朝は時間がありません…じゃあマルチコスメだけでメイクしてみましょう!

non-no Web
こんいちは!

まゆこです。

5月も半ばになって学校や会社に慣れてくるとだんだん起きるのが遅くなってきませんか?

そうすると毎朝のメイク時間もとれない!てなってしまう…

そんな時に助けてくれるのがマルチコスメなのです。

<visse リップ&チーククリーム N RO-6>
これその名の通りリップにもチークにも使える優れもの♡

なのですが

今回はアイシャドウにも使ってみちゃいました!

ただべたべた塗りすぎると顔中ピンク色になっちゃうので注意点はこんな感じでしょうか…

1.アイシャドウとして塗るときはムラがあってもいいくらいのつもりで中指につけて目の上をぽんぽん押さえるように塗る
  余った分は下まぶた目頭側に塗る

2.チークは下まぶたとはつながらないようにほっぺの中央に横広を意識して

3.リップとしては唇の中央にオーバー目になるようにぽってりを意識して塗る
  でも口の端も忘れないでね!

それでできたのはこんな感じ↓↓
今回はキャンメイクのラメシャドウを下まぶたにだけ付け足してみました!

どうでしょうか?

意外と手抜きには見えなくないですか…!?


ということで皆さんにもぜひ参考にしていただければ嬉しいです


今回も最後までお読みいただきありがとうございました♡

まゆこ
関連記事
  • 「湿気で上手くメイクができない!」という声が多くなる梅雨。人気ヘア&メイクの中野明海さんが、湿気の多い日に活躍する優秀アイテムやメイクテクを教えてくれました。雨の日だっからといってメイクを妥協しないで。教えてくれたのは… ヘア&メイクアップアーティスト 中野明海さん卓越したセンスと審美眼で、著名人たちからラブコールが絶えない。最新作はなんと簡単おいしいレシピ集『美しい人は食べる!』1200円 主婦と生活社刊Q.化粧直しが上手にできないA.スポンジでならすだけ、ブラシでなぞるだけでOK!「化粧直しで粉浮きしたり、厚塗りになるときは、何もついてないスポンジやブラシでならすだけでも充分。ブラシは毛穴の下からサッと入れ込むイメージで」平たい面を使えば肌が磨かれ、粉っぽさを回避。先端がとがった面を使えば、目のきわや小鼻わきなども楽々。タン・クチュール・エバーウェア・ブラシ¥4900/パルファム ジバンシイQ.毎日パンダ目との闘いA.絶対に落ちないマスカラ・ライナーを使うしかないよね♡「どんなに雨にあたっても、汗をかいてもにじまないマスカラやライナーを味方につけるのがいちばん。私もにじみの女王ですが(笑)、この3本はどんなときも安心♪」「ライナーはリキッドもペンシルも、実は黒ではなく瞳の色と同じブラウンを選ぶのが目を大きく見せる秘訣」。(左から)ウズ アイオープニングライナー ブラウンブラック ¥1500/UZU BY FLOWFUSHI フォクシール コルセット 01 ¥1800/ロレアル パリ デジャヴュ ラスティンファインa クリームペンシル ダークブラウン¥1200/イミュQ.まつげが上がらない!A.マスカラ前後に手厚くカール「湿気でまつげが上がらないときは、根元からしっかりビューラーをしたあとにマスカラを塗り、最後にホットビューラーでぐっと固定して。まぶたごと持ち上がり、上向きまつげが長く続きます」(左)黒目上をクルッと上げて、ぱっちり目に。KOBAKO アイラッシュカーラー(センターカール・オレンジピンク) ¥1400/貝印・(右)指のように小回りがきいて、目じりや短毛ももらさず上げられる。熱くなりすぎないのも◎。KOBAKO ホットアイラッシュカーラー ¥30001.ビューラーでまつげの根元ぎりぎりを挟み、毛先に向かって数回挟みながらスライド2.マスカラを塗ったあと、ホットビューラーを根元に少し置き、毛先まで引き上げ固定するQ.顔がむくんで重力に負けてる感じA.