クリスマスプレゼントに迷ったら? 2019年の星座別ラッキーアイテムに決まり!

non-no Web
毎日使えて、おしゃれセンスが高まる。
20歳からの名品

一生大切にできる特別なアイテムを手に入れて、素敵な大人になるための第一歩を踏み出そう。誕生日や成人式のプレゼントにも最適♡

12星座別

2019年の運気を上げる

ラッキーギフト

来年の全体運をお届け。運気を上げてくれるアイテムで、ハッピーな1年にしよう♪

牡羊座  メンズライクなもの

運気上昇中! 自分のペースがつかめるでしょう。長期の旅行に向きます。メンズライクなアイテムで冒険のような旅に出てみては? 旬な素材で季節感も。

キャップ¥6500/ハリウッド ランチ マーケット

牡牛座  大人っぽいランジェリー

環境の変化には、流れに乗ってみればうまくいきます。自分の気持ちが上がるような、大人っぽいランジェリーに新調してみて。上品なセクシーさが魅力的。

ブラセット¥6500/Ravijour ルミネエスト新宿店

双子座  エレガントな香水

対人関係がよくなるので、人脈を広げるのによい年。女性らしいローズの香りが、より素敵な人間関係を築いてくれそう。

フレンチローズオードパルファン100ml¥10000/フローラノーティス ジルスチュアート

蟹座  毎日頑張るための美容家電

日々のタスクを丁寧に。毎日を応援してくれる美容家電がおすすめ。なりたい肌に合わせた5種のコース。

スチーマー ナノケア EH-SA99¥42000(編集部調べ)/パナソニック 理美容・健康商品相談窓口

獅子座  人目を引くゴールドの小物

人の注目を浴びて輝く、そんな獅子座本来の魅力が発揮できます。ゴールドのアイテムでとびきり目立ってみて。

バレエシューズ¥4900/SENSE OF PLACE by URBAN RESEARCH キュープラザ原宿店

乙女座  リラックスできるルームウエア

自分を支えているものを知る、地盤固めの年です。人に見せるのではなく、部屋でリラックスできる癒やしグッズが吉。

ルームガウン¥13800/プライベート・スプーンズ・クラブ 代官山本店(PSC)

天秤座 / 新しい自分になれるメガネ

新しいことを始めたり、知識を蓄えるのに向く年です。流行のクリアフレームのメガネで新しい自分が見つかるかも。

(上)メガネ¥8000/JINS (下)メガネ¥40000/オリバーピープルズ 東京ギャラリー

蠍座  ごほうびスイーツ

今年頑張ったことの成果が出る年。とびきりのスイーツを自分へのごほうびにしてみて。果実をまるごと食べているような口どけ。

マンゴープリン(各)¥900/ザ マンダリン オリエンタル グルメショップ

射手座  赤の目覚まし時計

12年に1回の大活躍期。走りながら考える勢いで突き進んで。キーワードは赤、音の出るもの。朝から張り切って頑張るあなたを応援してくれます。

目覚まし時計¥19000/ビームス 新宿(Punkt.)

山羊座  癒やしのバスグッズ

自分のペースを守ってゆっくり過ごして。バスタイムを癒やしの時間にしてくれるグッズが◎。死海のミネラルでスペシャルケアを。

ボディスクラブ ウッディーパチュリ 600g¥5371(限定発売)/SABON Japan

水瓶座  最新機能つきスピーカー

交流が増える年。趣味を深めるものを使えば、もっと友達が増えるかも。新ワイヤレス機能搭載のスピーカーで、どこでも好きな音楽を楽しもう。

スピーカー(各)¥10880/ハーマンインターナショナル

魚座  ヴィンテージ風アイテム

活躍の場が増え、頑張りどころ。積み重ねが重要なので、古いものを大切にして。

(左)スカーフ¥5000/アニエスベー(トゥービー バイ アニエスベー) (右)スカーフ¥2300/AG バイ アクアガール



2019年1月号掲載

▼ 関連記事もチェック!

