乾燥する季節にはコレ!!!

non-no Web
今回紹介するスキンケア商品はこちら!

"momopuri" です!
化粧水の方は、800円ぐらいでジェルクリームの方は1200円ぐらいでした!

乾燥肌の私にはもってこいの商品すぎて、本当に潤いがキープされしっとりして粉吹いたりせず、化粧ノリも良くなった気がします☺︎

しかも 桃の匂いがするんです!!
いい香り!!香りもよくて保湿もされるなんてお泊りの時とかもってこいなんです〜!!

化粧水の方はさっぱりタイプです!
ジェルクリームだけで全然乾燥を抑えられ、ベタベタしないのにしっとりするし、しかもコスパもいいのでおススメです!☺︎
ぜひ買ってみてください!!

ご覧いただきありがとうございました☺︎
関連記事
  • 夏になると紫外線対策をしていても知らぬ間に肌が焼けていく……。そう感じたことがあるのは私だけではないはず! それもそのはず。実は紫外線量が同じでも、夏は肌が紫外線に反応しやすいという事実をポーラが新発見したのです!(編集・オダッコ) ポーラ ホワイトショット RXS 50g ¥12000・レフィル¥11500(税抜)※5/1Debut 同じ人、同じUV量でも夏は日焼けしやすい……。その理由は、夏の暑さが、人に本来備わっている「メラニン生成のサイクル」を狂わせ、メラニン生成量を増加させてしまうからなのだとか。それはつまり、暑さもシミやくすみの原因になるということ! しかもここ最近の日本の夏は猛暑化が進むばかり……。 そこで、ポーラでは大人気のホワイトショットシリーズに新作を追加。暑すぎる星に住む女性に向けた、なめらかで透明感ある肌を目指す美白ジェルクリームです。輝くような美肌を目指すオリジナル複合成分「トラネキサム酸RXS」を新たに配合。ひんやりと心地よい感触のジェルクリームがうるおいを届けてくれます。 ジェルクリームは全くベタつかず、肌にのばしたあと、ピタッと止まってくれる感じ。しっかりスキンケアできている実感が持てます。去年、ホワイトショットの美容液をワンシーズンで2個、使い切った私。今年はこのジェルクリームをスキンケアの最後に追加したいと思います!(編集・オダッコ)   DEBUT || 5月1日(水) BRAND || ポーラ ITEM || ホワイトショット RXS CATEGORY || ジェルクリーム KEYWORD || #美白 #暑さヤケ #メラニン PRICE || 50g ¥12000・レフィル¥11500(税抜) TEL || (フリーダイヤル)0120-117111 HP ||  ポーラ (撮影/岩城裕哉、イラスト/オカヤイヅミ、取材・文/marico.)
  • こんにちは(๑・̑◡・̑๑) 今回紹介するのは、新大久保で購入した、、G9SKIN の WHITE IN MOISTURE CREAMです♪ 前々回に私のブログで紹介した G9SKINのWHITE IN WHIPPING CREAM ↓ と見た目がそっくりですが、 効果が少し違うので、合わせて読んで頂けたら嬉しいです♪おススメPoint! ❁高保湿◎ ❁フローラルな香り 高保湿なので、乾燥の季節でもほぼ丸1日潤いをキープできます♡ 夜のスキンケアにもおススメです(๑˃̵ᴗ˂̵) どちらもWHITE IN と書いてありますが、 ・保湿重視の方→ピンクのキャップ (MOISTURE CREAM) ・美白重視の方→白のキャップ(WHIPPING CREAM)↑↑詳細はこちらがおススメです❤︎ ※個人の感想です⚠︎パッケージが似ているので、買い間違えの無いように気をつけてください 最後まで読んで頂きありがとうございます☺︎ ▶︎Twitterはこちらカワイイ選抜 No.62 岸田千聖のブログ
