新木優子が裾フレアデニムを今→春着倒し!【着回しコーデ】

non-no Web

- - - YUKO' rule - - -

#スポーツMIX

ウエストポーチ、キャップなどなど……。スポーティーなアイテムをMIXしたコーデで親しみやすいスタイルを意識。

#らくちんコーデ

動きやすいのが大切だから足元はスニーカーやブーツ率高め。ゆるいシルエットのトップスも欠かせない!

#ミーハー女子

流行り物はさりげなく取り入れたいタイプ。ニーハイブーツやガウン、ネックレイヤードなど流行にはとりあえず乗ってみる♡

着回しアイテム

# 裾フレアデニム

パンツ¥12000/エドウイン(Wrangler)

着倒しコーデをCHECK

今

1/3

ちょっと先

2/3

春

3/3

リラクシーなベージュコートに辛口なフレアデニムが新鮮


パープルのニットカーデのレトロな雰囲気に好相性


ブルーにラベンダーをきかせて爽やか&ハンサムな着こなし


トレンチとデニムの定番に、フレア裾でさりげなくトレンドを添えて。

コート¥22000/MERCURYDUO ニット¥4900/MURUA ストール¥20000/SANYO SHOKAI(ブルーレーベル・クレストブリッジ) バッグ¥35000/ADINA MUSE SHIBUYA(アディナ ミューズ) ショートブーツ¥24000/モーダ・クレア(マーガレット・ハウエル アイデア)

ちょっと先 カーディガン¥3900/セシルマクビー ルミネエスト新宿店 トップス¥1800/ヘインズブランズ ジャパン イヤリング¥7000/アビステ ブルゾン¥12800/EMODA ルミネエスト新宿店 バッグ¥16000/Jewelna Rose東急プラザ表参道原宿店 スニーカー¥35000/HAYASHIGO(ASH)

トレンチコート¥21000/SNIDEL シャツ¥6990/GYDA イヤリング¥9139/アビステ バッグ¥8800/& シュエットギャラリー 池袋サンシャインシティアルパ店 パンプス¥6400/RANDA

2019年3月号掲載

▼ 関連記事もチェック!