クリスマスに忘年会にバレンタインetc.と年末年始はLOVEチャンス満載♪ この冬、恋をGETしたいアナタに11月20日~2月20日までの恋愛運を12星座別にたっぷりお届け!
天文心理学やホロスコープカウンセリングにも詳しいアイラ・アリス先生が占う12星座占いで、11月20日~12月18日までの運勢を見てみよう♪
一生大切にできる特別なアイテムを手に入れて、素敵な大人になるための第一歩を踏み出そう。誕生日や成人式のプレゼントにも最適♡【20歳からの名品スペシャル】
撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/高野麻子 構成・原文/久保田梓美 web構成/篠有紀 web編成/レ・キャトル 占い監修/アイラ・アリス 撮影協力/UTUWA
関連記事
  • アーティスト・伊藤千晃さん愛用の香水は?大人の女性として、ひとつは持っていたい香水。でも、お気に入りの香りを見つけるのって本当に難しいですよね。 素敵なあの人は、お気に入りの香りをどう見つけて、何を使っているのか気になっちゃう!! そこで、今話題の素敵女子が使っているアイテムを調査。今回は、可憐な歌声と美貌で私たちを魅了するアーティスト・伊藤千晃さんに、愛用アイテムを教えていただきました!自分と一体化する香りを味方につける「アーティストであり、ひとりの女性としての“伊藤千晃”を形づくろうと奮闘していた20代。周りに素敵な香りをまとった尊敬する大人が増えたことがきっかけで、私も自分だけの香りを探し始めるように。そうして出合ったのが、今でも憧れている女性が当時つけていた『グタール』のプチシェリー。もう6年ほど愛用している香りで、おまじないをかけるように、ステージ前の緊張を解きほぐしてくれたり、物ごとをスムーズに進めるための集中力を引き出してくれるんです。ファンイベントの時には、みなさんの記憶に残る特別な一日になってほしいという願いをこめて、この香りを必ず会場にふっています。『グッチ』は、30代になってから出合えた運命の一本。今の私の気分を表してくれていて、気持ちを高めたい時に頼りになるんです。これから何年のつきあいになるか楽しみ」トップス¥17000・パンツ¥27000/CASA FLINE表参道店(CASA FLINE) ヘアバンド¥5800/カリテ スケープ コレド日本橋店(ラ メゾン ド リリス) ピアス¥6500/フィルム(ダブルスタンダードクロージング(右)『グッチ』 グッチ ブルーム オードパルファム(左)『グタール』 プチシェリー オードパルファム「直感で恋におちた2本。香水選びで迷った時は、信頼できる友達にアドバイスをもらうのがおすすめです」。(右)ジャスミンや南インド産の希少な花などを調合した華やかな香り。グッチ ブルーム オードパルファム50㎖¥10800・(左)洋梨×ピーチが、爽やかさと愛らしさを兼ね備えた香りを実現。グタール プチシェリー オードパルファム100㎖¥25300/ブルーベル・ジャパン「左手首にワンプッシュして右手首にこすり合わせます。次にその両手首を首にこすり合わせるのが基本のつけ方。華やかに香らせたい時は、上空に2プッシュして体全体にまとう贅沢使いをします」[PROFILE]1987年1月10日生まれ。アーティスト。ビューティ雑誌『MAQUIA』のMAQUIA ONLINEにて連載を持つほど美容フリーク。ソロ初のミニアルバム『New Beginnings』が発売中『王様のブランチ』出演中・渡辺早織さん愛用の香水は?大人の女性として、ひとつは持っていたい香水。でも、お気に入りの香りを見つけるのって本当に難しいですよね。 素敵なあの人は、お気に入りの香りをどう見つけて、何を使っているのか気になっちゃう!!  そこで、今話題の素敵女子が使っているアイテムを調査。今回は、『王様のブランチ』出演中の渡辺早織さん愛用アイテムをチェック♡直感で選び取る、自分だけの香り「香り選びは、直感を大切にしています。人との出会いに似ているかも。一度会ったら忘れないような、ひとひねりきいた香りが好きで、『ジョー マローン ロンドン』はまさにそんな一本。お仕事では、第一線で活躍する方にインタビューをさせていただく機会が多く、毎回緊張感があります。でも、この香りがあれば、いつもの自分を思い出させてくれる! プライベートでももちろん、香りは日々を彩ってくれるもの。お酒に合わせて食事を楽しむのが好きで、おすし屋さんでは、時計をはずすように香りもはずすのがエチケット。フレンチなどのドレスアップする食事シーンでは、エディブルフラワーのようにほんのり香らせるのが私の掟です」ブラウス¥34000/クチューリフ アトレ恵比寿店(STAIR) リング¥28000/UTS PR(ReFaire) パンツ/スタイリスト私物『ジョー マローン ロンドン』イングリッシュペアー&フリージア「最初につけた時は爽やか、時間がたつと優しい甘さを感じる。