虎ノ門ヒルズでピクニックランチ♡おひとりさまでも

non-no Web
最近暖かくなってきて
テラスや外が気持ち良い季節になりましたよね♡

今回オススメするのは虎ノ門ヒルズのピクニックランチ!

中庭(?)の部分が芝生になっていて
レジャーシートなどを無料で借りられます🙆‍♀️

ヒルズの中のテイクアウトができるお店で飲み物とご飯を買えばリフレッシュに♡
写真が少なくてごめんなさい!
虎ノ門コーヒーのサンドイッチ
虎ノ門コーヒーのサンドイッチ
また素敵なところがあったら紹介します♡
関連記事
  • 気になっているけど聞きづらい、同世代のお金事情。30代に入ってから保険会社の営業職に転職した既婚者女子の貯蓄テクを拝見! 生命保険(営業職) 30代で今の会社に。営業の実績を評価され、現在はチーフ職に。 小川智子さん(仮名)35歳 既婚・実家暮らし 【MONEY DATA】 月給   20~40万  年収  500~600万  ボーナス     50万 貯蓄     300万 営業成績によって月給が変わる! 新居購入のために貯金生活中 30代に入って保険会社の営業職に転職した小川さん。「月給は、基本給にプラスして自分の営業成績と部下の成績、両方の結果によって10万円近くの変動が!ボーナスも成績によって額が変わります」。プライベートでは2年前に結婚。夫とともに小川さんの実家で同居中。「夫婦の新居を購入したくて今は実家を頼り、貯金と節約メインの生活です。夫は月に10万円を、私は月給の額によって3万~10万円を貯蓄に回すようにしています」 【給与明細】 【1カ月の支出】 家賃→0 水道・光熱費→0 食費→7,000 携帯・通信費→17,000 美容費→40,000 服飾費→7,000 交際費→30,000 趣味→15,000 貯蓄→42,000 合計 ¥158,000 【貯める】 ボーナスは貯金&一部は買い物に「年に2回あるボーナスも基本的には貯金に回しますが、それだけでは味気ないなと(笑)。今年の1月はお財布、7月はバッグと自分へのプレゼントも購入」 【貯める】 お弁当を持参してランチ代も節約「仕事は外回りが中心なので、うっかりするとお昼代やカフェ代がかさみがち。ランチは手作りのお弁当にして、無駄な出費を抑えるように工夫しています」 【使う】 美容&健康にはお金をかけます!「ネイル、歯列矯正、肩こり持ちなのでマッサージと、美容と健康関連には自己投資を。洋服代はスーツの下に着るインナー類を月に1万円弱買う程度です」 【使う】 夫婦の趣味は漫画と国内各地への旅行「貯金もしながら年に6回は夫婦で国内旅行を楽しんでます。夫が『ジョジョの奇妙な冒険』が好きで、仙台で行われた展覧会も見に行きました」 撮影/齊藤晴香 イラスト/藤井昌子 取材・文/石井絵里 構成/斉藤壮一郎〈BAILA〉 アンケート協力/アイブリッジ ※BAILA2019年11月号掲載
  • こんにちは! バイラーの臼居実優です。 気が付けば10月も残りわずかですね…みなさんはもうタンスの中の衣替えはされましたか? 街中もすっかり秋色に染まっていますね^^先日、11月号の付録のタイツをニットワンピに合わせていっきに秋コーデに変身してみました! One piece:FRAMeWORKJacket:LOVELESSTights:BAILA11月号付録Shoes:Le TalonBag:LONGCHAMPこの日はキャメルのニットワンピに合わせて。どんなコーディネートもおしゃれに決めてくれるこのタイツのカラーは“ブラウニーグレー” 流石、人気スタイリストの百々千春さん監修だけあって、なんとも絶妙なカラーです。 付録の一枚だけじゃ足りません!!そして、なんといってもこのタイツ…履き心地がものすごくいい!!!!足をタイツに通した瞬間、シルクのようななめらかなさにうっとり。お腹回りも締め付けもなく快適!!!え、これ本当に付録?付録でいいの…?と感動。実はこちらのタイツレポ、履く前まではカラー押しで書こうと思っていたのですがはいた瞬間のこのうっとり感に感動して履き心地押しにシフト。写真で伝わらないのが悔やまれますが、今月号のBAILA、売り切れてるコンビニもあるみたいなので前に早めにGETしてくださいね^^(書店だとまだありますね♪)ちなみに、ジャケットを脱ぐとこんな感じでした。 しなやかに体にフィットしてくれるリブ素材のニットワンピは動きやすくて通勤に楽チン。 スニーカーに合わせてオフでも楽しめて、着回し抜群です。 ウエストにリボンでマークつけれるのもスタイルアップできて優秀です♡上半身アップ↓↓ まだライダース早いかな~?と思ったけど、夜は冷え込むので問題なかったです。季節の変わり目、風邪ひきやすいので皆さんお気を付けください。 インスタも更新してます( ◜ᴗ◝)↓↓ https://www.instagram.com/mitan523u 質問やBlogに書いてほしいことがございましたら、お気軽にコメントやDMいただけたら嬉しいです^^
