ボブのフェミニンヘアは渡邉理佐がお手本! 前髪もポイント★【成人式2020・髪型&メイク】

non-no Web

艶やかなで大人なヘアメイクで華やかさ増し!

ボブの長さでピンクの振袖を着るなら、アップにするよりもボブの長さを生かして大人っぽく見せるのがおすすめ。前髪は8:2に分けてサイドに流し、後ろの髪はハーフアップに。トップは少し盛ることで、艶やかな大人の魅力を発揮できる。メイクも同様に大人っぽく、ハネ上げラインでシャープな印象に。チーク&リップはピンクで統一して。

◀左右にスライド▶

左サイド

1/3

バック

2/3

トップ

3/3

サイドをねじりつつ三つ編みをして、後ろでまとめてピンで固定。かすみ草をあしらって、フェミニンで儚い印象に。

反対側にはパールのヘアコームをアクセントにして女性らしさをアップ!

8:2に分けた前髪はふんわりサイドに流すことでフェミニンなイメージ♡

ゴールドラメが繊細に輝くブラウンアイシャドウをアイホールに単色塗りして、ダークブラウンのリキッドアイライナーで目尻長めのハネ上げラインを描く。ピンク着物の甘さに強めのアイメイクが加わって甘辛のバランスに。ピンクチークで血色感をプラスし、ツヤ感のある濃いピンクリップで華やかさマックス!

▼ 関連記事もチェック!

