飲むプリンという幸せ♡スタバの新作♡

non-no Web
こんにちは

まゆこです

だんだん最近暑くなってきて
冷たい飲み物がごくごく飲めるようになりました

そんな中出てきたスタバの最強な新作が…

プリンアラモードフラペチーノ!


これほんとおいしくておすすめです

私実は甘いものがあまり得意ではなく

ソフトクリーム頼んだのに半分しか食べられなかった…

タピオカ最後まで飲めない…

などの失態を犯し数々の友人に激怒されてきました

そんな私でも飲み切れたんです!!

これ真上からとってしまうとわかりにくいですがカラメルやプリンアラモードのソース?がのってて飽きない味なんです!
フラペチーノなので氷感もありすっきり飲み切れてしまう!

ちょこんと乗ったサクランボや限定で出ているスタバのレトロな看板で写真映えも狙えちゃう♡

こんな最強のフラペチーノは飲むしかなさそうですな

売り切れる前に皆さんも飲みに行ってみてください!!


まゆこ
関連記事
  • WEB限定記事第3弾は、街歩き。旅の拠点となるルクセンブルク市は、ヒストリカルな旧市街と、国際都市たるモダンな新市街の両方の側面を持ちます。街に緑も多く、要塞都市であるからこそできた高低差のある風景も独特!街の中心地に、こんなに気持ちがいい自然があるなんて!旅の拠点となるのは、国際空港がある首都のルクセンブルク市。城塞で囲まれたヒストリカルな旧市街と、豊かな自然、そしてモダンな国際都市が共存するこの街は、旅に欲張りなエクラ世代をも満足させてくれる。ルクセンブルクは、963年、岩山に建設された小さな砦がルーツ。「小さな砦」を意味する「リュシリンブルフク」が、国名の語源になったとも。その後、壮大な城壁が築かれ要塞都市となり、国家が形成、大公国へと発展した。天気がいい日はテラス席でランチやお茶を。レストランの看板も個性的で可愛らしい。アルゼット川から見上げる要塞跡は大迫力。かつての屈強な城壁は、今は緑の渓谷に。国民一人当たりのGDPが世界一の富裕国となった現在も、要塞時代の面影はそこかしこに。内部に全長約20kmの地下道や武器庫まで掘られている屈強な要塞は、解体まで実に16年も要したのだとか。そんな街並みは世界遺産に登録され、各国からのツーリストを迎え入れている。街の散策は、まずは旧市街の中心部から。大公宮殿の周囲には、立ち寄ってみたくなるデリやレストラン、カフェ、ブティックが点在。テラス席があるレストランが並ぶ石畳の通りは、ゆっくりとランチを楽しむにはぴったりのスポットだ。城壁に造られた遊歩道から眼下を眺めれば、川岸にグルント地区の絵画のような街並みが。ペトリュス渓谷に架かるアドルフ橋。橋の上からの渓谷までの高低差は約50m。要塞の下にあるグルント地区まで歩けば、ゆったりと流れる川の岸辺に修道院や美しい住宅が並ぶ絵画のような街並みが。崖を利用して造られた高低差のある街全体の風景は、立体的かつ独特。ヨーロッパのどの街でも見たことがない風景に、心が奪われる。旧市街に建つノートルダム大聖堂。祭壇の上には、繊細な描写のステンドグラスが。谷間にあるグルント地区と旧市街のエスプリ広場を繋ぐエレベーターからの眺めは絶景!そんな旧市街とは対照的な風景を見せるのが、新市街。世界有数の金融センターでもあり、EUの拠点もあるモダンな街を歩けば、そこかしこで、いろいろな言語を耳にする。それもそのはず、ルクセンブルクは人口約61万人のうち、半数近くが外国人というコスモポリス。公用語であるルクセンブルク語とフランス語、ドイツ語の3言語に加え、英語を話すのもごく日常的なことなのだ。新市街にある美術館「MUDAM」。ユニークな現代アートのコレクションに好奇心が刺激される。お土産を探すなら、旧市街の中心部にある「ルクセンブルクハウス」へ。果実酒にマスタード、ワイン、民芸品などが揃う。外国人のツーリストにも優しく、治安も良く、美しいルクセンブルク。