  • 美の目利き、齋藤薫さんがエクラ読者にこれは!と思う本音の逸品をお届けする大好評企画。今回も、大人の美しさがみるみるランクアップするプレミアムコスメがそろい踏みです!GUERLAIN レソンシエル塗れば塗るほどキレイになる? 落とした肌がもっとキレイ?いよいよファンデに別格のスキンケア効果を伝える時代。仕上がりも極上! なのに塗った瞬間から、毛穴がなくキメ細かい、透明ツヤ肌がメイクを落とすまで続き、翌朝メイクを塗る時はもっとキレイ。夢にまで見たスキンケアファンデで、キレイは倍々に増えていく。もう美しさのために一瞬も無駄にしない。肌に負担をかけない天然成分で日中もバリアが強化され、どんどんキレイになる人に!GUERLAIN レソンシエル ¥7,000+税>>Yves Saint Laurent ラディアント タッチ シマー スティックこの光のスジを鼻筋に一本。いきなり美人のメリハリがハイライトは数々あれど、美人のメリハリを作るなら絶対にこれ。肌から透けて見える骨格を、美しく再現するリアルな光のスジを作るので、鼻筋に一本ラインを引くだけで、顔立ち全体が立体的に見え美人度がぐんとアップするのだ。美人の線で有名なラディアント タッチのイルミネーターだから、多面パールのふんわりした煌めき自体、本当に出来が違う。鎖骨やスネなど全身どこでも使える上にとても長持ちするから、尚更嬉しい。Yves Saint Laurent ラディアント タッチ シマー スティック ¥6,000+税>>THREE デアリングリィデミュアリップスティック全色買いする人もいるほど、すべてがそろった一押し口紅口紅は、皆同じに見えて選べないと言う声に応えた、春の一押し。何と9色買いする人もいる凄い人気口紅だ。こんなに心地よくすべてが揃った口紅は初めてと言う声もある。わずかに唇が透けて見える透明感に艶とマットがほどよくマッチ。縦ジワのないつるんとした唇が1日保たれる。誰が使っても間違いなく自分の美しさにハッとする2色を選んでみた。どちらも上品にして絶世の美人色! お試しを。THREE デアリングリィデミュアリップスティック ¥3,900+税>>Amplitude コンスピキュアス アイズ天才が作る影色は全く違う。「通」も虜にする“透き通る感”天才の呼び声高いRUMIKOさんプロデュースの新ブランドがカラーを発表。絶賛を浴びている。ブラウン系なら持っている、と言わないで。淡いピンクのベースをまぶた全体にひいて質感の違う濃淡を重ねると、えもいわれぬ透き通る感と美しい影感が生まれる。理想の影色メイクが難なく完成。同じブラウンでもこんなに違うの?と驚くはず。人を美しく見せる技が半端では無いトリオの傑作。Amplitude コンスピキュアス アイズ ¥7,000+税>>文/齋藤 薫 撮影/西原秀岳(TENT) スタイリスト/郡山雅代 取材/中島 彩
  • せっかくの色白なのに、くすみのせいでグレー寄りのお肌になってしまうというバイラーズの西田さん。そんな肌悩みにマッチする、とっておきの新作美白コスメを3週間お試し! 果たしてその結果は?「くすみが気になる」スーパーバイラーズ 西田茉衣さん美白コスメが大好きで、大の資生堂ラバー。子どものころアトピーだったため、色白肌だけどグレー寄り。SHISEIDO ホワイトルーセント(右から)ブライトニング ジェル クリーム オーバーナイト リーム デーエマルジョン肌に備わる力を呼び覚まし、防衛機能を高めながら明るく潤う肌へ。(すべて医薬部外品)(右から)50g ¥8500・75g ¥11500・SPF50+・PA++++ 50㎖ ¥6500/資生堂インターナショナルグレーがかった肌トーンがピンクの桃肌に!肌全体にかかっていたグレーのフィルターが抜け、全体の肌トーンがピンクに統一。香りもテクスチャーもリラックス感が高く、楽しみながらスキンケアできたとか。撮影/齋藤晴香、久々江満  ヘア&メイク/中山友恵〈Three PEACE〉 スタイリスト/辻村真理 モデル/西田茉衣(バイラーズ) 取材・原文/谷口絵美 ※BAILA2019年5月号掲載