  • アラフィー定番のコーディネート術「ワントーン」。年間を通し大人気ながら、マンネリ化して見えるという悩みも。そんなモヤモヤを解決し、もっと素敵に今どき感もアップする着こなしへと更新する方法をリサーチ。「ブラウンベース」「異素材コーデ」「柄投入」の3つの方法で、さらに美しく洗練されたムードを演出! 1.注目の「ブラウン系」であかぬける今季は旬のブラウンベースでまとめるワントーンが断然気分! ダークブラウンならマニッシュに、キャメル系ならまろやかに、色幅が広く、いろんなイメージをまとえるのも人気の理由。同色はもちろん、あえて色を微妙にずらして奥行きを出すのも今っぽい。ボルドーを効かせた色の重なりがワントーンを素敵に見せるコツブラウンのワントーンのようで、実はボルドーのニットを組み合わせ、華やかな女らしさを潜ませて。微妙な色の違いが着こなしに奥行きを出し、ワントーンコーディネートながら単調にならないのが新鮮。 ニット¥31,000/スローン スカート¥42,000/アパルトモン 神戸店(リジエール) 帽子¥10,000/アナイ ピアス¥47,000(ベアトリス パラシオス)・靴¥60,000(ロランス)/以上エストネーション ストール¥69,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 六本木店(ベグ アンド コー) バッグ¥194,000/ジミー チュウグレーはカーキを加えることでメンズライクなムードに刷新!これまで主流だった色のグラデーションだけでつくる華やかなグレーのワントーンから一歩進んで、この冬は濃いめのカーキを取り入れたメンズライクな色の広がりに挑戦したい。タートルニットにワンピースを重ねることで、ハンサムな色の中に女らしさを感じさせる装いに落とし込むのが大人流。 ワンピース¥89,000/エイトン青山(エイトン) ニット¥25,000/スローン サングラス¥44,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス¥18,500・バングル¥36,500/セシル・エ・ジャンヌ バッグ¥35,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(オーウェンバリー)靴¥101,000/ジミー チュウ幅広い色みと豊富な素材感は冬ならではのお楽しみ異なる素材とブラウンのバリエーションを組み合わせてエレガントでリッチなムードを演出。 コート¥140,000/エイトン青山(エイトン) ニット¥58,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 六本木店(ドゥーズィエムクラス) パンツ¥55,000/アスペジ 六本木店(アスペジ) サングラス¥28,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(ヴィクター&ロルフ) ピアス¥18,000/ビームス ハウス 丸の内(ローラ ロンバルディ) ネックレス¥39,000(マラ カリーゾ スカリス)・バングル¥22,000(ユアソル)・バッグ¥120,000(アパルトモン)/以上アパルトモン 神戸店 靴¥75,000/アマン(ペリーコ)絶妙な抜け感が出る柄アイテムでワントーンの新しい可能性が広がるブラウン単色でまとめたワントーンはともすれば単調でマニッシュになりすぎることも。チェックパンツを加えることでぐっとこなれて見えるメリットが。今季らしく仕上げるには柄を取り入れて鮮度を上げるのも効果的。 ジャケット¥79,000/サザビーリーグ(ユニオンランチ) カーディガン¥25,000/ビームス ハウス 丸の内(ルトロワ×デミルクス ビームス) パンツ¥92,000/アスペジ六本木店(アスペジ) ピアス¥23,000/ドゥロワー 六本木店(グーセンス パリ) バッグ¥345,000/エイチ アイ ティー(ロウナー ロンドン)まろやかな華オーラを放つエクリュが主役の上品ワントーン女らしく明るいイメージでワントーンを着こなすなら、ライトベージュからエクリュのまろやか色のグラデーションで華やかに。