メロディのように美しく変化する香りに惚れました。クセがないけど、忘れられない香りです」。洋梨とフリージアをベースにした一本。ジョー マローン ロンドン イングリッシュ ペアー & フリージア コロン100㎖¥16000/ジョー マローン ロンドン「『王様のブランチ』の取材時は、衣装のはっぴの裏にひと噴き(笑)! 普段は、手首にワンプッシュしてこすり合わせたら、それを首もとにもこすり合わせるのがスタンダードなつけ方。ドレッシーな装いの時は、デコルテにもワンプッシュ」[PROFILE]1988年1月19日生まれ。タレント、女優。『王様のブランチ』(TBS系)の人気コーナー「買い物の達人」で案内人を務める。唎酒師の資格を持ち、香りには敏感美容家・岡本静香さんが愛する香りとは?人生のステージとともに変化する香り「華やかで女性らしい香りを好む私が、香水の発表会で出合って以来、愛用している『フエギア 1833』のンブクルジャー。デザートのような甘さを持つ香りなので、初めは少しためらったほど。でも、ひと噴きしてから少しずつ私の肌の香りと合わさった途端、甘さが和らいで理想の香りに変化! 今では主力選手のフレグランスです。その日の気分、着たい服、抱いてもらいたい印象、さらには結婚や妊娠などのステージの変化で好きと思える香りは変化するもの。だから、私はいくつかの香りをストック。ライフイベントが多いモア世代だからこそ初めから“自分の香り”を一本にしぼらず、自分の嗅覚に素直に、柔軟に香りを楽しむのも手ですよ」ワンピース¥13800/ティアンエクート イヤリング¥7000・ネックレス¥22000・リング(右手)¥12000・(左手)¥14000/ete インナー/スタイリスト私物(右)『ルラボ』ROSE 31 (左)『フエギア 1833』ンブクルジャー(右)「数年前、ユニセックスなローズの香りを求めていた時に出合いました。やわらかいファッションやメイクの時に重宝しています」。N.Y.発のブランド。ローズに、クミンやシダーなどウッディでスパイシーな香りを配合。ルラボ オードパルファム ROSE 31 50㎖¥21600/LELABO 代官山店 (左)パッションフルーツやレモン、パナマミルクをキーノートにした一本。フエギア 1833 ンブクルジャー100㎖¥28700〜(価格変動の可能性あり)/FUEGUIA 1833 東京本店「腕にちょうどワンプッシュ出したら、指先に香りを取って、デコルテまわりなどになじませるようにつけます。ドレスアップする場面では、足を組み替えた時に香るよう、太ももにつけることも」[PROFILE]美容家。主宰するオンラインメディア『biishiki』は、誰もがきれいになれる美容動画やコラムが大好評。常備している香水は、15本ほどモデル 武智志穂さんが愛する香りは、『ジバンシイ』オーデ ジバンシイ オーデトワレ毎日に花を添えてくれる香りの作法「私にとって香水は、なにげない毎日に特別な気持ちにさせてくれる魔法みたいなアイテム。香水が好きな母親の影響で子供の頃から憧れがあって、初めて自分だけの香水を手に入れたのは、中学2年生の頃。それから年齢を重ね、いろんな香りを試すようになり出合ったのが、『ジバンシイ』のこの一本でした。シーンを選ばずつけられる好感度の高さと、少しスパイシーでありきたりではないバランスのよさが気に入っています。家を出る時に、首にひと噴き。片手首にワンプッシュしてこすり合わせたら、両手首を耳の後ろにこすりつけるのが基本。TPOに合わせてつけ方や量を調整することも、大人の女性の仲間入りができた気にさせてくれるんです」ジバンシイ オーデ ジバンシイ オーデトワレ100㎖¥10000/パルファム ジバンシイプロトラベラー® 櫻井千尋さんが愛する香りは、『シャネル』チャンス オー タンドゥルオードゥ トワレットと『バイレード』LA SELECTION NOMADEどこにいても気分を高めてくれる香りを携帯「プロトラベラー®として、世界中旅をすることが仕事の私。旅先にも持っていきやすいミニサイズで愛用しているのが、『バイレード』のトラベル用フレグランスセットです。男女問わず好まれる香りがそろったブランドで、なかでもブランシュという軽やかな香りがいちばんのお気に入り。仕事、プライベート問わず愛用しています。香りを楽しみながらビーチなどでゆっくり過ごしたい時は、ジプシーウォーターという香りが活躍。夜出かける時には、香り立ちの華やかな『シャネル』のチャンスをまといます。香り選びは、服のコーディネート選びに似ていて、その日の気分やシチュエーションに合わせてチョイスするのがセオリー。