カジュアル派・新木優子はジャンスカを今から春までこう着る!【着回しコーデ】

non-no Web

- - - YUKO' rule - - -

#スポーツMIX

ウエストポーチ、キャップなどなど……。スポーティーなアイテムをMIXしたコーデで親しみやすいスタイルを意識。

#らくちんコーデ

動きやすいのが大切だから足元はスニーカーやブーツ率高め。ゆるいシルエットのトップスも欠かせない!

#ミーハー女子

流行り物はさりげなく取り入れたいタイプ。ニーハイブーツやガウン、ネックレイヤードなど流行にはとりあえず乗ってみる♡

着回しアイテム

# ボタンつきジャンスカ

ジャンパースカート¥6900/Free’s Mart

着倒しコーデをCHECK

今

1/3

ちょっと先

2/3

春

3/3

スウェットの下に忍ばせてラップスカート風にアレンジ


黒のスウェットとカーキのスカートが重くならないよう、ライトグレーのコートでシティライクにトーンアップ。

マスタード×カーキのカラーMIXを淡色カーデで中和


カラーコーデをベージュカーデですっきりとまとめて鮮度UP。

白シャツで整えたジャンスカをキャップでカジュアル変換


足元も白であか抜け♪

コート¥12000/MURUA スウェットトップス¥9500/ヘインズブランズ ジャパン(チャンピオン) イヤリング¥1945/アビステ バッグ¥5900/COO(LAUGOA) ショートブーツ¥7900/R&E

ちょっと先 カーディガン(2月発売予定)¥25000/LIFE’s 代官山店(TODAYFUL) タートルニット¥5900/RANDA イヤリング¥2700/CHIPPI&CUU バッグ¥2999/SPINNS ショートブーツ¥25900/モーダ・クレア(マーガレット・ハウエル アイデア)

シャツ¥19500/HONEY MI HONEY トップス¥3900/レンアイ ケイカク ルミネエスト新宿店 キャップ¥3600/WEGO バッグ¥4200/Carhartt WIP Store Tokyo 靴下(3足で)¥1000/チュチュアンナ スニーカー¥23000/ディーゼル ジャパン

2019年3月号掲載

▼ 関連記事もチェック!