ぜひ次のデスティネーション候補に入れておきたい。“ルクセンブルク版・養命酒”とも呼べそうなBUFF。炭酸水と割れば、消化を助けるための食後酒にも。■ショップ情報 Luxembourghouse ルクセンブルクハウス 住所/2 Rue de l'Eau, 1449 Luxembourg City ☎+352・26262627 http://www.luxembourghouse.lu/ <<第2回/ルクセンブルクは美食がいっぱいの国!撮影/織田桂子 取材・文/芹澤和美 取材協力/ルクセンブルク貿易投資事務所 SAKURA Voyages(サクラ・ヴォヤージュ)
  • ストライプシャツで素敵にこなれて。雨の日OK小物で快適な一日に♪さらっとした着心地の白ブラウスにライトグレイの美脚パンツ。じめじめした季節も快適に過ごせる機能性コーデに『GU』のPVCトートで今っぽさをプラスして、外勤デーは万が一の雨対策もばっちり! 今日はカフェでの打ち合わせや街リサーチだから、ジャケットじゃなくシャツをはおってこなれた雰囲気に。クリーンなストライプ柄のビッグシャツなら、ちょい着くずしても知的でさわやかな印象になれるのがうれしいよね♪ 吸水速乾のロングブラウス¥5990/プラステ 接触冷感&UVカットのクロップトパンツ¥16000/マイカアンドディール 恵比寿本店 ストライプ柄のビッグシャツ¥12000/AKTE 雨の日OKパンプス¥12000/オデット エ オディール 新宿店 ゴールドバングル¥18500/ガス ビジュー 青山 バッグ¥1990/ジーユー土屋巴瑞季の【今日のコーデ】をもっと見る>> ♡7月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡
  • 日比谷のミッドタウン日比谷のミッドタウンに入ってすぐに LEXUSと書いた入口があります! その中にお洒落なカフェが! それが【THE SPINDLE】カフェです!レモン タイム エスプーマ ソーダを注文!!とっても爽やかでスッキリとした味でした! 暑い夏にはぴったりです!☀︎ タイムが入ってるので普通のレモネードよりも、さらにさっぱり!!涼んだあとは日比谷公園へ!のんびりカフェで涼んだ後は、 歩いてすぐの日比谷公園をお散歩するのが最高に気持ちよかったです!! 真夏になる前にのんびーりお散歩するなら この時期が一番かなと思いました! 他にもメニューがたくさん!他にも、サラダやおかず系のものを 好きにチョイスできるものや、 お酒などメニューが豊富だったので 是非行ってみてください♩ テーブルもカウンターもあったので、 お一人や、お友達、恋人などいろんなシーンでいけるカフェかなと思いました! ここまで見て頂きありがとうございました☺︎ モアハピ部 No.692 れい のブログ
  • こんばんは☻ 前回ブログに書いた、 ゆずちゃんとの代官山ランチの帰りに 恵比寿でお洒落なスムージーのお店に 連れて行ってもらいました♡✌︎ それがこちら、、marugo deli ebisuです❤︎!恵比寿駅西口から徒歩5分ほどの ところにあります☻ こちらのお店、 スイーツのような 「フレッシュジュース&スムージー」と 野菜をたくさん摂取できる 「ベジタブルジュース&スムージー」、 そして栄養たっぷり!の 「スーパーフードスムージー」の3つに 分かれているそうで、 常時20種類以上が揃っているようです\(^o^)/ 私が頼んだのは、、❤︎たくさんメニューがあって かなり迷いましたが、、 この日は何となくバナナベースのものが 飲みたかったので Banana Oatsをオーダーしました(^O^) 税込¥650です☻ バナナ、豆乳、オーツ麦、メープル が入ったヘルシーなスムージー❤︎プラス50円で有機ミルクへ、 プラス200円で有機アーモンドミルクへ 変更もできるようです\(^o^)/ ほかにも、アボカドやアサイーを 使ったスムージーがあり、 かなり気になりました❤️ また絶対リピートしたいと思います☻ 皆さんも恵比寿に行かれた際は 是非行ってみてくださいね✨marugo deli ebisuのHPはこちら❤︎カフェ・ファッション・その他諸々更新中!☻しょこたうるすのInstagramはこちらから❤️☝︎モアハピ部 No.562 しょこたうるす のブログ
