いつでもりんご飴が食べられるお店❤︎

non-no Web
こんにちは!ゆうかです(^^)


今回は新宿の街にひっそり見つけた隠れ家のようなお店にあるりんご飴屋さんを紹介します❤︎


こちら!
ポムダムールトーキョー


新宿三丁目の近くにあります!



お店の雰囲気まで可愛い❤︎


メニューはこんな感じ(^^)
わたしはプレーンと、珍しさに惹かれてココアも注文!笑


こちらがプレーン❤︎
見た目もツヤツヤで可愛くないですか??


外側のパリパリ感がたまりません!中のりんごは果汁たっぷりでとってもジューシーでした(^^)


ちなみにココアはこんな感じ♪
これがまた意外と美味しい!


ぜひ試してみてほしいです(^^)


今までりんご飴はお祭りでもそんなに食べなかったのですが、専門店に行ったらすっかりハマってしまいました(笑)
みなさんもよかったらぜひ行ってみてくださいね(^^)


最後まで読んでいただきありがとうございました❤︎


細野ゆうか
関連記事
  • 2週間のアメリカへの旅に持って行った服を振り返ってみました。 今年のゴールデンウィークの旅は夫の赴任先アメリカ、ヒューストンとニューヨークへ行って来ました。 持って行った服は、今着たい服のみ。 そして、服も靴も、黒、白、ベージュに色を絞って持って行きました。 色を絞ったお陰で着回しが出来てとても便利でした。 靴も、白、黒、ベージュ、そして蛇。 バナリパのベージュのバレエシューズは途中で買ったもの。H&Mのベージュのバレエシューズは、軽いので足が痛くなった時用にバッグに入れておきました。 ハイヒールは一足のみ。 スーパーへの買い出しには、ロングワンピースにスリットレギンスで。 ヒューストンのスーパーは笑ってしまうほど巨大! Whole Foods Market、Trader Joe's があちこちにあり、スーパー巡りも楽しみの一つでした。 BBQパーティーに行った時は、COS のブラウスにZARAのグレーデニムで。 ヒューストンは5月でも晴れると日本の真夏なような気温と湿度。 すっかり日焼けをしてしまいました。 現地在住のお友達とランチに行った時。 currentageのデニムのオールインワン。これ、通りすがりの人に褒められた! その服好き!そのスカート素敵!髪型かわいい! 日本では考えられないけど、知らない人に言われて、ほっこりと嬉しくならシーンが何度か。 日本もそうなるといいのに。 色物が着たくなってラルフローレンのリネンシャツ。ここは、ゴルフ場で母の日のビッフェをしに行きました。 シンゾーンのリネンの黒のスカートは本当に重宝しました。 これはブラックタイのドレスコードだったパーティーに行った時。 COSのロングドレスにパールのアクセサリーを合わせました。 アメリカはパーティー大国!みなさんとても華やかで心から楽しんでいる様子。そういう雰囲気に慣れていかないとなぁと思ったのでした。 これはニューヨークのホテルのロビーで。 子どもたちのお土産を買いに行ったり美術館に行った日。 COS のブラウスを着回し。下はレギンスにしたので、大屋政子(敬称略)になっていないか、夫に何度も確認しました笑 シャネルのバレエシューズは歩き回ったニューヨークで足が痛くなったりせず本当に優秀でした。 ニューヨークではドラマや映画の舞台になったところに遭遇しては興奮していました。 ここは、SATCでキャリーが結婚式をドタキャンされたニューヨーク私立図書館の階段。かなりマニアックでしょ笑。 日本へ帰る日のコーディネート。 ZARAのデニムはストレッチが効いているので機内で楽チン。トップスは行きの機内でも着たプチバトーの長袖Tシャツ。 行きはトランク1つでしたが帰りは2つに! 思い出とお土産をたくさん詰めて帰ってきました。 旅先で、あれを持って来ればよかったー、など後悔するのが嫌だったので持って行った服は少し多めだったかも。でも、ストレスなく過ごすことが出来たので良しとします! そして持って行った服の中でMVPは、ユニクロの黒いカーディガン。コットンなので洗えるし、出掛ける時は常にバッグに入れてもかさばらず、肌寒かったニューヨークでは毎日着ていました。 旅行中は楽しむのみ!でストレスフリーが鉄則。 きちんと計画を立てて準備するのがとても大切だと思いました。今回はいくつかスケジュールが決まっていたのでそれらに合わせて準備が出来て楽だったかも。 次回の旅行を楽しみに通常生活へ。 Instagramでも詳しく載せています。 華組 近藤和子ブログ