クリパにイルミデートにイベント盛りだくさんな季節到来! テクなしで可愛さが盛れて、普段にも♡どっちも着られるワンピが狙い目!
ハイウエストで脚長、ベルト付きでくびれ、アシンメトリーな裾ラインでふくらはぎやせと、スタイルアップポイント満載の着やせスカート。チェック&ボタン付きのトレンドもしっかり押さえてあるのがポイント高い。白のちょいゆるニットをインして甘めに着こなし!
モデル/新木優子 撮影/藤原宏(Pygmy Company・モデル) 齊藤晴香(物) ヘア&メイク/中山友恵(Three PEACE) スタイリスト/松尾正美 構成・原文/梅田恵里 web構成/篠有紀 web編成/ビーワークス 撮影協力/Little Darling Coffee Roasters ALL GOOD FLOWERS
関連記事
  • こんにちは小野アムスデン道子です。地上314mとタイで一番高い360度の展望デッキと、一番高いルーフトップバーがある「マハナコンスカイウォーク」は、2018年11月にオープンしたばかりのタイの最新絶景スポット。飲んで食べて買って、絶景で締めくくるバンコクでのストレス発散旅をご紹介します。チャオプラヤー川を挟んで、ワット・アルン(暁の寺)のある左岸と、ワット・プラケオ(エメラルド寺院)や王宮があって高層ビルも並ぶ右岸の眺めは、バンコクの絶景の一つ。一日目は、ワット・アルンを眼前に望むタイ料理レストラン「チョム・アルン」へ。新鮮なハーブが添えられた豚のひき肉炒めやシュリンプケーキ、手羽先の唐揚げなどポピュラーな料理はとてもおススメ。夕暮れ時がベストタイムです。チョム・アルン Chom Arun  https://www.facebook.com/chomarun/今回の宿泊先は「プルマン・バンコク・キングパワー」。空港から鉄道「エアポートレイルリンク」で15分ほど到着する終点のパヤタイ駅から徒歩圏内という立地の、モダンなインテリアの5ツ星ホテルです。朝食のヘルシーブッフェが充実したオールデイダイニングのほか、レストランとバーが5軒と豊富に揃っています。プールやスパを備え、客室のバスルームにはゆったりしたバスタブもあって寛げます。隣にはデューティーフリーのショッピングモール「キングパワー・ランナム」があり、人気ストリートフード店が集結した「タイテイストハブ」も入って、食べて飲んでお買い物を満喫できます。早速お買い物にゴー。プルマン・バンコク・キングパワー  Pullman BKK King Powerhttps://www.accorhotels.com/King-Power次ページに続きます。このモール「キングパワー・ランナム」は、短時間バンコクでもとても使えるショッピングスポット。まず、BTSビクトリーモニュメント駅から5・6分歩けば行けるのですが、無料のトゥクトゥクの送迎もあり。ちょっと歩けば汗ばむバンコクではうれしいサービスです。入ってすぐに、無料ロッカーを備えて待ち合わせ室的にも使えるトラベラーズラウンジや免税の手続きをしてくれるVAT REFUNDのコーナーがあって便利。ここで免税手続きを一括しておけば、空港での払い戻しが楽ちんです。1階は、有名ブランドがずらり並んでテンションが上がりますが、ここでショッピングするためには、まず海外旅行者としてカウンターで登録が必要。パスポートと帰国便の便名が必要なので、この2つを忘れずに!2階には、ずらりコスメやスキンケア、パフュームなどがずらり。香りのよいタイ製の室内アロマやスパ製品なども。そして、タイ&キングパワーならではの商品が揃うのが3階。まず、タイ政府公認の一村一品運動の品が揃う「OTOP」コーナーは要チェック。政府公認で、品質が保証されているシルク製品や雑貨がいっぱい。フォークロアな感じのウェアやシューズはリゾートにもぴったりです。食品があるのも3階で、キングパワーオリジナルのお菓子やタイ料理のスパイスセットなどばらまきにぴったりな商品が揃います。お菓子は試食も揃っていて味見して選べるのもうれしい。そして3階で超おすすめが、フードコートの「タイテイストハブ」。ストリートフードの名店が20ほども並ぶ路地のような作りがとても楽しいセクションです。タイの人気料理パッタイ(タイ風焼きそば)の「ティップサマイ」は、1966年創業という老舗で王宮地区の本店にはいつも行列という有名店。ここなら便利なショッピングモールの中で、並ばずに食べられます。私は卵包みパッタイを注文。オムレツのようにふわっとした卵焼きの中に、海老味噌が効いたソースの焼きそばにぷりっとした海老、しゃっきとしたもやしが入って、熱々を混ぜていただきます。ふんわり卵とその他の具、もちっとした麺とのコンビネーションがたまりません。もう一つおすすめは、「ラマイホイートヤワラート」という牡蠣など貝のお好み焼きの店のあんかけ極太麺。目の前で熱くした鉄皿に載せた麺の上に豚肉や野菜のたっぷり入ったあんをかけて仕上げてくれます。外側は香ばしく焼いた麺とあんの組み合わせがとてもおいしいわずか90バーツの絶品グルメです。写真入りの日本語メニューもあるので指差しで注文OK。キングパワー・ランナム  King Power Rangnamhttp://story.kingpower.com/en/store-downtown-en/次ページに続きます。お腹も一杯になったところで、今回の目的であるタイで一番高い360度の展望デッキと一番高いルーフトップバーがある「マハナコンスカイウォーク」へ。 場所は、BTSのチャノンシー駅の出口3に直結しているのでとてもわかりやすく。ギザギザしたユニークな外観がひと際目立ちます。「マハナコンスカイウォーク」は、年中無休で朝10時から24時までオープン(最終入場23時)。エレベーターはタイ国内で最速。74階までは、バンコクを俯瞰するようなビデオが流れて、あっという間の50秒です。74階は、360度の屋内展望デッキとしてタイで一番高く、設置されている郵便ポストもバンコクで一番高い位置にあります。ここから記念のハガキを出すのもよいかも。バンコクの主要なランドマークや観光スポットのAR(拡張現実体験)も。そして階段で上がった75階からシースルーエレベーターで78階へ。そこは屋外展望デッキで、いきなりおおっと思うバンコクの眺望が広がります。これまたタイで一番高いルーフトップバーで、テキーラサンライズを注文し、しばし眺めに見とれます。話題は、63㎡もある地上310mのガラス張りフロア。さすがに下を見るのが恐いほどですが、抜群のインスタスポットで、みんな寝転がったり、写真撮影に夢中です。さらにそこから一段高い「ザ・ピーク」は、地上314m。バンコクで一番高いビューポイントになります。はるか眼下にゆったりとしたチャオプラヤー川が流れ、絶景が堪能できます。マハナコンスカイウォーク  King Power Mahanakhon SkyWalkhttp://www.kingpowermahanakhon.co.th/skywalk/1階から4階は、キングパワーの免税店や洒落たデザインのマハナコンスカイウォークの限定土産物店が入る「キングパワーマハナコン」。そして、2019年中には世界初の「オリエントエクスプレス・マハナコン・バンコク・ホテル」が出来る予定です。グルメにショッピングに絶景に。弾丸でもバンコクでも満足度の高い旅でした。
