馬場ふみかのランジェリー♡ 洋服感覚の気持ちいい素材でゴキゲンに!

non-no Web

2019年が今よりもっと素敵になりますように。願いを込めて気分高まるランジェリーをお迎えしましょ♡ 肌触りのいいコットンや着心地の軽いメッシュ素材でチルライフ宣言!

グリーンのギンガムでフレッシュガール☆

さわやかなグリーンでギンガムチェックを元気に着たい。

ブラ¥7670・ショーツ¥4690/windsky キャップ(メンズ)¥11000/メイデン・カンパニー(ユニバーサル ワークス) トップス¥1800/ヘインズブランズ ジャパン(ヘインズ)

◀左右にスライド▶

1/4

2/4

3/4

4/4

パッドつきキャミとコットンショーツだけであったかい部屋で過ごしたい♡ オレンジに恐竜柄のキッチュなショーツでやんちゃに。


キャミソール¥8500/メイデン・カンパニー(スープレルース) ショーツ¥1280/PEACH JOHN(ヤミーマート)

センターのボタンがカジュアルリラックスなムード。


ブラ¥7710ショーツ¥4340/windsky

パイピングがスポーティー。


ブラレット¥7700・ショーツ¥4570/windsky

シースルー素材に遊び心のあるチェック柄。


ブラ¥9800ショーツ¥6900/イルフェリーノ(undress code)

2019年2月号掲載

▼ 関連記事もチェック!

