新木優子のデニム好きすぎ伝説★私物デニムを一挙公開!

non-no Web

---新木優子伝説---

デニムをはいている姿を見るたび、あれ? また違う? そんな軽い疑問をぶつけてみたら、なんと40本以上あるという答えに驚愕! デニム愛好家ゆんぴょの私物、スタジオにごっそり持ってきてもらっちゃいました!

所持数40本以上!!
デニム好きは筋金入り!

「デニムに目覚めたのは中学生の時。その頃はお気に入りをずっと大事にはいていたんだ。そして本格的に集めるようになったのは、大学2年生の頃。きっかけは古着屋さんで出会ったヴィンテージのリーバイスで、形は大好きなストレート。ウエストも丈もすべてが自分の体形にぴったりで、運命♡って思った。今でもお直しは基本的にしないよ。ちゃんと試着して、自分に合うサイズ感を選ぶようにしてるから。たまにちょっと長いかも?って時は、自分でハサミでジョキジョキ切っちゃう。切りっぱなしデニムにしちゃうんだ。今では40本以上持ってるかな? 今日持ってきた以外に、あと10本くらい家にまだあるから50いってるかも。1か月か2か月に一度は私一人で選抜会を開催してるんだけど(笑)、そのシーズンにはきたいなと思うスタメンデニムを5本決めるの。デニムって、ブランドによってはもちろんだけれど、そのシーズンの流行りの形や質感、色とか、パッと見同じように見えても、一つとして同じものがないところが魅力。そしてはき続けることで、また違った風合いに変化していくのも好きなんだ」

Tops/Vintage Denim/BLACK BY MOUSSY Belt/Vintage Bag/GREGORY Shoes/CAREL ※すべて私物

2019年3月号掲載

▼ 関連記事もチェック!

モデル/新木優子 撮影/三瓶康友(モデル) 細谷悠美 富田恵(2人とも物) ヘア&メイク/今村友美(Lila) スタイリスト/石田綾 構成・原文/道端舞子 web構成/篠有紀 web編成/ビーワークス
関連記事
  • オフィスではすっかりデジタル化&ペーパーレス化が定着したとはいえ、まだまだ私たちのお仕事に欠かせないのがペンやノート、メモ、マスキングテープなどの文房具。読者のみなさまもそれぞれ“愛用の逸品“をお持ちだと思いますが、BAILAエディターズに意外と人気なのが【無印良品】のステーショナリーです。今回は、元無印スタッフで現編集部員の編集バタコが実際に愛用している名品7アイテムをお届けします。元スタッフが溺愛する【無印良品】本当にコスパのいい文房具7選植林木ペーパーチェックリスト付箋紙(45枚) ¥250 「四角いチェックボックス&罫線が12列ある縦長のポストイット式メモパッド。サイズ(横45×縦98mm)、粘着力ともに手帳やデスクにちょい貼りするのにちょうどいい大きさで、ToDoリスト管理に愛用しています」(バタコ)ダブルリングノート無地(B6・80枚)¥190 「A4、A5、A6、A7、B5、B6と幅広いサイズ展開を誇る【無印良品】のノート。私が愛用しているのはB6サイズで、360°折り返せて、上下左右どちらからでも使えるダブルリングタイプ。カバー台紙がしっかりしているので、立ちながらの取材やメモ時にもとても便利です」(バタコ)ハンドシュレッダー ¥990 「ストレートカットの手回し式ハンディサイズのシュレッダーで、ハガキサイズくらいまでの紙をさくっと分解できます。コンパクトサイズ(約幅182×奥行50×高さ30mm)なので会社のデスクでも収納場所を取らず、しかも立てて置いておける自立型」(バタコ)ポリプロピレン小物ボックス ¥60 「クリップや画びょう、安全ピンなど、細かい文房具を入れておく用途のものですが、ピアスやリング、ネックレスなど小さなアクセサリー&ジュエリーのポータブル収納ケースとして活用する方法も! 使い道いろいろの万能ケースです」(バタコ)こすって消せるボールペン 各¥150 「キャップ部の専用ラバーでこするとインクが消えるボールペン。