コンビニコスメの名品知ってる? インテグレートならコレ!【神コスパコスメ大賞】

non-no Web

24時間手に入るコンビニコスメが今アツいって知ってる? ハイスペックなコスメばかりをいざチェック!

まるで文房具のように収納できる、クレヨンタイプのアイシャドウ。この秋の新色はスモーキーなグレー&カーキ。年に2回リリースされる新色など他の色ともつなげて使うこともでき、自分好みにカスタムできるおもしろいアイテム。


するする塗れてぽってり、色っぽい唇に。メインになるカラーと、ニュアンスチェンジを楽しめるダークカラーのセットで販売。それぞれを重ねて楽しんでも、手持ちのリップにダークカラーを重ねて変化を楽しんでもOK! また、メイク直しいらずのティントタイプだから、忙しかったり、お直しがなかなかできない時にぴったり。ダークカラーのリップは自分だけのダークピンクになるのでトライしてみて。


眉ベース(白)とアイブロウ(茶)が一緒になった、落ちにくい眉が描けるアイブロウクレヨン。先にベースを眉全体に仕込み、アイブロウで眉メイク。ふわっとしたトレンド眉がテクなしで出来上がり。アイブロウペンシルを忘れた時や、緊急で必要な時、コンビニで¥500で買えるというからうれしい〜! リップやアイシャドウ同様、別の色と組み合わせて使えるので、2色を合わせて、自分の眉色に合わせて使うのも。ポーチの中でもかさばらない形状も最高♪

2019年1月号掲載

▼ 関連記事もチェック!

クリスマスといえば、今しか手に入らない人気ブランドの限定コスメの季節♡ 普段も、イベントのある特別な日も、最旬なコスメで最高の顔になる!【プチプラ編②】
アンケートで寄せられた疑問は今さら聞けないことから、眉メイクをワンランクアップさせるテクニックまで。レベル別に回答!
撮影/齊藤晴香 富田恵(2人とも物) 構成・原文/与儀昇平 浦安真利子 web構成/篠有紀 web編成/レ・キャトル
関連記事
  • こんにちは、さりです ❤️突然ですが、眉毛メイクって難しくないですか ?私は昔、自眉が気に入らなすぎて、かなり細めにしていました でも、元の形から変えすぎると、左右でアンバランスになっちゃったり、メイクするのが大変ですよね、、、結果、自眉の形が1番自分に合ってるはずだ!という結論に至りました 笑それからは気持ち整える程度でほとんど手を加えてないんですけど、ナチュラルだし、眉メイクも楽だし、悩まなくなりました✌️ そんな私の眉毛メイクは髪色に合うように、毎日眉マスカラをするだけです✨そこでおすすめの眉マスカラが↓↓↓『ヘビーローテーション・カラーリングアイブロウ』今までたくさんの眉マスカラを試してみましたが、これが一番使いやすいです しっかり色づくのに、肌には全くつかなくて本当に優秀です ¥800とプチプラで、カラーも豊富なので、髪色や好みに合わせて使い分けもできちゃいます✨ちなみに限定でとっても可愛いミニオンデザインのものが販売されていました まだお気に入りの眉マスカラがない方は、ぜひヘビーローテーションのカラーリングアイブロウを使ってみてください 松倉彩理カワイイ選抜 No.80 松倉彩理のブログ
  • コーデのアイディア次第で、カジュアルにもレディにも変化する万能アイテムを7倍着倒し!▼着回したのはコレ!▼ 鮮やか色パンツ 細く入ったストライプでトレンド感アップ。大人っぽく着られる。 ¥11000/RD ルージュ ディアマン1×7着回しコーデをチェック!パープル×ブラウンの今年らしい配色で遊んで 鮮やかパープルに+ブラウンが最旬。ジャケット投入でハンサムにシフト ワイドパンツでもウエスト部分はタイトなので、トップスをインしてジャケットをはおっても、すっきり見えてバランスがよく着られる。キャッチーな色on色は足元を大人っぽく♡ ひまわりみたいなニットが主役のハッピーなコーデ。メッシュサンダルとバッグはベーシックカラーを選んで服を引き立たせるのが◎。