リップ大賞を手にしたのは? 今すぐチェック!【20歳からの神コスメ大賞2018年下半期】

non-no Web
平成最後の♡
ベストコスメ&スキンケアが決定!

2018下半期
20歳からの神コスメ大賞

素敵なコスメに心を奪われたこの秋冬♡ なかでもオススメの逸品を、美のプロが厳選!

 メイクアップ部門 

間違いなく可愛くなれる♡

リップ大賞

ワンピース¥12000/dazzlin イヤリング¥2650/CHIPPI&CUU

シャネル

ルージュ アリュール リクィッド パウダー 960

¥4200/シャネル カスタマーケア


まるでマシュマロみたいな唇に♡

新質感で話題沸騰。


 COMMENTs 

「パウダー特有の"ぽわっ"とした色づきはこのリップならでは! マット初心者さんでもつけこなせ、ワンランク上のおしゃれ感も」(美容エディター 小川由紀子さん)


「960番はまさに今季のレッド。肌なじみ抜群」(ヘア&メイク KUBOKIさん〈Three PEACE〉)


ディオール

ルージュ ディオール ウルトラ ルージュ 999

¥4200/パルファン・クリスチャン・ディオール


誰もが好きな赤! 顔色まで美しく見える

大胆な発色とサテン マットな質感に人気集中!


 COMMENT 

「インパクト大な色なのに、肌なじみがよく、顔色がトーンアップして見える! 塗り心地のなめらかさ、キープ力の高さも素敵です」(ヘア&メイク paku☆chanさん〈Three PEACE〉)




ヴィセ アヴァン

リップスティック 004

¥1600(編集部調べ)/コーセー


抜け感を楽しめる今っぽブラウンの代表格

2018年に全20色が一気にお目見え! コスパも最強な神リップ。


 COMMENT 

「なめらかな塗り心地で、発色もよく、ブラウンのカラーがおしゃれな抜け感を演出してくれます。少しこじゃれた雰囲気を出したい日に」(ヘア&メイク Georgeさん)




2ページ目でリップティント・リップニュアンサー・

▼ リキッドルージュの大賞をチェック!

 メイクアップ部門 

色もち×今ドキ質感で進化中

リップティント大賞

イヤリング¥3695/アビステ

レブロン

キス クッション リップ ティント 200

¥1300/レブロン


おしゃれ感抜群な"半熟リップ"

潤いオイル配合でカサつかないところも◎!


 COMMENT 

「今までにない質感で一気にこなれます! ポンポンとタップするようにつけると、しっかり色が定着するのにとろりとなめらかな半熟リップに。200番は、赤みとブラウンみのあるベージュでかなりのおしゃれ見え!」(美容ライター 浦安真利子さん)




 メイクアップ部門 

唇に重ねてイメチェン

リップ ニュアンサー大賞

ニット¥14000/フィルム(ソブ)イヤリング¥4862/アビステ

ロレアル パリ

シャインオン ホロシャインコレクション 929

¥2000(編集部調べ)/ロレアル パリ


繊細パールがきらめくユニコーンカラー♡

抜群のおしゃれ感も兼ね備えたカラー。


 COMMENT 

「最初は"どんな色になるんだろう?"と思うかもしれないけれど、繊細パールととろみのあるテクスチャーで唇になじみ、ぷっくり立体的に♡ 1本でも、他のリップに重ね使いしてもOK」(ヘア&メイク 河嶋希さん〈io〉)




 メイクアップ部門 

潤いも女度も高まる

リキッドルージュ大賞

ニット¥3990/REDYAZEL ルミネエスト新宿店 メガネ¥12000/JINS

エレガンス

リクイッド ルージュ ビジュー 02

¥3500/エレガンス コスメティックス


色っぽ感を盛りたい日に 迷わず選ぶ1本!

ベタつかず潤いに満ちた色っぽリップが完成。


 COMMENT 

「ぬれツヤ感で、大人っぽさも女らしさも♡ みずみずしいテクスチャーながらしっかり色づき、抜け感メイクに最適。カジュアルオレンジの02番ならヘルシーさもプラスできます」(non-no美容担当 編集H)




20歳のカワイイを知り尽くした最強審査員!(五十音順)〉

美容ライター 浦安真利子さん

美容エディター 小川由紀子さん

ヘア&メイク 河嶋希さん(io)

ヘア&メイク 北原果さん

ヘア&メイク KUBOKIさん(Three PEACE)

ヘア&メイク Georgeさん

美容ライター 通山奈津子さん

ヘア&メイク 中山友恵さん(Three PEACE)

ヘア&メイク 野口由佳さん(ROI)

美容ライター 野崎千衣子さん

ヘア&メイク paku☆chanさん(Three PEACE)

ヘア&メイク 林由香里さん(ROI)

美容ライター 松井美千代さん

トータルビューティアドバイザー 水井真理子さん

美容エディター 森山和子さん

美容コーディネーター 弓気田みずほさん

non-no美容担当 編集K・編集H

2019年2月号掲載

▼ 関連記事もチェック!