  • シンプルでもなぜおしゃれに見えるの??違いは「こだわり」にありました ショッピングには最近、様々なスタイルがあり驚くことがあります。先日、代官山の「THIRD MAGAZINE(サードマガジン)」に初めて行った時、まじまじとそう思いました。  ショップに入ってウキウキ「さぁ見るぞ!」と思っていたら、ササっと店員さんがきて「システムはご存知ですか?」と。「???(´・ω・`)」と困っていると教えてくれました。ここではすぐに買えないのだと!  ここは試着を楽しむ「ショールーム」。気に入ったものがあれば商品のバーコードを読み込み、あとでオンラインで注文するというスタイルなのだという。なるほどそーゆーことですね! (ショップの許可を得て撮影しています) 広い空間でスタイリッシュな店内。店員さんも色々アドバイスをしてくれます 「エクラ」2月号でも「大人のための新ショップ」で紹介されていたお店です。オリジナル商品だけでなく「ソニア・リキエル」や「オフィシン ジェネラル」などのパリテイストなセレクト品も置いてあり、洗練されたアイテムはずって見ていても飽きません。  欲しいものがあったので持ち帰れないのはちょっぴり慣れない感じでしたが、実物を目で確認して即ピピっと注文。  わたしの希望アイテムは予約商品だったので、すぐに届かず1ヶ月ほど待ちました。  で、やっと先日届いた欲しかったこの「ロゴT」!「サード×亘つぐみさん(スタイリスト)」のコラボ商品です。普通のTシャツにみえて実はすごいのですよ(≖ᴗ≖ ) 前は「サード」、うしろは「マガジン」というまさにショップのロゴT。すぐ売り切れてしまうから待たないと買えなかったのです(現在は手に入れやすい状況のよう)。本格的なTシャツシーズンが来るまでに絶対手に入れてやるぞ╭(๑•̀ㅂ•́)و!と、お正月からひそかに目標を掲げていました。後ろに入っている大人向けのロゴTはなかなかめずらしい Tシャツ・・・色々持っていますが、わたしの「好き」がこれ1枚にぜんぶ詰まっている感じです。本当におしゃれなTシャツというのは一見「普通」にみえて、実はそう見せるための隠れた工夫がされていることが多いです。  これも極シンプルなTシャツに見えますが、実はさりげなくおしゃれに見える工夫がぎっしり。女性が安心して着られる「透け感」、毎日着たい「着心地重視」の上質な肌ざわり、Tシャツなのに女性らしくみえるシルエット・・・  どこにでもある「普通」のTシャツにみせて、実は見えないところで様々な仕事がなされているのです! 「普通なのになぜか1枚でカッコいい」。そう見せてくれるのがわたしの中では本当に良いTシャツの基準です。 シンプルだからこだわりたい ロゴもさりげなく「ビンテージ」テイスト。色も「真っ白」ではなくオフ寄りで、素材は新品ピカピカではなくウォッシュ感があるこなれた感じです。  すべてが計算されて、はじめて「普通のTシャツ」が不思議とカッコよくみえるのですね!Tシャツって実は奥深い。エブールに比べるとかなりオフ。同じ「白T」でも印象は違う 「無地T」と「ロゴT」は別の仕事をするので使い分けて着ています。無地はジャケットにインしたり、パールを合わせたりと控えめな印象でも使えますが、ロゴTはもはや主役です。存在感があるので、あまりゴチャゴチャ合わせずなるべくシンプルにしたいですね!   ロゴがブラックなので、シューズはリンクするコンバースの黒がとてもいい相棒。黒いパンプスならさらに女っぷりが上がりそうです。  Tシャツでも女性らしさのある素敵なシルエットなので、スニーカーを合わせてもラフになり過ぎません。ぜんぶハイカットで合わせてみました(^^;)↓Day1:やはり合わせたいブルーデニム。ロゴが少しあるだけで少し抜けた感じにDay2:黒のスカートでラフでも女っぽくDay3:ロゴに合わせてアイテムを黒でまとめて全体の統一感。白を目立たせてTシャツが主役に他の画像を見る 二の腕が隠れる長さもうれしいです(^^)そういう点も大人の女性向けですね。袖をひとつ折るとまた違った雰囲気になります 1万円のTシャツは高いのか、安いのか。「普通」をカッコよくみせてくれるなら、とてもお得に感じます。プチプラと上手に使い分けたいですね!    東京の今日からの気温は例年より高くなる予想。そろそろ今年の「最愛Tシャツ探し」、はじめてみるのもいいですねˆᴗˆ .............................................................................................届いた箱もシンプルなのにスタイリッシュ!同封のカタログも素敵です。ちょうどモデルさんと同じTシャツ★サードマガジン /(コラボ)ロゴプリントTシャツ美女組No.127 Akaneのブログ
  • チェック柄コートでこなれトラッドに。バッグのさし色で女子力UPも☆気ままに街ぶらする土曜日は、黒のワイドパンツとスニーカーで肩の力がほどよく抜けた大人のカジュアルスタイルに。チェック柄のチェスターコートやニットからチラリとのぞかせたタートルネックで今っぽくこなれて。茶系×黒のシックな色合わせがトラッドな雰囲気を後押ししてくれる。ハンサムな装いにひとつ、イエローのきれいめバッグで女っぽさを添えたら、おしゃれ感度がぐっと上がって気分も上向きっ♪コート¥45000・ニット¥21000/ノーリーズ&グッドマン銀座本店 中に着たタートルニット¥6000/ジーナシス パンツ¥16000/ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング 自由が丘店(ブラクトメント) 靴¥5800/コンバース バッグ¥38000/ジャンニ キアリーニ 表参道店 イヤリング¥2900/サンポークリエイト(mimi33) バングル¥51000/バフ本田翼の【今日のコーデ】をもっと見る>> ♡3月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/嶌原佑矢 ヘア&メイク/犬木 愛(アージェ) モデル/本田 翼 スタイリスト/高野麻子
