カジュアル派・新木優子はジャンスカを今から春までこう着る!【着回しコーデ】

non-no Web

- - - YUKO' rule - - -

#スポーツMIX

ウエストポーチ、キャップなどなど……。スポーティーなアイテムをMIXしたコーデで親しみやすいスタイルを意識。

#らくちんコーデ

動きやすいのが大切だから足元はスニーカーやブーツ率高め。ゆるいシルエットのトップスも欠かせない!

#ミーハー女子

流行り物はさりげなく取り入れたいタイプ。ニーハイブーツやガウン、ネックレイヤードなど流行にはとりあえず乗ってみる♡

着回しアイテム

# ボタンつきジャンスカ

ジャンパースカート¥6900/Free’s Mart

着倒しコーデをCHECK

今

1/3

ちょっと先

2/3

春

3/3

スウェットの下に忍ばせてラップスカート風にアレンジ


黒のスウェットとカーキのスカートが重くならないよう、ライトグレーのコートでシティライクにトーンアップ。

マスタード×カーキのカラーMIXを淡色カーデで中和


カラーコーデをベージュカーデですっきりとまとめて鮮度UP。

白シャツで整えたジャンスカをキャップでカジュアル変換


足元も白であか抜け♪

コート¥12000/MURUA スウェットトップス¥9500/ヘインズブランズ ジャパン(チャンピオン) イヤリング¥1945/アビステ バッグ¥5900/COO(LAUGOA) ショートブーツ¥7900/R&E

ちょっと先 カーディガン(2月発売予定)¥25000/LIFE’s 代官山店(TODAYFUL) タートルニット¥5900/RANDA イヤリング¥2700/CHIPPI&CUU バッグ¥2999/SPINNS ショートブーツ¥25900/モーダ・クレア(マーガレット・ハウエル アイデア)

シャツ¥19500/HONEY MI HONEY トップス¥3900/レンアイ ケイカク ルミネエスト新宿店 キャップ¥3600/WEGO バッグ¥4200/Carhartt WIP Store Tokyo 靴下(3足で)¥1000/チュチュアンナ スニーカー¥23000/ディーゼル ジャパン

2019年3月号掲載

▼ 関連記事もチェック!