リップ主役のメイクが気分の今、みんなが塗りたいのは"濃い色"♡ 色落ちや乾き感、塗り方の難しさなど、冬&濃い色ならではの問題をまるごと解決して、可愛さMAXの今っぽリップを叶えよう!
色よし、質感よし、そしてお財布にも優しいコスパコスメ。ノンノ読者に人気のキャンメイクで"今とにかく売れてる"間違いなしのコスメはコレ!
クリスマスといえば、今しか手に入らない人気ブランドの限定コスメの季節♡ 普段も、イベントのある特別な日も、最旬なコスメで最高の顔になる!【シャネル編】
モデル/鈴木優華 多屋来夢 撮影/神戸健太郎(モデル) 橋口恵佑(物) ヘア&メイク/河嶋希(io) スタイリスト/松尾正美 構成・原文/通山奈津子 web構成/篠有紀 web編成/レ・キャトル 撮影協力/アワビーズ
関連記事
  • 暑い季節にシャツを着るなら、リラックスした気分で取り入れたい。たとえばボタンを外したり裾を結んだりしてラフに着崩したり、アロハシャツや開襟シャツをスマートに着こなしたり。世界のストリートスナップから、スタイリングテクニックを盗もう!バズカットでクールに着こなす、チェック・オン・チェックPhoto by Christian Vierig/Getty Images ビッグサイズのシャツをラフに着た女性。裾を結んでシルエットを調整し、細身のパンツとレイヤード。ピッチの異なる2種類のチェック柄を重ねた。足もとはサンダルやパンプスではなく、白いショートブーツを合わせてエッジを効かせて。モダンな大ぶりのイヤーアクセサリーが、バズカットにフェミニンな印象をプラス。胸下のボタンを開け、おなかをのぞかせてPhoto by Christian Vierig/Getty Images イエローの長袖シャツを着た、スタイリストのマリア。胸から下のボタンを全て外して、ワイドパンツへとつながるAラインのシルエットをつくった。ハイウエストパンツとシャツの隙間からさりげなくのぞく素肌に、抜け感が漂って。パンツとシャツ、どちらも光沢のある素材を選んでいるので、リラックスしつつも都会的なムードをキープ。グリーンのミニバッグやパイソン柄のシューズも効果的だ。開襟シャツをジャケット代わりに羽織ってPhoto by Vanni Bassetti/Getty Imagesプラダのシャツを羽織ってジャケットのように取り入れた、インフルエンサーのアリス。インは黒いブラのみで、リラックス感とともにセンシュアルなムードを演出した。シルバーのチェーンネックレスや細いストラップのハイヒールサンダルで、リラックスしすぎない都会的な雰囲気をキープして。夏らしいスタイリングに、あえてモコモコしたファーバッグを合わせているところにも注目を。柄シャツの裾をフロントで結んでコンパクトにPhoto by Claudio Lavenia/Getty Images オリエンタルな柄のシャツを着たモデル。フロントで裾を結んでおなかを見せるテクニックは、今シーズンのストリートで人気のスタイリング・ティップスだ。マスタードイエローのパンツは、シャツに描かれたトラのイラストと色みが揃っているのでまとまって見える。襟元のボタンはしっかり留めて、イージーになりすぎないように調整している。ロールアップ&ブラウジングで動きを出してPhoto by Vanni Bassetti/Getty Images ラフ シモンズのストライプ柄シャツを着崩した女性。シンプルに羽織るのではなく、袖をロールアップしたり、ディオールのベルトバッグでブラウジングしたりすることで、ニュアンスを出した。アシンメトリーなヘムラインのバンダナ柄スカートも含め、イレギュラーで動きのあるシルエットを生み出した。シャツのインに着た白いTシャツやスニーカーで、カジュアル&スポーティなムードをプラス。大人のムードで着こなすアロハ風シャツPhoto by Christian Vierig/Getty Images モーダ・オペランディのコーファウンダー、ローレン・サント・ドミンゴをキャッチ。シルエットや柄はアロハシャツ風だが、ビーズ刺繍がほどこされて輝きを放つシャツで、あくまでリュクスなムードをキープ。パンツやサンダル、クラッチバッグは黒で統一し、インパクトのあるシャツをシックに取り入れた。