おしゃれガールは外出しない日だって可愛くしなくちゃ。ノンワイヤーや肌に優しいコットン素材。ストレスフリーなリラックスタイプは、お部屋でのんびりくつろぐ日にぴったり。お気に入りのランジェリーで気分を上げて♡
ふみかと、ランジェリーとルームウエア。らくちんなのが一番な夏だけど、ちゃんと可愛いのも大事♡蒸し暑くってめんどうな気分になっちゃう季節。そんなときこそ、着ていて気持ちいいお気に入りアイテムの出番。自分のゴキゲン、とりましょ?
最初の印象は、ちょっぴりクール。でも結局は出会う人みんなをトリコにしちゃう、ふみかってそんな女の子。単独初表紙を祝して、そんな彼女の魅力を徹底解剖。ねえ教えて、ふみふみ。「なんでそんなに可愛いの?」
モデル/馬場ふみか 撮影/須江隆治(See・モデル) 魚地武大(TENT・物) ヘア&メイク/鈴木海希子 スタイリスト/石田綾 web構成/篠有紀
関連記事
  • コートを着込んでしまう今の時季、感度を左右するのはズバリ顔まわりのおしゃれ。そこで、今回フォーカスするのは帽子。決めすぎは気恥ずかしいから"ハズし"として取り入れる、のが美玲さんが目指したいスタイル。“ハズし”で服のコーデを盛り上げ! 自分らしいバランスに整える桐谷美玲の帽子コーデ淡トーンの服にブラウンのハットという選択 やさしげオーラに包まれる曖昧カラーのコーディネート。そのマイルドさを引き締めるためマニッシュなハットをプラスするのが辛口派の美玲さんらしい。黒だと緩急がつきすぎるからと選んだブラウンは、全体になじみつつ今っぽさに満たされるベストな選択。「ブラウンのハットは初挑戦。こうして服になじむ色を選べば、"気合入ってる感"が出ずにおしゃれに決まるんですね」。 ハット¥120000/ボルサリーノ ジャパン(ボルサリーノ) コート¥59000・ニット¥26000・パンツ¥27000/サード マガジン ネックレス¥27000・リング¥21000/ショールーム セッション(マリア ブラック)モノトーン合わせでキャップも大人見え スポーティなムードのキャップも、モノトーンにコーディネートすることで大人っぽく。顔まわりにクリアな白とシルバーピアスをきかせ、洗練度も右肩上がり。「カジュアルすぎに見えないさじ加減が 絶妙です」。 キャップ¥8000/カシラ ショールーム(カシラ) ブルゾン¥55000/ボウルズ(ハイク) ボーダーニット¥33000/ビューティフルピープル 銀座三越(ビューティフルピープル) ピアス(1個)(¥31000/ショールーム セッション(マリア ブラック)ベレー帽はガーリーにかぶらない主義 ベレー帽の甘さに便乗せず、端正な白シャツでシャープに。真逆なのに均整がとれたMIX感におしゃれの楽しさを再確認。色はチャコールグレーなど、シックな色が大人にはちょうどいい。「コンサバだと思っていた白シャツもベレー帽ひとつでこなれた雰囲気になりますね。大人っぽさもあって理想的」。 ベレー帽¥5000/カシラ ショールーム(カシラ) シャツ¥24000/マディソンブルー ニット¥53000/スローン ピアス( 1 個)¥7200/マユ アトリエ(マユ)正統派トレンチをイエローのニット帽でやんちゃに 知的なトレンチは、いつもとは違う遊びを受け止める包容力がある。だから挑戦したいにぎやかなイエローのニット帽。目新しい自分に出会って。「トレンチってきれいめになりがちだけど、ニット帽でカジュアルダウンしたのが新鮮!」。 ニット帽¥7000/カシラ ショールーム(カシラ) コート¥99000/ビューティフルピープル 銀座三越(ビューティフルピープル) ニット¥22000/ゲストリスト(ハウント代官山/ハウント) メガネ¥27000/ブリンク外苑前(メガネロック)帽子はプライベートでもよくかぶります。キャップ、キャスケット、ベレー帽、ニット帽…、たくさん持っていて、昔からなじみ深いアイテムではあるけど、今日かぶったものは、どれも色が新鮮でしたね。私が持っているのは服と同様、ほぼ全部黒だから。合わせやすさを考えて選んじゃうんですよね。靴やバッグで色をきかせることはあっても、顔に近い帽子は悪目立ちする気がして、どうしても躊躇してしまって。 帽子が主役になると、なんだか"かっこついちゃう"じゃないですか(笑)。でも、今日の撮影で感じたのは、服ありきで、そのハズしで取り入れれば上手な盛り上げ役になってくれること。きれいめをカジュアルダウン、コンサバに遊び、甘さを中和…。自分らしいバランスに整えてくれるのが、すごく優秀!撮影/赤尾昌則〈whiteSTOUT〉 ヘア&メイク/笹本恭平〈ilumini.〉 スタイリスト/小川ゆう子 モデル/桐谷美玲 取材・文/榎本洋子 ※BAILA2019年2月号掲載
