優子がお手本! スウェットで子供っぽくならない選び方をチェック

non-no Web

一歩間違えるとゆるくなりすぎちゃうスウェット。ハンサムな女っぽさを足したら、可愛さはそのまま大人に着こなせる!

優しげな色のスウェットは「どこか締める」

カジュアルムードが加速しがちな淡色スウェットは、ハイウエストの濃い色デニムで締めて甘いだけじゃないクールなコーデにシフト。

スウェット¥6900/dazzlin

◀︎4コーデをみる▶︎

1/4

2/4

3/4

4/4


大人なロングプリーツでクリーンなムードに


細かいプリーツのベーシックなカラーがおすすめ。


フーディ¥7000/ユー バイ スピック&スパン ルミネ新宿店(ユー バイ スピック&スパン)



きかせた赤のおかげで×スキニーもラフすぎない


シースルーな素材で脚の甲が見えて抜け感が出るのも魅力。


スウェット¥9000/リランドチュール



カジュアル×色っぽのMIXコーデが完成


スウェットはINしてラインを強調。


スウェット¥4800/ユー バイ スピック&スパン ルミネ新宿店(ユー バイ スピック&スパン)



スニーカーにしがちな足元に女らしさをON


ミュールなら程よくゆるさはあるのにフェミニンな印象!


スウェット¥2990/WEGO


1枚目

デニム¥34000/エージー ジャパン(エージー) バッグ¥5900/UNRELISH イヤリング¥1900/titty&Co.ルミネエスト新宿店

2枚目

スカート¥2490/アース ミュージック&エコロジー 新宿ミロード(アース ミュージック&エコロジー) バッグ¥2990(一部店舗のみで販売)/UNIQLO(イネス・ド・ラ・フレサンジュ) イヤリング¥2200/ゴールディ スニーカー¥5800/コンバースインフォメーションセンター(コンバース)

3枚目

デニム¥24000/ROSE BUD新宿店(BOYISH JEANS) バッグ¥5900/ジオン商事(スリーフォータイム/キャセリーニ) リング(5月発売予定)¥5000/LIFE’s 代官山店(TODAYFUL) サンダル¥29000/ビームス ウィメン 原宿(ファビオ ルスコーニ)

4枚目

スカート¥8000/ViS(Lee×ViS) バッグ¥2900・サングラス¥2900/MURUA イヤリング¥1500/ゴールディ サンダル¥4690/ROPÉ PICNIC PASSAGE

5枚目

スカート¥3990/アース ミュージック&エコロジー 東京ソラマチ(アース ミュージック&エコロジー ナチュラル レーベル) バッグ¥11000/ビームス ウィメン 原宿(ビュレ×レイ ビームス) ピアス(5月発売予定)¥4500/LIFE’s 代官山店(TODAYFUL) ミュール¥13000/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ)

2019年6月号掲載

▼ 関連記事もチェック!