他の画像を見る 1枚目 トップス¥5000/Bshop(ジムフレックス) リング¥18000/ステラハリウッド チョーカー¥1900/UNRELISH バッグ¥2900/ギャレット(EDT) サングラス¥26000/TOMORROWLAND(ブラン) サンダル¥8900/ROSE BUD新宿店(LEXX MODA) 2枚目 ジャケット¥7500/AG バイ アクアガール ニット¥3900・パンプス¥6900・バッグ¥5900/UNRELISH ネックレス¥2000/サードオフィス(ROOM) 3枚目 トップス¥2990・バッグ¥4990/AG バイ アクアガール イヤリング¥1800/ゴールディ サンダル¥29000/ビームス ウィメン 原宿(ファビオ ルスコーニ) 4枚目 ブラウス¥9800/ココ ディール イヤリング¥2000/ゴールディ バッグ¥12000/フィルム(ダブルスタンダードクロージング) サンダル¥6900/RANDA 5枚目 トップス¥12000/リリー ブラウン イヤリング¥1900/titty&Co.ルミネエスト新宿店 バッグ¥3990/イーハイフンワールドギャラリー ルミネエスト新宿(イーハイフンワールドギャラリー) サンダル¥6500/ダブルエー(オリエンタルトラフィック) 6枚目 ブラウス¥13000/スピック&スパン ルミネ新宿店(スピック&スパン) イヤリング¥1600/ジオン商事(スリーフォータイム) バッグ¥3990/AG バイ アクアガール サンダル¥5500/ダブルエー(オリエンタルトラフィック) 7枚目 ワンピース¥23000・サンダル¥30000/LIFE’s 代官山店(TODAYFUL) ピアス¥2241/サードオフィス(ROOM) バッグ¥5990/AG バイ アクアガール モデル/馬場ふみか 撮影/田形千紘(モデル) 細谷悠美(物) ヘア&メイク/平野愛(broocH) スタイリスト/石田綾 web構成/篠有紀 web編成/ビーワークス
  • 「【ザラ(ZARA)】で真っ先にチェックするのはワンピース!」というザラジョのみなさまも多いのではないでしょうか? とくに、ブライダル関連のおよばれが多くなる5月末~6月にかけての初夏シーズンはザラの真骨頂! 今が旬のデザインでお手頃プライス、さらに他の人とカブりにくそうなワンピースを求めてザラに駆け込む大人の女性をよく見かけます。一枚でパッとおしゃれが決まる時短ワンピースも豊富に揃っている、この時季のザラ。今回は、GW明けにプレスルームでお披露目された、大人世代に似合いそうな【ザラ(ZARA)】の新作ワンピース15選をピックアップ。カジュアルからおよばれまで、真夏のワンピースは【ザラ(ZARA)】におまかせ!ベージュを筆頭に、アースカラー人気は夏に向けてますます加速中。お手頃プライスのワンピースを一枚持っておくと重宝するはず。¥5990/ザラ・ジャパン(ザラ)繊細なドット柄を波状に配置したシックなモノトーンキャミソールドレス。デコルテまわりが気になるなら、Tシャツを下に重ねても◎。¥5990/ザラ・ジャパン(ザラ)Vネックにカットした胸もとに大きなフリルをあしらってフェミニンに仕上げたノースリーブワンピース。アシンメトリーなパッチワークもポイント。¥4590/ザラ・ジャパン(ザラ)フロントボタンがすべて開くので、ジレのように羽織っても素敵な涼しげカットワークワンピース。¥5990/ザラ・ジャパン(ザラ)左側は長袖、右側はベアトップの大胆なアシンメトリーデザインにドキドキ。こういう大冒険タイプのデザインって、実は大人にこそ似合うものなのです。¥7990/ザラ・ジャパン(ザラ)真夏に向けてリゾート気分が高まるキャミソールドレス。クロス状のバックストラップとVカットのバストラインが体をきれいに見せてくれるうえ、ブラジャーいらずで着られます。/ザラ・ジャパン(ザラ)ザラで春から爆裂ヒット中の赤い生地に小花柄をちらしたワンピース。真夏に向けてレトロ可愛いミニ丈が登場です。¥7990/ザラ・ジャパン(ザラ)胸を大きく、ウエストを細く見せてくれるメリハリが頼もしいデザインワンピース。水玉模様にチューリップ柄をちらしたプリントもお値段も可愛い! ¥4990フロントボタンがすべて開き、ガウンのように羽織れるタイプのワンピースは、着回しがきくので一枚あると便利です◎。