  • こんにちは。 暑くなりましたね! ワンピース好きには嬉しい季節です。 今年も数枚LaVivant ワンピースを新調いたしました。 Newワンピースの中でもお気に入りかつ、LaVivantで売れに売れている秀逸なワンピースがこちらです。   ワンピースもサンダルのストールもLaVivantコレクションから。 今年お気に入りのパンダのカゴバッグはミラベラから。   デザインはとってもシンプル。 すっぽりかぶるだけ。 どこも締めつけられず楽ちん。 なのにスタイルがよく見える!     そして、色選びとコーディネートで、全くイメージがかわる上に、着る人を選ばず、誰でもきれいに着こなせます!   中村江里子さんはレギンスにサンダル。 中井美穂さんはエレガントなサンダルと帽子で。 モデルの椿ちゃんはデニムにコルクサンダルで。   小柄で華奢なスタイリストの坂本さんはコルクサンダルで。 朝生さんも小柄で華奢なのでヒールで。 白はもっとカジュアルにコーディネート。   昨日LaVivantインスタにあげたところ、アクセスたくさんいただきました。   なわけで、私なりにこのワンピースの人気の裏にある、デザインの良さを考えてみると。   ロング丈なのに、身長が小さな方でも大きな方でも、きれいにみえる、すとんと下に落ちるIラインぽい美しさ。 裾にかけては、さりげなく広がるAラインぽいフレア感。 身長が低くても、高くてもきれいに決まる丈感。     後ろと前の、キリッとしたタックの入り方。   脇は見えないくらいの、ほんの少しのフレンチに腕の細さも太さも感じさせない開き具合。 顔周りをすっきり見せるVネック。 背中がすっきりみえる、後ろタック。 ポケットがあるのも嬉しいです。 そしてコットンなのにハリがあり、お値段以上に見えるのも嬉しいデザインです。   ピンクと黒は追加販売いたしましたが完売してしましたが、テラコッタ色の新色が入荷しています。 これから初秋にも映える色です! 重ね着もできるクローゼットにあると便利な一枚で。 秋もこんな秀逸のワンピースを探したいと思います。   https://flagshop.jp/lavivant/shop/g/g338705/?aid=lvtp_ranking_rc_item   Article By Shinobu Uchiyama 1990年(株)世界文化社入社。『家庭画報delicious』『MISS』『MISSwedding』『きものSalon』『GOLD』の各誌の編集長を12年間経て、2016年6月から㈱集英社・ブランド事業部・コンテンツマネージャーになり『LaVivant』ディレクター。『GOLD』編集長時代には、料理本『編集長のお家ごはん』を出版。ファッション、美容はもちろん、ライフスタイル全般への造詣が深く、同世代の読者を導く存在です。クシマクロビオティックコンシェルジュ、オーガニック料理ソムリエ、中医学薬膳、調理師免許の資格を持つ料理家でもある。オスカープロモーション所属      
  • こんにちは、桃子です 最近髪の毛のキシキシが気になって気になって、、、 10cm切ってきました!! 小さい時からずーっとロング。 鎖骨より下に髪の毛がないのはあまり好きではないので、鎖骨あたりにしていただきました✂︎❤︎ まだ見慣れない(笑) どうですかね、似合ってるといいなぁ 私がいつも美容師さんに伝えることは、、、 ①表面をすかない ②後ろから見てV字になるように ③髪の毛を前に持ってきてぱっつんは✖︎ この3つは伝えているなぁ。 何か1つが違っていると、納得いかないんです(笑) 髪の毛は切ったら長くは出来ないからね! 伝えたいことは早く伝えるべき! まつ毛パーマが上出来 ヘアカラーはいつもブルーベースで暗めに。 外に出て少し色がわかるくらいが好きなんです◎ 内側しかブリーチしていないのでブラック寄りになりますが、出来る限りブルーにしてもらいました ありがとうございます! 皆さんも夏前にイメチェンしてみては?? ミディアムヘアのおすすめヘアアレンジとか教えていただけたら嬉しいです 最後まで読んでくださり、ありがとうございます✂︎✂︎✂︎InstagramTwitterカワイイ選抜 No.75 能城桃子のブログ