シンプルなデザインと書きやすさに加え、0.5mmという細すぎず太すぎない芯、インクの減り具合が一目瞭然なクリアケース、替え芯(¥120)があってエコフレンドリーなところもお気に入り」(バタコ)ポリカーボネイト シャープペン(ラバーグリップつき)¥80 「驚くほどプチプラなのに、とても丈夫な素材のポリカーボネイトを軸に使用し、指が滑りにくいラバーグリップで仕上げています。芯は0.5mm。個人的には“人生史上最も書きやすい”と思っています」(バタコ)マスキングテープ 3本組 各¥390 「華やかで可愛らしい柄と、貼りやすさ&はがしやすさ、テープの上から文字が書けるなど、文房具女子に根強い人気を誇るマステ。白い無地のもありますが、人気は3色パック(上)と伝統柄パック(下)。自分用はもちろんですが、海外の方へのお土産としても喜ばれます」(バタコ)以上、編集バタコ渾身の【無印良品】文房具プレゼンでした! どれもプチプラなので、みなさまも一度買ってお試しいただくことをおすすめします。ネットでも買える!【無印良品】公式オンラインストアはこちら【合わせて読みたい】生活まるごと頼っちゃう! 編集部が溺愛する無印良品の名品取材・文/沖島麻美 ※コメントには個人の感想が含まれます。価格や在庫状況を含む商品情報は5月初旬時点での情報で、予告なく変更になる場合があります。
  • ボリュームが心配になるストレートタッチのボブも一技かければ大人仕様に!【FRONT】【SIDE】 【BACK】ワンレングスベースのボブに動きと抜け感を出しやすくするためのレイヤーを施している。前髪は子供っぽくなりすぎず、大人の可愛さを引き出す眉ギリギリラインに設定を。 ストレートタッチのボブも人気上昇中だが、大人がそのまま取り入れると逆にペッタリ……。そこでストレートアイロンで表面の髪のみまっすぐ伸ばし、内側は弱いクセをそのまま残してふんわりスタイルに。毛先は同じくストレートアイロンで外ハネ&内巻きにランダムに散らして。DATA量・やや多太さ・普硬さ・普クセ・弱担当サロン「LANVERY」撮影/黒沼 諭(aosora) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/池田メグミ モデル/高垣麗子 取材・文/松井美千代ショートヘア一覧はこちら▶ボブヘア一覧はこちら▶ミディアムヘア一覧はこちら▶ロングヘア一覧はこちら▶
  • 同窓会やパーティなど、いつもと違った場所へ出席するとき、何を着るか悩みませんか? 華があり、品もある。大人が自信を持って着られる。 そんな全てを満たしてくれるオケージョンワンピースが完成しました。 シンプルなスタイルの中にも、着るだけで際立つこだわりの逸品です。 きれいに見えて、一枚で着映えする E by eclat 夏のオケージョンワンピース¥19,000+税 衿ぐりにケープがはさみこまれているオケージョンワンピースです。 ボディーはウエストのカーブを自然なラインでしぼっており、すっきり細見えシルエットにこだわりました。 ケープを後ろに流して肩を出しての着用もおすすめです。 カラーはカーキグレーとブラックの2色展開です。 縦長のすっきりシルエットですが、全体的にゆとりを入れているので楽に着こなせます。 アクセントにアクセサリーを足して華やかさをアップ♪ E by eclat ヴィンテージ調パールネックレス¥10,000+税 E by eclat ヴィンテージ調イヤクリップ¥8,000+税   こだわりが詰まった大人のオケージョンワンピースを着て、特別な時間を素敵に過ごしてください。 E by eclat 掲載一覧はこちら