新木優子が“色”を楽しむ旬メイクを提案するメイク連載。「おしゃ甘カラーをまとって春めき顔にアップデート」
モデル/新木優子 撮影/藤原宏(Pygmy Company・モデル) 齊藤晴香(物) ヘア&メイク/中山友恵(Three PEACE・優子) スタイリスト/松尾正美 構成・原文/梅田恵里 web構成/篠有紀 web編成/ビーワークス 撮影協力/Little Darling Coffee Roasters ALL GOOD FLOWERS
関連記事
  • オンもオフも、“着回せるワンピース”で!「素敵!」と思う服はたくさんある。でも結局ヘビロテするのは、シーンを限定せず週2以上使える万能ワンピ。だからこそ、オンもオフも誰より素敵に着回したい! 巴瑞季がトレンドワンピのオンオフ着回しにトライしました♡《バンドカラーのシャツワンピ①》 衿がないだけなのに一気に旬度が増すし、顔まわりの印象操作も自由自在。今夏は“レイヤード前提”がこなれ見えのカギに! オン:どこかに黒、がきれい見えの秘密 小面積の黒で引き締めて、白シャツの清潔感をアピール! 定番の白こそ、重ねるなど“どこかに黒”で締めて。 ワンピース¥25000/ホワイトジョーラ(ローファッジ) ニット¥1990/アメリカンホリック 靴¥17000/ダイアナ 原宿店 バッグ¥37000/デミルクス ビームス 新宿(イアクッチ) スカーフ¥8800/フラッパーズ(マニプリ) イヤリング¥11000/エリオポール代官山 バングル¥18500/ガス ビジュー 青山 ベルト¥3000/ルクールブランオフ:鮮やかカラーをたっぷりと♡ 鮮やかな色のスカートをのぞかせ、おしゃれな華やぎと揺れ感を。上半身はいちばん上までボタンを留めて、共布ベルトから下はオープン。スカートやパンプスの美発色がパッと目に留まる、今どきなフィット&フレアに!ワンピース/オンと同じ スカート¥9000・イヤリング¥3500/ルクールブラン 靴¥43000/ティースクエア プレスルーム(ロートルショーズ) バッグ¥25000(参考価格)/ビショップ(トラス) ターバン¥4800/CA4LA ショールーム《バンドカラーのシャツワンピ②》 オン:レギンスとヒール靴で細見え狙い レギンスと美形パンプス。それだけでスタイリッシュ! ワイドな袖や大胆なサイドスリットが今年らしいサックスブルーのシャツワンピ。細見え効果の高いレギンスとヒール靴ならスタイルよく、ワンピなのにカッコいい。ワンピース¥39000(リト)・バッグ¥18000(トフアンドロードストーン)/デミルクス ビームス 新宿 レギンス¥990/ユニクロ 靴¥45000/フラッパーズ(ネブローニ) ピアス¥2500/サンポークリエイト(mimi33)オフ:ショーパンを大人っぽくするためにはおる バサッとラフにはおるだけで、休日コーデが一気にこなれる! はおりものとしても活躍するのが前開きワンピのよさ。ブームなショーパンの大人見えにも◎。ワンピース/オンと同じ カットソー¥8000/マイカ アンドディール 恵比寿本店 パンツ¥11000/ゲストリスト(リトラル) 靴¥27000/ノーリーズ&グッドマン銀座店 バッグ¥9600/ハリウッド ランチ マーケット(サンフランシスコ) ピアス¥1600・ネックレス¥1680/サンポークリエイト(アネモネ)《ベルトつきカットソーワンピ》 オンもオフも女性らしさが保てる、きれいめワンピースの代表格。着るだけで腰高に見えるから、着くずしても美スタイル。 オン:美シルエットはジャケットとも相性◎ 発色とシルエットの美しさはジャケットを着てもキープ可能! 着るだけで映えるテラコッタオレンジ。幅のあるベルトが、重心アップとメリハリを叶える。しわになりにくい生地もお仕事シーンに好ポイント!ワンピース¥15000/ジオン商事(ラシア) ジャケット¥61000/エリオポール代官山 靴¥29000/アンシェヌマン(ファビオ ルスコーニ) バッグ¥19800/ショールーム セッション(ヤーキ) イヤリング¥2680/サンポークリエイト(アネモネ)オフ:ベルト使いで後ろ姿に可愛さを♡ スニーカーでも女度高め。