普段は、動いた時だけに香るように手首と耳の裏に。休日や夜に出かける時は、胸もとと足首にもつけ足して気分を上げています」(左)シャネル チャンス オー タンドゥル オードゥ トワレット50㎖¥9000/シャネル (右)バイレード トラベルケース¥15000・LA SELECTION NOMADE(12㎖× 3 本セット)¥12550/エドストローム オフィスファッションディレクター 野尻美穂さんの愛する香りは、『ジョー マローン ロンドン』ブラックベリー & ベイ コロンファッションの一部としての香り「香水への興味が目覚めたのは高校生の時。当時は、友達と買った香水をアトマイザーで分けあって、いろんな香りにトライしていました。そんな私がたどり着いたのが、『ジョー マローン ロンドン』。よく人からほめられるブラックベリー & ベイと、肌なじみがよく、自分の香りとして毎日つけているバジル & ネロリを5年ほど前から愛用しています。香水選びで、香りの次に重要視しているのが、ボトル。私にとって香水は、ファッションの一部です。デザインが素敵であれば、多少奮発してでも手もとに置いておきたくて購入してしまうほど。香りだけでなく、デザインもいいとときめきが増すんです。この一本は、シンプルだけど高級感のある佇まいに心奪われました」ジョー マローン ロンドン ブラックベリー & ベイ コロン100㎖¥16000/ジョー マローン ロンドン取材・文/海渡理恵 撮影/嶌原佑矢(伊藤さん、渡辺さん) 岡本 俊(岡本さん) 恩田はるみ(P131、P134〜135) ヘア&メイク/吉㟢沙世子(io/伊藤さん) 北原 果(渡辺さん、岡本さん) スタイリスト/JURIKA.A(伊藤さん) 平田雅子(渡辺さん) 梅林裕美(岡本さん) 福永いずみ(P131、P134〜135製品)
  • 「バー&グリル ダンボ」にて、明日1/17(木)から2/14(木)までの期間限定!大好きなボディケアブランド『SABON』から素敵なニュースが到着しました! 女子会スポットとして人気急上昇中の『ザ ストリングス 表参道』。その2階にあるレストラン「バー&グリル ダンボ(BAR & GRILL DUMBO)」に、『SABON』コラボレーションディナーコースが登場するそうです♡その名も、「SABONコラボレーションディナーコース“ローズスプラッシュ(ROSE SPLASH)”」。このコースは、同じく明日1/17(水)から登場する『SABON』のバレンタインコレクション「ローズスプラッシュコレクション」にインスパイアされた、ローズとピンクの世界♡♡新作の「ローズスプラッシュコレクション」美しい色彩と選りすぐりの素材。まるでアートのようなディナーコース。気になるメニューは、前菜・サラダ・魚・肉・デザート・食後の飲み物の全6品♡前菜は「北海道産丸ごとモッツァレラチーズとトマトのカプレーゼ」彩り豊かで歯ごたえも楽しいサラダ「オリーブ アボカド トマトチョップドサラダ ローズドレッシング」魚料理はフレッシュピンクのビーツヨーグルトソースが目を引く「メカジキのグリル クリスピーピタと、レモン、ビーツのヨーグルトソース」肉料理は赤大根を使ったピンクのピュレと、甘めソースのバランスが絶妙な「信玄鳥もも肉のハーブグリル 燻製したバニラ風味のジュ・ド・ヴォライユ」デザートは「オペラ ローズゼリーとバニラアイスを添えて ローズスプラッシュ風」食後の飲み物は甘酸っぱい「ローズヒップティー」。コーヒー、紅茶を選ぶこともできますよ。また、ディナーコースをより堪能するためにオーダーしたいのが、オリジナルカクテル「ローズアンペリアル」。ロゼスパークリングにフランボワーズリキュールとクランベリージュースをプラスした一杯です。嬉しい特典や、プレゼントつきもある!! 4つのプラン、あなたはどれにする?このディナーコースを楽しむプランは全部で4つ。1つめはシンプルにディナーコースを味わう【スタンダードプラン】。2つめは、記念日や誕生日にぴったりの【デートプラン】で、「ローズコレクション」のギフトボックスとオリジナルカクテルつき。3つめは【バレンタインプラン】。『SABON』の男性向けシリーズ「ジェントルマン」のトラベルキットつきです。そして、4つめは【女子会プラン】。オリジナルカクテルと、「ボディ オイル ローズスプラッシュ」が当たるかもしれないプレゼントボックスがついていますよ!また、全てのプランに、『SABON』表参道店で引き換えることができるプレゼントチケットがついています♡♡【デートプラン】の「ギフトボックス」【バレンタインプラン】の「ジェントルマン」トラベルキット【女子会プラン】のプレゼントボックス【女子会プラン】で当たりが出たらもらえる、豪華な「ボディ オイル ローズスプラッシュ」デートでも女子会でも行きたい超リッチ&スペシャルなディナーコースを見逃さないで♡■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■「SABONコラボレーションディナーコース“ローズスプラッシュ(ROSE SPLASH)”」期間:1/17(木)~2/14(木)時間:18:00~22:30(L.O 21:30)場所:ザ ストリングス 表参道 2F「バー&グリル ダンボ」料金:スタンダードプラン 1名 ¥6000デートプラン 2名¥22000バレンタインプラン 2名¥15000女子会プラン 1名¥6800 ※2名から予約可※すべて税・サ込→予約や詳細は、公式サイトから
