ベースメイク初心者さん必見! クッションファンデーションの今っぽい塗り方はコレ★

non-no Web

"透明感"を目指すならクッションタイプ。下地やお粉不要なものが多いから、忙しい朝にもってこい♡

トップス¥1490/アース ミュージック&エコロジー 新宿ミロード ピアス¥3000/Phoebe+(phoebe)



「ナチュ肌」にマストなアイテムはこちら!

保湿成分入りのクッションファンデーション

ヴィタルミエール グロウ 20

SPF15¥6900/シャネル カスタマーケア

塗布した瞬間から肌が輝き、一日中潤いが。SPF入りで紫外線からも肌を守ってくれる。

 

◀ 左右にスライド!▶

1/3

2/3

3/3

【1】いったん手の甲で量を調整


ファンデーションをパフに取ったら、手の甲で量を調節。そのままのせるとムラに!




【2】頬の中央から"置く"ように


面積が広い頬からオン。ファンデーションを"置く"イメージでトントンのせていって。




【3】鼻や目元はパフを折って


顔の凹凸に沿ってファンデーションをのせるため、細かい部分はパフを折ってオン!





2019年4月号掲載

▼ 関連記事もチェック!

思わず触りたくなる、ふわふわフォギーな肌で"可愛げ" 印象に。下地の仕込み方やファンデーションを塗る順番……ひと手間で仕上がりが見違える♡
モデル/馬場ふみか 撮影/三瓶康友(モデル) 齊藤晴香 富田恵(2人とも物) ヘア&メイク/河嶋希(io) スタイリスト/前田涼子 構成・原文/浦安真利子 web構成/篠有紀 web編成/レ・キャトル
関連記事
  • \ ファッションブランドのイチオシゆかた /  Lily Brown 人気ファッションブランド『リリー ブラウン』からもゆかたが登場! 洋服同様、ゆかたもちょっぴりヴィンテージ感のある色や柄でオリジナリィあふれるデザインが特徴。ゆかたでも自分らしい着こなしがしたい! そんな人にぴったりのラインナップ。めずらしいプロテア柄で個性を発揮して 存在感たっぷりのマスタード地にパープルで描かれているのはプロテアというお花。花言葉は「自由自在」というだけあって、枠にとらわれない自分らしい着こなしを楽しめそう。シャイニーなビーズのバッグを合わせて洗練された大人な印象に!   ゆかた・帯・作り帯の3点セット¥16000・バッグ¥10400/リリー ブラウン  シックなモスグリーンの帯がセットに マスタードゆかたを奥行きのある着こなしに見せるモスグリーンの帯と作り帯がセットに。洋服でもトレンドのアースカラーの組み合わせで友達に差をつけちゃおう。ハリのある縦縞生地で着こなしがきれいに ややハリのある生地のため、着た姿がきれいに決まるよ。さりげなく縦を強調する縞模様が入っているから、細見えはもちろん、表情が豊かなので着映え効果も高い。  モスグリーンの帯は牡丹と小花柄 モスグリーンの帯には、華やかな牡丹と小花があしらわれている。立体感が出て、高見えが叶うよ。    他にもあるよ♥ブーケ柄で大人っぽさも華やかさも欲張りに シックな黒地に描かれたのは赤や水色、イエローのお花で作られたにぎやかなブーケ。細かな柄だから花が目立ちすぎず大人っぽい雰囲気で着られる。大ぶりのピアスで顔まわりを盛って、ゆかたの華やかさとバランスをとって。   ゆかた・帯・作り帯の3点セット¥16000・ピアス¥3800/リリー ブラウン  くすみイエローの帯で花柄を大人に昇華 セットの帯はトレンドのくすみイエロー。たくさん使われているゆかたの印象を引き締め、全身のアクセントにもなる。帯と作り帯には牡丹や小花の織り柄入り。  ▶アパレル浴衣をもっとCHECK!撮影/細谷悠美 スタイリスト/立石和代 文/鈴木絵都子
