あの大人気レストラン!シェフミッキーに行ってきました♡

non-no Web
シェフ姿のミッキーに会えることで大人気のレストラン、シェフミッキーにいってきました!
東京ディズニーリゾートでは、11月8日からクリスマスイベントが始まるので段々と飾り付けがクリスマス仕様になってきています🎄

1/3

2/3

3/3

店内を見渡すとたくさんのミッキーが💗

1/2

2/2

お食事は90分制限のビュッフェ形式です🍴
どれも美味しくて大満足✨

1/4

2/4

3/4

4/4

そして1番のお目当て!
シェフ姿のミッキーたちとのグリーティング😍食事をしている席にまわってきてくれます🙌🏻
この他にドナルドとデイジーにも会うことができました♩
クリスマスディズニーもとても楽しみです🎁


❁鶴岡 舞子❁


関連記事
  • こんばんは★ TOKYO PANDAです。1月ももう後半、時間が経つのはなんて早いのだろうと思いながら過ごしています。年始に少し時間ができたので、千葉県の南房総・館山までプチ旅行をしてきました♪南房総エリアといえば!海ですよね~!特に、館山近郊の海はとってもキレイ。これから春の暖かい時期に海を眺めに行くのも、リラックスできてオススメです。安くて美味しいお刺身や、人気の「ピーナッツソフトクリーム」を満喫♪せっかくのプチ旅行、やっぱり食事も大事!私が南房総で絶対に食べるのは、お刺身です。新鮮で厚切りで、とってもおいしいんですよ。しかも東京の半額程度でお刺身やお寿司が食べられちゃうんです♪そして、千葉といえばピーナッツ!『木村ピーナッツ』の直売店『ピネキ』のピーナッツソフトクリームを食べました♪『ピネキ』のソフトクリームは、ピーナッツの味が濃厚で本当においしい! メディアでも話題になり、お店はいつもたくさんの人で賑わっています。館山へ行ったらマストです♪ 人気のソフトクリーム以外にも、『木村ピーナッツ』の落花生やお菓子など、お土産もいろいろ揃っていました!また「全国道の駅グランプリ2000」で最優秀賞を受賞した『道の駅とみうら枇杷倶楽部』は、施設が充実しているのでオススメです。売店やレストランはもちろん、外にはお花畑やきれいな小川があったり、シーズンになるといちご狩りができたりと、自然も楽しめるんです。とっても広い休憩スペース! イベントや展示をやっていることもあるみたいです天気がよかったので、お外でゆっくり寛げました。きれいに手入れされた花壇もきれい♪空気も澄んでいるし、設備もきれいで寛げるので、館山でぜひ立ち寄ってほしい場所のひとつです。そんな年始の南房総へのプチ旅行でした。今年は久しぶりの東京生活なので、日本のいろんな場所へ素敵なスポットを探しに行ってみたいと思います(o^―^o) TOKYO PANDA 中国、台湾在住を経て、17年ぶりに日本へ帰ってきたブロガー・TOKYO PANDAが見つけたかわいいもの♪ 美味しいもの♪ 時たま恋愛話?! をご紹介☆ 留学中に開設したブログが中国全土で注目を集め、日本でも多くのTV番組に出演。現在は子育てをしながら、オンラインセレクトショップを運営しています。
  • ノンノ専属読者モデル・カワイイ選抜の「冬私服」をお届け! トレンド感も個性も兼ね備えたコーデを紹介するよ。読モだからこそ知っている"自分を可愛く見せる方法"がわかるかも...! 是非参考にしてみてね♡新作の冬服大量購入!モテコーデ紹介♡ part1 No.49 宇佐神星 読者の皆さんにとって役立つ"カワイイ"情報を発信していけるように頑張ります 【クリスマスデート...コーデどうする?!】全身1万円以下!プチプラでモテるコーデを手に入れよう!♡˖꒰ᵕ༚ᵕ⑅꒱ No.15 小島七海 プチプラ服やダイエット、関西のグルメ情報を発信できるよう頑張ります 簡単こなれヘア&大人っぽワンピ☺︎ No.53 藤田玲奈 コンプレックスがあっても可愛なれる方法を発信していきます! 藤田玲奈のブログ 他の画像を見る