イエローコンシーラーでミラクルリフトアップ、できますよ 「イエローコンシーラーでほうれい線からの真横線と口角からの上昇線を引くだけで、“見えない引き上げテープ”級の効果が! しかも、絶対バレません」肌と一体化する絶妙なイエローカラーで、引いたことを悟らせない。アドバンスド スムージング コンシーラー YE ¥3500/THREE1.イエローコンシーラーをほうれい線の中間から真横に、口角下からもう1本斜めに引く2.コンシーラーを指の腹でポンポンとたたくようになじませ、引いた線がバレないようにQ.顔がほてって暑苦しいA.赤みを除いたオレンジメイクで今っぽく−3℃しましょ「実はオレンジって、顔の中にあんまりない色。透明感の高いシアーなオレンジをうまく使うと、ジメジメした季節もおしゃれで涼しげに見えますよ」モデルのメイクに使用した、いい感じで肌から浮き立つオレンジのアイパレットとチーク。(左)ルナソル カラーリングシアーチークス(グロウ) EX03¥5000(セット価格)/カネボウ化粧品(限定発売) (右)マキアージュ ドラマティックスタイリングアイズS OR331 ¥2800(編集部調べ)/資生堂Q.眉が消えて人相が…A.私的落ちないベスト3+マスカラでコート!「前髪が触れるだけで落ちるという人は、右を! 基本はマリークヮントのペンシルで描き、毛のない部分はリキッド、そして眉マスカラでコートして」「ペンシルとリキッドは描きやすさも、ナチュラルな色みも絶妙」。(左から)ジョリ・エ ジョリ・エ 2Wayアイブロウ リキッドティント&パウダー ナチュラルブラウン ¥1400/アヴァンセ アイブロウ リクイッド BR21 ¥3000/エレガンス コスメティックス クヮント バイ マリークヮント ブロウ ライン¥3800/マリークヮント コスメチックス 眉にハリを出し、眉メイクを長もちさせる眉マスカラ。ケイト 3Dアイブロウカラー BR- 1 ¥850(編集部調べ)/カネボウ化粧品Q.おしゃれしたい気持ちもどんより低下ぎみA.青空色ライナーひとつで雨の日ならではのおしゃれ、しましょ「思わず楽しい気持ちになる、青空のようなブルーライナーを取り入れてみて。黒目の中央から目じり側と黒目の下にほんの少し。可愛いでしょ? こんな鮮やかな目もとのときは、ノーチークが◎」ディオールショウ イン&アウト ライナー 001 ¥3900/パルファン・クリスチャン・ディオール(限定発売)クリーミーで描きやすい。(甲斐まりか)シャツ¥28000/シップス 大宮店(カレンテージ) ピアス/スタイリスト私物 (吉田沙世)ブラウス¥28000/ビームス ハウス 丸の内(バレナ) ピアス¥13000/ススプレス(パソ)撮影/吉田 崇〈まきうらオフィス〉(人)、小川 剛(物) ヘア&メイク/中野明海〈air notes〉 スタイリスト/辻村真理 モデル/吉田沙世、甲斐まりか 取材・原文/中島 彩 ※BAILA2019年7月号掲載
  • プロによる、プロのためのコスメとして生まれ、世界中で愛されるM·A·C。実用的で使いやすくて、そしてシンプル。だから、メイクの腕もこなれてきたアラフォーに、今こそ手にとって欲しいブランドなんです。実は私、デパートで働いていたことがあるんです。超!若かりし頃ですが、その頃から何かと言えば化粧品売り場に通い詰めていました。 そんなデパートライフでかなり衝撃的だったのが、M·A·Cの日本デビュー。しっとり艶やかなBAさんが並ぶ売り場の一角に、思い思いの“オールブラック”ファッションに身を包んだメイクアップアーティストのお兄さま&お姉さまがずらり。とにかくカッコよかった! さらに製品の圧倒的なカラーバリエーション。今もそうですが、当時でも単色アイシャドウが100色ぐらいあったはず。 何より、スタッフからにじみ出る「メイク大好き!」オーラが素敵でした。まず自身がメイクを大いに楽しみ、訪れた人にも惜しみなくシェアしてくれる接客はデパートの化粧品カウンターのイメージをガラリと変えたんじゃないでしょうか。なぜこんな話をしたかというと。 先日、M·A·Cが開催したプレスイベントに出席して、しみじみ「M·A·Cって、やっぱりいいなぁ」と思ったから。