  • おしゃれ感ときちんと感のバランスを兼ね備えたジャケットコーデ&アイテムを集めました。ノーカラージャケットやダブルジャケット、テーラードジャケットに似合うトップスやパンツ、靴やバッグなどをチェックして、ジャケットコーデを女らしく格上げして。【目次】 ・おしゃれ感をプラスするジャケットコーデ ・女らしさを格上げするおすすめジャケット■おしゃれ感をプラスするジャケットコーデ【 1 】ノーカラージャケット×パンツコーデトレンドの太めパンツも長めの丈でグッドバランス。合わせるボトムを選ばない長め丈が毎日に重宝。ヒップにかかる着丈だから、少しボリューム感のあるボトムとも合わせやすい。 ジャケット¥19,000/ホワイト ザ・スーツカンパニー 新宿店(ホワイト) ブラウス¥20,000/ANAYI パンツ¥26,000/ザ ストア バイシー 代官山店(コキュカ) バッグ¥42,000・ストラップ¥35,000/A.D.M.J. ピアス¥18,000/アガット パンプス¥76,000/カオス丸の内(ニナ リッチ)【 2 】ノーカラージャケット×白ブラウス&スカートコーデインを白のワントーンでまとめてすっきり見え。淡い色のインナーは顔映りのよさも見逃せない。ジャケットがフレームの役割を果たし、全身がほっそり見えるのがうれしい。ジャケット¥19,000/ホワイト ザ・スーツカンパニー 新宿店(ホワイト) ブラウス¥8,900/ゲストリスト(ステートオブマインド) スカート¥18,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(ユナイテッドアローズ) ピアス¥55,000/マリハ伊勢丹新宿本店(マリハ)【 3 】ノーカラージャケット×きれい色ニットコーデ上品カラーニットでオフィスにふさわしい華やかさ。シンプルなノーカラーだからきれい色ニットが映える。寒色系やスモーキートーンなど、上品なきれい色を積極的に取り入れて仕事服をアップデート。 ジャケット¥19,000/ホワイト ザ・スーツカンパニー 新宿店(ホワイト) ニット¥8,241/バナナ・リパブリック パンツ¥28,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) ピアス¥17,000/アルアバイル(ホルヘ・モラレス) ブレスレット¥320,000/マリハ伊勢丹新宿本店(マリハ) バッグ¥48,000/A.D.M.J.【 4 】ノーカラージャケット×ワンピースコーデワンピースにはおれば長め×長めが旬のムード。細めのシルエットでふんわりワンピースをシャープに演出。会食やビジネスディナーがある日にもおすすめのスタイル。ノーカラーだから堅苦しくならない。 ジャケット¥19,000/ホワイト ザ・スーツカンパニー 新宿店(ホワイト) ワンピース¥55,000/ストラスブルゴ(ハイアリン) バッグ¥129,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) ピアス¥11,000/プラージュ 代官山店(ニナ&ジュール) パンプス¥46,000/ゲストリスト(ルチェンティ)▶アラウンド管理職のメインアイテム「ジャケット」の選び方&最旬の着回し4days【 5 】ブラウンジャケット×シャツワンピースコーデ小さめ襟の端正なベージュシャツワンピならブラウンジャケットとグラデーションでなじみやすい。比翼仕立ての縦長ラインで細見え効果も期待できるベージュのシャツワンピースは、ブラウン系のジャケットとグラデ配色にしてなじませて。 ワンピース(ベルトつき)¥35,000/ストラスブルゴ(バルバ) ジャケット¥47,000/デ・プレ 丸の内店(デ・プレ) ピアス各¥181,000・バングル¥181,500/ハルミショールーム(オー) 時計¥91,000/ハミルトン/スウォッチグループ ジャパン(ハミルトン) バッグ¥160,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥89,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)▶仕事始めは旬のイノシシカラーの身軽なジャケットコーデで挨拶回りに【2019/1/7コーデ】【 6 】ビッグジャケット×スニーカーコーデスポーティとモードが絶妙に融合した高いデザイン性と、合わせやすいシックな配色にひと目惚れ! ビッグジャケットとフレアスカート、そしてストール。旬度の高いきれいめコーデは、スニーカーと同じ配色でまとめれば、着こなしの完成度が格段に上がる。 靴¥77,000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ) ジャケット¥64,000/オーラリー スカート¥32,000/アングローバル(イレーヴ) ストール¥27,000/プラージュ 代官山店(プラージュ) バングル¥88,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(アグメス) バッグ¥174,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)▶2019年冬のカジュアルコーデをもっとおしゃれにアップデートする方法【後編】【 7 】ジャケット×きれい色パンプスコーデどうしても真面目な印象に見えてしまう黒やベージュのパンプスではなく、ジャケットコーデにはあえてのきれい色を。それだけでコーデに鮮烈さと遊び心が生まれ、女らしくこなれた印象に!  ジャケット¥89,000/マスターピースショールーム(サイベーシックス) Tシャツ¥14,000/ヴァリアス ショールーム(エイトン) パンツ¥29,000/エージー ジャパン(エージー) ストール¥20,000/デ・プレ 丸の内店(ロバットアンドグリーン) ピアス¥13,000/アルアバイル(ラウラ・ロンバルディ) バングル¥6,500/ジューシーロック パンプス¥44,000/ユナイテッドアローズ  銀座店(ネブローニ) バッグ¥150,000/ゲストリスト(ザンチェッティ/ハウント代官山)【 8 】ジャケット×フェミニンブラウス&デニムパンツコーデボリューム袖とスタンドカラーが今年らしいフェミニンな一枚をチョイス。ジャケットを脱いだ時はもちろん、着た時も胸もとからブラウスの繊細な素材がのぞくだけで女っぷり効果は抜群。ボトムはきれいめなインディゴデニムを合わせ、さりげなくブラウスの甘さとフォーマル感をセーブして。 ジャケット¥69,000/ヴァリアス ショールーム(エイトン) ブラウス¥16,000(ウィム ガゼット)・バッグ¥130,000(ウェンディ ニコル)/ウィム ガゼット青山店 デニムパンツ¥13,000/ゲストリスト(ヘルシーデニム) ネックレス¥250,000/ロンハーマン(タナーズ インディアン アーツ)【 9 】ジャケット×ゴールド&シルバーアクセサリーコーデ一見マニッシュ。でもよく見ると女っぽい、が理想。大げさに見えない地金系のアクセサリーをレイヤード。華やかさを求めるならゴールドだけでもいいけれど、ちょっとコンサバにまとまりすぎる恐れが。シルバーアクセもミックスすると、リッチ感とこなれ感がちょうどいいバランスに決まる。 