髪が少ない&ペタンコさんのヘアアレンジ★ふわモテポニーテールを超ていねい解説!

non-no Web

エアリーなカールをキープした髪を高めの位置でラフにポニテ♪ 前髪や後れ毛のふんわり感をアピールして、ペタンコの印象にグッバイ!

ニット¥2790/FOREVER 21 イヤリング¥1500/サンポークリエイト(アネモネ)

◀ 左右にスライド!▶

1/10

2/10

3/10

4/10

5/10

6/10

7/10

8/10

9/10

10/10

【1】手ぐしでゴールデンポイントにまとめる


耳の前の髪を一筋下ろしたら、手で髪全体をくしゃっとつかんで、あごと耳の延長線上の高さで結ぶ。




【1】手ぐしでゴールデンポイントにまとめる


耳の前の髪を一筋下ろしたら、手で髪全体をくしゃっとつかんで、あごと耳の延長線上の高さで結ぶ。




【2】後れ毛をアイロンで巻き足し!


後れ毛の毛先をコテで1.5回転外巻きに。米粒大のワックスを指先で広げて、毛束に寄るようになじませる。




【2】後れ毛をアイロンで巻き足し!


後れ毛の毛先をコテで1.5回転外巻きに。米粒大のワックスを指先で広げて、毛束に寄るようになじませる。




デューサー ソフトワックス 2


80g ¥1400/ナンバースリー


ファイバー成分が柔らかな毛束をメイク。




【3】3stepでボリュームアップ


のワックスを手のひら全体になじませ、全体にもみ込む。そのあと、ところどころ毛束をさき、散らして。




【3】3stepでボリュームアップ


のワックスを手のひら全体になじませ、全体にもみ込む。そのあと、ところどころ毛束をさき、散らして。




【3】3stepでボリュームアップ


のワックスを手のひら全体になじませ、全体にもみ込む。そのあと、ところどころ毛束をさき、散らして。




【4】スプレーで空気をたっぷり


ポニテの毛束の上半分を持ち上げて内側にシュー。




【5】結び目を毛束で隠して


毛束を少量ゴムの上に巻きつけてピンで留める。




「ペタンコ髪▶︎▶︎ゆるふわ見せ」仕込みテクは次のページでチェック!

トップス¥5500/MILKFED. 新宿(MILKFED.)

髪の毛が細くて、スタイリングしてもすぐにヘタってしまう 

そもそもの毛量が少なくて、ボリュームがなかなか出ない 

湿度が少しでも高くなるとトップがぺちゃんこにつぶれがち 

カールをしっかりつけたら、ソフトキープスプレーを駆使してボリュームアップ。地道にこなせば、長時間ふんわりと。

(左)25mmのヘアアイロン

サロニアセラミックカールアイロン 25mm シルバーホワイト

¥2980/I-ne

イオン効果のあるセラミックプレートがダメージを軽減。毎日使っても安心。


(中)カールウォーター

サラ ふわ巻きカーラーウォーター

160ml ¥680(編集部調べ)/カネボウ化粧品

コテ前に仕込むことで、熱を味方にカールを持続。


(右)ヘアスプレー(ソフト)

ケープ ソフト 微香性

180g (オープン価格)/花王

手ぐしも通るくらいふんわりキープ。



◀ 左右にスライド!▶

1/11

2/11

3/11

4/11

5/11

6/11

7/11

8/11

9/11

10/11

11/11

【1】上下にブロッキングしてカールウォーターをスプレー


20㎝離した所から


びしゃびしゃにつけるとコテの熱で髪が傷んでしまうので要注意。遠くから霧状にスプレーして、全体をほんのりしっとりと。




【2】アイロンで巻いて、スプレーでエアリーに


①下段をコテでランダムに巻く


下段の髪をコテでカール。毛先を挟んで根元まで、内巻き、外巻きを適当に交ぜる。




【2】アイロンで巻いて、スプレーでエアリーに


②ソフトキープスプレーを下段全体に薄〜く


20cm離した位置からヴェールをかけるイメージで。




【2】アイロンで巻いて、スプレーでエアリーに


③両手で下段の毛束を両サイドに散らす


スプレーでハリを出した髪をほぐしてボリュームアップ。




【2】アイロンで巻いて、スプレーでエアリーに


④毛束を細く取って"追い"スプレー!


左右、バックの毛束を細くつまんで、30cm離した所からスプレー。動きがつくよ。




【2】アイロンで巻いて、スプレーでエアリーに


⑤上段の髪も同じように巻いていく


上段を6パートに分け、①と同様にカール。内巻き、外巻きは適当に交ぜてOK。




【2】アイロンで巻いて、スプレーでエアリーに


⑥スプレー→毛束をほぐす→"追い"スプレー


ブロッキングの上段も②〜④のステップを繰り返す。




【3】前髪の毛先を巻いてふんわり印象UP!