ゴールドのピアスやウォッチ、光沢のあるパンツの生地感に、大人のムードが漂って。裾を後ろで結んでヘルシーな「ヘソ出し」をPhoto by Edward Berthelot/Getty Images ビッグサイズのシャツの裾を結んで、クロップトトップスのようなシルエットで取り入れた女性。裾をフロントで結ぶのではなく、バックで結んでいるのがユニーク。デニムパンツとシャツの間から見えるウエストがヘルシーだ。パンツの超ワイドなシルエットやシャツのピンストライプ柄など、マニッシュなムードのアイテムが、ウエストを見せることでフェミニンに変身している。タイダイ染めシャツにハードなネックレスをオンPhoto by Vanni Bassetti/Getty Images注目のタイダイ染めを、シャツで取り入れたモデル。モノトーンのタイダイ染めは、夏はもちろん秋になっても使えそうなシックな雰囲気が漂う。フロントで裾を結んで、コンパクトに着た。可愛らしい印象のパフスリーブとハードなスタッズネックレスのギャップに、彼女の個性が感じられる。水色のバケットハットとミニスカートに、フレッシュなムードが漂って。柄シャツの裾を、片側だけパンツにインPhoto by Timur Emek/Getty Images 鮮やかなブルーのヘアカラーが目を引く、インフルエンサーのマーガレット。アースカラーの開襟シャツは、左側だけ裾をタックインして抜け感を演出。Vネックラインからのぞくネックレスやストラップパンプスなど、リュクスなムードのアイテムを合わせてスタイリングを引き締めた。パンツはチノやデニムではなくレザー調の素材を選んで、カジュアル感を抑制して。 text : Chiharu Itagaki
  • 夏メイク、薄すぎて損していませんか?すっぴん風は夏老けのもと。涼を呼ぶきちんとメイクを!かつてナチュラルメイク全盛時代を過ごし、薄すぎ? 地味? と薄々気づいていても、メイクを濃くできないマリソル世代。「ちょうど盛り」の伝道師、小田切ヒロさんに薄すぎメイク脱出策を教わった。ヘア&メイクアップアーティスト 小田切ヒロさんヘア&メイクアップアーティスト 小田切ヒロさん「きちんとメイクは、決して厚づきではない」と小田切さん。 アイテムを細かく使い分けることで、猛暑でもくずれず、盛ることができる! 小田切ヒロさんが提案!薄すぎ脱出!の勘どころ 1.全盛りメイクはオバ顔のもと!盛りと抜きをバランスよく!しっかりメイクといっても全部を濃くするのは厳禁! 盛るところ、抜くところを覚えよう。2.ベースコスメはひとつですませようとしない! 薄すぎ脱出の第一歩はベースメイク。色つき下地やBBだけではきちんとメイクには見えません!3.パーツメイクは輪郭はっきり! 目もと、口もとのポイントは「エッジ」。あいまいになりがちな輪郭をはっきりさせると、キリリと素敵な大人顔に。【ベースメイク編】アイテムの使い分けでくずれにくく、メリハリ顔に!☆これを使用1.ひと塗りで毛穴レスなスムース肌に。テカリを抑えてサラッとマットな肌が持続。シリコンフリーで、毛穴づまりが気にならない。ミネラルポアレススティック¥2,500/エトヴォス 2.みずみずしさと透き通った感がアップする下地。ほのかにベージュみを帯びているが、肌にのばすと無色透明に。クリアカバー リキッドベース 30㎖¥7,500/アンプリチュード 3.中央のサーモンピンクが、クマカバーに最適。ミネラルコンシーラーパレットSPF36/PA+++¥4,500/エトヴォス 4.軽いつけ心地なのに、頰の赤みやシミ、キメの粗さをしっかりカバー。ツヤ肌仕立て。ナチュラルラディアント ロングウェア クッションファンデーション SPF50/PA+++ レフィル¥5,000・ケース¥1,300/NARS JAPAN 5.テカリを抑え、清潔感が持続。狙ったところに粉を打てる、付属の薄い平筆が秀逸。リタッチ プレスト パウダー 02¥6,500/SUQQU 6.みずみずしいツヤで肌をパンプアップ。ボーム  エサンシエル スカルプティング¥5,500/シャネルBase:1 まずは毛穴埋め小鼻、頰の毛穴ゾーンにポアカバーを毛穴をスムースにする下地1は、ベースメイクの最初に使用。小鼻、鼻の頭、頰の毛穴が目立つところだけに塗り、指の腹でフィットさせる。