  • ネイリスト兼イラストレーターとして多忙な日々を送る関根祥子さん。ニュージーランドに行くときは大自然に包まれ解放的な気分になるんだとか。現地で心地よく過ごせるために用意したスキンケアポーチの中身をご紹介します。mojo nail ネイリスト 関根祥子さん抜け感のあるデザインで、モデルや女優にもファン多数。ネイリストのほか、イラストレーターとしても活躍。「旅先に合わせたネイルをして楽しんでます!」 trip to New Zealandニュージーランド行き【メイクポーチ】SKIN CARE(スキンケアポーチ)風景にも溶け込むようなやさしい香りのものを「選抜基準は刺激の強くないもの。特別なことをするよりは普段のケアを旅先でも続けたい&心が落ち着くような香りで癒されたい!」「登山をしたり湖でボートに乗ったり、日中はアクティブに動くので、ケアタイムはリラックスすることも兼ねて香りのよいものを。お風呂にはフランキンセンス2、朝の目覚めにはSHIGETAのモーニングスパーク4、現地で買ったフローラルな香りのするティートゥリーオイル3はニキビができたときなどに。3種類くらいを持っていき使い分けます。スキンケアはE-Oil5をなじませたあとに、イソップの化粧水1の出番」「化粧水のあとはドクタージャルトのクリーム6でふたをしてます」「ニベアがあればヘアスタイリングもばっちり」「癒しをくれる心地よい香りと気分を上げるカラーコスメで旅に彩りを添える」「ニュージーランドに行くときは、自分が心地よくなれるものだけをポーチに詰めて向かいます。香りものだったり、肌や髪の色に合うリップだったり。日々の生活とはかけ離れた大自然がある場所に行くことで解放感も生まれ、気持ちも肌もノンストレスな状態に。メイクもいつもより気合が入ります♡ それでも気になる乾燥や、ちょっとした疲れをすぐリセットできるようなコスメだけは必ず持っていくようにしています」次回は関根祥子さんの【ニュージーランド旅行に持っていくメイクポーチ】を大公開。お楽しみに。撮影/さとうしんすけ 取材・原文/浦安真利子 ※BAILA2019年5月号掲載
  • 昨年、競技への現役復帰を果たしたフィギュアスケートの髙橋大輔選手。高いスケーティング技術や豊かな表現力といったフィギュアスケーターとしての実力はもちろん、整った顔立ちやツヤツヤと輝く肌など、ビジュアルの美しさも魅力のひとつ。そんな髙橋選手が、先日行われた「ナチュリエ スペシャルトークショー」に登壇し、美容へのこだわりをたっぷり語ってくれました!ベタつかないのに肌しっとり惜しみなく使えるコスパも◎「化粧水を炭酸ミスト状にして使用している」と言うほど美容意識の高い髙橋選手。そんな彼が長年愛用しているのが、「ナチュリエ ハトムギ保湿ジェル」。ベタベタしないのにしっかり保湿してくれるところや、使い心地はさっぱりしてるのに肌はしっとりするところなどがお気に入りなのだとか。また、プチプラな点もリピートしている理由なのだそう。「値段を気にせず大量に使えるところがいいですよね。この冬は乾燥が気になったので、朝晩たっぷり塗ったり2~3回重ねづけしたりしていて、気づいたら1ヶ月で10個も使っていました」と驚きの告白も。さらに、顔だけでなくボディの保湿としても「ハトムギ保湿ジェル」を使っているそう。「脚に塗るときは、下から上にマッサージするようになじませています。デコルテに塗りながらリンパを流したりもしますよ。身体がつまると演技にも影響してくるので、ほぐすことは意識しています」とのこと。プチプラだからこそ、全身に気兼ねなく使えるんですね。髙橋大輔選手も愛用!プルプル肌に導く保湿ジェルナチュリエ ハトムギ保湿ジェル180g ¥900天然保湿成分ハトムギエキス配合の保湿ジェル。独自製法によって微粒子化されたジェルが、肌に乗せた瞬間すばやく液状に変化。角質層の隅々までうるおいで満たされた、みずみずしい肌へと導きます。ベタつかない使用感だから、暑くなるこれからの時季の保湿アイテムとしてもおすすめです。国内大会を中心に活動していきたい、そろそろアップテンポな曲にもチャレンジしなければと思っているなど、来シーズンの目標も語ってくれた髙橋選手。「大ちゃーん」というファンからの声援にこたえたり、会場のファンに語りかけたりなど、気さくでやさしい一面も印象的。最後には、「僕も32歳で現役に復帰しました。みなさんもやり残したことがあれば、一緒にチャレンジしていきましょう」とステキなメッセージも。これからの髙橋選手の活躍が楽しみです!取材・文・撮影/イトウウミ