①ところどころワンカール


毛束を細く取って、毛先をコテでくるんと内巻きに半回転。




【3】前髪の毛先を巻いてふんわり印象UP!


②前髪をつまんでスプレー


巻かれているかどうかは無視して、毛束をところどころ持ち上げて内側からスプレー。




2019年3月号掲載

▼ 関連記事もチェック!

仲よしの二人が考えた、おしゃれとヘアの神バランス。 乃木坂46 西野七瀬×与田祐希 ”今日着る服”が盛れるヘアアレ ゲストは、乃木坂46・3期生の与田祐希さん! この冬着たいコーデ別に、可愛さをもっと引き出すヘアアレンジを研究したよ。
前髪って、女子の可愛さも運命も大きく変えるパーツ! 人気女優・武田玲奈の運命の前髪をヒントに、私たちの人生もポジティブシフト♪
モデル/鈴木友菜 撮影/浜村菜月(LOVABLE・モデル) 富田恵(物) ヘア&メイク/白水真佑子 スタイリスト/藤井晶子 構成・原文/石橋里奈 web構成/篠有紀 web編成/レ・キャトル
関連記事
  • 小面積でも、全身の印象を大きく左右する靴。せっかく更新するなら、週末だけに限定させるのはもったいない。オフィスをはじめシーンレスに活躍する、間違いのない3タイプを厳選してお届け!平日OKなトレンド靴、狙うべきはこの3足!こなれと親近感なら洗練ローファー Santoni(サントーニ) 春めくアイボリーのローファーでフレッシュに。靴(2)¥85000/リエート(サントーニ) 優等生なパンツに、しっくりなじむローファー。ミルキートーンが一歩先の洗練をかなえて クリーンなセンタープレスのパンツを、春めくアイボリーのローファーでフレッシュに。トラッドなシューズも、やさしげなスエードを選べば、女らしくやわらかなムード。靴(2)¥85000/リエート(サントーニ) ブルゾン¥26000/デミルクス ビームス 新宿(デミルクス ビームス) カーディガン¥32000・パンツ¥39000/ebure ネックレス¥60000/マリハ伊勢丹新宿本店(マリハ) スカーフ¥42000/アトリエ ニノン(ラスパイユ) バッグ¥36000/コード(ヴァジック)信頼感×女っぽさの絶妙バランス around(アラウンド)5cmヒールパンプス PICHE ABAHOUSE(ピシェ アバハウス) 太め&低めなヒールのこなれ感も相まって、甘いパステルも気負わずに楽しめる。靴(5.5)¥15000/ピシェ アバハウス ルミネ有楽町店(ピシェアバハウス)誰の目にも好印象を確約するシュガーレスなパステルでコンサバを更新 淡グレーとのコンビならミントグリーンも大人顔にスイッチ。太め&低めなヒールのこなれ感も相まって、甘いパステルも気負わずに楽しめる。靴(5.5)¥15000/ピシェ アバハウス ルミネ有楽町店(ピシェアバハウス) コート¥84000・スカート¥32000/ebure ニット¥24000/セオリー ネックレス¥133000/マリハ伊勢丹新宿本店(マリハ) ストール¥9800/ルーニィ バッグ¥132000/J&M デヴィッドソン青山店(J&M デヴィッドソン) 靴下¥900/タビオ平日コーデに抜け感を牽引 バックストラップフラット DES PRÉS(デ・プレ) 鋭角のトゥや深めの甲に、クリアな白とギャザーのストラップの対比が絶妙な一足。靴(1.2)¥16000/デ・プレ 丸の内店(デ・プレ)端正なモノトーンの通勤コーデをかかとの抜け感で足取り軽く 鋭角のトゥや深めの甲に、クリアな白とギャザーのストラップの対比が絶妙な一足。一点投入すれば、きちんと上品でありながら、遊ぶ余裕を感じさせる大人の着こなしに。「かっちり」一辺倒になってしまいがちな平日ワードローブにこそ、バックストラップの軽さが有効。靴(1.2)¥16000/デ・プレ 丸の内店(デ・プレ) ジャケット¥69000/アトリエ ニノン(ラスパイユ) デニム¥24000/アングローバル(イレーヴ) メガネ¥33000/アイヴァン PR(アイヴァン) スカーフ¥18000/マッキントッシュ 青山店(マッキントッシュ) バッグ¥37000/エフユーエヌ(ベルメール)撮影/三宮幹史(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/佐藤エイコ〈ilumini.〉 スタイリスト/室井由美子 モデル/ヨンア ※( )内の数字は編集部で計測したヒールの高さで単位は㎝です ※BAILA2019年3月号掲載