  • シャツ¥8900/ROSE BUD新宿店 スカート¥11000/ココ ディール イヤリング¥1100/お世話や(Osewaya) バッグ¥5900/アンビリオン(カシュ カシュ) サンダル¥2490/GUゆるめのシルエットと胸元のビッグポケットでこなれ感MAXのホワイトシャツ。ハリのあるリネン素材だから1枚でも、はおりとして大活躍。トレンドのALLホワイトコーデには、デニムスカートをチョイス。コンサバになりすぎずカジュアル感をキープできるよ!モデル/新木優子 撮影/藤原宏(Pygmy Company) ヘア&メイク/牧田健史 スタイリスト/松尾正美 文/鈴木絵都子  ※上記のキャプションはWEBオリジナルのもので、本誌とは異なります。明日のコーデに迷ったら… \non-noお天気コーデをチェック/ ▶ストラップサンダルコーデ記事一覧はコチラ
  • 年々暑さが厳しくなる夏に向け、「やっぱり着たい!」という声の多いノースリーブワンピース。なかでも、肉厚カットソー&とろみ素材のワンピースなら、体のラインを拾わずに抜け感あるスタイルがつくれます! 素材と細部のディティールにまでこだわった一枚を、厳選してご紹介。体のラインを拾わない肉厚カットソーや、ドレープを効かせたとろみ素材をセレクトほどよく抜けのあるモダンさが魅力の「CINOH」 フロントのワンタックで胸もとに立体感を、また異素材であしらったポケットがちょうどいいしゃれ感アクセントに。明るめのネイビーで初夏気分に。 ワンピース¥25,000/モールド(チノ) 帽子¥23,000/エストネーション(センシ スタジオ) ブレスレット¥125,700/ハム 伊勢丹新宿本店(ハム) バッグ¥98,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥154,000/アパルトモン 青山店(ジュゼッペ ザノッティ)1.オケージョンもOKな華やかさなら「VERMEIL par iena」 しっとりとした肌ざわりのとろみ素材を使用。全体にたっぷり施したドレープが動くたびにドラマチックな雰囲気を演出。グログランリボンによる付属のベルトを軽く巻くことで脚長効果も発揮。ちょっとしたドレスアップシーンでも重宝する。 ワンピース(ベルトつき)¥20,000/ヴェルメイユパー イエナ 日本橋店(ヴェルメイユ パー イエナ)2.トラッドを今どきに再構築する「Scye」 きめが細かくさらりとした肌ざわりのカットソーは、肉厚感があるので体のラインを拾わず、まっすぐなシルエットでクリーンな印象に。一枚ではもちろん、レギンスに重ねた着こなしも今年らしく、白でも透けにくいからデイリーに活躍。足首が見えるロング丈は誰もが着やすい絶妙丈。 ワンピース¥25,000/マスターピースショールーム(サイ)3.リュクスで女らしいたたずまいを演出する「HYALINES」 ニュアンスのあるピンクベージュが美しい、ツヤのある上質なシルクを使用したワンピースは、たっぷりのギャザーがつくり出す柔らかな表情が魅力。二の腕がすっきり見えるアームホールや、ウエストコンシャスなメリハリのあるシルエットなど、抜群の華やかさと着映え力を発揮。 ワンピース¥75,000/ストラスブルゴ(ハイアリン)>>「雰囲気出しワンピース」の記事はこちらから撮影/西崎博哉(MOUSTACHE/モデル) 坂根綾子(物) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/福田亜矢子 モデル/ゆうき 取材・文/坪田あさみ 撮影協力/アンダーズ 東京 ※エクラ6月号掲載
  • トーガが、高品質なシューズ作りで知られるスイコックとのコラボレーションサンダルを2019年5月24日(金)より復刻発売する。このコラボレーションサンダルは2016年に発表され、反響を呼んだ人気モデル。スイコックの定番である、軽さと耐久性があるヴィブラムソールを搭載した“DEPA-V2”をベースに、トーガオリジナルのウェスタンメタルとビビッドカラーのベルトを組み合わせたデザインとなっている。 サンダル(ソール 3cm)¥32,000 ※ホワイト/TOGA 原宿店(トーガ × スイコック)柔軟な踏み心地に、反発性も兼ね備えた仕上がりは、最高の履き心地を追求するスイコックならでは。また、スポーティなナイロンのベルトにあえてレザーを組み合わせた、独特のコントラストも魅力だ。同アイテムはトーガ各直営店、伊勢丹新宿店本館3階=リ・スタイルおよびRay BEAMS(レイ ビームス)各取扱い店舗にて限定発売。ユニセックスでの展開となるので、カップルで愛用するのもおすすめだ。 サンダル(ソール 3cm)¥32,000 ※ブラック/TOGA 原宿店(トーガ × スイコック)TOGA 原宿店 http://www.toga.jp03-6419-8136 text: Fuyuko Tsuji