  • 人気ブランドをはじめ、SNSや感度の高いおしゃれプロたちが注目しているネオナチュラル。この夏ブーム間違いなしの「ネオナチュ」を簡単に攻略できるコーデとアイテムをお届け!普段コーデに持つだけで一気にネオナチュ度UP 丸い形&編み素材のバッグで遊び心を。 バッグ¥6900/COO(LAUGOA) トップス¥5500/SNIDEL スカート¥9000/MERCURYDUO ピアス¥2900/MURUA他のアイテムをチェック! ◀︎◀︎◀︎各バッグの詳細をチェック!軽くソフトな透かし編み。編み目は大きいけれど、シルバーのきんちゃく入りだから小物が落ちることもなく安心。 ¥6900/COO(LAUGOA)クリアな素材とのMIXで夏っぽさ全開に! ¥6900/ACCOMMODEルミネエスト新宿店他の画像を見るモデル/新川優愛 鈴木ゆうか 江野沢愛美 岡本夏美 撮影/柴田フミコ(モデル) 齊藤晴香(物) ヘア&メイク/牧田健史 スタイリスト/松尾正美 構成・原文/道端舞子 web構成/篠有紀 web編成/ビーワークス
  • 薄着の季節に向けて、そろそろ本腰を入れたいボディケア。メルヴィータから、ローラー付きでマッサージしやすい涼感ジェルと、体を洗いながら引き締め&角質ケアできる一挙両得なボディウォッシュが登場。どちらも塗るだけ、洗うだけの手軽さで引き締めができるから、つい怠りがちなボディのお手入れも、無理なく続けられる。 メルヴィータ ロルロゼ オイルイン アイスジェル 100ml ¥4,400(2019年6月12日発売) 冷却ローラー付きのボディジェルは、カフェインの8倍もの脂肪分解効果をもつピンクペッパーと、-6℃の冷却効果というWのアプローチで引き締めを狙うアイテム。お風呂上がりやスポーツ後の肌にマッサージしながら塗ると、ボディローラーとメントール&ミントウォーターが肌を一気にクールダウン! さらに、ピンクペッパーが代謝を促し、セルライトやむくみの原因を解消する。 ベタつかないオイルインジェルは肌にすっとなじんで、セルライトの凹凸を感じさせないなめらかな肌に。甘すぎないスパイシーシトラスの香りも心地よく、リラックスしながらお手入れできる。冷蔵庫で10分ほど冷やしてから使うとひんやり感がアップするから、暑い季節にはぜひお試しを。 メルヴィータ ロルロゼ エンリッチ オイルイン ウォッシュスクラブ 150ml ¥2,990(2019年6月12日発売) お風呂で洗いながら簡単に引き締めケアができると人気のオイルイン ウォッシュスクラブがパワーアップ! すぐれた脂肪分解効果をもつピンクペッパーの配合量が2倍となり、セルライトがたまりやすく、むくみが気になるパーツの引き締めに今まで以上の効果を発揮する。 スクラブ入りのジェルは泡に変化する2WAY処方なので、週に2~3回、いつものボディウォッシュをこちらに置き換えるだけで角質ケアもできるすぐれもの。また、マッサージしながら体を洗うことで代謝が促進されるから、続けるほどに肌がなめらかになり、輝くようなボディになれる。 ウォッシュスクラブで体をピカピカに磨き上げたら、ひんやりクールな涼感ジェルでマッサージ。この2ステップを習慣にして、夏までに自信のボディを手に入れて。 メルヴィータジャポンhttps://jp.melvita.com03-5210-5723 text:Tomomi Suzuki >>ビューティニュース
  • ベージュやキャメル、カーキなど、力強い大地や自然をイメージさせるアースカラーの大ヒットで、春から夏にかけて、ミリタリーテイストの服や小物がおしゃれな人に注目されています。具体的にはエポレット、ショルダーループ(肩章)、大きなフラップポケット、動きやすい大きめのプリーツやダーツ、ドローストリングコードなどがついたウェアやシューズなどですね。人気ブランド【ザラ(ZARA)】も「ZARA SRPLS(ザラ サープラス)」というミリタリーに特化した限定コレクションを3回にもわたってリリースし、世界中のおしゃれピープルの間で大きな話題になっています。元は軍服ですから、単体だけで見たり、また全身ミリタリーアイテムで固めてしまうと、どうしてもメンズライクでマニッシュなムードに傾きがちなので「どうしてミリタリーが流行るのかわからない」「いかつい印象がどうも苦手」という30代~40代の大人の女性も多いと思います。