休日デートに最高なバランス発見! ローカットスニーカーにキャスケット、大きなメッシュバッグで休日仕様に。ベルトの結び目を後ろに回すと、バックスタイルに愛らしさが急上昇。ワンピース/オンと同じ 靴¥6500/コンバース バッグ(巾着つき)¥34000/オルサ(オルセット) 帽子¥11000/CA4LA ショールーム イヤリング¥1600/サンポークリエイト(アネモネ) バングル¥6800/ティアラ(ラ ピエス) ♡7月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 原文/鈴木絵美 撮影/小川健太郎 ヘア&メイク/林 由香里(ROI) モデル/土屋巴瑞季 スタイリスト/高野麻子 撮影協力/AWABEES
  • シワになりにくく吸湿速乾のシャツワンピースは肌ざわりがさらっと心地いい※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができます雨が降りそうで降らないパッとしないこの時期は、せめて服装で気持ちをリラックスさせて。エレガントな落ち感が魅力的なこのシャツワンピースは吸水速乾、接触冷感、シワになりにくい素材で余計な手間をかけなくてもいいから気持ちに余裕が。オフィスにずっといると身体が冷えてくるのでコットンニットで体温調節も忘れずに。見た目がトラッドなローファーなのに実はレインシューズ!という機能アイテムを履けば、雨が降っても快適な足もとを約束してくれる。シャツワンピース¥39,000/オンワード樫山(ベイジ,) ニット¥22,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ヴェルメイユ パー イエナ) ピアス¥10,000/ゲストリスト(ハウント代官山/ソコ) バッグ¥274,000/エイチ アイ ティー(ロウナー ロンドン) 靴¥15,000/ハンタージャパン カスタマーサービス(ハンター)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/松村純子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼ファッションまとめ記事もチェック
  • 珍しく2日連続で更新٩( ¨ )ว 今日は普段全くヒールを履かない私が出会った理想的すぎるおすすめのパンプスをご紹介します!! 自慢じゃないですが、私普段ほぼスニーカーかペタンコ靴で、とにかくヒールが苦手。 ヒールって痛いじゃないですか。 歩くの我慢しなくちゃいけないし、もちろんパンプスは就活の時の靴しか持ってませんw そんな中、ご縁あってご紹介してもらったパンプスが最高に履き心地が良く感動したので、働く女性が多いであろうMORE読者の皆さんにシェアさせてください!!ムーンスターSUGATA私が出会ったおすすめすぎるパンプス、SUGATA(スガタ)。 2019AWの新作モデルが登場したとのことで、その体験イベントに行ってきました。 恥ずかしながらSUGATAというブランド自体を初めて知ったのですが、実はこのブランド明治6年創業、145年の歴史をもつ超老舗ブランドなんです。 なんでもスニーカーの原型を考案したブランドらしい。 凄くないですか…! 長靴や紐靴など、多種多様な靴を製造したまさに靴の技術と経験を持った信頼出来るブランド‎✧SUGATA(スガタ)とは理想のパンプス4つの秘密実はイベントでSUGATAのパンプスを実際に履いてお試しさせてもらいました! まず、履いた瞬間の感動がすごい。 フィット感がパンプスじゃない、もはやなんだろう足袋?? こうヒールってかかとがカポカポすると思うんですけどそれが全くないんです。 どうやってこの履き心地最高の理想的なパンプスができているのか、ブランド担当の方からもお話をお聞きしました! SUGATAの魅力とその特徴を解説します♪ 独自設計のアウトソールまず一つ目のSUGATAのパンプスの特長は、歩きやすいさから考えられた独自設計のアウトソール。 足の裏の真ん中にくぼんでいるところがあるでしょ? SUGATAのパンプスは、ソール裏のその足の真ん中部分に凹部を設けていて、安定性を高めているそうです。 