旬のブラウンワントーンは足元の抜け感でとことん今っぽく【毎日コーデ】

non-no Web

ニット¥3900/セシルマクビー ルミネエスト新宿店 スカート¥4900/INGNI イヤリング¥1600/ゴールディ バッグ¥13800/サマンサベガセレブリティ 新宿ミロード店 ソックス¥300/WEGO サンダル¥18000/HONEY MI HONEY

トレンドカラーとして注目が集まるブラウン。ニットとチェックスカートをブラウンのワントーンでまとめたら、足元はスポーティなサンダルとソックスを合わせてラフにハズすのが正解。サンダルもソックスもブラウンの濃淡でまとめるとおしゃれ度がグンとアップ!

モデル/鈴木優華 撮影/川﨑一貴(MOUSTACHE) ヘア&メイク/北原果 スタイリスト/立石和代 文/鈴木絵都子 
※上記のキャプションはWEBオリジナルのもので、本誌とは異なります。

明日のコーデに迷ったら…

\non-noお天気コーデをチェック/

▼チェックスカートコーデまとめ★タップして詳細もチェック!


女の子っぽいアイテムだけど、着こなしでカジュアルコーデも作れちゃう。今回はオールシーズン手放せないスカートをデザイン・素材別で20選をピックアップ。王道なフレアスカート、細見えなプリーツスカート、デニムスカート、タイトスカートまでお手本がたっぷり♡
まだまだ寒いけど、コスメカウンターには激カワな新色が到着中。今すぐ使えて、ちょっといばれる♡「タグ映え」コスメをズラリ揃えました!
関連記事
  • いよいよ増税まであと1週間。 9月中に欲しい物、ゲットしましたか?? 今回は、毎年寒くなる時期にはすでに完売してしまったり、サイズがなくなってしまう『ダウン』をご紹介します! まだ早いと思っていても、寒くなり始める頃にはもう遅いかも・・! 着るだけで暖かく、ダウンだけど着ぶくれしない、高見えアイテムをご紹介します!       \タイトだけど動きやすい!極上ダウン/ PYRENEX/GRENOBLE JACKET/¥110,000+税  ゴージャスなファーとダウンながらスタイリッシュなシルエットが魅力のピレネックス。 全体的にタイトなフィット感ながら、肩廻りや腕部分などは動きやすさを重視した立体的なパターンを採用することで、ストレス無く着用することが出来ます。 素材は、高密度に織られたポリエステルのギャバジン(ツイル)で、ポリウレタン膜を内側に貼っている撥水素材のため、小雨程度であれば十分に防ぐこともできます。 また、ピレネックス自慢のフランス産の上質なダックダウンを十分に充填しているので、軽い着心地なのにフカフカ感があり、保温性にも優れています。 フード部分には取り外し可能なフィンラクーン(タヌキ)ファーを装備、首周りのボリューム感を演出しています。 ヒップが隠れる絶妙丈は保温性はもちろん、スカートにもパンツにも合わせやすいので、どんなコーデにもフィットしてくれます。 大人の女性が着るなら、高機能でスタイリッシュなピレネックスのダウン、おすすめです!           \合わせやすくて、誰もが似合う!/ TATRAS /LAVIANA ダウンジャケット/¥128,000+税 タトラスの最人気モデル"LAVIANA"。 ヒップが隠れるミドル丈&ウエストをシェイプし立体裁断で仕上げたAラインシルエットは、着る人も合わせるボトムも選ばず、飽きずに長く着ることができます。 最新の一着は、老舗のイタリア製軽量ウール素材を使用しながら、撥水、防汚、しわ防止機能まで完備。 ファー部分も、フード自体も、取りはずしが可能でシーンによって色々な着こなしが楽しめます。 着膨れせずサイドから見てもむだなく女性らしいシルエットと、天然素材特有のシックで柔らかな風合いを楽しみたい大人のための1着です! サイズ、カラーによってはすでに完売しているものも・・早めにチェックしてください! 他、TATRASのダウンはこちらから         \異素材MIXディテールで見違え、即戦力に/ HERNO/DOWN COAT【PI1017D】/¥113,000+税 信頼ブランドのダウンは、ダウン×フェイクファーの異素材ミックスが更に高見えをお約束。 光沢が少ない上品な質感のフェイクファーは毛足が長く、見た目の暖かさも。 メインボディの素材は、20デニール超極細の糸で織られた強撥水生地で、圧倒的な軽さを実現。 