大小のペイズリー柄を組み合わせたプリントがオリエンタルなムード満点。¥7990/ザラ・ジャパン(ザラ)同じグリーントーンのペイズリーミックス柄でキャミソールロングドレスもあります! 繊細なギャザーやフリルをふんだんにあしらっているのでシワになりにくそう。夏休み旅行のワードローブにぜひ♡ ¥13990/ザラ・ジャパン(ザラ)カットワークレースをあしらった大きな襟がフェミニンなグリーンのコットンドレス。デコルテラインはゴムになっているので、オフショルダーにしても着られます。共布ベルトつき。¥7990/ザラ・ジャパン(ザラ)ギャザー&ドレープをたっぷりあしらったゆったりデザインと薄手の素材が涼しげなドレス。デニムやワイドパンツとの重ね着コーデもおすすめです。¥7990/ザラ・ジャパン(ザラ)ベビードール型の愛らしいデザインですが、V字にカットされたデコルテとハイウエストのシルエットが体型をきれいに見せてくれそう。ペイズリー柄も大人っぽいですね。¥9990/ザラ・ジャパン(ザラ)6月にラッシュを迎える結婚式のおよばれシーンにぴったりのドレスを発見! ホルターネックタイプは、鎖骨から肩のラインがきれいに見えるので大人世代におすすめです。¥11990/ザラ・ジャパン(ザラ)もう一枚、およばれにぴったりのレモンイエロードレスをピックアップ。アコーディオンプリーツをあしらった大きな襟と、歩くたびにふんわり揺れるギャザーフレアスカートが素敵です。¥7990/ザラ・ジャパン(ザラ)キャミソールタイプやベアトップタイプなど、大胆に肌を見せるデザインも多く揃っています。令和初の夏ですから、ちょっとくらい冒険するようなおしゃれをおすすめしてみました◎。【合わせて読みたい】初夏のバリュー服、最新情報!取材・文/沖島麻美 ※商品は店頭または公式オンラインストアに順次入荷予定です。
  • 人気ブランドをはじめ、SNSや感度の高いおしゃれプロたちが注目しているネオナチュラル。1枚でサマ見えする総柄ワンピはロングが絶対。ボタニカルにチェックにエスニック。今シーズン旬な柄は“膝下丈”が共通するキーワード。淡いトーンでふわっと優しげな印象♡ 夏らしいリーフ柄で爽やかに。赤のサンダルでピリッとスパイスを添えて。 ワンピース¥18000/Noela イヤリング¥2362/CHIPPI&CUU かごバッグ¥6900・サンダル¥5900/RANDA他のアイテムをチェック! レトロ可愛いブルーは、肌をトーンUPする効果も。 ワンピース(インナーキャミワンピースつき)¥8300/アダストリア(アンデミュウ) かごバッグ¥12000/Noela サンダル¥5900/REZOYカーキベースで甘さ控えめ。 ¥12000/RD ルージュ ディアマンハッピーなアロハプリントも、落ち着いたネイビーなら取り入れやすい。 ¥13000/MERCURYDUO モデル/鈴木ゆうか 江野沢愛美 撮影/柴田フミコ(モデル) 齊藤晴香(物) ヘア&メイク/牧田健史 スタイリスト/松尾正美 構成・原文/道端舞子 web構成/篠有紀 web編成/ビーワークス
  • 連日の暑さで気分はすっかり夏モード、半袖や薄手のシャツ・ブラウス1枚で過ごすことが多くなってきた方も多いのでは? それでも、夜になると気温も下がって肌寒くなるし、お天気が崩れると羽織るアイテムが欲しい…なんてときも。そんな今の季節に頼れるのは、さっと羽織れる軽アウターや取り入れ簡単のストールやスカーフ。そこで、室内や室外、1日の時間に合わせて温度調節できる便利なコーディネートをまとめました! もちろんおしゃれ度満足できる着こなしばかりです。 ※記事発信時点での情報のため、アイテムの販売が終了している場合があります。<目次> 1.【スカーフ&ストール】取り入れ自在でしゃれ感も肌寒い…の予防にも! 2.【軽アウター】さっと羽織って温度調節! 頼れる一枚を手に入れたい1.【スカーフ&ストール】取り入れ自在でしゃれ感も肌寒い…の予防にも!夕方から涼しくなってコンパクトなニット1枚じゃ心もとない。そんなときは首元にアクセントカラーとなるスカーフをひと巻き。コンパクトに巻いたさりげなさが素敵。