確かに普通のヒールが高いパンプスよりも安定感があって、5㎝ヒールでももっと低く感じられました! これはヒールが苦手な女性にとってもおすすめ。 この安定性で歩きやすくパンプスでもきれいな姿勢を保つことができるんだとか。足裏全体を支えるアナトミーインソールSUGATAのパンプスはインソールにも特長があって、一点に重みがかからないように、体重が足裏全体に拡散する仕組みになってるんです。 だから長時間履いても疲れにくいんだって。 私もお試しさせてもらったパンプスをいただいて、仕事で1日履いてみたんですが、確かに疲れない! パンプスって夕方とかもう本当脱ぎたさMAXになると思うんですけど、それが全然なかったんですよね。 それから、前すべりしないように、足裏全体を支えているので足先も疲れにくくなっていました。 インソールは厚みがあってクッション性もばっちり!しなやかに曲がるボロネーゼ製法そしてそしてこれがSUGATAのパンプスの1番のおすすめポイント。 先にも書きましたが、パンプスって歩くとかかとがカポカポするじゃないですか。 履いて歩いてみるとSUGATAのパンプスは全くそれがないんです。 それがボロネーゼ製法という技術らしく、ソールの反り返りの良さに優れた製法を採用していて、屈曲部がしなやかに曲がるので、足のうごきにパンプスがしっかりついてくるんです。 滑り止めも何もなしでパンプスがカポカポしないのは本当に驚き! これが今回の一番感動ポイントでした!!Ag+抗菌防臭履き心地以外にも、見えないところで女性に嬉しい工夫が…! 意外と靴を脱ぐシーンが多いし、夏は特に気になる足の臭いに対応して、Ag+抗菌防臭機能もしっかり搭載されています。 これは地味に嬉しいポイントですよね。パンプスで美しく歩いてみました実は今回のイベントでは、パンプスを履いて美しい姿勢で美しく歩く歩き方講習もあったんです。 モデルインストラクター協会テクニカルディレクターでウォーキングスタイリストの清水春名さんを講師に、美しい姿勢と歩き方を教えてもらいました!一緒に写真まで撮ってもらいました♪ (緊張してる) 1時間くらいの講習でストレッチや実際に歩いたりをしましたが、全然足が疲れませんでした。 良いパンプスときれいな姿勢はやっぱり大事。 毎日じゃなくても週2~3日はパンプスにすることでヒップアップ効果もあるらしいので、私もSUGATAのパンプス履いてみることにします(笑)。講習を一緒に受けたsayuさんとありささんともちゃっかり記念写真← ありがとうございました!^^sayuさんのインスタグラム吉田亜理沙 / macleさんのインスタグラム就活生にもおすすめSUGATAのパンプスの19AWのデザインは、小ぶりで細かなチェック柄やレオパード柄ものに加えて、シンプルなものも。 もちろん毎日ヒールを履く働くOLの皆さんにもおすすめですが、就活生にもほんっとうにおすすめしたい! 私何度も言いますが本当にヒールが苦手でw 就活中のパンプスが一番地獄でした(笑)。 でも就活中に足が痛かったり歩くのが苦痛だとそれだけで嫌になっちゃうし、靴って本当に大事だと思うんです。 だから、足にきちんとフィットして疲れにくい理想のパンプスを履いて欲しい! もちろん今回紹介したSUGATAのパンプスじゃなくても、疲れない自分に合ったパンプスを見つけてください。 SUGATAはその一つの候補として参考までに (*‘ω‘ *)良い靴は素敵な場所に連れていってくれるって言いますしね! 皆さんも素敵な靴と出会えますよーに!SUGATA(スガタ)公式サイトともみん。のインスタグラムInstagram最近さぼり気味のインスタグラムはこちらですモアハピ部 No.645 ともみん のブログ