Base:2 下地は顔全体に手のひら全体で押さえづけ2を大きめのパール粒大取って、手のひらにのばし、顔全体を包み込むように押さえづけ。カットソー¥9,000/ストックマン(オットダム) Base:3 コンシーラーはクマの「フチ」のみあえてクマ全体をカバーせず「抜く」3の中央のサーモンピンクでクマをカバー。まつ毛ギリギリまで塗らず、クマの「フチ」だけになじませる。クマをあえて残して、シャドウっぽく。 Base:4 クッションファンデを押さえづけ顔の中心から外側に向けてスタンプ4を使い、3でカバーした部分の下あたりの頰から、外側に向かってスタンプづけ。額も中央から外へ。すべらせないのがきちんとカバーのコツ。Base:5 フェイスパウダーは必須眉と、眉間の「チビT」、まぶた、鼻の側面にフェイスパウダーを省略する人が多いが、夏は必須。ただし、メイクくずれが気になる箇所のみ。ピンポイント攻めできる5が便利。Base:6 ハイライトはへこみのみにへこんだ影を膨らませるようにハリを出す6のハイライターを指に取り、目と目の間の鼻すじの一番低い部分、こめかみになじませる。ここに光を「盛る」ことで、メリハリと肌のハリ感が出て、いきいき感がアップ。【Marisol 7月号2019年掲載】撮影/八木 淳(SIGNO/人物) 久々江 満(物) ヘア&メイク/小田切ヒロ(ラ・ドンナ) スタイリスト/程野祐子 モデル/樹神 イラストレーション/ユリコフ・カワヒロ 取材・文/小田ユイコ
  • 毎日がんばっている自分へのご褒美として、いつも身に着けていられるジュエリーを購入してみませんか? 40代にふさわしいご褒美ジュエリーをご紹介します。【目次】 ①おしゃれプロが一目ぼれしたジュエリーはコレ! ②ご褒美ジュエリーの狙い目は「効かせバングル」 ③2019年夏・おしゃれプロの手もとスナップがお手本!①おしゃれプロが一目ぼれしたジュエリーはコレ!■シャネルのファインジュエリーシャネルを代表するファインジュエリー「カメリア コレクション」から、センターにダイヤを一粒あしらったピンクゴールドのシリーズが登場。「シンプルな着こなしにカメリア コレクションをひとつだけ身にまとう、そんな大人の女性が今年の目標です」と編集長イシダ。 ネックレス¥272,000・イヤリング¥522,000・リング¥254,000(すべてK18PG×ダイヤモンド)/シャネル(シャネル)▶ シャネルのファインジュエリー 詳細はこちら■ティファニーのブレスレットとリングTのモチーフが連結したグラフィカルで構築的なデザインが特徴の「ティファニーTトゥルー」。力強く洗練されたデザインはパートナーとおそろいも素敵。「モダンでしゃれた洗練デザインはシーンを超えて活躍してくれそう。ブレスとリングのどちらも狙ってます!」と編集長イシダ。 ワイドリング(K18YG)¥178,000・ナローリング(K18WG)¥112,000・ナローブレスレ ット(K18RG)¥635,000/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー) ▶ティファニーのブレスレットとリング 詳細はこちら■タサキのピアスTASAKI COLLECTION LINEの「キネティック」は、デザイナーのタクーンによるモダンで繊細な魅力が光る逸品。フープの中にパールが揺れるシンプルながら印象的なデザインは、宇宙の神秘や星のめぐりなどロマンティックな物語も感じさせる。「立体的で動きを感じるモダンさにひと目惚れ。鮮やかなピンクのリップにヘアをタイトにまとめてつけたい!」とスタイリスト辻 直子さん。 ピアス(K18YG×あこや真珠)¥330,000/TASAKI▶タサキのピアス 詳細はこちら■マグノリア トゥエルブのリング「ざっくりとした冬のニットに色石のジュエリーをさりげなく。そんな大人のムード漂うコーディネートに仕上げたい」とスタイリスト福田亜矢子さん。旅を愛する日本人デザイナーが世界各地で出会った希少性の高い貴石や半貴石の個性を生かして作り上げた、世界でひとつだけのジュエリー。シックで辛口なムードが大人にぴったり。 リング(右)(オレンジムーンストーン×K18YG)・(左)(ブラックスターダイオプサイト×K18YG)各¥270,000/バーニーズ ニューヨーク(マグノリア トゥエルブ)▶マグノリア トゥエルブのリング 詳細はこちら■ハムのリングスタイリスト松村純子さんのひと目惚れは、ハムのリング。