食事で、会話で…大事なときにリップが落ちる問題はコレで解決!

non-no Web

うるおいは大事。でも、リップクリームをたっぷり塗ってしまうと後から使うリップが滑ってしまい、色が定着しにくくなる! 保湿効果が高く発色もいいバームタイプのリップを塗った後、会話や飲食で落ちてきやすい唇の内側をマットリップで強化するのが正解♡

この2アイテムで落とさない!

A キャンメイク メルティールミナスルージュ 01

¥800/井田ラボラトリーズ

保湿力の高いワセリン入りのとろけるリップ。グロッシーなツヤのある発色をキープ。


B レトロ マット リキッド リップカラー ファッション レガシー

¥3700/M・A・C

マットな質感ながら、ボリューム感のある色っぽ唇に。

絶対落ちないリップのプロセス

スライド▶

1/6

2/6

3/6

4/6

5/6

6/6

① 内側へ向けてバームリップじか塗り


フェイスパウダーで軽く口角回りを押さえてから、Aを口角から中央へと、上下の唇ともにじか塗りする。




② ティッシュオフ後、重ね塗り


唇表面のテカテカした部分だけをティッシュで軽く押さえ、必要のない油分をオフ。その後、もう一度1のようにAを重ね塗りし、指でトントンなじませる。




③ マットリップを内側にON


つけすぎないよう量を調整してから、色が落ちやすい下唇の内側にBを重ねる。




③ ヘッドをしごき、量を調整




④ 「ん~」の口で上下になじませ


唇を固く閉じて「ん~」→「パッ」の動きでなじませて。これで、上下の唇の内側にマットリップが広がる。




⑤ 指で境目を整え、グラデ完成


Aのバームリップと重ねたBのマットリップの境目を指でトントンなじませて、自然なグラデーションに。




お直しテク

  • <p><span style="font-size; 18px;"><strong>マットリップを内側だけ塗り直し!</strong></span></p>
<p><span style="font-size; 16px;">食後は、唇の内側だけが薄くなっていることが多々……。そんな時は<strong>B</strong>で色落ちした部分のみ塗り足せばOK。</span></p>

    マットリップを内側だけ塗り直し!

    食後は、唇の内側だけが薄くなっていることが多々……。そんな時はBで色落ちした部分のみ塗り足せばOK。

  • <p><span style="font-size; 18px;"><strong>バームリップ塗り直しで写真映えキープ!</strong></span></p>
<p><span style="font-size; 16px;">食事の場ではSNS用に写真を撮る機会も多い! 食べる直前に<strong>A</strong>を全体に塗り重ねておき、発色の補強をしておいて。</span></p>

    バームリップ塗り直しで写真映えキープ!

    食事の場ではSNS用に写真を撮る機会も多い! 食べる直前にAを全体に塗り重ねておき、発色の補強をしておいて。

「落ちない」強化アイテム

唇を"染める"ティントリップ

左 オペラ リップティント N 01 レッド

¥1500/イミュ(5月24日発売)


中 ヴィセ リシェ マイレッド ルージュ 103

¥1500(編集部調べ)/コーセー


セザンヌ カラーティント リップ CT1

¥600/セザンヌ化粧品


時短で落ちないメイクを仕上げたい時や、お直しが面倒な時はティントリップの活用を。夜のオフ時はクレンジングで丁寧に落とすこと!

膜を作るリップコート

リップ ジェルマジック

¥1500(編集部調べ)/コーセーコスメニエンス

上で紹介したプロセスをさらに強化したい、もしくは違うタイプのリップを使いたい場合は、重ねるだけで唇をコーティングできるトップコートが便利!

2019年7月号掲載

▼ 関連記事もチェック!