そのきっかけが、このスモール アイシャドウ × 9。写真のパレットは“バーガンディ タイムズ ナイン”と名付けられているように、左下の締め色バーガーンディをはじめ、赤みを帯びたブラウンやきらめくプラムなどが収められた9色のアイシャドウパレット。マット、サテン、ベルベットなど質感もさまざま。色持ちもバツグン!です。例えば、右上のソフトなブラウンをベースにして、左下のバーガンディを締め色に。それだけでもシックで素敵ですが、まぶたの中央に一番下の段の中央、キラキラのピンクブラウンプラムを指でのせれば一層ドラマティック! このパレットをながめているだけで、色々なアイメイクが思いついて、ワクワクしちゃいます。おそらくこれ「この色だけぜんぜん減らない」という“パレットあるある”も起きないはず。さすがです。 これで¥5400って、とってもお買い得! ブラウン寄りやスモーキー系のパレットなど5種類のバリエーションがあるので、きっと欲しくなるセットが見つかると思いますよ。 もうひとつ、素晴らしさに唸ったのはこちらのパウダー キス リップスティック(¥3000)。流行りのマットリップに仕上がるのですが、とにかく乾かない! その名の通りパウダーのようにふわっと色が広がり、霞みがかったようなロマンティックな発色。しかも甘くて美味しい(笑)。強い色でぼかしリップも夏っぽくていいと思いますが、私は目元を強く仕上げたとき用に、この白みがかったレヴァレンスを愛用中。と、今のお気に入りをご紹介しましたが、次々に新作を発表するのもM·A·Cの特徴。8月23日(金)にはこちらのクリーム処方のリップ、ラブ ミー リップスティック(全24色 各¥3000)などなど、続々と新アイテムがお目見え予定。メイク好きの皆さま、そしてちょっとメイクにマンネリ感を感じている皆さま、ぜひ改めてM·A·Cにご注目を。●「M·A·C」公式サイトはこちら WEB美容エディター 原田千裕 ちょっとやそっとじゃ揺るがないのが自慢だった鋼鉄の肌に明らかな陰りが……ということで、アンチエイジングにフルスロットル中! そんな日々の中でキャッチした、アラフォー向けの“マーヴェラス”な美容トピックスをシェア。コスメも男性もお酒も“ディープで濃いめ”が好み。 イラスト/ユリコフ・カワヒロ
  • スキンケアでもメイクでも、大人にうれしいコスメの進化はとどまるところを知らず、今年の上半期も優秀な新作が目白押し。進化した技術力でうっとりとするようなテクスチャーを叶え、エイジングケア効果にも磨きをかけた、巽 香さんイチオシのアイテムをご紹介。巽 香の超私的ベストコスメ「肌のトレンドがどう移り変わっても、女性として美しい肌には潤っているからこそのツヤ、いや『艶』が必須だと信じています。今年上半期には、進化した技術力でうっとりとするようなテクスチャーをかなえ、エイジングケア効果にも磨きがかかったコスメもまた続々と誕生。とりわけ心と肌の両方に『艶』をもたらしてくれたのが、コレ!」1.イヴ・サンローラン ヴォリュプテ プランプインカラー 2「かわいいだけじゃない。♡が唇にもたらすのはパンとしたハリ感」 「大人だってかわいいものはやっぱり好き! しかも真ん中のハートに閉じ込められているのは、しぼみがちな唇にボリュームとハリをもたらすうれしい効果。今期はツヤと輝きも唇に戻ってきて、透け感あるピンクとともに、間違いなく『アガる』一本」。¥4,300/イヴ・サンローラン・ボーテ2.ディオール プレステージ ローション ド ローズ「とにかく贅沢な潤い! むっちりと密度濃く澄みわたった肌に」 環境に負けない肌に必要な微量栄養素を、豊富に含むグランヴィル ローズ。「美しいローズの美容効果を、ピュアなまま肌に届ける化粧水。なめらかに肌の上に広がり、すっと肌に吸い込まれるオイルイン テクスチャーにもうっとり」。150㎖ ¥15,000/パルファン・クリスチャン・ディオール3.