どこから見てもパールが楽しめるよう球体の真ん中より下にセッティングされた大き目のブラックパールとシルバーのリングで指輪ひとつでモードな手もとが完成する。 リング(K18WG×BD×Black lip pearl)¥186,000/ハム 伊勢丹新宿本店(ハム ▶ハムのリング 詳細はこちら■ザ・キッス センチュリオンのリング「自分が手もとを眺めてアガるジュエリーを見つけました!」とスタイリスト大沼こずえさんがひと目惚れしたのが、ザ・キッス センチュリオンのフルエタニティリング。重ねづけしやすいのも嬉しい。ダイヤモンドのフルエタニティリング。 リング(右)(Pt950×Dia)¥170,000・(左)(K18YG×Dia)¥160,000/THE KISS カスタマーセンター(ザ・キッス センチュリオン)▶ザ・キッス センチュリオンのリング 詳細はこちら■チャン ルーのストーンつきバングルスタイリスト池田メグミさん推薦 「マットゴールドの質感にカラーストーンがさりげなく。少しずつ買い足して、レイヤードを楽しみたいです」。バングル各¥26,000/チャン ルー ジャパン ショールーム(チャン ルー)▶チャン ルーのストーンつきバングル 詳細はこちら■マリハのムーンストーンリングエディター坪田あさみさん推薦 「軽くてつけ心地がよく、華奢で女らしいので、最近はここのリングばかり愛用しています。次はまろやかな白いストーンを狙っています」。リング¥196,000/ショールーム セッション(マリハ) ▶マリハのムーンストーンリング 詳細はこちら②ご褒美ジュエリーの狙い目は「効かせバングル」■ヴァレンティノ ガラヴァーニのブレスレットひとつで、重ねて、シェアしてと辛口スタッズは楽しみ方も自在。スタッズの大きさやカーフスキンの色によって、表情がまったく異なるのが魅力。長さが調節できるベルトタイプなので、男性とシェアしやすいのもうれしい。 バングル(右から)¥24,000・¥24,000・¥33,000/ヴァレンティノ インフォメーションデスク(ヴァレンティノ ガラヴァーニ)▶ヴァレンティノ ガラヴァーニのブレスレット 詳細はこちら ■ティファニーのバングルシルバーのクールな輝きを大胆に重ねて、モダンな手もとに。「ボーンカフ」と「ハードウェア」のラップブレスレット、主役同士のレイヤードもシルバーなら決して行きすぎない。 バングル¥131,000・ブレスレット¥165,000/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー) ハット¥37,000/ボルサリーノ ジャパン(ボルサリーノ) ワンピース¥68,000/ebure▶ティファニーのバングル 詳細はこちら■エルメスのブレスレットシンプルな中にも乗馬のモチーフが光るエルメスらしい逸品。エルメスの乗馬用の鞍についている鋲「クルー・ド・セル」をモチーフにしたブレスレット。レザー×メタルというちょっぴり無骨な組み合わせ、太幅のデザインがかえって腕を華奢に見せ、女らしさを引き立ててくれる。 ブレスレット¥102,000・ピアス¥108,000/エルメスジャポン(エルメス) ブラウス¥34,000/オーラリー▶エルメスのブレスレット 詳細はこちら ■ボッテガ・ヴェネタのハングルブランドの新たな魅力が味わえるミニマルで洗練されたゴールド。上質なレザーグッズのイメージが強いボッテガ・ヴェネタで、ひときわ新鮮に映るゴールドプレートのバングル。究極にシンプルでありながら、ドアノッカーを思せるデザインでその存在感は圧倒的。 バングル¥128,000/ボッテガ・ヴェネタ ジャパン(ボッテガ・ヴェネタ)▶ボッテガ・ヴェネタのハングル 詳細はこちら③2019年夏・おしゃれプロの手もとスナップがお手本! ■ディオールのリングとフィリップオーディベールのバングルフリーランスPR 栗原佐知子さん Ring:ディオール(右手人さし指) Bangle:フィリップオーディベール 「数多くをレイヤードするよりも、大ぶりなものをアシンメトリーに少量つけるのがマイブーム。