白とは違う優しい色みは、大人の肌になじみつつ顔映えアップもお約束。洗練度をぐっと引き上げてくれる。 コート¥98,000/サザビーリーグ(ユニオンランチ) ニット¥34,000/スローン パンツ¥37,000/デ・プレ ピアス¥38,000/エストネーション(アリギエーリ) ストール¥54,000/ロンハーマン(アソースメレ) バッグ¥87,000/フィーゴ(フェリージ) 靴¥48,000/アマン(ペリーコ)2.新鮮素材のミックスで“上級見せ”がかなう色のトーンをそろえるだけでなく、素材がもつテイストの違いを意識してみると、ワントーンはさらにおもしろくなる。コツはあえて真逆のものを組み合わせてみること。単純なワントーンも素材によって生まれる色の陰影によって、おしゃれ上級者見えする着こなしへと導いてくれる。<カジュアル素材×リュクス素材>【ファー×コーデュロイ】リッチ素材をカジュアルダウン。すっきりなじんで上品に仕上がる 毛足の長いファージレは、エレガントなスカートよりもメンズライクなコーデュロイのワイドパンツで、ぐっとカジュアルにこなれさせて。ファー特有のラグジュアリーさが引き算され、ニット&コーデュロイのデイリーなコンビも格上げされる。 ジレ¥165,000/アマン(プロタゴニスタ) ニット¥31,000/スローン パンツ¥39,000/ebure 帽子¥48,000/エストネーション(ジジ バリス ミリナリー) 2重に巻いたネックレス¥250,000/ロンハーマン(タナーズ インディアン アーツ) バッグ¥59,000/アマン(エレメ)【ニット×ベロア】オールブラックを小粋に見せるベロアの絶妙な光沢感 ざっくりミドルゲージのケーブルニットのカジュアルさと、ベロアの上品な光沢が絶妙な今っぽさにつながって。全体をブラックにまとめることで、スタイリッシュで大人なムードも演出できる。 ニット¥32,000/スローン パンツ¥43,000/ロンハーマン(シーピー シェイズ フォー ロンハーマン) サングラス¥46,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285)イヤリング¥18,000/エッセンス オブ アナイ(アントン ユーヌス) バッグ¥117,000・靴¥76,000/ジミー チュウ【ミンク×チノ】素材の振り幅の広さがおしゃれ指数を押し上げる ミンク特有の毛並みによる自然なグラデーションが美しいコートを主役に、チノスカートという真逆なテイストをぶつけてカジュアルダウン。スニーカーが絶妙なハズしアイテムとなり、一点豪華なコートを引き立たせる。 コート¥480,000/アパルトモン 神戸店(アパルトモン) ニット¥22,000/ビームス ハウス 丸の内(バトナー×デミルクス ビームス) スカート¥32,000/アングローバル(イレーヴ) バッグ¥60,000/フィーゴ(フェリージ) 靴¥21,000/ノヴェスタジャパン(ノヴェスタ)<マニッシュ素材×フェミニン素材>【レザー×レース】特別感のあるアイテムも異素材ワントーンでデイリーに ウエスタンシャツのディテールをもつマニッシュなレザージャケットは、肌の透け感が抜群に女らしいレースのワンピースと合わせてドレスアップ。オールブラックだからこそ、フェミニンな総レースも、大人の色気漂うスパイシーな着こなしに。タフなレザーの質感とレースの繊細さの落差が大きいからこそ、ブラックのワントーンが地味にならない。 ジャケット¥245,000/マディソンブルー ワンピース(インナーつき)¥68,000/サードマガジン バッグ¥52,000/アマン(ペリーコ)【モヘア×レザー】ふわふわ柔らかな女らしさとハードなかっこよさをミックス 着こなしによっては甘くなりすぎてしまうモヘアのロングカーディガンは、モードなかっこよさがきわだつレザーのプリーツスカートで辛さを投入。ダークブラウンを選ぶことでレザーのハードさが軽減され旬なワントーンに。 