一生に一度だけの成人式は、とびきり可愛く決めたいよね。振り袖にこだわるのはもちろんだけど、ヘアスタイルや髪飾りのセレクトもとっても大事。写真映え抜群の華やぎ成人式ヘアになれる髪飾りコレクションをチェック♪
モデル/渡邉理佐 撮影/田形千紘 ヘアメイク/野口由佳(ROI) スタイリスト/坂下シホ 着付け/きものさろん花子 取材・文/平沢朋子
関連記事
  • マリソルオンラインで人気の月間ミディアムヘアランキングTOP10を発表!※集計期間:2019年9月17日(火)〜10月14日(月)<ミディアムヘア1位><ミディアムヘアスタイル1位>ストレート×ヴィンテージカラーで長めスタイルをちょっとクールに大人が直球のストレートヘアにすると髪悩みが露呈しやすいので、あえてくせ毛を生かした"ほのかな揺れ"を出して。全体はレイヤーなしのワンレンベース。顔まわりのみにレイヤーを入れて、下ろしてもかき上げても、両方決まるように微調整。フォルムが重めなぶん、髪色は抜け感のあるヴィンテージカーキを選び、根元6トーン→毛先9トーンのグラデーションに。【SIDE】【BACK】 DATA量・普太さ・細硬さ・柔クセ・強 担当サロン:DIFINO aoyama 【Marisol 2月号2019年掲載】撮影/青柳理都子 ヘア&メイク/林 由香里(ROI) メイク/イワタユイナ KOTO(A.K.A.) スタイリスト/田澤美香 取材・文/松井美千代 <ミディアムヘア2位> ひし形フォルムのミディアムはお悩みにきく万能スタイルペタンとつぶれやすいネコっ毛は、レングスが長くなるほどボリュームダウンしやすいのが悩み。そこで"ひし形フォルム"に近づくようにトップの髪をグラデーションカットで丸みをつけて、毛先とあえての段差を作る。ひし形フォルムのメリットは、くびれがあることで頭の上半分にボリュームが集まって見えること。小顔効果も絶大。さらに透け感のある前髪を深めに作ることで、ヘアスタイルに立体感をプラスしつつ華やかな印象の演出もサポート! 【SIDE】 【BACK】 DATA量・普 太さ・細 硬さ・柔 クセ・無 担当サロン「SINCERELY」 【Marisol 2月号2019年掲載】撮影/青柳理都子 ヘア&メイク/林 由香里(ROI) メイク/イワタユイナ KOTO(A.K.A.) スタイリスト/田澤美香 取材・文/松井美千代<ミディアムヘアスタイル3位>ツヤミディアムはトレンドのくびれを作りラフな印象を演出してオフィスでもプライベートでもシーンを選ばず好感度を上げてくれるツヤミディアムも、トレンドのくびれを作りラフな印象を演出して。トップの髪には丸みのあるフォルムになるようレイヤーを。耳下の髪は重さを残してカット。上下の髪をつなげないようにカットすることで、昔のような"ペラペラ"さは皆無の重めくびれが出現。毛先に1回転、トップは2回転で根元を立ち上げるように、メリハリフォルムを支えるパーマを仕込むのもポイント。【SIDE】【BACK】 DATA量・普太さ・普硬さ・普クセ・無 担当サロン「PearL」 【Marisol 2月号2019年掲載】撮影/青柳理都子 ヘア&メイク/林 由香里(ROI) メイク/イワタユイナ KOTO(A.K.A.) スタイリスト/田澤美香 取材・文/松井美千代<ミディアムヘアスタイル4位>ミディアムのひとつ結びはゆるませすぎないさじかげんで、こなれて見える【40代のヘアアレンジ】鎖骨下レングスのミディアムは、ゆるっとしたおしゃれ感のあるひとつ結びを。後れ毛を出しすぎないのが大人のポイント【SIDE】 →☆ヘアスタイルの作り方はこちらでチェック! 【Marisol9月号2019年掲載】撮影/岡部太郎(SIGNO/人物) 草間智博(TENT/物) ヘア&メイク/林 由香里(ROI) スタイリスト/池田メグミ モデル/今井りか 竹内友梨 取材・文/松井美千代<ミディアムヘアスタイル5位>動きがあるのに品もある絶妙くびれミディアム きれいめファッションが好きな女性が、品よく動きのあるミディアムを堪能できるのがこのツヤ×くびれヘア。全体は重めにカットしているけれど、動きを出すために毛先のみに少しレイヤーをON。さらに全体へ大きめのスパイラルパーマをかけることで、外ハネの毛流れが生まれるように計算。華やかで今っぽい動きはあるけれど、全体はツヤを残した重めベースに。 【SIDE】【Marisol2月号2019年掲載】撮影/青柳理都子 ヘア&メイク/林 由香里(ROI) メイク/イワタユイナ KOTO(A.K.A.) スタイリスト/田澤美香 取材・文/松井美千代<ミディアムヘアスタイル6位> いろんな表情を生み出す長めニュアンス前髪をポイントに"蛯原ミディアム"はマリソル世代からも高い支持を得ているスタイル。「いろいろ失敗も経て、自分らしい髪型は柔らかくて空気感のある質感だなと気づきました。柔らかい雰囲気を左右するのはアレンジのきく前髪。以前、パッツン前髪にしていた時は、どう動かしても堅い印象になって洋服が似合わなくなってしまって。あとは内側やもみ上げにレイヤーを入れて、アップにした時の後れ毛ニュアンスも仕込んでいます(蛯原さん)」【SIDE】【BACK】 撮影/岡部太郎(SIGNO)ヘア/Dai Michishita メイク/水野未和子(3rd)スタイリスト/松村純子 モデル/蛯原友里 取材・文/松井美千代<ミディアムヘアスタイル7位> パーマスタイルが教えてくれた、今の自分にしっくりくる髪と服ロング×パーマの五明さんを見たのは久しぶり。「昨夏にパーマをかけたんです。撮影でクルクルにアレンジされることが増えたので、こんな感じが今の私に合うのかも、と思って久しぶりの挑戦。そうしたらまとまりがよくなってセットも楽に! パーマ=古くさいというイメージを払しょくできたのも発見でした。不思議なのが、髪型が変わったら、プライベートで着る服が変わったんです。