  • 一袋420円ほど。本当に地味で恐縮ですが、このマスクが素晴らしすぎて全力で褒めたいくらいなのです。 昔から粘膜が弱く、しかも口を開けて寝てしまうために、飛行機に乗るときはマスクが一番の必需品でした。これまではうるおいシート的なものをいれるマスクを使っていましたが、12時間のフライトの場合、到着するころにはカピカピに。それだけ乾燥していたのね、と気にも留めていませんでした。ところがこのマスク、見た目うるおい感ゼロなのに、すんごく快適だったのです。これを使ってしまったら、いちいちシートを入れる手間がもう面倒くさい。カピカピになっちゃうシートも実はストレスだったんだ!と気づきました。  きっかけは、1年ほど前の出張時。ニューヨークまでのフライト用にマスクを調達しようと成田空港の薬局に寄りました。「ハイテク保湿マスク」という名前のわりにレトロな絵柄が気になって試してみることに。一袋に2枚はいっており、機内(とホテル)に特化した売り文句もシンプルでいい。 一見、本当になんの変哲もないマスクなんですよ。でも触ってみると、生地が層になっているのが分かります。これは、湿度を調節するポリマーシートだそうで、自分の呼気でしっかり保湿し、乾燥を防ぐ構造になっているそう。なるほど、これがハイテクってことか!と妙に納得。なぜなら、12時間のフライトを経ても、しっかりとのどと鼻がうるおっていたから! むしろ、機内が乾燥することすら忘れてしまうほどです。さらに、メガネ派のみなさんに朗報です。このマスク、メガネがくもらなかったんです! その秘密も、この“ハイテク”にあるようです。 ネットで調べてもいまいち口コミが出てきませんが、声を大にして言いたい。飛行機乗るなら、「ハイテク保湿マスク」めっちゃいいですよ! 保存
  • 平成のビューティ史を総括するようなテクノロジーの進化に目を見張る名品が火花を散らした2019年の美白&UVケア市場。令和の世で私たちの肌は、もっと美しくもっと明るくもっと輝く──! 美のプロたちも思わずうなった、珠玉のホワイトニングプロダクトとは? ビューティ・プロ15名が選出(五十音順)鵜飼香子さん(ビューティジャーナリスト)/ 浦安真利子さん(ビューティライター)/ 小川由紀子さん(ビューティエディター)/ 長田杏奈さん(ビューティライター)/ 平 輝乃さん(ビューティエディター)/ 巽 香さん(ビューティエディター)/ 藤井優美さん(ビューティエディター)/ 前野さちこさん(ビューティエディター)/ 摩文仁こずえさん(ビューティライター)/ 安井千恵さん(ビューティエディター)/ 横溝なおこさん(ビューティエディター&ライター)/ 編集G / 編集A / 編集M / 編集I ベスト・オブ・ホワイトニング/オバジC25セラム ネオ ビタミンCの溶解濃度の極限!透明感もシミ消しも今シーズン最速の美白実感―― 摩文仁こずえさん (12㎖)¥10,000/ロート製薬 「使った翌日には皮脂ぐすみが軽減し、数日でたるみ毛穴の影が薄くなっていく。総合的にどんどん透明感が高まって、もちろんシミも確実に薄く小さくなってきたよう。この美白実感、最速です」(摩文仁さん) 「ビタミンC25%はさすがに刺激があるのでは?と恐る恐る使ったら、そんなことはまったくなく、むしろ心地よく潤う! 肌の明度が上がるとともに毛穴までキュッと締まるからより洗練された白さになれます」(小川さん) 「オバジ史上最高濃度というだけあり、改めてビタミンCの威力を実感。