  • いよいよ梅雨が近づいてきましたね、最近はスッキリ晴れない日が多く湿度も上がり始めました。こんな季節に求めたい洋服は、見た目おしゃれと快適な着心地。ここで紹介するMOREオリジナルブランド「フラワーデイズ」の新作アイテムは、そんな悩みを同時に叶えて尚且つコスパも求めた贅沢度MAXの優れもの。これらアイテムを揃えて不快な梅雨を乗り越えていきましょう♪   ◆シンプルで女性らしいフォルムがオンオフ問わずコーデに活躍◆ Flower Days/とろみフレンチスリーブブラウス/¥4,900+税 生地は微光沢のあるとろみ素材を使用。適度な落ち感や品のある光沢が特徴で、女性らしいカラダがキレイに見えるフォルムにこだわっています。1枚で着ても透け感の心配は全くなく、洗濯機で洗ってもシワになりにくく、おしゃれで実用的なブラウス♪   デザインポイントである開襟仕様の胸元やフェミニンなシルエットを生み出す肩のタック使いなど、シンプルで飽きのこない女性らしいディテール。   カラーはグリーンとパープルの2色。スカートなどに合わせてキレイめに、デニムと合わせてカジュアルライクにとオンオフ問わず着回せます。   ◆昨年の夏大ヒットした2WAYワンピースが今年風にアレンジ◆ Flower Days/2WAY花柄プリントワンピース/¥6,900+税 昨年の夏も大ヒットした2WAYワンピースが今年風にアレンジを加えて進化しました。柄はレトロな雰囲気でちょっぴりヴィンテージライクな落ち着いた花柄をチョイス。2WAYにする着方は簡単で内掛けボタンと表ボタンを留めればカシュクールワンピース、ボタンを全開にすれば羽織りアイテムに様変わり。1枚で二度おいしいまさに万能ワンピース。   ワンピース仕様でのポイントはこのVネック。カシュクールデザインのため衿元から少し深めに取ることでキレイなVラインを作り上げ、スッキリとしたとても女性らしい印象になります。   サイド・バックから見たときのシルエットにもこだわり、前後差を付けることで着流したシルエットがとてもキレイ。ウエストゴムも高めの位置で設定しているので脚長効果も期待大。サイドにはポケットも付いているため携帯なども入れられ、自宅でのお洗濯もOK。デザインだけではなくケアも充実しているのが嬉しい♪   いかがでしたか?? この他にも『フラワーデイズ』のサイトでは、この夏着回したいアイテムが絶賛販売中です!是非チェックしてみてください♪        
  • Tシャツ、パンツ、シャツ、小物。“ザ・定番色”のネイビーも、スタイリスト村山佳世子の手にかかると、驚くほど新しい! スタイリスト 村山佳世子スタイリスト 村山佳世子25年以上、集英社の雑誌を中心に第一線で活躍するトップスタイリスト。高い審美眼とスタイリング力で、ファッション業界からの支持はもとより、多くのモデルからも絶大な信頼を得ている。初の著書『一生もののおしゃれが身につく10のルール100のコーディネート』(集英社)が6刷・5万部の大ヒットに!「どんなに新しい着こなしに挑戦したって、必ず上品に着地させてくれるのがネイビーの長所。ここではネイビーの定番アイテムを使って、今年らしい遊びにトライしてみました」■ネイビーのTシャツ <実はネイビーのTシャツって、意外に主張が強い。だからインナーとして使うよりも、主役トップスとして着たほうがしっくりくるのです。今シーズンは、モードなボトムとの着こなしに挑戦。>旬のタック入りカラーパンツに、少しとろみ感があるきれいめのネイビーTシャツをインしただけ。着映えがかなうワンツーコーデの完成。Tシャツ¥11,000/サザビーリーグ(ラッド バイ デミリー) パンツ¥22,000/エイチ ビューティ&ユース(エイチ ビューティ&ユース) カーディガン¥31,000/スローン ベルト¥32,000・バッグ¥168,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) バングル¥15,000/ゲストリスト(ソコ/ハウント代官山) 靴¥69,000/ウィム ガゼット青山店(ニナ リッチ)ほどよい厚みとツヤ感があるコットン素材のネイビーTシャツを、ストライプ柄をリズミカルに配置したアシンメトリースカートにさらりと合わせて。