最終面接で大事なのは親近感ときちんと感。就活最終日のメイク、これが正解!

non-no Web

最終面接で大切なのは、親近感ときちんと感!

最終面接では、“この子と働いてみたい”と思わせることが大切。面接官は、「実際に入社したらどんな仕事をしてくれるか」を見ています。新入社員とはいえ、他の子よりも「しっかりしてそう」と思わせた者勝ち!
フェイスラインや眉下にさり気ないシェーディングを入れたり、眉や口角の印象を強めることで、キリッとした印象に仕上がります。ヘアオイルで髪のツヤ出しも忘れずに!
▼How To をチェック!

1/4

2/4

3/4

4/4

【Point 1】

ファンデーションを塗ったら、フェイスラインにパウダーをオン。外側だけふんわりさせることで、小顔見せのソフトフォーカス効果が。
【Point 2】

眉下のくぼみにノーズシャドウを入れて、彫り深に。まぶたが引き締まって瞳の印象がアップする。
【Point 3】

透明の眉毛用マスカラで眉頭の毛を立ち上げ、眉頭以外は毛流れに沿って整える。
【Point 4】

リップライナーで口角をくっきり描き、唇の印象をアップ。口角が下がり気味の人は少し跳ね上げるようにして描いて。

▼ 関連記事もチェック!

