本田翼、ノンノモデル卒業。17歳の初登場写真から8年の軌跡を振り返る!

non-no Web

約8年間、ノンノの看板モデルとして活躍。そして今、新たなスタート地点に立ったばっさー。最後はやっぱり、とびっきりの" ばっさースマイル" で。

TSUBASA 's CHRONICLE

翼のnon-no
クロニクル

初登場は17歳! 100人のTシャツ特集に注目モデルとして掲載

2009年6月5日号 撮影/伊藤大作(The VOICE)

当時は黒髪のロングヘア!!「この頃はモデルというより完全に普通 の女子高生だったので。スタジオで同じ特集に出ていた竹下玲奈ち ゃんを見かけて。やたら興奮したのを覚えています(笑)」

ショートカットに大変身! ついにノンノの専属モデルに!

2010年6月5日号 撮影/内山功史

ロングヘアをバッサリ切りました

ショートカットにするのは中学生以来。「髪を切ったことで、似合う服の幅が広がったからか、撮影に呼ばれる回数も増えて。そんな私の髪形を読者のみんなが"マネしたい" と言ってくれたのもすごくうれしかった♡」

連載コラムがスタート! 等身大の「ばっさー」節が好評!

2013年1月号 撮影/佐藤きよた

素顔の自分で語れる大切な場所でした

「私にとって初の雑誌連載。ファッションページとは違い、素顔の自分で語れるのが楽しかった」。職権を乱用して(!?)、漫画家の松井優征先生など、憧れの人との対談企画も。「『欅坂46』の衣装姿は何度見ても胸アツ!」

表紙回数はなんと23回! まさに看板モデル!

初表紙はもちろん本屋さんまで見に行ったよね

23回の中には、坂口健太郎さんと"ノンノ史上初"となる男性とのツーショット表紙も!「こんなに表紙を飾っていたなんて自分でも驚き。でも全部、ちゃんと記憶に残ってて……やっぱりうれしかったんだね(笑)」


▼ 関連記事もチェック!

本田翼が、2018年7月号でノンノ専属モデルを卒業! 2009年から約8年、看板モデルとして活躍したばっさーの最後の表紙撮影現場に潜入したよ!
ノンノの撮影現場でも『欅坂46』を常に愛聴。自他ともに認める"坂道"好きであるばっさーの夢がついに現実に。胸アツコラボが誌面で実現!!
モデル/本田翼 撮影/三瓶康友 ヘア&メイク/犬木愛(アージェ) スタイリスト/笠原百合 取材・原文/石井美輪 web構成/篠有紀 
SHARE
この記事が気に入ったらシェアしよう!

RECOMMEND