スカーフ¥16000/フラッパーズ(マニプリ) →元記事はこちらから>鮮やかなピンクのカーディガンがひときわ華やぐスカーフづかい。首にひと巻きして正面で結んで垂らすだけ。カラフルな柄を目立たせれば寒さ対策にも、アフター6のイメチェンにもひと役。スカーフ¥16000/フラッパーズ(マニプリ) →元記事はこちらから>水色のスカーフを細く折りたたんだら首に巻いてタイ結び。コンパクトながら首元がしっかりカバーされて寒さ対策として有効。スカーフ初心者でもトライしやすいさりげないサイズをぜひチェック。スカーフ¥8800/フラッパーズ(マニプリ) →元記事はこちらから>万能な白ストールを持っていれば、どんな気温にも対応。急に肌寒くなってゾクゾク…なんてときにも慌てない。ストール¥27000/ビームス ハウス 丸の内(ファリエロ サルティ) →元記事はこちらから>ボーダートップス×プリーツスカートの好感度カジュアルには、スカーフ合わせで気温対策。ブルー系スカーフをちょこんと結んでマリン風に仕上げて。スカーフ¥7800/フラッパーズ(マニプリ) →元記事はこちらから>通勤にも休日にも万能に使える濃い色セットアップ。ダークカラーの面積が多い分、取り入れる小物で可愛げを足したい。ピンクのスカーフなら顔周りに華やぎを足せてちょうどいい。スカーフ¥16000/フラッパーズ(マニプリ) →元記事はこちらから>ベージュのきちんとワンピースにアクセントを添えるのは幾何学模様が目を引くスカーフ。陽の高いうちはスカーフなし、陽が落ちたらスカーフを巻けばアフター6のイメチェンにも。首に一度巻いて片側だけの蝶結びに。スカーフ¥18000/フラッパーズ(マニプリ) →元記事はこちらから>チアフルなイエローとフレッシュなホワイトで好感度通勤スタイル。トップスになじむ同色のスカーフを合わせたら華やかさも上々で、肌寒さ対策なんて思われない顔映えスタイルに。スカーフ¥8800/フラッパーズ(マニプリ)→元記事はこちらから>休日のしゃれ感コーデにぜひ試したい、コットンとシルク、素材違いのスカーフを2枚使ったテク。スカーフを編み込むことで表情豊かに。夕方、スカーフを巻くことを考えて、シンプルなコーデに。ピンクストール¥18000/フラッパーズ(マニプリ) ブルースカーフ¥9000/アマン(altea) →元記事はこちらから>ストールを三角に折り、片肩で結ぶだけ。服の印象も一気にチェンジ。胸もとが広めに開いたトップスの日に試してみたい巻き方。ストール¥23000/アマン(altea) →元記事はこちらから>2.【軽アウター】さっと羽織って温度調節! 頼れる一枚を手に入れたいアウター代わりにシャツワンピースを羽織って。トレンドのバンドカラーで、さりげなく入ったストライプがコクのあるオレンジを軽やかに。共布ベルトつき。¥21000/ステュディオス ウィメンズ新宿店(ステュディオス)  →元記事はこちらから>一枚でも、軽い羽織りとしてもこの時期活躍するのがシャツ。ブラウン系のストライプなら今季らしさも文句なく、しゃれ感も大満足。シャツ特有のかしこまった感じがなく、顔まわりがシャープに見えるVカラーならTシャツとのバランスも新鮮にキマる。シャツ¥16000/イネド →元記事はこちらから>ジャケット代わりに羽織ったサファリシャツ。一枚はもちろん、ベルトつきではおりものとしても使える優れもの。“本気”のサファリになりすぎないように、カーキより黒をチョイスして。¥14000/エメル リファインズ ルミネ新宿店(エメル リファインズ) →元記事はこちらから>眩しいほどの白ワンピ。夕方になって気温が下がったら、艶やか素材が目を引く薄手のマウンテンパーカをオン。日中の甘いワンピスタイルとはまた雰囲気が変わって、新鮮な着こなしに。マウンテンパーカ¥36000/ティッカ →元記事はこちらから>テラコッタ調のブルゾンは抜け感のあるビッグサイズが今どき。肌寒さを感じたらさっと羽織るだけでサマになる。全身ワントーンで取り入れれば、こなれた雰囲気が簡単。ブルゾン¥16000/ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 丸の内店(ビューティ&ユース) →元記事はこちらから>顔まわりをぱっと明るく照らしてくれる、クリーンなホワイト。