  • 寒波が過ぎ去り、気分もだんだんと春めく今は花柄アイテムが恋しい。ノンノ世代のみんなは、花柄のワンピース、ブラウス、スカートなら1枚は持ってるよね。今回はすぐまねできる花柄のお手本コーデ15選をまとめたよ。春らしい着こなしの参考にぜひ!【春の花柄ワンピースコーデ】 ケーブルニットのボリュームをシアーなスカートで引き算 真冬の白っぽワントーンは素材感で見た目にも暖かく。ざっくりニットに揺れ素材の花柄ワンピで春っぽを叶える。 【春の花柄ワンピースコーデ】 フェミニンな花柄ワンピのハズし役にハイテクスニーカーが◎ クリーンな表情のハイテクスニーカーと合わせてフェミニンなワンピをカジュアルダウン。 【春の花柄ワンピースコーデ】 真逆のテイストでオシャレの腕試し♪ 落ち着き感のあるフェミニンな小花柄ワンピのハズし役は、カーキのブルゾンと赤いスニーカーにおまかせ。真逆のテイストでギャップを作るのが、オシャレ上級者への近道だよ。 他の画像を見る
  • ハワイへの旅を考えるとき、何度か行ったことのある人なら、今度はどこに泊まろうか、あの店にも行ってみたい…と考え始めるだけで浮き立つ気分に!そんなとき、「大人だったら、こんな過ごし方や楽しみ方のスタイルもあるよ」と、そっと耳打ちしてくれるような本が、『大人心の、気ままなハワイ』。暮らすように旅をする、というサブタイトルも、時間的&気分的にゆとりが出てきたOurAge世代の心に甘く響きます。プルメリアのレイが印象的な表紙。ハワイではお祝いや挨拶代わりにあげたりもらったりするものですが、5月にはレイデーというフェスティバルがあって、市民が力作を競う合う「レイ・コンテスト」もあるのだそう。 『大人心の、気ままなハワイ』田中真理子著 小石川書館 本体¥1600+税ところで「暮らすように旅をする」という言葉、ゆったりと肩の力が抜けた感じで憧れますが、実際にはどうすればそんな風に過ごせるのでしょう?漠然とした疑問に、ページを繰るたび、著者ならではの「暮らすような時間」が披露されていきます。お気に入りの拠点はオアフのノースショア。気が向くとバスや車であっちこちお出かけ。好きなところに好きなだけ時間をかける、欲張りすぎないという贅沢な大人の旅。「そう、こういう過ごし方をしてみたいの!」と共感できるポイントがたくさんあるのです。マーケットで大束で売られているクレソンを見て喜び、その日は早速おひたしやらに料理して、野菜好きの夫とクレソン祭り。わっおいしそう~、ナムルも試してみたい!公営ゴルフコースでひと汗かいた後は、レモネードを飲んで定番おかずのカレーを買って帰る。こんな気軽な感じでスポーツできるなら、私だって!隣町の歴史ある“ちいさい図書館”へ行き、ハワイアン・ノンフィクションコーナーで本を探す。誰にも邪魔されず静けさと趣味にひたれるなんて、至福すぎるひととき!著者が選んだハワイでのロングステイ先は、バケーション・レンタル(バケレン)。バケレンとは、マンションや戸建てのオーナーたちが、自分たちが利用しない期間、貸し出したい物件のことです。そんな物件がたくさん登録されているサイトから見つけたのが自分たちの気分にぴったりだったのでした。そうったバケレンの選び方から街やビーチの散歩、おいしいもの、フェスティバル、手作り教室の体験談etc.必要なものにはアドレス紹介もついています。そのどれもが、出会った(見た)人を愛情たっぷり目線でとらえた描写や、会話の端々から仕入れたようなプチネタ付きでおもしろく、そこも大きな読みどころ。クスッとつい笑っているうち、著者のおおらかな人柄に引き込まれていきます。