コスメデコルテ AQ クリーム アブソリュート X「肌が『好調状態』を思い出す、すべてが満ち足りたクリーム」 「黒大豆×発酵という、聞くからに効きそうな独自成分のパワーもさることながら、極上のなめらかさで肌に溶け、軽やかなのに深く潤う感覚に大満足。しかも肌が疲れている夜ほど、翌朝の好調ぶりにその実力を感じる。ハイパフォーマンスクリームの名に恥じない逸品!」。45g ¥50,0004.shiro タマヌ クレンジングバーム「一刻も早く眠りたい夜も、落とすことがむしろ楽しみに!」 タマヌオイルやカンゾウエキス配合。「どんなに疲れていても、この肌の上でとろけるなめらかな感触が好きすぎて、メイクを落とさずには眠れなくなったことに感謝! しかも洗い上がりは、まさに美容オイルでケアしたような柔らかさと潤い感。もう手放せない!」。90g ¥6,500/ローレルこれもLOVE賞 ザ パブリック オーガニック 精油シャンプー & 精油トリートメント スーパーポジティブ 「若見えする髪にマストのツヤをかなえる、大好きなこのブランドのヘアケアに、さらに『幸せホルモン』がアップする精油の香りをオン。日々のストレスをリセットしながら、ほめられ髪をキープ!」。各500㎖ ¥1,544/ローレル【Profile】 巽 香 美容エディター/ライター。化粧品選びで心を満たす香りや使用感も重視するのと同様に、事実を伝えるだけでなく心にも響く文章を目ざす。>>「エクラ大人のベストコスメ2019上半期」はこちらから撮影/大原敏政(aosora) 構成・文/巽 香
  • \肌のリセットが美へのカギ/ 洗顔・クレンジング大賞 | スキンケア部門ルナソル スムージング ジェルウォッシュ 落ちにくい角栓や毛穴の汚れを優しくオフ。透明なジェルタイプ。 150g ¥3200/カネボウ化粧品 毛穴の皮脂オフに特化したジェル洗顔毛穴の皮脂に特化した洗顔料というところが魅力! 乾燥もしないし、つるんとした洗い上がりも◎。肌色がトーンアップしますよ! (森山さん)。 ビオレ マシュマロホイップ モイスチャー 弾力のある泡が摩擦を軽減。弱酸性の健康的な肌をキープする。 150ml ¥570(編集部調べ)/花王 もちっとした泡が優しく洗い上げるポンプタイプながら、モチッと濃密な泡が出てくる手軽さに感動。すすぎも楽で、後肌はさっぱり。まさにこの夏使いたい逸品! (KUBOKIさん)。 シュウ ウエムラ リセット ティントリップ リムーバー オフと同時にざらついた角質もケアして、ぷるんと潤った唇に。 30ml ¥3200/シュウ ウエムラ ティントもマットもささっとオフ可能唇に極力刺激を与えず、マットリップも超落ちにくいティントも簡単にオフ! リップをつけ試しする時の唇の負担が確実に違いました(中山さん)。 〈20歳のカワイイを知り尽くした最強審査員!(五十音順)〉 ●美容ライター 浦安真利子さん ●美容エディター 小川由紀子さん ●ヘア&メイク 河嶋希さん(io) ●ヘア&メイク 北原果さん ●ヘア&メイク KUBOKIさん(Three PEACE) ●ヘア&メイク Georgeさん ●美容ライター 通山奈津子さん ●ヘア&メイク 中山友恵さん(Three PEACE) ●ヘア&メイク 野口由佳さん(ROI) ●ヘア&メイク paku☆chanさん(Three PEACE) ●ヘア&メイク 林由香里さん(ROI) ●美容ライター 松井美千代さん ●トータルビューティアドバイザー 水井真理子さん ●美容エディター 森山和子さん ●美容コーディネーター 弓気田みずほさん ●ヘア&メイク 吉﨑沙世子さん(io) ●non-no美容担当 編集K・編集H 撮影/橋口恵佑 構成・原文/通山奈津子 web構成/轟木愛美 web編成/レ・キャトル 撮影協力/UTUWA 
