。Tシャツ¥3,000/萬年屋グラフィックが大胆に配された萬年屋のロゴTシャツ。店舗のビルに描かれている亀とうさぎのプリントが目をひくインパクトのある1枚。サロペット¥3,407/萬年屋これ1枚でトレンドのワークスタイルが叶うサロペット。手ぶらで出掛けられるほど、様々な大きさのポケットが多数あしらわれている。キャップ¥1,389/萬年屋デニム生地にウォッシュ加工が施されており、程よいヴィンテージ感が漂う。しなやかな肌触りで、頭にフィットする。 【問い合わせ先】萬年屋 03-3373-1114https://www.mannen-ya.co.jp >>「ショッピングの夢が広がる!アンダー5万円の『幸せモード』 PART2」TOPへ
関連キーワード

RECOMMEND