バーバリーのピンクベージュで大人のこなれ感【新木優子のメイク連載②】

non-no Web

自然な立体感で服に似合う。大人のピンクベージュ


「ピンクベージュのリッ プ=老けて見える? という今までのイメージが一 新。目元を黒でキリッと締めることで、ガーリーじゃない『おしゃれな人』に見える大人のピンクメイクになるんです!」



使ったのはコレ! バーバリー リップカラー コントゥア 01 Fair


陰影を引き立てメリハリを出す 「コントゥアリング」 の視点から、唇に自然な立体感をもたらすリップカラーが登場。
¥3800/バーバリー(6月7日発売。※ルミネ横浜店・バーバリー ビューティ ボックスにて先行発売中)



他にもあるよ♡


リップカラー コントゥアは全4色。唇の色や、なりたいイメージに合わせて色のトーンを選んでみて。口紅の下地としても超優秀! さらに限定発売でハッピー感あふれる♡模様のブラッシュ&ハイライターがお目見え。こちらも見逃せないキュートさ♡ 
A01より少し濃い目のトーン。02 Light・Bやや赤みが強めで顔色がぱっと明るく。03 Medium・Cぐっとおしゃれ感が高まるショコラカラー。手持ちリップのイメチェンにも使えそう。04 Dark(各)¥3800(6月7日発売。※03は01とともに、ルミネ横浜店・バーバリー ビューティ ボックスにて先行発売中)・D♡部分の濃いピンクをチークとして、周りの薄いピンクをハイライターとして使用。もちろんMIXしても可愛い! ¥7400(5月15日 限定発売予定)/バーバリー


ノンノ2017年6月号掲載


関連記事
  • 6月前半のnon-no Web『毎日コーデ』の人気コーデをTOP10でお届け!【10位】 黒のクロシェ編みパンツで大人なネオナチュラルスタイル【毎日コーデ】 【9位】 新木優子は白のワントーンでまとめて、爽やかな夏コーデ!【毎日コーデ】 【8位】 今日はオレンジトップスが主役! 男女両モテ♡ チアフルな夏コーデ【毎日コーデ】 他の画像を見る※6月1日~6月15日集計天気予報に合わせてコーデをレコメンド 「non-noお天気コーデ」をチェック!
  • アイライナーを使わずに、アイシャドウのみであえて締めない目元にするのが、梅雨メイクのポイント。リップとチークも赤みのないものを選べば涼やかな印象に。ムシムシ、ベトベトするこの時季はさらっとしたメイクが正解です。教えてくれたのは…… ヘア&メイクアップアーティスト 中野明海さん卓越したセンスと審美眼で、著名人たちからラブコールが絶えない。最新作はなんと簡単おいしいレシピ集『美しい人は食べる!』1200円 主婦と生活社刊【EYE】冷めたベージュでかなえる締めないのに引き込む目もとばっちりグラデーションアイは、にじんだ際に美しくないですし、暑苦しいもの。肌が透けるベージュをまぶたにサラッとのせたら、ノーライナーにしつつ、きわは軽やかなオレンジとブラウンのパウダーで影をつけ、抜け感を大切に。さらに下まぶたにシアーなグリーンをきかせれば、うるんだ引き込むまなざしの完成。イヤリング¥8400/ソムニウム リング/スタイリスト私物光沢のあるコーラル寄りのベージュシャドウ。ヴィセ アヴァンリキッドアイカラー 005¥1200(編集部調べ)/コーセー涼やかかつオフィスにも映える品のよい目もとを演出。カネボウ セレクションカラーズアイシャドウ 07¥5500/カネボウ化粧品1冷めたリキッドベージュをアイホールになじませたら、2二重幅の目頭側にパレット右上の濃いオレンジ、3目じり側に左下の淡いオレンジを。