クールな地金系を中心に、ステラハリウッドのカラーストーンリングで女らしさを底上げ」▶ディオールのリングとフィリップオーディベールのバングル 詳細はこちら ■ショパールとティファニーのリング美女組No.90 miwakoさん Ring:ショパール(薬指ゴールド)、ティファニー(薬指プラチナ)  Bangle:メゾンボワネ(右手首)  Bracelet:ジュールクチュール(左手首) 「ジュールクチュールのブレスレットはシンプルながら立体的なデザインがお気に入り。カジュアルコーデに合わせたらほっこり防止に。ドレスアップ時にも映える華やかさも魅力です」 ▶ショパールとティファニーのリング 詳細はこちら ■ヌエールのリングとプラージュのバングル美女組No.164 kanaさん Ring:ヌエール(右手薬指、左手中指)  Bracelet:プラージュ(右手首) 「ベースはコンサバ派なのですが、手もとでアクセントをきかせるのが好きです。ちょっとデザインがきいたリングを、ややアンバランスにつけてメリハリを足しています」 ▶ヌエールのリングとプラージュのバングル 詳細はこちら ■ララガンとエルナンエルデスのリングエディター 野崎久実子さん Ring:ララガン(右手人さし指)、エルナンエルデス(右手薬指、左手小指) Bracelet:フミカウチダ(左手首上) 「以前は手首に盛りがちでしたが、そのバランスがリングに変化。エッジのきいたかなりゴツめデザインが好みです。シルバーのバングルのようにヴィンテージもチェックします▶ララガンとエルナンエルデスのリング 詳細はこちら※( )内の数値は縦×横×マチで、単位はcmです(編集部調べ)
  • 美容のプロたちの間で2019年注目を集めたコスメとは? 今っぽいピンクメイクにしてくれるアイシャドウや、肌なじみの良いティントリップ、不器用さんでも安心なにじみにくいアイライナーなどなど、この夏はプチプラコスメで夏メイクを盛り上げよう! 答えてくれたのは… 千吉良恵子さん(ヘア&メイク)、河嶋 希さん(ヘア&メイク)、Georgeさん(ヘア&メイク)、森山和子さ(美容エディター)、石橋里奈さん(美容ライター)、平 輝乃さん(美容エディター)、岡田知子さん(ヘア&メイク)、KUBOKIさん(ヘア&メイク) 〈華やかさと色気を約束するで賞〉 コーセー ヴィセ リシェ マイヌーディ アイズ BE-5 ¥1200 ほんのりピンクのニュアンスがオフィスOKな華やぎと色気をプラス(ヘア&メイク 千吉良恵子さん) (千吉良)日本人に似合う、目を大きく見せるブ ラウンやベージュを研究し尽くしたようなパ レット。一見ベーシックななかに、華やかさと色っぽさが潜ませてある、オフィスミュー ズカラー。¥1200(編集部調べ) 〈不器用さんでも簡単に描けるで賞〉 資生堂 インテグレート スナイプジェルライナー (シャドウタッチ)RD550 ¥950 太めの軟らか芯でシャドウとライナーのいいとこ取り! (ヘア&メイク 河嶋 希さん) (河嶋)するする描きやすく、繊細にも太くも簡単。汗や皮脂にも強くにじみにくいので、アイラインが苦手な人にも試してほしい。色っぽいボルドーがおすすめ。¥950(編集部調べ) 〈ストレスフリーな描き心地で賞〉 井田ラボラトリーズ キャンメイク クリーミータッチ ライナー 03 ¥650 なめらか、くっきり、にじまない締めつつ女っぽいブラウンが絶妙(ヘア&メイク Georgeさん) (George)きわまでスルスルスムースに描きやすい、1.5㎜の極細芯。芯の硬さがちょうどよく、ピタッと密着してくれて、落ちない! 引き締めつつ、やわらかい印象になるカラバリも絶妙。¥650 〈大人のピンクメイクに開眼したで賞〉 Clue フーミー アイシャドウパレット sunset pink ¥1230 ブリックオレンジと組み合わせたコンサバにならないピンクに感動(美容エディター 森山和子さん) (森山)「ピンクビギナーの私にも安心感を与えてくれるブリックオレンジとの組み合わせが、さすがのしゃれ感。30代にも似合うほどよいきらめきも、プチプラ価格もどこを取っても最高しかない! ¥1230 〈私イケてる♪を約束するで賞〉 コーセー ヴィセ アヴァン シングルアイカラー (右から)39・38 ¥800 思わずうぬぼれる旬カラー&質感を大人買いしたくなるプライスで(美容エディター 石橋里奈さん) (石橋)今シーズンのトレンドど真ん中のライム、目じりライナーとして使っても色っぽい朱色。