ジャケット¥58,000・パンツ¥32,000/アパルトモン 青山店(リジエール) ニット¥51,000/マディソンブルー バングル¥326,000・チェーンブレスレット¥141,200・10連リング¥127,000・右手リング¥212,000・ピアス¥412,000/ハム 神宮前 アトリエ&ショップ(ハム) バッグ¥45,000/アマン(ペリーコ) スニーカー¥12,000/ニューバランス ジャパンお客様相談室(ニューバランス)【 10 】ジャケット×ミニバッグコーデジャケット×パンツに大きなレザートートなどを合わせてしまうと、いかにもビジネスマン、といった堅い印象に。ジャケットコーデのおしゃれ感と女らしさはバッグに宿る、と心得て! トレンドのボックス型にレオパード柄とスタッズがあしらわれたミニバッグで、大人の遊び心をプラス。 ジャケット¥58,000/アングローバル(イレーヴ) ニット¥21,000/スローン パンツ¥19,000/ゲストリスト(ハウント/ハウント代官山) ピアス¥15,000/ギャルリー・ヴィー  丸の内店(オロルアバヌ) バレエシューズ¥42,000/ルック ブティック事業部(レペット) バッグ¥187,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)▶地味になりがちな「ジャケット×パンツコーデ」を女らしく格上げする4つのテク【 11 】黒ジャケット×ドット柄ワンピースコーデドットワンピースのクラシカルな可愛さをジャケットで引き締めて。足もとしだいでフォーマル~カジュアルの調整がきくのもジャケット×ワンピースコーデの魅力。スニーカーでハズしてカジュアルさとこなれ感を出して。足もとをヒールにすればパーティにも行けるきれいめスタイルに。 ジャケット¥52,000/サード マガジン ワンピース¥28,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(ア ピューピル) ピアス¥56,000/TOMORROWLAND(アグメス) ストール¥52,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ジョシュア エリス) バッグ¥145,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥56,000/ゴールデン グース デラックス ブランド 青山(ゴールデン グース デラックス ブランド)【 12 】ネイビージャケット×パープルワンピースコーデネイビー×パープルで好感度の高い通勤コーデに。品のよさと知性を感じさせるダークネイビーのダブルジャケットに、上品なパープルのワンピースを。シンプルなのに老若男女誰からも愛される、好感度の高いコーデが完成。ジャケットを黒ではなくあえてネイビーにしたのも、柔らかな女性らしさを出す秘けつ。 ジャケット¥68,000/ebure ワンピース¥42,000/レリタージュ マルティニーク(レリタージュ マルティニーク) ピアス¥20,000/デ・プレ 丸の内店(エレナローナー) バッグ¥159,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&Mデヴィッドソン) 靴¥66,000/ヴェルメイユパー イエナ 日本橋店(ニナ リッチ)【 13 】チェック柄ジャケット×ワンピースコーデヒップが隠れるくらいの丈があるメンズライクなチェックジャケットを、とろみワンピースと合わせてリラックス感たっぷりに。重くなりがちな長め丈×長め丈のバランスをアップさせる、首もとのストール使いにも注目。 ジャケット¥68,000/アパルトモン 青山店(コル ピエロ) ワンピース¥23,000(ジャーナル スタンダード レサージュ)・バッグ¥150,000(マウロ ゴヴェルナ)/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店 ピアス(片耳)¥26,000/ショールーム セッション(マリア ブラック) ストール¥62,000/ジャーナル スタンダード 表参道店(ジョンストンズ) 靴¥37,000/TOMORROWLAND(マリサレイ)【 14 】キャメルジャケット×ニットワンピースコーデ黒のロングニットワンピースに旬度高めなキャメルのダブルジャケットを合わせた、シンプルだけど今年らしい着こなし。仕上げに男靴やレオパード柄のバッグなどひねりのある小物をきかせれば、さらに上級者っぽい雰囲気に。 ジャケット¥98,000/ebure ニットワンピース¥49,000/ヴァリアス ショールーム(エイトン) サングラス¥47,000/ロンハーマン(ケイト ヤング フォー トゥーラ) バッグ¥92,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(バッグス イン プログレス) 靴¥62,000/ボウルズ(ハイク)▶「ジャケット×ワンピース」なら、手っ取り早く上品で女っぽいおしゃれがかなう!【 15 】ベージュジャケット×シルクワンピースコーデ引き継ぎのため同期と営業先へ。柔らかなトーンで統一し、きちんと感と女らしさを両立。しなやかなシルクワンピースにかっちりジャケットをプラス。 [麗子] ジャケット¥89,000/マスターピースショールーム(サイベーシックス) ワンピース¥44,000/オーラリー バッグ¥36,000/ジャンニ キアリーニ 銀座店(ジャンニ キアリーニ) 靴¥68,000/ヴェルメイユ パー イエナ 銀座店(ネブローニ) [剛]スーツ¥78,000・バッグ¥37,000/シップス 渋谷店(シップス) シャツ¥35,000/ザ ソブリンハウス(アヴィーノ ラボラトリオ ナポレターノ) タイ¥13,000/ビームス ハウス 丸の内(ジョンコンフォート) 靴¥70,000/パラブーツ青山店(パラブーツ) ポケットチーフ/スタイリスト私物【 16 】ベージュジャケット×グレータートルニットコーデ来春予定している、大幅なテナントの入れ替え。今日は新規に入るブランドとの打ち合わせに。秋一番に購入したジャケットを着て、気合十分! インにソフトな表情のグレータートルを配し、上品なキャメル小物を加えるニュアンスカラーの着こなし。敬意を表しつつ柔らかい印象の着こなしで、交渉の結果も上々。 ジャケット¥89,000・パンツ¥36,000/マスターピースショールーム(サイベーシックス) ニット¥26,000/ジャンポールノット 青山店(ジャンポールノット) 靴¥68,000/ヴェルメイユ パー イエナ 銀座店(ネブローニ) バッグ\140,000/マルティニーク ルコント ルミネ新宿店(ザンケッティ)【 17 】ベージュジャケット×ハイネックブラウスコーデ「だんだん上司っぷりが板についてきたなー!」と、先輩上司の剛に冷やかされつつ、合同で担当する新規クライアントのもとへ挨拶に。こんな日は迷わずセットアップ一択。