4まつげの間のみ、右下のブラウンで細~く締め、5下まぶたは目頭側は左上のグリーン、6目じり側は右上のオレンジを入れて【LIP&CHEEK】赤みレスカラーでつくる体温低めの女っぽさチークやリップは、ローズやピンク、レッドなどの体温を感じさせる赤みを抜いた色をチョイスするのがカギ! 頰は、みずみずしいつやを含んだ練り状のコーラルチークをやや高めの位置に入れてフレッシュ感を演出。唇は、最初にグロスを塗った上からリップを重ねるテクを使えば、ギトギトせずに涼やか。見た目の体温を下げる、ヌードベージュグロス。ルナソル シアーライトグロス EX10¥2500/カネボウ化粧品(限定発売)繊細なパール感があとを引く、美肌効果も満点のキャラメルブラウン。ラプソリュ ルージュC 76 ¥4000/ランコム内からにじみ出たような自然なつやと血色のある頰に彩る、ジューシーなジェルチーク。ピーチ系コーラル。ジェル ブラッシュ 03 ¥3000/ポール & ジョー ボーテ撮影/吉田 崇〈まきうらオフィス〉(人)、小川 剛(物) ヘア&メイク/中野明海〈air notes〉 スタイリスト/辻村真理 モデル/森絵梨佳 取材・原文/中島 彩 ※BAILA2019年7月号掲載
  • 夏はカラフルなコスメに心が揺れるけれど、鮮やかな色が顔から浮いてしまうのも心配。そんな人におすすめなのが、コフレドールのプレイフルな夏限定コスメ。 カネボウ化粧品 コフレドール プレイフルカラー アイ&フェイス (左上から時計回りに)01、02、04、03 各¥2,000(編集部調べ・2019年6月16日数量限定発売)カネボウ化粧品 コフレドール プレイフルカラー アイ&フェイス (右から)05、06 各¥2,000(編集部調べ・2019年6月16日数量限定発売) 目元に頬にとマルチに使える「プレイフルカラー アイ&フェイス」は、攻めたカラーバリエーションに見えて、塗ると程よく肌に馴染み洗練された発色感。スフレのような軽いテクスチャーで透明感がある上、鮮やか且つ少しくすみをもたせた色合いが大人の肌にもよくなじむ。もちろん、薄く色を重ねていきながら発色を調整し、インパクトのあるアイメイクに仕上げることも可能。高密着処方だから、海やキャンプ、フェスなどアクティブなイベントが多いこれからのシーズンにぴったりだ。 色は全6色。パールなしのソフトマット質感なら、01スイカレッド、02ユカタパープル、03ヒマワリイエロー、04オーシャンエメラルドを。大小異なるパールを敷き詰めたような輝き質感なら、05カミナリゴールド、06ビキニピンクからチョイスして! カネボウ化粧品 コフレドール スキンシンクロルージュ EX-03 ¥2,700(編集部調べ・2019年6月16日数量限定発売) つるん! と滑らかに仕上がるリッチな潤い感が人気の「スキンシンクロルージュ」からは、夏限定パッケージの限定色が登場。 「プレイフルカラー アイ&フェイス」にリンクした、EX-03ユカタパープル、EX-04ビキニピンク、EX-05鮮烈なサニーオレンジ、EX-06スイカレッドの全4色は、それぞれパーソナルな肌の色に合うよう設計されており、自分にしっくりくる色が必ず見つかるのもうれしい。とろけるようなテクスチャーが魅せるふっくら潤った唇で、夏らしいヘルシーな魅力を加速させて。 トレンドをリアルに落とし込むのがピカイチのコフレドールなら、遊び心あるカラーメイクも自分らしく落とし込める! カネボウ化粧品www.coffretdor.jp0120-518-520 text:Saori Nozawa >>ビューティニュース ⇩コフレドールの夏限定コスメはここからチェック!