レイ・デーのフェスティバルで、おばあちゃんたちが自慢げに作っているオリジナルのレイをウォッチしているうちに、自分もいつかココの人になりたい、と妄想…。思わず植物園で開催されているレイ・メイキング教室に参加。これはその時の初めての作品。多少曲がっていても全然OK、こんなの作ってみたい!ヴィンテージショップのおじさんは「いつもかわいいおしゃれしてる」と密かに注目。着眼点にクスリ。ハワイや太平洋にまつわる古物好きな人やコレクターの間で有名なお店で、思わず財布のひもが緩む自分をゆるしてしまう。そもそも、どんなきっかけからこの本が生まれたのか。誕生秘話などを、本書内の魅力的な写真も交えながら次ページでご紹介していきます。長年、雑誌や書籍の編集業に携わってきた著者の田中真理子さんは、ハワイ旅歴35年。子どもが小さかった頃、子連れでも気兼ねなく楽しめるからとコンドミニアムやバケレンを利用するようになったそう。「画一的なホテルとはちがって、オーナーの人柄や味が感じられるのがバケレンのおもしろみです」。子どもが大きくなり、今は夫と2人のハワイ時間をおだやかに満喫。オアフ島ノースショアにある小さな町ハレイワにみつけた小さなアパートで休日を過ごすのが今のお気に入り。トライ&エラーの実体験をもとにしたレンタル先の選び方など、具体的で参考になりますそんな35年間の家族旅はもちろん、普段の日々のこだわりまで、編集者の習性で(!?)いつもこまめにカメラに収め、写真集製作サービス(Photoback)で文庫本サイズにまとめている田中さん。その膨大なフォトアルバムを見た出版元の担当者が、これはおもしろい!と興味を持ったことがきっかけで、今回の本が生まれました。余談ですが、旅以外の日々のこだわりというのは、例えば、いつも食べている味噌汁。そのフォトアルバムはテレビでも紹介されたのだとか! さぞや具沢山でおいしそうで、バリエーションに富んでいたんだろうなあ…。自身の旅の記録がベースとわかると、興味やこだわりの偏り方も当然。“ださかわいい”に魅かれたり、さとうきび列車が気になって調査してみたり、その偏りっぷりがまたオリジナリティあふれて魅力的。大急ぎの買い物三昧や食べ歩きは卒業して、自分のこだわりをとことん追求しに行くのもいいかも、と触発されます。ほとんどの写真は著者が長年撮りためてきたものですが、本を作るにあたり、よりわかりやすいカットを、と撮り直しに行ったものもあるそう。見せ方への(もちろん読みやすい字の大きさや量も)こだわりも編集者ならでは、です。表紙を飾るプルメリアのレイに始まり、ヤシの木と空の爽快なコントラスト、色彩豊かなマーケットの食材、深い歴史のある建物…どの写真にも太平洋に浮かぶこの楽園への愛着があふれています。ワイキキから車で1時間、ハレイワのアパートの前に広がる海は、地平線まで続くマリンブルーのグラデーション。海の青さに加えて、時間によって刻々と変わる光と影と風は何度見ても飽きることがない。フォトジェニックな南国フルーツ。1個から買えるファーマーズマーケットで、毎回行くたびに試してレパートリーを広げてきたそう。糖度が上がるという夏を狙って全種類食べに行きたくなります著者は、自由に気ままに、ハワイでの旅の時間を豊かに楽しむコツについてもさらにこっそり教えてくれます。たとえば、夫とふたりの旅行だけど、別行動したいっ、と思ったらどうする? 次ページへOurAge世代が夫婦ふたりで旅するとして、旅の途中、夫と行動を別にして、気兼ねなく一人でブラブラしたい、と思うときもありますよね。でもいざ一人になると、場所によっては正直、心細い気分にも…。そんなときはどうするか。著者が行くのは、いつ行っても訪問者が少なくて静かな植物園。ただ、ちょっと静かすぎて不安になるので、心の中で「同行二人」と考えるのだそう。植物にすごく詳しい友人と一緒にいるつもりで、語りかけるように歩く…。経験を重ねてきたからこそ、自分らしく時間を楽しむための切り替えが旅の参考になります。著者が夫に気を使わず散策する場所のひとつ、フォスター植物園。植物園や博物館は自分のペースで回るメリット大。今まで気づかなかった新たな発見があるかもまた、手作りへの愛も。ビーチコーミングで集めたビール瓶の蓋は、日本に帰ってからリースにして飾っているもの。