  • 春の気配が感じられたら、新しいおしゃれがしたくなる!「本当に欲しいものだけ」を集めたアラフォーのための通販サイトで春アイテムをさっそくチェック!■Vカラーライトコート今すぐから初夏まで着られる注目素材の軽やかコートしなやかなハリがありつつ、スポンジのように柔らかく軽い旬の素材を使用。一重仕立てで軽やかにはおるのにぴったり。ドロップショルダーでゆったりとしたつくりなので、ふんわりとしたブラウスなどにも合わせやすく使いやすい。ベイカーパンツ¥19,000(ザ シンゾーン)・バックリボンブラウス¥19,000(ザ シンゾーン)・ミニショルダーバッグ【GRAZ】¥28,000(ベルメール)/SHOP Marisol■エムセブンデイズスポンジVカラーコートカラー:オフホワイト、ネイビーサイズ:1、2¥23,500 ■華やかブラウスフェミニンカジュアルに合う袖ボリュームデザインさらりと着るだけでシルエットが決まるブラウスは、なにかと重宝するもの。胸もとのギャザーや袖のボリューム感、クラシカルなくるみボタンなど、華やかなポイントが随所に。しっとり光沢感のある素材だから、通勤にも着回し可能。ワイドベルトパンツ¥26,000(クラネ)・ミニショルダーバッグ【GRAZ】¥30,000(ベルメール)/SHOP Marisol■エムセブンデイズ袖ボリュームブラウスカラー:(ホワイト、サックスサイズ:1、2 ¥13,000 ■シルク混ニット長く着られるコットンシルク素材は使いやすくてヘビロテ確実ほのかな光沢感が上品だから、さまざまなスタイリングに対応可能。ベーシックなクルーネックで、アームと身幅にややゆとりがあり着やせして見える。 ■エムセブンデイズシルク混クルーネックカラー:ライトグレー、ミントグリーンサイズ:F ¥14,000 ■リネン素材オックスフォードコート大人の可愛らしさにふさわしい上品スモーキーピンクほどよくハリのあるリネン素材を使った軽やかなコート。長めの丈感で、はおるだけで今年らしいバランスに。シックなピンクがさし色にぴったり。■サクラ リネンオックスフォードコートカラー:アッシュピンクサイズ:38 ¥55,000 ベイカーパンツ¥19,000(ザシンゾーン)・ショルダーつきレザーバッグ¥31,000(ジャンニ キアリーニ)・チュールフラットシューズ¥30,000(チェンバー)/SHOP Marisol ピアス/スタイリスト私物【Marisol 3月号2019年掲載】 撮影/前田 晃(MAETTICO/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/徳原文子 モデル/高垣麗子 取材・文/発田美穂
  • 女らしくて清潔感のあるカラーリングは媚びないパンツスタイルが好印象♪外の寒さや歩きやすさを気にしなくていいドライブデートは、新しい季節のおしゃれを彼にいちばんにお披露目する絶好のチャンス! Vネックカーデとテーパードパンツの王道きれいめコーデを、クリーンな甘さのラベンダーとペールピンクで春らしく彩って。パンツなら車の乗り降りもラクチンだし、歩き回らないから華奢なサンダルでおしゃれを優先。白Tやバンダナを巻いたメッシュバッグで休日のカジュアル感もさりげなく取り入れて♪カーディガン¥7800・Tシャツ¥4200・パンツ¥8300・靴¥9800・バッグ¥10400・スカーフ¥6800/ミラ オーウェン 新宿ルミネ2土屋巴瑞季の【今日のコーデ】をもっと見る>> ♡3月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 原文/道端舞子 撮影/東 京祐 ヘア&メイク/中山友恵(Three PEACE) モデル/土屋巴瑞季 スタイリスト/石田 綾
  • 靴やバッグ、ストールなどに赤を取り入れて華やかさをプラスしたり、赤いコートやトップス、ボトムでダークトーンになりがちな冬の着こなしを鮮明にブラッシュアップしたり……。赤を上手に取り入れて、コーディネートの幅を広げよう。【目次】 ・アウター&トップスに赤を取り入れたファッションコーデ ・ボトムスに赤を取り入れたファッションコーデ ・靴やバッグ、ストールなどの小物で赤をきかせて ・セットアップで大胆に赤を投入■アウター&トップスに赤を取り入れたファッションコーデ【 1 】真っ赤なビッグコート×デニムパンツコーデベーシックカラーとのコントラストがドラマティックに映える赤のパワーを活用。冴えた赤はネイビーと好相性。ビッグシルエットをたおやかにはおって。生地をたっぷりと贅沢に使った、真っ赤なビッグコート。ダークカラーをすでに着倒したこの時期、パワーのある色の力を存分に借りて、ネイビーとともにフレッシュに着こなそう。 