クリパにイルミデートにイベント盛りだくさんな季節到来! テクなしで可愛さが盛れて、普段にも♡どっちも着られるワンピが狙い目!
ハイウエストで脚長、ベルト付きでくびれ、アシンメトリーな裾ラインでふくらはぎやせと、スタイルアップポイント満載の着やせスカート。チェック&ボタン付きのトレンドもしっかり押さえてあるのがポイント高い。白のちょいゆるニットをインして甘めに着こなし!
モデル/新木優子 撮影/藤原宏(Pygmy Company・モデル) 齊藤晴香(物) ヘア&メイク/中山友恵(Three PEACE) スタイリスト/松尾正美 構成・原文/梅田恵里 web構成/篠有紀 web編成/ビーワークス 撮影協力/Little Darling Coffee Roasters ALL GOOD FLOWERS
関連記事
  • Tシャツワンピはついつい休日に着たくなるけど、だらしなく見られるのは絶対に避けたいもの。ハイテク系スニーカーを合わせれば簡単にしゃれ見えコーデの出来上がり。今回は、Tシャツワンピを大人っぽく着こなすための、“なじませ”ハイテク系スニーカーをご紹介。Tシャツワンピに“なじませる”俺様スニーカー(左上)靴¥15000/リーボック アディダスグループお客様窓口(リーボック クラシック)(右上)靴¥24000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(サブソル)(左下)靴¥11000/ナイキ カスタマーサービス(ナイキ スポーツウェア)(右下) 靴¥19000/ナイキ カスタマーサービス(ナイキ スポーツウェア)カジュアル度の強いグレーこそなじませ配色、の足もとで洗練!グレーのTワンピが持つ、気取らない印象はそのままに、ボリュームのある足もとでぐんと今っぽく味つけ。ワントーンだからこそ、ハイテクスニーカーのスポーティさが大人っぽく映える。ワンピース¥24000/マッキントッシュ青山店(マッキントッシュ) 靴¥15000/リーボック アディダスグループお客様窓口(リーボック クラシック) スカーフ¥11000/フラッパーズ(マニプリ) ピアス¥44000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(リジィー フォルトゥナート) バングル(左手)¥18000/UTS PR(ノース ワークス) ブレスレット(右手)¥41000/ジョリー&コー(イディアライト) バッグ¥18000/トゥモローランド(カルトガイア)ルーズに見えがちな白は、ワントーンで洒脱に着こなすクリーム寄りのアッパーのスニーカーで、白のワントーンにもさりげなく奥行きが。ボリューミーなソールも膨張色の日のスタイルアップに頼もしい。ワンピース¥9000/ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 渋谷公園通り店(ビューティ&ユース) 靴¥24000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(サブソル) 肩に巻いたニット¥34000/オーラリー サングラス¥42000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス¥14000/ショールーム セッション(マリア ブラック) リング¥23000/Rice バッグ¥33000/アナイ軽やかな白ソールを選べば黒も重たく見えずバランス良好黒ワンピ×黒スニーカーは、誰もがスマートに見える鉄板コンビ。小物もシックな色合いで統一すれば、ぐんと女らしいカジュアルに。ワンピース¥1990/ユニクロ 靴¥11000/ナイキ カスタマーサービス(ナイキ スポーツウェア) コート¥139000/アマン(アンスクリア) ピアス¥12000/トゥモローランド(リジー フォー チュネート) ネックレス¥14000/ラヴァンチュール マルティニーク(フィリップオーディベール) 時計(ベルト)¥5500・(フェイス)¥24000/ノジェス バッグ¥24000/アニエスベーちょうどいいしゃれ感も大人っぽさも。トレンドのブラウンならすべてかなう肌なじみのいいピンク~ブラウンの配色スニーカーはさわやかなクリアソール。夏らしいかごバッグをプラスして、量感のあるブラウンワンピを涼しげに演出。ワンピース¥18000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(ユナイテッドアローズ) 靴¥19000/ナイキ カスタマーサービス(ナイキ スポーツウェア) サングラス¥16000/4K(A.D.S.R. ) バングル¥30000/ビームス 六本木ヒルズ(キャッツ) ネックレス¥33000/シップス 渋谷店(ノブリー スタジオ) バッグ¥30000/RHC ロンハーマン(ドニー)撮影/鈴木 新〈go relax E more〉(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア/左右田実樹 メイク/水野未和子〈3rd〉 スタイリスト/石田 綾 モデル/松島 花 取材・原文/野崎久実子 ※BAILA2019年6月号掲載