  • ニット¥6900/ヒロタ(31 Sons de mode) スカート(トップスとセット)¥8900/MIIA イヤリング¥2639/CHIPPI&CUU バッグ¥7900/アンビリオン(カシュ カシュ) サンダル¥13500/サン・トロペ(ヴィーセヴン・トゥエルヴ・サーティ)大人っぽさが際立つモノトーンコーデ。シンプルになりすぎないよう、アイテムの素材にこだわるのが正解。タイトなラインが美女見えするスカートはニット素材。ほんのり透け感があって、シンプルコーデでもおしゃれ見えするよ! ボーダーバッグでポイントも。モデル/西野七瀬 撮影/藤原宏(Pygmy Company) ヘア&メイク/中山友恵(Three PEACE) スタイリスト/松尾正美 文/鈴木絵都子  ※上記のキャプションはWEBオリジナルのもので、本誌とは異なります。明日のコーデに迷ったら… \non-noお天気コーデをチェック/ ▶モノトーンコーデ記事一覧はコチラ
  • カーディガン¥251000/シャネル カスタマーケア赤リップは私にとってのシグネチャーアイテム。今年の夏も、一緒に毎日ライブ感覚でメイクを楽しんでいるのでその日によって選ぶリップの色は違いますが、やっぱり赤リップって特別なんですよね。このメイクの使用色以外にもよく手が伸びるのは、ルージュ ココ フラッシュの92番。すごく情熱的な赤で、つけると女性らしさのスイッチを押してくれるんです。唇を主役にする場合には、今回みたいにナチュラルなブラウンシャドウを目元にのせるバランスが好き。このパレットは、どの色も本当に美しいんですよ! シャネルのコスメは、持つだけでエレガントに見えて、テンションを上げてくれる唯一無二の存在です。 A マットからメタリックまで、異なる質感が楽しめるアイパレット。 レ キャトル オンブル ルミエール ナチュレル ¥6900(限定発売中)/シャネル カスタマーケア B 温かみを放つ柔らかレッド。とろける感触とツヤが魅力。 ルージュ ココ フラッシュ 68 ¥4000/シャネル カスタマーケアHow to make up リップが主役のシンプルメイクEYE:パレットA右上を上まぶた全体にのせ、左下のブラウンをアイホールに重ねて自然な影をつける。まつげは黒マスカラを軽くサッと塗る程度でOK。 CHEEK:チークは塗らずに素肌を生かして。 LIP:Bをブラシで丁寧に塗った後にティッシュオフして、もう一度塗り重ねて色鮮やかに。▶Kōki,が今したい顔をもっとチェックモデル/Kōki, 撮影/三瓶康友(モデル) 細谷悠美(物) ヘア&メイク/中山友恵(Three PEACE)スタイリスト/早川すみれ(KiKi inc.) 構成・原文/森山和子 web構成/篠有紀 web編成/ビーワークス
  • 今やマッチングアプリで始まる恋は、珍しくない。どんな人が来るかぎりぎりまでわからないからこそ、待ち合わせでのときめきもひとしお。クラシカルなプレフォールに身を包む女性の、「はじめまして」を追いかけた。マッチングの瞬間、高揚感が生まれるマーゴットは恋人を探そうとアプリを眺めているとふと服のセンスがいい人、マエルが目に留まる。プロフィールにはゾンビ映画が趣味と書いてあって、気が合いそう。文章に嫌みがなく、写真も自撮りではなく、完璧。右スワイプして数分後、見事にマッチング。部屋でまどろむこんな日には、ローゲージのミックスニットのカーディガンを羽織り、シェトランドウールのパンツでリラックス。Tシャツにはカラフルな糸で「THE SUBVERSIVE STITCH」というメッセージが刺しゅうされている。これはフェミニストの美術史家ローズシカ・パーカーの著作からの引用。 