更に、ダウンパックを使用しない内側にダウンを直接封入したモデル(=インジェクション方式)なので、他のダウンと着たときの重さが全く違います。 また、縫い目からダウンが出にくい”ダウンプルーフ”加工を施しているので、気づいたら羽が出てきてしまってる・・なんてこともなし! 機能性とオーセンティックブランドとしてのイメージがMIXされ大きな支持を得た、実力派の素材です。 他、HERNOのダウンはこちらから         \アウトドアブランド発だから暖かい/ UNITED ARROWS /別注<WOOLRICH(ウールリッチ)> BOWBRIDGE ダウンコート 19AW†/¥123,000+税 フード全体に贅沢にあしらわれたラビットファーが特徴の<WOOLRICH>の定番モデル、BOW BRIDGE(ボウブリッジ)。 ユナイテッドアローズ別注として、ポリエステル素材に変更したモデルがこちら。 ウエストに緩やかなシェイプが入ったストレートシルエットで、ファー、フードともに取りはずし可能です。           \通勤もいける上品ダウンならこれ/ UNITED ARROWS /別注<DUVETICA(デュベティカ)> ARWEN(アルウェン)/¥138,000+税 落ち着いたマットナイロン素材の表地が上品な印象のデュベティカ。 フードの内側にラビットファーをあしらい、華やかな雰囲気の1枚は、お仕事服との相性も抜群です。 フロントはスライダーの調整により開きのアレンジが可能なダブルジップ仕様。 ウエストをシェイプしたシルエットは女性らしくお召しいただけます。 もちろんコーデ次第ではカジュアルにもOK。 上品なダウンが欲しい方にはこちらをおすすめします。       その他、増税前に買いたい名品はこちらから  
  • スカート¥8500/レンアイ ケイカク ルミネエスト新宿店 ニット¥3990/コエ 渋谷店 イヤリング¥2800(mimi33)・バングル(各)¥2200・リング(左手)¥800(ともにアネモネ)/サンポークリエイト リング(右手)¥23000/フォーティーン ショールーム(リリーズ) バッグ¥3990/ロコンド(MANGO) 靴¥19000/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ)顔がパッと明るくなるサーモンピンクのニットはデートにも女子会にもぴったり。ドット柄のフレアスカートを合わせて秋フェミニンを満喫して。ボリュームのあるシルバーバングルやリング、大ぶりのイヤリングでアクセントを効かせればこなれ感も盛れる!モデル/西野七瀬 撮影/千葉太一 ヘア&メイク/牧田健史 スタイリスト/高野麻子 文/鈴木絵都子  ※上記のキャプションはWEBオリジナルのもので、本誌とは異なります。 ▶ニットコーデ記事一覧はコチラ
  • バイラ世代のスタイリスト2人が、この秋本当に使える靴として押しているのが「ビットつきローファー」。甲が深めで細身のフォルムがより今年っぽいのだのか。知的な通勤スタイルにもレディな休日コーデにも合い、履きまわし力は抜群! トレンド派AYAことスタイリスト 石田 綾さんBAILAをはじめとした多数の女性誌やメディアで幅広く活躍中。トレンドをいち早く取り入れる感度の高さはピカイチ。辛口ながらも女っぽい私服に定評あり。  ベーシック派SAYAKAことスタイリスト 川上さやかさん数々の女性誌やカタログでひっぱりだこの敏腕スタイリスト。7年間OLを務めた経験から生み出されるリアルで実用的なスタイリングが毎シーズン大評判!  〈セレクトポイント〉 ●甲が深め ぽってり見えない ●細身のフォルム ●モカシン縫い(アッパーのU字部分)の凹凸が控えめ これを履き回し靴(2)¥16000/ストラ マニッシュな持ち味を生かしてきりっと知的な通勤スタイルに ゴールドのホースビットや控えめなスクエアトゥがアクセントになったプレーンな黒のローファー。チェックジャケットが主役の、きちんと感あふれる着こなしをハンサムに引き立てて。靴/上と同じ ジャケット¥43000・パンツ¥22000/デ・プレ ブラウス¥11000/ラグナムーン ルミネ新宿 バッグ¥47000/トゥモローランド(カルボッティ) イヤリング¥27000/シップス 有楽町店(グリン) 時計¥40500/オ・ビジュー(ロゼモン) 足になじむスリムなフォルムがレディな休日コーデに自然な抜け感を 細身の一足は、カーディガン×スカートの女らしい週末スタイルにもマッチ。