  • アディダス バイ ラフ・シモンズが、スニーカー「RS オズウィーゴ」を5月23日(木)に発売する。今シーズンは、アイコニックなシルエットで知られる「RS オズウィーゴ」が、ミラー仕上げのTPUフィルムでコーティングされたソールを搭載して登場。アディダス バイ ラフ・シモンズの今季のインスピレーションの源である、1970年代のグラムロックを彷彿とさせるデザインとなっている。「RS オズウィーゴ」¥55,000/アディダス ファッショングループ ショールーム(アディダス バイ ラフ・シモンズ)ミラー仕上げのソールにはレザーとメッシュのアッパーを組み合わせ、鮮やかなコントラストを演出。ブラック、ホワイト、グレー、ネイビー、レッド、ピンクという豊富な色合いでユニセックスサイズで展開される。スタイリッシュなデザインはワークアウトだけでなく、タウンユースにも活躍しそう。新たに生まれ変わった「RS オズウィーゴ」を見逃さないで。 「RS オズウィーゴ」各¥55,000/アディダス ファッショングループ ショールーム(アディダス バイ ラフ・シモンズ)アディダス ファッショングループ ショールームhttps://shop.adidas.jp/item/?collection=rafsimons 03-5547-6501  text: Fuyuko Tsuji ⇩「アディダス バイ ラフ・シモンズ」の新たな「RS オズウィーゴ」をチェック!
  • スポーツテイストはラフになりすぎないよう「白」を選べばトライしやすい。【1】 マッキントッシュのコートモッズ風コートも白い色と前ボタンのデザインを選べばきれいめに着こなせる。オン&オフ活躍しそう。コート¥110,000/マッキントッシュ青山店(マッキントッシュ)   【2】ルトロワのフーディようやく大人にも定着したビッグフーディ。ボーイズ感が和らぐ白を選んで。フーディ¥27,000/八木通商(ルトロワ)   【3】ジェイエムウエストンのスニーカー誰もが一足は持っている白いスニーカーはジェイエムウエストンの上質なレザーシューズを選んで。さすがの高級感で、大人のアスレジャースタイルに最適。靴¥75,000/ジェイエムウエストン 青山店(ジェイエムウエストン)   【4】マディソンブルーのカットソー深いVネックの開きとフレンチスリーブで女性らしく着こなせそうなカットソー。さらっとした肌ざわりの鹿の子素材。カットソー¥21,000/マディソンブルー 撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/松村純子 取材・原文/伊藤真知 【Marisol6月号2019年掲載】
  • マウンテンパーカやシャカシャカアウターなど、春から梅雨どき向けの薄くて軽いはおりものとして、アウトドア&スポーツテイストのアウターが大流行中ですが、専門店レベルの防水や撥水・透湿・防風などの機能に優れた丈夫で高機能なウェアがリーズナブルに揃う【ワークマン(WORKMAN)】をパトロールしていて発見したのがこちらのヤッケです。【ワークマン(WORKMAN)】で発見! ヤッケって何!?綿かぶりヤッケ(品番47331W)¥1954/ワークマンヤッケは、ドイツ語でジャケットという意味の”Jacke”が語源です。レインコートほどの防水性はないものの、レインコートより通気性に優れ、何より汚れにくいのが特徴。主に土木建築作業や農作業のときに汚れ防止・日除け・防風・防寒を目的に着るジャケットですが、【ワークマン(WORKMAN)】のこのヤッケは、火に強い綿100%の生地を用いているので、通称“焚き火ジャケット”として、調理や焚き火で火を使うキャンプやバーベキューなどのアウトドアレジャーウェアとして大人気の売れ筋商品に!首&襟足までしっかりガードする立ち襟&フード長財布も横にしてすっぽり入る、大きなフロントポケットみぞおちのあたりには、ドラえもんのような大きなファスナーポケットがついています。長財布を横にしても入る特大サイズ。