就活の荒波にもまれ、内定を得た女子たちが「使ってよかった!」と実感するコスメを公開。今回は憧れの業界別 MYベストコスメ。専属読モ組織「non-noカワイイ選抜」の中から就活に成功したメンバーがお供にしていたコスメを紹介!
厳しめな女子の先輩にも可愛がってもらえるよう、色みを抑えたメイクに。フレッシュ感もあるオレンジ×ブラウンの組み合わせが最強!
モデル/高田里穂 撮影/横山翔平(t.cube・モデル) ヘア&メイク/広瀬あつこ スタイリスト/梅林裕美 構成・原文/野崎千衣子 web構成/篠有紀
関連記事
  • 寒空の中 仕事から誰もいない家へ帰宅すると オートロックの中ににゃんこが そうかお前も寒いか… とりあえずぶりさん小学生だから 一緒に遊ぼうとします! がワイルドな野生の子らしく はなも引っ掛けられず 負けるが勝ちかとすごすご退散し エレベーターに乗り込むのを じっとり観察されるわたくし 寒い外から帰ったら 部屋あっためてアイスだよね! カスタードたっぷりで癒されます… にゃんこよ ごめんってばモアハピ部 No.666 ぶり のブログ
  • お仕事服にちょうどいい『ユニクロ』でつくる冬のコーデ『ユニクロ』といえば、シンプルなのに無難じゃない、“ちょうどいいお仕事服”の宝庫。便利すぎて、コスパがよくて、つい溺愛してしまう人も多いはず。この冬も、『ユニクロ』のアイテムを上手に使って仕事も遊びも楽しもう♡ きちんともカジュアルも叶う、冬のコーデを集めました♪『ユニクロ』のニットなど全身コーデ グリーンの“リブタートルニット” カラーそのものにおしゃれが宿っているから、潔く黒のシュッとしたパンツと。スカーフとバレエ靴で盛ってパリっぽく。 ニット¥1990・ジャケット¥3990・パンツ¥2990・バッグ¥1990/ユニクロ 靴¥12500/ダイアナ 銀座本店 スカーフ¥11000/フラッパーズ(マニプリ) イヤリング¥1000/お世話や 靴下¥700/タビオ『ユニクロ』のデニム 冬コーデが軽やかになるから! トップスとしての白Tをしっかり見せると、ダークトーンが多くなる冬コーデが重たく見えない。白ソックスも浮かないでしょ? Tシャツ¥2000/ヘインズブランズ ジャパン コート¥49000/アッシュ・スタンダード アトレ恵比寿店 Gジャン¥25000/ブルー ブルー パンツ¥3990/ユニクロ 靴¥16800/ジャーナル スタンダード レリューム ルミネ新宿店(アルテサノス) バッグ¥49000/シップス プライマリーネイビーレーベル(ミミ) 帽子¥6500/CA4LA ショールーム イヤリング¥4500/デミルクス ビームス 新宿 靴下¥2500/セムインターナショナル『ユニクロ』のダウンジャケット、ワンピース オレンジのダウンジャケットと、シックなリトルブラックドレスのコーデ。これならパーティシーンもクリアできそう。ダウンってすごく使えるんだ! ジャケット¥12900・ワンピース¥5990/ユニクロ 靴¥39000/ジオン商事(ドレスレイブ/ファビオ ルスコーニ) バッグ¥32000/ショールーム セッション(ポティオール) ネックレス¥1000/お世話や 『ユニクロ』のデニム 決めすぎないのに上品さもあるって、ニットとデニムにぴったりじゃない? 衿つき&ほどよい光沢が女性らしい。コート¥46000/シンゾーン ルミネ新宿店 ニット¥14000/ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング 自由が丘店(ハーレー オブ スコットランド) ブラウス¥6990/クチュール ブローチ パンツ¥3990/ユニクロ 靴¥19000/ダイアナ 銀座本店 バッグ¥15800/ショールーム セッション イヤリング¥11000/UTS PR『ユニクロ』のパンツ もっと大人っぽく見せたいなら、少し辛口なカーキがいい感じ。裏地のチェックがキュートなギャップ。コート¥43000/アーバンリサーチ サニーレーベル グランツリー武蔵小杉店 ニット¥23000/TOMORROWLAND(BALLSEY) Tシャツ(2枚セット)¥2800/ヘインズブランズ ジャパン パンツ¥3990/ユニクロ 靴¥19800/カルネ バッグ¥13000/ナノ・ユニバース カスタマーサービス(マルコ ビアンキーニ) ストール¥23000/ビショップ(スコティッシュトラディション) イヤリング¥7200/ロードス ネックレス¥1800/サンポークリエイト『ユニクロ』のチェック柄コートなど全身コーデ 抜け感も、奥行きも、華やぎも。全部叶うつやめく黒ボストンを相棒に。ちょいマニッシュなチェック柄トレンチと深いインディゴブルー。落ち着きのあるダークトーンに、黒ボストンでリッチなつや感を添えて。