夏まではスポサンやスニーカーでカジュアルダウンしていたけれど、秋はローファーでシックに更新。靴/上と同じ カーディガン¥33000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) Tシャツ¥1000/ユニクロ(ユニクロ ユー) スカート¥19000/ティアラ イヤリング¥11000/デミルクス ビームス 新宿(ベベ) バッグ¥62000/アマン(ア ヴァケーション) 黒のソックスで色をつないでボクシーなニットワンピをバランスよく ゴールドのビットつきなら、ニットワンピのきれいめなムードにもフィット。ほっそりとしたシルエットだから、フェミニンな着こなしにも自然になじむ。靴/上と同じ ワンピース¥40000/デミルクス ビームス 新宿(ロベルトコリーナ×デミルクス ビームス) ネックレス¥43000/ハルミ ショールーム(コールムーン) バッグ¥52000/アマン(エレメ) 時計¥28000/オ・ビジュー(ロゼモン) ソックス¥600/ブロンドール 新丸の内ビル店(17℃) 撮影/岡田 潤〈BE NATURAL〉(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/笹本恭平〈ilumini.〉 スタイリスト/石田 綾、川上さやか モデル/松島 花 取材・原文/野崎久実子 ※撮影協力/アワビーズ、ネイチャー キット カンパニー ※( )内の数字はヒールの高さで単位はcmです ※BAILA2019年10月号掲載
  • 足袋ブーツを履いたならどこへでも行ける気がする。静かに人生の転機を迎えた気分です。満を持して憧れ続けて3年……。メゾンマルジェラの足袋ブーツ、ついに買ってしまいました。 どんな服にも不思議とマッチし、なおかつその人らしい着こなしを瞬時に構築してしまう 不思議なひづめのこのブーツ。 買って数日ですが、すでに3日間連続で履きつづけてしまうくらい、長時間履いていても疲れにくい。 履く前にはいつものミスターミニットさんで、ばっちり裏打ちをしていただきました。 つま先、足裏、ヒールを死守甲の部分がたまらない生まれながらにパンツ派だと豪語していますが、このブーツを購入してからというもの、 スカートやワンピースが着たくなり、すっかりレディモードに拍車をかけております。 そうきっと私は生まれ変わったのだ!転機が来た!(大声) このブーツの甲の部分をぜひ見せびらかして歩きたい。ワンピース:HOUSE OF LOTUS足袋のバレエシューズも、はたまたブーツの色違いも、お店で見ては 「あれに合うかな」「これだったら○○ちゃんのあの服にばっちり……」などと 妄想が広がってしまいます。店内でブーツを見たまま静止している奇妙な客、それは私です。 これからも年を重ねつつ、このブーツと共にファッションを楽しむ時間があるって幸せなことだなぁとしみじみ。 今の私には少し勇気のいるお値段でしたが、このブーツを身に着ける前と後では本当に何かが変わった気がするのです。いつか上手く説明できるといいのですが。 美女組No.150 俵のブログ
  • この秋はブラウンワントーン×ベイクドカラーの配色で印象美人を目指してみては? 濃いめのベイクドピンクなら可愛らしすぎないからオフィスでは品のある素敵先輩に見せられる! 深みのあるブラウンを合わせれば、濃いピンクでも悪目立ちせずにいい女っぽコーデが完成。 【+ BAKED PINK】ブラウンワントーン+濃ベイクドピンクで媚びない甘さの素敵先輩に グレイッシュピンクの揺れ感スカートをブラウングラデで引き締め大人の余裕を 少し焦がしたような濃度の高いピンクのスカートに、ドライなベージュのサファリジャケット、さらには首もとや手首からのぞかせたダークブラウンのさし色も効果的に映え、凜とした女らしさへ。プリーツの優雅な揺れも大人びたきれいを後押し。ジャケット¥53000/アングローバル(イレーヴ) ニット¥23000/スローン スカート¥26000/ラヴァンチュール マルティニーク バッグ¥94000/ドゥロワー 六本木店(ワンドラー) リング¥26000/ブランイリス伊勢丹新宿店(ブランイリス) 靴¥14500/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ) より感度の高い女らしさを楽しむなら青みピンクの小気味よさに頼って 顔映えする発色のよい青みピンクのシャツで洒落感が一気に上昇し、スタイリッシュさ光る素敵先輩に。