卒パや同窓会、男子モテで勝つのは盛りメイクよりコンサバメイクだった!
non-no Web
メンズ誌に登場する女子のチークってみんな薄め……? そこでメンズ誌に載ってる女の子メイクを徹底分析し、同世代の男子の本音も取材。一見チークレスに見えるメイクには、男の子を自然にドキッとさせるテクが効いていた! 

特別なシーンは盛りメイクよりコンサバメイクに勝機アリ!

大人メイクも意外と好評。「美女系のコンサバメイクはもちろん好き」という意見に、「いつもはナチュラルなのに記念日はちゃんとメイクしてくれるとか、その努力に心が動く」というコメントも。ギャップ感が有効なよう。
コート¥12900/dazzlin ワンピース¥14000/Noela イヤリング¥3200/ルイールコーポレーション(phoebe) ネックレス¥1800/サンポークリエイト(アネモネ)

「えっ、こんなにキレイだった!?」と思わせるオトナ塗り

きちんと感のあるコンサバメイクは、ソフトマットな質感がカギ。ベージュピンクのパウダーチークでキリッと仕上げて。

▼チークを仕込むポイントはココ

▼使ったのはこれ!

粉飛びも白浮きもせず、 肌にしっくりとなじむノンパールのピンクベージュ。ザ ブラッシュ 022 ¥2800/ADDICTION BEAUTY

▼メイクテクをチェック

チークをブラシに取ったら、頬にのせる前に手の甲で軽く払い、ドバッと色づくのを防止!
頬骨に沿ってこめかみから鼻の脇に向けてサッとのせる。頬骨よりも高い位置には入れないように。
ノンノ2018年3月号掲載

▼ 関連記事もチェック!

メンズ誌に登場する女子のチークってみんな薄め……? 実は男の子を自然にドキッとさせるテクが効いていた!
今月からnon-noモデルになった「まなみん」こと江野沢愛美を初クローズアップ♡ 即戦力としてスタッフの間でも話題の彼女にこれからぜひ注目してね!
お待ちかねの春新色コスメが、ズラリと大集合! 今年はどんなアイテムが流行るの!?という疑問にお答えして、ノンノ的HIT予測をご紹介!
モデル/江野沢愛美 撮影/鹿成二(モデル) 齊藤春香(物) ヘア&メイク/林由香里(ROI) スタイリスト/中村美保 取材・原文/野崎千衣子 撮影協力/パティスリー スリール web構成/篠有紀 web編成/鈴木智美
SHARE
この記事が気に入ったらシェアしよう!

RECOMMEND