顔全体がワントーン明るくなるうえ、ツルンとキメが整う。単なる白肌ではなく、ツヤ、 透明感のあるヘルシーな肌に」(横溝さん) 「これまで以上のビタミンC濃度の美容液ができるなんて正直思ってもみなかった。使ってみると、その即効性にまず感動。ベタつかずに浸透し、翌朝には明らかに透明感がアップ。使うほどに『私の肌、こんなに白かったっけ?』と自分でも驚いてしまったほど」(藤井さん) 「シミ・そばかすを予防する、薄くするという美白のジャンルを飛び越えて、肌そのもののコンディションを底上げする感じ。結果、しっとりと潤って透明感が出る。ハリを出すから影が消え、明るく生き生きとした肌に。こんな美白を待っていました」(編集A) 安全性と長い実績で美白成分としても絶大な信頼のあるビタミンC。高濃度になれば、それだけ効果も期待できるが、ビタミンCは濃度を上げると温度変化にも影響され、結晶化するという難題が。それを克服し、15年の研究開発の末、安定配合に成功。シミだけでなく、毛穴、ハリ、キメ、シワの5 大悩みに対応するから、肌質も年齢も肌悩みも異なる美容のプロ全員が太鼓判。 ベスト・オブ・UV美白/HAKU 薬用 美白美容液ファンデ 美白美容液とファンデーション、どちらもハイレベルで両立。使わない理由が見当たらない―― 巽 香さん SPF30・PA+++[医薬部外品]全4色(30g)¥4,800(編集部調べ)/資生堂 「美白成分入りのファンデーションはこれまでにもあったけれど、ここまで正真正銘の美白美容液に色がついたものははじめて! さすが“メラノフォーカス”譲りの成分。使い始めて1 カ月とたたないうちに、シミがちょっとぼんやりとしてきたのには心底驚きました」(巽さん) 「美白の名門HAKUの伝家の宝刀4MSKを、美容液レベルに配合。赤みのパールの効果で、気になるシミや細かいそばかすもふんわりボケて、塗ってすぐ美白に成功したような肌に。長時間塗りっぱなしでも負担感がなく、クレンジング後のなめらかな肌に感動」(長田さん) 「ファンデーションでカバーしたいシミ部分こそ、集中美白したい場所。そんな盲点を突き、ふたつの願いを同時にかなえるファンデーション。“日中はガードのみ”という美白意識に変革をもたらしたと思います」(前野さん) 「さらっとマットな中にほどよいツヤもあり、カバー力も上々で理想の肌づくりがこれ一本でかなう。メイクオフ後の肌のなめらかさが感動もので、これならきっと紫外線の強い夏の終わりにも後悔しないはず」(浦安さん) 「美白成分を日中ずっとつけて美白ケアができるだけでなく、シミが気になる肌を均一化するパール粉体の設計が素晴らしすぎて……! さすが資生堂」(編集G) つけていることで、シミをカバーしながら美白ケアができると同時に、シミの気にならない明るく透明感ある肌を演出するファンデーション。年間で3500時間にも及ぶ、日中のベースメイクをしている時間をまるまる美白ケアタイムに変える画期的なプロダクトだ。美白シリーズと同じ美白成分を配合するというレベルではなく、美容液の美白効果と美しい仕上がりを高次元で両立した傑作。 ベスト・オブ・美白化粧水/シャネル ル ブラン ローション HL 手軽な化粧水美白でしっとり潤わせて炎症に先回りケア―― 平 輝乃さん (150㎖)¥7,800/シャネル 「オイル入りのローションなのに、ベタつきを感じさせずにサッと浸透して肌の内側がしっとり潤う、洗練の使用感はさすがシャネル。美白だけでなく、炎症を抑えるウメフラワー エキス配合で紫外線ダメージをいち早くリセットできるのもいい」(平さん) 「何よりも乳液のような保湿力が魅力。美白化粧水は保湿力が弱いというイメージを軽やかに覆します。ひたひたと染み込む使用感も心地よい。アイコニックなウメ フラワー エキスとビタミンCのパワーで、日々透明感が増していく実感あり」(編集M) ローションの粒子を細かく均一にする独自技術で有用成分を美容液レベルに配合した美白ローション。