ほんのりくすみがかっているからダークブラウンのコーデュロイパンツともすんなりなじみ、統一感のあるきれいめスタイルに仕上がる。シャツ¥35000/デミルクス ビームス 新宿(チノ) パンツ¥39000・ジャケット¥69000/エイトン青山(エイトン) バッグ¥140000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ザンケッティ) ベルト¥12000/アナイ リング¥49000/デ・プレ(レジェ) ベリーピンクの華やかオーラをショコラブラウンとシックに楽しむ 深みのあるブラウンにベリーピンクのパンツがハッとするような女らしさを運んで。濃いめのトーン同士の組み合わせなら、思い切りのいい濃色ピンクも目立ちすぎず、今っぽさも右肩上がり。カーディガン¥49000/エイトン青山(エイトン) Tシャツ¥13000/インターリブ(サクラ) パンツ¥17000/ルーニィ バッグ¥88000(サイモン ミラー)・ピアス¥36000・リング¥26000(ともにオールブルース)/エドストローム オフィス サングラス¥48000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン7285) 靴¥14500/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ)  撮影/倉本ゴリ〈Pygmy Company〉(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/佐藤エイコ〈ilumini.〉 スタイリスト/小川ゆう子 モデル/中村アン 取材・原文/榎本洋子 構成/内海七恵〈BAILA〉 撮影協力/グリッチコーヒー&ロースターズ ※BAILA2019年10月号掲載
  • 王室御用達ブランドや、歴史に名を刻む名品ワンハンドルバッグ。アラフォーの今こそ、新鮮な感覚で楽しめるはず■DELVAUX [ BRAND HISTORY ]ベルギー王国誕生の前年となる1829年にブリュッセルで創業したベルギー王室御用達ブランド。今もベルギーとフランスの自社工房で全製品を製作している。熟練した職人が8 時間以上を要して組み立て、ハンドステッチで仕上げられるアイコン「ブリヨン」。最高級のボックスカーフを使用し、ブラウンカラー3色のコンビネーションが美しい。ストラップつき。「BrillantE/W PM」バッグ(16×28.5×12.5)¥547,000/デルヴォー・ジャパン(デルヴォー) ニット¥26,000・スカート¥49,000/ebure 靴¥77,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ) リング¥74,000/マリハ伊勢丹新宿本店(マリハ)■Valextra [ BRAND HISTORY ]1937年ミラノで創業。イタリアの伝統的な職人技によるバッグを製作する。デザインの最高峰の賞を受賞した「24H」や、ニューヨーク近代美術館に永久展示されている「PREMIER」など名作が多数。エジプト神話の女神イジィデにちなんで名づけられたピラミッド型のバッグがアイコン。ストラップつき。「ミニ イジィデ」バッグ(16.5×22×12)¥365,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ) ■LAUNER[ BRAND HISTORY ]60年代に英国王室御用達に指定されて以降、ダイアナ妃も愛したブランド。すべての作業工程は、英国のファクトリーにて、熟練技師の手作業により完遂するスタイル。"椿姫"の名をもつバッグは、最高級カーフレザーにゴールド金具が特徴。内側は柔らかなスエード。ストラップ、手鏡つき。「Traviata」バッグ(20×23.5×10)¥345,000/エイチ アイ ティー(ロウナー ロンドン)■MOYNAT[ BRAND HISTORY ]フランス最古のトランクメーカーとして1849年に誕生。以降、数々の名品を展開し、今年で170周年を迎える。