  • 潤う門には福来る。いつでもうるうるな唇にするためのテクニックをBBB(バイラビューティブレインズ)に伺いました。保湿ワザに学んで、みずみずしい唇にしよう!【Lip】カピカピ唇をウルウルにするには?LA CARPE代表 新井ミホ/美容ジャーナリスト 木更容子 「いつもポケットにリップ」 「プチプラリップを、家のいろいろなところに置く」(新井さん)、「バッグやポーチに複数持ち」(木更さん)。(右から)「メイクに響かず、しっかり潤う」(木更さん)。マキアージュ ドラマティックリップトリートメント EX 4g ¥2000(編集部調べ)/資生堂 「手頃な価格のオーガニック」(新井さん)。アルジェラン オイル リップスティック(ネロリ&オレンジ) 4g ¥555/カラーズ美容家 小林ひろ美 「唇に角質ケア」 「マメに保湿しても乾くのは、唇の皮膚の生まれ変わりのリズムが滞っている証拠。リンゴ酸配合のリップバームで、保湿しながらやさしく角質ケアを」。セブンフロー ハーバルリップ 8g ¥2800/美・ファイン研究所松倉 HEBE DAIKANYAMA院長 貴子 「ベタつきが苦手な人にも」 「乾燥や荒れからガードしてふっくらリップに。血行を促すビタミンPを配合。エッセンスタイプなので、ベタつきが苦手な人にもおすすめです」。スノウ ザ リップ 15g ¥3000/松倉クリニック代官山美容ジャーナリスト 小田ユイコ 「カピカピ唇を今すぐウルウルに」 「カピカピになった唇を今すぐウルウルにしたいときは、ヘレナのリップ用オイルでラッピング。ベタつかず、ルージュを重ねてもきれい」。リプラスティ R.C. リップソーク 6.5㎖ ¥8200/ヘレナ ルビンスタイン撮影/さとうしんすけ 取材・原文/長田杏奈 ※2019年BAILA2月号掲載
  • ライナーつきで、真冬も大活躍!旬のチェックは細かい柄がコーディネートしやすい明日のイベント会場の下見は部下がメインに動いている案件。なので私のコーディネートは落ち着いた茶系のグラデーションでまとめてサポート役に徹して。とはいえチェック柄コートのスパイスで、ぼやけた印象にならないように気をつけて。トレンチコート¥86,000/ザ ストア バイシー 代官山店(コキュカ) シルクシャツ¥28,000/サザビーリーグ(エキップモン) ワイドパンツ¥38,000/クルーズ(ELIN) ピアス(片耳)¥13,000/ヒロタカ 表参道ヒルズ(ヒロタカ) バングル¥10,000/ココシュニック オンキッチュ 有楽町マルイ店(マージョリー・ベア) ストール¥52,000/グリニッジ ショールーム(ジョシュア・エリス) バッグ¥360,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ) 靴¥40,000/ザ・グランドインク(ロランス)撮影/金谷章平 ヘア&メイク/平元敬一 スタイリスト/福田亜矢子 モデル/高垣麗子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼パンツコーデをもっと見る
  • 一人ひとりの“ベストな眉”が手に入る時代がやってきた 雑誌の美容特集の中でも、特に悩みが多岐にわたるのが“眉”。トレンドの移り変わりが早いこともあるけれど、「そもそも私のベストな眉って何?」と大人になってもなかなか解決されないこの問題に、イプサが助け船を出してくれた。ポイントとなるのは、のっぺりとしてしまったり、描きました感のあるわざとらしい眉から脱却する“隙間づくり”の概念。ブランド独自の肌測定器を使い、その人に合った眉リキッド+ペンシル+マスカラの3種の組み合わせを提案する。中でも秀逸なのが、眉マスカラ。小さいスクエア形のブラシの角が、キャッチしにくい短い眉も拾い上げながら色みのニュアンスをオン。しかも質感はまるで素眉のように自然で、長い柄も使いやすく「地肌についちゃった!」なんてことにもなりにくい。クリアを含む全4色から、自分だけの一色を見つけてみて。 