コーディネートにきちんと感とモード感があるから、スポーティなスニーカー合わせがきれいめに着地。Tシャツ¥7,800/スローン スカート¥27,000/アストラット 新宿店(アストラット) サングラス¥34,000/アイヴァンPR(アイヴァン) バッグ¥106,000/ドゥロワー 丸の内店(ワンドラー) 靴¥8,000/ナイキ カスタマーサービス(ナイキ スポーツウェア)■ネイビーのパンツ<ネイビーパンツで陥りがちな、「コンサバ見え」を避けるために、サマーウールのストレートパンツをチョイスしました。かなり男前ですが、女性がはいた時のムードが好き。サファリアウターやレオパード小物など、テイストの強いアイテム合わせで遊べる一本です>夏場も涼しくはけるドライタッチなウール100%パンツは、黒に近い色みが今年顔。スニーカーはもちろん、サンダルやヒールなどの女靴とも相性のいいシルエット。パンツ¥29,000/エイトン青山(エイトン) ジャケット¥59,000/サザビーリーグ(ユニオンランチ) Tシャツ¥9,000/サンスペル 表参道店(サンスペル) ピアス¥68,000/ザ ストア バイシー 代官山店(アグネス) バッグ¥240,000/アパルトモン 青山店(ビーネン デイヴィス) 靴¥9,000/ナイキ カスタマーサービス(ナイキ スポーツウェア)■ネイビーのシャツ <素材とシルエットによって、ガラリと表情が変わるのがネイビーのシャツ。コットンのボタンダウンとリネンのオーバーサイズで、まったく違う女性像を提案しました。そして着こなしは遊び心たっぷりに。あえてウエストアウトするスタイルと、ハーフパンツ合わせ。どちらも新鮮です>ここ最近の主流であるウエストインするスタイルを封印し、あえてアウトで着たボタンダウンシャツ。着慣れたバランスをくずしただけで、ぐっと新しいイメージに。ネイビー×ブラウンの旬配色が、着こなしの鮮度を後押しして。シャツ¥15,000/ラルフ ローレン(ポロ ラルフ ローレン) スカート¥39,000/エイトン青山(エイトン) イヤリング¥12,000/ラヴァンチュール マルティニーク(フィリップ オーディベール) バッグ¥486,000/モワナ メゾン GINZA SIX(モワナ) 靴¥87,000/ジミー チュウオーバーサイズのリネンシャツをツイード素材のハーフパンツにイン。決して子供っぽくならない、大人の女性らしさを演出。シャツ¥34,000/アパルトモン 青山店(リジェール) パンツ¥52,000・ジャケット¥72,000/ユナイテッドアローズ 新宿店(セヤ) サングラス¥47,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス¥102,000/ロンハーマン(ハルポ) ベルト¥16,000/マスターピースショールーム(サイ) バッグ¥29,000/ジャンニ キアリーニ 銀座店(ジャンニ キアリーニ)■ネイビーの小物 <小さくキュッときかせるのが、ネイビーの小物使いのポイントです。オールネイビーの着こなしに白小物をきかせるいつものテクニックと真逆の感覚で、オールホワイトコーデに2点使いしてみました>大判のストールは厚みのあるリネン、ローファーは上質なスエード。素材自体にニュアンスがある、異なる質感の小物同士の組み合わせが、今年らしさの決め手に。ストール¥26,500/ロンハーマン(アソース メレ フォー ロンハーマン) 靴¥81,000/トッズ・ジャパン(トッズ) シャツ¥24,000/サザビーリーグ(ユニオンランチ) パンツ¥39,000/アマン(アンスクリア) ピアス¥31,000/KAORU 伊勢丹新宿本店(カオル) バッグ¥138,000/ゲストリスト(ザンケッティ/ハウント代官山)【Marisol6月号2019年掲載】撮影/魚地武大(TENT/物) 白川青史(人物) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/村山佳世子 モデル/竹内友梨 取材・文/磯部安伽