明るい色を投入しなくても着こなし全体が軽やかに映って、大人っぽさも上々! バッグ¥2990・コート¥12900・シャツ¥2990( 3 点とも一部店舗とオンラインストアで販売/ユニクロ×イネス・ド・ラ・フレサンジュ)・パンツ¥2990/ユニクロ ピアス¥6000/チャオパニック・カントリーモール『ユニクロ』カシミア100%ニット 袖口にきかせたアクセントがズルくてニヤリ。定番の“ちょっと先”を賢いお値段で、いい素材で。 ニット(一部店舗とオンラインにて販売)¥7990/ユニクロ(イネス・ド・ラ・フレサンジュ) パンツ¥38000/シップス 有楽町店(エリン) 帽子¥7200/ストレートシックス(ブリクストン) ピアス¥2600/ステラハリウッド『ユニクロ』ゆるめのVネックのニット 華奢なリングの重ねづけではなく、大ぶりのリングをひとつだけ。手もとにほどよいインパクトを加えるのが今どき! メンズっぽいシルバーアクセに対比させて、メイクは女の子っぽいクリアなつや感を重視。ほんのり色づくモーヴピンクのグロスで、甘めフェイスに仕上げて。 ニット(一部店舗のみ販売)¥3990/ユニクロ リング¥29000/チャオパニック・カントリーモール(ララガン)『ユニクロ』リブ編みのカーディガン シンプルなユニクロの黒ニットの時は、耳、おでこ、眉をはっきり見せると、新鮮な印象に。90年代を匂わせるクリアなアクリルのイヤアクセを主役に、ワックスでしっとりタイトにスタイリングしたヘアでカッコよく。センターパートでなでつけたら、耳の後ろをアメピンで留めると崩れない。 カーディガン(一部店舗のみ販売)¥4990/ユニクロ(ユニクロ ユー) パンツ¥19000/ゲストリスト(レッドカード) ピアス¥1900/サンポークリエイト(アネモネ) 『ユニクロ』タートルネックのニット 抽象的なモチーフの大ぶりのメタルイヤリングひとつで、奥行きのある大人の魅力を演出。肌は発光するようなハイライトチークをポンとのせて。色ではなく光でつくるメイクがワンステップ上の上質感をプラス。 ニット¥1990/ユニクロ スカート¥12000/ジオン商事(ラシア) ピアス¥25900/リフラティ シップス ルミネ横浜店(ウィークエンドエルエー)『ユニクロ』のメンズニット チャコールグレイのワントーンに、チェック柄ストールをさらりとまとわせて。靴もバッグもブラックレザーでちょっと辛口に女っぽく、ダークトーンにストールの赤がより映える。タートルの衿もとは隠さず、フェイスラインを引き締めて見せて。 ストール¥23000(スコティッシュ トラディション)・バッグ¥52000(ミミ)/ビショップ ニット(メンズ)¥2990/ユニクロ スカート¥18000/アナディス(アナカノワー) 靴¥19500/カルネ(ダニエラ&ジェマ) 『ユニクロ』白のパンツ 肩にかけたニットも白、アクセもパールネックレスで白。重ねるほどに上品さが増すのも冬の白の魅力。 ニット¥27000/スローン カーディガン¥9900/ルクールブラン パンツ(一部店舗のみ販売)¥3990/ユニクロ(イネス・ド・ラ・フレサンジュ) 靴¥21000/ダイアナ 銀座本店 バッグ¥6900/L.L.Beanカスタマーサービスセンター ネックレス¥600/お世話や ソックス¥800/タビオ(靴下屋)『ユニクロ』のこなれ見えスーツ 白のピンストライプ柄がほんのり浮かぶ、ネイビーのウール生地。上下ともに体がきれいに見える計算系シルエットで単品でも活躍! ジャケット¥9990・パンツ¥5990( 2 点とも一部店舗とオンラインストアで販売/ユニクロ×イネス・ド・ラ・フレサンジュ)・ニット¥2990・シャツ¥1990/ユニクロ 靴¥23000/リーガル コーポレーション バッグ¥18500/セムインターナショナル(ペレッテリアベネタ) ネックレス¥600/お世話や『ユニクロ』ガウン風ワンピース ワンピース×ブラウンパンツの秋色レイヤードに、足もとで抜け感をプラスしたコーデ。 ワンピース(一部店舗のみ販売)¥4990/ユニクロ(ユニクロ/イネス・ド・ラ・フレサンジュ) パンツ¥31000/FUN Inc.(アイロン) バッグ¥32000/ロードス(イコット) 靴¥15000/ダイアナ 銀座本店 時計¥18000/ダニエル・ウェリントン 原宿(ダニエル・ウェリントン) ネックレス¥16000/フラッパーズ(シャルロット ウーニング) ピアス¥1700/サンポークリエイト(アネモネ) リング¥21000/UTS PR(ルフェール) 『ユニクロ』ガウン風ワンピース 定番のデニム×Tシャツもガウン風ワンピとビッグモチーフアクセで秋ムードに。 Tシャツ¥1500/ヘインズブランズ ジャパン パンツ¥19000/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ シンゾーン) ワンピース(一部店舗のみ販売)¥4990/ユニクロ(ユニクロ/イネス・ド・ラ・フレサンジュ) ピアス¥14500/ビームス ウィメン 渋谷(ソフィー モネ) ブレスレット¥6000/ビームス ウィメン 渋谷(ビームス ボーイ) 『ユニクロ』ガウン風ワンピース ワンピにニットを重ねて、スカートとのワンツーっぽく着る新鮮コーデにトライ。 