暖かな春をふわりと飛び越えて、ひと足先に 初夏のフレーバーが香るメイクを、優愛と一緒に楽しんでみない? 憂鬱な梅雨の時期だって、毎日がきっとハッピーになる♡
ノンノで人気のメイクを発信し続けるH&M河嶋希さん。盛りたいポイントを厳選してメリハリをつけ、時間をかけずに可愛くなれる――。女の子なら誰もが知りたいそのテクを、特別に教えてもらいました♡
モデル/貴島明日香 撮影/岩谷優一(vale.・モデル) 細谷悠美(物) ヘア&メイク/George スタイリスト/中村美保 構成・原文/松井美千代 web構成/篠有紀 web編成/レ・キャトル
関連記事
  • こんにちは、桃子です 今日は短めのブログを、、、 サムネにも書いたのですが、実は最近いつも使っていたブラウン系アイシャドウパレットが粉砕 そこでずっと使っていなかったピンク系アイシャドウを使い出したらなんだか好評!?だったのでブログ書きたくなりました(笑) こんな感じ(眉間のニキビ全力隠し。)iPhoneXSのノーマルカメラ画質良すぎて怖い どうですか、ピンキー 使っているのはプチプラコスメ、キャンメイク様様。 パーフェクトスタイリストアイズ14番です。 アイシャドウパレットが割れてなかったらきっと挑戦していなかったピンク系メイク これから夏だし目元から色取り入れていこうかなーと思った今日でした、おしまい!学校が編集部の真横なので友達とのエモ写に写り込んだしまった 最後まで読んでくださり、ありがとうございます☕️InstagramTwitterカワイイ選抜 No.75 能城桃子のブログ
  • 夏休みがやってくる! ところで、バッグはどうする?もうすぐ6月も終わり。ってことは……待ちに待った夏が来る!! 旅行にフェスに、海、プール、楽しみなイベントはもちろん、休日にただ街を歩くだけでも気分は上がっちゃう。そんなマインドを写した“浮かれバッグ”、集めてみましたよ♡大人が持ってこそ可愛い♡ 浮かれバッグ8選!『サラ マリカ』のビーズ巾着バッグ 日本人女性デザイナーが手がける『サラ マリカ』は、世界中を旅しながらさまざまなカルチャーをミックスしたような、表情豊かな刺しゅうやプリントが魅力。色使いも印象的なビーズ刺しゅうの巾着バッグは、ほかのアクセなんていらないくらいこれだけで絵になっちゃう♡  (右・22×23×13)¥15000・(中・25×26.5)¥15000・(左・19.5×20)¥18000/ブランドニュース(サラ マリカ) 『メゾン ボワネ』のフリンジバッグ パリの老舗ベルトブランドはバッグも素敵って知ってた? 上質なレザーを使ったカジュアル感は、なんて大人でなんて贅沢。 (16×13×8)¥46000/ノーリーズ&グッドマン銀座店(メゾン ボワネ) 『トラス』のマルチカラーメッシュバッグ メッシュ素材が特徴的なN.Y.ブランド『トラス』のバッグはすべてメキシコ生産。洗練されつつどこかエスニックで明るいムードがおしゃれ。 (17×21×5)¥27000(予定価格)/ビショップ(トラス) 『アエタ』のウエストポーチ ミニマムなデザインだから今の気分にも似合うウエストポーチは『アエタ』の大人気アイテム。スマホとリップだけ入れて、軽やかに出かけたい。 (12.5×20×2/外1)¥32000/アルファ PR(アエタ)『フェーミー』のラフィアバッグ ラフィア素材のクラッチをウッドパーツを並べたネットバッグにすぽんと入れたような。“休日限定感”たっぷりのユニークなデザイン。 (18×24×6/内1)¥15000/TOMORROWLAND(フェーミー) 『ビリティス・ディセッタン』の2Wayマクラメトート マクラメのトートとクリアバッグがセットになった、中に入れるものも可愛くしたくなるようなデザイン。旅や海にも最高に似合いそう。 (38×32)¥9000/ビリティス(ビリティス・ディセッタン) 『マルシェ』のアバカトート トート型のかごバッグって意外と新鮮。アバカやハンドルのウッド。天然素材の質感が夏にぴったりで、A3サイズも入る大きさなのに軽やかなのも魅力。 (42×47)¥16000/フラッパーズ(マルシェ) 『ハリン×ナノ・ユニバース』のクロシェトート レースのような繊細な編み柄は、カジュアルを愛するレディのためのもの。安心感あるインバッグつき。 (33×40×15)¥12000/ナノ・ユニバース カスタマーサービス(ハリン×ナノ・ユニバース) ♡7月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/坂田幸一 スタイリスト/辻村真理 撮影協力/アワビーズ EASE NY TITLES