トレンチコート¥135,000/ヴァリアス ショールーム(エイトン) シャツ¥20,000/ヘリーハンセン原宿店(ヘリーハンセン ロイヤル マリン クラブ) タートルトップス¥18,000/オーラリー ピアス/本人私物IPSAクリエイティブ アイブロウ エレメンツ アイブロウマスカラ 02 PKBE ¥5,000〈2019年1月11日発売・アイブロウリキッドライナーとペンシルとの3点セット販売〉/イプサ ●使い方まず眉山~眉尻部分のみ毛流れに逆らうようにコームバックを施し、眉毛の裏側までしっかりと液を塗布する。次に、眉頭から全体の表面をとかすようにスッスッと毛流れを整えて。そうすることで、重さを感じさせることなく、眉にヌケ感を宿すことができる。 今月の東京女子/MASAKO.Yアーティスト。ロンドンのセントラル・セント・マーチンズを経て、コラージュやペイント、オブジェなどを制作。活動内容は多岐にわたり、現代アート界で注目を集めている。Instagram:@m23artspace >商品のお問い合わせ先と電話番号はこちら SOURCE:SPUR 2019年2月号「東京買ワネバコスメ」photography: Keisuke Kitamura make-up: Nao Yoshida hair: Kazuki Fujiwara〈Perle〉 styling: Arisa Tabata model: MASAKO.Y edit: Kazuko Moriyama
  • 没後30年を経て、今なお人々を熱狂させるジャン=ミシェル・バスキアは、希代のアーティストであり、ファッションアイコンでもある。彼の作品と人生のように、ストリート、トライバル、インテリジェンス……とさまざまなジャンルを内包するハイパーミックス・スタイルで、新しい年、新しい季節は、モードのボーダーを自由に跳び越えて。 はじまりは、「グレイズ・アナトミー」彼の絵に子どものような無邪気さと知的なたくらみが共存していたようにバスキアのスタイルには、「計算された無造作」ともいえるさりげないツイストが随所にあった。プレッピーなシャツにタイを少しだけずらして着るのもバスキア流。スリット入りジャージパンツでスポーツモードをミックスマッチ。パンツ¥162,000/ステラ マッカートニー カスタマーサービス(ステラ マッカートニー) コート¥19,400/ドルーク ニット¥7,800/ヘイト アンド アシュバリー シャツ¥12,000/ラボラトリー/ベルベルジンⓇ タイ¥7,000/バースデス マフラー¥8,000/ジャンティーク 靴¥13,800/ボストック ソックス/スタイリスト私物 「グレイズ・アナトミー」といってもバスキアが愛したのはイギリスの解剖学者ヘンリー・グレイが19世紀に書いた医学書。幼い頃、入院中に母親からこの本をもらった彼は、以来、人体の構造に興味を持ったという。ヴィンセント・ギャロと組んだバンドの名前も「グレイ」。人体の中までのぞき込むような彼の知的なアートのルーツは、実は現代の人気テレビドラマともリンクする。 モードなバスキア端正なジャケットの背中にはベージュの切り替えと水墨画のようなフラワープリントが。バスキアが好んだロゴTシャツとチェーンネックレスは80年代ブルックリンへのオマージュ。 ジャケット¥314,000・パンツ¥92,000/ロエベ ジャパン カスタマーサービス(ロエベ) Tシャツ¥2,900/原宿シカゴ 原宿/竹下店 ネックレス¥5,900/カメレオンウェアハウス ジャケットにつけたバッジ(上から)¥900・¥700・¥500/サンタモニカ渋谷 ヘルメット/スタイリスト私物 1987年のコム デ ギャルソン オム・プリュスのショーではモデルとしてランウェイを歩き、絵を描くときもアルマーニやイッセイ ミヤケのスーツを着る。一方で思い切りストリートやアフリカンなスタイルも楽しんだ。自由なバスキアのファッションスタイルはモードマニアを今でも魅了する要素のひとつ。そのスタイルはとても“知的”で“エレガント”だったと形容されることも。最高にモードな褒め言葉だ。アンディ・ウォーホルに憧れてボーホーシックなデニムフーディにヴィンテージのレインボーベストを重ねた、レトロなファイタースタイル。レザーにシルバー刺しゅうでペイズリー柄を立体的に表現し、グラマラスなムードもプラス。トップス¥105,000・パンツ¥490,000・ベルト¥365,000(参考価格)/イヴ・サンローラン(サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ) ベスト¥6,463/ロンガブ グローブ/スタイリスト私物 27歳で亡くなるまでの間に驚くほどのスピードで夢をかなえたバスキア。ポップアートの旗手だったアンディ・ウォーホルにソーホーのレストランでポストカードを売って喜んだのは18歳の頃。