ワンピース(一部店舗のみ販売)¥4990/ユニクロ(ユニクロ/イネス・ド・ラ・フレサンジュ) ニット¥34000/フレイ アイディー バッグ¥4600/アーバンリサーチ ロッソ ジョイナス横浜店(ロデスコ) 靴¥15000/ダイアナ 銀座本店 時計¥18000/ダニエル・ウェリントン 原宿(ダニエル・ウェリントン) リング¥21000/UTS PR(ルフェール) 靴下¥900/タビオ『ユニクロ』白のパンツ 太めリブとプチハイネックがいい感じの抜け感をくれる。グレイでもNOTコンサバ。 カーディガン¥14000・ニット¥12000/イネド パンツ¥2990/ユニクロ バッグ¥38000/スローブ イエナ ルミネエスト新宿店(メゾン ボワネ) バンダナ¥2700/GREED International(ベッド&ブレックファスト) 帽子¥1490/ジーユー ピアス¥1600/サンポークリエイト 時計(10月発売予定)¥24000/フォリフォリジャパン ブレスレット¥18500/ガス ビジュー 青山『ユニクロ』のスカート 【ユニクロのスカート×肌なじみのいいベージュのショートモールのカーディガン】 カーディガン¥17000/ミミ&ロジャー スカート¥2990/ユニクロ バッグ¥11000/アンタイトル スカーフ¥16000/フラッパーズ(マニプリ) ピアス¥1900・ブレスレット¥2400/サンポークリエイト(アネモネ)『ユニクロ』のクルーネックカーディガン シャツの丸衿とカフスをのぞかせたクルーネックのカーディガンにニットアップからフレアスカートをチョイス。きちんとした場にふさわしい正統派レディなコーデで。 クルーネックカーディガン¥2990/ユニクロ スカート¥34000/ブルーバード ブルバード『ユニクロ』の黒クルーネックニット 黒のワンツーにボルドー色のワンピをはおって、華やかだけどスタイリッシュな雰囲気に。 パンツ¥27500 /シンゾーン ルミネ新宿店 (ザ シンゾーン) ニット¥2990/ユニクロ ワンピース¥36000/シップス 有楽町店(アローブ) バッグ¥89000/ベータ(エド ロバート ジャドソン) 靴¥28000/銀座ワシントン 銀座本店 ネックレス¥2800/サンポークリエイト(アネモネ) ストール¥62000/アルアバイル(ジョンストンズ)『ユニクロ×イネス』のトレンチコート 寒暖差対策にユニクロ×イネスのトレンチコートが必須。キャッチーなチェック柄で差をつけて! コート(一部店舗のみ販売)¥12900(ユニクロ/イネス・ド・ラ・フレサンジュ)・シャツ¥3990(ユニクロ ユー)/ユニクロ パンツ¥15000/Stola. 靴¥7990/プラステ バッグ¥40000/ダイアナ 銀座本店 ピアス¥590/GU 時計¥21000/ピークス(ロゼモン)『ユニクロ ユー』ウールブレンドストレートパンツ はりと落ち感を備えたウールブレンド素材ですらりとしたシルエットを保つパンツ。 パンツ(一部店舗のみ販売)¥5990/ユニクロ(ユニクロ ユー) コート¥18000/ルクールブラン ブラウス¥18000/TOMORROWLAND(BALLSEY) 靴¥16000/ルーニィ バッグ¥37000/シップス 二子玉川店(ミミ) イヤリング¥5000/ココシュニック オンキッチュ 新宿マルイ店(ベックペッティーナ) ストール¥14800/リフラティ シップス ルミネ横浜店(グレンプリンス) 時計¥48000/ピークス(ロゼモン)『ユニクロ ユー』のメンズコート 『ユニクロ ユー』のメンズコートはしゃれたボリュームがあるのにきちんと感が出て優秀。素材は雨風に強い「ブロックテック」。 コート( 一部店舗とオンラインストアで販売)¥12900(ユニクロ ユー)・シャツ¥1990・パンツ¥2990・靴¥2990・ストール(一部店舗とオンラインストアで販売)¥1990(ユニクロ×イネス・ド・ラ・フレサンジュ)/ユニクロ バッグ¥13000/センゾー トーキョー(メゾ) イヤリング¥1000/お世話や『ユニクロ』のメンズニットなど全身コーデ ストリートっぽいカジュアルはメンズニットのサイズ感が有効。彼のを借りて着たみたいなおしゃれなゆるさが出せるメンズのニットにスポーティな小物。上半身に黒&ボーイッシュさを集中させた分、ボトムは白で軽く。 ニット¥2990(ユニクロ)・バッグ¥2990・帽子¥1990・Tシャツ¥1000( ユニクロ ユー)・キュロット¥3990・ストール¥1990( ユニクロ×イネス・ド・ラ・フレサンジュ)/ユニクロ 時計/スタイリスト私物