  • — いつもそばにいてほしい名品が、ここにある — 手にするだけでときめいて、心がふっと強くなるコスメティックスがある。それはきっと、まぶたが、肌が、唇が、きれいになったあの瞬間の喜びを覚えているから。2019年上半期。そんないくつもの"相棒"との出合いが、あなたのものがたりをもっと豊かにする。 ビューティ・プロ25名が選出(五十音順)鵜飼香子さん(美容ジャーナリスト)/ 浦安真利子さん(ビューティライター)/ 小川由紀子さん(ビューティエディター)/ 長田杏奈さん(ビューティライター)/ 小田切ヒロさん(ヘア&メイクアップアーティスト)/ 神崎 恵 さん(美容家)/ 平 輝乃さん(ビューティエディター)/ 貴子 さん(松倉クリニック代官山 院長)/ 耕 万理子 さん(メイクアップアーティスト)/ 巽 香さん(ビューティエディター)/ 中野明海 さん(ヘア&メイクアップアーティスト) / 藤井優美さん(ビューティエディター)/ 前野さちこさん(ビューティエディター)/ 松井里加 さん(メイクアップアーティスト) / 摩文仁こずえさん(ビューティライター)/ MICHIRU さん(ビューティディレクター& メイクアップアーティスト)/ 村松朋広 さん(メイクアップアーティスト)/ 森山和子 さん(ビューティエディター)/ 安井千恵さん(ビューティエディター)/ 横溝なおこさん(ビューティエディター&ライター)/ Rie Shiraishi さん(ヘア&メイクアップアーティスト)/ 以下SPURビューティ担当 編集G / 編集A / 編集M / 編集I ブランケットの上のトップス¥10,800/ベースレンジ ジャパン(ベースレンジ)テーブルの上のブラトップ/スタイリスト私物 スキンケアからカラープロダクトまで、パーフェクトなラインナップが出揃った。 【ベスト・オブ・クレンジング】ITRIM エレメンタリー フェイシャルゴマージュ【ベスト・オブ・化粧水】パルファン・クリスチャン・ディオール プレステージ ローション ド ローズ【ベスト・オブ・乳液】ポーラ ホワイトショット MX【ベスト・オブ・スペシャルケア】クレ・ド・ポー ボーテ マスクイユー レジェネランS【ベスト・オブ・ベースメイクアップ】シャネル ボーム エサンシエル【ベスト・オブ・アイカラー】UZU アイオープニングライナー【ベスト・オブ・リップカラー】RMK リップスティック コンフォート マットフィットベスト・オブ・クレンジング/ITRIM エレメンタリー フェイシャルゴマージュ 早起きが得意になったのは、きっと朝の“ご褒美”のおかげ ターバンにしたトップス¥10,800・トップス¥10,800・中に着たブラトップ¥13,500/ベースレンジ ジャパン(ベースレンジ)  ネックレス(細)¥50,000・(太)¥200,000/シハラ ラボ(シハラ) 従来のゴマージュのイメージを覆す、至福のジュレで肌を磨くような感覚―― 森山和子さん (100g)¥12,000/ITRIM 「ツブツブで肌をゴリゴリこするような、いわゆるゴマージュっぽい使用感とは無縁。最初は驚きましたが、やさしく磨き上げることで肌が再生する実感が病みつきに。まるで自分へのご褒美のようなお手入れです」(森山さん) 「種を砕いてつくられる一般的なゴマージュと違い、葉肉と果肉からなるとろりとやさしい感触。スクラブが苦手な私でも、初めて使ってみたいと思わされましたね。洗い上がりのクリアなスキントーンは感動モノ」(MICHIRUさん) 「余分な角質や皮脂汚れを吸着するばかりか、洗い流した後の肌には潤いが満ち満ちるよう。後からのせる日焼けどめやファンデーションの密着感までアップして、ここまで考えられたゴマージュ、初めてでは?」(貴子さん) 「肌にはもちろん、地球にやさしいというコンセプトが胸を打つのは年のせいでしょうか。これからの時代、自分のことばかり考えていてはいけないと、もっと大きなスケールで"美"を捉えるきっかけにもなる逸品です」(編集G) 思わず食べてしまいたくなる極上のなめらかさ。美しい朱色のジュレからは、柑橘系のフルーツを思わせるほのかな香りが漂う。パティシエが丹念につくり上げたスイーツのようなゴマージュは、事実、多くの果実の恵みからできている。ライチ、サクランボ、庄内柿、コンニャク、アロエベラ……。これらがかなえるのは、従来のスクラブ粒子とは一線を画した弾力のあるソフトなテクスチャー。