軽やかな一着は羽織っても重たくならず軽やかさをキープ。うっすらインナーが見えるさりげない透け感も女っぽい。アウター¥29000/ロートレアモン →元記事はこちらから>スポーティなデザインが多い今季のブルゾンの中で、アイボリーやギャザーの入ったフェミニンデザインを発見。甘めのコーデにも通勤服にも合わせやすいから、平日にも積極的に活用したい! ブルゾン¥26000/デミルクス ビームス 新宿(デミルクス ビームス) →元記事はこちらから>エッジの効いたパープルのブルゾンは休日の温度調節アイテムに最適! 足元にもパープルのライン入りスニーカーをリンクさせたらモードなカジュアルコーデが完成。ブルゾン¥13800/アダム エ ロペ(コールドブレーカー) →元記事はこちらから>微光沢とシボ感のある、ポリエステルの軽量タフタ素材アウター。裏地がない軽やかな着心地で、長さのある丈感ながらも気軽にさらっと羽織れる。ちょっぴりワークなテイストも今どき。アウター¥29000/アダム エ ロペ →元記事はこちらから>ビッグシルエットのかぶりタイプはいつものワンピースにオンするだけで今年らしいしゃれ感が手に入る。パープル、グレー、黒の絶妙なトリコロールカラーが大人の可愛げに有効! アウター¥57000/アマン(アンスクリア) →元記事はこちらから>袖を通すのはもちろん、肩にかけても、手に持っていても。カジュアルスタイルがサマになるジージャン。昼間は手に持って、夕方になったらさっと羽織って。ほどよい色落ちが白×シャーベットブルーの爽やか配色とも好バランス。ジージャン¥15000/ゲストリスト(ヘルシーデニム) →元記事はこちらから> 今年大注目のホワイトデニムにはやっぱりホワイトデニムのジージャンを合わせたい!そのクリーンな存在感があればセットアップ感覚でデニム×デニムも意外と簡単。上下ゆるっとのバランスも今っぽく。ジージャン¥26800/ショールーム セッション(サージ) →元記事はこちらから>花柄ワンピのフェミニンな雰囲気にマッチするホワイトジージャン。羽織っても軽やかな印象をキープするので、「寒さ対策はしたい。けど重たい印象には見せたくない」そんな願いを叶えてくれるはず。デニムジャケット¥32000/ボウルズ(ハイク)  →元記事はこちらから>マキシスカートやワイドパンツなど、ボリュームボトムの日に投入したいのが短め丈ジージャン。肩が落ちるシルエットと太めの袖が今どき! ジージャン¥49000/アマン(アトリエ ノティファイ) →元記事はこちらから>ノンウォッシュのインディゴジージャンはジャケットのような端正な佇まいで、大人の女性のカジュアルスタイルに最適。どんなボトムとも合わせやすいボックスシルエットも頼れる。ジージャン¥42000/サンスペル 表参道(サンスペル) →元記事はこちらから>
  • スタイリスト辻さんが「今、気になっているもの 」をテーマにリニューアルしてお届けする新連載。第1回は最近盛り上がりを見せているイヤカフやピアスにフォーカス。辻さんはそれをあえて左右別々のものを組み合わせるつけ方にハマっているのだそう。辻さんならではの深い洞察力とユニークな視点には、ただのコピペに終わらない新しいジュエリーの楽しみ方のヒントが隠れていました。 アンバランスなジュエリー乳白色のやさしい光をたたえたパールのピアスから感じるのは、成熟した女性の気品。一方で、反対側の耳には現代アートのようなシルバーの大ぶりなボールピアスが強い個性を放つ。 「テイストも素材もまったく異なる二つのピアスですが、“球体”というキーワードでモチーフの形をそろえることですっと自然にまとまります」。非の打ちどころのない淑女? それともちゃめっ気たっぷりの女性? 二面性のあるジュエリーをさらりとつけこなすその姿には、「どんな人だろう?」と相手の妄想をかきたてるようなミステリアスさも漂う。 (右耳)パールピアス(K18YG×SilverlipPearl)(1個)¥82000/ハム 伊勢丹 新宿本店(ハム)(左耳上から)イヤカフ(K10YG)¥28000/ショールーム セッション(ヒロタカ) ボールピアス(SV×K18WGCT)(1個)¥23000/ユナイテッドアローズ 原宿本店(プリーク)ブラウス¥12200/フレイ アイディー ルミネ新宿2店(フレイ アイディー) 左右に重ねた「フープ」。