コート¥145,000・デニムパンツ¥36,000/マディソンブルー カットソー¥21,000/アングローバル(イレーヴ) ピアス¥122,000・ボーンカフ¥152,000/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー) バッグ¥178,000/J&M デヴィッドソン  青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥69,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)【 2 】赤ニット×サーキュラースカートコーデアウターの中の気分を変えたいと思うなら、ニットを主役に赤をさして。シンプルなハイゲージのタートルニットは汎用性が高く、使いやすいから、買い足す価値アリ。ボトムは淡ベージュで明度を変えると、より新鮮に。分量感のあるサーキュラースカートとともに、温かみも女らしさもアップデート。 ニット¥25,000/スローン スカート¥72,000/マディソンブルー ピアス¥156,000・バングル¥326,000/ハム 伊勢丹新宿本店(ハム) バッグ¥32,000/コード(ヴァジック)▶冬のダークトーンに飽きてきたら、ハッと目をひく「赤&ピンク」をデイリーコーデに投入!【 3 】赤ニット×ロングコートコーデ胸もとの赤が目線を引き上げ、ロングコート×ワイドパンツもスタイルアップ。▶きかせ色は「レッドかイエロー」の二択【ファッションSNAP パリ・ミラノ編】【 4 】トレンチコート×赤ニットコーデトレンチのベージュとなにより相性がいいのはベリーレッド。アラフォーにとって、もう何度目かのトレンドとして迎えるレッドは彩度の高いものの中から、レンジを広く取り入れられるのがいい。さし色を楽しむなら、形はベーシックなタイプを選ぶのも、年齢を重ねた私たちのルール。 ニット¥20,000/ロンハーマン トレンチコート¥135,000/ヴァリアス ショールーム(エイトン) デニムパンツ¥32,000/サザビーリーグ(マザー) ピアス¥19,000/アルアバイル(ラウラ・ロンバルディ) バッグ¥52,000/リエス(メゾン ボワネ)▶「レッド~ピンク」のさし色ニットで冬の大人のきれいと華やかさを引き寄せて【 5 】赤ニット×ブラックデニムコーデグレーがかったブラックなら発色のいい赤ともなじみよし!「腰から膝下にかけて、徐々に絞ったゆるめのテーパード。やや短めのレングスはヒール靴とも好バランスです」(染谷さん)。グレーに近い色落ちブラックは、鮮やかなきれい色ニットとも上品に決まる。 デニム¥19,000/シンゾーン ルミネ有楽町店(ザ シンゾーン) カーディガン¥31,000/スローン サングラス¥36,000/プロポデザイン(プロポ) バッグ¥49,000/アマン(エレメ) ストール¥13,000/フラッパーズ(マニプリ) 靴¥22,000/ANAYI▶上品見えも細見えもかなう! 3大人気ブランドのブラックデニム×秋の最旬コーデ【 6 】赤カーディガン×トレンチコートコーデトレンチのベージュと赤は好相性。女っぽいのに甘すぎず、着こなしがドラマティックな表情に。トレンチの凛としたムードを引き立てつつ、さりげなく女っぽさを演出してくれる赤。あえてストールできかせるのではなく、肩がけしたニットで無造作に投入し、こなれ感を出して。 トレンチコート¥79,000/アングローバル(イレーヴ) ニット¥19,000・カットソー¥10,000/RHC ロンハーマン(RHC) ピアス¥9,200/ビームス ハウス 丸の内(べべ)▶「トレンチコーデ」をもっと今年らしく素敵にアップデートする7つのアイデア【前編】【 7 】赤ニット×グレンチェック柄コートコーデ大きめが旬のグレンチェック柄コートはバサッと羽織っていい女風に着こなして。トップスにほんの少し効かせるレッドとパンツは落ち感のある細身を選び女っぽく。 コート¥73,000・ニット¥27,000/トラディショナル ウェザーウェア 青山ウィメンズ店(トラディショナル ウェザーウェア) ニット¥16,000/スタニングルアー 青山店(スタニングルアー) パンツ¥29,000(セオリーリュクス)・ストール¥39,000(ファリエロ サルティ/セオリーリュクス)/リンク・セオリー・ジャパン ピアス¥23,000/デ・プレ 丸の内店(エレナローナー) ローファー¥62,000/ブリティッシュメイド 銀座店(ジョセフ チーニー) トートバッグ¥6,900/L.L.Bean     ▶秋冬も大活躍の黒パンツにはグレンチェック柄コートが相性ぴったり【2018/12/3コーデ】 ■ボトムスに赤を取り入れたファッションコーデ【 1 】赤のコーデュロイパンツ×ブラウンニットコーデコーデュロイ素材の縦畝うねが生む独特の光沢は、マットになりがちな冬の着こなしにこそ効果的。