  • 1/11(金)、ついに開業した『三井ガーデンホテル金沢』。さっそくご招待いただいたライターみかりんが、その素晴らしさをレポートします!レポート後編では、気になるお食事、和菓子作り体験、ホテル内に散りばめられたアートの数々など、もりだくさんでお届けしますよ!→素敵なお部屋やお風呂については前編をチェック♡お食事は金沢らしさ満点のレストラン『能加万菜 万庭』で♡1階にあるレストラン『能加万菜 万庭(のうかばんざい まんてい)』は、石川県の食文化の魅力を発信するブランド『能加万菜』とのコラボ! ウキウキしちゃうビュッフェが楽しめます♡ 朝食の「おばんざいビュッフェ」は、中央の大きなビュッフェ台に所狭しとおかずが。和食はもちろん、パンやベーコンなどの洋食もありましたよ!ずらりと並んだ小鉢は、九谷焼の器がどれも本当に可愛いっ!! トレーの上をコーディネートするつもりで、好きな色柄を選んでみて。金沢名物の車麩を発見! 卵とじになっていて、ふわふわジューシー……♡今話題なのが、金沢おでん! 金沢の食材をふんだんに使った具材が特徴なんです。街中でも、一年中食べられるお店が増えているそう! 出汁がたっぷり染み込んでいて、あたたまる〜……♡いろいろよくばったみかりんのトレーがこちら(笑)。大きめの器にも鮮やかな模様が施されていて、味もビジュアルも満点です!(トレーひとつでは食べたいものが乗り切らず、上にもうひとつトレーがあるのは見て見ぬふりをしてください)デザートにはわらび餅とほうじ茶を♡ ほうじ茶は金沢が発祥の地ともいわれ、茶の葉ではなく茎の部分を使うことから「棒茶」とも呼ばれています。湯呑みも可愛い!生まれて初めての和菓子作り体験で、てんやわんや(笑)今回ご招待いただいたプランの中に、特別に「和菓子作りワークショップ」がありました。(通常『三井ガーデンホテル金沢』では行っていませんが、ホテル近辺に体験できる場所がたくさんあるのでぜひ調べてみて!)『越山甘清堂』の職人さんが、その場で一緒に作りながら指導してくれます。和菓子大好きだから嬉しい! ワクワク♡▶︎▶︎『越山甘清堂』のお店でも和菓子作り体験ができます!詳しくはコチラ♡職人さんが驚くべき速さで驚くべき美しさに仕上げるなか、もちろん私は悪戦苦闘。周りを見渡しても「なんだか私のだけボロボロじゃないか?」という思いに苛まれながらも、なんとか作り上げました!じゃーん♡ ピンクが梅の花、緑がウグイスです。(え?違いますよマンボウじゃありません!) 多少形が崩れているのもご愛嬌。自分が作ったと思うと、おいしさもひとしおです。ついつい見惚れちゃう♡ 館内にはアートがいっぱい!『三井ガーデンホテル金沢』は、「オルタナティブな金沢」をテーマに12名の工芸作家や気鋭のアーティストによる作品を館内の各所に展示しています。みかりんが発見したのはこの7つ!館内に入ってすぐのロビーでは、縁起のいい鹿をモチーフにした「へいわののりもの」(手前右)が出迎えてくれます。エレベーターホールにはカラフルな展示「菓子折々」。実はこれ全部、和菓子の型! 漆を使って現代的な色味をつけています。石川県は日本でもかなり降水量の多い場所。そのため虹が出ることも多いので、果実の断面で虹を表現したのがこの「虹の果実」。「トリプル」のお部屋で見つけたのが、水引を使った「花紋」。水引も金沢の伝統工芸なんですよね。上品な色合いも素敵!13階のエレベーターホールには「pieces of time」という作品が。実はこれ、手漉き和紙に樹脂を含ませて固めているんです。「ヒのマ- layer -」は、ロビーからエレベーターホールへ向かう途中にあります。確かさと不確かさの間(はざま)を、ガラス素材を用いて表現しています。私が宿泊したお部屋「コーナーツイン」に展示されていたのは、「うつろう光の様相」。空気や水の流れをモチーフにしているそう。アートはまだまだ館内に隠れているので、「これはなんだ!?」と思ったらぜひスタッフに聞いてみて♬前後編でお届けした『三井ガーデンホテル金沢』の魅力、みなさんにもしっかりお伝えできたでしょうか? 女子旅はもちろん、家族やカップルでも満足できること間違いなし! 金沢旅行の際はぜひ利用してみてくださいね♡▶︎▶︎『三井ガーデンホテル金沢』公式サイトはこちら