  • こんにちは、ブラジル在住 美容ブロガーのchisaです。 私のチャームポイント(とか自分で言っちゃうw)は、まつ毛だったんですが、 最近、年齢とともに量が少なくなってきたり、 まつ毛をビューラーで上げても、すぐに下がりやすくなってきました。。 ああ、もう自慢するポイントがない。。(←自慢にも元々なってない) と1人落ち込んでいたのですが、最近お気に入りのビューラーを見つけて、 私のまつ毛と気分は上向きに急上昇しました!!これ。塗るつけまつげのマスカラで人気のイミュさんプロデュースのひとえ・奥ぶたえさん用カーラーアイプチフィットカーラービューラーが一重、二重とまぶた別にあるなんてビックリですよね実は公式ショップでは人気すぎて、品切れ状態。 店頭か、ネットショップでしか現在買えません。ひそかに口コミで人気だったため、ずっと気になっていて、 ようやくゲットすることができました。 とてもおすすめアイテムなので、レポートしていきますね。私はもともと少し奥ふたえよりの二重です。さらに右目は左目よりも厚いため、重たい印象に。しかし、このフィットカーラーを使えば、まつ毛を根本からぐっとキャッチでき、まつ毛を取り残すことなく、上向きにしてくれるのです。特殊な構造をみてもらえばわかるように、この形がとても重要で、 通常のビューラーよりも高さがあり、幅広につくられています。 日本人の目元にちょうどよくフィットします。あと、まぶたを挟まないのもGoodポイント!カーブのあるビューラーを使うことで、まぶたをぐいっと上げ、まぶたの生え際を露出させた状態から根本カールすることができます。どうしてまつ毛を上げる必要があるか? まつ毛が下がっている状態はまつ毛が影になり、重たい目元になるからです。まつ毛を上げることで白目をハッキリと見せ、目を大きくみせる効果があるからです。 マスカラを塗って、上向きまつ毛をキープします。ナチュラルな中にも華やかさのあるまつ毛になりました。 ビューラー使用時の様子を動画にまとめてみましたので、御覧ください。ビューラーするときのポイント私は平均して10~15回前後に分けて、細かくビューラーを使っています。 鏡に対して、少し顔を横を向きながらビューラーをすると カール状態がわかりやすいです。 一番頂点に達した時、肘が天井を向いている、上げた状態が理想的です。慣れてくるととても簡単に上げることができるので、 ぜひチェックしてみてくださいね。 アイプチ フィットカーラー詳細はこちらから-------------------------------------------ブラジル美容ブログはこちら 『@Brazil-Beauty』 南米に暮らす女性のための情報サイト『LAPAO』
  • 大人だけど、大人だから! スニーカーってこんなに楽しい!スニーカーが大人女子にも浸透して久しいけれど、いまだに聞こえてくる「私には似合わない、難しそう」という声。あぁ、なんてもったいない! 子どもじゃなくて、男子じゃなくて、"大人女子だからこそ"のスニーカーの良さがあるのですよ!(実はモテアイテムだったりもするし♡) MOREが集めたスニーカーコーデ、「これならマネできるかも」を探してみて。【1】 ×花柄マキシスカート メンズのニットにリュック、そしてスニーカー。甘さは花柄のマキシスカートひとつでじゅうぶん! "可愛いスカートからのぞくスニーカー"って、実はいちばんモテそうじゃない? ニット¥42000・Gジャン¥34000/ボウルズ(ハイク) Tシャツ¥8000/マイカアンドディール 恵比寿本店 スカート¥38000/ブランドニュース(メ ドモワゼル) 靴¥25000/ニューバランス ジャパン バッグ¥6500/TOLL FREE(バッハ) イヤリング¥9800/UTS PR(ルフェール) 時計¥23000/ピークス(ロゼモン) 【2】 ×ピンクのニット ふわふわ甘いピンクを着るなら、ほかはぜ〜んぶメンズライクが鉄則! メガネにスポーツウォッチに黒のハイカットスニーカー、だけどピンクのニット。このバランスにドキドキする。 ニット¥5900/センスオブプレイス バイ アーバンリサーチ キュープラザ原宿店 シャツ¥10000/TOMORROWLAND(MACPHEE) パンツ¥12000/ナノ・ユニバース カスタマーサービス 靴¥7000/VANS JAPAN バッグ¥12800/ビショップ(オーシバル) メガネ¥27000/モスコット トウキョウ 時計¥9500/カシオ計算機(ベイビーG) ストール¥11000/シップス 有楽町店(ジョン スコット)【3】 ×女っぽパンツ ベリーカラーのパンツをハンサムに仕上げたい日も、やっぱりスニーカーが使える。パンツ×ジャケットの大人っぽさを、キャップとスニーカーのやんちゃな可愛さで私らしく。 パンツ¥8990/キャン(Monique) ジャケット¥27000/ジュエルチェンジズ 新宿店 ニット¥30000/ショールーム セッション(アダワス) 靴¥6500/VANS JAPAN バッグ¥5500/バナー バレット 渋谷ヒカリエシンクス店 帽子¥7800/コンバース トウキョウ 青山 イヤリング¥1300/お世話や【4】 ×ブラウンパンツ この冬大ヒットなブラウン。