カーディガン¥28,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(マルティニーク) ニット¥25,000/レリタージュ マルティニーク(レリタージュ マルティニーク) スカート¥98,000/ebure バッグ¥57,000/アパルトモン 神戸店(ヘリュー) 靴¥37,000/カチム【ツイード×とろみ】大人しくなりがちなベージュトーンはメリハリ素材で今っぽさを加えて 胸のワッペンやゴールドボタンなどトラッドテイストが満載のツイードジャケットは、とろみのあるしなやかなパンツと合わせて辛口フェミニンに。中のTシャツをジャケットの色と同じベージュにすることで、肩の力が抜けた大人な装いに。 ジャケット¥110,000/マディソンブルー Tシャツ¥9,000/ebure パンツ¥20,000/エストネーション ネックレス¥13,000/アルアバイル(ソコ) バッグ¥55,000/イアクッチ大丸東京店(イアクッチ) 靴¥48,000/エストネーション(ペリーコ)<スポーティ素材×エレガント素材>【スウェット×シルク混素材】ツヤ素材との組み合わせでスウェットがお出かけ仕様に 再ブレイク中のスポーティなスウェット。合わせるボトムはカジュアルさは控えめに、ダークグレーの光沢が美しいシルク混スカートで、女らしさが漂うグレーのワントーンコーディネートに仕上げて。素材のメリハリが着こなしのポイント。 スウェット¥26,000/エイトン青山(エイトン) スカート¥39,000/アングローバル(イレーヴ) メガネ¥33,000/アイヴァン PR(アイヴァン) スカーフ¥16,000/フィーゴ(ピエール=ルイ・マシア) バッグ¥194,000/ジミー チュウ 靴¥48,000/ビームス ハウス 丸の内(ペリーコ)【ボア×ギャバジン】コンサバカラーを今どきに更新するスポーティ素材との組み合わせ スーツなどに使われるギャバジンウールのタイトスカートはともするとコンサバに傾きがちだから、アウトドアなボアジャケットを投入することでこなれ感たっぷりに。女らしさ多めの小物使いで全体のバランスを大人仕様に。 ジャケット¥39,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 六本木店(ドゥーズィエム クラス) スカート¥27,000/サードマガジン バッグ¥29,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(ヴィオラドーロ) 靴¥48,000/エストネーション(ペリーコ)【ナイロン×落ち感素材】黒を重ねることでいつものダウンが見違える スポーティさ抜群のナイロン素材のダウンベストを大人が都会で着こなすには、ブラックのワントーンでスタイリッシュにまとめると簡単におしゃれが決まる。光沢のある素材と真逆に位置するマットな落ち感素材で大人なムードを満喫したい。 ダウンベスト¥57,000/F.E.N.(デュベティカ) ニット¥22,000/エンフォルド パンツ¥21,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(マルティニーク) バッグ¥185,000/トッズ・ジャパン(トッズ) 靴¥51,000/アマン(ペリーコ)3.【アニマル・チェック・パターン】「柄&小物」を加えてスパイスアップ!柄の中にある一色と、その他のアイテムの色を合わせるだけで完成する、柄を取り入れた「新ワントーン」。なかでも今季大注目のアニマル柄や定番のチェック柄、人気上昇中のジャカードやゴブラン織りなどにも注目。柄のもつ華やかさを楽しみつつ、ワンランク上の洗練を手に入れて。<アニマル>色のトーンが同じなら、大胆な柄もシックに決まるコントラストの強いゼブラ柄ときれいめなボウタイの組み合わせが新鮮なブラウスは、やはりブラウンがキーカラー。ざっくりとしたニットガウンやコーデュロイパンツ、ブーツなどすべてのアイテムをブラウン系でまとめることで、柄の大胆さが強く出すぎることなく洗練されたバランスに。 ブラウス¥95,000/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) ニットガウン¥36,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 六本木店(ドゥーズィエム クラス) パンツ¥39,000/ビームス ハウス 丸の内(エイトン) 靴¥65,000/カチムエイトンはエクラプレミアムでご購入いただけます!