その点「ZARA SRPLS(ザラ サープラス)」は、やわらかな生地や色合いを多用したミリタリーテイストのコレクションなので、より多くの方が楽しめるのではないかと。今回は【ザラ(ZARA)】プレスルームでお披露目された「ZARA SRPLS(ザラ サープラス)」ラインナップのなかから、大人の女性に似合いそうなアイテムをピックアップしてみました。大人にこそ似合う「ZARA SRPLS(ザラ サープラス)」おすすめアイテム8選プレスルームでダントツのいちばん人気だったパッチワークシャツドレス。日本製のコットンを使った生地を用い、左右アシンメトリーに仕立ててあります。¥15990/ザラ・ジャパン(ザラ サープラス)定番モッズコートのゴツさが苦手でも、落ち感のあるやわらか素材でゆるっと大きめに羽織れるタイプなら着やすいのでは? 真夏以外の通年で着回せるコートです。コート¥17990/ザラ・ジャパン(ザラ サープラス)大きめのフードで小顔効果抜群のパッチワークモッズコート。ウエストをギュッと絞って着ることもできます。コート¥22990/ザラ・ジャパン(ザラ サープラス)チロリアンテープをあしらったフードつきスウェット。絶妙なブルーグレーカラーが素敵です。¥7990/ザラ・ジャパン(ザラ サープラス)ハイウエスト&カーブのかかった脚線で脚長見せをかなえるベイカーパンツ。3色のカーキをパッチワークしています。¥11990/ザラ・ジャパン(ザラ サープラス)袖口、胸ポケットの上、ベルトループなど随所にチロリアンテープをちりばめてアクセントにしたセットアップ。シャツ¥9990・パンツ¥11900/ザラ・ジャパン(ザラ サープラス)質感が少しずつ異なるカーキ布をグラデーションでパッチワークしたゆる感ビッグシャツ。色違いでピンクメインのパターンもあります。シャツ¥11990/ザラ・ジャパン(ザラ サープラス)大人の女性が着られるワンピースが多く揃うザラ、こちらはミニ丈です。おしゃれ上級者はこんなパッチワークタイプにトライしてみては? 一枚でコーデが決まります。¥13990/ザラ・ジャパン(ザラ サープラス)コワく&ゴツくならない、ミリタリーアイテムの着こなし方って?では、ミリタリーウェアを30代~40代の大人の女性が取り入れる場合は、どうすればベストなのでしょうか? 最もトライしやすいのは、ふんわりフェミニンなワンピースやスカートなど、女らしいアイテムとミックスするのが簡単です。ジャケット¥11990/ザラ・ジャパン(ザラ サープラス)たとえば【ZARA(ザラ)】のオールシーズン大ヒットアイテム、花柄ワンピースに、ジャケットをラフに羽織るコーディネート。実は沖島、超典型的な骨格診断ストレート&イエベ肌&男顔なので、本来であれば、こうしたふんわりフェミニンな小花柄ワンピースは一枚きりだとあまり似合いません。しかし、ミリタリー風ジャケットを一枚プラスするだけでバランスが取れるのです。サンダル¥13990/ザラ・ジャパン(ザラ サープラス)迷彩柄アイテムは、30代40代の場合、お洋服で取り入れてしまうと「何と戦うの!?」と戦闘体制に入ってしまいがちですが、シューズ、ベルト、コンパクトサイズのバッグ、スカーフなど、ごく小面積で取り入れると着こなしのアクセントになります。とくに、これから夏に向けてサンダルがおすすめ。ワンピースやスカートの足もとに、スニーカー感覚でお試しください。ちなみに、より女らしいミリタリーコーデを楽しみたいなら「ZARA SRPLS(ザラ サープラス)」第3弾としてリリースされたパステルピンクメインのコレクションがおすすめ。いずれも【ザラ(ZARA)】公式オンラインストアでしか買えない限定コレクションなので、在庫のあるうちにぜひ一度お試しくださいね。「ZARA SRPLS(ザラ サープラス)」を買うなら【ZARA(ザラ)】公式オンラインストアへ【合わせて読みたい】編集部おすすめのザラ(ZARA)最新情報取材・文/沖島麻美 ※テキストには個人の感想が含まれます。また、価格や在庫状況を含む商品情報は5月中旬時点での情報で、予告なく変更になる場合があります。 最新の情報はザラ(ZARA)公式オンラインサイトをご覧ください。