パンツで取り入れるなら、足もとは絶対に赤!! ほら、ブラウン×赤がこんなに可愛いなんて、知らなかったでしょ? スウェット¥34000/デミルクス ビームス 新宿(エイトン) Tシャツ¥12200/F.I.T.(ガウン&ファンデーション) パンツ¥17800/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ シンゾーン) 靴¥5800/コンバース バッグ¥23000/ピーチ(ヴィオラ ドーロ) ベルト¥8000/スタイルデパートメント(プレット) サングラス¥48000/アイヴァン 7285 トウキョウ イヤリング/スタイリスト私物【5】 ×ネイビーシャツワンピ きれいなシャツワンピにスポーティなマウンテンパーカをはおったら、もうスニーカー一択でしょ! ソックスを合わせても可愛いけれど、暖かい日ならスリットから素足をのぞかせるのもいい。 ワンピース¥32000/TICCA ジャケット¥50000/ザ・ノース・フェイス3(マーチ) 靴¥25000/ニューバランス ジャパン バッグ¥6000/ハイ! スタンダード(オープンエディション) サングラス¥47000/アイヴァン 7285 トウキョウ【6】 ×ビッグスウェット 「あざとい」って思っちゃうくらいキュートな、ビッグスウェット×ギンガムチェックのショートパンツ。くしゅっとさせた白ソックスにブルーのオールスター……みんな大好きにきまってる! ラフなあざとさって、アリかも♡ スウェット¥6800/ハイ! スタンダード(ベイサイド) パンツ¥7000/モットハウス・トーキョー(スリーピージョーンズ) 靴¥7000/スピック&スパン ルミネ新宿店(コンバース) ソックス¥2500/セムインターナショナル(カプリコーン モヘアソックス) ♡1月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/新田君彦(1,4,6) 東 京祐(5) 森脇裕介(2) 小川健太郎(3) 坂田幸一(製品) ヘア&メイク/林 由香里(ROI/1,4,6) 信沢Hitoshi(5) 河嶋 希(io/2) モデル/本田 翼 佐藤栞里 飯豊まりえ スタイリスト/石上美津江(1,4,5,6) 大平典子(2,3)
  • ボトムスに白を持ってくるだけで、魔法のように一気に垢抜けして見えるという簡単テクニッククールなのにハッとするほどの華やかな女性らしさを兼ね備えた白パンツは、ちょっとしたイベントや仕事の会合が増えるこれからの時期にも大活躍。明日はちょうど仕事帰りに母校のクリスマスミサに顔をだすので、こっくりとしたブラウンを合わせたシックな配色に、クリスマスを意識したカラーリングのスカーフ柄バッグを効かせて。ワイドパンツ¥21,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ヴェルメイユ パー イエナ) ニット¥26,000/ヴァリアス ショールーム(エイトン) ストール¥26,000/ロンハーマン(ロバート マッキー) バッグ¥18,000(マニプリ)・靴¥44,000(ネブローニ)/フラッパーズ撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/徳原文子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼パンツコーデをもっと見る
  • 数年前の不可能を可能にする、とどまるところを知らない化粧品の進化。エイジングケアもメイクコスメも、「きれい」を更新したいなら、最新のものに頼るべき。今年誕生した数多あるコスメの中から、アラフィーの美賢者たちがこぞって太鼓判を押す“ベストスキンケアコスメ”と“ベストメイクアップコスメ”を大発表! 今すぐ買いに走っても、きっと後悔なし!選考したのは9人の美賢者 美容エディター・松本千登世さん / 美容ライター・中島 彩さん / 美容ジャーナリスト・倉田真由美さん / 美容ジャーナリスト・安倍佐和子さん / エクラ編集部・副編K藤 / 美容ライター・山崎敦子さん / 美容愛好家・野毛まゆりさん / 美容エディター・巽 香さん / 美容ジャーナリスト・小田ユイコさんベストスキンケアコスメポーラ B.A アイゾーンクリーム上まぶたの凹(へこ)み、下まぶたのたるみ。深まる目もと悩みに光をもたらすアイケアが堂々の頂点に。その形状を支える眼輪筋(がんりんきん)にアプローチし、凛とした目もとへ。 「ぴたっとフィットしてやせた目もとにハリを出してくれる頼もしさ。くぼみやゆるみのない目もとになると、こんなにも若々しい印象に」(倉田さん) 「『目が大きくなった』『二重の幅が広くなった?』といわれる機会が増えた。目もとの肌の奥の奥から引き締め、ぴんっと引き上げてくれるよう」(松本さん) 「近年アイケア革命に一石を投じているポーラが、またもやってくれました!」