髪型って女性のイメージを左右すると実感(五明さん)」【SIDE】 【BACK】 【Marisol2月号2019年掲載】撮影/金谷章平 ヘア/左右田実樹  メイク/水野未和子(3rd)  スタイリスト/福田亜矢子 モデル/五明祐子 取材・文/松井美千代 <ミディアムヘアスタイル8位> ウルフの女っぷりを上げているのはアンニュイな前髪と柔らかな毛流れ自然に首もとに沿う、ウルフの長めの毛先が大人の色っぽさを表現しているSHIHO’sスタイル。「くせ毛を生かすためのレイヤーを入れています。昨年カットしたウルフが伸びただけなんだけど(笑)、イイ感じのニュアンスが出せるし、セットも楽なんですよ。ラフなスタイルは好きですが、マリソル世代ならきれいな質感も必要。私もヘアケアはとても意識していて、アウトバストリートメントや髪にいいサプリで美髪を育てています(SHIHO)」【SIDE】【BACK】 【Marisol 2月号2019年掲載】撮影/YUJI TAKEUCH(I BALLPARK) ヘア/左右田実樹 メイク/AIKO ONO(angle) スタイリスト/福田亜矢子 モデル/SHIHO 取材・文/松井美千代 <ミディアムヘアスタイル9位>おしゃれな空気感をまとえる切りっぱなし風ミディアム長めヘアでトレンド感を演出するなら、こんな切りっぱなし感のあるミディアムを。毛先はワンレングスにカットしているけれど、表面の髪にはふんわりとボリュームを出すためのレイヤーを入れて。大人のヘアはトレンドを取り入れるだけでなく、ちょっとした仕込みが大切。毛先1 カールのパーマをかけることで肩についた毛先がハネやすくなり、今どきの外ハネスタイリングがしやすく。ラベンダーアッシュの髪色でツヤとボリューム印象をプラス。【SIDE】【BACK】 DATA量・普太さ・普硬さ・柔クセ・弱 担当サロン「S. HAIR SALON」 【Marisol 2月号2019年掲載】撮影/青柳理都子 ヘア&メイク/林 由香里(ROI) メイク/イワタユイナ KOTO(A.K.A.) スタイリスト/田澤美香 取材・文/松井美千代<ミディアムヘアスタイル10位> 切らなくても印象更新!ボディパーマであえての“外ハネ”髪を伸ばしている途中だから、印象は変えたいけれど、あまり切りたくない……。そんな願いを解決できる、パーマでデザインされた外ハネ×ミディアム。全体はワンレングスにカット。そこに大きくうねるボディパーマをプラスして柔らかい動きを演出。さらに長めの前髪にも、後ろに流しやすくするためのリバース巻きのパーマをかけて。全体は重めベースだが、流し前髪があることでエアリーな印象も与えることができ、女っぽさも表現できるスタイルに。【SIDE】【BACK】 DATA量・多太さ・太硬さ・硬クセ・無 担当サロン「broocH」【Marisol 2月号2019年掲載】撮影/青柳理都子 ヘア&メイク/林 由香里(ROI) メイク/イワタユイナ KOTO(A.K.A.) スタイリスト/田澤美香 取材・文/松井美千代
  • マリソル編集部のおすすめ情報をお届け!Marisol 11月号の表紙は、スタイル&フォトブック「Here I am」が好評発売中の蛯原友里さん。そして付録にマリソル×ストラスブルゴのニュアンスグレー美脚タイツがついています!  ファッション大特集は「この秋アラフォーは”フェミニンスイッチ”でおしゃれを更新」。また人気エディターの2人・「磯部安伽・三尋木奈保の この秋、何買う?どう着る?」、「ニットが主役のほめられコーデ全部!」など、秋のおしゃれ情報が満載です! ビューティは、『アラフォーからのツヤ盛り講座』『秋のエイジング美容液』や『アラフォーのシャンコン』などリアルな美容情報を発信。 またマリソル初登場・宮館涼太さんのインタビューや、「美味しい肉の焼き方」「田辺聖子さんのことば」など盛りだくさんでお届けします。書店で、コンビニで、ぜひお早めにチェックしてくださいね!
  • アラフォーでもチェックがはきたい。「オバ見え」しない、最愛チェック!このたびの台風で被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げますとともに、一日も早く元の生活に戻ることができるようお祈り申し上げます。 ………………………………………………………………………………………………… 前々回、「黒のチュールスカート」をご紹介させていただきました。「tiptop(ティップトップ)」のお店に出向いて商品を確認しに行った際、実はもうひとつ、すごいスカートをみつけてしまったのです。欲しい衝動を抑えられなかったほど、ものすごく素敵なデザインを!▶前回の「tiptop/チュールスカート」の記事はこちら「わたしはここにいるぞ!!」と、まるで訴えかけているかのように、チュールの隣で存在感をアピールしていたのは、この大きなチェック柄のスカート。思わず手に取りました。 普通のチェックのスカートだったら、置いてあることにさえ気づかなかったかもしれません。でも、わたしが惹かれたのは「ボリューム」です!店頭に並んでいる他のスカートより、これだけ棚からあきらかにはみ出している、ふんわりとしたボリューム感。それにチェックの組み合わせが、「かわいさ」を隠しきれていませんでした↓ 「マズイ、どう考えてもかわいいぞ。」…2点買う予定はないので、できればこのスカートのマイナス点を探し出し、買わない理由をみつけたい。「デザインは素敵だけれど、このボリュームだから、きっと重いだろう」…自分を納得させるために手に取って見ると、「軽っ!!」。こんなにふんわりしているのに、意外に軽いっ。生地がポリエルテルとコットンのミックスなので、見ための重厚感に反して軽いのです! 冬のスカートでいつも思うのは、「重いと次第に使わなくなる」ということ。上質な生地を贅沢に使っているスカートはもちろん素敵なのですが、やはりロングスカートは、冬のコートの下では軽いほうが動きやすい。