ちなみに両サイドにもファスナーつきポケットがあって、全部で3つのポケットがついているので、スマホやリップ、鍵など本当に必要で大切なものをヤッケにぜーんぶ入れて、手ぶらでお出かけも可能です。ファスナーにはカバーがついているので、砂や泥が入り込んで中のものが汚れる心配も少なめ。二重袖仕様で、より汚れにくい構造に!汚れや風が服の中に侵入しにくいよう、袖口は2重構造になっています。下のレイヤーはゴムが入っているので、袖をまくりやすいのも地味にうれしいポイントです。左袖のロゴパッチ&ペン刺しがワンポイント作業着なので、ペン刺しはもはや【ワークマン(WORKMAN)】のウェアのデフォルトです。“96 CLOTH”というロゴパッチがなんだか可愛い!サイズを微調整できる、ドローストリングコード内蔵!ウエスト部分、裾、そしてフードにはロープコードが内蔵されているので、天候やスタイリングに合わせてシルエットを変えられます。【ワークマン(WORKMAN)】のヤッケ着回し①:早朝ロケ撮影コーデこの【ワークマン(WORKMAN)】のヤッケを3スタイル、着回してみました。まずは早朝6時にロケバスがお迎えに来てしまった表参道ファッションロケ撮影の日のコーデ。朝6~7時の東京の気温は16℃前後ですが、日が昇るにしたがって23℃くらいまで上がり、紫外線も強め。アウターをいちいち脱いだり着たりしなくてもOKで、貴重品をまるごと入れて動けるヤッケはかなり便利です。シルエットが大きめなので、ボトムはスキニーデニムで引き締めてみました。いちばん今年らしい着こなしは、フェミニンなワンピースとのコーデ!アウトドア&スポーツテイストのフードつきジャケット、今年は小花柄ワンピースやシフォンスカートなどのフェミニンなアイテムに合わせるのがトレンドです。スニーカーやキャップでミックス感を強めてもいいし、なくてもじゅうぶん今年らしい着こなしになると思います。きれいめタイトスカート&パンプスを合わせれば、通勤コーデにもなる!?バイラ編集部はカジュアル通勤OKなので、端正なチェック柄のタイトスカート(ザラ)に合わせ、ボルドー色のソックスをきかせたブラウン系のワントーン配色コーデにまとめてみました。ジャケットなどを合わせるよりも“きめすぎ”感がほどよくセーブされるのかなと思います。サイズはM・L・LL・3L・4Lの5展開。小柄な方はM、下に大きめのTシャツやシャツを着たいなら1~2サイズ大きめを選ぶといいと思います。色はキャメルとストーンブラックの2色。どちらもウォッシュをかけたような風合いが魅力的ですが、キャメルのほうがやさしげな印象になり、2019年春夏に大人気のベーシックカラー、ベージュに近いので着回しがきくと思います。【ワークマン(WORKMAN)】には、リーズナブルで高機能な薄軽アウターがたくさん揃っていますので、ぜひ一度お試しいただくことをおすすめします!今すぐ着られる薄軽アウター多数【ワークマン(WORKMAN)】公式オンラインストアはこちら【合わせて読みたい】コスパ最高! 30代女子も着られるワークマン(WORKMAN)取材・文/沖島麻美 ※掲載されているのはすべて私物で、2019年5月中旬時点での商品情報です。
  • 暑さが本格的になるこれからの時季は、暑苦しい重ね着だけは避けたいもの。 そんなときはサラッと一枚で着られるTシャツとボトムの2アイテムでつくる「ワンツーコーデ」で十分なんです! 手抜きに見えずに、トレンド感も叶えられるコーディネートをご紹介します。   ◆ロゴTシャツ×デニム suadeo/RITA for suadeo フルーツオブザルームTシャツ【MILE】/¥5,800+税 upper hights/THE JENNA/¥25,000+税 人気ブランドRITAとsuadeoのコラボTシャツは、旅をテーマにデザインした「MILE」のロゴが大胆に映える。 裾のフリンジやヴィンテージっぽいカラーのデニムでハンサムに決めて!   ↓これも買えます manipuri/シルクスカーフ/¥11,000+税 BELLMER/WINZAカーフバケツバッグ/¥33,000+税 Phoebe/メタリックワープワイドバングル ゴールド/¥3,200+税 FABIO RUSCONI/カバーサンダル/¥22,000+税   beautiful people/【別注】ピスネームTシャツ/ ¥14,000+税 RED CARD/Liberty Ankle/¥19,000+税 ロゴTは細身のストレートデニム合わせで、とことんシンプルなスタイルに。 Tシャツはインして美バランスをつくって。さらに、アンクル丈のデニムを選べば足首が見えて脚長効果も!   ↓これも買えます Flea Store Vegetal/バスケットトートS/¥11,800+税 Repetto/CENDRILLON/¥34,000+税   ◆ボーダー×きれいめスカート ORCIVAL/2WAYボーダーTシャツ/¥7,800+税 Feliz Lunes/【シワになりにくい・洗える】フロントタックスカート/¥8,900+税 きれいめにもカジュアルにも使えるボーダーは、フレアスカート合わせで、今年らしくアップデート。 爽やかなホワイトで、大人のマリンスタイルを楽しんで。   ↓これも買えます BRADY/【CALDER MINI】カルダーミニショルダーバッグ/¥29,000+税 CONVERSE/オールスター100 ゴアテックス OX/¥15,000+税   MICA & DEAL/【Leminor】コラボTシャツ/¥14,000+税 M7days for office/リネン風タイトスカート/¥15,000+税 シャープに見えるIラインのスカートに、ボーダーを合わせてフレンチシックな装いに。 程よいゆとりのあるトップスだから、タイトスカートとも好相性!   ↓これも買えます Rosemont/ノスタルジア S コレクション NS002/¥21,000+税 BELLMER/WINZAカーフバケツバッグ/¥33,000+税 manipuri/シルクスカーフ/¥11,000+税 manipuri/シルクスカーフ/¥11,000+税   ◆無地Tシャツ×マキシスカート TICCA/NO31 刺繍Tシャツ/¥8,400+税 MICA & DEAL/【FLAG SHOP限定】ボリュームマキシスカート/¥16,000+税 ついついコーディネートが単調になってしまいがちな白Tは、ボリューミーなマキシスカートでこなれ感を。 鮮やかなピンクが映えるスカートでフェミニン度を高めて。   ↓これも買えます KIJIMA TAKAYUKI/HAT/¥19,000+税 ARTS&CRAFTS/DRAW STRINGS POUCH/S/¥10,000+税 PELLICO SUNNY/パイソンストラップサンダル/¥25,000+税   FRUIT OF THE LOOM/FRUIT DYED/¥3,900+税 MARIHA/草原の虹のスカート/¥24,000+税 無地のカラーTシャツは、ティアードスカートと合わせることで一気に華やかに。 コットン素材のスカートはリラックス感もありつつ、洗練されたムードをプラス。   ↓これも買えます GIANNI CHIARINI/【RAY CHIARINI】フリンジスウェードクラッチ/¥20,000+税 NIKE/ウィメンズ タンジュン/¥6,000+税   ◆プリントTシャツ×ベイカーパンツ THE SHINZONE/GREMLINS Tシャツ/¥9,800+税 THE SHINZONE/フィールドパンツ/¥21,000+税 愛らしいギズモがプリントされたTシャツもクリーンなホワイトパンツと合わせれば、カジュアルになりすぎずきれいめに仕上がる。 ハイウエストのパンツにインして、美脚効果を狙って。   ↓これも買えます GIANNI CHIARINI/【ALIFA】ミニショルダーバッグ/¥18,000+税   THE SHINZONE/AMERICAN EAGLE Tシャツ/¥9,800+税 THE SHINZONE/ベイカーパンツ/¥19,000+税 組み合わせを間違えると、ちぐはぐな着こなしになりがちなプリントTシャツ。 はくだけでこなれて見えるベイカーパンツと合わせれば、辛口スタイルに。   ↓これも買えます PAZ COLLECTIVE/ねじりフープピアス/¥9,500+税 TEMBEA/PVC デリバリートート(M)/¥15,000+税 CONVERSE/オールスター 100 カラーズ OX/¥7,000+税   掲載アイテム一覧はこちらから⇒
  • カーディガン¥7900/レンアイ ケイカク ルミネエスト新宿店 タンクトップ¥990/GU パンツ¥14000/LIFE’s 代官山店(TODAYFUL) イヤリング¥1900/ゴールディ バッグ¥13800/ジオン商事(スリーフォータイム)フルレングスゆるボトムに、ひざ丈より長い超ロングなアイテムを重ねるのがトレンド! 薄手のロングカーデな今の時期にぴったりだし、Tシャツやタンクにはおるだけで旬レイヤードが完成しちゃう。オレンジ系の夏素材パンツ&サンドカラーのロングカーでをチョイスすれば、誰よりも感度の高い着こなしに。モデル/新木優子 撮影/山本雄生 ヘア&メイク/河嶋希(io) スタイリスト/石田綾 文/鈴木絵都子  ※上記のキャプションはWEBオリジナルのもので、本誌とは異なります。明日のコーデに迷ったら… \non-noお天気コーデをチェック/ ▶カーディガンコーデ記事一覧はコチラ