カーディガン¥360,000・Tシャツ¥140,000・中に着たニット¥140,000・パンツ¥190,000・ソックス¥44,000/クリスチャン ディオール(ディオール)初デートはいちばん素敵に見える服を1週間にわたり毎日メッセージを交換。同時にウェブやSNSで信頼できる人かをチェックする。やりとりで人柄のよさが伝わってきたので、会うことに。初デートはやはり緊張する。面白くないと思われたらどうしよう、写真と違うと思われたら……不安で胸はいっぱい。だから自分がいちばん素敵に見える、ラグランスリーブの白いブラウスを選んだ。ビブにプリーツ飾りが斜めに配され、幾何学的な印象。ウールクレープのボックススカートを合わせたルックは、60年代のソルボンヌ大学の学生から着想を得て。クロコダイルの型押しブーツで、パンチを加えるのも忘れずに。 ブラウス¥173,000・スカート¥142,000・ピアス¥52,000(参考価格)・ネックレス¥47,000・バッグ¥184,000・ブーツ¥159,000/クロエ カスタマーリレーションズ(クロエ)想像以上に素敵な人が現れた夕方6時。街が夕焼けに染まる中、なかなか彼が見つからないから電話してみる。「チェックのシャツを着ています」という。待ち合わせ場所に現れた彼の姿が、写真より素敵で、思わず笑みがこぼれる。「マーゴットさん? はじめましてマエルです」と彼もはにかんだ。 (右)ポリウレタン素材のトレンチコートに、TBモノグラムのシャツを合わせて伝統とモダニティを融合。ボウリングバッグから着想を得たバッグ「CUBE」も含めてベージュトーンで統一し、レディライクに。コート¥330,000・シャツ¥130,000・スカート¥190,000・バッグ¥270,000・ベルト¥56,000・ブーツ¥165,000(すべて予定価格)(左)2019年春夏に使用されたアートワークを、メゾンのコードであるチェック柄にモザイク画のようにはめ込んだ。シャツ¥68,000・パンツ¥90,000(ともに予定価格)/バーバリー・ジャパン(バーバリー) 初めての食事は、お互いの人となりを知る大切な時間予約してあるダイナーへ。住んでいる場所、趣味、仕事の話などで、互いのパーソナリティを掘り下げていく。定番の質問である「なぜアプリを始めたの?」を投げてみると、「趣味が合う人と効率的に出会いたいから」というシンプルな答え。すごく聞き上手なマエルに、つい夢中になって話してしまう。ゾンビ映画の話に花が咲く。 (右)異なる2 種類の花柄がのったシルクシフォンをアシンメトリーに重ねたドレス。パッチワークブーツを合わせて、グランジィに仕上げて。ドレス¥82,000・リング¥21,000・ブーツ¥78,000・椅子に掛けたコート¥290,000(左)フード部分にRexyの顔を配した、チャーミングなシアリングコート。コート¥290,000・パンツ・スニーカー(ともに参考商品)/コーチ・カスタマーサービス・ジャパン(コーチ)話が盛り上がった二人はそのまま近くのミニシアターへ初めて一緒に映画を観るときは、どこで笑い、どこで泣くかが気になるところ。彼女はキャラクターのユーモアに思わず笑ってしまうけれど、隣からの視線が気になってなかなか集中できない。 (右)グラフチェックをのせたニットブルゾンとパンツのセットアップ。レースタイツとハイネックニットで赤をリフレイン。バッグ「グッチ ズゥミ」でクラシックにまとめた。ブルゾン¥320,000・パンツ¥175,000・ハイネックニット¥98,000・バッグ¥350,000・ネックレス¥259,000・[左手]人さし指リング¥72,000・薬指リング¥52,000・[右手]リング¥80,000・タイツ¥20,000・靴¥118,000(左)ツィードのノーカラージャケットにいちごのブローチをあしらい、ジェンダーレスな着こなしに。