特に今季は、やや細めの畝やきれいめシルエットなど、野暮ったさとは無縁の、女っぷりのいいボトムが豊作!感度の高い旬顔カジュアルにトライして。美脚をかなえるセミフレアシルエットが、コーデュロイパンツにおいては新しいスタンダードに。ブリックレッドの今どき感も手伝って、流行のブラウントーンもひときわ新鮮な表情に。 パンツ¥32,000・ニット¥32,000/オーラリー 帽子¥38,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(ジェームス ロックアンドコー) ピアス¥19,000/フレームワーク ルミネ新宿店(サスキア ディッツ) ストール¥52,000/グリニッジ ショールーム(ジョシュア エリス) バングル¥4,000(アンジェラ カプチ ジュジュ)・靴¥114,000(ミッシェル ヴィヴィアン)/プラージュ 代官山店 バッグ¥142,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)▶2019年冬のカジュアルコーデをもっとおしゃれにアップデートする方法【前編】 【 2 】赤のチェック柄スカート×ネイビーコートコーデ今季復活のネイビーコートは断然長め丈。トレンチコート風が新鮮。清潔感と上品さならネイビーに勝るものなし!だからオフィスでもプライベートでも大活躍。 コート¥120,000/ebure ニット¥6,990/プラステ スカート¥30,000/ユナイテッドアローズ アトレ恵比寿 ウィメンズストア(ユナイテッドアローズ) 時計¥100,000/ハミルトン/スウォッチ グループ ジャパン(ハミルトン) バングル¥9,000/NOJESS バッグ¥39,000/オルサ(オルセット) 靴¥30,000/ベイジュ(ピッピシック)  ■靴やバッグ、ストールなどの小物で赤をきかせて【 1 】赤バッグ×パンツコーデセリーヌの鮮やかな色のバッグをアクセントに。▶きかせ色は「レッドかイエロー」の二択【ファッションSNAP パリ・ミラノ編】 【 2 】赤のショートブーツ×デニムパンツコーデ「秋冬は黒ブーツを履くことが多いのですが、今季はカラーブーツをあちこちで見かけて気になっていました。トライしたのは、『ファビオ ルスコーニ』の赤のショートブーツ。ちょっとダークな色みに加えてスエード素材ならではの柔らかいニュアンスのおかげで悪目立ちせず、意外といろんな着こなしになじみます。いつものデニムの日こそ、足もとのアクセントで今っぽさを楽しみます」。 カーディガン¥49,000/カオス丸の内(カオス) ファーバッグ¥42,000/ゲストリスト(アロン/ハウント代官山) SHOES:FABIO RUSCONI CARDIGAN:Chaos T-SHIRT:TANGTANG DENIM:upper hights STOLE:Johnstons BAG:arron▶モデル五明祐子「“きれい色”の華やかさが気分!」【My Life,My Fashion!】 【 3 】赤バッグ×白のゆったりニットコーデ大人の白ニットは「甘く」ではなく「かっこよく」着たい。たっぷりとした首もとや長めの袖など、ルーズなシルエットが目をひく一枚を、センタープレスがきいたきれいめパンツとヒールで女っぷり高く着こなして。白に映える赤いバッグとリップもアクセントに。 ニット¥43,000/クルーズ(エリン) パンツ¥53,000/マディソンブルー(マディソンブルー) ピアス¥5,463/バナナ・リパブリック バッグ¥25,000/ティースクエア プレスルーム(MODALU) パンプス¥44,000/プラージュ 代官山店(ネブローニ) ▶春を感じさせる「白」を大きく取り入れてシャレ見え!【トップス編】【 4 】赤バッグ×柄スカートコーデベーシックカラーにプリントされた赤と白で奏でる華やかな柄のスカート。ジャケットをONしてもフェミニン度が高く、どこか人をほっとさせてくれるような優しさをプラスしてくれる。 ジャケット¥21,000・とろみハイネックブラウス¥12,000(ともにエムセブンデイズ)・ギャザースカート¥26,000(シンゾーン)・トートバッグ¥59,000(ペリーコ)・靴¥25,000(カルツァイウォーリフィオレンティーニ)/SHOP Marisol     ▶ストレスフリーな笑顔の秘密はギャザーづかいの楽ちんスカートにあり【2019/1/22コーデ】 【 5 】赤パンプス×黒ニット&デニムパンツコーデ大好きな黒ニット×デニムの黄金コーデにチェックのストールで旬のトラッド要素をプラス。ケーブル編みが華やかなざっくりとしたローゲージニット&デニムを、上質な小物で大人っぽく仕上げて。