細胞の活力を妨げ、色素沈着に深く関わるタンパク質モータリンの発現をコントロールし、制御するウメ フラワー エキスを配合。さらに脂質を回復させるウメ フラワー オイルで潤いをキープできる肌に。 ベスト・オブ・透明感美白/カネボウ イルミネイティング セラム オイルインというテクスチャーでかなう透明感+立体感―― 鵜飼香子さん [医薬部外品](50㎖)¥20,000/カネボウインターナショナルDiv. 「今年はオイルインの美白が気になります。このセラムはベタつかず、センシュアルなテクスチャーで、後肌はオイルによるツヤのヴェールができる感じ。だから立体感と透明感が格段にアップ。まぁるく品のいい肌に仕上がります」(鵜飼さん) 「首から下よりも明らかに暗くなった顔色にがっかりしていたのですが、これを使い始めてしばらくたった頃、ファンデーションが標準色より一段明るい色でもいいかもと言われるほどに。みずみずしさとコクのバランスがうまい使用感も好きです」(巽さん) 表皮に存在する老化物質にアプローチ。エイジングによる肌のくすみやにごりを払拭するブライトニング美白美容液。キメを整えながら、光を透過するなめらかで澄んだ肌へ。肌をみずみずしく包み込む、厳選したオイルによるなめらかなテクスチャーが秀逸。 ベスト・オブ・メラニン美白/メナード フェアルーセント 薬用ホワイトセラム シミの源流へぐんぐん染み入る高浸透セラム―― 藤井優美さん [医薬部外品](100㎖)¥10,000/メナード 「メナードの美白にかける情熱が素晴らしくて! シミの起源となる幹細胞へアプローチをするから、本気のシミ対策に。ぐんぐんと肌に染み渡るテクスチャーも奥まできちっときく感じ。私個人は毛穴まわりの黒ずみが抜けて肌がクリアな印象に」(藤井さん) 「幹細胞研究のパイオニアのメナードの美白は毎回注目しています。新作は肌に浸透したあと個人センサーでは内側にきいている実感120%。薄くなっては濃く復活する根深いシミと肌のくすみ感の両方をケアする“二刀流”美白ができます」(鵜飼さん) 長年の幹細胞研究をもとに進化し続けてきたフェアルーセントの最新作。シミの源流である色素幹細胞刺激物質WNT1と、それによりメラノサイトが増えることに着目。これを抑えるルーセントWエキスと美白成分、APM(安定化ビタミンC誘導体)を配合した美白美容液。 ベスト・オブ・美白クリーム/ポーラ ホワイトショット RXS “暑さヤケ”という新視点の美白で猛暑を乗り切れそう―― 小川由紀子さん [医薬部外品](50g)¥12,000/ポーラ 「暑さでもシミが増えるという着眼点の新しさに脱帽。いくら紫外線を防いでも猛暑の気温で不可抗力的にシミやくすみが現れるなんて嫌ですから。暑さにだれた肌をクールダウンするぷるぷるジェルのおかげで、夏に負けない気持ちになれるはず」(小川さん) 「みずみずしいジェル状で肌全体すみずみにまで塗り広げられるのがうれしい。シャバシャバの美容液だとちゃんと全顔塗れているかな、と思うときがあったけどそんな心配もなし。1個使い切った頃には透明感が全体的に底上げされた感じ」(編集I) 同じ人、同じUV量でも夏は日焼けしやすい。メラニンと気温の関係性について研究し夏の暑さがメラニンの生成量を増加させることを発見。ポーラオリジナル複合成分トラネキサム酸RXSを配合した美白ジェル。ジェルがみずみずしく弾け、長時間にわたり潤いが浸透していく処方も秀逸。 >商品のお問い合わせ先と電話番号はこちら SOURCE:SPUR 2019年6月号「新世界に輝く、美白&UVケア」photography: Takafumi Yamada〈angle〉 styling: Masayo Kooriyama〈STASH〉 illustration: Hiroyuki Suzuki edit: Teruno Taira logo design: Yutaka Kato
関連キーワード

RECOMMEND