  • こんにちは、海野尾です 先日Triumph 2019AW展示会へ行ってきました 100年以上の歴史がある会社、トリンプ入り口は、美術館のような作りに…! トリンプは1886年にドイツで設立された 歴史あるブランド。 ガラスの中に飾られていたのは100年以上 前に作られたコルセットでした この時代はまだブラジャーなどなく、 ウエストを細く閉めるのが主流だったようです。 ずらりと並ぶ絵はブラジャーの歴史! いま海外中心に流行っている ブラレットのような形も見られ、 洋服と同じでランジェリーのトレンドも 繰り返されるんだなぁと思いました!大きなステージには…♡ 会場内にに大きく設置されてるステージ! よく見るとマネキンの中に本物のモデルさんが 春に引き続きライラックカラーはトレンドカラーの ようで差し色に使われていました モデルさんも着用しているガードルは ヒップアップ効果が得られるのはもちろん デザイン性にも優れているのでオシャレ♡ 最近タイトシルエットのスカートが多いので 一つは欲しいアイテムですよね 日本発信のブラジャー、「天使のブラ」は 25周年とのこと❣️ 秋冬らしいボルドー色が綺麗でした 働く30代に向けたランジェリー♡わたしが最も注目してるブランドは 「VALISERE」! 働く30代に向けたブランドなので BAILA世代にもぴったりです! 飾りすぎない、洗練されたデザインがツボ 繊細なレースやシルク使いが上品で うっとりでした…♡ こういうランジェリーが似合う大人に なりたいものです☺️ 今年はマネキンが着ているような三角ブラのタイプや ストラップが太いデザインがトレンドなんです❣️ 洋服から見えてもいやらしくない デザインもポイント✨ 下着はインナーアイテムですが せっかく毎日つけるならファッションの 一環として楽しみたいですよね❣️ そんな気分の時にぴったりなブランドです ファッショナブルなスポーツブラ!実はトリンプからスポーツラインも 出ているの知っていました?? 「Triaction」という今ヨーロッパで 話題のブランドです❣️ スポーツ用とは思えない可愛いデザインと 下着メーカーならではの機能性が 兼ね揃えられています。 最近ジムに通い始めてウエアを集めてる 最中なのでほしくなっちゃいました 楽チンが売りのSloggi!!そして今話題の楽チンブラ、「スロギー」❣️ なんとも大胆なディスプレイが目を惹きますね 秋冬はニット素材も出ていて あったかさはもちろん、 見た目もすごく可愛かったです〜 そしてスロギーから昨年誕生したプレミアムライン、「S by Sloggy」も大注目❣️❣️ ヨーロッパ発の洗練されたデザインはそのまま、 日本人女性の繊細な着ごこちへのこだわりを意識し、 日本人の体形に合うようなフィッティングで 製品化しているようです✨ シンプルながらも女性らしいデザインに加え、 色も可愛い… 秋冬コレクションが今から楽しみに なるような展示会でした❣️ 下着って毎日つけるものだからこそ 自分が本当に気に入ったものを みにつけたいですよね みなさんもTriumph是非チェックしてみてください ☆Instagramはこちらから→→スーパーバイラーズ 海野尾美紀のブログ
  • しかもかぶりにくい。でもちゃんとおしゃれな安心のプチプラ。悩んだらここへGO!今年のカンヌ映画祭。思わず見てしまうのは、ニース空港に続々と到着した女優さんたちの私服です。いち早く伝えてくれる現地フランスのファッションサイトを見ていたら、「ジャケパン」が多いなと思いました。特に目を引いたのは21歳の「エル・ファニング」。ナチュラルカラーのメンズライクなジャケパンスタイルに合わせたフレンチ配色がかわいすぎて、ちょっとホレました♡ (参照サイト「GRAZIA(Cannes 2019)」) で、すぐ真似をする。今持っているアイテムでも色さえ合わせればそれらしい雰囲気は作れます。プチプラ多めでも!