  • 【ユニクロ(UNIQLO)】2019秋冬展示会レポートの記事↓が大好評です。リーズナブルで高機能なベーシックウェアが揃うユニクロの人気の高さを実感しています。お読みいただきまして本当にありがとうございます。今回は、超人気コラボレーションコレクション【ユニクロ ユー(Uniqlo U)】2019秋冬コレクション新作のなかから、編集部員が30代働く女性陣に全力でおすすめしたい傑作アイテムをご紹介します。Tシャツ、ワンピ、コートまで【ユニクロ ユー(Uniqlo U)】2019秋冬おすすめ新作14選クルーネックT(ウィメンズ) BAILAでも何度もご紹介し、かつおしゃれプロにも多くのファンを抱えるユニクロ ユー(Uniqlo U)のクルーネックT(¥1000)、大量に色ち買い&サイズち買いしている方も多いのでは? 秋の新色は、なんと今月末から投入予定! イチ推しは、ユニクロ ユー2019秋冬のキーカラーでもあるピスタチオグリーンです。クルーネックT(メンズ) 大きめサイズのTシャツをゆるりと着るトレンドは、まだまだ続きそう。袖まわりや身ごろにゆとりが出るメンズのクルーネックT(¥1000)にも、着こなしのアクセントになるきれい色が多数登場予定です。ぜひチェックしてみて。オーバーサイズT(メンズ) クルーネックTに比べてドロップショルダー&ボックスシルエットの大きめサイズで、耐久性を高めたヘビーウェイトジャージ素材、胸ポケットつき、サイドスリット入りのオーバーサイズT(¥1500)には、秋らしいニュアンスカラーが登場予定。ノーカラーシャツ 2019秋冬ユニクロ ユー(Uniqlo U)のキーカラーはピスタチオグリーン、と前述しましたが、通勤にも着られそうな光沢感を帯びたノーカラーシャツを発見! ベージュやブラウンのボトムと合わせましょう。ストライプ柄シャツ ピスタチオグリーン勢には、こんな端正なストライプシャツもあります。ゆったりと体を泳がせながら華奢見せして、ハンサムなパンツに合わせてさっそうと着こなしたい!ポンチ素材ワンピース 毎シーズン売り切れ必至のポンチ素材、この秋はバルーンスリーブが女らしいマスタードカラーのワンピースが登場。瞬殺で完売する人気素材なのでお見逃しなく!3Dニットワンピース 360°編み目のない立体的なデザインが特徴の3Dニットワンピースは【ユニクロ ユー(Uniqlo U)】を代表する人気アイテム。2019年秋冬はよりシンプルに、重ね着しやすい形へと進化。タートルネックギャザーワンピース ワンピースでおすすめをもう一点。胸元や袖にギャザーをふんだんにあしらってふんわりしたシルエットに仕上げたハイネックワンピース。胸の上で素材を切り替えているので、黒でものっぺりせず、一枚で表情豊かな着こなしがかないます。共布ベルトつき。キックフレアデニム 毎シーズン、デニムのトレンドを牽引するユニクロ ユー(Uniqlo U)。この春夏はハイライズワイドストレートジーンズが大人気ですが、秋冬の目玉はこちらのハイライズキックフレアタイプ。通勤にもはいていけそうな濃色きれいめデザインに注目です。大きめフードのスウェットパーカ ユニクロ ユー(Uniqlo U)は毎シーズン、スウェットがないと始まりません! ほどよく厚手の生地、小顔見せ効果のある大きめフード、両サイドについたポケット、袖口&ウエストの太めリブなど、大人っぽく着られる工夫が随所に。キルティングジャケット(メンズ) 高コスパなアウターも多く揃うユニクロ ユー(Uniqlo U)。写真のキルティングブルゾンはメンズのものですが、表地のブラウンと裏地のレッドのコントラストが美しいためか、ひとめ惚れするおしゃれプロ多数!裏ボアCPOジャケット(メンズ) ミリタリーブームを牽引するCPOジャケットも、2019秋冬、男女問わずヒットのきざし。こちらもメンズですが、なーんとボア面を表にして着られるリバーシブル仕様! 試着してみたいプレス女子が行列をなしていました。ダッフルコート(メンズ) エディター沖島が個人的に注目しているダッフルコート。ウールの質感や、フードやトグルなどディテールのこだわり感など、さまざまな面できわめてコスパの高い一着といえそうなのがこちら。これもメンズのものですが、女子がちょっと大きめに着ても素敵そうです。カリスマファッションデザイナーのクリストフ・ルメール氏が率いるパリのデザインセンターから発信されるユニクロ ユー(UNiqlo U)。2019秋冬コレクションは、フランス映画界の巨匠エリック・ロメール(Éric Rohmer)氏の作品「愛の昼下がり」からインスパイアされたそう。グリーンやマスタードなどのあざやかなカラーをアクセントにしたシャツやニットなどが揃います。