また、ひとりの職人が最初から最後まで、分業なくひとつのバッグを作り上げている。1903年、当時人気の女優の名を冠したバッグが登場。特許取得のロックシステムを採用している。ストラップつき。「MINI REJANE(ミニ レジェンヌ)」バッグ(15×20× 8 )¥512,000/モワナ メゾン GINZA SIX(モワナ)※( )内の数値は縦×横×マチで、単位は㎝です【Marisol10月号2019年掲載】撮影/黒沼 諭(aosora/人物) 西原秀岳(TENT/物)ヘア&メイク/笹本恭平(ilumini.) スタイリスト/松村純子 モデル/佐田真由美 取材・文/東原妙子 撮影協力/バックグラウンズファクトリー
  • 良く言えばブレてない。悪く言うとワンパターン。でも、やっぱり好きなんです♡やっと過ごしやすくなってきたと思ったら また暑くなりましたね。 今シーズンもまだチェックがトレンドのひとつですが、 私のワードローブは年中チェックが多い! オンオフ問わず使え、華やかになるのが好みのポイント。 この秋はピンクベースにグレーのチェックを投入。 tops&skirt:OBLIボリュームのあるフレアースカート+ピンクと かなり甘め要素満点ですが、色合いが落ち着いているので、 アラフォーでも◎。 まずはセットアップにしてきましたが、 トップス・スカート別々にして手持ちのものと合わせても◎。 ニットやデニムとの相性もバッチリ。思っている以上に長く着回しできそうなので 上手く着まわしていきたいなと思います♪おまけに。 先日、ウマキちゃんと野球観戦に行った時もチェック。 この日もセットアップ風に着てましたね。 tops&skirt:bluebirdboulevardInstagram☞☞☞junshinoda美女組No.112junjunのブログ
  • DAILY MOREで毎朝7時に更新している【今日のコーデ】。コーディネートづくりの参考にしてくれている人も多いんです。先週の【今日のコーデ】を一気におさらいして、一週間のコーデを考えてみて♡オールインワンに美女パンプスで女っぽカジュアル!今シーズンを象徴するようなブラウンのオールインワン。実はブラウンと相性バツグンな、グリーンのニットをひと巻きして、足もとはとっておきの美女パンプス♡ 休日ならキャップ、お仕事ならジャケットやきれいめアクセをプラスすればOK。オンオフ着回せるからヘビロテしちゃお!▶︎▶︎コーデの詳細はこちら!肩肘張らない、でも洗練されたフェミニンに挑戦!やわらかな白シャツとプリーツスカートの鉄板フェミニンコーデを、2019秋らしく更新! ロングシャツは裾をインせず、同色系のニットで重心をアップ。プリーツスカートはチェック柄をチョイスして……決め手は黒のレザー小物! ロングブーツと、ゴールドの金具が際立つかっちりバッグで、洗練感高まる〜♡ ▶︎▶︎コーデの詳細はこちら!キャメルブラウンのブラウスは、美脚デニムで大人に着る♡撮影場所の下見で動き回る日は、動きやすさ重視のカジュアルスタイル。旬度満点なオレンジブラウンのブラウスを引き立てるのは、美脚スキニーパンツ! 実はこれ、ダークグレーなんです。ブラックでもインディゴでもない、新しい「きれいめデニム」を見つけちゃったかも☆▶︎▶︎コーデの詳細はこちら!2019秋、とにかくニットベストがあればOK説この秋、1枚あれば絶対に「買っておいてよかった〜!」と思えるアイテム、それがニットのベスト! 特にビッグサイズのチルデンベストならボトムを選ばず、トレンドのプリーツスカートとも相思相愛♡ 知的さとカジュアルさを兼ね備えているから、毎日だって着たくなっちゃうよ〜!▶︎▶︎コーデの詳細はこちら!カジュアルアイテムが、こんなに美人に仕上がるなんて……!スウェット素材のワンピース、インに仕込んだハイネックのカットソー、スリット入りのレギンスにコンバース、パープルのリュック。これだけ聞いたらかなりスポーティになりそうでしょ? でもこんな美人コーデに仕上がっているのは、すとんとストレートなシルエットと、ワンピ×レギンスのレイヤードの成せるワザ! ブラウンのレギンスはどんなカラーにもしっくりくるから、この秋必須だわ♡▶︎▶︎コーデの詳細はこちら!平日コーデまとめ、いかがでしたか? 今日からまたはじまる1週間。毎日おしゃれを楽しんじゃいましょう♬☆今日のコーデ毎日更新中☆
関連キーワード

RECOMMEND