  • 今季は、通勤でいつもはおっているカーディガンを裏地なしジャケットにチェンジしてみませんか? テーラードジャケットならきちんと感のある通勤スタイルも余裕でつくれます!これから暑くなる日の通勤も快適に過ごせる「裏地なしテーラードジャケット」は要チェック。AURALEE【オーラリー】かっちりしたセットアップも色と素材で軽やかに女らしくシフト!【肩幅】46cm【着丈】70.7cm【袖丈】59cm【素材】コットン100%【色展開】アイボリー、ライトブラウン、ブラック【サイズ展開】0・1 モデル着用サイズ 1肌なじみのいいライトブラウンと、さらっと羽織れる軽素材。ダブルジャケットの持つマニッシュな表情を生かしつつ、色と素材で抜けをつくって。オーバーサイズだから、袖をまくって少し着くずして着るのが今の気分。ジャケット¥48000・ニット¥20000・パンツ¥30000/オーラリー イヤリング¥5500/デミルクス ビームス 新宿(デミルクス ビームス) バッグ¥49000/アマン(ア ヴァケーション)BEAUTY & YOUTH【ビューティ&ユース】トレンドカラーの受け皿になるネイビーのダブルテーラード【肩幅】39㎝【着丈】63㎝【袖丈】59㎝【素材】ポリエステル75%、リヨセル17%、麻8%【色展開】ナチュラル、ネイビー【サイズ展開】S・M モデル着用サイズ M着こなしにお仕事感を添えてくれる、頼れるネイビー。同系色ワントーンで合わせればトラッドなテーラードも今っぽく。ジャケット¥16000/ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 丸の内店(ビューティ&ユース) ニット¥12000・スカート¥16000/ユナイテッドアローズ 銀座店(ユナイテッドアローズ) ピアス¥45000・ブレスレット¥50000/マリハ伊勢丹新宿本店(マリハ) バッグ¥138000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)LAGUNAMOON【ラグナムーン】【肩幅】37㎝【着丈】72㎝【袖丈】59㎝【素材】ポリエステル100%【色展開】アイボリー、ミックス(チェック柄)【サイズ展開】S・M・L(データはS)お尻がすっぽり隠れる丈感とビッグサイズできゃしゃ見えを約束。明るいアイボリーで顔もぱっと華やぐ。¥13500/ラグナムーン ルミネ新宿(ラグナムーン)MARGARET HOWELL【マーガレット・ハウエル】【肩幅】42㎝【着丈】66㎝【袖丈】50㎝【素材】コットン78%、シルク22%【色展開】ライトグレー、ブラウン【サイズ展開】1・2・3(データは2)シルクが入った生地で着心地がなめらか。リラックスしたシルエットはデニムやTシャツとも好相性。¥43000/アングローバル(マーガレット・ハウエル)AOKI【アオキ】【肩幅】37㎝【着丈】55㎝【袖丈】49.5㎝【素材】ポリエステル100%【色展開】白×紺、白×グレー【サイズ展開】5・7・9・11・13(データは5)さわやかなネイビーのストライプ。サッカー素材で肌当たりも涼しい。自宅の洗濯機で洗えるから、お手入れが楽ちんなのもうれしい。¥13000/AOKI撮影/三宮幹史(人)、坂根綾子(物) ヘア&メイク/美舟〈SIGNO〉 スタイリスト/室井由美子 モデル/中村アン ※BAILA2019年6月号掲載
  • この時期の服、迷います。朝晩は肌寒く昼間は暑い。 でもセットアップなら困りません。気温差の激しいこの時期のはおりなど、毎年悩みます。 特に一日外出しなくてはならない日のコーデ。 忙しい朝に悩んでる時間がもったいない。 適当に着てしまえばその日のやる気スイッチが切れてしまい 気分のノラナイ一日に・・ そんな悩みをセットアップで少しでも解消!! 朝、悩んだときはサマになるセットアップにしています。 悩んだ末、最近購入したセットアップは2セット。 今日は黒のリネン素材のセットアップをご紹介いたします。 黒なので きっちりしすぎない形。 動きやすくラクチン。 選んだのは 1er Arrondissement プルミエ アロンディスモン サラリとした肌触りと ナチュラルな風合いのリネン素材で着心地抜群。 黒なのでバラでも合わせやすい♡ セットで着るときの中の定番は白Tシャツです。 足元もサンダルでもスニーカーでも合いますよ。 1er Arrondissement プルミエ アロンディスモン 美女組No.91麻衣のブログ
関連キーワード

RECOMMEND