  • スウェット¥2999/SPINNS Tシャツ¥1900/SENSE OF PLACE by URBAN RESEARCH キュープラザ原宿店(センスオブプレイス) パンツ¥11000/RD ルージュ ディアマン バッグ¥5000/アトモス ピンク原宿(グレゴリー) スニーカー¥12000/デサントジャパン お客様相談室(ルコックスポルティフ)ラベンダーが目を引くワイドパンツは細く入ったストライプでトレンド感も抜群。シャツやブラウスとももちろん相性抜群だけど、ゆるスウェットやスニーカーでラフに落とし込んだメンズっぽアレンジもかっこいい! 短め丈トップスでバランスよくまとめて。モデル/馬場ふみか 撮影/田形千紘 ヘア&メイク/平野愛(broocH) スタイリスト/石田綾 文/鈴木絵都子  ※上記のキャプションはWEBオリジナルのもので、本誌とは異なります。 明日のコーデに迷ったら… \non-noお天気コーデをチェック/ ▶スニーカーコーデ記事一覧はコチラ
  • 夏日って突然やってきますよね。先日ロケで牧場へ行った時にも、まだまだ初夏という心づもりで臨んでしまったらえらい目に遭いました。フォトグラファー、スタイリストと女子チームで終わった後に打ち合わせをしていたのですが、もっぱら話は「今日焼けたよね……」「顔が痛い……」「首が真っ赤……」という日焼けと美容の話。日焼けした後ってしみやそばかすが一番こわいのですが、それ以外にも肌が硬くごわごわになってそれをもとに戻すことに時間がかかるのが個人的にはつらい。そんな話をしていたらスタイリストさんに「いいブースターがコスメキッチンに売っているよ」と朗報をもたらしてくれました。しかもその時コスメキッチンと私の距離は10メートルくらい。もう買いに走りますよね。 というわけで、勢いに任せて買ったけれど噂に違わぬ仕事をしてくれたのがこちら「ハス花ブースターセラム」(税抜5800円)。4種類のボタニカルオイルのオイル層とハス花などのフラワーエキス&エイジングケア成分のエッセンス層の2層式になっていて、使用前に振ってから化粧水の前に使用するタイプのブースター美容液。これがほんとに化粧水をぐんぐんいれてくれるんです。まさに「ごくごく飲んでいる」感じ。日焼けしてかたくなった肌は化粧水の入りが悪くなりがちですがこれを使ってからはまったくそんなトラブル知らず。それどころかふっくらハリはありつつ肌が柔らかくなっていて、いつもは乳液までつけないとすぐ乾いてしまう気がする化粧水も、ブースター→化粧水の工程だけで十分潤うので乳液をつけるのを忘れてしまいそうに。夏こそ保湿。相性もあると思いますが、万年乾燥肌の方におすすめです。
  • 日に日に気温が上がり、地域によっては30度超えなんて日も! 平均気温25度前後のこれからの時季、30代女子にとって悩ましいのはオフィスや電車などで冷房が効きすぎることですよね。とくに1日過ごすオフィスが“冷房が強くて寒い…”なんてことになると悲劇。そんなときにあると安心なのが、さっと羽織ってサマになるジャケットやカーディガン。もちろん、今っぽさをちゃんと出せる旬のデザインを集めました!  ※記事発信時点での情報のため、アイテムの販売が終了している場合があります。<目次> 1.オフィスに最適、できる女感が盛れる!ジャケットコーデ 2.さっと羽織って今っぽい、バリエ豊富なカーディガンコーデ1.オフィスに最適、できる女感が盛れる!ジャケットコーデ着こなしにお仕事感を添えてくれるネイビーのダブルテーラードはオフィスのマストアイテム。ブルーのスカートと同系色でまとめればトラッドなジャケットも今っぽく。冷房が気になったら袖を通さず肩掛けするだけで対策になる。ジャケット¥16000/ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 丸の内店(ビューティ&ユース) →元記事はこちらから>ライトベージュのジャケットは通勤時はもちろん、休日のデニムスタイルにも合わせやすい万能アイテム。