大胆なほどバランスをくずして大人の余裕で楽しんで大小サイズは異なりますが、こちらも“フ ープ”という共通項でそろえた組み合わせ。左耳にはイヤカフをいくつも並べて、右耳にはビッグサイズのフープピアスをひとつだけ。サイズはまったく異なりますが、形が同じだと印象がそろうんです。イヤカフってもともと、パンクっぽさのある、ある種パンチの効いたアイテム。だからこそ、光沢のあるとろみ素材のシャツを受け皿に据えて。エレガントさと、主張するかっこよさ。ひとクセある個性的なジュエリーのコンビネーションが、一筋縄ではいかない、自立した女らしさを引き出してくれます。 オフ白のシャツにベージュのパンツ。ヌーディなトーンの服の上で、ゴールドの地金やダイヤモンドがキラッと繊細に光を集めて。 (右耳)フープピアス(SV×K18YGCT)¥ 21000(マリア ブラック)・(左耳上から)イヤカフ(K10YG×DIA)¥ 48000 ・(K10PG)(K10YG)各¥ 28000 ・(K10WG ×DIA)¥ 88000(ヒロタカ)/ショールーム セッション パイナップルピアス(K18YG×DIA)(1個)¥ 120000/イレアナ・マクリ/ザ・ショーケース バイ デルパン GINZA SIX店(イレアナ・マクリ) ネックレス(上から)K18YG×サファイア、ルビー、エメラルド、アメシスト、アクアマリン)¥ 128000 ・(K18YG)¥ 60000 ・(K18YG) ¥100000/ショールーム セッション(マリハ)シャツ¥49000・パンツ¥63000/コロネット(フォルテ フォルテ) “当たり前”じゃないから面白い。ユニークなフォルムを素材でつなげて初めての人でも挑戦しやすいコンビネーションなら、石がついていない“地金系”でそろえてみるのがおすすめ。流線形や螺旋形など、最近はさまざまなブランドからたくさんの地金のジュエリーが登場しているので、お気に入りのものを見つけやすいかもしれません。片耳だけに重ねた構築的なデザインのピアスとイヤカフは、マニッシュな黒シャツでそのモダンさを引き立てて。シンプルな装いの日、ふとした瞬間に髪のすき間から意外性のあるジュエリーがパッとのぞく。それだけで、相手を惹きつける“引力”になります。 「素材を統一すれば、ゴールドとシルバーでカラーミックスしてもバラバラとした印象にはなりません」。甘さを抑えて、フォルムの斬新さやモダンさを前面に出した高感度な地金系ジュエリーは、ベーシックなシャツやニットに今っぽさを添えるのにもうってつけ。ボリューム感が出やすいので、片耳だけに重ねて、反対側は何もつけないというバランスがまずは挑戦しやすいはず。 ピアス(SV)(1個)¥ 53000・イヤリング(SV×K18PGCT)¥ 41000/エドストローム オフィス(シャルロット シェネ)ブラウス¥85000/ブラミンク 辻さんセレクトの【ジュエリー】をチェック!「服がカジュアルなときはハードなデザインのジュエリーは選びません。ロゴTには、パールのピアスに、シンプルなイヤカフを重ねて」。イヤカフ(K10WG×DIA)¥88000・( K10YG×DIA)¥48000/ショールーム セッション(ヒロタカ) パールピアス/辻さん私物 「地金系のジュエリーは個人的にも大好き」。すべて辻さん私物「カラーミックスしてもまとまります」。(上から)イヤリング(SV)¥23800・スターイヤリング(SV×K18YGCT) (1個)¥11800/KNOWHOW(ノウハウジュエリー) 「チェーンの本数を左右非対称に」。(右から)ピアス( K18YG)(1個)¥ 55000/ショールーム セッション(マリハ) チェーンピアス(K18YG)¥ 35000/シハラ ラボ(シハラ)  「パールと真ん中のイヤカフを同じ耳に重ねます」。すべて辻さん私物 「私の場合、髪をよくかける左側の耳に重ねることが多いです」。