  • ワンピースを華やかなオフィススタイルに変えてくれるフラット靴をご紹介。「きかせ色」や「透け素材」、「メタリック」などのひとクセあるデザインを選んで、お堅くなりがちなワンピースを今っぽく着こなそう!温かみのあるオレンジもブラウニージュカラーと好相性。メタリックプチヒールが心憎い。(2)¥15000/ピシェ アバハウス ルミネ有楽町店(ピシェ アバハウス)可愛げを足すならラベンダー。スクエアトゥが旬。(1.7)¥22000/メイデン・カンパニー(ファビオ ルスコーニ)シャープさ引き立つブルーのポインテッド。スリングバックにも注目。(1.5)¥19000/ルーニィワンピースコーデはこちら肌なじみのいいグレージュはオフィス映えも必至。チュール使いで新鮮な空気を。(2)¥19000/伊勢丹新宿店(エヌティ)シャープな黒を引き立てるPVC素材。小ドットで小粋に。(1)¥14000/ピシェ アバハウス ルミネ有楽町店(ピシェ アバハウス)遊び心のあるチェックチュールもほのかな透けで浮かずに華やぐ。スリングバックも軽快に。(1.2)¥13000/ロペワンピースコーデはこちらピンクみを帯びたゴールドがどこかやさしく女らしい。(1.3)¥22000/ハイブリッジ インターナショナル(ファビオ ルスコーニ)シンプルフォルムときゃしゃなストラップでシルバーを品よく。(1)¥49000/ウィム ガゼット ルミネ新宿店(ペリーコ)引き締め役にもなるブロンズ。パンチング素材が重さを払拭し、軽やかな揺れ感ワンピースと相性抜群。(1.5)¥12000/マドラス(モデロ)ワンピースコーデはこちら撮影/鈴木 新〈go relax E more〉 スタイリスト/小川ゆう子 取材・原文/榎本洋子 ※( )内の数字はヒールの高さで単位は㎝です ※BAILA2019年6月号掲載
  • 5月も終盤に差しかかり、6月に入ると、あの嫌なジメジメ湿気やじとっとした梅雨がやってきます。 そんな季節に入ると気になるのが、カビや繊維の生乾きですよね。 今回は、日本の雨季に負けない!カラッと、できるだけストレスフリーに過ごすために選ぶ、心地の良い“リネン”のお話です。 ▲洋服や服飾小物など幅広く使われていますが、今回は生活雑貨に注目 毎日使うハンドタオルやバスマット、パジャマやスリッパをリネンに変えると「なんて気持ちいいの!」と驚くほど、とにかく乾きが早く、表面がさらっと心地よい素材なのです。 産地やブランドによって素材感が少しづつ異なるので、バイヤー目線のレビューと一緒にご紹介いたします。   ▼お先にリネンのコンテンツを見たい方はこちらから!   \汚れやすいエプロンこそリネン素材/ Lino e Lina/マノン リネンフルエプロン/¥5,800+税 きれいな発色、豊富なカラーバリエーションが人気のリネンフルエプロン。 一度洗いをかけたウォッシュドリネンを使用しており、肌に当たってもチクチクしません。 薄すぎずしなやかで若干コシがある、身体に合わせやすい生地です。 梅雨でも4~5時間あれば乾き、家事をするのに頼もしいエプロンです。   \リネン初心者はキッチンクロスから/ fog/リネンキッチンタオル/¥1,150+税 「fogといえばリネンキッチンタオル」と呼ばれるほど、fogの代表作であるキッチンタオル。 使い始めはのりが付いていてパリッとしているので、3回ほど洗うと風合いが出てきます。 このパリッとしている感じが、逆にギフトや記念品に使いやすいです。   長さが65cmあるので、半分に折りたたむとランチョンマットにちょうど良い大きさに。 コーヒーをこぼしても、油染みがついても、直ぐにさっと洗ってパッパと手で伸ばして干せば、半日でまた直ぐ使えます。   Lino e Lina/キッチンクロス プレザンス/¥1,300+税 fogとは対照的に、一度洗いをかけたウォッシュドリネンを使用しているLino e Lina。 初めから使い込んだような柔らかさを得られるリネン生地です。 水周りの布ものには、リネン素材が最適です。 なぜかというと、リネンは繊維の奥まで水分が入り込まないうえ、汚れがつきにくい素材なのです。 