その後再会し、’85年には共同展覧会を開催。子どものように楽しむ当時のポスターは今でも新鮮だ。そのときのコラボレート作品がほとんど売れなかった、というのも驚くべき話ではあるけれど。Who is "SAMO" ?スプラッシュペイントをアクセントにしたオーバーオールは、足もとにフェザーのついたパンタロンを重ねることで唯一無二のグランジスタイルに。 ニットカーディガン¥195,000・中に着たパンツ¥187,000(ともに予定価格)/ミュウミュウ クライアントサービス(ミュウミュウ) オーバーオール¥12,800/ローズ下北沢 ネルシャツ¥7,800・Tシャツ¥6,800/ボストック 靴¥22,900/バド バンダナ¥3,800/ラボラトリー/ベルベルジンⓇ バスキアのアーティストとしての始まりは、17歳の頃。学校の友人アル・ディアスと始めた"SAMO"。"Same Old Shit"の略で、ふたりは架空のキャラクターとして地下鉄やストリートにアーティなグラフィティを描き始めた。街にあふれるただの落書きではなく、詩的かつ政治的なメッセージを込めたグラフィティが、見る人の心に届くのに時間はかからなかった。’70sと10代の頃バスキアが10代を過ごした70年代に捧げるポップなカラーレイヤード。パディングのトラッパーハットやキッチュなプラダのロゴトップスでラグジュアリーなミックスマッチを楽しむ。トップス¥99,000・帽子¥66,000(ともに予定価格)/プラダ クライアントサービス(プラダ) 中に着たトップス¥12,800/フェイクアルファ パンツ¥16,500/バースデス ベルト¥2,500/BIG TIME下北沢 靴¥15,900/バド ソックス/スタイリスト私物 ハイティーン時代はまさに70年代の終わり。クラブシーンがそのままアートの発信地で、ダウンタウンは刺激的な無法地帯だった。サラ・ドライバーが監督した最新ドキュメンタリー映画『バスキア、10代最後のとき』(12月22日公開)には、そんな時代の見ているだけでヒリヒリするようなNYと、今も誰かの中にリアルに生きる魅力的なバスキアの姿が描かれている。ひと目会ったら思わず恋に落ちてしまいそうな。"I am not a black artist,I am an artist."ヴィンテージライクなスカーフプリントのセットアップは、タフなバイカージャケットと合わせてグラマラスに。パターン・オン・パターンのミックスで美しいカオスをつくり出す。ジャケット¥725,000・トップス¥470,000・パンツ¥190,000・ネックレス¥170,000/グッチ ジャパン(グッチ) シャツ¥5,900/サニー サイド アップ下北沢店 靴¥49,900/サイダー 帽子¥19,800/リオール 腕に巻いたスカーフ¥3,900/ローズ下北沢 ソックス/スタイリスト私物 ただその才能だけを評価されること。彼が願い、政治や人種問題について彼らしいアプローチで表現をしていた70~80年代、名だたる美術館には白人アーティストの絵ばかりが並び、"ブラック・ピカソ"と呼ばれた彼の絵には黒人ぺインターというフィルターがかけられていた。そして今、パリのフォンダシオン ルイ・ヴィトンには、エゴン・シーレとバスキアの絵が一緒に並ぶ。この景色を彼が見たら、どんな言葉を紡ぐのだろう? >商品のお問い合わせ先と電話番号はこちら SOURCE:SPUR 2019年2月号「わたしはバスキア」photography: Mitsuo Okamoto styling: Tomoko Iijima hair: Koichi Nishimura 〈angle〉 make-up: DAKUZAKU 〈TRON〉 model: Ana Paula
  • ペナン島の旅行記、 お読みいただきありがとうございます。 世界遺産に登録されている街であること、 物価の安さ、 ホテルの快適さ、 お伝えしてきましたが、 ペナン島に行くなら是非立ち寄って欲しい場所があります。 それは 「オランウータン リハビリセンター」。 あ、 怪我したオランウータンがリハビリしているわけではありません!笑 湖を船で渡り、オランウータンの住む島に行くのです! なぜオランウータンなのか、と言いますと、 オランウータンって今後絶滅してしまう恐れが非常に高い生き物なんだそうです。 その理由は 「赤ちゃんの頃におへその病気になってしまう子が多い」 そうで、 病気の子が生まれてしまうと、お母さんオランウータンが育児をやめてしまうそうです。 医師がいなければ治らないため、 オランウータンを増やし、育てるためには、人の力が必要なんだとか。 そんな中で、このマレーシアでは オランウータンを絶滅させないように、と 保護区が3つもあり、医療の体制も整えているのです。 