購入はこちら>インパクトの強い柄はスポーティさで引き算’80年代感が出ないよう、ヒョウ柄はスポーティアイテムを合わせてカジュアルダウンするのがマスト。今季ならビッグシルエットが旬のパーカがベストマッチ。 スカート¥130,000/マディソンブルー パーカ¥26,000(アメリカーナ)・バングル¥49,000(ガブリエラ アルティガス)/以上アパルトモン 神戸店 靴¥65,000/カチム<チェック>ざっくり巻いて包み込む、柄が生み出す立体感を堪能大きなチェック柄の大判ストールは、ブラウンをベースに、ブラックやグレージュなど冬に多いベーシックカラーが柄の中に入っているので、どの色とのワントーンも決まりやすく冬の間重宝する。ニットの上に肩から大きくざっくりと巻いて、包まれるような暖かさをたっぷりと味わいたい。 ストール¥120,000(アロンピ)・ニット¥36,000(アパルトモン)/以上アパルトモン 神戸店 パンツ¥52,000/アングローバル(イレーヴ) バッグ¥40,000/イアクッチ大丸東京店(イアクッチ)大胆なチェック柄でトラッドな装いをアップデートチェックのスカートの中の一色であるブラックと、ジャケットやニットなどすべてをブラックで統一したワントーン。暖かみのあるシャギーウールのスカートは、ブラックベースの着こなしも優しげに見せてくれる。 スカート¥98,000/ebure ジャケット(ジレセット)¥149,000/アマン(アンスクリア) ニット¥25,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 六本木店(ドゥーズィエム クラス) バッグ¥298,000/エイチ アイ ティー(ロウナー ロンドン) 靴¥159,000/ドゥロワー 青山店(エドワード・グリーン)<パターン>華やかなジャカード柄で、ネイビーが大胆に生まれ変わるネイビーベースにオレンジの花柄が織られたパンツを主役にした着こなしなら、大人しくなりがちなネイビーのワントーンが華やかにシフト。 パンツ¥48,000/ロンハーマン(サヤカデイヴィス) カーディガン¥79,000/ビームス ハウス 丸の内(エッフェ ビームス) カットソー¥8,900/エイトン青山(エイトン) メガネ¥28,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(ヴィクター&ロルフ) イヤリング¥10,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(ドミニク ドゥネーブ) バッグ¥68,000・バッグストラップ¥7,500/アパルトモン 神戸店(クレア ヴィヴィエ) 靴¥54,000/アマン(ペリーコ)ワントーンだからこそ柄の美しさが引き立つエスニックなペイズリー柄を、ツヤのある生地とボリューミーなティアードスカートでぐっとフェミニンに。ステッチがアクセントになったボウタイブラウスと合わせて、ノーブルさ漂う上品なワントーンコーディネートに。 スカート¥28,000/エストネーション ブラウス¥29,000/レリアン お客様相談室 ピアス¥14,000/アルアバイル(ラダ)バッグの柄までそろえれば、立派なワントーン上級者!存在感のある大きめサイズのエスニック柄のバッグと服の色をカーキからグレージュで統一。すっきり見えるのもうれしいポイント。 バッグ¥61,000/アマン(ア ヴァケーション) ニット¥59,000/ロンハーマン(エクストリーム カシミヤ) スカート¥28,000/デ・プレ(ノット) 靴¥85,000/レリタージュ マルティニーク(クレジュリー)今季バリエーション豊富! 旬のパターン柄アイテム取り入れやすい靴とバッグでスパイスを効かせて 黒やグレーとなじませやすいパイソン柄。存在感があるので小物で小さく取り入れるのが簡単。 (右)細身のシンプルなブーティでエレガントな足もとに。靴¥75,000/アマン(ペリーコ) (左)ビジューを効かせたバックルがリュクスなアクセントに。取りはずしできるショルダーストラップつき。バッグ¥369,000/ジミー チュウペリーコはエクラプレミアムでご購入いただけます!購入はこちら>細ベルトのアクセントが上質な女らしさを演出 アニマル柄初心者は大胆よりもさりげなく、を意識して取り入れるのが鉄則。ベルトなら細めをチョイスして。ヒョウ柄はブラウンやベージュ系、パイソン柄はグレーや黒のワントーンと好相性。 