この春人気のパステルカラーアイテム。自分の肌色に合わせて選んだり、レディなグラデーションで遊んだりしても楽しいよ♪ シンプルなカタチのスウェットや端正なルックスのシャツなら、トレンドも親しみやすさも両方叶う。
1枚で映えて、好感度が高いトップスがあれば新しい出会いシーズンの強い味方に。親近感アップするスウェットを狙い撃ち。
1枚で映えて、好感度が高いトップスがあれば新しい出会いシーズンの強い味方に。親近感アップするスウェットを狙い撃ち。
モデル/新木優子 馬場ふみか 撮影/菊地史(impress・モデル) 齊藤晴香(物) ヘア&メイク/北原果 スタイリスト/石田綾 web構成/篠有紀 web編成/ビーワークス 撮影協力/バックグラウンズ ファクトリー
関連記事
  • 好きなものは、復活する。20年ぶりのアニマル柄(^^♪ 40代になって、どう着こなす?ZARAで購入新幹線の移動時は、楽なサンダルが助かりました(#^^#)先日の帰省時コーデ。 パイソン柄サンダルは、リネンパンツと合わせたい気分(^_-)-☆ 白トップス:spick and span リネンパンツ:spick and span サンダル:ZARA サングラス:Gucci シャツ:ZARA デニム:H&M(men's) サンダル:spick and span セイラ「そろそろ私も夏毛に着替えるニャー♡」ZARAのアニマル柄(鳥柄)は、172センチの私でSサイズ。 シワになりにくい素材のブラウスです。 腕も人より長い私ですが、袖丈が助かってます! プチプラで、個性あるデザインのお洋服を楽しむことが出来るのが、とっても有難い♡ 流行りも気になりますが、直観で「自分の好き」を大切にしてきたいなと思います。 いつも最後までお読みくださり、ありがとうございます(#^^#)。 かっきー ちょうど、マリソル美女組N0.66 risaさんも、ブログにて素敵なアニマル柄をご紹介されています美女組No.66risaさんの”私って、アニマル柄が好きなのかも・・”はこちらをclick!美女組No.136 かっきーのブログ
  • とにかくバリエーション豊富!1500円だから気軽に試せて、サングラス初心者さんにもおすすめです。 私にとって、サングラスはあまり馴染みがないアイテムです。 なぜなら、私は視力が良く眼鏡を使ったことがないため、眼鏡に慣れていないので、サングラスや伊達メガネをかけると違和感がひどく、すぐに頭が痛くなってしまうんです。 年に数度、リゾートに行く時に昔買ったサングラスを引っ張り出してくるぐらいでしたが、最近、紫外線の影響で目から老化が進むという話を聞き、夏が来る前に久し振りにサングラスが欲しいなと思っていました。 しかし、サングラスはかなり流行に左右されるアイテム。そして、ちょっと良いものを選ぶと軽く2〜3万円はしてしまいます。 私にとって、最も知識のないファッションアイテムであるアイウェアに、そこまでお金を出して失敗してしまうのは避けたいし、使用頻度の低いアイテムにあまりお金はかけたくないので、こういう物こそプチプラで選びたいと思っていました。 こんなとき、だいたいユニクロに行ってみるのですが(田舎住まいゆえ、服屋といえば近くにはユニクロのみなのです…)、サングラス、ありました!しかも、スクエア、オーバル、ウエリントン、ボストン、スポーツタイプなど一通りの形が揃っています。 フレームも、べっ甲風やメタル風、遊び心のあるカラータイプと様々で、レンズもクリアやミラータイプも揃っており、驚くほどのバリエーション。 誰でも、自分の顔にマッチするサングラスが見つかるのでは、と思うほど。 私の行った店舗では、隅の方にひっそり置かれていましたが、もっと目立つ売り場でアピールしないともったいない、とつい余計なことまで考えちゃいました(笑)私の顔タイプ「エレガント」に合う大人っぽい感じのものをセレクト。売り場には、子供顔タイプさんに似合いそうなものも豊富でした。べっ甲風のボストンタイプのクリアサングラスと、同じくべっ甲風のオーバルタイプのものを買いました。 商品名は「オーバルサングラス」商品名は「ボストンコンビクリアサングラス」。つるの部分がメタルになっています。かけてみるとこんな感じです。 