  • 日本とフィンランドの外交関係樹立100周年を記念した『モダン・ウーマン ―フィンランド美術を彩った女性芸術家たち』は、19世紀後半から20世紀初頭のフィンランドにおいて、近代美術に革新をもたらした女性芸術家7人を紹介します。日本初の試みとなる本展は、国立西洋美術館新館展示室にて6月18日(火)から9/23(月)まで開催。フィンランドの女性芸術家たちの多彩な活動と功績に触れてみてはいかがでしょか。シンプルコーディネートの極み? おしゃれなお洋服ですね1.『占い師(黄色いドレスの女性)』 ヘレン・シャルフベック 1926年 Finnish National Gallery / Ateneum Art Museum, Kaunisto Collection Photo:Finnish National Gallery / Hannu Aaltonen黄色いワンピース姿の女性。赤い口紅も効いていておしゃれ! 「おしゃれですよね。実はこれ 1926年にフィンランドの女性画家、ヘレン・シャルフベックによって描かれた肖像画なんです」 と、教えてくれたのは、国立西洋美術館の特定研究員・久保田有寿さん。1926年のフィンランドは、何世紀も続いた大国の支配から脱して、いちからの国造りの真っ最中。そんな時代にこんなおしゃれさんがいたなんて驚き。「この服は実にモダンで、当時のフィンランド女性が着ていたものではなさそうです。シャルフベックはフランスのファッション雑誌を取り寄せて購読していましたから、ヨーロッパに台頭し始めていた新しい時代を象徴する“モダン・ ウーマン”を描いているのでしょう」 そっか。同国を代表するブランド、マリメッコの登場もずっとあとだしね。当時のフィンランドは、「これぞわが国の文化」と呼べるものを模索していたらしい。「そこで独立への気運が高まった19 世紀半ばには、自分たちの美術をつくろうと男女共学の美術学校が創設されました。当時のヨーロッパでは珍しく学ぶ環境も奨学金も完全に男女平等だったのです」 さすが、男女平等な社会の実現で21世紀の先頭集団を行く国。1917年の独立前から最先端な政策! 「だから女性たちも、自分たちは職業芸術家として男性と対等にクリエイティブなことができるという自信を、強く持つことができたのではないかと思います」おしゃれでしょ? 最先端のモードでしたのよ2.『装飾的風景』 エレン・テスレフ 1910年 Finnish National Gallery / Ateneum Art Museum Photo:Finnish National Gallery / Yehia Eweisしかし、独立運動によりナショナリズムが台頭し、男性芸術家たちは「フィンランドらしさ」の確立に没頭。「フィンランドといえば手つかずの自然」と、森や雪景色を描いたり、有名な民族叙事詩の絵画化に熱中したそうだけど、女性たちはどうだった? 「女性たちは愛国主義にはとらわれず、オープンで国際的なスタイルを生み出していきました。たとえば、へレン・シャルフベックは人物をより抽象的に単純化したモダニズムの絵画に挑戦しましたし、エレン・テスレフはアンリ・マティスらのフォーヴィスムに代表される色彩の革命にいち早く反応。1906年ごろから絵具をパレットナイフで大胆に塗りつける色彩豊かな絵画を制作しています」3.