ザラつきや刺激を感じさせず、毎日でも使うことができる。また、ジュレには微粒子のレッドクレイを配合し、毛穴の汚れや古い角質を逃さず吸着。肌と地球環境に掛け値なくやさしく、その一方で印象までも変わるほどのすがすがしさを表情にもたらして。オフのステップが、最高の"攻めのケア"になる。ベスト・オブ・化粧水/パルファン・クリスチャン・ディオール プレステージ ローション ド ローズ 目を閉じて、想いを馳せる。きれいをくれる、薔薇の魔法に カーディガン¥45,900・ブラトップ¥13,500/ベースレンジ ジャパン(ベースレンジ) ネックレス(細)¥50,000・(太)¥200,000/シハラ ラボ(シハラ) 肌で感じる微量栄養素のパワー。薔薇の恵みがくれる薔薇色の肌にうっとり―― 藤井優美さん (150㎖)¥15,000/パルファン・クリスチャン・ディオール 「インナービューティで痛感してきた、ビタミンやミネラルといった微量栄養素の恩恵。だからそれを肌に直接補う発想に納得できました。薔薇のエッセンスを注入しているような使い心地も素晴らしく、スキンケアはこうでなくちゃ!と」(藤井さん) 「ダレて開ききった毛穴がキュッと引き締まり、内側からふっくら押し上がる感覚。取り去るだけでは事足りない大人の毛穴問題に優雅に決着をつけてくれます。見て、使って、鏡で確かめるどの瞬間も幸せで、"塗る多幸感"とはこのこと」(長田さん) 「朝使えば、ハリ×潤いのレフ板が肌の上に一日中のっているよう。ローズのミネラルとオイルをこれでもか!と配合した化粧水は、欲しいところに勝手に光を回してくれるイメージ。つけた日は『肌、調子よくない?』と必ず聞かれます」(浦安さん) 「濃密なのに浸透が早く、驚くほどさらっとした後肌にまず感激。しかもなじんだそばから肌がムチッとして、表面のキメの乱れや毛穴はなめらかに。化粧水だけでこの充足感、グランヴィル ローズのちからが肌に満ちているのを感じます」(巽さん) 肌を美しくするためだけに生まれてきた唯一無二の薔薇、グランヴィル ローズ。7世代にわたって何千回も交配を繰り返し、ディオールがこの花を研究し続けた結果、微量栄養素を含んでいることが判明。ミネラルのスーパーカクテルが、肌老化の元凶として近年注目を集めている微小炎症を抑制。エイジングの"盲点"へのアプローチを目指す。またこのローションは、ローズのオイルを含むローズ マイクロ ドロップを1本に100万粒も含んでいる。バリア機能を修復して、微量栄養素が最大限効果を発揮できる肌環境へ。それは親水性のミネラルとオイルの融合が可能にした、次世代のスキンケアだ。薔薇の香りと溶け合って、私たちの肌は美しく咲き誇る。ベスト・オブ・乳液/ポーラ ホワイトショット MX 素肌を包み込む、安心感。この瞬間に、元気が湧いてくる! カーディガン¥45,900/ベースレンジ ジャパン(ベースレンジ) パンツ¥12,000/babaco 潤いとハリがみなぎる、発光感のある白さ。「何かした?」と聞かれる澄んだ肌に―― 神崎 恵さん [医薬部外品](78g)¥11,000/ポーラ 「『白くなって、透明感が出た?』。そんなふうに肌の変化を実感でき、使ううちに素肌に自信が持てる乳液。みずみずしくもコクのあるミルクがにごりやくすみを浄化して、前よりもっといろいろなメイクが似合うように。出合えてよかった!」(神崎さん) 「肌のエネルギーを高めて、美白と同時に肌そのものの調子を底上げ。肌が敏感になってしまったときも、これのおかげで明るくなめらかな肌を取り戻せました。毎日使う乳液でWのアプローチができるとは、忙しい現代人にピッタリです」(藤井さん) 「発表会で目にした美白&美肌効果の実証データが素晴らしく、これがデイリーケアでかなうなんて!と歓喜。ベタつかないのに保湿力が高く、暑い夏でも毎日快適に使えるように設計されています。同時発売の化粧水とともに手放せません」(安井さん) 「使うたびに肌が安定してゆくさまが、ゆらぎやすい敏感肌にはどれほど心強いか! 