ジャケット¥400,000・セーター¥130,000・シャツ¥73,000・スカーフ¥56,000・パンツ¥140,000・ブローチ¥110,000・靴¥98,000/グッチ ジャパン(グッチ)夜道に浮かぶ無数の光を見て彼女は何を思うたくさん笑った一日を反芻しながら、一人夜風に当たる。さっきまでのひとときが急に夢の中の出来事に思えてきて、冷静になる。全体的には楽しかったけど、でも……また会うかどうかはわからないな、と思う。ボクシーな「レクタングルジャケット」に、スキニーよりゆとりのあるシェイプのデニムを合わせたマニッシュなスタイル。「ブルジョアジー」「スクールガール」がキーワードのトラッドなスタイルに、ボアでトリムされたニーハイブーツが遊び心を添える。 ジャケット¥360,000・シャツ¥76,000・パンツ¥97,000・バッグ¥210,000・ピアス¥145,000・リング¥57,000・ベルト¥57,000・ブーツ¥235,000(リング、ピアス以外すべて予定価格) セリーヌ ジャパン(セリーヌ バイ エディ・スリマン) >商品のお問い合わせ先と電話番号はこちら SOURCE:SPUR 2019年7月号「はじめましての待ち合わせ」photography: Kiyotaka Hamamura styling: Mayu Yauchi hair: HORI〈bNm〉 make-up: Rie Shiraishi model: Margott, Mael cooperation: PROPS NOW, LINEN & DECOR
  • コロンとした丸い目元が特徴の犬顔さんは、愛らしいけどなめられやすいのが悩み。グレイッシュなシャドウと目じりにきかせたカーキラインで、丸い目もとをシャープで切れ長な印象にチェンジ。カラーレスチークで陰影を引き立てつつ、レッドリップをぼかして塗り、大人なムードと意志の強さを漂わせて。 【猫顔・犬顔】あなたはどっち?いつものゆるっと犬顔メイクはこんな感じ…チェンジ1.【EYE】目じり1㎝のカラーラインでキリッと1アッシュブラウンの眉でキリッと。アディクション リキッド アイブロウ01 シナモン ¥2200/アディクションビューティ 2ほどよく締めるカーキライナー。NARS ラージャーザンライフ ロングウェアアイライナー 8059¥2600/ナーズ ジャパン 3漆黒つやマスカラ。アイラッシュ マスカラ01 ¥4300/SUQQU 4まぶたはスモーキーに。トリオ ブリック パレット053 ¥7700/パルファン・クリスチャン・ディオール(6月14日限定発売)パレット4のabを混ぜて、アイホール全体に切れ長のしずく形になじませる。目じり1㎝に2のカーキアイライナーを目じりと平行になるよう引き、眉は1のアッシュブラウンで長めに描き、キリッとした印象に。チェンジ2.【CHEEK】チークは引き算で大人なムードにハーフマットななかにほのかなつやをたたえた、ニュアンスベージュのスティックチークで洗練を。カムフィー スティックブラッシュ01 ¥3500/セルヴォークチークはニュアンスベージュで色みを引き算。頰骨に沿って小さな逆三角を描くように塗って、指でトントンとぼかす。さりげなくシャープな陰影で丸顔を補正。チェンジ3.【LIP】意志ある赤をぽんぽん塗りでなじませる情熱を秘めたパッションレッド。やわらかくなじむエアリーマットな質感を選んで。デアリングリィディスティンクトリップスティック 03 ¥3900/THREE意志ある印象に見せるマットな赤をセレクト。ただし、塗り方は中央になじませて、指でぽんぽんとぼかすこと。顔立ちから浮かず、ナチュラルに仕上がる。シャープな線のスパイスをきかせて愛くるしい犬顔に意志的な大人の表情をプラス(モデル上)トップス¥5000/エムケースクエア(マノン) チョーカー¥7000/ザ ダラス ラボ(. ザ ダラス) (モデル下)ボディスーツ¥16000/ザ ダラス ラボ.(ザ ダラス) ピアス¥9000/トゥモローランド(ソコ)撮影/尾身沙紀〈io〉(モデル)、富田 恵(物) ヘア&メイク/河嶋 希〈io〉 スタイリスト/辻村真理 モデル/垣内彩未、ぽん(犬) 取材・原文/長田杏奈 ※BAILA2019年7月号掲載