チェックのストールや赤いパンプスなど、主張のある小物も落ち着いたムードにまとめてくれるのは、「黒」がもつ上品さのなせるワザ。 ニット¥19,000/スタニングルアー 青山店(スタニングルアー) デニムパンツ¥36,000/サザビーリーグ(マザー) ストール¥27,000/ビームス ハウス 丸の内(ベグアンドコー) バングル¥56,000(シンパシー オブ ソウル スタイル)・靴¥48,000(ネブローニ)/フラッパーズ バッグ¥64,000/アマン(エレメ)▶冬の「黒」は“どこかに抜け感”で「強すぎない女」を目ざす【 6 】赤パンプス×シャツワンピースコーデ片側のフロントに大きめのポケットをあしらったハンサムな雰囲気のグレーのシャツワンピースは黒ベルトでシルエットを引き締めて女っぷり度高めに。足もとは仕事運をあげてくれる勝利の赤をポイントに。ワンピース¥30,000/プルミエ アロンディスモン ジャケット¥48,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) ベルト¥18,000/デ・プレ 丸の内店(メゾンボワネ) メガネ¥34,000/オリバーピープルズ 東京ギャラリー(オリバーピープルズ) ネックレス¥33,000/RHC ロンハーマン(サンズサンズ) バッグ¥225,000/ジミー チュウ 靴¥89,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)      ▶きちんと見えて女性らしさもあるシャツワンピースで最終プレゼンへ【2018/12/27コーデ】【 7 】赤バッグ×ネイビーニットワンピースコーデボートネックでゆるやかなAラインを描くシンプルなネイビーニットワンピース。オフィスでは一枚で着てタイツを合わせたり、週末にはパンツをインしたりと着回しやすそうなので、アラフォーのワードローブにおさえておきたい定番に。そこに、ハッとする赤小物を投入してみる。ワンピース¥36,000(スローン)・カシミアストール¥62,000(ジョンストンズ)・バッグ¥41,000(ペリーコ)・サイドジップショートブーツ¥46,000(ペリーコ サニー)/SHOP Marisol     ▶ネイビーワンピースにはクリスマス気分を先取りする赤小物が似合う【2018/11/20コーデ】 【 8 】赤パンプス×ネイビーブラウスコーデネイビーブルー、ホワイト、レッドの3色でフレンチを意識したオフィスコーデで品よく。とろみのあるボウタイ風ブラウスは、仕事服としてのきちんと感をキープしつつ女性らしさをきわだたせてくれるから、会食のようなちょっと改まった席におすすめ。パンツのフロントデザインを生かして、ブラウスはインしてすっきりと着こなして。ブラウス¥9,900・コスミカルウォームテーパードパンツ¥16,500(エムセブンデイズ)・バッグ¥42,000(ペリーコ)・バレエシューズ¥22,000(ファビオ ルスコーニ)/SHOP Marisol        ▶ネイビーの華ありブラウスで上品な大人トリコロールコーデの完成!【2018/10/16コーデ】 【 9 】赤のチェック柄ストール×ムートンコートコーデ淡く優しいグレーは、ダークカラーのスタイリングが増える秋冬にひときわ目立つ存在。フェイクムートンだからとにかく軽くて暖かい! 袖口を折り返して、あえて裏側のファーを見せてアクセントに。大きめのポケットが、ポイントでありつつ実用面もクリア。 フェイクムートンコート¥28,000(エムセブンデイズ) シルクウールリブニット¥12,000(エムセブンデイズ) カシミアストール¥62,000(ジョンストンズ) ショルダーバッグ¥47,000(ペリーコ)/SHOP Marisol▶今シーズンの相棒はどれ? 秋冬のおしゃれを託す新作コート【 10 】赤のクラッチバッグコーデヴィンテージの流れに乗って、ポシェットがブーム再来の予感。着こなしに今っぽいレトロテイストが欲しい日に。クラッチタイプはリストストラップつきをマーク。 ▶90年代風ポシェットやクラッチブームが到来?【ファッションSNAP パリ・ミラノ編】 ■セットアップで大胆に赤を投入ほどよくインパクトのある赤がダークになりがちな冬の装いをブラッシュアップしてくれる!  ほかを黒で統一してセットアップの小粋さを引き立てて。▶きかせ色は「レッドかイエロー」の二択【ファッションSNAP パリ・ミラノ編】