  • 今回は、お友達の誕生日のお祝いを兼ねて、俺のフレンチ東京へ行ってきました。着席スタイルの俺のフレンチ東京。お隣にはイタリアンもあります。まだまだ、人気がありますね。予約満席で、お店の前は長蛇の列でした。 私がいつも俺のシリーズに行くと頼むのは、やはりシャンパン! 原価だしでなみなみ入れてくれます。お料理も外すことなく美味しかったです。 肉食女子⁈… 看板メニューの牛ヒレフォアグラのロッシーニ、そして、ラムチョップとお肉もたっぷりと。 更にオマール海老のローストとなかなかのチョイスでした。お誕生日ですので、生ジャズ演奏とともにサプライズでのお祝いも。 お祝いの歌とケーキと記念写真、そして小さなトートバッグのプチギフトがお店から。あまり、かしこまりすぎたくないけど、いつもよりはプラスα・美味しくて外したくない方は是非オススメです^ ^今日のスタイルは、まだ寒いけれど、少しずつ春カラーも取り入れ始めたくなる季節。 初のパープルのスカートにロングブーツです。美女組No.139 kikoのブログ
  • OurAgeの読者の皆様、新年明けましておめでとうございます。「輝く人の言葉選び」のコラムでは、素敵な言葉やテクニックなどを今年もお伝えできればと思っておりますので、どうぞよろしくお願い致します。昨年の秋に、サービスとホスピタリティをテーマにした『一流のサービスを受ける人になる方法』(光文社)を出版致しました。おかげさまで反響がとても大きかったので、いくつか要点をご紹介しようと思います。https://honsuki.jp/stand/7970.htmlこの本を企画したきっかけは、これまで、サービススタッフやホテルマンなど、おもてなしをする側の接客専門書は数多くありましたが、サービスを受ける側の本は、ほとんどないことに気づいたからです。レストランやホテル、デパートなどで、お金で買えないサービスをチョットした知識や工夫で受けることが可能なのです。積極的にサービスしたくなるゲストになることができる裏技や、VIPのマナーを数回に分けてお伝えします。ここで基本に立ち返り、「おもてなし」という言葉について解説させていただきます。2020年、東京で第32回夏季オリンピック・パラリンピックが開催されることが決定し、世界中から「おもてなし大国・ニッポン」などと注目されているように、「おもてなし」という言葉はすっかり定着しました。「おもてなし」の語源は2つあります。一つは「もてなす」の丁寧語、もうひとつは「表裏(おもてうら)無し」から来ているのだそうです。「もてなす」の語源は「モノを持って成し遂げる」という意味で、お客様に応対する扱い・待遇のことを指します。一方、「表裏無し」も読んで字のごとく、表裏がない心でお客様を迎えるということです。このことから、“物心両面でお客様に対して最善を尽くし、真摯にお迎えすること”が、おもてなしの真の意味ということができます。また、「おもてなし」は英語で「hospitality(ホスピタリティ)」と訳されることが多いのですが、それではホスピタリティの語源とは何か、ご存知ですか?「ホスピタリティ」の語源は中世ヨーロッパにあるとされています。中世の巡礼者の旅で、高齢の人たちを教会やホスピスがお世話していたことから、「ホスピタリティ」という言葉が生まれました。面白いことに、「hos」を持つ単語には、『接客』と『虐待』という、相反する2つの意味があります。ホステス、ホスピスなどは前者ですが、ホステージ(hostage)となると人質や生け贄、という意味に変わり、後者のニュアンスを持ちます。つまり、ホスピタリティの精神でお客様に接しても、たった一言のさじ加減で、相手を感動させもし、怒らせもする。言い方や振る舞いひとつで、100−1=0になることもあります。それがサービスという仕事の面白さでもあり、怖さでもあります。さらにサービスのプロたちは「サービスは有料、おもてなしは無償」であることを知っています。サービスを訳すと「奉仕活動」となるので、一件逆のようですが、実はサービスは「サービス料」というように対価を伴い、おもてなしは気持ち次第なのです。従って、残念なサービスしか受けられない人の多くは、おもてなしやホスピタリティに込めた、サービススタッフの心を理解せず、サービスされる側とする側に、上下関係や主従関係を持ち込む、人をアゴで使うような人たちです。逆に、ワンランク上のサービスを受けられる人は、サービスマンとの関係を「人間同士のおつきあい」と捕らえられる人です。私は恋愛相談のコラムなどもよく書いているのですが、女性に多いのが「彼にもっと大事にされたい」というご相談です。これに対し、私は決まって「相手に大事にされたいなら、まずその人を大事にしてみてはいかがですか?」とお答えしています。サービスを受ける時も同じです。自分が適当に接すれば、相手も丁寧に扱わなくなります。サービスする側も、やはり“人”を見ているのです。いつかオフィシャルサイト   itsuka-k.com