正直、眼鏡の知識はないため、もっと高価なものと比較することはできませんが、かけ心地も悪くなく、1500円というお値段を考えると、かなり優秀ではないでしょうか。 紫外線が多くなってくるこれからの季節、主にアウトドアでの子どもとの遊びの時に使おうと思っています。 私にとってサングラスは、使用頻度も低く、ファッションアイテムの中ではあまりこだわりのないアイテムといえます。 こういう自分にとって優先順位が低いものほど、プチプラで賢く買うことができると、嬉しいですね! とにかくバリエーションが豊富なユニクロのサングラス、サングラス初心者さんも、また、たくさん持っているけどもっと集めたいという方も、一度見に行って損はないと思いますよ!➡︎ユニクロのオンラインストアはこちらから★Instagramで日々の出来事やコーデを更新中です。美女組No.141 カキノキのブログ
  • ニット¥3900/dazzlin デニム¥12000/リー・ジャパン イヤリング¥1300/お世話や(Osewaya) バッグ¥4900/アンビリオン(カシュ カシュ) パンプス¥20000/サン・トロペ(セヴン・トゥエルヴ・サーティ)カジュアルアイテムの代表格デニムだって、背中見せやピタめが女らしいトップスを合わせればグッと色っぽくイメチェンできちゃう。もちろん足元はヒールで大人っぽさを盛り上げて。ボーダー×デニムの定番マリンも、ぐっと大人っぽいスタイルに!モデル/江野沢愛美 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) ヘア&メイク/菅長ふみ(Lila) スタイリスト/松尾正美 文/鈴木絵都子 ※上記のキャプションはWEBオリジナルのもので、本誌とは異なります。明日のコーデに迷ったら… \non-noお天気コーデをチェック/ ▶ボーダートップスコーデ記事一覧はコチラ
  • これからの季節の必需品・サングラス。単に紫外線防止のために身につけるなんてもったいない! 今季トレンドとしても注目のビックフレームタイプのサングラスは、ファッション小物として活躍するのはもちろん、小顔見え効果も抜群です!小顔見えなら「ボリューム&太フレーム」今季のトレンドとしても注目のビッグフレームタイプは、小顔見えNo.1。スクエア型やカラーフレームなどデザインも豊富なので、ファッション小物としても活躍間違いなし!小顔見せ効果抜群! 流行のスクエア型ビッグフレーム シャープな印象のスクエア型、しかも大ぶりタイプで小顔効果は絶大! アジア人に合わせたモデルなのでフィット感がよく、薄型で軽いのも魅力。ブラウンのべっ甲柄は黒よりも優しい表情をつくってくれる。 サングラス¥48,000/トム フォード アイウエア シャツ¥16,000・スカート¥24,000/エリオポール代官山(エリオポール) ピアス(左耳)¥38,000・(右耳)¥50,000/イー・エム表参道店(イー・エム) ブレスレット¥53,000/アッシュ・ペー・フランス(ウッターズ・アンド・ヘンドリックス) リング¥8,500/CPR トウキョウ(ルーカス ジャック)1.美しいクリアグリーンの薄型ビッグフレーム。テンプルからはブランドアイコンのイントレチャートが透けて見える工夫が。 サングラス¥44,000 /ケリング アイウエア ジャパン(ボッテガ・ヴェネタ)2.少し丸みを帯びた黒はアジアンフィット仕様。テンプルに施されたスワロフスキーのクリスタルやゴールドビーズが横顔を華やかに。 サングラス¥45,000/サフィロジャパン お客様相談室(ジミー チュウ)3.頰骨あたりまですっぽり覆い隠す大ぶりのスクエア型。珍しいネイビーカラーは、白Tとデニムに合わせてさっそうとつけこなしたい。 サングラス¥30,000/バーバリー アイウェア(バーバリー)4.こちらも顔の半分くらいが隠れるほどの、変形スクエア型のビッグシェイプ。サイドのゴールドパーツが大人の顔にリッチ感をプラス。 サングラス¥29,000 /ミラリ ジャパン(マイケル・コース)5.’90年代にインスピレーションを得たというグッチらしい個性派。アクセサリー感覚で身につければ、夏の装いに明るさと抜け感をプラス。 サングラス¥43,000/ケリング アイウエア ジャパン(グッチ)6.万人受けするオーバル型のクラシカルモダンな一品。正面だけでなく、上下横から入る紫外線をカットし、シミ、しわを防ぐアンチエイジングサングラス。 サングラス¥33,500 /タカロック(クレア)撮影/黒沼 諭(aosora/モデル) 西原秀岳(TENT/静物) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/大沼こずえ(eleven.) モデル/高橋里奈 取材・文/新田幸子 ※エクラ6月号掲載