とくに力を入れたのがアウターで、ブロックテックなど、ユニクロのアイコニックな高機能素材を使ったコートなどが登場します。BAILAエディターズのイチ推しは、進化したダウンジャケット!真夏から着られるTシャツからワンピース、コートまで、いろいろご紹介してきましたが、いろいろ見たなかでBAILAエディターズが最も「コスパが高そう!」と太鼓判を押したのがこちらのダウンジャケット(パデットコート)です。モデルは身長158㎝の編集ディス子。偶然ですがユニクロ ユー(Uniqlo U)のクルーネックT(パープル)を着ています。中綿入りのジャケットですが、大胆にも表地からダウンパックをなくし、すっきりスマートなシルエットに。そのボリューム感と丈を短くしたシルエットの絶妙なバランスが魅力です。ディス子のように、フェミニンなスカートやロングワンピースにあわせれば女性らしい着こなしに、デニムやセンタープレスパンツなどと合わせればマニッシュな着こなしも楽しめます。マットな表地と、やや光沢を帯びた裏地のコントラストもおしゃれですね。後ろから見た図。小顔見せ効果もある大きめのフードは取り外し可能。襟もしっかり立っているので、マフラーなどがなくても首元をしっかり温めてくれそうですね。保温性を高めるため、内側がキルティングになっている!実は内側がパッキングされていて、温もりを逃がさない工夫がされているんです。着回しのきくアイボリーホワイトの色合いも気に入って、ディス子、お買い上げ決定の一枚。いかがでしたか? Tシャツ新色は夏のセール時期と並行して6月末から、そのほかのラインナップは9月から順次展開予定。発売日やプライスが正式リリースされたら、@BAILAでもすぐさまご報告しますのでお見逃しなく!【ユニクロ(UNIQLO)】公式オンラインストアはこちら【合わせて読みたい】ユニクロ(UNIQLO)30代40代レディースおすすめコーデ取材・文/沖島麻美 ※掲載アイテムに関する情報はすべて6月頭時点で発売予定のもので、店頭やオンラインストアでは予告なく変更になる可能性があります。
  • ブラウス¥6900/MISCH MASCH ニット¥2900・サンダル¥6500/セシルマクビー ルミネエスト新宿店 スカート¥13800/ビームス ボーイ 原宿 バッグ¥12800/ビームス ウィメン 原宿(ラウラディマッジオ×レイ ビームス)フレア袖や大きめのボタンが目を惹くブラウス。ラベンダー色だからフェミニンになりすぎず大人の着こなしにハマる! 合わせたドット柄のスカートはモノトーンをチョイス。こちらも甘さが抑えられて、シックな印象に。インに重ね着した白のノースリで全身バランスもアップ!モデル/西野七瀬 撮影/藤原宏(Pygmy Company・モデル) ヘア&メイク/中山友恵(Three PEACE) スタイリスト/松尾正美 文/鈴木絵都子  ※上記のキャプションはWEBオリジナルのもので、本誌とは異なります。明日のコーデに迷ったら… \non-noお天気コーデをチェック/ ▶ブラウスコーデ記事一覧はコチラ
  • クールな黒は夏も積極的に取り入れたい色。とはいえ定番色だからこそ、無難になりがちなのが悩みのタネ。そこでオシャレに定評のある6人の有名人たちに、夏の黒コーデの新鮮なアイディアを披露してもらいました!Yuko Araki 新木優子さん フレンチな黒 漆黒にこそ映える   フレンチシックな小物使い ボーダーを使わずにオールブラックで仕上げたフレンチスタイル。斜めにかぶったベレー帽やドット柄のスカーフをキュッと首に巻いて、小粋に仕上げて。 Tシャツ¥3000/プチバトー・カスタマーセンター(プチバトー) デニムパンツ¥26000/エージー ジャパン(エージー) スカーフ¥2500/LIFE’s 代官山店(TODAYFUL) バッグ¥24000/アニエスベー ベレー帽¥4500/CA4LA ショールーム(カシラ) サンダル¥14800/カージュ ルミネエスト新宿店(ガイモ) 黒のワントーンコーデは私の中では超定番。特に黒のデニムパンツははくだけでオシャレに見えるから何本も持っています。このストレートのブラックデニムはシルエットが最高。