シンプルな白Tの日も、これだけ塗ればこなれ感が出るから、ついそろえちゃう♡ 各¥800(編集部調べ) 〈着回し力が半端ないで賞〉 イミュ オペラ リップティント N 01 ¥1500 コスパがよくて着回し力抜群 オペラはいわば、口紅界のZARA(美容エディター 平 輝乃さん) (平)軽やかな塗り心地とシアーな発色。まるで自分の唇そのものが色づいてるようにまとえるから、肌から浮かず心地よい。安いから買うのではなく、オペラだから買う。それぐらい好き♡ ¥1500 〈夏っぽさが止まらないで賞〉 常盤薬品工業 サナ エクセル グレイズバームリップ GB07 ¥1600 透け感フルーティリップで塗ったそばからハッピーフェイス(ヘア&メイク 岡田知子さん) (岡田)フルーティな透け色が、夏っぽくて気分が上がる。合わせるファッションを選ばない、ほどよい攻め感も好き。ハッピーな気持ちになれるポジティブカラーで、唇から元気とエナジーを投入! ¥1600 〈爪へのやさしさとおしゃれ両立賞〉 SEP BEAUTY リキッドステッカーネイル チェリーブロッサム コレクション クラシック ヌード ¥1200 ぺりぺりはがせて、爪にやさしいパック感覚の桜ネイル(ヘア&メイク KUBOKIさん) (KUBOKI)手もとを繊細に見せる絶妙なニュアンスピンク〜ベージュの色展開。オフィスコードにもやさしい旬のムードを演出しつつ、爪にやさしくオフも簡単で文句なし! 9.5㎖ ¥1200 撮影/西原秀岳〈TENT〉 スタイリスト/郡山雅代〈STASH〉 取材・原文/長田杏奈  ※BAILA2019年8月号掲載
  • 今のムードはタイムレス 摩天楼が立ち並び、熱気あふれる香港。その中でも、若者が集うホット・スポットである香港島のコーズウェイベイエリアに、トレイシー・チェンは3歳になる娘のティルダとともに暮らしている。香港随一のセレクトショップ、I.Tグループでバイイングを統括するトレイシー。エッジのきいたファッションでストリートスナップの常連でもある彼女のファッション哲学とは? 「シーズン性の高いキャッチーなデザインは大好き。ファッションウィークでは、ぱっと目を引くようなスタイリングが信条です。ただ娘が生まれてから少しファッションに対する向き合い方も変わってきたかな。最近は、より長く大切にできるタイムレスなものに惹かれます」。ヨーロッパのメゾンブランドだけでなく、若手デザイナー発掘のため世界中を飛び回る彼女。「ロンドンはJW ANDERSONや、シモーネ ロシャなど普段から愛用しているブランドが多いので、毎シーズン楽しみ。最近気になっているのはジョージアのトビリシです。日本にも久しぶりに行きたいと思っています!」 (右) トーン・オン・トーンで強烈なインパクトを狙って目の覚める赤のスタイリングは、ファッションウィーク用。「N21のドレスやメゾン マルジェラのブーツなど、ブランドをミックスすることが重要」(中) エネルギッシュなネオンカラーをアクセントにトレイシー流オフィススタイル。スニーカーとマッチしたNIKEのソックスは「どんなスタイルにも自分らしさを演出してくれる」スタイリングの要(左) モノトーンでリゾートをモードにプラダの帽子とSENSI STUDIOのバッグを合わせたミニマルなリゾートルック。「タイの海辺でゆったり過ごす」ため足もとはコンフォートサンダルで パーソナルな思い出が詰まった、夏のエブリデイエッセンシャル(右)足もとはスニーカーが定番(中)ヴァレクストラのバッグは、シックなデザインが今の気分にぴったり(左)お気に入りの香水はシャネル。バーバリーのネックレスには、娘の名前のイニシャルチャームを組み合わせて Q. ファッションアイコンは?A. ティルダ・スウィントン Q. 注目のブランドは?A. A_Plan_Application Q. やめられない楽しみは?A. 買い物! PROFILE香港出身。2004年にI.Tに入社。現在ウィメンズウェア部門のマーチャンダイズ・バイスプレジデントとして、バイイングのディレクションを担当。感度の高い目利きのみならず、キャッチーなパーソナルスタイルでも注目度が高い。 >>クレイジーでファッショナブルな上海ストリートSNAP