オーバルピアス(1個)(K18YG)¥28000・オ ーバルピアスの下に重ねたトライアングルピアス(1個)(K18YG)¥28000/シハラ ラボ(シハラ)イヤカフ(K10YG)(K10WG)各¥28000/ショールーム セッション(ヒロタカ) 自分らしい「アンバランス」さをもっと自由に楽しんでいい最近、よく見かけるようになったモダンなデザインのピアスやイヤカフ。私ももう何年も前から好きで、いろいろなタイプのものを少しずつ買いそろえてきました。 片耳だけにつけることもありますが、ずっと夢中になっているのは左右あえて違うものをつけるスタイル。見られる側によって印象を意図的に「ずらす」面白さもあるし、両方が目に入ればそれぞれのテイストがミックスされて、独特の個性に。 顔まわりって、自分では見えないけれど、 実は意外と人から見られているスペース。 以前、サファイアとダイヤモンドが左右でテレコになった珍しいデザインのピアスをつけていたら、会うたびにいろいろな人から反応があって。相手にどんな印象を与えるのかという点では、顔まわりのジュエリーは、赤いリップと同じくらいインパクトを与えるもの。 大胆なバランスで遊び、装えばドレスアップにもなる。 私も、自分なりにいろんな組み合わせを試すなかで、シンメトリーじゃなくても“こうすると整う”というポイントがあることに気づきました。 たとえば、ジュエリーの形や素材に何かしらの統一感を持たせること。テイストの異なるものでも不思議とまとまりが出てきます。アンバランスだからこそ、その合わせ方は無限大。 はやっているから、みんなやってるから、ではなく、「今日の自分のキャラクターをプロデュースする」つもりであなただけの組み合わせを探してみて。それがきっと「らしさ」につながるはず。(辻さん)撮影/HAL KUZUYA ヘア/Dai Michishita メイク/AIKO ONO〈angle〉 スタイリスト/辻 直子 モデル/ 中村アン ※イヤカフは「ペア」と表記がない限りすべて1個の販売価格です ※YG=イエローゴールド、WG=ホワイトゴールド、PG=ピンクゴールド、SV=シルバー、DIA=ダイヤモンド、CT=コーティングの略です
  • 美容ジャーナリスト・永富さんの肌が「スポットライト仕込んでる?」とまで輝いていたのはこのアイテムのおかげでしたエレクトロン エブリワン サンスクリーンリキッドUVベースとはいえ、こんな青み系ピンクベージュが大人の黄ぐすみ肌に映えるわけない! 最初はそう思っていたのですが、年々似合わなくなる白やライトグレーのTシャツを着る時に使ってみると、む、ムムム? これがハイテク素粒子コスメの特徴なのか、チュルッとした質感で肌がなめらかに。くすみも払われ、肌に清潔感が戻っている? まるで七色の光に照らされるようにパッと冴える肌印象。もはやこれ、塗るスポットライトです!電子水をベースにスキンケア成分を贅沢に配合。紫外線だけでなくさまざまな環境ストレスからも肌をガード。「UVケアもしたいし肌色も整えたい時に使用中」(永富さん)。SPF50+・PA+++ 30㎖¥4,800/GMコーポレーション美容ジャーナリスト 永富千晴さん 【Marisol6月号2019年掲載】撮影/国府 泰 取材・文/田中あか音
  • ワンピース¥12000/エクラン ルミネエスト新宿店 ピアス¥1500/サンポークリエイト(アネモネ)夏は崩れるもの……と諦めるのはまだ早い! 可愛さキープのために絶対「落とせない」3か所の最強メイクプロセスを超詳細に解説します!  『メイクが落ちると印象が変わる』と思うパーツは?絶対に落ちない\ プロセスをチェック / ※気になる画像をタップしてね絶対落ちないリッププロセスなら 食べても飲んでも美発色キープ♡ 絶対落ちない目元プロセスなら 目元がヨレない! アイライン&カールまつげが持続する! 絶対落ちない眉プロセスなら ふんわり眉が続いて一日中余裕の笑顔! モデル/貴島明日香 撮影/岩谷優一(vale.・モデル) 細谷悠美(物) ヘア&メイク/George スタイリスト/中村美保 構成・原文/松井美千代 web構成/篠有紀 web編成/レ・キャトル
関連キーワード

RECOMMEND