彼女はシャツだったけれど、わたしは合わせやすいTシャツで応用。スタイルのポイント「赤いウエストポーチ」は持っていないので、探したらありました!普通のポーチですが100均に(笑)このコーデだったら、ついついベーシックカラーのバッグを合わせるところですが、赤いポーチを入れるところがさすが。インナーのブルーと合わせると「トリコロール」感が出てフレンチテイストに変身。100均でもじゅうぶんかわいいぞ!前置きが長くなりましたが、今日ご紹介するアイテムもカンヌに合わせてちょっとリゾートっぽくなる、とても素敵なデザインなんですよ。わたしの秘蔵のプチプラ「SENSE OF PLACE(センスオブプレイス)」をご紹介します★このブランドの基本は「ベーシック」。お仕事服からプライベートまで、オンオフまとめて欲しいものがワンサカ見つかります。なぜなら、ここは「URBAN RESEARCH(アーバンリサーチ)」系のプチプラなので、色もデザインもシンプル。アラフォーが着やすいものがゴロゴロと見つかります。 それに、大手プチプラより断然かぶりにくいのも魅力的。デザイナーさんとのコラボ商品や、デザインにエッジが効いたものが多いので、かぶりやすいベーシックなものはここで選ぶことも多いです。 最近「これは!!」と飛びついたのはこの3点。トップスとサンダルの色違い2点です。見た時にも「かわいい!」と思いましたが、買ったあとに更に「大当たり」と思いました。サラサラした薄い透け感のあるリブニットのチュニックです。最初は「何を合わせればいいんだろ?」とホワイトデニムくらいしか思い浮かばなかったのですが、買ってみたら意外に何でも合わせやすく、今大活躍している1枚です。「チュニック」と聞くと反射的に「老け見え」の不安がよぎります(涙)。でも、濃いダークブラウンとリブ編みの組み合わせが大人っぽいリゾートの雰囲気でまったくそんなことはありません。前は太もも半分までカバーし、後ろはより長くお尻までスッポリ。完全なる体型カバーにも関わらず重たく見えないのは、サイドにスリットが長く入っているおかげです(着画をご参照下さい)。ノースリーブに見えますが、着てみると半袖のように袖が下がってくるので露出もほどほどで安心。ダークブラウンは、大人が選ぶ色としてハズレが少ないのでよく買う色のひとつ。特に夏はスタイルに深みがプラスされて高見えになります。これに合わせるボトムスは、意外にもロングスカートやパンツにデニムなど、バランス的に何でも合ってしまうのでとても便利! そして一緒に買ったペタンコのサンダル↓抜け感を出すために、夏は絶対に欲しいシンプルなクロスベルトデザインです。色がたくさんあって選べず、ベーシックの黒とメタリックのシルバーを2点買いました(ゴールドもかわいかった)。まぁ、この価格ですからね!シルバーのサンダルにはシルバーのポシェットを合わせて楽しんでいます。メタリックが1点でも入ると、スタイルが涼しげで一気に夏らしくなりますよね。ダークカラーの長めのトップスなので重たく見えないように、足元はペタンコシンプルなサンダルでバランスを取れば大丈夫!【土曜日】スカートに重ねたダークカラーコーデ↑夏は重くなりがちな「こげ茶×ブラック」の組み合わせですが、トップスの透け感ある生地と、スカートは小花柄のサラサラ素材で回避。足元のシンプルなサンダルでさらに軽い雰囲気を出します。小物もストロー素材で夏らしく。 【日曜日】ダークブラウン×ピンクのフェミニンパンツコーデ↑ピンクにも相性抜群のブラウン。ペールピンクでパンツでも少しフェミニンな雰囲気になります。サンダルとバッグをシルバーで合わせて夏らしさをプラス。このパンツは「VIS」のプチプラですが5年くらい履いているロングランです! ↓フレアデニムにもバランスがよく合います。サンダルは黒でもシルバーでもどちらも確実にキマる!サイドのなが~いスリットがチュニックの重苦しさをなくしてスッキリ!足長効果もありそうです♪このサンダル、シンプルで横から見てもかわいい♡いいな~カンヌ♡…なんてニヤニヤしていたら、長い連休が終わったばかりだった(泣)。