ニキビ&ニキビ跡、皮膚科に行ってる? ケアはどうしてる? お悩み事情を公開!

non-no Web
ニキビやニキビ跡が気になる→悩む→新たなニキビが……なんて負のスパイラルから脱出! 20歳からのニキビとのつき合い方は、根本的なケアをしながら、悪化させずにキレイにメイクで隠すのがルール♡
読者316人アンケートで分かった!
2017年12月11日〜13日、non-no LINE会員にアンケート調査、316人が回答。
特定の部分にいつもニキビがある、という人が多いみたい。また、ストレスを抱えていたり、生理など体調の変化によってできるという人も。
違うということはなんとなく分かっているけれど、自分の顔にあるこのニキビがどちらのニキビなのか、どんなケアが適切なのか、分からないみたい。
何かしらニキビ用コスメを使っている人が多い! でもどんなニキビの状態の時でも同じケアをしている様子で、症状によってお手入れを変えたほうがいいのかも?と悩んでいる声も。
ベースメイクにおいては、多くの人がニキビのことを考えてコスメを選んでいない! ニキビ&ニキビ跡カバーにはコンシーラーが必須のようだけど、クマも赤みもすべて一つのアイテムでカバーしているよう。
本気でニキビ治療をしたくて皮膚科に通ったものの金銭的・時間的に継続できなかったり、結局、改善しなかったという声が。一時的な通院ではニキビ解消は難しいのかも。根本的な解決策を見つけなくちゃ!

▼ ニキビとニキビ跡ケアについて詳しく知りたい人はこちらの3記事もチェック!


ノンノ2018年4月号掲載

▼ 関連記事もチェック!

20歳の可愛い♡を知り尽くした美容のプロが本気で推す今年の秋冬コスメを、読者代表のカワイイ選抜がお試し&ジャッジ! 2017年下半期ニキビ&美白ケア大賞を発表!
どんなにおしゃれな服を着ても、キレイ色のメイクをしても、肌がキレイじゃないと可愛さ半減。20歳からはちゃんと自分の肌に合ったスキンケアをして、魅力的な大人girlにステップアップしましょ♡
モデル/高田里穂 撮影/岩谷優一(vale.・モデル) 齊藤晴香(物) ヘア&メイク/paku☆chan(Three PEACE) スタイリスト/坂下シホ イラスト/Bob Foundation 構成・原文/松村有希子 web構成/篠有紀 web編成/レ・キャトル 
SHARE
この記事が気に入ったらシェアしよう!

RECOMMEND