  • この春推奨したいのは、ただ塗るだけでおしゃれになれるデイリーユースのリップ。王道ノーブル派におすすめしたいブラウン&ベージュリップをヘア&メイクのAYAさんが教えます。王道ノーブル派はブラウン〜ベージュをマーク!この春のブラウン〜ベージュはNotコンサバ、Butモード!が合言葉。持ち前の気品をキープしながら老け見えせず、大人ならではのこなれ感が狙える天才。肌色に溶け込みながら、今っぽさをさりげなく主張するカラーをどうぞおひとつ。知的でヘルシー! 王道"好感度”リップに認定 ワンストロークで見たまま発色。どこまでもニュートラルなウォームベージュ。ヴィセ アヴァン リップスティック 025 ¥1500(編集部調べ)/コーセー(2/16発売) ひとさじのレッドが肌の色までフレッシュに映す レッドのエッセンスが女っぽいノーブルなローストベージュ。さりげなく、パーリー。ルナソル ベージュニュアンス リップス EX06 ¥3000(限定)/カネボウ化粧品ブロンズブラウンなら品もスタイリッシュも奪取 ちょっぴりメタリックなブロンズブラウン。河北裕介さん監修のカラー。コフレドール スキンシンクロルージュ EX-02 ¥2700(編集部調べ)(3/16限定発売)/カネボウ化粧品テクいらずで表情をハイセンスにアップデート 洗練されたつや感で魅了する、どこかレディなピーチベージュ。ルージュ ココ フラッシュ 52 ¥4000/シャネル(3/8発売)撮影/恩田はるみ(物) ヘア&メイク/AYA〈LA DONNA〉 取材・原文/石橋里奈 ※BAILA2019年3月号掲載
  • 今から40年前、川久保玲は誰よりも早く常識を打ち破りジェンダーレスのメンズウェアを生み出した。彼女はその道を、今も突き進み続けている  東京の桜がちょうど満開になった4月初旬のある朝早く、閑静な南青山の名もないオフィスビルに100人ほどの個性的な装いをした人々が集まった。建物の外観(何の変哲もないレンガのビル)やその内部(ベージュ一色で空っぽでさらに特徴がない)とは対照的に、そこに入っていく人々の姿は、街路をふんわりと覆うピンクの花びらと同じように、いや応なしに視線を釘づけにする。そこには宗教的ファンダメンタリストや16世紀の肖像画の人物、はたまたフェデリコ・フェリーニ監督の映画『道』(1954年)のエキストラと見まがうような格好をした人までいた。彼らは黙ったまま無表情に会釈を交わしながら、代わるがわる後方の人のために扉を押さえていた。 ARTWORK BY GENGOROH TAGAME  1969年に川久保玲が立ち上げたアヴァンギャルドなファッションレーベル「コム デ ギャルソン」は東京でも年に4回、社員とバイヤーだけのための展示会ミニショーを開く。社員は、川久保が求める厳密な基準に沿って、メゾンのあらゆる美学のルールを熟知していなければならない。この美学を守るために彼らは人生を捧げているも同然なのだ。グレーの絨毯を敷き詰めた会議室には、合板製のショーステージが特設されていた。その横にプラスチックの折りたたみ椅子が整然と並び、蛍光灯はチカチカと点滅している。そんななかで完璧なメイクとヘアスタイルのモデルたちが何千マイルも離れたパリで、何カ月も前に披露された今シーズンのコレクションを披露した。 チュールを何層にも重ねたスカートやプラスチックのヘッドピースを身につけたモデルたちは、ルイス・キャロルの世界から抜け出してきたようだった。だが彼らの存在はどこか場違いで、さして重要ではないようにも見えた。私は懸命にランウェイだけに注目しようとしたが、どうしても向かいに座っている数十人の、全身をコム デ ギャルソンで固めた社員の姿が視界に入ってくる。彼らは共通のイデオロギーを掲げて闘志に燃える集団を思わせた。大半の人が前髪のあるヘアスタイルで、ジュエリーは身につけていない。ウォッシュド・ウールのラッフルジャケットを着ている人や、アルチンボルドの絵画をプリントしたガウンをまとい、アレルギー用マスクをつけている人もいた。レイヤードスカートはロング丈で、誰もがアンクルソックスをはき、シューズはフラット、ピーターパン・カラー(先が丸く幅が広い襟)はオーバーサイズだ。多様なシーズンとライン(コム デ ギャルソンには18ものラインがある)が入り交じったコーディネイトは強烈で目がくらみそうだった。ウィメンズウェアを着ている男性や、メンズウェアを着ている女性もいた。しまいに私は、メトロポリタン美術館で2017年に催された『川久保玲/コム デ ギャルソン: Art of the In-Between』回顧展の会場に引き戻されたような気になった。だがここで目にした彼女のアーカイブは命を吹き込まれたようで、展示会に並んでいたものよりずっと身近で、迫ってくるようなインパクトがあった。