インに着たチョコブラウンのハイネックブラウスで、印象をきりっと引き締めて。 [麗子]ジャケット¥89,000・パンツ¥36,000/マスターピースショールーム(サイベーシックス) ピアス¥9,000/プラージュ 代官山店(フィリップ オーディベール) 靴¥68,000/ヴェルメイユ パー イエナ 銀座店(ネブローニ) バッグ¥21,000/マルティニーク ルコント ルミネ新宿店(アンドレア カルドネ) メガネ¥38,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(オリバーピープルズ) [剛]スーツ¥130,000/ザ ソブリンハウス(ソブリン) シャツ¥23,000(ボリエッロ)・タイ¥13,000(ジョンコンフォート)/ビームス ハウス 丸の内 バッグ¥66,000/フェリージ 青山店(フェリージ) 靴¥55,000/ブリティッシュメイド 銀座店(ジョセフ チーニー) ポケットチーフ/スタイリスト私物▶好感度の高い「ベージュのジャケット」を着回し! 秋の“きちんとキレイな通勤コーデ”【 18 】キャメルのテーラードジャケット×ワンピースコーデワンピースに黒ジャケットだとフォーマル感が強めになりがちですが、キャメルだとほどよく抜け感のある着こなしに。クラシカルな印象の強いキャメルとヴィンテージ風ワンピースは相性抜群。まんまレトロにならないよう、華奢なサンダルやリングハンドルのバッグで今っぽさを足して。 ジャケット¥58,000/アングローバル(イレーヴ) ワンピース¥32,000/フリークスストア 渋谷(クリスティー ダウン) バッグ¥49,000(メゾン ボネ)・サンダル¥72,000(ミッシェル ヴィヴィアン)/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 表参道店 ピアス¥47,000/エストネーション(アリギェーリ) バングル¥38,000・リング¥34,000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル)【 19 】キャメルのテーラードジャケット×タイトスカートコーデタイトスカートでコンサバに。お堅い印象になりすぎずほどよく女らしさが出せるのもキャメルのいいところ。スカート以外は同系色で品よくまとめ、優しげに。 ジャケット¥58,000/アングローバル(イレーヴ) ニット¥29,000/スローン スカート¥26,000/ebure ストール¥9,500/アナトリエ ミュゼ プリヴェ アトレ恵比寿店(ムーン) イヤリング¥11,000/アルアバイル(ドミニク・ドゥネーヴ・パリス) バッグ¥154,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) ブレスレット¥13,500/ノーリーズ&グッドマン銀座本店(フィリップ オーディベール) パンプス¥31,000/ハイブリッジ  インターナショナル(ファビオ ルスコーニ)【 20 】キャメルのテーラードジャケット×デニムパンツコーデデニムでカジュアルに。もちろんカジュアルの格上げにも。キャメルのレトロ感が今風のスパイスに。デニム&ジャケットの定番コーデも、色がキャメルになるだけでこんなに新鮮!デニムは濃い色できれいめを意識して。 ジャケット¥58,000/アングローバル(イレーヴ) カットソー¥8,000/サンスペル 表参道店(サンスペル) デニムパンツ¥24,000/アングローバル(イレーヴ) メガネ¥34,000/オリバーピープルズ 東京ギャラリー(オリバーピープルズ) バッグ¥56,000/ショールーム セッション(OAD NEW YORK)▶「キャメルのテーラードジャケット」が一枚あったら、どんなシーンも今っぽいムードに決まる【 21 】ジャケット×ハイゲージのVネックニットコーデベーシックなVニットで完成する今年らしいジャケットスタイル。ブレンダシンプルらしいトレンドのジャケットスタイルに、すっきり感と女らしさをプラスして。 ニット¥53,000/ドゥロワー 日本橋店(ドゥロワー) ジャケット¥89,000/マスターピースショールーム(サイベーシックス) スカート¥43,000/アングローバル(イレーヴ) サングラス¥35,000/オリバーピープルズ東京ギャラリー(オリバーピープルズ) イヤリング¥14,800・バングル¥36,500/セシル・エ・ジャンヌ(セシル・エ・ジャンヌ) 時計¥160,000/シェルマン 青山店(オメガ) バッグ¥140,000/レリタージュ マルティニーク(ザンケッティ) 靴¥68,000/ロンハーマン(プラ ロペス)▶シンプル派のジャケットスタイルは「ハイゲージのVネックニット」で完成する!【 22 】Vカラージャケット×ボウタイ風ブラウスコーデ一日中ジャケットを着る必要のある日は、ストレスフリーな着心地がマスト!このノーカラージャケットは、ほどよく肉厚なストレッチ素材を使用し、きれいなシルエットをキープしつつ着心地はしなやか。シワにもなりにくいので、長時間座りっぱなしの日も夕方まで清潔な印象を保つことができる。インにはボウタイ風ブラウスを合わせ、女性らしい柔らかな華やかさをプラス。 ジャケット¥23,000/エムセブンデイズ ハイパーストレッチレギンスパンツ¥13,000/SHOP Marisol(エムセブンデイズ)▶プレゼンや会食、仕事帰りに予定がある日などさまざまなシチュエーションにフィット!M7daysのお仕事スタイル【 23 】ジャケット×リブタートルニットコーデ甘さを絶妙に抑えた、好感度の高いジャケットコーデ。フェミニン派らしいジャケットスタイルの決め手となるのが、好感度の高いリブのタートルニット。ネイビーがもつ端正な魅力で、甘すぎない仕上がりを手にして。 ニット¥16,000/マルティニーク ルコント ルミネ新宿店(マルティニーク) ジャケット¥79,000/サザビーリーグ(ユニオンランチ) スカート¥49,000/ヴァリアス ショールーム(エイトン) ネックレス¥135,000/ロンハーマン(サンメイア) バッグ¥169,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥62,000/ブリティッシュメイド 銀座店(ジョセフ チーニー)▶冬のフェミニン派の味方は、甘さを引き締めてくれる「リブタートルネックニット」■女らしさを格上げするおすすめジャケット【 1 】セオリーのベーシックジャケットベーシックなネイビーのジャケットは、バスト下で少しシェイプされている。視線が上にくることでバランスアップして見える。 ジャケット¥42,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー)【 2 】アルアバイルのノーカラージャケット「腰骨オーバーの長め丈」「深めVのノーカラー」「くびれすぎず、ストレートすぎないライン」という3大条件を満たしたジャケット。