(野毛さん) 26g ¥18,000「印象の変化にまで切り込んだ本格アイエイジングケア!」――倉田真由美さん「やめるのが怖いと思うほど。最高の“ほめられ”アイケア」――松本千登世さん「しっとり、するするのびて瞬時に影が目立たなくなる」――野毛まゆりさん【次ページ】ベストメイクアップコスメはこの逸品!ベストメイクアップコスメクレ・ド・ポー ボーテ タンクッションエクラ光をまとった"主役級の肌"に仕立て、スキンケア効果も頼もしい。エクラ世代を満足させるクッションファンデーションとして、美賢者の絶賛の嵐。 「瞬時にクレ・ド・ポーのスキンケアでお手入れしたような肌に。肌を均一に整え、悩みを品よくカムフラージュ。乾燥くずれしないしメイク直しも簡単な"同窓会" ファンデ」(小田さん) 「素肌を格上げしたようなつややかさ。どんなに重ねても厚くならず、どこをとっても最高峰。素肌へのトリートメント力もスゴイ!」(山崎さん) 「これで仕上げた日は、どんなにヨレヨレのくすみ肌でも『ぷりぷりで元気そう』といわれる」(中島さん) SPF25/PA+++ 全6色 各¥9,000「毎日丹念にお手入れした“クレポ肌”が瞬時に完成!」――小田ユイコさん「カバー力、仕上がり。すべてが クッションFD(ファンデーション)の最高峰!」――山崎敦子さん「カバーしていると悟らせないリアルなツヤ感がすばらしい」――中島彩さん大人のベストコスメ2018 記事一覧撮影/大原敏政(aosora) 構成・文/巽 香 ※エクラ2019年1月号掲載
  • こんにちは。Shioriです。女友達や同僚など、大人女子へのプレゼントって迷っちゃいますよね…日常的に使う、消耗品のコスメならきっと喜んでもらえるはず…と思っても、今の流行りや本人の好みが分からないという方も。会社にはメイクは薄めという方も多いと思います。そういう方にもオススメなのが実用的なスキンケア!肌タイプを選ばないブランドで取り入れやすいアイテムとしてオススメなのが私も溺愛してやまないアスタリフト ジェリー アクアリスタジェリー状“先行”美容液このアスタリフトギフトを体感するイベント贈ろう、『美の革命』に先日行ってまいりましたのでレポートしたいと思います。ギフト感につつまれた会場で入った瞬間からキラキラ!アスタリフトを去年務めさせてい頂くほど、私の中ではなくてはならないアスタリフト。アスタリフトシリーズでは写真フィルム技術で圧倒的シェアを誇る富士フイルムさんだからこそできる4つのポイントが各製品に詰まっています!・コラーゲン研究写真フィルムも肌も主な成分はコラーゲン・抗酸化技術写真も肌もダメージの原因は紫外線写真も紫外線を浴びると色あせてしまいます。・光解析、コントロール技術写真も肌も美しく見せるのは光ファンデーションを厚塗りするのではなく、光の反射を利用してファンデーション開発!・独自のナノテクノロジー肌の中(角層)入るためにはナノサイズにすることが必要!写真フィルムもナノサイズな程鮮明!その中でもアスタリフトシリーズを使ったことのない方にまず使っていただきたいのがジェリーアクアリスタ肌のバリア機能を高めて、底力を上げてくれる美容液です。肌に元々存在する『ヒト型セラミド』を2種類、世界最小サイズで補うことで肌のキメやハリを取り戻してくれます。セラミドについて表皮の一番外にある角層は肌のバリアの機能を持っています。角層が整っていないと隙間から水分が逃げて行ってしまう。その角層の機能をしっかり維持してくれるのがセラミド。しかしそのセラミドは年齢を重ねるごとに減っていってしまうもの。そのセラミドにも種類があり、疑似セラミド、糖セラミド、ヒト型セラミド大きく分けると3種類なのですがその中でヒト型セラミドだけが元々持っている成分。しかしそのセラミドは配合するのがすごく難しく、配合を少なくしないと溶け込まない粒子が大きくなってしまって肌に入り込まない。上記にも書いたように、富士フィルムでもともと強みとしていた写真フィルムの技術を駆使して、アスタリフトが誕生♡アスタリフトの主成分はナノアスタキサンチン。ナノにすることによって抗酸化力が9倍になり、浸透力もUP!また、独自処方で成分がも変わりにくいのだとか。肌に浸透することで、光を放ちそれだけで内側から艶が出てきます。イベントではゴトウフローリストの人気講師ハンス・ダーメンさんにレクチャーしていただきながらオリジナルアスタリフトギフトボックスを作成!クリスマスに義理の母にプレゼントする予定です!先生の作品はこちら♡一人一人少しずつオリジナリティが出ていて面白かったです。また、お食事もアスタリフト尽くし!ピュアコラーゲンドリンクを炭酸で割ったものがすごく美味しくて自宅でも早速作りました。現在発売中のジェリーアクアリスタは価格はそのままで、オリジナルギフトBOXに入っています♡(なくなり次第終了)60g 12,960円是非、クリスマスや年末に皆様もジェリーアクアリスタをプレゼントしてみませんか?頑張った自分へのご褒美にも♪贈ろう『美の革命』