  • 顔立ちが端正な分、クールに見られがちな猫顔さん。猫顔代表のバイラーズは、やさしい雰囲気に見せるためにアイメイクは控えているのだそう。そんな猫顔さんでもソフトカラーとちょっとしたコツで顔圧をゆるめることが可能なんです。スーパーバイラーズ 桐梨菜さん「やさしい雰囲気に見せたくて、アイメイクはあまりせずマツエクのみに。バランスをとるためにリップは赤が多いかな」【BEFORE】チェンジ1.【EYE】1ピンクニュアンスをたたえたヌードベージュ系。イプノ パレット01 ¥6800/ランコム(7月5日発売) 2やさしげな眉に仕上がるカッパーブラウン。インディケイトアイブロウパウダー 06 ¥3500/セルヴォーク 3ブラウンのボリュームマスカラで、軽やかなインパクトを演出。マスカラ ディオールショウ パンプ&ボリューム 695¥4200/パルファン・クリスチャン・ディオール(6月14日発売)ぼさ眉&タレ目風でやわらかにアイシャドウは1aのゴールドをアイホール全体に塗り、bのブラウンを上まぶたの目頭と下まぶたの目じりに塗ってタレ目風に。眉は2のソフトカラーでふわふわに。下まぶたの目じり2分の1にマスカラ3をオンチェンジ2.【CHEEK】ピーチカラーのハイライター&ライトベージュのブロンザーで、自然な陰影を引き立てて。デュオ ブロンズエ ルミエール クレール  ¥7700/シャネル(限定品)頰はほのかな陰影を足せば充分パーツの印象が強いので、チークは引き算。aのハイライターを頰骨の上に楕円形になじませ、頰骨の下をなぞるようにbをぼかし、ナチュラルな陰影をチェンジ3.【LIP】単なるナチュラルに甘んじない、モードな光沢をたたえたニュートラルな大人ピンクでライトな印象に。NARSリップグロス N 5955 ¥3100/ナーズ ジャパンコーラルピンクのグロスで引き算リップは、ペンシルタイプのマットなコーラルレッドをセレクト。リップラインに沿って塗ることで、キュッと引き締まった口角が強調され、意志的な表情に【AFTER】さりげなくタレ目風&ニュートラルリップでやさしげに「目じりを強調するタレ目メイクは挑戦したことがあったけど、目頭の上を濃くするワザは盲点でした。淡いグロスの引き算も新鮮!」イヤリング¥2900/サンポークリエイト(mimi33)シャツ/スタイリスト私物撮影/川原 歩(スーパーバイラーズ)、富田 恵(物) ヘア&メイク/河嶋 希〈io〉 スタイリスト/辻村真理 モデル/桐梨菜(スーパーバイラーズ) 取材・原文/長田杏奈 ※BAILA2019年7月号掲載
  • こんにちは、さりです ❤️最近、CANMAKEのステイオンバームルージュをGETしました 私はNo.02のスマイリーガーベラというカラーのものを使っています✨(明るめなオレンジ色です )発色がいいのに、全く乾燥しなくて、ツヤ感も出るので、かなり気に入っています 口紅というよりはリップクリーム感が強く、塗り直しをする回数は少し多めですが、塗る度に潤い、唇がぷるぷるになるので苦ではないです◎色持ちを良くしたい時は下地として利用するのがおすすめです✊ ¥580という低価格で購入でき、カラーバリエーションも豊富なので、1本は持っておくといいかもしれません 松倉彩理カワイイ選抜 No.80 松倉彩理のブログ
  • SPUR本誌隔月連載「フモフモ編集長のフィギュ活」にて、全力のフィギュアスケート観戦&応援活動をつづっているスポーツブロガーのフモフモ編集長。このたび、“フィギュ活”の舞台は雪肌精のスペシャルイベントへ! 日ごろより彼が愛を叫んでやまない羽生結弦選手のトークショーという内容、絶叫か失神かという究極の精神状態を乗り越えて、彼がつぶさにその模様をレポートします! フモフモ編集長によるイベントレポート! SPURにて「フモフモ編集長のフィギュ活」を連載させていただいているフモフモ編集長と申します。