キャメルに近いベージュはどんな色とも好相性。 ジャケット¥32,000/アルアバイル【 3 】ザ・スーツ・カンパニーのジャケットただのVではなく、カットワークを施したネックラインでやわらかさが加わったジャケット。ライトグレーのカラーにひとつボタンがポイントになっている。 ジャケット¥16,000/ザ・スーツ・カンパニー 銀座本店(ザ・スーツ・カンパニー)【 4 】ジェーン スミスのストライプ柄ジャケット織り柄でストライプがモダンな雰囲気のジャケット。パネルラインの切り替えが体を立体的にすっきりと見せてくれる。 ジャケット¥52,000/プラージュ 代官山店(ジェーン スミス)▶キャリアを重ねたアラフォー世代のためのジャケット4選 【 5 】エムセブンデイズの正統派ジャケットシルエットの美しい正統派ジャケット。ストレッチが効いた素材で着心地抜群。同素材のパンツとあわせてスーツにしても、ワードローブのアイテムとの相性もいい。パステルカラーの配色裏地もおしゃれ。 ジャケット 各¥21,000/エムセブンデイズ▶春の仕事服は、エムセブンデイズの3アイテムがあればいい!【 6 】ホワイト ザ・スーツカンパニーのジャケットアラウンド管理職ジャケットの絶対条件「腰骨オーバーの長め丈」「深めVのノーカラー」「くびれすぎず、ストレートすぎないライン」を兼ね備えたジャケット。デザインはもちろんシックな色も絶妙。 ジャケット¥19,000/ホワイト ザ・スーツカンパニー 新宿店(ホワイト)▶アラウンド管理職のメインアイテム「ジャケット」の選び方&最旬の着回し4days【 7 】エムセブンデイズのストレッチ素材Vカラージャケットストレッチ素材Vカラージャケット。秋冬の注目トレンドであるブリティッシュチェックを、オフィスでも着やすいようにグレー系のシックなカラートーンで表現。カシュクールデザインだから一枚でも着映え力あり! ストレッチ素材Vカラージャケット¥23,000/エムセブンデイズ▶プレゼンや会食、仕事帰りに予定がある日などさまざまなシチュエーションにフィット!M7daysのお仕事スタイル【 8 】サイベーシックスのベージュジャケットピークドラペルとダブル仕立てという本格志向の形で、ジャケットスタイルを旬の気分に。きめ細かく端正なウール素材が上品リッチ。 ジャケット¥89,000/マスターピースショールーム(サイベーシックス)▶好感度の高い「ベージュのジャケット」を着回し! 秋の“きちんとキレイな通勤コーデ”【 9 】イレーヴのテーラードジャケット薄手のウール素材。クラシカルなダブルも素敵ですが、一枚買うならシャープで着回しやすいシングルボタンがやっぱりおすすめ。ジャケット¥58,000/アングローバル(イレーヴ)▶「キャメルのテーラードジャケット」が一枚あったら、どんなシーンも今っぽいムードに決まる※商品は販売終了している場合があります▶ジャケット関連記事をもっと見る
  • ”お気に入りのニット、そろそろクリーニングに出さなくちゃ......(汗)” そう思っているそこのあなた! そのニット、おうちで洗ってみませんか?NY生まれのファブリックケアブランド『THE LAUNDRESS(ザ・ランドレス)』では、 日頃の洗濯に使えるベーシックな洗剤や柔軟仕上げ剤はもちろんのこと、白や濃い色の衣類用、ウール&カシミアなどデリケートな素材に特化した洗剤などが豊富にそろえられています。優秀なうえに、デザインもスタイリッシュな『ザ・ランドレス』のアイテムの中から、この時期特におすすめしたい8アイテムをピックアップしてお届けします:)ウールなどのデリケートな洋服やデニムをおうちで簡単に洗濯できるスペシャル洗剤!トップバッターは、ドライクリーニングでしか洗えなかった大切な衣類を、自分の手で洗える洗剤から!【洗剤編①】冬の間大活躍のウールやカシミアを洗うための「ウールカシミアシャンプー」シリーズ。汚れを落としつつ、毛糸に含まれる天然成分を保護するので、自然なつやと風合いを守ってくれます。香りは、防虫効果があると言われるシダー。(左)「ウールカシミアシャンプー Cedar 60ml」(¥1404 ※税込)、(右)「ウールカシミアシャンプー Cedar 475ml」(¥3024 ※税込)【洗剤編②】誰もが愛してやまないデニムも、デニム洗濯用に特別開発された「デニムウォッシュ」でスペシャルなケアを。汚れを落とし、洗い上がりを柔らかに仕上げる成分を配合しているため、最高の着心地をも与えてくれるそう☆ ホワイトデニムを洗う際には、次に紹介する「オールパーパスブリーチ」と合わせて使うことで、白さをワントーンアップさせることができちゃいます!(左)「デニムウォッシュ classic 60ml」(¥1404 ※税込)、(右)「デニムウォッシュ Classic 475ml」(¥3024 ※税込)【洗剤編③】「オールパーパスブリーチ」は、洗剤で洗っただけでは落としきれない汚れや菌をもとから落とし、色柄物にも安心の酸素系漂白剤。気になる汚れやニオイ、黄ばみを取り去ります。洗濯前のつけおき、洗剤と混ぜて洗濯、水で希釈してキッチンやバスルーム、床などの拭き掃除にも使えるオールラウンダー。(左)「オールパーパスブリーチ 1L unscented」(¥2700 ※税込)、(右)「ステイン ソリューション 500ml unscented」(¥3024 ※税込)服も小物もお部屋も! シュシュっと爽快、リフレッシュミスト次は、衣類や帽子、バッグの中やスニーカーはもちろん、ベッドファブリックやカーテン、布製のソファなど、ニオイの気になるところにシュッとするだけでリフレッシュできるミストをチェック。【ミスト編①】「ファブリックフレッシュ」は、抗菌・消臭効果があり、洗う回数を抑えたい大切な衣類のケアや、気分をリフレッシュさせたい時にぴったりのアイテム。持ち歩きしやすいミニサイズはカバンに忍ばせ、焼肉などのニオイが気になる席のあとに手早くシュっ♪(左)「ファブリックフレッシュ Cedar 60ml」(¥1296 ※税込)、(右)「ファブリックフレッシュ Classic 250ml」(¥2808 ※税込)【ミスト編②】ルームスプレー、ファブリックスプレーとして使用できる香りのミスト。ワンプッシュするだけで品のある香りが広がります。(左)テスターなので売り物ではありません、(右)「ホームスプレー 250m」(¥2808 ※税込)ホワイトデー、誕生日、送別会のプレゼントなど、ギフトにおすすめな詰め合わせセット!最後は、ホワイトデーのお返しや誕生日、お祝い事などに贈りたいギフトシリーズ♡【ギフト編①】今の時期におすすめなのは、「ウールカシミアシャンプー ミニキット」。先ほど紹介した、ウールやカシミアを洗えるスペシャル洗剤のミニセットです。 ちょっとした贈り物としてはもちろん、お試し用として試し買いするのも◎♪「ウールカシミアシャンプーミニキット」(¥4104 ※税込)【ギフト編②】こちらもデリケートな衣類をケアする為のキット!「デリケートウォッシュキット」(¥7776 ※税込)【ギフト編③】デニムラバーなあのコには、デニム専用のスペシャルキットをプレゼント★「デニムウォッシュキット」(¥7776 ※税込)→『ザ・ランドレス』公式サイトはこちらから!