見ためにはかなりの高級感があるので、これはうれしいです。マイナス点を探すどころか、むしろプラスじゃんっ(泣)!!では、最後に試着をして「似合わない」と少しでも思ったらやめよう。そう思って試しに着たら、40代なのにけっこう似合う(笑)…もういいや、買う! 秋色のチェックもかなり素敵。赤系チェックと、このオレンジ系チェックの2種類があり、その場でかなり悩みましたが、今年はブラウン系の服が多いので、相性の良いオレンジにしました。 チェックに入っている色をトップスに合わせると、全体がまとまりやすくなるので、ネイビー、グリーン、ダークレッド、オレンジなどを合わせると素敵です。フェミニンを抑えるならネイビーのニット、大人かわいく着るならブラウン系を合わせるのが、40代の素敵な組み合わせかな、と思っています。 タックになったウエストもポイントが高いです。「ゴム」なので、穿きやすいということもありますが、トップスをインした時に、この太いタックのおかげで「切り替えワンピース」のようにサマになります↓ 丈が「くるぶし」まであるマキシスカートにトップスをインする時には、タートルなどの首の詰まったデザインのほうがバランスがとれます。右のニットのように、首まわりが大きく開いたものは、インしないで上からかぶせるのがいいですね!憧れのチェックのスカート。プチプラで試せるならば、こんなにうれしいことはありません!お出かけに1枚あると華やかさが増すので、秋の女子会にも最適です♪ 【Holiday1】チェック×トレンチコートでフレンチテイストに↑マキシ丈のボリュームスカートは、ロングアウターから見える感じがとても素敵。オレンジ系チェックと、ベージュのトレンチの組み合わせが、フレンチレトロな秋を感じさせます。【Holiday2】チェック×メンズニットで控えめなフェミニン ↑ざっくり編みのメンズニットなら、チェックのスカートもフェミニンが抑えられます。大きめのニットを上からかぶせると、抜けた感じのスカートコーデが完成。マキシ丈が、さらに垢抜けて見せてくれます。【Holiday3】チェック×パーカーでカジュアルスタイル↑パーカーも、気負いなくボリュームスカートが穿けるアイテムです。少し大きめだと今っぽい雰囲気ですね!GUのネイビーのメンズパーカーを、チェックに配色されているネイビーにリンクさせ、コンバースもデニムカラーで色を合わせました。 ↓折り重なるヒダが、とても上品に膨らみます。大柄なチェックでも色が深いので、派手さはなく、ほどよいフェミニンなんです♪これで5,000円台は、まさに「買い」! 「どうしてそんなにいいプチプラを掘り出せるの??」…時々聞かれることがありますが、きっとみなさんのまわりにも、素敵なプチプラはたくさんあるのだと思います。いつどこで、どんなものに巡り会うかわからないので、先入観は取っ払い、守備範囲をいつも広くしておきたいですね! ▶tiptop公式ショップ(zozotown)「大柄チェックフレアロングスカート」詳細はこちらをチェック………………………………………………………………………………………………… ★オマケのプチプラVol.66★ 「ニトリのクッションカバー」 最近急に寒くなったので、洋服も本格的に衣替えの季節ですが、そろそろお部屋も、あたたかい秋冬仕様に替えたくなる頃ですね。大がかりなことはしなくても、クッションカバーを替えるだけで雰囲気が少し変わります。「ニトリ」には、プチプラでも高見えする、素敵なカバーがたくさんあるんですよ! 今シーズン、ファーとベルベットの2点を選びました♪どちらも1,000円未満ですが、高級感に溢れたデザインなんです。大型店には種類がたくさんあり、カジュアルからハイセンスまで選択肢がいっぱい!ダークピンクのファーは、この価格なのに見ための安っぽさがなく、とにかく毛並みがフワフワでとってもなめらか。即決です!グレーのベルベットは、厚手の質感が高見えでビックリ。スベスベの手触りです。ベルベット素材がインテリアにあると、あたたかい雰囲気が出るので取り入れてみました。ファーは、動物を抱っこしているかのような心地よさ♪離せません! 家族が寝静まった頃、夜な夜な起きて、これを抱えながらゲームをやったり、韓国ドラマを見て、秋の夜長を楽しんでいるというワケです↓ウフフ♪ 寒いのは苦手ですが、あたたかいお布団で寝る時、お風呂に入る時…冬は寒い分だけ、しみじみとありがたい幸せを感じることが多くなりますね♪「二度寝」注意の時期が、いよいよやってきます! 美女組 Akane 元国内線C/A。フランス留学中にアルバイト生活でプチプラファッションに目覚め、現地でリアルな着こなしを見て学ぶ。40代が最大限おしゃれに見えるプチプラアイテムを日々発掘中。小学生2児の母。
  • アウターの上からベルトでキュッと絞るのが新潮流。付属のベルトがないものは手持ちベルトでマークして。流行の淡色ワントーンをベルトで引き締め ボリューミィなカーデのワントーンな着こなしに、ベルトが引き締め役として活躍。 カーディガン¥13000・ベルト¥7800/ビームス ウィメン 原宿(レイ ビームス) ブラウス¥4900/UNRELISH スカンツ¥2900/INGNI ピアス¥3500/ROSE BUD新宿店(SHOW SHOW SHOP) バッグ¥12000/アンビリオン(ペルケ) 靴¥19000/サン・トロペ(アルネ)ウエストマークでクラシカルなたたずまいを強調 甘配色を茶色で締めて。 ジャケット¥10800/UNRELISH ニット¥7800/ビームス ウィメン 原宿(レイ ビームス) スカート¥8900/ヒロタ(31 Sons de mode) ピアス¥3500/ROSE BUD新宿店(MACOCITY) バッグ¥16000/Jewelna Rose東急プラザ表参道原宿店 靴下¥700/Tabio(靴下屋) 靴¥14500/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ)カジュアルブルゾンもベルトつきでアプデ ミリタリーブルゾンもベルトマークすることで女らしさが高まる。 