普段はブログ「スポーツ見るもの語る者~フモフモコラム」にてさまざまなスポーツについてのコラムをつづっておりますが、誌面でコラムを書かせていただく機会を得ることができ、さらには貴重なイベントの取材に参加することとなりました。今回はそのレポートをこちらでさせていただきます。 おうかがいしたのはフィギュアスケーター・羽生結弦さんのトークショー「Yuzuru Hanyu meets SEKKISEI PREMIUM TALK SHOW」。かねてより日本のスケート競技の発展を支援されてきた株式会社コーセーさんによるイベントで、同社のブランド「雪肌精」のアンバサダーに羽生選手が就任したという縁があって開催されたものです。ファンとしての個人的感情を頑張って抑えつつ、羽生結弦×雪肌精のつながりの深さ、「愛」をお伝えするレポートとなれば幸いです。会場では羽生選手の写真がお出迎え。会場にはSPURなどのファッション誌・女性誌の取材陣に加え、アジア各地域へ発信する個人メディアとして「インフルエンサー」のみなさんも参加されています。雪肌精は日本だけではなく世界18の国と地域で販売されており、今後もさらに世界へと広げていきたいとのことで、まさにグローバルな会となっているもよう。コーセーさんからも「世界で活躍していく雪肌精」「雪肌精を通じて得られるワクワクするような気持ちを伝えたい」といったメッセージが発信され、改めて羽生選手がアンバサダーに起用された理由というものも強く感じさせます。 インフルエンサーのみなさんは雪肌精のブランドカラーに合わせた鮮やかなブルーのファッションに身を包み、それぞれが笑顔と活力にあふれています。バラの花で飾りつけられたステージは、さながらフィギュアスケートで採点を待つキス&クライのよう。雪肌精のロゴをあしらったスケート靴なども装飾品として展示されており、ソファーに座って写真を撮影したり、SNSを更新したりと早速の大盛況。会場全体が華やかさでいっぱいです。キス&クライっぽい素敵フォトスポット。一方SPUR取材班はというと、「片手でインスタライブ用のスマホを持ちながら、もう片手でツイッターの更新をするのはよく考えたら無理では……?」と絶望する担当編集氏と、華やかな世界に入り込んだ自分の場違いさで小刻みに震えている僕という、かなり頼りない陣容。「私が倒れたらインスタライブのカメラを代わりに持っててください」「その前に僕が失神してそうだから無理です」という押し問答も展開されます。最後までやり切れるのか、早くも心配です。 しかし、その心配も緊張も不安も、羽生選手が登場した瞬間にすべてが吹き飛ばされていきます。というか意識ごと吹き飛ばされてしまい、のちの参加者トークでは「記憶がない」というフレーズがアチコチから聞こえてきたほど。競技会よりもはるかに近い、わずか5メートルほどの距離に登場した羽生選手は比喩ではなくキラキラと発光し、「オーラ」的なものを放っています。ブルーグレーのスーツとブルーのネクタイ、それに合わせた黒い靴はそれぞれうっすらと光沢を帯び、羽生選手の瞳は絶え間なく輝いています。改めて見ると、羽生選手は瞬きの回数がとても少なく、会場のひとりひとり、カメラのひとつひとつ、そしてトークに加わる人々それぞれの目を絶え間なく見つめています。その目に映るライトが跳ね返って輝くさまは、漫画の表現にある瞳の中の星のよう。 そして、雪肌精のキャッチコピーにもある肌の「透明感」は、まさに雪のようです。写真や映像というフィルターを通して見るよりも、肉眼で凝視したときの驚きは遥かに上。頬も、耳も、首も、真っさらな雪原のようで「本当にこんな感じだったんだ…」と二度見・三度見・四度見・五度見せずにはいられません。「透明ッ!!」「ウソでしょ……?」「やっぱ透明ッ!!」と再確認の連続です。日本の空にオーロラでも出たら、こんな感じで五度見くらいするのかもしれない。「雪肌精の『雪』『精』という名前にすごく親近感を抱いていた」という羽生選手。ウィンタースポーツであるスケートと「雪」とのつながり、キャラクターを演じるものでもあるスケートと「精(精霊)」のつながりを感じていることを明かします。自身に重なるような「名前」がスタート地点となり、グローバルに展開していく挑戦の姿勢にインスパイアされたことや、さまざまな社会活動に取り組む姿勢への共感がアンバサダー就任への理由になったと語る羽生選手。このあたりは日ごろから「言霊」を意識し、言葉によって自身の運命を切り開いてきた羽生選手らしい感覚だなと感じさせます。