  •  親子で楽しむ古都金沢への旅   LEE1月号の企画『井川遥さんとものづくりと伝統を訪ねる旅』を読んで以来、「金沢へ行きたい!」と思いを募らせていました。石川県は金沢といえば、食べ物がおいしくて、街並みが美しい! そして、伝統的な文化を受け継いだ新しい美しさを感じられる場所。     金沢に1月11日『三井ガーデンホテル金沢』がグランドオープン。オープンに先駆けて試泊をさせてもらえることになり、喜んで参加させてもらいました。   フロントカウンターには、金箔パネルが組み込まれていたり、加賀友禅をイメージした組子の光壁など、金沢の伝統文化を感じるデザインが。     今回は9歳長男と3歳次男と私、3人旅。落ち着いた雰囲気の金沢は「大人の旅」というイメージがあったので、行動時間が読めない3歳児を連れての旅で楽しめるのか?と不安がありましたが、とても楽しい旅となりました!前後編と二週に渡ってご紹介します。     館内ではたくさんのアート作品に出合える 「へいわののりもの」と題した作品がロビーでお出迎え。平和のメッセージを込めた乾漆作品。   「オルタナティブな金沢」をテーマに、金沢にゆかりのある工芸作家やアーティストたちが作り上げたアート作品が、ホテルのいたるところに展示されています。伝統工芸の繊細さと現代アートの大胆な感性が融合して、新たな文化が生まれています。   和菓子の型をポップに彩った「菓子折々」。伝統文化がみごとに現代アートに融合しています。   子どもたちも、作品を見つけるごとに反応して、「これはなあに?」「わーきれい!」などと興味を示していました。美術館へ行くのもいいですが、ホテル内にこうやって作品があることで、訪れた土地の文化について、親子で話すきっかけになりますね。     地元食材を味わえるビュッフェも 加賀野菜もたくさん!ここで初めて食べた、金時草(きんじそう)の酢の物の味と食感、色合いに感動しました。まだまだ知らない野菜がありますね。   ホテル1階にある和食レストランは『能加万菜 万庭』。朝食の「おばんざいビュッフェ」には、金沢ならではの海の幸や、新鮮な加賀野菜を使った郷土料理がずらりと並びます。     さすが金沢ですね、器のかわいらしさにも目を奪われました。〝金箔しゃぶしゃぶ〟なる、煌びやかなメニューもあったりして、子どもたちも終始ワクワクしっぱなし。親子ともにたくさんいただきました。       最上階13階の大浴場でのんびりと   お部屋にはもちろんバスルームもついていますが、やっぱり大浴場ですよね! お昼の間に内覧会で大浴場を見学。13階、最上階の見晴らしのいい場所にあります。大浴場の手前には、やはりアート作品が。     広々としていてシックな大浴場はとても気分が上がります! 夜に入りましたが、3歳の次男も長風呂になるくらいゆったりと楽しめました。   お部屋にも目を惹く加賀友禅が   こちらは今回宿泊させていただいた、コーナーツイン。ヘッドボードは加賀友禅柄のパッチワークになっていて金沢を訪れた気分を上げてくれます。ほかにも群青の間、金沢の金箔メーカー『箔座』とコラボレーションした、金箔の間などのコンセプトルームも。   JR金沢駅からもアクセスがよく、徒歩圏内に近江町市場もあり、兼六園も金沢21世紀美術館も近いのでとても便利。観光にはもってこいのホテルです。みなさんもぜひチェックしてみてくださいね!     後編では、親子で参加したワークショップや、金沢土産などおすすめのお店をご紹介します。お楽しみに!     <三井ガーデンホテル金沢> 住所:石川県金沢市上堤町1-22 電話番号:076-263-5531 北鉄バス「南町・尾山神社」停留所より徒歩約2分 JR北陸本線「金沢」駅より徒歩約17分 公式サイト⇒https://www.gardenhotels.co.jp/kanazawa/  