アウター¥12000/REDYAZEL ルミネエスト新宿店 ワンピース¥7900/ココ ディール 帽子¥7300/override明治通り店(arth) バッグ¥11000/Noela 靴下¥600/Tabio(靴下屋) 靴¥5800/コンバースインフォメーションセンターモデル/新木優子 渡邉理佐 撮影/岡部東京 ヘア&メイク/牧田健史(優子) 中山友恵(理佐) スタイリスト/松尾正美 構成・原文/道端舞子 web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス
  • 2019年はワザありローファーの当たり年! LEE100人隊の足元。今年は、LEE読者の定番ともいえる白シューズとともに、2大人気といえるほどの勢いがあるのが、ローファー。 コスパ系から憧れブランドまで、お気に入りを見つけて購入している様子です。 ということで、本日は8人の隊員が今年迎えたローファーに注目してみました。 1・No.100 ぽっけさん(東京都) やっぱりエナメルが好き! 秋のおじシューズ2足と衝動買いのキャップ 「基本的に1年中マストなのは、仕事のイベント時にも使えて頼れる黒のフラットシューズ。いま履いている黒エナメルが年季が入ってきたので、新たに購入。こちらはH&Mオンラインで買いました。黒エナメルは譲れないので、今度はフリンジ付きで気分転換です」 「タグ付きで鮮度抜群!100人隊の皆さんもローファー購入されてますし、今年は特に流行ってますね~☆」 2・No.066 ののこさん(神奈川県) GUのビットローファーで足元から更新 「GUを訪れたところビットローファーを発見。試しに履いてみると程よく柔らかくクッション性があり、とても歩きやすかったのでお買い上げする事にしました。もう少し明るいブラウンと、ブラックの型押しのタイプもあり迷ったのですが、出勤時に履いて行くものが欲しかったのでシンプルなブラウンのタイプを選びました(でも型押しのタイプもやっぱり気になるなー)。合皮なので雨の日も気にせずガンガン履いちゃいます」 3・No.018 なおっちさん(神奈川県) GUビットローファー 「今年はブラウンが旬カラーかな、と思ったけれど、合わせたいデニムと手持ち服のバランスを考えてブラックの型押しに……!私は普段のGUのシューズアイテムは、ほぼSサイズなのですが、今回はソックスで遊ぶことと、重ための足元にしたかったのであえてワンサイズ上げてみました。歩きやすいし、プチプラにも見えません♡」 4・No.067 はなさん(神奈川県) GUで“今年顔ブラウン”をGET!ビットローファー 「No.066 ののこさんと全く色も同じブラウン、カブり買い失礼します……!扁平足、通常足のサイズは23.5cmで、同じGUのバレエシューズならMでピッタリなんですが、こちらのビットローファーはMではキツく感じ、Lでちょうど良かったです!試着バンザイ! ビットローファーは合皮なので雨も気にならない上に高見えが有り難く(同じ合皮で同じようなデザインで他ブランドだと5000円〜とか)。GUなら2000円台で買えてしまいます!」 5・No.086 まもぴさん(千葉県) 足元から秋支度♪ADAM ET ROPE’のビットローファー! 「妥協せず、自分にぴったりのローファー探しの旅に行ってきました♪わたしがローファーに求めることは、 ・使ううちに馴染む革素材 ・マットな質感 ・ビットの部分が控えめ ・歩きやすい! 私の足は幅広で、指が長めなので、フォーマルな靴でなかなか合うものがありません。でもローファーって細身のデザインが多いんですよね。それに、硬い革で作られたローファーの方がカッチリ見えて素敵ですが、硬いと絶対痛くなっちゃうんですよね」 「目に入ったローファーを片っ端から履きまくってたどり着いたのは、ADAM ET ROPE’のローファーでした♪(7足くらい履きました~。疲れた~)牛革ですがとても柔らかく、足に優しくフィット。甲が深めなので踵もカポカポせず脱げにくく、靴下でもストッキングでもとても歩きやすいんです!甲の切り替えし?がなだらかで適度にカジュアルダウンなところも可愛い」 「早速ユニクロのアンクルパンツに合わせてみました。イチョウカラー(笑)のリネンシャツと相まって秋感!」 「LEE9月号の”お腹ぺたんこフレアスカート”のスタイリングを参考に、SIMPLICITEのカーキスカートにも。(リネンシャツは黄色と色違い)歩きやすくて早速連日で活躍してくれてます。実は靴だけで3足も買ってしまい絶賛金欠中。……お仕事頑張らさせていただきます」 6・No.082 haruさん(神奈川県) DANIELE LEPORIのビットローファー 「大流行中のビットローファー。100人隊の方もたくさん購入されていて、わたしも数年前からずっと欲しくて気になっていました。いろんなブランドから出ていて迷いましたが、LEEマルシェで購入しました」 「幅広の足に合うかどうか、届いて開けるまでドキドキしましたが、皮も柔らかくて、裏張りもされていて、安心。足を入れてみて買ってよかったと満足のお買い物に」 「これから大切に履いていこうと思います♡夏のセールから大活躍のロングスカートと合わせたり……」 「ブラウンのタイトスカートと合わせたり……」 「いつもの通勤服に合わせたり。どんな服もきちんと受け止めてくれる気がします」 7・No.011 おゆうさん(東京都) 憧れのTOD’Sのローファー 「TOD’Sのローファーを買いました」 「10年前くらいに、年の離れたいとこから、お下がりでもらったTOD’Sの茶色のローファー。