カビや雑菌の温床になる水気をすばやく発散させるので、表面もカラッとしています。   ▲私はこんな感じで台所のハンドタオルにしています   ▲こっちは、水切りかご代わりに。食洗機に入らないものを洗浄後に置いています。   cushion/【Vaxbo Lin】ディッシュクロス/¥2,000+税 さらにもう1つ、スウェーデンにあるVaxbo Lin社のキッチン&ディッシュクロスです。 織機でざっくりと織ったクロスは、洗うたびに撚っていた糸がふっくらと変化し、使用年月を重ねるごとにふわふわの肌触りに育っていきます。   ▲光沢感のある丈夫で美しいリネンと織り目が特徴です   \バスマットもすぐ乾くリネン推し!/ cushion/【Vaxbo Lin】バスマット/¥3,800+税 さきほどご紹介したVaxbo Linから、今度はバスマットの紹介です。 こちらも織り目や素材はディッシュクロスと同じですが、たっぷりのリネン糸が吸湿速乾するため、お風呂上りが2~3番目でも足裏が気持ちの良いマットです。   \一旦ここでティーブレイク?!/ ━ リネンの洗い方のコツ ━ リネン生地は、自宅でお洗濯ができる素材です。上手に扱えば、洗濯機でも洗うことができます。洗濯機で洗うときは「弱水流」「脱水時間」がポイントです。 先ほどのバスマットを洗濯機で洗って干したものがこちら↓ (畳んでいたので折り目ありますが…)ノーアイロンでも大丈夫そうな仕上がりです! 「弱水流」は、弱コースやおしゃれ着洗いコースなど、洗濯機の機種に合わせて水流の弱いコースを選んでください。 「脱水時間」は、私がいろいろ試した結果、2分を目安に脱水するとシワシワになりません。   《 脱水2分 》がこちら 触ると全体的に水分がまだ残っているような感じで重みもありますが、この重力で生地が伸び、素早く水分が発散されシワシワになる暇もない、といった感じです。   《 脱水7分 》がこちら 水分がだいぶ抜けて干したそばから乾き始めているような状況。 脱水のシワが付いたまま乾燥されるため、仕上がりもシワシワに。これではアイロンが必要です。   ということで、リネン素材を洗濯機で洗うときは「弱水流」「脱水時間」に気をつけてお洗濯を意識してみてください。 これを守れば、リネン生地のお洋服もノーアイロンで着用できますよ!   では、本題に戻ります   \素足快適なリネンスリッパ/ FRANKEN WORKS/ベルギーリネン ルームシューズ/¥4,800+税 みなさんはLIBECOのリネンはご存知でしょうか。ベルギーリネンのリーディングカンパニーかつ、限られたメーカーにしか称号が与えられない「マスター・オブ・リネン」を保有する、リベコ・ラガエ社のリネンブランドです。 そのLIBECOのリネン生地を使って、スリッパの産地・山形県河北町で作られたのがこちらのスリッパ。   ▲手前は太めの糸で織られたナチュラルな風合い、奥は細めの糸で織られた光沢感のある生地 さらっとした履き心地なので、夏は素足にこのスリッパを履くだけで、足を健やかに保てられそうです。 手洗いも一応可能なので、清潔にお使いいただけます。(手洗い後はすぐに乾燥させてください)   \一生モノのリネンパジャマ/ FRANKEN WORKS/ベルギーリネン パジャマジャケット&パンツ/¥28,000+税 先ほどのLIBECOのリネンを使ったパジャマセット。 リネンは扱いを間違わなければ、状態の良い100年超えのアンティーク生地が見つかるほど、とにかく長持ちがする素材です。 お値段は綿のパジャマがいくつも買えるくらいですが、このセットが1つあれば何年も着まわせるかと思うと、高い買い物ではないです。   ▲ゆったりと、さらっと着こなせるシンプルなデザイン 今は女性用しかありませんが、男性用のご要望がありましたら是非コメントをお寄せください。   今回は、日本の雨季に負けない!カラッと、できるだけストレスフリーに過ごすために選ぶ、心地の良い“リネン”のお話でした。 リネンの、さらっと、カラッとした感じが伝わりましたでしょうか。   ▼ご紹介した商品はこちらでも見れます   ▼5月27日(月)13:59まで開催中! みんな急げ~♪   ★FLAG SHOP内の雑貨専門ページ【zakka market】   ★【zakka market】 インスタグラム もやってるよ!
関連キーワード

RECOMMEND