確かに「中国語で雪肌精と書くスポーツは?」なんてクイズでもあったら、「フィギュアスケートかな?」って感じがしますからね。 さて、今回のトークショーで個人的に気になっていたのは、羽生選手と雪肌精の実生活でのつながりでした。これまで羽生選手がCM等に起用されてきた商品は「チョコレート、ガム⇒好きで食べている」「寝具⇒気持ちよく寝ている」「調味料等⇒ご飯はアスリートの活力」といった具合に実生活が想像しやすいものでした。しかし、雪肌精というのは化粧水や乳液などがメインとなるブランドですので、いまひとつどんな形で使用しているのかが想像できなかったのです。先日のアイスショーで羽生選手が青いボトルの何かを飲んでいる姿を見て「雪肌精を飲んでる説」というのが広まっていましたが(違うとわかって言ってる冗談ですよ!)、それぐらい謎めいて思えたのです。 その謎について、まず羽生選手は「スケートをやると(汗で)水分が出ていくし、顔が火照ってしまう」という悩みを「雪肌精を冷やして使うと清涼感があったり、引き締まった感じが得られる」「雪肌精という名前も清涼感を感じやすい」と、雪肌精で清涼感を得ていることを語ってくれました。羽生氏が冷やして使っている化粧水がこちら、薬用 雪肌精[医薬部外品] 200mL¥5,000 360mL¥7,500「インフルエンサー」やメディアがタッチ&トライする様子をやさしいまなざしで見守る羽生選手。さらに「雪肌精独特のいい香り」をとても気に入っていると語った羽生選手。「実は僕がそうなんですけれど、ローズの甘い香りが苦手という方もいる」と明かしつつ、雪肌精についてはそういう感覚がないと語ります。「雪肌精の香りはローズとジャスミン、そこに複数の天然香料を配合している」と製品情報を紹介するコーセーさんも、「やっぱりジャスミン入れてよかった!」とガッツポーズしたのではないでしょうか。そうした製品説明を「うんうん」「なるほど」といった表情でうなずきながら聞く羽生選手は、一層製品への理解や愛着を深めている様子です。 実は僕自身もその香りの説明に「なるほどー」とうなずいていた男性のひとりでした。化粧水や乳液は正直なところ使用していないのですが、羽生選手が雪肌精アンバサダーに就任した機会に「なにか自分でも雪肌精を使ってみよう」と思い立ったとき、自分でも使えそうだなと思って買った日焼け止めがものすごくいい香りだったのです。スッキリとして嫌味がなく、さわやかに抜けていく清涼感ある香り。 そのため、このトークショーが始まる直前、僕は上半身に雪肌精の日焼け止めを大量に塗っていました。当日の会場付近は若干の雨模様で日焼け止めは不要だったのですが、「もし羽生選手に近づいたときにヘンな匂いをさせていたら生涯の禍根だから、雪肌精の香りで我が身を包み込んでおこう」と香水のような使い方をしていた次第。「塗っといてよかった!」「この香りがお気に入り確定!」「ローズとジャスミンだったのかー!(※知らずに塗ってた)」と、密かにガッツポーズです! まぁもっともコーセーさんからは「まず雪肌精の石けんで匂いを落としましょうか」って言われそうですが。自身の経験を踏まえた言葉で商品にしっかりアプローチ。その後も羽生選手は、一見遠そうな自身と雪肌精とのつながりをいろいろな角度で紹介していきます。 イベント出演の際などには「ちゃんとしなきゃな」という意識で、すっぴんの肌からの美しさを整えているというトーク。スケートではジャンプ、ステップ、スピンといった要素のバランスが大事だという自身の哲学と、「雪肌精の和漢の配合のバランスのよさ」を重ね合わせるトーク。自身がオンとオフを切り替えるきっかけになるもののひとつとして「記憶」を挙げ、「悔しい記憶を思い出すとオンになる」「よかった記憶を思い出すと落ち着いていく」といった事例を紹介したトークでは、香りが記憶を補強するという知見に触れ、そういった面でも雪肌精の香りが役立つと羽生選手は語りました。 さらに、メディアとの質疑応答の際に羽生選手は「フィギュアスケートは僕にとっての言語」「身体を使ってスケートと一緒に表現するということは、どの解釈をしたとしても、言語に関係なく伝わると思う」「(肌という)目に見えるものも言語に関係なく伝わる」と語り、自身がスケートを通じて世界に発信していくことと、雪肌精の効能とのシナジーについて触れていました。  