買ってきた布で次回のステイ中に使うエコバッグを作ったり。逆に、バケレンの部屋の壁にはミュージアムの半券や買い物メモを貼り重ね、自宅の冷蔵庫っぽくなったなあ、と眺めながらリラックス(笑)。海沿いを歩くときは下を向いて歩くことが多いという著者とその家族。なぜなら風化した漂流物好きだから。そんな瓶の蓋を選りすぐってリースに!プランテーションで働く移民たちの労働着だったというパラカシャツの生地屋さんで買った生地は、持ち帰ってエコバッグ作成。使うたびに旅の記憶がよみがりそうハワイでの時間や出来事と、普段の暮らしがゆるやかにシンクロしている様子が、なんだかいい。自然体で遊び心があって、真似したい。「ひとりひとり、その人なりのハワイの楽しみ方があると思うんです」。自分ならどんなスタイルで過ごすか、自由な空想が広がっていく幸せな一冊です。http://www.koishikawashokan.co.jp/文/川口貴子
  • 会議にプレゼンに通勤ラッシュ。ママ友コミュニティやパートナーへの不満……アラフォーの日常はストレスに満ちている! そのストレスがニオイの元になっているってご存知ですか?ストレス臭という言葉を初めて聞いたのは、昨年のセミナーでした。約20年前に加齢臭を発見した資生堂が突き止めた新たなニオイが「ストレス臭」。これは、心理的に心拍数が上がるような緊張やストレス状況下に置かれると年齢・性別に関係なく発生するそうです。 その名も「STチオジメタン」。汗臭とはまた異なる、硫黄化合物系のニオイです。セミナーでもサンプルを嗅がせて頂きましたが思わず「うわっ!」と声を上げてしまうキョーレツさでした。もちろん濃淡に個人差はあると思うけれどこのニオイを自分が発しているかも?と思うだけでドキドキ。昔から「ゾウの体にアリの心臓」と友人に言われている小心者の私。“なんかヘンな汗出てきた”ってよく思うんですが、あの瞬間って絶対ストレス臭出てたはず……。 しかもこのストレス臭、本人はもちろんのこと周囲の人にも心の混乱や疲労を引き起こすということも分かっています。だから会議とかって、あんなに疲れるんだ(笑)。……という厄介な事実が判明したのが昨年。そして緊張のシーンが増える春に向け、いよいよ待望のストレス臭対策アイテムが発売されることに。 それが「エージーデオ24」の新パウダースプレー。写真の無香性を始め、ふんわり微香性や今年も暑そうな夏にぴったりのクールタイプまでラインナップ。いざ!という時のボディ用シートもあります。いずれもニオイ菌を殺菌して汗臭・体臭をしっかり防ぐ働きはそのままに、ストレス臭を包み込んで目立たなくする新技術をプラス。あらゆるニオイ悩みを1本でケアできる、頼もしい進化を遂げました。エージーデオ24シリーズはキャップレスで手にとってすぐスプレーできるし、即サラサラで白浮きしないから、以前からお気に入り。汗をかいても持続性あり!信頼しています。私、ニオってる?と心配する前に、全身にシューっとして出かけましょう。その方が余計なストレスも溜まらないはず!  こちらの新作は2月中旬発売。そろそろ店頭に並ぶはずです。 ●「エージーデオ24」公式サイトはこちら WEB美容エディター 原田千裕 ちょっとやそっとじゃ揺るがないのが自慢だった鋼鉄の肌に明らかな陰りが……ということで、アンチエイジングにフルスロットル中! そんな日々の中でキャッチした、アラフォー向けの“マーヴェラス”な美容トピックスをシェア。コスメも男性もお酒も“ディープで濃いめ”が好み。 イラスト/ユリコフ・カワヒロ