  • わたくしが「ビーン・ブーツ」を買うまでのオハナシ、お付き合いください。ちなみに新品でシューレースがバリカタなため、こうなってしまうのです……。がそんな些細なことは気にならない! のっけから何ですが、アウトドアが苦手なんです。泥んこになったり濡れて寒かったり、虫がいたりするのがどうも……(ひ弱ですみません)。子供が喜ぶので、しぶしぶ(!?)キャンプに参加してきたのですが、1泊が限界。ところが、GWに諸事情でキャンプ場に4泊もすることに。さらに日ごろの行いが悪いのか、キャンプ初日とチェックアウト日以外はすべて雨という予報まで! かなり気が重くなってきましたが、こういうときこそ名品買って気分あげてこー! てなわけで、SPURのアウトドア特集やフェス特集をじっくり見直したり、SPURの連載『井之脇海と、山の話』で井之脇さんにガチで同行した、登山経験豊富な編集担当に相談して買い物計画を練り練り。 まずはぐちゃぐちゃを乗り切るためのブーツ的なものを一足、と狙いを定めました。SPURのアウトドア特集を見るにつけ、ご自身も登山される金子夏子さんのスタイリングが素敵で、この「ビーン・ブーツ」が欲しくなったんです(上から2つ目の森を二人の女の子が歩いている写真ですね)。ちなみにL.L.Beanといえば私の青春時代、ここの海外通販が流行ってまして、外人モデルが白い歯を見せてにこやかにポージングするカタログを何度も見返したものです。当時、高校のおしゃれな先輩方がビーン・ブーツを日常に取り入れていて欲しくなったのですが、結局は買う機を逃しました。そのビーン・ブーツが今再び……。 先述の登山編集者に意見を聞いてみると「いいと思いますよ、とにかく名品ですからね」と。さらに迷っていると別の編集者が別のことを言いました。「可愛さ重視ならいいと思うんですが、キャンプのときって、靴の着脱が多いからブーツだと面倒くさくないですか?」と。たしかにそれは鋭い指摘。 そこで靴のラインナップが多いと噂のL.L.Bean日比谷店へ。試し履きした結果よい発見が! シュータンの左右がアッパーに縫い付けられているため、足入れしたときにシュータンが潜りこまないんです。テントへの出入りが頻繁なシーンでは、ひもは上のほうだけゆるくして、間口のおっきな靴下をはくようなイメージで足をすぽっと出し入れすればよいかと。プルタブもついているので、最後に引っ張れば足がスッキリ収まります。スライダーほど着脱がスムーズではないですが、シュータンが潜り込んじゃうスニーカーよりもストレスフリー。 サイドゴアタイプの「チェルシー」のほうが着脱しやすいのでは? と思いましたが、そうでもなかった。それに実物の佇まいをみてときめいたのは、圧倒的にこちらのビーン・ブーツ。(好みがあると思いますが)。レザーの質感、カラーパレットが素敵。ちなみに私は背が低く8インチではなく6インチがバランスがよく見えたのでこちらを連れて帰りました。さてGW、天気予報は大当たりの雨、雨、雨。そんな中キャンプに加え瀬戸内国際芸術祭に参加し、歩きまくり。タフな状況であるがゆえにわかったのです、ビーン・ブーツの真価が。足元の“守られ感”が半端ない。びしょびしょ回避のため、そして1番小さいサイズ6でも自分にはやや大きめだったこともあり、SPOご推薦の洗える「今治インソール」を投入しましたが、杞憂に終わりました。全然濡れないし、ぬかるみもどしどし歩ける(噂に聞きしチェーン・パターンのソールのグリップ力でしょうか)。アッパーはレザーなためか、レインシューズにありがちな蒸れ蒸れ感もなく快適。実力もすごいですが、何よりもアウトドアシーンになじむこのデザイン! 履くと「ワタシ、自然に溶け込んでるわ〜!」と気分が上がるんです。デニムにもワンピースにも、レギンスにもマッチする。キャンプ場でも「いいですね」と声をかけられました(ちなみに男性ばかり)。ソールが減っても修理ができ、長く履けるというのも名品ならでは。今はバリカタのシューレースやこぎれいなレザーがくたっとなじむくらいに育てられたら。アウトドアが苦手の私のモチベーションをあげてくれる一品をゲットし、いい買い物をしたと満足感に浸っています。 こちらキャンプ終了時のビーン・ブーツ。汚れもサマになりますね。