次は夏休みか。 服だけでもカンヌっぽくして、気分をアゲでいきたいと思ってます♪▶SENSE OF PLACE(センスオブプレイス)「リブニットチュニック」の詳細はこちらをチェック▶SENSE OF PLACE(センスオブプレイス)「クロスベルトトングフラットサンダル」の詳細はこちらをチェック………………………………………………………………………………………………… ★オマケのプチプラVol.24★ 「PLST(プラステ)イヤリング(1,990円)」 夏になるとお店にたくさん並ぶマーブルデザインのアクセサリー。今年もかわいいものがたくさん目に入ります。以前はピアスのほうが種類が多かったのですが、最近はイヤリングもがんばってくれていて、選べる幅がとても増えたのがうれしいです♪ 夏のシーズンアクセサリーなので、価格も毎年プチプラが希望。そのほうが迷わず大胆なデザインを思い切り楽しめます!今年はプラステで素敵なものを見つけました☆縦は5.5cmほどの大ぶりなデザイン。夏にはこれくらいのほうがパンチが効いていてアクセントになります。同じマーブルでも色味によって似合う服も変わってくるので、ニュアンス違いでいくつか持っています↓ 300円ショップの「クゥクゥ」でもとてもかわいいものを見つけました。300円で信じられない素敵なものがみつかるので、大好きなプチプラです♡耳元にマーブルがあるだけで、シンプルなTシャツでも夏らしさがググっとUP。この夏も元気に耳出して、女っぷりを上げていきましょう♪▶PLST(プラステ)「マーブルイヤリング」の詳細はこちらをチェック 美女組 Akane 元国内線C/A。フランス留学中にアルバイト生活でプチプラファッションに目覚め、現地でリアルな着こなしを見て学ぶ。40代が最大限おしゃれに見えるプチプラアイテムを日々発掘中。小学生2児の母。
  • 気付けば週3白コーデ。白の力は最強です。Marisol6月号、初夏のアラフォーには白の力が必要です! もうご覧になって頂けましたか? 爽やかさ、女らしさ、おしゃれ感。 すべてをこの色が叶えてくれる! 本当にそうですよね。 「白」を着たときのフレッシュ感、爽やかさ、女らしさは、気分を上げてくれます。 なるべく汚さないように気をつけるから自然と所作も丁寧になっているような。 レフ板効果も嬉しいです。 最近は気付けば週3、白コーデです。 友人とドライブの日 MICA&DEALのブラウス友人とランチの日。ZARAのBIG白シャツ仕事後の買い出しの日。spick&spanのリネンロングスカートどれも今年買ったものではないのですが、何年着ても私の中で飽きないのがこの白アイテム。(伸縮性、適度なハリがあって着心地が良い点も◎) 何年着ていても着るたびに気持ちが上がります。 そんな意味でも、白の力ってすごいなと実感しています。 ただ、白を着る上で気になるのは、やはり"汚れ"ですよね。 そこで、Marisol6月号に、気になるアイテムが載っています! 白の清潔感をキープするアイテム スタイリストが愛用する「シミ抜きの超名品」ザゥトマン‼︎ザゥトマン miniわたしも早速買ってみました! 食べこぼし、口紅、ファンデ、水性・油性汚れなど。 天然原料を使い、シルクからデニムまで幅広く使えるそうです。 このサイズ感、ポーチに入れておくだけで、出先でも、ささっと使えてかなり安心。また、何年も前から愛用しているのが「ウタマロせっけん」。 白を気楽に着たいから、 汚れたら落とせば良い!という感覚でこの石けんも頼りにしています。 この石けんに出会ってから、子供にも白の洋服を着せれるようになりました。 体操服の土汚れにも、頼りになるウタマロ石けん。これから来る梅雨の時期。 白の力を借りて、気分をあげていきたいと思います。 今日も最後まで読んで頂きありがとうございました。美女組No.164 kanaのブログ
関連キーワード

RECOMMEND