スリーシーズン履けて、どんな服装にも合うのでかなり重宝しています。2代目が欲しいなと思っていました」 「今年は特にローファーが流行っていて、ブランド問わず見に行ったところ、やっぱりTOD’Sのローファーに一目惚れ」 「TOD’Sの象徴のダブルTバーが少し覆われたデザインで、主張し過ぎてなくて、フリンジ付き。ハンサムでもフェミニンな格好でも使えそう」 「裏もしっかりしていて、丈夫そう!」 「通勤にも……」 「休日コーデにも、活躍させたいと思います♪」 8・No.009 おもちさん(滋賀県) ビットローファーとやわらかインソール 「ビットローファーは数年前からいいな〜と思っていたのですが、今年は特に流行り年ですね。LEEで特集されていたこともあり、ついにゲットしました♡」 「PASCUCCI(パスクッチ)というイタリアのブランドのものです。(色違いが10月号にも掲載されていました!)私はNOLLEY’Sで購入しました♪実はファビオルスコーニのローファーに憧れがあって、試着もしてみたのですが残念ながら私の足の形には合わず(泣)。パスクッチの方が前の方にゆとりがあって幅と甲の高さが合っていました。革も柔らかくて履きやすいです。写真にはありませんが、靴裏に滑り止めがついているのも嬉しいところでした」 「革靴なので馴染むまでは靴擦れするかな……と思い、かかと用のジェルインソールもAmazonで購入。Phoenixというところのものです。レビューが良かったので」 「柔らかいジェルがかかとのパカパカを防止してくれます。貼ってはがせるタイプでベージュ、ブラック、ピンクの三色からベージュにしました。靴が黒なのでブラックでもよかったかも?」 「ペタッとくっつけて近所のショッピングモールまで行ってみましたが、心配していたかかとの靴擦れは大丈夫でした!でもやっぱり普段はスニーカーばかりなので全体的に疲れますね(笑)。中高生の頃は毎日ローファーだったのに……!」 「沢山履いてもっと馴染んでくれるといいなと思います☆」
  • 今季のローファーは、大人の着こなしに似合うしゅっと細身でスタイリッシュなデザインが数多く登場中。きちんとコーデの仕上げにはもちろん、フェミニンスタイルの外しとしてもローファー人気が高まっています。注目ブランドの新作から編集部一押しのローファー&着こなしをまとめました! オンもオフもこの秋はローファーに頼りっぱなし♡ <目次> 1.30代女子におすすめ!最旬ローファーカタログ 2.オンにもオフにも活用!30代女子ローファー秋冬コーデ見本   ※記事発信時点での情報のため、価格や仕様が変更になっている場合や、販売が終了している場合があります。 1.30代女子におすすめ!最旬ローファーカタログ トゥモローランドの黒ローファー アッパーのU字部分を限りなくフラットに見せつつ、女らしいアーモンドトゥで上品に仕上げた一足。マニッシュすぎないデザインはローファー初心者にも。¥21000/トゥモローランド(トゥモローランド) 秋の本命“最旬ローファー”を詳しく見る ル タロン グリーズのブラウンスエードローファー こっくりとしたブラウンは合わせやすいだけでなく、今っぽさもあるのが魅力。かかとを踏んでラフに履いてもOK。足にやさしいクッション入りのインソールがうれしい。¥12000/ルタロン グリーズ ルミネ新宿店(ル タロン グリーズ) 秋の本命“最旬ローファー”を詳しく見る マリオン トゥッフェのブラウンローファー 履くほどに味が出るスエードなら端正なローファーもお堅く見えない。やさしげな色合いにゴールドビットが華やかさを上乗せして。¥16000/デミルクス ビームス 新宿(マリオン トゥッフェ) 秋の本命“最旬ローファー”を詳しく見る FABIO RUSCONI for ANAYIの黒ローファー 長めのノーズとスクエアトゥで足をほっそりシャープに。つやのあるレザーがリッチ感を後押し。¥28000/エッセンス オブ アナイ(FABIO RUSCONI for ANAYI)  秋の本命“最旬ローファー”を詳しく見る NT OPENENDの黒ローファー つややかなパテントにバータイプのビットがなんとも小粋な一足。(1)¥23000/伊勢丹新宿店(NT OPENEND) 秋の本命“最旬ローファー”を詳しく見る カミナンド×ナノ・ユニバースの白ローファー おしゃれプロたちにも人気のシューズブランド・カミナンド。周りに差をつけるなら秋冬にこそ映えるクリーンな白を。¥18500/ナノ・ユニバース カスタマーサービス(カミナンド×ナノ・ユニバース) 秋の本命“最旬ローファー”を詳しく見る 銀座かねまつの千鳥格子柄ローファー シンプルな装いのワンポイントに取り入れたい、クラシカルな千鳥格子柄。モノトーン配色だからボトムの色を選ばず使える。¥18000/銀座かねまつ6丁目本店(銀座かねまつ) 秋の本命“最旬ローファー”を詳しく見る ファビオ ルスコーニのクロコ型押しローファー よりマニッシュに転ばせたいならクロコ風の型押しタイプがおすすめ。¥35000/ファビオ ルスコーニ 有楽町店(ファビオ ルスコーニ) 秋の本命“最旬ローファー”を詳しく見る BILLIBIの黒ローファー くたっとした柔らかなレザーや、かかとが踏めるバブーシュ風のデザインが快適な履き心地を約束。¥29000/ロペ マドモアゼル(BILLIBI) 秋の本命“最旬ローファー”を詳しく見る トッズのレオパード柄ローファー 甲の一部をゴールドメタルで仮面のように表現した「メタルマスク」シリーズをフィーチャー。アニマル柄とパテント素材が辛口モードな一足。¥106000/トッズ・ジャパン(トッズ) 秋の本命“最旬ローファー”を詳しく見る オデット エ オディールの型押しローファー ハンサムな型押しに大きめのビットがアクセント。ヴィンテージライクな一足が使える。