私のような肌は"プラスマイナスゼロ"しか望めないと諦めていたのに、その先の透明感に手が届いた実感が。美肌ステージを引き上げてくれる救世主」(前野さん) シミやソバカスの原因となるメラニンは、本来弱った肌細胞を守るために生成される。では肌細胞をエネルギーで満たすことさえできれば、メラニンはつくられないのではないか? その前代未聞の"エネルギー美白"という考え方と、それを実現する新規美白有効成分"PCE-DP"を世におくり出したポーラ。約10年ぶりに医薬部外品に新承認されたこの成分は、表皮においてほとんど使われていない回路を活性化。肌細胞のエネルギーを爆発的に高め、眠っているポテンシャルを呼び覚ます。美白と美肌、両方へのパワフルなアプローチ。だからこそ、365日朝晩使う、乳液のかたちをとることにもこだわった。王道の美白を極めたブランドならではの発想の転換が、スキンケアの新時代を切り拓く。SPECIAL MOVIE >商品のお問い合わせ先と電話番号はこちら SOURCE:SPUR 2019年8月号「2019年上半期 ベスト・オブ・ビューティものがたり」photography: Saki Omi 〈io〉(model), Mitsuru Kugue (cutout) hair & make-up: Katsuyoshi Kojima 〈TRON〉 styling: Yuuka Maruyama 〈makiura office〉 model: Eto edit: Yukiko Ogawa logo design: Yutaka Kato cooperation: AWABEES, UTUWA
  • 蒸し暑くなるこれからの季節、自己流で直すとかえってメイクくずれが悪化するからと、くずれを放置しがちなアラフィー世代。大人を夕方以降もいきいきとした印象に見せる流儀を、ヘア&メイクアップアーティスト・広瀬あつこさんが伝授します。夕方老けはこんなところに潜んでいる[唇縦じわマダム][眉なしマダム][パンダ目マダム][ドロドロ肌マダム][血色なしマダム]いきなりの上塗り厳禁!“その部分”をいったんリセットするのが鉄則ですメイクしたてはいきいきと若見えしていたはずの顔も、夕方にはがっくりくるほどの老け顔に……。「汗、皮脂のせいで、メイクがくずれやすくなるこれからの季節。アラフィー世代は薄眉、シミ、しわ、血色の悪さなど気になる部分があらわになるうえ、温度・湿度差でお疲れ顔に。午前中との落差が大きく見えやすいのです」と広瀬あつこさん。でも、案ずることなかれ。メイクはくずれるもの。そこから復活するために重要なポイントはただひとつ! 「直すパーツの『土台』を整え、鮮度を取り戻すことです。土台のリセットを抜きにして、いきなり色ものやファンデーションをのせると、かえって汚くなり、直したメイクもくずれやすくなってしまいます。『お直し』に適したコスメを厳選して、パーツに合わせたやり方でリセットすれば、大丈夫。『夕方老け』からパパッと若々しく復活できますよ」【Profile】 ヘア&メイクアップアーティスト 広瀬あつこさん 大人のウイークポイントをなかったことにするメイクテクは天下一品。『スマイルメイク -5歳で引き寄せ力UP!』(世界文化社)も好評。取材・文/小田ユイコ イラスト/進藤やす子 ※エクラ7月号掲載
  • 本気で買って良かったチークを紹介こんにちは yasukoです チークは今までリキッド派でしたが 夏はパウダーに変えてみました CHANEL #69 コーラルカラー 頬の高い位置に乗せるだけで 少しの量で色付いてくれますので コストパフォーマンスは高いです 普段のメイクは 日焼け止めクリーム 下地 眉ライナー リップ という簡単メイクですので チークが鮮やかに入るだけで、一気に お顔が華やぎます つける瞬間 ほんのりローズの香りも女っぷりを高めてくれる気がします yasuko 美女組No.162 yasukoのブログ