ベルト(右)¥10,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(メゾン ボワネ) (左)¥15,000(参考価格)/アマン(アトリエ アンボワーズ)深まる季節に欠かせない柄の巻きものが大活躍 一枚のスカーフの中にヒョウやゼブラなどの異なる柄をミックスした一枚。ブラウンベースだから派手すぎず、合わせる服を選ばない。冬のコートと合わせても負けないボリュームがあり、首もとに華やかな立体感をつくってくれる。肌ざわりのいいシルクコットン素材で軽やか。 スカーフ¥36,000/フィーゴ(ピエール=ルイ・マシア)グレートーンを今どきに見せる、華やかカラーのアクセント ベースカラーと組み合わせた鮮やかなアクセントカラーが、重くなりがちな冬のワントーンを軽やかに見せて。 ストール(右)ネイビーやイエロー、グリーンが入ったライトグレーベースのタータンチェック。生地密度が高くていねいな起毛が施されたカシミヤの肌ざわりは、一度手にすると手放せない。¥57,000/ビームス ハウス 丸の内(ジョシュア エリス) (左)グレンチェックとグリーンの2面をリバーシブルで楽しめる一枚。¥87,000/ドゥロワー 六本木店(ジョンストンズ)ジョシュアエリスはエクラプレミアムでご購入いただけます!購入はこちら>ジョンストンズはエクラプレミアムでご購入いただけます!購入はこちら>かわいげな着こなしにも似合う上質な大人の一足 ネイビーのワントーンコーディネートの足もとに取り入れたいドット柄パンプス。スカートはもちろん、パンツとの合わせで、ハンサムな着こなしの中に大人のかわいげと遊び心をのぞかせても素敵。太めの低ヒールだから安定感がよく、美しい一足をデイリーに楽しめる。 靴¥107,000/ドゥロワー 青山店(マノロ ブラニク)深みのあるブルーグレーでグレートーンがしゃれ見え ワンツーコーデは柄アイテムを投入し、洗練されたムードに。グレー寄りのブルーの花柄パンツと、ざっくりとしたモヘアニットでグレーのワントーンが完成。パンツはタック入りのシルエットと膨らみのあるジャカード織りで下半身の体型カバーもかなう。 パンツ¥27,000/ロンハーマン ニット¥43,000/アングローバル(イレーヴ) >>新ワントーン 記事一覧はこちら撮影/金谷章平(モデル) 魚地武大(TENT/物) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/徳原文子 モデル/ RINA LIZA 取材・原文/坪田あさみ ※エクラ11月号掲載
  • 上下ZARAでコスパよし こんにちは。 韓国旅行から戻ってきて、急に寒くなり、一気に秋の空気を感じました。 今期購入したZARAでコーデを組みました! ニット:ZARA スカート:ZARA バッグ:Prada シューズ:GU ピアス:SNIDEL キャメルのニットに、グレーのプリーツスカート ニットは程よくゆとりがあって、INも出来るし、OUTしても可愛い丈感です。 スカートは着回しがしやすいデザインで、春にはベージュもゲットしていて、2着目なんです! ブーツはGU! GUのシューズはとてもコスパよしです! 旅行だし、歩きやすく、少し汚れてもあまり気にせず履けるのもコスパいい靴の嬉しいところです^^ まだまだ着まわせそうなので、また載せます。 インスタもやっています→@hatase_ai
  • 天王洲アイルで開催されている「マドモアゼル プリヴェ展」 シャネルの世界観、手仕事の美しさにうっとりの空間でした。マリソル公式Instagramで知った「マドモアゼル プリヴェ展」 投稿を見て速攻で申し込んで、さっそく行ってまいりました!!「マドモアゼル プリヴェ」とは、パリのカンボン通り31番地、4階にある マドモアゼル シャネルのクリエイション スタジオの入り口に掲げられた言葉。 マドモアゼル プリヴェ展では ・オートクチュール ・フレグランス「シャネル N°5」 ・ハイジュエリー の3軸で、シャネルのクリエイティブな世界に触れることができます。 手も時間もかけられた美しいクリエイションの数々を こんな間近で見れるなんて! 作品の美しさにも、 世界観を表現した展示の演出にも、 スタッフの皆様のホスピタリティにも、 すべてにおいて、感激しっぱなしでした。