  • 東京を熱狂の渦に巻き込んだ、キム・ジョーンズによるディオール2019年プレフォールメンズランウェイショー。世界中からクリエイターチームが集結した一大スペクタクルは、ショーが始まる何時間も前から始まっている。 今回、ディオールのメイクアップ クリエイティブ&イメージ ディレクターである、ピーター・フィリップスにバックステージで突撃取材。モデルたちのメイクの手を休めている一瞬を狙い、ランウェイメイクアップのストーリーから、昨今のビューティトレンドまで話を聞いた。 Photo by Akihito Igarashi from TRON ── 前回来日した時にもインタビューさせて頂きましたね。あの時は、マリア・グラツィア・キウリによるオートクチュールコレクションが発表された時でした。 ああ、そうだったね!あのショー、すごかったよね。ルーフトップで、暴風に吹かれながら歩くモデル。すごく大変そうだった。でも後で動画を見て、なんてドラマティックなんだろうと感動したのを覚えてるよ。 ── 2年ぶりの東京ですが、今回はショーの直前に到着されたと聞きました。相当お疲れなのでは? そうだね、今日も朝から取材や撮影が続いてる。でもショーの前の高揚感は、他の何にも代えがたいものがあるね。 ── 先ほどメイク台に並んでいた「ディオール バックステージ」のアイテムを使わせてもらったのですが、ファンデーションの使いやすさに驚きました。これってユニセックスで使えるんですよね? そう、ユニセックス仕様。これまでのディオールのファンデーションは、特定のテクスチャーやカバー力を打ち出していた。「ディオール バックステージ」のアプローチは、それとは全く逆で、ランウェイメイクのように、あらゆるシーンに対応出来るようオールマイティなフォーミュラに仕上げてる。パッケージも、色が分かりやすく、実用性を重視したデザインに仕上げたんだ。 Photo by Akihito Igarashi from TRON ── 水のようにライトなテクスチャーなのに、しっかり質感を整えてくれる。薄づきなのに、カバー力もある。まるで夢のような話ですが、本当なんでしょうか? 夢のような仕上がりの秘訣は、重ね付けしやすいフォーミュラ。通常のファンデーションは、重ね付けするとくすんで見えがちなんだけど、極限まで軽く仕上げた「ディオール バックステージ」は、重ね付けしても肌本来の質感が損なわれないんだ。軽く質感を整える程度であれば、体温が伝わりやすいよう指で軽くたたき込むようにするのがいいね。よりカバー力が欲しければ、平筆で肌の表面を滑らせるようにつければオーケー。しっかりカバーしたい人は、面積の広いブラシで磨き上げるようになじませていけばパーフェクト。 ── 今回のランウェイでは、ルックでも用いられたロゴを取り入れたアーティスティックなメイクアップが目を引きました。ズバリ、テーマは何でしょう? 「サイバー・シック」。キム・ジョーンズから見せてもらった今回のテーマロゴを、シリコン製のプレートで再現してる。コレクションで打ち出された、近未来的な世界観を表現したかった。一方でベースメイクアップは限りなくナチュラルにして、コントラストを演出したんだ。 Photo by Akihito Igarashi from TRON ── 2年前にインタビューした際、記憶に残っているコメントがあります。「SNSによってメイクアップの創造性が飛躍的に高まった」と仰っていたのですが、メンズビューティという観点で見て最近の傾向をどう分析されているのでしょう。 メンズビューティ、ようやくメインストリームになったよね。これも当然、SNSの影響によるものが大きい。今まで世間から「男はこうあるべきだ」という固定概念から解き放たれた、自由な感性の世代がどんどん勢いをつけている。 ── 今月号の『シュプール』でもメンズビューティ特集を組んでいるのですが、予想以上の反響に驚いています。個人的には、若い子たちは韓国のアイドルグループに憧れているのかな、とも思うのですが。 面白い視点だね。確かにKポップの影響、あるかもしれない。それを聞いて、90年代に一世風靡したボーイズ・バンド、テイク・ザットを思い出したよ。スキャンダラスなファッションやヘアで有名だったんだけど、当時それを見て新しい時代が来たと胸を高鳴らせたんだ。20年経って、ようやく男性の美意識がメイクアップにも向くようになった。ちょっと遅いんじゃない?とも思うけど、いい傾向だね。 ── ファッションからヘア、そしてメイクアップ。これからメンズのスタンダードがどう変わっていくのか楽しみですね。 >>ディオール ビューティを体現する、グッドルッキングガイズに首ったけ >>キム・ジョーンズによるディオールのランウェイレポートもお見逃しなく text:Shunsuke Okabe バックステージのメイクアップの詳細は下のフォトギャラリ―にてチェック!
関連キーワード

RECOMMEND