(パリ・コレクションで発表された2019年春夏をチェック) >>2019年春夏コレクション「COMME DES GARÇONS」を、もっと見るSOURCE:「The Great Liberator」By T JAPAN New York Times Style Magazine BY ALICE GREGORY, PHOTOGRAPHS BY LAURENCE ELLIS, ARTWORK BY GENGOROH TAGAME, TRANSLATED BY JUNKO HIGASHINO NOVEMBER 12, 2018 その他の記事もチェック その「ものづくり」はどこから来るのか ファッション界随一のファンタジスト、山本寛斎が再ブームに<前編> パリ・コレクションで発表された「コム デ ギャルソン・オムプリュス」の2019年春夏コレクションより(撮影もパリにて)。強烈な異彩を放っていたのが、プラスチック製の動物の目や牙をあしらったゴールドチェーンのネックレス PHOTOGRAPH BY LAURENCE ELLISPHOTOGRAPH BY LAURENCE ELLISコム デ ギャルソン・オム プリュスの2019年春夏コレクションのテーマは「クレイジースーツ」。服の丈を縮め、ラテックス製ヘアピースをつけて“男性らしさ”とスーツの常識を覆した。ヘアピースをデザインしたのはショーのヘアスタイリストとして川久保と長年コラボレーションをしているパリのジュリアン・ディス PHOTOGRAPH BY LAURENCE ELLIS2019年春夏コレクションで川久保はスーツのシルエットと構造を崩してクレイジーなタキシードや複雑なひねりを効かせたセットアップ、縮めているのに。オーバーサイズなシルクスーツなどを披露した PHOTOGRAPH BY LAURENCE ELLISPHOTOGRAPH BY LAURENCE ELLIS
  • 日々さまざまな情報を更新している「DAILY MORE」のビューティ記事。人気のあった記事を見れば、キレイの法則が分かっちゃうかも? ということで、2/9(土)~2/15(金)のビューティ人気ランキングを発表しちゃいます! 今週は、本田翼のボブヘア4変化が注目度No.1☆※記事発信時点での情報のため、入手困難な場合や、販売・セール・イベント等が終了している場合があります。♡第3位♡アイシャドーは“オレンジブラウン”にチェンジすべし! 第3位は、のぼり坂OLコスメ委員会がおすすめする春メイクのアイシャドー“オレンジブラウン”。おしゃれさが格段に上がるのに、派手になりすぎないから大人女子にぴったり♪ ▶︎▶︎お仕事メイクにも使える!♡第2位♡『ルナソル』限定アイシャドーをお試し 第2位は、ライターゆうりが『ルナソル』の限定アイシャドーをお試し。上品なカラバリのパレットは、絶妙なツヤ感とパール感で今っぽい! ▶︎▶︎「恋コスメ」と話題♡第1位♡本田翼のボブヘア4変化をまねっこ! 第1位は、ボブヘア、ミディアムヘアさんにおすすめの、簡単ヘアアレンジ4選! 手持ちの冬服が見違えるヘアアレンジで、印象チェンジしてみて♪ ▶︎▶︎前髪を“7割”上げてみる?あなたのお気に入り記事は入ってた? DAILY MOREでは、毎日みんなが気になるビューティ情報を更新中。いつもチェックして、キレイのアンテナ張っておいてね♬→先週までのビューティランキングはここからチェック
  • クセ毛で思うようにスタイリングが出来ない!とサラサラストレートヘアに憧れていた私ですが、今はクセ毛を活かしてウェーブヘアを楽しんでいます。細くて柔らかいくせ毛で、その日の湿度で微妙にニュアンスが変わります。 雨の日は強いウェーブ、乾燥した日は緩やかウェーブ。 毎朝髪の状態を見て、お気に入りのスタイリング剤をうまく使いわけくせ毛を最大限に活かしています。愛用中のスタイリング剤は「Loretta(ロレッタ)」のもの。 「メイクアップワックス 4.0」は、ナチュラルウェーブのふんわりとした雰囲気をうまく出せるワックスです。 軽さとキープ力があるので、朝のスタイリングを1日中保つことが出来ます。 「シアバター」は保湿力でしっかりケアもしスタイリングもできる天然成分100%の洗い流さないトリートメント。 毛先揉み込むように付けると、ボリュームが程良く抑えられてまとまりが良くなります。ベタベタせず、手ぐしも通せる程度のホールド力が気に入っています。 そして髪をスタイリングした後はそのままハンドクリームとして使えてしまうんです! 優れモノです♡ ヘアスタイルが決まると一日気分も上がりますよね。 髪のコンディションをキープしながら、今年はロングヘアを目指してみようと思っています。 Alicia Instagramはこちら美女組No.133 Aliciaのブログ
関連キーワード