『ボートをこぐ女性、スケッチ』 マリア・ヴィーク 1892年ごろ Finnish National Gallery / Ateneum Art Museum, Granberg Collection Photo:Finnish National Gallery / Jenni Nurminenパレットナイフをフィンランドで初めて用いたのがテスレフ。今でこそ一般的な技法だけど、当時では斬新! 独立運動の影を感じさせないほど明るくて光に満ちているね。テスレフのこの試みのあとで、同国の風景や人物を鮮やかに描く画家が続出したんだって。 4.『自画像』 シーグリッド・ショーマン 制作年不詳 Finnish National Gallery / Ateneum Art Museum  Photo:Finnish National Gallery / Hannu Aaltonen「もう少し時代が下った1945年にも、フィンランドの女性画家の自由で大胆な作品が生まれました。それはエルガ・セーセマンの 『カフェにて』。 5.『カフェにて』 エルガ・セーセマン 1945年 Finnish National Gallery / Ateneum Art Museum  Photo:Finnish National Gallery / Hannu Aaltonen 黒手袋の女性がカフェでカクテルとタバコを楽しんでいる一枚です。戦争で国土全体が疲弊し、窮乏していた時代背景を考えると相当ラディカル。こうした女性をダイナミックに描くことも、女性芸術家だからできたことじゃないでしょうか」 同国の美術の基礎をつくった彼女らは教師や批評家としても活躍。作品も生きざまもカッコいいね。1 ヘレン・シャルフベック フィンランドを代表する画家。パリをはじめ欧州各地で美術を学ぶ。「モダン・ウーマン」の肖像画を多数制作2 エレン・テスレフ 同国における革新的な色彩表現の先駆者。パリに学ぶが好んだのはフィレンツェで、彼の地でカラフルな木版画にも挑戦3 マリア・ヴィーク パリで学び肖像画家として早くから活躍した女性画家の一人4 シーグリッド・ショーマン 批評家としても活躍。自画像の多さも同国女性芸術家の特徴5 エルガ・セーセマン 第二次世界大戦の最中にデビュー。今まで見られなかった都市を生きる新しい女性像が出てくるのがこの時代※作品はすべて、フィンランド国立アテネウム美術館このアートはここで見よう!日本・フィンランド外交関係樹立100周年記念『モダン・ウーマン ―フィンランド美術を彩った女性芸術家たち』 独立前後のフィンランドを生き、同国の近代美術に革新をもたらした女性芸術家7人に焦点を当てた日本初の試み! 6/18~9/23 国立西洋美術館新館展示室 東京都台東区上野公園7の7 9時30分~17時30分(金・土~21時) 休館日/月曜、7/16 (7/15、8/12、9/16、9/23は開館) 観覧料/¥500 問☎03(5777)8600(ハローダイヤル) https://www.nmwa.go.jp取材・文/KAORU ※BAILA2019年7月号掲載
  • 世界最大級の売り場!キャンプ好きにはたまらない。 昨日は父の日でしたね。 パパが以前より行ってみたいと思っていた アルペンアウトドアーズフラッグショップストア柏店へ。 我が家も今回初めて行きましたが、 売り場がとても広くて、ありとあらゆるキャンプ用品が!! ウエアーや自転車、雑誌コーナーまであって大充実。 (子供の遊ぶスペースもあり) キャンプ好きな方はもちろん、これからキャンプを初めようと考えている方。 キャンプに興味のある方など是非!! 人気ブランドが一度に見れる場所なのでオススメです❤︎外にあるスノーピークカフェでテイクアウトができます。 スノーピークハウス、実際売っているそうです。美女組No.147 mikaのブログ