  • 『嵐にしやがれ』や『秘密のケンミンショー』で紹介された「えびジェノパスタ」を食べに行って来ました。私、ミーハーなもので… 期間限定や、テレビや雑誌で紹介された美味しいものは、ぜひとも食べてみたいタイプです。 今回そんな私のハートを鷲掴みにしたのは、 パスタの街 "高崎" で歴代チャンピオンが美味しいパスタNo.1を競い合った2018年のキングオブパスタで、見事チャンピオンに輝いたという『バンビーナ』の「えびジェノパスタ」でした。トロフィーじゃなくて達磨なあたりが高崎らしい♡だって、 あのMJがパスタデスマッチで絶賛していたんですもの。 ドラマ『バンビ〜ノ!』を思い出してしまったのは私だけではないはずです!(世代) 『バンビーナ』は群馬県高崎市の住宅街にあるイタリアンレストラン。 キングオブパスタに輝いた「えびジェノパスタ」は ✔︎群馬県産の野菜をふんだんに使った出汁 ✔︎ハーブ香るプリプリのエビのフリット ✔︎爽やかなレモン&バジルソース ✔︎鶏ガラコラーゲンたっぷり が魅力のパスタです。 えびジェノパスタ♡本当に、こんな爽やかな風味のジェノベーゼは初めて! エビもフリットにしてあるので、食感も風味も楽しめました。 高崎パスタはボリューム満点なのも特徴ですが、美味しくてもちろん完食です。えびのフリットがサク♡プリ♡私が伺った日は、平日にも関わらず開店30分前にはすでに10人程が待機。その後も行列が絶えることはありませんでした。女性ひとりでいらしてるお客様も多かったです。嵐ファンなのかな♡ まずはえびジェノを目掛けて食べに行きましたが、メニューを見ていたら「ボンゴレモン」も気になったので、ぜひまた伺いたいと思います。 トラットリア・バンビーナ @bambina_39お忙しい中、快く撮影&掲載許可をくださったバンビーナの皆さま、美味しいパスタをありがとうございました。美女組No.126 好美のブログ
  • パリの日常ってどんな感じ?体験してきた旬なパリをお伝えします~♪海外在住8年目の私。 パリは他のどの都市よりも日本人を多くみかけます。多分これに勝るのはハワイくらいでしょうか。 私はなかなか慣れませんで、カフェで日本語が聞こえるといちいちビックリしてました。 最近ようやくパリにも慣れまして、もはやだいたいの観光地なら行き尽くした感がありますが。。。 冬のパリの街並みをお届けしてみます。 パリでは必須のローヒールショートブーツ。こんなに寒くてもばっちり決まってるエグゼクティブがちらほら皆さんストールをぐるぐる巻き、フードをすっぽりかぶるなど防寒優先他の画像を見る去年も同じころにパリに来たのですが、平均気温が8度とかだったのでそこまで寒く感じなかったのですが、今年のパリはとっても寒くて、どこにも行きたくないくらい。。。 今までは石畳もパンプスなどで乗り切っていましたが、今回は寒すぎてついにギャラリーラファイエットの地下(靴売り場)を3周してとってもシンプルで定番のショートブーツをゲットしました。 こちらのブーツはフランス産にこだわったBOCAGEというメーカーのもの。とってもお買い得でした。 ちなみに中にボアがついていて、暖かい(それでも寒いのですが)。 どれだけ歩いてもラクチン!この先を抜けると→の場所にラルフローレンカフェそしてそして街歩きをしていてとっても気になったのはハットです。 寒いパリでは皆ファー付きのビーニーが去年までも主流だったのですが、今年は完全に中折れハットです。 暖かさも備えているので、おしゃれだけじゃなくってほんとに皆さん上手に着こなしてました! 基本的に本気で寒い時はコートのフードをすっぽりかぶるロシアのようなスタイルが主流になりますが。。。ともかくとっても寒かったです。そしていつも思うのですが、パリは危険。 ストリートアートが増えたり、人通りが少なかったり、何かブツブツ言ってる人が近づいたりしたら、危険を察知して大通りに戻りましょう。今回は少しあちこち仕事で行く必要があり、あまりいい経験ではなかったです。 仕事で郊外に行く必要があったのですが、どうもストリートアートが多くて嫌な雰囲気と思っていたら、同僚が同じルートを通っていて襲撃されたとのこと。社内で気を付けてくださいという喚起メールがまわってきました。 また、空港では私の隣にいたとっても挙動不審だった人が国境をパスポートなしで越えようとしてその場で逮捕。。。 パリは素敵なところですが、治安があまりよくないことも心得て行動されてくださいね。 海外の働く女っぷりをお届けしてます。 ** IG ** No.123Mari美女組No.123Mariのブログ
  • 甘さの代表色、ピンク。濃淡や配色次第で、お仕事にもカジュアルにも◎Marisol読者の素敵な皆さま こんにちは。 3月号は カバーモデルとして、エビちゃんこと蛯原友里さんが登場! まさに、エビちゃんOLに憧れた20代。 エビちゃん着用アイテムを求めて繰り出す週末が楽しかったなぁ。 今また、Marisolでの活躍を拝見して あの頃と同じ行動しちゃうかも。笑 そんなエビちゃんがアイコンのような 甘いテイストは大好物。 中でも、クローゼットのピンクの割合は高め。 春はオンもオフも沢山着たい! ということで コーディネート。 まずは、淡いピンクのワイドパンツ。 ZARAのシャツは袖にフリルがあって ちょうど良い甘さ。 内勤の日もオフもどちらにも着たいです。ちょっとカッコいいピンクの使い方。 ビビットなピンクが意志力高めに魅せる気がします。 この配色はずいぶんまえからお気に入りですが ひとつ前の記事に書いた スカーフをバッグに巻くだけで、今年顔にリニューアルして嬉しい! 春はコート代わりにジャケットを羽織るのもアリですね。ジャケットコーデで 違うパターン。 淡いピンクブラウスも タイ結びで甘さを抑えるくらいが ちょうど気分。 低身長には縦長効果も期待。 アシンメトリーなリボンが ちょうど良い大人の甘さに抑えてくれて、好きなブラウス。 ペールピンクもアリです。 ZARAのパンツは 裾のレースが、レースでありながら 水玉風で甘すぎないデザインで 使いやすい一本。カジュアルな休日には 白パーカー合わせ。 無印の白パーカーはSサイズを選んでコンパクトに着ています。 スニーカーは10年選手。これはまだ寒い日でもOK 先日の関西美女組新年会でも着ていたコーディネート。 ピンクの柄物もペイズリーや馴染む色を選ぶと着やすい!リップもグロスもピンク率高め! ↓今はまだ寒くて、冬のピンク…♡春が待ち遠しい、 甘さコーデで1weekでした! お読みいただきありがとうございました。美女組No.165 Mariko
関連キーワード