合わせるインナーやボトムの色を選ばないので一着持っておくと、オフィスではもちろん、休日のカフェやデパートでも活躍。ジャケット¥79000/アパルトモン 青山店(カルメイヤー)  →元記事はこちらから>遠目には無地に見える細かいチェックのベージュジャケット。カフスを折り返してブラウンがのぞくデザインも着こなしのしゃれ感アップに一役。ちょっぴりゆるめのシルエットは袖を通さず肩に羽織るだけでも素敵。ジャケット¥26000/ユナイテッド トウキョウ 新丸ビル店 →元記事はこちらから> 一気に今年の気分にさせてくれるドットワンピース。レストランやデパートなど休日のお出かけ先でも冷房は気になるもの。ベージュのきれいめジャケットを持っておけばどんな場所でも対応。ジャケット¥79000/ナノ・ユニバース カスタマーサービス(カバナ) →元記事はこちらから>チャーミングな白Tとチェック柄フレアスカートのコンビには、コーデをきれいめにまとめるネイビージャケットがお似合い。白のボタンがアクセントになって、着こなしにマリンな風を運んでくれる。ジャケット¥59000/エッセン.ロートレアモン →元記事はこちらから>きちんと感を底上げしてくれるリネン混ジャケット。さらっとした着心地の一着はオフィス内でも外出先でも、いつだって快適さをキープ。ジャケット¥23149/バナナ・リパブリック →元記事はこちらから>凜とした濃グレージャケットは大柄チェックワンピに肩羽織りするだけで大人の余裕を感じさせるコーデに。休日はもちろん、オフィスでも活躍させて。ジャケット¥58000/ジャーナル スタンダード 表参道(テラ) →元記事はこちらから>シナモンベージュのジャケットはコーデにきちんと感を添えるのはもちろん、大人の可愛げも引き出せる色。冷房の効いたオフィス内だってほんのり甘くまとめたい。そんな人にはこんな色をおすすめ! ジャケット¥36000/トゥモローランド(バッカ) →元記事はこちらから>これから時季、デパートやスーパーでも冷房がしっかり効いているからお買い物時にも羽織りものを忘れずに。できる女感を添えられるダブルボタンのジャケット。ジャケット¥36000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(ジャーナル スタンダード レサージュ) →元記事はこちらから>肌なじみのいいライトブラウンと、さらっと羽織れる軽素材が今から真夏まで活躍を保証。ダブルジャケットの持つマニッシュな表情を生かしつつ、色と素材で抜け感を出して。オーバーサイズだから、袖をまくって少し着くずして着るのも素敵。ジャケット¥48000/オーラリー →元記事はこちらから>ステッチとポケットでジャケットのまじめさをほどよく引き算。すっきりしたフォルムと無造作なウエストマークは着やせ効果も! 柔らかな着心地で仕事も効率よく進みそう! ジャケット¥34000/トゥモローランド(トゥモローランド コレクション) →元記事はこちらから>クリーンなホワイトが映えるほどよい光沢と、肌ざわりのいい質感がこれからの季節にぴったり。シンプルでコンパクトな丈感は、オフィス内でさっと肩掛けしてもバランスよく見える黄金のシルエット。ジャケット¥22000/ケティ →元記事はこちらから>端正なネイビーのジャケットで小花柄ワンピースを引き締め、ちょうどいい甘さを帯びた大人の通勤服に昇格。ジャケット¥29000/アクアガール丸の内(アクアガール) →元記事はこちらから> 茶系リネンジャケットがキュートなドットがワンピースを年相応のきれいに導いて。旬のテラコッタはオフィスでも映える色。ワンピース¥46000/エフユーエヌ(フォンデル) ジャケット¥45000/ウィム ガゼット ルミネ新宿店(ウィムガゼット) →元記事はこちらから>どんなインナーとも相性がよく、ジャケット特有のお堅いムードをやわらげてくれる優秀なカラーレス。