  • 薄着になる季節こそ「巻きもの上手になりたい!」という美玲さん。さりげないあしらいでデイリースタイルのしゃれ感を倍増させるスカーフ&ストールの簡単アレンジにフォーカス。 まだ照れるスカーフは小面積で始めてみる気張らずプラスしたいときには、細長いスカーフがおすすめ。キュッとコンパクトに巻くだけで、いつもの黒リブニットに個性を。足もとにもピンクを配すと首もとだけ浮かずにカラーバランスが整う。「スカーフと靴をリンクさせるとまとまりもよく、取り入れやすさも上がりますね。見慣れた黒ニットのマンネリ解消にも! ショートパンツもぐ んと大人っぽく見えます」(美玲さん)。スカーフ(5×85)¥7800(マニプリ)・靴¥44000(ネブローニ)/フラッパーズ トップス¥30000/スローン(スローン) パンツ¥34000/ビューティフルピープル 銀座三越(ビューティフルピープル) ピアス¥31000/トゥモローランド(レレサドゥギ) リュクスな2枚使いで女らしさ香るマニッシュルックコットンとシルク、素材違いのスカーフを編み込むことで表情が豊かに。「2枚巻きのゴージャス感も辛口スタイルにならアリですね」(美玲さん)。ピンクストール(20×160)¥18000/フラッパーズ(マニプリ) ブルースカーフ(25×120)¥9000(altea)・トップス¥42000(アンスクリア)/アマン パンツ¥12800(ヴィルーム)・ハット¥32000(クライド)/ギャルリー・ヴィー 丸の内店 バッグ¥12000(カーナス)・リング¥32000(アンコモンマターズ)/デ・プレ イヤカフ¥24000(ヒロタカ)・フープピアス(大)¥23000(マリア ブラック)/ショールーム セッションラフにたらして定番デニムにこなれ感をTシャツ&デニムの王道コンビが見違える。「無造作なあしらいが意外でした。服とストールのトーンが合っていて、ほんのりレトロで可愛い。普段着がワンランクアップしますよね」(美玲さん)。ストール(68×68)¥16000/スローン(スローン) Tシャツ¥9000・パンツ¥21000(ともにRouje)・ベレー帽¥10000(ラ メゾン ド リリス)/メゾン イエナ ジャケット¥64000 (カバナ)・ベルト¥25000(参考価格)(アトリエ アンボワーズ)/アマン ピアス¥18000/ショールーム セッション(ヒロタカ) ネックレス¥54000/デ・プレ(レジェ) 靴¥51000/フラッパーズ(ネブローニ) 白黒ストールで肩を覆い大人の露出バランスにストールを三角に折り、片肩で結ぶだけ。清潔感のあるモノトーンストールが、肩と腕をアシンメトリーに覆い、肌見せも上品に。「リゾートでやってみたいスタイル。はおりもののように使うストールも新鮮です。この夏はカーデに頼らず、ストールを活用したいです」(美玲さん)。ストール(90×90)¥23000/アマン(altea) ワンピース¥50000/クルーズ(エリン) バッグ¥43000/スーパー エー マーケット(ヴァニーナ) ピアス¥ 25000・リング¥32000/サアガラ ショールーム(エース バイ モリザネ) 初夏のストールは、服とのバランスで2タイプ揃えるべき!冬用の厚手ストールは持っているけど、春夏に巻くものは実は一枚も持っていないんです。仕事で巻いてもらうたび「おしゃれだな、欲しいな 」と思ってはいるものの、そもそもどんなものを選んでいいのかがわからなくて……。今日の撮影で学んだのは、無地より色の入った巻きもののほうが実は合わせやすいってこと。手持ちのモノトーンのアクセントにもなるし、服の色とリンクさせても可愛いし。一方で、服の色が派手ならモノトーンのストールで引き締めるのもいいなって。服とのバランスで2タイプをそろえるべきだと確信! コンサバにはしたくないので、“Tシャツにサラリ”など、まずは自分が好きなカジュアルに加えてみたいです。(美玲さん)撮影/赤尾昌則〈whiteSTOUT〉 ヘア&メイク/笹本恭平〈ilumini.〉 スタイリスト/安西こずえ〈Coz inc.〉 モデル/桐谷美玲 取材・文/榎本洋子 ※( )内の数字は編集部で計測した(縦×横)で単位は㎝です ※BAILA2019年6月号掲載