ぴたっとしたトップスに合わせると女子らしくなってすごく可愛い♡ コーデがシンプルな分、小物使いで遊べるので、注目のフレンチムードが漂うベレーやドットのスカーフ、赤いサンダルを投入。リップも深みのある赤にして、大人見えを意識しました。 Profile ●あらき ゆうこ 1993年12月15日生まれ、東京都出身。ノンノモデルとして活動しながら、女優としても活躍。ドラマ『トレース〜科捜研の男〜』への出演が記憶に新しい。ドラマのみならず、映画、CMも話題作への出演が続いている。撮影/山本雄生 ヘア&メイク/河嶋希 スタイリスト/石田綾 構成・原文/菊池美里 本誌編集部 web構成/篠有紀 web編成/ビーワークス
  • 単純なワンツーコーデが多くなりがちな時期だけど、今年はひと手間かけたトレンドのレイヤードテクでおしゃれに変える!夏ワンピは1枚で着ても可愛いけれど、ボトムをレイヤードして、足元を重めに仕上げるのが今年っぽいバランス。リラクシーなゆるさで大人見えする ゆったりしたリブパンツをヴィンテージライクな花柄ワンピの下に重ねる。ワンピ1枚の時より、肩の力が抜けたレイヤードが大人っぽく見える。異素材の組み合わせで全身をのっぺり見せないのがコーデのコツ。 ワンピース¥10800/N. ワイドパンツ¥8800/ココ ディール イヤリング¥7500/アビステ バッグ¥5500/キャセリーニ サンダル¥9900/ROYAL PARTYスリットが決め手のスポーツMIXレイヤード サイドスリットが入ったレイヤード前提のワンピが今季は多数。ミニマルワンピに雰囲気を足す揺れスカートが味方。 ワンピース¥3500・スカート¥5000/アダストリア(ローリーズファーム) ベルト¥3900/ココ ディール キャップ¥3990/イーハイフンワールドギャラリー ルミネエスト新宿 バッグ¥9000/Jewelna Rose東急プラザ表参道原宿店 サンダル¥2990/セシール(イマージュ) 軽さをキープしつつ今っぽい足元バランスに ストライプ柄で爽やかさいっぱいのノースリワンピをレイヤードするなら、重すぎない細身のデニムですっきり見せるバランスが夏らしくて◎。 ワンピース(インナーキャミワンピースつき)¥12000/REDYAZEL ルミネエスト新宿店 デニムパンツ¥2490/GU イヤリング¥1300/お世話や(Osewaya) バッグ¥2500/ギャレッツ渋谷109店 靴¥2990/セシール(イマージュ)他の画像を見るモデル/西野七瀬 岡本夏美 撮影/横山創大 ヘア&メイク/飯嶋恵太(mod’s hair) スタイリスト/松尾正美 web構成/篠有紀 web編成/ビーワークス
  • 華組の皆様と、駒沢公園のMr.FARMERでランチ会。 緑に囲まれたレストランは、お洒落で気持ち良かったです。この日は、お天気も夏が来た様な快晴で、公園日和☀️ 華組の先輩 有村一美さんチョイスのお店、駒沢公園入り口にあるMr.FARMERで、ヘルシーランチをさせて頂きました アーモンドミルクとアボカドのPastaボリューミーな、パワーランチは、アメリカサイズ❗️インテリアもお洒落✨ メニューも野菜が豊富なサラダを中心に、体にも良くて美味しいランチでした。 ウォーターバーも、柑橘系やハーブ、キュウリ水までありました❗️そして、女子会トークは、つきません❗️ 人生&母親としての先輩方のお話は、学ぶ事ばかり。。。 色々なアドバイスも頂き得るものも多く、気取らない楽しい会話で、笑顔溢れる楽しいランチ会でした 夏ファッションも、皆さんお洒落✨ 私は、Spick and Spanの麻ジャケットと、paperdenim&clothのカットデニムに、倉敷の職人さんが作った籠バッグ。 籠バッグのコサージュは、知人のブランドとコラボして、私の母が制作したものです。 そして、茶色の皮のサンダルは、私が西アフリカのブルキナファソに行った時に購入したものでして、履き心地抜群です❗️ 楽しい時間は、あっという間に過ぎてしまい、まだまだ時間が足りなかったので、また次回を楽しみにしながら、帰路に着きました。 宜しければ、instaこちらからどうぞ。華組 山口りえブログ
関連キーワード

RECOMMEND