¥20000/オデット エ オディール 新宿店(オデット エ オディール) 秋の本命“最旬ローファー”を詳しく見る ファビオ ルスコーニの黒ローファー しなやかなレザーが足にフィット。履き回しやすいオーソドックスなデザインも今季は細身を選んで。¥25000/エリオポール代官山(ファビオ ルスコーニ) 秋の本命“最旬ローファー”を詳しく見る ストラの黒ローファー ゴールドのホースビットや控えめなスクエアトゥがアクセントになったプレーンな黒ローファー。ボトムを選ばず万能。¥16000/ストラ 秋の本命“最旬ローファー”を詳しく見る 2.オンにもオフにも活用!30代女子ローファー秋冬コーデ見本 ローファーのマニッシュな持ち味を生かしてきりっと知的な通勤スタイルに プレーンな黒のローファーがチェックジャケットが主役の、きちんと感あふれる着こなしをハンサムに引き立てる。¥16000/ストラ ジャケット¥43000・パンツ¥22000/デ・プレ ブラウス¥11000/ラグナムーン ルミネ新宿 バッグ¥47000/トゥモローランド(カルボッティ) イヤリング¥27000/シップス 有楽町店(グリン) 時計¥40500/オ・ビジュー(ロゼモン) 秋の本命“最旬ローファー”を詳しく見る 足になじむスリムなローファーでレディな休日コーデに自然な抜け感を 細身の一足は、カーディガン×スカートの女らしい週末スタイルにもマッチ。夏まではスポサンやスニーカーでカジュアルダウンしていたけれど、秋はローファーでシックに更新。靴¥16000/ストラ カーディガン¥33000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) Tシャツ¥1000/ユニクロ(ユニクロ ユー) スカート¥19000/ティアラ イヤリング¥11000/デミルクス ビームス 新宿(ベベ) バッグ¥62000/アマン(ア ヴァケーション) 秋の本命“最旬ローファー”を詳しく見る 黒のソックスで色をつないでボクシーなニットワンピをバランスよく ゴールドのビットつきなら、ニットワンピのきれいめなムードにもフィット。ほっそりとしたシルエットだから、フェミニンな着こなしにも自然になじむ。靴¥16000/ストラ ワンピース¥40000/デミルクス ビームス 新宿(ロベルトコリーナ×デミルクス ビームス) ネックレス¥43000/ハルミ ショールーム(コールムーン) バッグ¥52000/アマン(エレメ) 時計¥28000/オ・ビジュー(ロゼモン) ソックス¥600/ブロンドール 新丸の内ビル店(17℃) 秋の本命“最旬ローファー”を詳しく見る スウィンギンなフェミニンスカートをローファーが程よく引き締めて 揺れるプリーツスカートにはパンプスよりローファーで辛さをミックスするのが今年の気分。チェックと相性のいいビットつきのブラウンローファーなら着こなしに立体感が生まれ、こなれ感アップも狙えそう。ヒールに厚みがあるから身長底上げも。靴¥48000/フラッパーズ(ネブローニ) スカート¥19000/ルージュ・ヴィフ ラクレ ルミネ新宿店(ルージュ・ヴィフ) ニット¥34000/スローン コート¥110000/カオス丸の内(カオス) バッグ¥16800/ショールーム セッション(ヤーキ) 靴下(2足セット)¥2400/RHC ロンハーマン(ブルー フォレ) 秋の本命“最旬ローファー”を詳しく見る ブレイク必至のジャケパンセットアップにはハンサムなローファーが似合う ジャケットとパンツのセットアップがこの秋のブレイクの兆し。マニッシュな持ち味のローファーをさらっと合わせて知的でクールな着こなしを完成させて。秋に着る軽やかな色を足元の黒が引き締め。靴¥16000/ル タロン グリーズ ルミネ新宿店(ル タロン グリーズ) ジャケット¥84000・パンツ¥59000・Tシャツ¥10000/ロンハーマン バッグ¥42000/ショールーム セッション(オーエーディー ニューヨーク)  秋の本命“最旬ローファー”を詳しく見る 迫力のレオパード柄コートを足元でさらりと大人にまとめて トレンドのレオパード柄コートをまとうなら、足元は端正な表情のローファーが好バランス。ゴールドのホースビットがさりげないアクセントになった黒ローファーが主役のコートを引き立ててくれる。靴¥ 32000/デミルクス ビームス 新宿(ジャラン スリウァヤ)コート¥320000・パンツ¥210000/マディソンブルー カットソー¥11000/エイトン青山(エイト ン)  秋の本命“最旬ローファー”を詳しく見る チョコレートブラウンのローファーでワントーンコーデの仕上げを こっくりとした濃いめブラウンのブラウスと赤みブラウンのレーススカート。ブラウン濃淡でまとめる日は、足元も黒よりブラウンを。濃厚なチョコレートブラウンのローファーで着こなしが小粋な雰囲気に。靴¥17000(ルージュ・ヴィフ)・スカート¥23000(フォンセ/ルージュ・ヴィフ)/ルージュ・ヴィフ ラクレ ルミネ新宿店ニット¥12000/シュガー・マトリックス(ストロベリーフィールズ) 肩に巻いたカーディガン¥15000/SANYOSHOKAI (ブルーレーベル・クレストブリッジ)  ピアス¥28000/ショールーム セッション(モダン ウィーヴィング) バングル¥16000(アンセム フォー ザ センセズ)・バッグ¥64000(エレメ)/アマン 秋の本命“最旬ローファー”を詳しく見る 艶めくブラウンローファーで都会的なレディスタイル ブラウンのTシャツ、ブラウンのスカート。同色でまとめた着こなしに艶のあるローファーがアクセントになって、一歩先ゆくモダンな女らしさが手に入る。