  • 天気が不安定な今日この頃。梅雨だから……と気を抜いていたら昼間はピカピカに晴れて紫外線浴び放題、なんてミスをやらかし続けております。そんな時に頼れる成分といえば、やっぱりビタミンC。なにか新しく、いいものないかな~?と探していたら、トリロジーで見つけちゃいました。それが、こちらのトリロジー Cブースター トリートメント(12.5mL ¥5200)。2週間集中ケア型の美容液です。スポイトが別添えになっていて、ボトルの蓋内部にピュアなビタミンCパウダーを格納。使う直前に美容液と混ぜ合わせ、フレッシュな状態で肌に届ける仕組みですね。混ぜてもこんなにクリア。美容液にはトリロジーの看板成分、エイジングケアにも長けたローズヒップオイルも配合。さらに、くすみをケアするデイジーフラワーエキスやヒアルロン酸、と肌への滋養たっぷり。しかもうれしいことに、ビタミンCコスメだけど朝晩使用OK!見た目でオイル状を想像していたのですが、意外とさらり。浸透が早く、なじませた瞬間からくすみが抜けて肌がなめらかに整う気が。と、肌のレスポンスも良かったのですが、個人的にこの美容液のお気に入りポイントは香り。“ビタミンC濃いめ”の美容液って、つけた後にギシッとした酸化臭のするものが多くありませんか? ですがこちらは、つけた瞬間はもちろん時間が経っても酸化臭が気にならないんです。サイトにはオレンジの香りと書いてありましたが、ジューシィな柑橘!というよりフワンと広がる優雅な香りがとっても特徴的。いい香りすぎて、何度もクンクンしちゃいます。パッケージの内側には、“ビタミンCの爆弾”とも言われるローズヒップの写真が。さらなるビタミンCの後押しが欲しい方は、こちらも一緒にどうぞ。トリロジー Cモイスチュアライジング ローション(50mL ¥6100)は、美容液と同様にビタミンC・ローズヒップオイル・デイジーフラワーエキス配合。さらに、アーモンドオイルやアロエベラ液汁などで保湿効果も万全です。テクスチャーは乳液とクリームの中間でしょうか。ファーストタッチはクリームなのですが、のばすと水分がはじけ出てくるようなみずみずしさ。こちらも朝晩使えるし、同じくいい香り! 暑い季節でもベタつかず、即メイクに移れるさらっとした使い心地がこれからのケアにぴったりです。このコンビでのケアを数日続けたら、どんより感がだいぶ払拭され質感もなめらかに。紫外線ダメージを忘れる美肌っぷりに「下地を塗っただけでもイケるんじゃない?」なんて、ひそかにうぬぼれています。こちらのアイテムはコスメキッチン全店と公式オンラインショップ「FAVOスタイル」で限定発売中。新しいビタミンC美容をお探しの皆さま、ぜひチェックしてみてくださいね。トリロジー Cブースター トリートメント 12.5mL ¥5200、同 Cモイスチュアライジング ローション 50mL ¥6100/株式会社ピー・エス・インターナショナル●「トリロジー」公式サイトはこちら WEB美容エディター 原田千裕 ちょっとやそっとじゃ揺るがないのが自慢だった鋼鉄の肌に明らかな陰りが……ということで、アンチエイジングにフルスロットル中! そんな日々の中でキャッチした、アラフォー向けの“マーヴェラス”な美容トピックスをシェア。コスメも男性もお酒も“ディープで濃いめ”が好み。 イラスト/ユリコフ・カワヒロ
関連キーワード

RECOMMEND