  • ALL2000円以下で休日コスメを買い足しイベントの多い夏こそ、休日メイクを盛り上げたい! そんな願いを叶えるカラーアイテムを指名買い!! 冒険や大人買いをしやすいプライスで、メイクの幅を広げてみては? 今狙うべきコスメはこれ!単色シャドウは「涼感シルバー」「夏イエロー」「偏光パール」の3択休日メイクの定番買い足しと言えば単色アイシャドウ。この夏買い足したい色は、パキッと目もとが明るくなるイエロー! 単色でも重ねても使えるラメは、涼しげなシルバーか甘さのある偏光パールが可愛い♡トップス¥9500/アンシェヌマン(アナカ)❶ゴージャスなラメの輝きが、華やかかつシャープな目もとに仕上げる。ケイト ザ アイカラー 004¥650(価格は編集部調べ)/カネボウ化粧品❷大粒のパールが、ドラマティックな目もとを演出。人気のブルーグレーが、清涼感を生み出す。エクセル シャイニーシャドウ N SI02¥1000/常盤薬品工業❸今季トレンドのイエローは、肌なじみのいいライムイエローでこなれアイに。発色も抜群の美しさ。ヴィセ アヴァン シングルアイカラー 039¥800(価格は編集部調べ)/コーセー❹夏の日差しを受けてほんのりきらめく、微細なパール入り。マジョリカ マジョルカ シャドーカスタマイズ YE232¥500/資生堂❺まばたきをするたびに大粒のパールが輝きを放つ。ライトパープルが、クールな色気を与えて。プリズム パウダーアイカラー 006¥800/リンメル❻偏光パールがツヤのある表情を引き出す。ハイライターとしても使えるマルチな逸品。マイグロウ 02¥650/イニスフリーデートには新生『オペラ』のモテリップ!!男子ウケ抜群の王道モテリップ『オペラ』がリニューアル! デート中も落ちにくい「リップティント」は女っぽいカラーが充実。「シアーリップカラー」はみずみずしいツヤとシーンに合わせたカラバリで選んで。❶❷シアーリップカラー RN ❶03・❷06各¥1200・❸❹ティント処方で自然な血色感を引き出してくれる。リップティント N ❸08・❹07各¥1500/イミュ ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 監修・ヘア&メイク/野口由佳(ROI) 取材・文/海渡理恵 撮影/峠 雄三(モデル) 岩城裕哉(製品) モデル/松本 愛 スタイリスト/辻村真理
  • 直接肌につけるものは、信頼できるアイテムを厳選!No.50 木戸怜緒奈 さん 無印良品 化粧水・敏感肌用・高保湿タイプ No.77 古川友希凪 さん IPSA ME レギュラー 2・クリアアップローション 2 No.65 彩田まりん さん イヴ・サンローラン・ボーテ トップ シークレット クレンジング バーム他の画像を見る撮影/冨樫実和 構成・原文/与儀昇平 web構成/轟木愛美 web編成/レ・キャトル
  • 「MAQUIA」8月号で連載中の『美女子ネタ』から、気になる新作コスメ情報をお届け。スキンケアやヘアケアの話題作から、夏におすすめのフレグランスまで、さっそくチェックして!美女子ネタ「ディオール プレステージ」にローションが追加ディオールの中でもトップの人気を誇るプレ美容液「プレステージ ユイル ド ローズ」の同シリーズに化粧水も仲間入り。高濃度のローズ ミネラルとオイルを凝縮した100万粒のローズ マイクロ ドロップで潤い肌に。プレステージ ローション ド ローズ 150ml ¥15000/パルファン・クリスチャン・ディオールヘアケアミニセットで健やかな頭皮&髪環境をキープ日々のダメージをリセットするオーダレンジラインのトラベルキット。ダメージを受けやすい夏の旅先に持ち込んで抜かりないケアを。スキャルプ&ヘア トリートメント リムーバー&オーダレンジ R トライアルキット(リムーバー 18ml、シャンプー R 50ml、コンディショナー R 40g)¥3300/THREEもっと見る >MAQUIA8月号撮影/小川久志 スタイリスト/古田千晶 アートワーク/Bob Foundation 取材・文/佐藤 梓 構成・文/木下理恵(MAQUIA)【MAQUIA8月号☆好評発売中】
関連キーワード

RECOMMEND