  • ボーイズ風味のアイテムだからこそ、女性らしさや甘さをほどよく受け止めてくれる程よいハリとやわらかな生地感でメンズライクなゆったりシルエットのカーゴパンツ。股上が深めなので履いているだけで安心感があり、ウエスト後ろがゴムになっているリラックス仕様というのも嬉しい限り。長めのレングスなので、好みに合わせてロールアップして着こなしたりできるので、着こなしの幅も広がって。何よりもシーズンレスで楽しめる肉厚な素材感が、どんなトップスと合わせても旬なコーデにしてくれそう。まずは手始めに相性のよいネイビー×カーキを選んでみるのもよさそう。パンツ¥26,000/ティッカ ニット¥39,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリーリュクス) ストール¥52,000/グリニッジ ショールーム(ジョシュア・エリス) ソックス¥2,700/ビームス ハウス 丸の内(ブレシアーニ) バッグ¥55,000/ゲストリスト(アロン/ハウント代官山) 靴¥24,000/F.E.N.(プリティ・バレリーナ)撮影/坂根綾子 スタイリスト/徳原文子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼パンツコーデをもっと見る
  • ノンノモデルのプライベートをちらり MODEL'S VOICE今月のお題は……「いつか買いたいもの」 スノーボードの板。マイボードでゲレンデへ!|渡邉理佐(欅坂46) ウエアは持っているので、全部揃えたいなーと思って気になっています。かっこいいけど、少し可愛らしさもあるデザインを希望。どこのものがいいか調べて、スクショして保存しています。 ◎次スライドもチェック→スノーボードの板。マイボードでゲレンデへ!|渡邉理佐(欅坂46)猫。できるだけ早く!|馬場ふみか 短毛の子がいいなあ、アビシニアンかシンガプーラ。ひとり暮らしを始めてから特に気になっていて。今、ペットを飼える物件を探していて、引っ越そうとしています! ◎次スライドもチェック→他の画像を見る▶MODELS' VOICE まとめ
  • シーズンのはじめは小物からシフトするのが、おしゃれ好きのセオリー。なかでも今年はバッグがねらい目。心も体も身軽にしつつ、おしゃれ度も上げてくれる、身軽さとおしゃれが見事に両立する“本命ブランドの最新バッグ”をお披露目!CHANELハンズフリーで身も心も快適! モダンなマリンテイストを満喫 ’19年クルーズコレクションのランウェイで注目を浴びた、キュートなヴァニティバッグ風ショルダー。長めのチェーンストラップつきでジャケットドレスの上の斜めがけも快適。キルティングが施されたカーフスキンはデイリーにも使いやすい。ホワイトとブラックのストライプのアクセント、さらには内部の鮮やかなレッドで、ひとひねりあるトリコロールも大人マリンな気分。 バッグ¥498,000(H13×W17×D7)・ジャケットドレス¥552,000・パンツ¥293,000・ベレー帽¥95,000/シャネルGUCCI上質なスエードが心地よく体に添うヴィンテージっぽさも魅力のショルダー 今季の新作は、上質なネイビースエードにブラックレザーのトリムとストラップが特徴。マチが厚すぎないから肩にかけたときのおさまりも快適。ストラップは調整可能なのでクロスボディも可能。どこか懐かしさの漂うバッグ「アリー」は、古代ローマの墓地だったアリスカン遺跡で開催されたショーでデビューを飾り、会場のある南仏の古都・アルルにちなんで名づけられたもの。 バッグ「アリー」¥275,000(H21×W26.5×D4.5)・プルオーバー¥160,000・シャツ¥155,000・パンツ¥175,000 /グッチ ジャパン(グッチ)Dior個性的なストラップとともに開放感たっぷりに蘇った伝説のバッグ 馬鞍のフォルムに“D” のアクセントが特徴の「サドル」バッグ。そのタイムレスな美しさがさらに進化。エスニックテイストのストラップをつけることで、開放感たっぷりのクロスボディスタイルに。ストラップは体にまとっていてもその存在を忘れてしまうほどの快適さ。高品質のグレインドカーフスキンモデルは耐久性もあり、デイリーユースに最適。 「サドル」バッグ¥360,000(H20×W25.5×D6.5)・ストラップ¥115,000・シャツ¥140,000・スカート¥540,000・タイ¥28,000・コルセット¥260,000・下に着たペチコート¥340,000・靴¥106,000/クリスチャン ディオール(ディオール)FENDIデザインも感触も極限までソフトに!リラックスムードが新鮮 あの「ピーカブー」の中央バーや中間フレームを取り払い、軽量化(x-lightened)を実現し、昨季話題になった「ピーカブー エックスライト」。