単にスキンケアという意味だけではなく、さまざまな実生活の局面で雪肌精のことを意識し活用しているんだなぁということが伝わってくるトークたちは、言われればなるほどと思いますが、化粧水は化粧する人のものとばかり思っていた僕には驚きと発見の連続でした。「めちゃめちゃ活用してるやん……」「めちゃめちゃ詳しいやん……」「めちゃめちゃアンバサダーやん……」と。雪肌精を持つ羽生アンバサダー。トークショーの終わり、羽生選手は一段とクシュッとした笑顔で、スキンケアに勤しむ人たちに向けた「(あなたの使うスキンケア製品の)そのなかに雪肌精を入れてください!」という会心の営業と、中国の百貨店で展開中だという「雪肌精購入で羽生選手グッズが当たるキャンペーン」情報にかぶせる形で「ぜひ僕のグッズをゲットしてください! 頑張って!」という会心の販促を繰り出していました。 それは単なるCM仕事ということではなく、自身を支えるパートナーである企業との「共同作業」だったのかなと思うような熱の込めようでした。見られること、見せること、人前に立つこと、そのときの見栄えというのも、羽生選手にとっては欠かせない要素のひとつです。スケーターとしてはもちろんですし、社会に影響を与えていく立場の存在としてもそうです。登壇者やゲストのひとりひとりをしっかり見ながらトーク。コーセーさんや雪肌精というものは、ジャンプやスピンに直接効能があるタイプの支えではないかもしれませんが、やはり「羽生結弦」という存在を作るための欠かせないピースなのだなということを、有能なるアンバサダーの姿を見て僕は感じていました。羽生選手自身がほれ込み、ともに世界に行こうじゃないかと思えばこそ、次々に雪肌精情報も飛び出すし、会心の販促も繰り出したのでしょう。演技に対して全力である姿勢そのままに、羽生選手は雪肌精アンバサダーに対してもやはり全力なのです。  コーチがいる、振付師がいる、トレーナーがいる。  衣装さんがいる、音響さんがいる、照明さんがいる。  そういったたくさんの「羽生結弦スタッフロール」のなかに、雪肌精もいるのです。  インフルエンサーや取材陣に「お土産の雪肌精」を手渡しながらメディアごとのオフィシャル撮影を行なった際には、高いヒールを履いたインフルエンサーの方たちの隣で「ヒールが欲しい!」と言いながらちょっと背伸びしていた羽生選手。オフィシャル撮影用に手にした雪肌精のキャラクター「SETSUKO」の人形をモフモフしたり、高速スピンさせたり、「おめめぱっちりんこ」のポーズをさせたりして、楽しく遊んでいた羽生選手。退場の際にはジャンピング台降りから、ひときわ深いおじぎで去っていった羽生選手。その姿のひとつひとつが、パートナーへの「愛」を感じさせるものでした。羽生選手自身もこの場を楽しみ、一生懸命でした。「SETSUKO」におめめぱっちりんこポーズをさせる羽生アンバサダー。それはパートナーであるコーセーさんにとってはもちろん嬉しい姿でしょうし、取材者としても「サービスがいっぱいあるなぁ」という喜びでしたし、ファンの視点としても改めて羽生選手への信頼が深まるような姿でありトークショーでした。心に愛があるからこそのアンバサダー・羽生結弦なのだと改めて感じることができたのですから。 SPUR編集部としてもひとついただいた「お土産の雪肌精」には、羽生選手の直筆サインが添えられていました。「お前が使ってもどうにもならないだろ……」というご意見の存在は重々承知ですが、僕が編集部に代わって使用させていただこうと思います。この日の記憶が少しでも深く脳に定着するように、この香りが何度でもこの日の記憶を蘇らせる助けとなるように。羽生アンバサダーから教えてもらった、スキンケアにとどまらない、さまざまな雪肌精の活用法のひとつを早速使いこなしながら。サイン入り雪肌精!極めて貴重な雪肌精クリアファイル!編集部から返せと言われても、絶対に返さないつもりです。以上でイベントのメインレポートは一区切りとさせていただきますが、編集部にも相談しつつ7月23日発売予定のSPUR9月号にて完全に個人的な視点からのレポートを「フモフモ編集長のフィギュ活」番外編としてやらせていただければと思っております。羽生選手からもらった宝物のような言葉と、特別な笑顔をしっかりと残しておきたいと思います。ご興味あれば一読ください。