運よく刺繍のワークショップにも少しだけ参加できました! これまたパーツのひとつひとつが美しくて…(絶句) これがひとつひとつ職人さんの手で縫い付けられているアトリエを想像すると 美しいものを生み出してくださる方々に、 尊敬と感謝の気持ちが改めて湧いてきました。なんと、来場者には、お土産にポーチとリーフレットまで! 無料の展覧会と思えない豪華すぎる内容です。。。 読み応えのあるリーフレットは、またゆっくり読みたいと思っています。 写真を見直していると、何度でも観に行きたくなってしまっています。 ぜひ皆さんも足を運んでみてください。■マドモアゼル プリヴェ展 / ガブリエル シャネルの世界へ 日程:10月19日~12月1日 会場:B & Cホール-天王洲アイル 住所:東京都品川区東品川2-1-3 時間:11:00-20:00 (最終入場19:30) 入場無料☆☆☆ お洒落情報満載のマリソル公式Instagramアカウントはこちら↓https://www.instagram.com/marisolmagazine/ My Instagram↓ 今回の写真もアップしてます♡https://www.instagram.com/hoshinote/美女組No.128 seikoのブログ
  • 朝晩と段々肌寒くなり、秋の訪れを感じる今日この頃。 10月もそろそろ後半線に突入しますし、ジャケットやコートなどのアウターを追加したい時期ですよね。ですが、まだまだ蒸し暑い日が続くこともあり、今の時期のアウターは何を選べば良いのか悩まれる方も多いのでは? そこで今回は、今の時期にぴったりな秋アウターについてご紹介します。 私がおすすめする、今の時期にぴったりな秋アウターは「ニットカーディガン」。 インナーを薄手のものにしたりと工夫さえすれば、気温の変化が激しい今の季節にもぴったりです。 そして、何よりニットカーディガンのオーバーなサイズが今っぽいしゃれ感を叶えてくれるところがお気に入りです。 こちらのニットカーディガンは、titivate(ティティベイト)のケーブル編みローゲージニットカーディガンと言うアイテム。titivate(ティティベイト)はプチプラで、大人のカジュアルアイテムが揃うので重宝しています。 ざっくり編みとドロップショルダーのデザインが、程よいラフさとこなれ感を演出。さらに、たっぷりボリュームのスリーブが大人の可愛げをプラスしてくれる所も魅力のうちのひとつです。 150cmの私はSサイズを着用しているのですが、袖の丈感や肩の落ち感もちょうど良いのでほっこり見えも回避してくれますよ。 そして、小柄さんがニットカーディガンを着る時のポイントが一つ。 小柄さんがざっくり編みのニットカーディガンを着る時は、とにかく "着られている感" が出ないようにするのが大切。 ニットカーディガンのゆるっと感とバランスをとるように、「抜き襟」を意識して羽織ることがポイントです。 ニットカーディガン| titivate(ティティベイト) トップス|nano universe(ナノユニバース) スカート|sense of place(センスオブプレイス) 写真のように、ニットカーディガンが後ろに流れるように「抜き襟」を意識して羽織ってみると、小柄さんでもスタイルアップ見えが叶いますよ。 何を着たら良いのか迷いがちな「秋アウター」。 今回は、ニットカーディガンにスカートを合わせましたが、オフの日はジーンズと合わせてとことんカジュアルにまとめるのもとっても可愛いですよ。 段々と肌寒くなる今の季節は、ぜひニットカーディガンにトライしてみてくださいね。 \instagramも更新しているのでぜひチェックしてみてください!/
  •  毎年一度は訪れる台湾。多いときには年に6度足を運んだこともある大好きな旅のデスティネーションです。食いしん坊ライターとしては食べたいものリストが長すぎて、弾丸トリップは念頭になく最低3泊が基本。そのうち1日は日帰り、もしくは1泊で地方旅に出かけています。昨年は新竹への”本場のビーフンを食べ、北埔の水井茶堂に行く”デイトリップを企画。今年は、友人とふたりで台南の近くの嘉義に1泊旅行をすることに。嘉義名物、鶏肉飯 以前から台湾に住む友人に「次は嘉義に行ってみたら?」と言われていたのと、Netflixの”ストリート・グルメを求めて”というドキュメンタリーの中に嘉義の魚の頭のスープが出て来たから。嘉義は、グッと引き込まれた人気歌手クラウド・ルー主演のドラマ「お花畑から来た少年」の舞台だった、のどかな台南の少し北。久しぶりに台北駅から高鉄(台湾の新幹線)に乗って1時間半ほど南下。