そんな話を聞いてから会いに行ったオランウータン。 尊い。 そして可愛い。 この子は生まれて間もない 赤ちゃんオランウータン。 病気もなく、すくすくと育っています。とっても元気いっぱいで、 木の枝を渡してくれて、 綱引きに誘ってくれました←勝手な解釈。 はっけよーい のこったのこったーーーー!!←もはや相撲。両者譲らず。 しかし、赤ちゃんオランウータンが本気を出したところ、 勢い余って、、、、、 ひっくり返ったーーーー!!!! そしてなぜか私も同じポーズーー!! その後もなんども 木の枝をこっちに渡してきて、 とっても愛らしかったです。 こんなにオランウータンと至近距離で触れ合えるなんて 初めてでした。 他にもたくさんのオランウータンがいて、 のんびりと過ごしていました。 島に住んでいるので、 動物園の雰囲気とは全く違い、 リラックスして生活しているなと思いましたよー。 日本にはない環境を知ることができるのも、旅の醍醐味です。 この施設がずっと存続するためには、資金が必要ですし、 観光客の力も必要だと感じました。 オランウータンがずっとこの世界にい続けられますように。スーパーバイラーズ 堤友香のブログ
  • 日々たくさんの情報を発信してくれるモア公式ブロガー【モアハピ部】。彼女たちのブログには、ファッション、ビューティ、グルメなどモア世代がハッピーに過ごすヒントがたっぷり!今週人気のあったファッション・ビューティー・ライフそれぞれのランキングを発表しちゃいます☆ 今モア世代がリアルに気になっていること、注目していることをチェック♡ ※記事発信時点での情報のため、入手困難な場合や、販売・セール・イベント等が終了している場合があります。まずはファッションの人気記事から!モアガールは『ユニクロ』、『GU』、『テチチ』がお好き♡【ファッション人気記事】♡第3位♡『テチチ』初売り戦利品! 第3位は、No.613 みおしーさんが初売りセールで購入した『テチチ』のニットセットアップ。上品に着まわせて超使える♪ とご満悦です♡ ▶︎▶︎上下で¥7000!♡第2位♡今週のコーデまとめvol.44 第2位は、No.395 みそさんがお届けしてくれている【甘めカジュアル派の7days】。『ミスティック』の福袋の中身を着まわしてみたり、参考になるコーデをチェックしてみて。 ▶︎▶︎お仕事コーデも♡第1位♡プチ旅行の参考に 第1位は、No.562 しょこたうるすさんが教える『GU』、『ユニクロ』4アイテムで3日分の着まわし! イエローのニット×ジャンパースカートをあわせてみたり、真似できるコーデにご注目♪ ▶︎▶︎ちゃんとおしゃれ!今話題のアイテムは『ディオール』、『ソフィーナ』のこれだ!【ビューティー人気記事】♡第3位♡「ディオール アディクト リップ マキシマイザー」 第3位は、No.570 しんしんさんがお守り♥と言い切る「ディオール アディクト リップ マキシマイザー」。発売されたばかりの新作をGETできてハッピーな様子。 ▶︎▶︎007 ラズベリーに一目惚れ! ♡第2位♡土台美容液がすごい! 第2位は、No.655 Yukipiさんが試した『ソフィーナ』の「土台美容液」。乾燥気味だったのが つい触りたくなるような肌質になったと大絶賛です♪ ▶︎▶︎これは買い! ♡第1位♡なくてはならない必需品 第1位は、No.497 ayachilleさんの、帰省や旅行の際の化粧ポーチスタメンラインナップ! 『無印良品』のポーチの中には、『セルヴォーク』や『アディクション』のあのアイテムが!! ▶︎▶︎季節によっても変わります♪ 圧倒的人気★『PAUL』四谷店の日曜日限定モーニングブッフェ!!【ライフスタイル人気記事】♡第3位♡浅草食べ歩きグルメ 第3位は、No.525 mikiさんが紹介する浅草の食べ歩きグルメ4選。おかきにお団子、コロッケなど、絶妙なラインナップを見逃さないで♡ ▶︎▶︎どれもこれもおすすめ ♡第2位♡初詣で神社巡り! 第2位は、No.680 まぐちゃんさんが初詣で訪れた埼玉の「氷川神社」、東京の「愛宕神社」と「明治神宮」を紹介。御朱印もお正月仕様で満喫できたそう♪ ▶︎▶︎良い年になりますように ♡第1位♡『PAUL』のモーニングブッフェ! 第1位は、No.366 Yumiさんが朝6:40分から並んだ『PAUL』アトレ四谷店限定のモーニングブッフェ!! 日曜日にしか開催していないブッフェでは、カヌレやクロワッサンなどのパンはもちろん、グラタンやキッシュ、パスタなど、種類が豊富で大満足!!! ▶︎▶︎並ぶ価値ありすぎ ★今回のランキングは1/7(月)~1/13(日)のデータをもとに作成しました。モア世代の"リアル"が詰まった記事をお見逃しなく!→モアハピ部の最新ブログはこちらから
関連キーワード

RECOMMEND