靴¥48000/エリオポール代官山(サンダース) ニット¥15000/カレンソロジー 新宿(ハーレー オブ スコットランド) Tシャツ¥4800/ザ ヴァージニア ルミネ有楽町店(ザ ヴァージニア) スカート¥28000/ebure ショルダーバッグ¥68000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) バッグ¥85000/アマン(ザネラート) メガネ¥44000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス¥36000(ソフィーブハイ)・リング¥24000(アニカイネズ)/トゥモローランド  秋の本命“最旬ローファー”を詳しく見る 休日カジュアルにはシンプルなブラウンローファーがなじむ ボーダートップスにカーディガンを肩掛けした休日カジュアルはシンプルローファーで足元をすっきりとした印象に。スニーカーよりシックなローファーでラフスタイルを更新。靴¥9500/ル タロン プリュ 有楽町マルイ店(エミリ×ル タロン) カットソー¥11000/ゲストリスト(ルミノア) ニット¥16000/フィルム(ソブ) パンツ¥17000/ユナイテッドアローズ 有楽町店(ユナイテッドアローズ) ピアス¥1600/ゴールディ バングル¥1600/ゴールディ  バッグ¥33000/コード(ヴァジック) 秋の本命“最旬ローファー”を詳しく見る レオパードバッグとローファー、旬小物でデイリーコーデを格上げ モヘアカーディガンとデニム、休日にぴったりのリラックスカジュアルはレオパード柄バッグやローファー、秋の人気小物で旬度を高めて。辛口なレオパードバッグとローファーは相性抜群。コンビで出番が増えそう! 靴¥9500/ル タロン プリュ 有楽町マルイ店(エミリ×ル タロン) カーディガン¥26000/ラヴァンチュール マルティニーク ブラウス¥3990/AG バイ アクアガール デニム¥17800/ヒステリックグラマー 時計(フェース)¥24000・(ストラップ)¥5500/ノジェス イヤリング¥1800/ゴールディ バッグ¥12800/キャセリーニ(ル・ベルニ)  秋の本命“最旬ローファー”を詳しく見る ミルクティーニットを足元の黒ローファーで印象引き締め、ハンサムに クリーミーなミルクティーニットとマスタードイエローのパンツ。感度の高いこんな組み合わせは印象が引き締まる黒ローファーを合わせて。靴¥23800/シンゾーン ルミネ有楽町店(カミナンド) ニット¥45000/ピーチ(ラスパイユ) パンツ¥25000/アナイ サングラス¥34000/モスコット トウキョウ(モスコット) ピアス¥18000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル) バッグ¥100000/ウィム ガゼット ルミネ新宿店(ヘイワード)  秋の本命“最旬ローファー”を詳しく見る チャーミングなピンクパンツを黒ローファーでほどよくビターに ダークブラウンのニットと鮮やかなピンクパンツのコーディネート。今年ならではの配色は足元の黒でほどよくビターにシフト。大人の可愛げスタイルに昇華して。靴¥26000/ガリャルダガランテ 表参道店(ガリャルダガランテ) ニット¥32000/エイトン青山(エイトン) パンツ¥17000/ルーニィ イヤリング¥21900/セシル・エ・ジャンヌ バッグ¥53000/アマン(ア ヴァケーション) 秋の本命“最旬ローファー”を詳しく見る
  • こんにちは!ノンノカワイイ選抜No.73西愛梨です(*´꒳`*) 今回は、新しくゲットしたおススメチークを紹介します! 《CEZANNEの秋の新色チーク❤︎》いつも同じチークを使っていたけど、秋になったので濃いめのシックなカラーを見かけ、気になって買ってみました❤︎ 新作チークを出す化粧品ブランドは多いけど、その中でもセザンヌはプチプラだから手が出しやすい(*´꒳`*) なんと 1つ360円!!!!!(°▽°)✨ この値段ならJKでも買いやすい値段です! 《使いやすいキュートな秋色❤︎》色がとっても可愛い〜! 16番は、パープル!ぶどうみたいなカラーで、ブルベさんに特に合いそうです❤︎青みのあるリップに合わせると本当に可愛いです 17番は、ブラウン!これは普通のチークより一段と大人っぽく見える(*´∀`*)✨カッコイイめの秋コーデにぴったりです!赤リップと合わせると可愛いです❤︎ 《付けてみた色味を動画でチェック❤︎》付けた色味がよくわかるように、動画にしてみました(^-^) ぜひ見てみて下さい❤︎ とっても可愛いです(*´꒳`*) ୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧ 最後まで読んで頂きありがとうございました♡(*´꒳`*)SNSもチェックして頂けると嬉しいです! カワイイ選抜No.73 西愛梨 ▶︎Instagram▶︎twitter୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧カワイイ選抜 No.73 西愛梨のブログ
  • ノンノ12月号の表紙は新木優子♡ 表紙撮影のオフショ動画を公開!10月19日発売ノンノ12月号は、新木優子が目印。通常版とコンパクト版で2パターンのゆんぴょが楽しめちゃう♡ どちらもエモすぎる優子から目が離せない! 表紙撮影の裏側からトレンドがわかるインタビューまで、盛りだくさんでお届けするよ。   ‪今月号は最旬のニット情報がたっぷり♡ 巻頭カバーストーリー「優子主演♡ニットを着るなら"エモいほう"」では、優子が30着のニットを着回し! 西野七瀬のシンプルニットのおしゃれアイディアや、馬場ふみかのニットベストを可愛く着る方法など、今季押さえておきたいトレンドがまるわかり★ そのほか、欅坂46の仲よしコンビ・平手友梨奈さんと渡邉理佐の「ここだけのハナシ」や、ドラマ『モトカレマニア』で共演中の高良健吾さんと新木優子の撮影秘話などもお見逃しなく!
関連キーワード

RECOMMEND