  • 洗練度が上がる、アラフォーのきれいを本気で格上げする技術とセンス満載の最新鋭。この夏、選ぶならココからが正解!アラフォーの表情を彩るカラーアイテムは、長く使えるベーシックから夏らしいビビッドなアイテムまで大充実。テクニックがなくても美しく仕上がる秀作ぞろいで、どれを買っても間違いなし!【メイクアップ部門】リップカラー<<BEST 1>> ☆シャネル ルージュ ココ フラッシュ #92 「なめらかになじんで、しっとり大人っぽいツヤを残して発色。細身のパッケージも洗練された印象で、唇に品格を与えてくれる珠玉のリップスティック」(ビューティジャーナリスト 安倍佐和子)。「唇にのばすたびに喜びを感じられるようなとろけるテクスチャーと、清潔感がほとばしる美しい透け感、やっぱり欲しかったのはこういう口紅。尻込みしてきたダークな色まで守備範囲となる喜びも。とりわけレッド系の物憂げな印象美は、ボリューム感が加わるから質感の勝利!」(美容ジャーナリスト 齋藤薫)。ワンストロークで見たままの発色が唇上に実現。一度体験したらやめられないつけ心地。¥4,000<<リップカラー BEST 2>>☆THREE デアリングリィデミュア リップスティック 05  とかく無難になりがちなコーラル系のリップなのに、唇にのせると一瞬ですごく今 っぽい表情になるのが、さすが。健康的なのに、さりげなく華がきくコーラルは、大人の雑誌にも多くお気に入りとして紹介したほど!」(ヘア&メイクアップアーティスト千吉良恵子)。多種のオイルが絶妙なバランスで配合され、ジューシーな質感を演出。縦ジワ補整効果も抜群。¥3,900¥6,000<<リップカラー BEST 2>>☆ポーラ B.A カラーズ 「マット口紅はモードすぎてデイリー使いしにくいし、グロスだと正装感が欠けるし、というマリソル世代にジャストな美人口紅。肌がぱっと明るく透明感を高めてくれる鮮やかな色みぞろいで、ニクいほど色調に合ったセミマット質感。試さないと損です♡」(ビューティエディター&ライター 近藤須雅子さん)。 表情に寄り添うように、唇の動きにフィット。¥6,000【メイクアップ部門】アイカラー<<BEST 1>> ☆NARS JAPAN ヴォワヤジュール アイシャドーパレット 1191 「捨て色ナシのパレットとはまさにこのこと。赤みのある暖色ブラウンがそろっていて、単色使いはもちろん、アラフォーが挑戦するとリアル90年代感が出ちゃうグラデも、どう使っても必ず今っぽく仕上がる!」(美容エディター前野さちこ)。「今年のアイメイクトレンドであるテラコッタオレンジ、ヌーディベージュなど全部入りで、ファッションとのシンクロ率100%なパレット。さりげなくもメリハリのある立体感設計、下まぶたメイクにも効果的な色やテクスチャーなど、アーティストブランドならではの出来!」(ヘア&メイクアップアーティスト岡田いずみ)。6 色入りの豪華さ。¥4,500<<アイシャドウ BEST 2>>☆SUQQU デザイニング カラー アイズ 12 「肌なじみのいいカラー。濁りのないピンクをポイントに、可愛らしいニュアンスを出しながらも、大人な雰囲気に」(ヘア&メイクアップアーティスト岡野いずみ)。 甘いチェリーピンクとパステルミントのスイートな組み合わせ。一見、大人女性が敬遠しがちだけど、そこはさすがのSUQQU。見事に甘さ控えめなうえに、品格だけをプラスしてくれる。¥6,800<<アイシャドウ BEST 3>>☆トム フォード ビューティ アイ カラー クォード26 「完璧に今っぽい。このパレットを使うだけで、いきなり旬顏に生まれ変わるからおもしろい。旬の顔になるキラーカラーは、ともすれば大人の顔から浮き立ち、ぎこちない仕上がりになってしまうけれど、これは完璧。大人の肌に見事に重なり、美しく映える。見慣れた顔も服も新しく、しゃれ感と品を両立できるのもすごい」(美容家 神崎恵)。¥9,200【Marisol 7月号2019年掲載】撮影/John Chan スタイリスト/郡山雅代 イラストレーション/ユリコフ・カワヒロ 取材・文/山崎敦子 大木知佳
関連キーワード

RECOMMEND