  • エクラ2018年10月号で特集した小冊子。ぜひあなたのスマホやタブレットに。他の画像を見る女性誌「eclat」(エクラ)で毎年大好評の京都特集。2018年10月号のブックインブックを電子書籍化! テーマは「このためだけに行く」京都の名店、新店。 ふと、その店の味を思い出しただけで、急に「京都行きたい熱」が高まる。ほかに特別な目的を作らず、あの一皿をいただくためだけに京都へ駆け込みたくなる。……そんな、京都へのパワフルなモチベーションとなりうるお店を、厳選してご紹介します。 お店を推薦してくださったのは、料理家の松田美智子さんや青山有紀さん、栗原友さん、ウー・ウェンさん、作家の角田光代さんや青木奈緒さんほかの方々。 紹介している飲食店は、全部で41軒。それぞれ電話番号/住所/営業時間/定休日の記載があるほか、巻末には地図も6ページついていて、迷わずお店にたどりつけます。 開けば、京都に行きたくてワクワクすること確実の特集です! ※『eclat 2018年10月号』(2018年9月1日発売)掲載のブックインブックを再録したデジタルブックになります。 ※掲載の情報は上記底本発売時点のものです。ご購入された時期により、掲載の情報と一部異なる場合がございますので、ご了承ください。 Part1 予約をとったら旅に出る「絶対の名店」 Part2 夢に出てくる「あの店のあの一品」 Part3 私のひそかな楽しみ「ひとりでも行く店」 Part4 旅のごほうびは、「絶品甘味」 Part5 京都人が太鼓判。「すぐに行きたい新店が続々と!」 Part6 買わないと帰れません!「自分へのマスト手みやげ」各電子書店へのリンクはこちらから>>>
  • インドア派の長男が「速く走りたい!」 クリスマスが誕生日の我が家の長男。プレゼントに選んだのは、こちらのスニーカーでした。「UNLIMITIV(アンリミティブ )」というもので、なんでも、スマホアプリと連動して、トレーニングができるのだとか。   「速く走りたいから、このスニーカーを履きたい!」と目をキラキラさせてお願いされました。小学生にとって、足が速いことはとても重要なようで、外で遊ぶよりも室内で読者していたいタイプの長男も、速く走りたいとは思っていたんですね。   右足のインソールをめくると、凹みがあり、そこにボタン電池を入れたセンサーユニットというものをセットして使います。防水ではありませんが、多少の雨は大丈夫とのこと。   アプリでトレーニングして運動能力を高める アンリミティブのアプリをスマホにダウンロードして、早速トレーニング開始!Bluetoothでスニーカーと接続するのですが、アプリを起動して、スマホの近くで右足のつま先にトントン振動を与えてペアリングします。     もうこの時点でテンションMAXの長男。私のスマホアプリはなかなか使わせてもらえないので、特別感があるようです。これは狙い通り、いい反応ですね! 走ったポイントでゲームに挑戦できる!   このアプリにはフィールドモードとアルティメットモードがあります。フィールドモードでは、普段の動き「ウォーク・ラン・ダッシュ」を速さ別に歩数をカウントしてくれます。アプリと連動したときに、この歩数をポイント化して、そのポイントを使ってアプリ内のゲームができるのです。   見た目は普通のスニーカーなので、学校にも履いて行って、帰宅後にどれだけ動いたかをチェックする楽しみができました。一週間分の歩数ログが残るので、我が子がどのくらい運動しているのかを確認できます。 ちなみに、歩くより走る方が高ポイントなので、「走るとたくさんゲームできるよ」と声をかけたりして。ゲーム好きの長男にホントぴったりです。   速く走るために効果的なトレーニングも アルティメットモードには、運動能力を高めるための6つのトレーニングが設定されてます。公式サイトには各種トレーニングのお手本動画もあるので、イメージをつかんでから実際のトレーニングに入れます。   たとえば、その場で腿上げ運動をする〝フットリフト〟や、スタート時の瞬発力を養う〝クイックリアクション〟など、走る上で重要な動きの練習が組み込まれていました。母である私も何を隠そう、運動音痴でして、実際速く走るためにどんなトレーニングをすべきなのわからなかったので、これはとても助かりますね。   クリスマスからの使用開始なので、まだ走るスピードに変化は見られませんが、明らかに「走りたい!」と言う回数が増えています。サイズアウトして買い換えても、データを引き継げるようなので、使い続けてみようと思います。   バンダイ『UNLIMITIV(アンリミティブ )』公式サイト
関連キーワード

RECOMMEND