  • その昔、私はジェーン・バーキンになりたかったのです。 すみませんいきなり何言ってんだって話ですよね。20歳そこそこの頃、私はミニシアターと名画座だけを信じ、京都にカフェ巡り旅行に行き、「趣味はレコード屋をまわることかな」という男子のことを好きになる人間でした……だっ……ダッサー!!! 仕方ないんですよ、そんな時代だったから。もちろんファッション・アイコンは60~70年代の女優やアーティスト。ミア・ファローとかジーン・セバーグとかアンナ・カリーナとか。中でも憧れていたのがジェーン・バーキンのスタイルで、当時のどから手が出るほど欲しかったのが「あのカゴ」。どんなシーンでも無造作に荷物を突っ込んで持っていた、円筒形のバスケットです。今やさまざまなブランドがあのタイプのカゴを出していますが、確か当時日本であのデザインのものはほとんど売っていなかった記憶が。悔しい思いを抱えつつ、時は流れ、自分の中には「カゴが好き」という要素だけが残されました。さまざまなカゴを見つけては買ってきたのですが、ちょうど10年前に手に入れたのが、こちらです。 当時、新しく浴衣を誂えたばかりで、「これに合うちょっと大人なカゴが欲しいわ」と探していて見つけました。虎斑竹という模様入りの竹で編まれたカゴです(確か高知のものだったと記憶しています)。編み目も細かく表面も滑らかな手触りでひと目で気に入り、手に入れたもの。しばらくウキウキと使っていたのですが、ある日はっと気づいてしまったのです。「このサイズ感とワンハンドルのデザイン、"あのカゴ"に似ている……!」 大人になって忘れていたと思っていた若き日の好みが、呪いのように自分を支配していたことを。 保存それから10年、私はこのカゴのことを「和風ジェーン」とこっそり呼んでいます(笑)。こちら、程よく入った虎斑の模様のおかげで和装だけでなく、ワンピースやデニムにも合うんですよ。使い始めて10年ですが、きっとこれからも手に取ると思います。
  • SNSで見かけてから、ずっと気になっていたドーナツ屋さんへ行ってきました♡ドーナツファクトリー 「koé donuts kyoto」koé donuts kyotoでは"オーガニック"、"天然由来"、"地産地消"をキーワードにしたエシカルなドーナツをいただくことができます。 しかも!とってもフォトジェニックでかわいいんです!♡"ヴィーガンドーナツピスタチオ"、"koé donutsシナモンシュガー"オシャレでおいしそうーーー!♡ しかも環境にも身体にも優しいなんて最高すぎます\( ´ω` )/♡ お味ももちろん◎ タピオカ粉が入っているそうで、モッチモチ♡♡♡ ふわふわ系よりもしっかり食べ応えがあるドーナツの方がわたしは好きなのでかなり好みのタイプでした\( ´ω` )/おいしすぎる♡手を汚さずにドーナツを食べれるようにつけてくださるペーパーナプキンもオシャレでかわいすぎてキュンキュンします!♡ テイクアウトも可能なので、手土産にもグッドです! さらに!イートイン限定のドーナツもいただいてきました。ドーナツメルト ストロベリーこちらもかわいいー!♡ 撮るだけでSNS映え!!!!! ドーナツで、なめらか〜な生クリームとイチゴをサンド。 フォークとナイフでいただく、ケーキドーナツです♡いちごの酸味と生クリームの甘さと少ししっとりめのドーナツが見事にマッチ◎ これもおいしすぎるー! 席数も意外と多く、ゆったりめのイートインスペースには、ドーナツ博士のオシャレなフォトスポットも! プロップスなどもあるので、こちらでもSNS映えな写真を撮れちゃうので、お見逃しなく♡わたしもまだまだ食べたいドーナツがたっくさんあるので、またぜひ行きたいー♡ 東京にもオープンしないかなぁ…♡と期待しています♩ 河原町駅からも近いので、ショッピングや観光の合間の休憩タイムにも便利で、京都のオススメのスポットです♡モアハピ部 No.510 MIYU のブログ
関連キーワード

RECOMMEND