夏はさぞかし暑いんだろうな、と南国の夏に思いを馳せながら街歩き。ココナッツを売る市場の店、お茶や台湾檜でも知られる阿里山が近いので名産の琥珀色のゼリー、愛玉子(オーギョーチー)の屋台などが並び、ゆったりした雰囲気がいいのです。今回泊まったホテルデイプラスには無料のレンタサイクルがあり、行きたいところを効率よく回れました。この宿は台北に住む友人のお勧めで、リーズナブルで、ロケーションもとても良かったです。  まずは、ホテルでもらった”散歩録”地図に14軒も紹介されている、嘉義といえばの鶏肉飯をランチに。台北の友人ステラ、嘉義在住のアンバーのお勧め、郭家鶏肉飯へ(ちなみに台中に住むニッキーは大同火鶏肉飯推し)。鶏肉飯はシンプルで優しい味わい!そしてもち米にピーナッツ入りの腸詰の形をしたものも指差しオーダー。みたらし団子のタレがかかっていて、好みでした!!  今回の旅の目的とも言える、魚の頭のスープの林聡明沙鍋魚頭も近かったので、早速行ってみることに。店先でテイクアウト用、店内用にグツグツ大鍋で煮込んでいるスープには、白菜、豆腐、湯葉、木耳、豚肉、ネギ、沙茶醬などなどが。魚の頭を揚げ続ける鍋もあり、豪快。ひっきりなしにオーダーが入ります。コクレン魚の頭の身は鱒に似ていて、コラーゲンたっぷり。野菜の甘みたっぷりの具沢山スープに、Q麺を入れたメニューは17時から限定だそうでそちらも人気だそう。ご飯ものメニューも充実でまた行きたい!  お腹はじゅうぶん満たされたので、ニッキーとアンバーが激しく推す、行列必至の”グレープフルーツジュース屋”さん御香屋に。なぜ、グレープフルーツジュースに行列???と思いきや、飲んでびっくり、タピオカの次はこれが来るといいな!と思うくらい美味。紅鑽葡萄柚綠茶は、ピンクグレープフルーツの果肉と果汁に、阿里山が近いからか中国緑茶をブレンド。さらに干し梅の甘じょっぱさがふわり。こんなに行列なのに、嘉義にしかない店だそう。翌日トライした、パッションフルーツと緑茶のブレンドにも目から鱗でした。  嘉義の食べ歩きの夕暮れどきには、嘉義に住む友人アンバーのお気に入りだという玖珈琲へ。バリスタのマンゴーさんが、オリジナルブレンドの美味しいコーヒーを選んでくれました。台湾はお茶もコーヒーも同じくらい感動するほど美味しいですよね。居心地のいいこの店を出たときに見た、やわらかな薔薇色に空が染まる夕焼けはまさにマジックアワー、幻想的でした。 街角のココナッツジュースの店ノスタルジックな街の風景林聡明沙鍋魚頭他の画像を見るHOTEL DAY+「ストリート・グルメを求めて」「お花畑から来た少年」撮影&文/桂まり
  • スポーツにも普段にも使えるペダラ。 どこまでも歩きたくなるスタイリッシュな優秀スニーカーです。ランニングシューズとしても、定評のあるアシックス。そのアシックスからこの秋発売されたオシャレなハイカットデザインのシューズ、ペダラ。 今回、そのペダラの機能性をお試しさせて頂きました。まずはトレーニングで使用。 しっかり足が固定されているので、靴がズレることなく、サクサク動けます。 足元を気にしながらのエクササイズは、怪我の元になるので、私には大事なポイントです。クッション性も高いので、ランニングにもgood いつもより軽やかに走れました。普段使いとしても優秀! 長い距離を心地よく歩く為の機能が搭載されたウェルネスシリーズ。 一日中ショッピングで歩いたこの日は、いつもより足の疲れを感じませんでした。 歩きやすさは、ソールに秘密が… ‍♀️ 詳しくはエクラの今月号、159ページで確認してみてくださいね tops : tommyhilfiger bottom : UNIQLO outer : ZARA shoes : asics pedala bag : LOUIS VUITTON今回、白と黒、両方をお試しさせて頂きました。 トレーニングウェアにも、普段着にも合う万能なシューズです。 ブラックはロングスカートに、ホワイトはストレッチパンツに合わせて、スポーツカジュアルコーデにしてみました。 普段、ハイカットのシューズを履くことがなかったのですが、今回お試しさせて頂いて、オシャレの幅が広がったような気がします。 何よりも、足に心地よいのが一番ですね InstagramもUPしましたので、お時間ありましたら覗いてみてください。Instagramはこちらをタップしてください⏹華組 豊田真由美ブログ
関連キーワード

RECOMMEND