今季は、さらにひと回り小さいレギュラーサイズで新たに登場。付属のストラップはキャンバス地で、さらに軽やかにスポーティに持てるのがうれしい。内側からのぞくアイコニックな「FF」ロゴもポイントに。バッグ「ピーカブー エックスライト」(H25×W30×D15) ¥431,000・プルオーバー¥135,000・パンツ¥135,000/フェンディ ジャパン(フェンディ)LOEWEキャンバス使いとドロスト仕様でアイコンバッグがさらに軽やかに ストラップの使い方や、マチ部分を外に出したり内側に収めたりで、なんと6WAYに使える人気の「ハンモック バッグ」。バリエーション豊富なこのアイコニックなバッグに、開閉部分をファスナー式からトレンドのドローストリング式にした新作が登場。スムースレザー×ナチュラルなキャンバスという、清潔感漂う素材使いも春にふさわしい軽やかさ。 「ハンモック ドローストリング バッグ」(H28.5×W16×D31)¥261,000・シャツ¥79,000・パンツ¥92,000/ロエベ ジャパン カスタマーサービス(ロエベ)Valentino大人っぽいトリコロールにひと目惚れ!クラス感のある2WAYバッグ メタルバーにフラップトップをスライドさせる独特のデザインが印象的な「アップタウン」は、トップハンドルで持てばクラシカルなハンドバッグに、チェーンのショルダーストラップを使えばモダンなクロスボディバッグに。シックなトリコロールカラーで大人の日常にクラス感を添えてくれる。 バッグ「アップタウン」(H17.5×W24×D9)¥293,000(ヴァレンティノ ガラヴァーニ)・コート¥630,000・シャツ¥192,000・デニムパンツ¥128,000・スカーフ¥53,000(すべてヴァレンティノ)/以上ヴァレンティノ インフォメーションデスクフリーダム&リッチな春のトレンドバッグ 記事一覧撮影/宮㟢裕介(SEPT) ヘア/JUN GOTO メイク/村松朋広(関川事務所) スタイリスト/伊藤美佐季 モデル/亜希 取材・文/大野智子  ※サイズ略記は次のとおり。H(高さ)×W(幅)×D(マチ)。単位は㎝です。  ※エクラ3月号掲載
  • そろそろ春服を真剣に検討し始める頃合いです。まずはコートの下に春らしいワンピースを一枚、【ザラ(ZARA)】から調達してみては? ゆったり感がポイントのドレスや、通勤にも着られるクリーンなシャツワンピース、およばれにも使えるセミフォーマルドレスなど、リラックスシルエットからタイトシルエットまで、華やかなデザインの新作ワンピースが続々入荷中! 今回は、2019春夏展示会でお披露目された新作のなかから、働く30代女子におすすめのデザイン23選をクローズアップ!2019春トレンド全網羅【ZARA(ザラ)】おすすめワンピース最新作23選重ね着でよりしゃれ見え可能なシースルーワンピ 透ける素材のワンピースは上級者向けのアイテムに見えますが、写真のように同系色で濃い色のパンツに重ねて奥行きを出したり、別のシンプルなワンピースの上に重ねたりと、着回しの幅がグーンと広がるのでイチ推しです。ストライプ&花柄のコンビネーションシャツワンピ 昨年から人気続行中のストライプ柄。2019年は、定番のブルーやグレーから色みを変えたり、他の柄とミックスされた進化系デザインを選んで、より女らしくおしゃれな印象に。重ね着の幅が広がる! キャミソールドレス きゃしゃストラップのキャミソールワンピースは、シンプルなTシャツやリブニットなどの上から重ねるコーディネートに人気が集まりそう!タイダイ風ゆったりリラックスドレス しぼり染めのようなプリントをあしらったダスティピンクのワンピース。両サイドに深いスリットが入っているので、下にデニムやリネンパンツなどを重ねばきすると旬のスタイルになります。¥5990ヴィンテージスカーフ風プリントワンピース スカーフをパッチワークしたようなレトロシックなデザインで大ヒット中のブラウスドレス、2019年春は、イエローやピンクなど春らしい色をきかせたプリントが登場です。