モノトーンでまとめた日も、クリーンな白が女性らしさを出しつつ、見た目の涼しさも演出。ジャケット¥15000/プラステ →元記事はこちらから>きちんと感もある一重のノーカラージャケット。気軽に羽織れるアイテムだから、カーディガン感覚でオフィスに常備しておきたい。ジャケット¥19000/インディヴィ →元記事はこちらから>2.さっと羽織って今っぽい、バリエ豊富なカーディガンコーデ足首まで届くロング丈で冷房対策は万全に。存在感のある丈だから主張しすぎない濃いめのベージュが賢い選択。ストライプのワンピーと合わせればすらりと縦長効果を狙えてスタイルアップに。カーディガン¥39000/ブランドニュース(ハクジ) →元記事はこちらから>定番のカーディガンこそ、今季トレンドの薄手ロング丈に更新を。オフィスコーデにマッチする上品ネイビーが万能。カーディガン¥24000/エーピー ストゥディオ グランフロント オオサカ(エーピー ストゥディオ) →元記事はこちらから>ヒップまですっぽりカバーするロング丈。ボタンがついていないデザインだからどんなアイテムと重ね着をしてもスマート。さらりとした質感が肌に心地いい。カーディガン¥21000/リエス →元記事はこちらから>やわらかなパステルイエローで顔まで華やぐ。冷房対策兼、差し色効果も狙えるきれい色カーディガンも持っておきたい。カーディガン¥7990/プラステ →元記事はこちらから>淡いクリーム色のカーディガンをさっと羽織れば、着る人の表情まで優しげに。ボタンをとめてグッドガールな着こなし。カーディガン¥13000/デミルクス ビームス 新宿(デミルクス ビームス) →元記事はこちらから>女らしさが際立つリブカーディガン。鮮やかなピンクも印象的。カジュアルなボーダートップスもベリー色もカーディガンを合わせて可愛げな印象にシフト。カーディガン¥19000/インターリブ(サクラ) →元記事はこちらから>淡グレーのロングカーデ。さらりと心地よい肌ざわりと、UPF15のUVカット機能だから、オフィスでの羽織りとしてはもちろん、紫外線が気になるこれからの通勤に最適。カーディガン¥2990/ユニクロ →元記事はこちらから>編み目の詰まったハイゲージなら、ロング丈でも上品。肌ざわりのいいコットン100%。共布ベルトつきでアレンジも自在。カーディガン¥24000/デミルクス ビームス 新宿(バトナー) →元記事はこちらから>リネンとコットンがベースのさらっとした着心地が今の時季にぴったり。濃ブラウン&ボリュームのある長め丈でも、軽やかに着こなせるのがいい。Tシャツとデニムでラフにお出かけする日も1枚持っておくと温度調節に役立つ。カーディガン¥18000/ルーニィ →元記事はこちらから>
  • 手抜き感の出やすい休日コーデは、今流行のハイテク系スニーカーを合わせると一気にしゃれ感が出るんです。スニーカーの色をTシャツなどとなじませてワントーンにまとめるのがコツ。休日コーデを大人っぽくしてくれるハイテク系スニーカーを厳選しました。クリーム寄りのアッパーの白スニーカー。ボリューミーなソールも淡色の日のスタイルアップに効果的。靴¥24000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(サブソル)ボリュームのあるフォルムでぐんと今っぽく。ブルーグレーのトーンで統一されているから、大人っぽく履ける。靴¥15000/リーボック アディダスグループお客様窓口(リーボック クラシック)肌なじみのいいピンク~ブラウンの配色スニーカーはさわやかなクリアソール。暖色系でも甘くなりすぎず涼しげに演出。靴¥19000/ナイキ カスタマーサービス(ナイキ スポーツウェア)軽やかな白ソールを選べば、黒スニーカーも重たく見えずバランス良好。靴¥11000/ナイキ カスタマーサービス(ナイキ スポーツウェア)撮影/魚地武大〈TENT〉 スタイリスト/石田 綾 取材・原文/野崎久実子 ※BAILA2019年6月号掲載
関連キーワード

RECOMMEND