もしも載ってなかったら「個人的すぎて消されたんだろうなぁ」と思ってくださいませ! >>#羽生結弦 選手が美について語る #雪肌精 のスペシャルイベントをレポートします! 【プロフィール】フモフモ編集長●都内在住、男性。ぬいぐるみが本体と自称するスポーツブロガー。人気ブログ「スポーツ見るもの語る者~フモフモコラム」で知られる。日々観戦するスポーツや競技者への愛とユーモア溢れる語りに多くのファンを持つ。 スポーツ見るもの語る者~フモフモコラム http://blog.livedoor.jp/vitaminw/■イベント当日の模様はこちらから
  • きちんとメイクして出かけたのに、駅に着いたころには流れる汗でアイメイクもドロドロ……。そんな夏のメイク落ちから私たちを救うアイテムがジバンシイから登場する。 パルファム ジバンシイ オンブル・アンテルディ 全6色 各¥3,800(2019年7月5日発売) 「オンブル・アンテルディ」は、4月に発売されたリップ「アンクル・アンテルディ」同様、これまた耐久性にすぐれたリキッド アイシャドウ。スルッとのびる軽いテクスチャーが、まぶたにピタッと寄り添って瞬時に定着。汗や涙にも強いウォーターレジスタント処方で、崩れやヨレとは無縁の鮮やかな色づきを24時間キープする。使いやすいヌードカラーを揃えた6色は、どれもほのかなくすみ感があって肌なじみ抜群。メタリック系とマット系の2つの質感があるので、仕上がりの好みでチョイスして。パルファム ジバンシイ オンブル・アンテルディ(左から)No.01、No.04、No.05、No.06 各¥3,800(2019年7月5日発売) マザー・オブ・パールをたっぷり配合したメタリック・シェードは、目元に透明感を与えるNo.01 ピンク・クオーツ、肌なじみのいいNo.04 ゴールド・スピリット、カーキがかったNo.05 アウトライン・ブロンズ、モード感を醸せるNo.06シルバー・ブルーの全4色。 パルファム ジバンシイ オンブル・アンテルディ(左から)No.02、No.03 各¥3,800(2019年7月5日発売) 一方、目元印象を際立たせるマット・シェードは、モーヴ系ブラウンのNo.02 グラフィック・ヌード、奥行きのある目元になれるNo.03 ヴィンテージ・ブラウンの2色展開。どの色も薄く伸ばしたり重ねたりと、濃淡のコントロールがつけやすいので、ナチュラルメイクからインパクト系まで、これ1本あれば、さまざまなシーンに対応できる。 こすってもびくともしないのがウリなだけあって、フィット感の高さは驚くほど。夏の暑さをものともせずに涼しい目元をキープしたいなら、ぜひ手に取って。 パルファム ジバンシイhttps://www.givenchybeauty.com/jp03-3264-3941 text:Tomomi Suzuki >>ビューティニュース ⇩オンブル・アンテルディの全カラーラインナップはここからチェック!
  • \洗練血色が今は旬/ チーク大賞 | ポイントメイク部門ポール & ジョー ジェル ブラッシュ 05 水系成分約80%のジェルチーク。 ¥3000/ポール & ジョー ボーテ みずみずしく可憐なナチュラル血色♡ぷるんとした不思議な質感のガーネットレッド。みずみずしい発色が大好きです。肌につけると絶妙に程よく色づくから、濃い色リップを塗った日にもバランスよく頬に血色を足せて優秀(Georgeさん)。 ワンピース¥3694/ベルシュカ・ジャパン カスタマーサービス ヘアピン¥1200/アダストリア(ミィパーセント)ジルスチュアート ブレンドブラッシュ ブロッサム 03 コーラルとピンクの鉄板コンビ。 ¥4500/ジルスチュアート ビューティ 好かれ顔にもモテ顔にも!本格的なブラシつきで自然に仕上がり、誰でもチーク上手になれる! 03番なら先輩ウケOKの好かれ顔も、男子モテ顔も叶うはず(小川さん)。 セルヴォーク カムフィー スティック ブラッシュ 03 抜け感のあるハーフマット質感。 ¥3500/セルヴォーク どんなカラーアイにもマッチさらさらとなじみ、重ねても厚塗りにならない。どんなカラーアイメイクの時にもしっくりきて大活躍したブラウンは、これからカラーアイメイクに挑戦する方に全力でオススメ! (吉﨑さん)。 〈20歳のカワイイを知り尽くした最強審査員!