¥9990シワ加工こそサマになる! ドローストリングコードワンピース 2019年は、ワンピースもジャケットもパンツも、洗いざらしたリネンのようなラフな質感の素材が流行ります! ウエストのコードベルトで、自分の体型に合わせてブラウジングを調整し、体のラインをきれいに見せましょう。ひざ下から広がるプリーツがドラマチックなシャツワンピース 通勤にも着られるきれいめデザインのワンピースが豊富に揃うザラ。とくにこの白シャツワンピースは、展示会にやってきた30〜40代の女性編集者に大人気! ゆとりのあるIラインシルエットなので、体型カバーにもひと役買ってくれそう!辛めOLのための通勤シャツワンピース 辛口コーデ派でも女らしいムードを楽しめるのが、エンブロイダリー(ボーラー)レースをあしらったシャツワンピース。大きめの襟には小顔効果もあります◎。ワイドパンツなどを下に履いてもおしゃれ。¥7990ギャザー&ドレープの力でスタイルアップできる白シャツワンピース ベルスリーブで二の腕を、フロントにあしらった2段ギャザーでウエストまわりを上手にカバーできるワンピース。リズミカルに並ぶフロントボタンがアクセントです。¥7990逆三角形ワンピースでまるっと体型カバー 腕の切り替えがない逆三角形シルエットのポロシャツ型ワンピースは、ゆったりしたシルエットでとくに肩まわりや二の腕、胸元など上半身の体型悩みを上手にカバーしてくれる優れものです。ますます人気加速中! 大人のドット柄ワンピース 可愛らしい印象の水玉柄も、モノトーン&キリリとしたシャツワンピースにのせれば大人仕様に! 通勤にも着られるシックなプリント&デザインです。オールシーズン着られる、水玉ブラックトレス 白ベースよりも黒ベースのほうが、より大人っぽい印象が狙えるかも! やや透け感のあるシースルー素材で春らしい軽やかなムードが楽しめるのはもちろん、長袖なのでカーディガンなどを羽織れば、一年中着倒せます。白&黒のいいとこどり! バイカラードットワンピース トップスを白ベース、スカートを黒ベースに切り替えた水玉柄が新鮮! スカートにはプリーツがあしらわれていて、動くたびに優しく揺れます。ちょっぴりサファリムードなカシュクールワンピース ベージュと並んでベーシックカラーとして人気が出そうなのがカーキ色。カシュクールトップス&共布ベルト、スリット入りのミモレ丈スカートで、一枚でもメリハリのある体型が作れます。¥7990ブラウンベースの花柄シャツワンピース 大胆な花柄も、色みを押さえることでグッとシックな印象に。ハリのあるコットン素材で、ややタイトなシルエットのシャツワンピースです。アンティーク風のフロントボタンがアクセント。¥7990デニムと重ね着したい、ペイズリー柄ワンピース エレガントな雰囲気が魅力のペイズリー柄は、デニムパンツやスニーカーなど真逆のカジュアルアイテムと合わせると、コンサバ感を払拭したおしゃれなミックスコーデに進化!油絵風プリントの背中あき花柄ワンピース 前から見ると襟元の詰まったクルーネックですが、実は背中が空いていて、二面性を楽しめる女らしいデザイン。油絵風の花柄プリントも印象的です。手描き風のフラワープリントワンピース 深みのあるグリーンに、イエローやブラックでプルメリアの花を大胆に描いた、シースルーのプリントドレスです。¥9990ラグランスリーブシャツドレス 春いちばんに手に入れておきたい、涼しげ&やさしげなたまご色のドレープワンピース。山型になったウエストラインで、着ると驚くほど脚長効果が期待できます!ラグランスリーブシャツドレス 肩とバックウエストにギャザーをあしらい、着るとふんわりシルエットになります。染色工程で水の使用量を少なくする技術を使って作られているエココンシャスな面も。¥7990パフスリーブニットワンピース 肩口をふんわりさせた立体的な袖と、デコルテの大胆なスクエアカットが特徴のリブニットワンピース。かなりボディコンシャスなシルエットです。¥7990注目の新作続々入荷中【ザラ(ZARA)】公式オンラインストアはこちら【合わせて読みたい】2019年春のおしゃれを始める、本当にコスパのいい服!取材・文/沖島麻美 ※価格記載のないアイテムは2月下旬以降に店頭または公式オンラインストアに入荷予定です。
関連キーワード