  • 仲良しコンビ♡ 優子とふみかの撮影に密着!Tシャツ企画から優子&ふみかの仲良しコンビにインタビュー。撮影中のクールな表情から一変、インタビューでは和気あいあいとトークをくり広げる2人に注目してね♡ この夏したいファッションのおしゃべりから撮影の感想まで、最後までお見逃しなく!     5月20日発売のnon-no7月号はふみかが表紙! 巻頭のカバーストーリー「ふみかの女神な水着」では、憧れBODYのふみかがトレンド水着をナビ♡ ファッション大特集では、優子やふみかや七瀬がトレンドアイテムの着回し「私の1×10」をたっぷり見せちゃうよ!   さらに、小松奈々さん・川栄李奈さん・池田エライザさん・山本舞香さんなど、スタイリッシュな6人が「夏の黒」が新鮮になるアイディアを披露! その他、Hey! Say! JUMPのスペシャル大特集や映画『パラレルワールドラブストーリー』で主演を務める玉森裕太さんのインタビュー、初登場のKoki,さんのメイクページなど盛りだくさん♪  
  • 働く美女組の声を反映した、M7days for Officeのスペシャルアイテムを作りました!美女組のリアルな声を形にしました!働く美女組さんに集まってもらい、座談会を実施。上司、同僚、後輩からの意見や、実際のお仕事シーンで必要な機能やデザイン、スタイリングのお悩みなどをもとに製作しました。毎シーズン一着は欲しい ■清涼シャツワンピースシワになりにくく着心地のよい素材を使用。気になる二の腕をさりげなくカバーするフレンチスリーブや、ベルトなしでもサマになるウエストゴムにも注目して! 改まった打ち合わせやオケージョンにも使えるネイビー夏に心地よいタイプライター素材は、 さらりとした肌ざわりでシワが気にならないのがうれしい。小さめのシャツ襟が女らしく、コンパクトなVあきは華奢なネックレスとも相性抜群。自宅で洗えるから、汗が気になるこれからの季節も清潔感をキープできる。ミニヨンリザードトート¥42,000(トフ&ロードストーン) ポインテッドトゥバックストラップパンプス¥26,000(ファビオ ルスコーニ)/SHOPMarisol 小物しだいで印象ががらりと変わるモダンなブルーきちんと感とトレンドが両立した、少しスモーキーなブルー。端正な小物を合わせればオフィススタイルの鮮度アップに。週末はカジュアルな小物合わせで可愛く仕上げて。メタリックマクラメトートS¥14,000(ヌキテパ)・アンクルリボン スクエアトゥ フラットシューズ¥44,000(ネブローニ)/SHOP Marisol カーディガン/スタイリスト私物■エムセブンデイズ【洗える】シャツワンピースカラー:ネイビー、ブルーサイズ:1、2¥22,000 一枚で決まるデザイン ■華やかとろみブラウス 襟まわりにデザインのあるブラウスは、アクセサリーがなくても顔映えするので好評。華やかだけれど仕事のじゃまにならない、"ほどよい"袖のふくらみもデザインポイント。 優しいピンクベージュが女性らしさを演出さらりとした着心地でありつつ、透けないように身頃のみ裏地つき。二の腕をカバーしてくれる肘丈の袖はきちんと感もあり、スタイリングしだいで会食などのシーンにも対応可能。フロントの切り替えが縦のラインを強調し、シャープに見える。バッグ【SUPER LIGHT】¥37,000/SHOP Mariso(l ジャンニ キアリーニ) ピアス・メガネ/スタイリスト私物きれいめTシャツ感覚で着られるクリーンなホワイトコンパクトな着丈だから、アウトにした時のバランスが抜群。お仕事シーンはもちろん、ショッピングなどデニムスタイルを少しきれいめに仕上げたい日にもぴったり。■エムセブンデイズ【洗える】フロントデザインブラウスカラー:ピンクベージュ、ホワイトサイズ:1、2¥11,000 【Marisol 6月号2019年掲載】魚地武大(TENT/物) スタイリスト/徳原文子 取材・文/発田美穂
関連キーワード

RECOMMEND