(五十音順)〉 ●美容ライター 浦安真利子さん ●美容エディター 小川由紀子さん ●ヘア&メイク 河嶋希さん(io) ●ヘア&メイク 北原果さん ●ヘア&メイク KUBOKIさん(Three PEACE) ●ヘア&メイク Georgeさん ●美容ライター 通山奈津子さん ●ヘア&メイク 中山友恵さん(Three PEACE) ●ヘア&メイク 野口由佳さん(ROI) ●ヘア&メイク paku☆chanさん(Three PEACE) ●ヘア&メイク 林由香里さん(ROI) ●美容ライター 松井美千代さん ●トータルビューティアドバイザー 水井真理子さん ●美容エディター 森山和子さん ●美容コーディネーター 弓気田みずほさん ●ヘア&メイク 吉﨑沙世子さん(io) ●non-no美容担当 編集K・編集H モデル/多屋来夢 撮影/神戸健太郎(モデル) 橋口恵佑(物) ヘア&メイク/河嶋希(io) スタイリスト/石田綾 構成・原文/通山奈津子 web構成/轟木愛美 web編成/レ・キャトル 撮影協力/UTUWA
  • \繊細まつげを追求!/ マスカラ大賞 | ポイントメイク部門ファシオ パワフルフィルム マスカラ(ロング) BK001 お湯オフ可能。 ¥1200/コーセーコスメニエンス フィルムタイプで驚愕のカール力たとえ湿気の多い日でもシュッとしたカールが持続。ようやく見つけた逸品です! 技ありのブラシで、ダマを作らず存在感のあるまつげに(弓気田さん)。 T シャツ¥8000/HONEY MI HONEY ピアス¥1203/H&M カスタマーサービス\メイクしたての目力をキープ/ 落ちにくいアイライナー大賞 | ポイントメイク部門キャンメイク クリーミー タッチライナー 03 ダークブラウンで自然にデカ目。 ¥650/井田ラボラトリーズ 1mm単位の調整も余裕♡全然落ちない上に描き心地が柔らかく、"ここをあと1mm" みたいな調整が不器用でも叶うジェルライナー(浦安さん)。 ケイト スーパーシャープライナーEX2.0 BK-1 ¥1200(編集部調べ)/カネボウ化粧品 くっきり濃密ブラックかなり繊細なラインが描け、かつ濃厚な黒だからフレームくっきり! 汗や皮脂に強いからにじみの心配がないのに、フィルムタイプでスルッと落とせるところも◎ (森山さん)。 レ・メルヴェイユーズ ラデュレ アクセント アイライナー 01 自然な深みとしなやかさを演出するカカオブラウン。 ¥2500/レ・メルヴェイユーズ ラデュレ インラインも発色◎肌にピタッと密着! 力を入れなくても発色がよく、まつげの隙間も優しいタッチでしっかり描けます(pakuさん)。 \メイクの質が断然高まる/ ツール大賞 | ポイントメイク部門フーミー アイシャドウブラシS 熊野筆 目のキワをポンポンと押さえるように描くのがコツ。 ¥1800/Clue 囲みアイメイクに必須!幅広で毛足が短くコシのあるブラシ。まぶたのキワにぐぐっと攻められるから、アイシャドウを使ったぼかしラインが簡単。最近気になる"アイシャドウで作る囲みメイク" はこれなしでは完成しない! (通山さん)。 〈20歳のカワイイを知り尽くした最強審査員!(五十音順)〉 ●美容ライター 浦安真利子さん ●美容エディター 小川由紀子さん ●ヘア&メイク 河嶋希さん(io) ●ヘア&メイク 北原果さん ●ヘア&メイク KUBOKIさん(Three PEACE) ●ヘア&メイク Georgeさん ●美容ライター 通山奈津子さん ●ヘア&メイク 中山友恵さん(Three PEACE) ●ヘア&メイク 野口由佳さん(ROI) ●ヘア&メイク paku☆chanさん(Three PEACE) ●ヘア&メイク 林由香里さん(ROI) ●美容ライター 松井美千代さん ●トータルビューティアドバイザー 水井真理子さん ●美容エディター 森山和子さん ●美容コーディネーター 弓気田みずほさん ●ヘア&メイク 吉﨑沙世子さん(io) ●non-no美容担当 編集K・編集H モデル/鈴木ゆうか 撮影/神戸健太郎(モデル) 橋口恵佑(物) ヘア&メイク/河嶋希(io) スタイリスト/石田綾 構成・原文/通山奈津子 web構成/轟木愛美 web編成/レ・キャトル 撮影協力/UTUWA
関連キーワード

RECOMMEND